「北海道出身」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 北海道出身とは

2017-03-21

今日は暇だけど寂しいので久々にその辺のID掲示板チャットしてみた。当方オタクおっさん

ひとつiPhoneのappのCChat。プロフ見まくると30秒広告出てうざいけどチャット自体無料

近所の子を一人捕まえることができた。旅行が好きだけどあまり行けないらしい。

最初は素っ気なかったけど、話が広がって来るにつれ彼女のほうが積極的に。ご飯作ったあとみてみたら「どうしたの?」とか5つくらい並んでた。急かすなぁ。

北海道出身でこっち来たと聴いてセイコマの話とか行ってみたい観光地で盛り上がる。結局2時間チャットして彼女が寝たので終了。

あと堂々と援交の書き込みがあって少々驚く。他のappじゃバンされてるけどここはまだなのね。

試しに送ってみて、業者は嫌がる世間話地域の話と顔あとで送るから今度とやってみたけど、普通にいつでも待ってる会ったら一緒に食べに行こって返された。どうやら業者じゃなさそうだ。

でも援交娘興味ないんだよねー。2万出して女買うくらいならボードゲームとかPCパーツ買う。19らしいし顔写真可愛いから買ってくれる人はいるんじゃないかな。うん。

今はスカちゃんでみつけた子の悩み聴いてあげてちょっと甘えられて寝落ちちゃったので寝息を聴いてたら寝言で僕のHN言ってた。可愛い

両親も祖父祖母も亡くしてでもちゃんと働いてるすごい真面目な子。でも最近彼氏仕事辞めて逃げちゃったらしい。

行って一緒に暮らしたい。でも15歳差ってちょっと壁感じるね。ミドリカワ書房リンゴガールが頭に流れた。うん。

久々にネットナンパもどきしたけど、なんか5年前よりすんなり絡みやすい。男女比は変わらない気がするけど。

中身のない文章スマヌ。

2017-01-24

ルートビアが好きすぎる

ルートビアという、アメリカではポピュラー炭酸飲料がある。(見た目がビールっぽいからそう名付けられただけで、アルコールは一切ない。)

その歴史は古く、コーラよりも先に発明された。薬剤師が滋養強壮・栄養のために作ったドリンクが元だという。コーラドクターペッパーも元はそうだが。

アメリカでは子供がとにかく好きな炭酸飲料というイメージらしく、あのスヌーピー大好物である

コーラ説明不要だが、ドクターペッパー日本では広く認知されているだろう。

しかしそれらに並ぶルートビア日本では普及しなかった。それはなぜか?

日本人に全く受け入れられない味なのである

ルートビアは、リコリスサルサパリラ)という植物の根のエキスが含まれており、この味がまず受け付けない。

海外の子供はリコリスが大好きで、リコリス味のグミ海外ではポピュラー菓子である

一時期スーパーコンビニでも販売されるほど話題になった、熊のキャラクターで有名なグミ「HARIBO」にも勿論リコリス味がある。

真っ黒い渦巻き状の硬いグミで、パッケージイラストにはそのリコリスグミ自転車タイヤとして描かれており、

それを食べた日本人は大体「タイヤの味がした」と評する。

日本ではドン・キホーテや輸入食品店で販売されているが、大体「世界一まずいお菓子」「罰ゲーム用にどうぞ」などという不名誉手書きポップが添えられているほど、日本人には受け付けない味だ。

閑話休題

ルートビアは、そのリコリスの味がするだけで日本人には受けないのに、更にサロンパス湿布)、またはムヒ系のスースーするフレーバーも添加されている。

日本人にとって、食品からサロンパスムヒ香りがしたら食欲は失せるだろう。

リコリスサロンパス香りがする炭酸飲料日本人には一切受け付けない要素しかない。

ググっても「世界一まずいドリンク」などと扱き下ろされたページばかりヒットする。

俺が生まれて初めてルートビアを飲んだのは高校生とき。こんなまずいもん、飲める訳ねえだろうと思った。

でも、俺はバニラコークが好きだった。2002年頃、日本コカ・コーラバニラ味がついたものが発売された。そのまんま、コーラに強烈なバニラフレーバーがついたものだが、俺はこの強烈なバニラの虜になった。

しかし、やっぱり日本では「クソまずいジュース」とされ、短命に終わってしまった。

アメリカでは今もバニラコーク販売されているが、日本には一切輸入されていない。輸入食品店にも無ければ、ネット通販でも取り扱いがない。

2010年代になって何度かコンビニ限定で復刻したが、日本人向けに味が変わっており、バニラ香りが完全に薄くなっていた。あの強烈なバニラを欲している俺には物足りない代物だった。

アメリカに行かなければ、あの強烈なバニラを味わうことが出来ない。シュークリーム分ならぬ、バニラ炭酸分が尽きて限界を迎えたころ、友人が嫌がらせでエンダー社のルートビアを買ってきやがった。

こんなマズイもの、と思いながら飲むと、俺が求めていた強烈なバニラがそこにはあった。

これ!これだよ、これ!

エンダー社のルートビアは、バニラコーク並の強烈なバニラが売りだったのだ。なぜ高校時代に気づかなかったのか。

近所のドン・キホーテでも安くエンダー社のルートビア販売されているのもわかり、そこからルートビア三昧の幸せな日々が始まった。

ある日、試しに他社製のバニラフレーバーが無い普通ルートビアを飲んでみたところ、普通に飲むことができた。っていうか、ルートビアって美味いじゃん!

東南アジア台湾では「サルサパリラ」の名でルートビアが親しまれている。暑い中、キンキンに冷えたスースーする炭酸を飲むのは格別なんだろう。

台湾サルサパリラ「沙士」は、日本でも中華系輸入食材店で販売されており、これもルートビアとほぼ同じ味でドンピシャルートビアも沙士もかかってこい!状態である

しかし、エンダー社以外のルートビアも沙士も遠出しないと買えないので買いだめはキツいし、値段が一缶136円である。値段的にも買いだめはちとキツい。

やっぱりエンダーのルートビアが近所のドン・キホーテで安く買えるんで、それでいいやと思っていたら、そのドン・キホーテからルートビアが消えてしまった。

ルートビアが飲みたくてたまらない時だけ遠出して購入したが、ある夜、冷蔵庫ストックが無いのにルートビア欲がマックスに達してしまった。

から電車で遠出はキツいぞ…何かルートビアを飲む方法は無いか…と模索したところ、近所の沖縄料理屋にならあるのではないか、と思いつき、無かったら無いでオリオンビール飲んで我慢しよう…と訪ねてみるとしっかりメニュールートビアが!

大喜びで、沖縄料理もそこそこにルートビアを何杯もおかわりしてがぶ飲みしていると

店長に「沖縄出身の方ですか?」と聞かれた。

米軍基地関係沖縄ではそこら辺でルートビアが売っているとはいえ、沖縄出身者でもここまでルートビアばっかり飲む人はいないだろう。俺は北海道出身だ。

日本人でも、おそらく生まれながらにルートビアがある生活なら普通に飲むんだろう。

北海道炭酸飲料といえばガラナであり、北海道出身者は普通にガラナを飲むが

ガラナを飲んだことのない東京人はマズイと言う。

メッコールだって日本人はマズイマズイというけど韓国ではポピュラーだ。

育った環境が味覚に大きく影響与えるんだなあ、としみじみ思う。

とりあえず俺の異常なルートビア欲を抑えるには、沖縄ではそこら辺でルートビアが安く売っているし、エンダー社がハンバーガーショップを出しておりそこではルートビア飲み放題だという。

沖縄移住するしかない。

2016-11-25

[]羊肉

北海道出身のやつと羊肉鍋した

羊肉北海道から送ってもらったやつ

クセあるって聞いてたからどうかなーと思ったけど、大丈夫だった

確かにクセはあったから好みは分かれそうだとは思った

あと鍋にぶちこんだんだけど、ジンギスカンってあれすき焼きみたいに焼くんだよね?

焼いたほうがおいしそうな肉だなあとは思った

2016-10-04

どん兵衛出汁の色

が、東西で違うというのは有名な話だけれど。

北海道出身彼氏と、九州出身の私。

食事の好みは概ね合うのだが、うどん出汁だけは毎回喧嘩になる。

透き通って澄んだ甘みのあるお出汁で育った私には、関東風の黒くてしょっぱくて底まで見通せないお出汁ちょっといただけない。

逆に彼氏は私の作るおうどんを「美味しいけど、なんかふわっとして物足りない」と言う。

こっちの味付けを完全否定することはなく、ちゃんと美味しく食べてくれるからいいのだけれど。

幼い時分に培われた味覚を根本的に変えることは難しいのだろうが、今後もお互い譲り合って両方を美味しいと思えるようになれたらな

2016-08-07

ホモが苦手というのはどういう事か考える

ホモが嫌いな女子なんかいません!!」

という有名なセリフがあるので(?)、ここでは女性については除外することにする。

ホモが苦手な人な男性についてそれはなぜなのかと考えてみることにした。

おそらく男性ホモが「怖い」のだ。

ホモフォビア(homophobia)」という言葉があるが、「フォビア (phobia)」というのは恐怖症のことである

男性ホモが「怖い」のである。なぜか?

ずばり、「力の強い相手性的対象にされることに慣れていない」からであろう。

女性は(相対的に)力の強い男性性的対象にされることは日常であり、空気を読んで危険な二人きりの状況にならないようにしたりすることを常に意識している。

一方、男性にはそういう状況はあまりない。出会同性愛者の数が少ないために、自分よりも力の強い相手性的に辱められる可能性というものを考える必要があまりないのだ。慣れてない故に考えるだけでも身の毛がよだつだろう。

「慣れていない」ことは恐怖を何倍にも増大させる。(北海道出身者が本州ゴキブリを見て恐怖で失神しそうになるように)

もちろんホモの人が「力づく」で男性をどうこうしようと思っている可能性は非常に低い(外国刑務所でもないかぎり)。

普通に考えたらそう怖がる必要はないのだ。ホモがどんどんカミングアウトして、世の男性が「慣れる」ようになっていけば状況は変わっていくのではないだろうか。

2016-04-13

妻の奨学金300万は夫が支払わなくてはならないのか?

自分33

33

長女4

長男2

次男1

港区在住

4LDK

出身地である大阪に居た頃、婚活で6年前出会い結婚

妻は北海道出身

最近、妻に奨学金約270万円の借金が有ることが判明。

早急に働いて自身で返済するように促すも、「忙しい」と働きに出ることを拒否する妻。

当方家事分担はゴミ捨て、休日、妻が料理の子供の世話。

仕事が忙しくこれ以上の家事を分担することは出来ない。

当然、家政婦を雇うほど裕福では無いのでアウトソーシング等と言う意見は要らないからな。

妻の奨学金は夫が支払わなくてはならないのか?

2015-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20151220035246

世の中には同性愛者も異性愛者も両性愛者もいる(ネットユーザーも勿論そう)、という前提でいればいいだけなんじゃないかなぁ。

この文章北海道出身者も長野県出身者も富山県出身者も高知県出身者も閲読してる可能性がある、というのと同じ話で。

2015-10-24

無断転載されたもの感想を付ける愚行

無断転載された作品は、コンテキストが見えず、その作品への印象は不完全にならざるを得ない。

場合によってはまったくの的外れになる。

例1:一人娘がいるイラストレーターが描いた「娘に伝えたい10のこと」という漫画無断転載され、

それに対して「息子じゃいかんのか?」というツッコミ

例2:北海道出身男性漫画家が、関西出身の奥さんのところに帰省中

「隣の県に行くのがすごく気楽というカルチャーギャップを感じた」という漫画無断転載され、

それに対して「大阪出身者が帰省して北海道出身者に会ったのか?意味分からん」というツッコミ

どちらも作者が発表したブログなりtwitterなりで見ればすぐ分かるコンテキストが、

無断転載されたことで見えなくなってしまい、初見人間には訳が分からなくなっている。

もちろん、一番悪いのは無断転載する輩である

だがそういった無断転載されたものであるにもかかわらず、

作品や作者に対して謂れのない批判をすることも同じくらい愚かだ。

2015-06-27

北海道出身って言うと、「東京寿司まずくない?」ってよく言われる。

いや東京寿司だってドブ川の魚使ってるわけじゃないし、店で出るものなら回転寿司でも全然うまいよ。

違いなんてその場で食べ比べでもしないとわかんないと思うし、食べ比べしたってわかんないと思う。

逆にスーパーで売ってるパック寿司北海道でも東京でも等しくおいしくない。

自分田舎の魚(野菜)のほうがうまい東京全然ダメ」って言ってる人ネットでもリアルでもよく見るけど、

本当にそう思ってるならいいとして、「違いがわかる俺」演出だとしたら全然すごくない。

そんなに毎日まずいもん食って毒吐いてるくらいなら、田舎帰ったほうが自分にも周りの人にもいいと思う。

こっちはおいしいと思って食べてるんだから目の前でそういうこと言うなよって感じだ。

2014-07-04

http://anond.hatelabo.jp/20140704185804

へぇ、そういう感覚なんだ…

新鮮な考え方だな

なるほど、地方在住の人はそう思ってるのか

俺も北海道出身田舎者だけど

あんまそういう風に考えたことなかったな

地方コミュニティ価値を見出すってのは

理解できないなぁ

2014-05-16

http://anond.hatelabo.jp/20140516183539

北海道出身だけど、

なんの臭みもないジューシーラム肉より

硬くて臭いマトンの方が実は好き。

いや、しゃーないじゃん。その文化で育ったんだから

あの匂いは「食欲をそそる」としか思えねぇ。

中国北方旅行した時とか町中が羊臭に満ちてて

肉料理は全部あの匂いがして天国かと思った。羊うめえ。

ジンギスカンの甘辛い漬け込みも良いけど、

クミンがっつり効かせたエスニックな奴もまた旨い。

表面をさっとあぶってからにんにくを山ほど埋め込んでスパイス漬けにして

アルミホイルに包んで焚き火の下に埋めて火いれした奴も良いな。

ああ羊食いてぇ。

http://anond.hatelabo.jp/20140516130623

俺も北海道出身で、

BBQに限らず、雪山ビバーグから釣りまで大得意だが。

BBQなんかは業務的にザクザク進めると皆から嫌がられるので

敢えて適当に皆でワイワイやることにしてる。

「俺がやるから触るな」状態になると感じ悪いやん。

最後ドヤ顔で「コーヒー持ってきてるけど飲む?」って

豆を挽き始めるくらいだわ。

釣りツーリングなんかもそうだけど、

上級者がゴリゴリ進めるとつまらんやん。

火がつかない!とか煙い!とかも味のうちでしょ。

「バーナーあるからどいてて」ってやってドン引きされた俺は反省したんだよ。

面倒でも新聞紙と薪で煙をもうもうとさせながら用意するのが楽しいんじゃないか。

あー…バーベキューやりたい。

肉焼いて振舞いたい。たまねぎ丸ごと焼いたやつ食いたい。

引っ越しちゃったんで誘える友達がいない。つらい。

2013-08-21

80年代女性アイドル格付

ブログ開設しました。

http://hanabusatokiichi.hatenablog.com/

あまちゃん」見ていた甥っ子が、キョンキョン薬師丸ひろ子を見て、「この人たち、松田聖子より人気があったの?」と聞いてきた。

そんなゆとりな彼のために、80年代女性アイドルの当時的な感覚での格付けをやってみる。

第1位 松田聖子

代表作品:「青い珊瑚礁」「チェリーブラッサム」「赤いスイートピー」/『野菊の墓』など。

言わずと知れたアイドルの中のアイドル。絶対正義。高度経済成長から、安定成長へ、そしてバブルへと向かう世相の中で、松田聖子が時代を代表出来たのには彼女の生い立ちによるところも大きいと思う。一点の曇りもない地方の中産階級、そんな彼女には貧困も、学園闘争も、無縁だった。60年代加山雄三的なるものから70年代の四畳半フォーク時代を飛ばして直結していると言えるが、加山雄三が曇りが無いように見えても階級社会的な側面や敗戦国国民のてらいのようなものがあるのに対して、松田聖子徹頭徹尾能天気であった。彼女は日本が初めて獲得した、先進国アイドルであった。

第2位 中森明菜

代表作品:「少女A」「DESIRE」「難破船」/『素顔のままで』など。

80年代の曇りのない時代性に松田聖子シンクロしたのに対して、中森明菜は裏シンクロしていたと言えるだろう。彼女の性向が松田聖子的なるものにアンチであったわけではない。彼女自身、松田聖子シングルアルバムはすべて聞き込んでいることを公言しているように、彼女は松田聖子的なるものの渇望者であった。しかし彼女の生育環境が、松田聖子的なるものから遠い場所に彼女を置いてしまった。松田聖子は唯一の兄が普通に私立の進学校を経て早稲田大学を出ているが、中森明菜の家族の中には四年制大学を出た者はいない。松田聖子が家庭の教育方針も含めて「きちんとした家」の出であったのに対して中森明菜はそういう家の出ではなかった。山口百恵母子家庭で育ったゆえに貧しい環境の生い立ちであったが、後に彼女を利用しようとした父親を早い段階で義絶するなど、厳しい倫理観を持っていたのに対し、中森明菜の家庭は「四年制大学に行くのが当たり前の時代にあって、方法を求めれば大学に行けなくもないのに、大学に行くという選択を考慮しない家」であった。60年代、70年代における低学歴80年代における低学歴は意味が違う。中森明菜は貧困ではない、戦争でもない、家庭環境のキャラクターのせいで、80年代メインストリームから取り残された層を代表するアイドルであった。ヤンキー映画「ハインティーンブギ」に主演した近藤真彦に対して見せた彼女の執着も、中森明菜のそうしたキャラクターに由来している。

第3位 小泉今日子

代表作品:「真っ赤な女の子」「ヤマトナデシコ七変化」「なんてたってアイドル」/『生徒諸君!』『あんみつ姫』など。

彼女は「そこそこ」の人だった。演技力もそこそこ、歌唱力もそこそこ、下手ではない。デビュー曲カバー曲であったことからも分かるように、バーニングプロダクションは彼女が聖子に匹敵するようなアイドルになるとは期待していなかった。小泉今日子は結果的にセルフプロデュースで大きくなった人であるルックスは82年組の中でも特に可愛らしかったのだから、トップアイドルになったのは不思議ではなかったが、アイドルたちのひとり、から抜け出してきたのは、松田聖子が日本社会の経済面を担い、中森明菜が社会面を担ったとすれば、文化面を担うと言う決断をある時期に、彼女がなしたからであった。そういう意味では、オタクの愛玩的な性格を強めてゆくその後のアイドルの先駆けをなした人であるが、彼女が直接のターゲットにしたのはニューアカデミニズムであった。それが下世話にならない選択であり、それは社会にまだハイブロウ雰囲気があればこそ可能なのであった。それがバブル崩壊で日本経済が自信不信になり、社会世相が暗くなってから、むしろそれ以後に、ハイブロウライフスタイルを体現する生活アイドルとして彼女が支持された理由だった。

第4位 薬師丸ひろ子

代表作品:「セーラー服と機関銃」「メンテーマ」「woman~Wの悲劇より」/『野生の証明』『翔んだカップル』『ねらわれた学園』『セーラー服と機関銃』など。

薬師丸ひろ子アイドル歌手と言うよりは角川映画の女優であって、立ち位置的には他のアイドルとやや異なるが、彼女にとっては余技であったアイドル歌手としての実績も十分である。系譜的にはアイドル的な先駆者はおらず、むしろNHKの少年ドラマシリーズのようなジュブナイル的なものの延長に彼女はいた。小学生などからの支持は無かっただろうが、中高生の理系的な男性が支持層の中心にいた。2010年テレビドラマ『Q10』では彼女は化学教師を演じているが、教師を演じるなら彼女は理系だろうなと思わせる雰囲気があった。

第5位 中山美穂

代表作品:「生意気」「派手!!!」「You're My Only Shinin' Star」/『毎度お騒がせします』『BE BOP HIGHSCHOOL』『ママはアイドル』など。

中山美穂は路線的にはきつい顔立ちであることもあって当初は「不良少女路線」であり、『毎度お騒がせします』『BE BOP HIGHSCHOOL』もその路線に沿った出演作品だった。11作目のシングル「501/50」あたりからフェミニンな路線に入り、以後、5作連続してオリコン1位を獲得している。デビュー時と路線を変えて大きくブレイクしたというのは小泉今日子もそうだが、中山美穂の場合は、キャラクターまで変えてきたのが大きかった。

第6位 工藤静香

代表作品:「抱いてくれたらいいのに」「黄砂に吹かれて」「慟哭」など。

工藤静香おニャン子出身であり、うしろ髪ひかれ隊でも堅調なセールスを示していたが、ソロになってからは一躍トップアイドルになり、聖子、明菜、小泉今日子がそれぞれアイドルというステージを脱してゆく中で、アイドル四天王のひとりとして遇された。彼女の特徴はCDセールスが非常に高いことで、これは90年代にかかって、いわゆるカラオケブームに伴うCDがやたら売れると言う時代に差し掛かったことにもよる。シンガーの作品として楽曲が評価されていた、ということでもあるが、彼女には映像作品にはこれという代表作は無い。(南野陽子の最高売上シングルは「吐息でネット」で30万枚。工藤静香の最高売上シングルは「慟哭」で94万枚)。

第7位 南野陽子

代表作品:「楽園のDoor」「話しかけたかった」「はいからさんが通る」/『スケバン刑事(第2期)』『はいからさんが通る』『熱っぽいの』など。

勢い的には、第5位につけてもよかったし、個人的にはファンであったので、そうしても良かったのだが諸々を考慮すればこうなるのかなと思う。第6作のシングルから8作連続でオリコン1位を獲得という快挙を成し遂げているが、その記録の割には、記憶に残る楽曲が少ない。実際、彼女の歌は、中山美穂工藤静香と比較して、順位は高くまで行くが落ちるのが早い印象があり、セールス額もそれを裏付けている。中山美穂工藤静香には女性ファンも多かったが南野陽子には稀だった。そのファン層の狭さが素質的には抜群であるのに、ついに頂点を極められなかった理由だろうか。そういう意味ではアイドルらしいアイドルであり、彼女がアイドルの世界を心から愛し、自らを律していたことについては数多くの証言がある。事務所の不手際でふたつの事務所に属することになったため、ダブルブッキング等が頻繁に発生し、マネージャーを厳しく叱責していた姿も知られているが、アイドル的なものに対するプロ根性のあらわれだろう。

第8位 斉藤由貴

代表作品:「卒業」「初戀」「悲しみよこんにちは」/『スケバン刑事(第1期)』『はね駒』『はいすくーる落書』など。

東宝芸能の所属であり、アイドルと言うよりは女優のイメージが強い彼女だが、デビューから継続してシングルチャート上位に入れている。斉藤由貴が世間を騒がせた恋愛事件は二件とも不倫であったので、「魔性の女」とも言われたが、その言葉からほど遠いキャラクターである。やった行為で言えば、確かに二件の不倫の当事者なのだが、「魔性の女」という言葉を用いた人でも、その言葉から連想されるような女性とは彼女は異なることは分かっていただろう。宗教上の理由もあるのかもしれないが、彼女は世間ずれしていなくて、不必要なまでに一生懸命な印象であった。「悲しみよこんにちは」では紅白初出場で紅組キャプテンを務めたが、いつになく「由貴ちゃんのために」と紅組がまとまっていたように、芸能界特有の嫉妬や自己顕示欲とは無縁の人であった。

ブコメがたくさんついていて驚いた。とりあえず甥っ子には好評でした。

9位以下を書いていないのは疲れたからです。

個人的には、9位 菊池桃子、10位 原田知世、11位 柏原芳恵、12位 河合奈保子、あたりじゃないかと思います。浅香唯は実働が短かったので、柏原芳恵あたりと比較するとその下くらいなのかなと。

ちなみに、松田聖子中森明菜南野陽子斉藤由貴についてはファンクラブの会員でした。おニャン子からは14位くらいに河合その子が入るのかなあと思います。

9位以下を書いてみます。

そう言えばグループは書いていませんが、おニャン子クラブは全体としては、小泉今日子の下くらい、もしかしたら中森明菜の下くらい、でも明菜より上には絶対に行かないくらい(それくらい聖子と明菜は別格です。ケタが違います。聖子と明菜以外を全部足してもまだ聖子と明菜には及ばない感じです。聖子と明菜は日本芸能史全体を通しても突出しています)、WINKは実働が80年代末期に偏っているんでどっちかというと90年代の人という印象なんですが、斉藤由貴の下くらいなんじゃないかなと思います。ribbon とかは年代的に対象外です。おニャン子ユニットでは、後ろ髪ひかれ隊が斉藤由貴あたりと同格、そのすぐ下にうしろ指さされ組(高井麻巳子ゆうゆ)あたりが入る感じです。ニャンギラスは…ま、いいですよね。おニャン子ではなかじが好きでした。「じゃあね」は名曲っす。ただ今回はグループは除外と言う方向で。グループで言ったら、あと「わらべ」とかね。

第9位 菊池桃子

代表作品:「卒業」「もう逢えないかもしれない」「SAY YES!」/『パンツの穴』『アイドルを探せ』『君の瞳に恋してる』など。

彼女は東京出身なのだが、個人的にずっと北海道出身と誤解していた時期が長くて、なんでそう誤解してたんだろうと思うと、非常に素朴な、ピュアな感じがしたからだと思う。本当のところは知らないが、おっとりとした上品な感じがする女性で、『パンツの穴』なんていう映画に出ていても、下品な感じにはならない、でもちょっと男の子の側に寄り添ってくれるような、そういう雰囲気を持っていた。普通はそういう女性は女性からは嫌われるんだけれど、良くも悪くもあんまり印象に残らないというか嫌われないのはいいことだけれど、女性から見ても、妹キャラというか、強く女を感じさせる存在ではなかったのかも知れない。独特の、女性というよりは幼女のようなフェミニンな印象からか、彼女のアイドルとしての活動時期には「桃子」と言う名前が新生児の命名の上位を占めることがあった。何というかそういう親から見て良い娘的なそういうポジションに素直に入り込んだ人であった。彼女の代表曲としては、実は「アッイッはこころのーしごとよー」のアイマイミーマインなRA MU時代の楽曲が世間では一番強く印象に残っているのだろうが、それを代表曲に選ぶのはあんまりだと思った。RA MU で迷走した彼女だったが、90年代にはトレンディ女優の一画を占め、アイドル時代よりも大成功した。

第10位 原田知世

代表作品:「時をかける少女」「天国にいちばん近い島」「早春物語」/『時をかける少女』『天国にいちばん近い島』『早春物語』など。

松任谷由実薬師丸ひろ子にも原田知世にも楽曲を提供しているが、彼女が言うには、原田知世は鉛筆で例えるならば2Hで薬師丸ひろ子は2Bらしい。言い得て妙だと思う。原田知世には肉感の無い、サイバーパンクな感じがあるんですね。顔立ちもいわゆるアイドル顔ではなく、と言って和風と言い切れる顔でもなく、どこかメカニックな感じがする。たぶんここまでの人たちの中で一番、初音ミク的なフォルムがある。世俗的ではないんだけれども、宗教的な超越に向かうんじゃなくて、SFっぽい方向に行くような、そういう感じがあって、オタク的な性向のある人たちには熱狂的に支持されていた。サブカルクラスタ的には彼女がたぶん80年代を代表するアイドル。逆に言えばそこを越えては広がっていかない感じ。「時をかける少女」の頃はアイドルが歌が下手と言っても限度があるだろ的な下手さであったが、不思議なもので、シンガーとしてのキャリアは、二大歌姫(聖子と明菜)を除けば彼女が一番長いし、独自の境地を切り開いていると思う。彼女の歌には情感はかけらもないが、それがむしろユニークな歌唱になっている。

第11位 柏原芳恵

代表作品:「ハローグッバイ」「最愛」「あの場所から」「春なのに」/『ピンキーパンチ大逆転』『山河燃ゆ』など。

たぶん美人で言ったら、彼女はアイドルの中でもナンバーワンに美人なのだが、「かわいい」が受けるアイドルとはそもそも路線が違う顔立ちで、彼女のファンだと公言するのはやたら生々しい、女、に直結する印象があった。美人であるがゆえに、80年代の土壌ではトップにはなり難い顔立ちだったのだが、女性をめでる基準がアメリカ的というか、日本よりはむしろアメリカに近いアジア発展途上国アメコミが大人気、的な)では非常に強く支持されているアイドルだった。ただしアイドルとしてデビューして、数年たってから彼女はヒット曲を連発していて、みんな知っている代表曲がわりあい多いアイドルでもある。ただそれも、わりあい歌唱力が高いのと、楽曲の良さが相乗した結果であって、歌手としてのヒットであってアイドルとしてのヒットとは言い難い(歌手としてはそれは名誉なことだが)。ドラマでは早くに本格的なドラマに出演するようになったのは、彼女の素養がむしろそちらにあると考えたからだろう。大河ドラマ山河燃ゆ」では長男・自殺、三男・日本兵として戦って敗戦の傷を負う、三男・米兵としてヨーロッパで戦い失明、という天羽家にあって希望の光のような末の妹を好演していた。90年代以降は2時間ドラマの常連になる。

第12位 河合奈保子

代表作品:「大きな森の小さなお家」「ヤングボーイ」「けんかをやめて」など。

デビュー曲「大きな森の小さなお家」は女体を連想させる歌詞になっているが、ポスト百恵の時代、試行錯誤が行われていたことを示している。彼女は「秀樹の妹」コンテストから出てきたのだが、ロリコンチックな、吾妻ひでお的なオタクアイドル的な扱われ方であった。「ヤングボーイ」の振り付けは彼女の巨乳を強調するもので、あきらかにセックスアイコン的な意味が含められていたのだが、当人がそれに気づいていない風な育ちの良さのようなものがあった。「おかあさんといっしょ」のお姉さん的な素朴さというか。突っ込んでいけば、気づいてないわけねえだろ的な悪態は可能であったが、そこまで抑えて抑えて、加工して加工しなければ、女性に接することが出来ない、いわばそう言う層を彼女はメインターゲットにしていた。彼女の代表曲「けんかをやめて」はそういう路線を変更する、オタク層には逆鱗に触れるようなビッチ女性の態度を優しくオブラートに包んで提出したものだったが、なにぶん、当の河合奈保子キャラクター的に素でお嬢さんであったため、路線変更はうまくいかずいったんそこでフェイドアウトしている。後に、シンガーソングライターとして一時的に復活した。

第13位 浅香唯

代表作品:「C」「虹のDreamer」「セシル」/『スケバン刑事(第3期)』

うちのカミさんカラオケに行ったら、必ず「セシル」で締めるんだが…。浅香唯は『スケバン刑事』でブレイクしたのだが、オリコン1位をとったのは4作品と、アイドル四天王の中では実績が一番小さい。ブレイクが1988年、「ザ・ベストテン」が終わるのが翌年の9月だから、いわゆるアイドル黄金時代の末期に出た人である。その活動期間の短さが、結果的にスーパーアイドルとまではいかなかった理由か。

第14位 荻野目洋子

代表作品:「ダンシングヒーロー」「Dance Beat は夜明けまで」「六本木純情派」/『早春物語』

そうだろうよ。実績から言ったら、彼女は岡田有希子よりものりPよりもアイドルとしては上だろうよ。でも誰も「荻野目洋子の名前がない!」とは言わないんだよね。そういう感じなんですよ。そういう感じのアイドルなんですよ。そもそも彼女は低迷時代が長くて、ユーロビートを歌うようになってから、ダンスミュージック的なジャンルにかかって出てきた人なんで、ルート的には長山洋子とかと同じタイプなのだが、そのわりには顔立ちがアイドルアイドルをしていて、ブレイクしてからどんどんアイドル色を強めていったという、普通は逆にアイドルアーティスト色を強めていくのだが、彼女は逆だったという珍しいパターン

第15位 本田美奈子

代表作品:「Sosotte」「1986年のマリリン」「the Cross ~愛の十字架」/『ミス・サイゴン

シンガーとしては本物の天才であり、そのことはアイドル時代を脱してから、ミュージカルスターとなってから証明されたが、アイドル時代は「アイドルにしては歌が上手い子」程度の扱われ方だった。それは売り出し方が適切ではなかったからではないか。歌が上手いと言っても、情感があるとか、テクニックがあるとかいろんな意味合いがあるが、彼女の場合はフィジカルポテンシャルに負う部分があって、言い方は悪いが「歌う機械」としてはロングトーンの能力はたぶん人類史上最高の能力を持っていた。それを活かす楽曲ではなかった。本田美奈子は元は演歌歌手志望であったように、彼女の適性を活かせる楽曲を探し求め続けた半生であったと言えるかも知れない。なまじ顔立ちが愛らしかったため、小悪魔的なアイドルとして売られたのは彼女にとっては不幸なことだったかも知れない。『ミス・サイゴン』のオーディションではしょせんアイドルくずれと鼻で嗤っていた者たちも彼女の歌を聞いて圧倒されて身動きも出来なかったと言うが、あれほどの才能にして、アイドルと言うパッケージに入れられれば、そのパッケージしか見ない者がどれだけ多いのかということを示している。聖子や明菜についてさえ、「歌が下手」と言ってはばからない不見識の者が多かったが、あれから30年が過ぎて、何もわかっていないのはどちらだったのか、歴史が証明している。時が過ぎるのは悪いことばかりではない。

第16位 岡田有希子

代表作品:「ファーストデイト」「Love Fair」「くちびる Network」/『禁じられたマリコ』

彼女はこれからというところだった。徐々に売り上げを伸ばしていて、8作目のシングルくちびる Network」(事務所の先輩の松田聖子の作詞)でついにオリコン1位を獲得して、ようやくトップアイドルになったばかりだった。ポスト聖子を担う、サンミュージック大黒柱になるはずだった。おそらくアイドルの中では傑出して頭がいい子だっただろう。ノーベル賞受賞者を輩出している、愛知県でも有数の進学名門高校を彼女はアイドルになるために中退している(そして堀越学園に転校)。進学校にいる女子生徒は、もちろん頭もいいのだが、男子の場合は野心のようなものがあるのに対し、むしろ野心の欠如というか、従順性の結果として勉強をしている子も多い。岡田有希子も基本的にはそういうタイプの子で、彼女は望みさえすればキャリアウーマンにもなれるような道を選ぶことが出来たのだが、そちらの路線には価値を見出さずに、小さな女の子の時の夢のままに、アイドルになるという選択をした。ああいうことになって親御さんはどれほど悔んだだろうか。彼女は天然ボケというか、悪意があって周囲が彼女にセクシャルなことを言わせようとすると笑顔でなんにも気づかずに、それを言ってしまうようなところがあった。お笑い系のいじりでは「またー、変なことを言わせようとしてー」みたいなうっふきゃはは的なのりを期待していたのだろうが(そういうのが一番うまいのは松本伊代だった。天性のチーママである)、岡田有希子はうかつにいじれない、危険物っぽいところがあった。その純粋さが、衝撃に直面した時に、他人の何倍もの痛みになって彼女を殴打したのかも知れない。合掌。

というわけで、8の倍数ということでここまで。

15位が抜けていたので、入れました。本田美奈子です。河合その子や、82年組のその他の人たちが入っていないのは、「おニャン子を排する」「ママドルっぽい人たちを排する」とかそういう基準があるわけじゃなくて、評価としてこの下だということです。標題をつけました。

数字は敢えて重視していない

客観的な数字としてはレコード売上があるけれど、参照はしてもそれだけを基準にしていないのは、80年代、活動時期を90年代に延ばしても、それなりの時間幅があるからです。ちなみに筆者は1971年の生まれで、正確に言うならば、松田聖子ファンクラブの会員だったのは筆者の姉です。南野陽子の最初のアルバムレコードで買って、それ以後をCDで買ったという世代です。松田聖子はあれほど売れながらもミリオンは90年代の「あなたに逢いたくて」しか出していません。中森明菜はゼロです。一方、小泉今日子は90年代にミリオン2枚(合計すれば300万枚を越えます)、中山美穂ミリオンを2枚出していますから、シングルセールス的にはひょっとしたらキョンキョン中山美穂は二大歌姫を上回るのですが、時代が違うから同じ基準では較べられません。より客観的な基準でレコードセールスを示している人もいますが、それだとかえって評価が歪められるのです。レコードセールスなどの記録は後からも参照できますが、歴史的な要因を補正して提出できるのは同時代人の見方だけです。これは個人の主観ではありますが、そうであるがためにかえってセールス記録を見るよりも客観的だと思います。

自分としてはアイドル黄金時代の終わり=ザ・ベストテンの終焉だと思っています。ザ・ベストテンは、音楽の趣味が多角化して、バンドブームの時代に対応できなくなったから終わったわけですが、逆に言うと、それ以前は日本人全体がひとつの文化環境を共有していた、そういう最後の時代だったということです。ですから80年代を生きた人なら、特別その人のファンではなくても、ここに上げられている楽曲のほとんどを歌えるはずです。

2012-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20120824113312

地域格差なんじゃないかな?

北海道出身の友人が居るけどSNSで友人が見つからないって話を聞いたことがある。

2011-07-22

地元方言じゃないのに語尾が「だべ」の奴

使い古された表現だが、ゲームってコミュニケーションだべや。

それがないのが今の問題なんだわな。

こういう気持ち悪い語尾使うの気持ちが奴がマジでからない。

リアルでもごくたまに遭遇するけど鳥肌が立つ。


ガチ方言自然に「~だべさ」とか「~じゃき」とか言ってる場合は全く問題ない。

それはふつーに聞けるし、各地の方言って素敵だと思う。

大学でいろんな地方言葉イントネーションに接して、すごく魅力的だと思った。

北海道出身友達の喋り方はかなりこっちにうつった。


そういうのとは明らかに違う、

標準語話者の「だべ」とかってなんなの?マジで

気色悪い自意識と下流臭が匂ってきて聴いた瞬間にゾーッと鳥肌が立つ。

意味がわからないし。本当になんなのあれ。


明らかにあんまり程度や学歴がよろしくない人に「だべ」使用者が多い気もするので

特定社会階層スラングなんだろうか。ニガーことばみたいな。

http://anond.hatelabo.jp/20110722111751


xsinon

それを言うなら東京人が時たま使う変なイントネーション関西弁の方が気色悪いんだけど

2011/07/22

「それをいうなら~の方が」じゃなくて

それとこれは全く同じ問題。

2011-05-09

http://anond.hatelabo.jp/20110509215327

北海道出身だけど、地元でも道外でもエフエフ。

ファイファンというのはそういう言い方があると知っているだけで実際に聞いたことはない。

2010-12-11

http://anond.hatelabo.jp/20101211162945

ワロタ。

北海道出身だけど、北大本州での評価されなさは異様。就職実績弱過ぎ、OB少な過ぎ。学閥クソ弱い。

地元だと神扱いだから勘違いしがちなんだよね。文学部就職実績にセイコーマート北大本質

まぁ、北海土民(俺含む)にはなかなかわかんない観念なんだよね。

早稲田慶應教育の質云々より、単純に企業の中に広がった人の数が強みなんだよ。北大とか悪い大学じゃないよ?

でも、就職にかかってくると位置的な弱みもあって非常にしんどい。

2009-12-14

http://anond.hatelabo.jp/20091214122120

続き

http://mainichi.jp/life/money/kabu/eco/tohonseiso/news/20091212org00m020005000c2.html

鳩山政権は緩やかな崩落過程に 統治能力が疑われる普天間問題(2/2ページ)

 13年前、普天間返還で米側と合意した故橋本龍太郎首相首席秘書官を務めた江田憲司衆院議員みんなの党)は、メールマガジンで怒りを綴っている。

 「普天間返還が、鳩山政権の口先だけの、机上だけの、パフォーマンス政治台無しにされようとしている。最も致命的なことは、この政権で誰一人、当時のように血ヘドを吐き、地べたをはいずり回るような調整もせず、沖縄の声にも真摯に向き合わず、やれ『県外だ、国外だ』『いや嘉手納への移転だ』と『ほざいている』だけのところだ」

 首相の執務室には、毎日のように寺島実郎日本総合研究所会長からファクスが届くそうだ。首相官邸では「寺島メモ」と呼ばれている。寺島氏は、首相と同じ1947年生まれで、かつ首相選挙区のある北海道出身リベラルの立場から「対等な日米同盟」を唱えてきた。このメモを仲介しているのは寺島氏の紹介で住友銀行(現三井住友銀行)のシカゴ支店長代理から民主党職員に転身した須川清司氏。外交が専門の須川氏は現在内閣官房専門調査員として官邸で勤務している。

 外務省防衛省は「寺島-須川ライン」が首相外交判断に大きな影響を及ぼしていると見ている。官僚機構が「日米関係が危ない」とどんなにアラームを発しても、聞く耳を持とうとせず、懸案を先送りするのが「政治主導」の実態である。

 ◇「心が折れたのでは」と質問された首相

 社民党が普天間について「県内移設阻止」を党是としている以上、決着は10年夏の参院選後までずれ込む可能性が高くなってきた。

 ただ、これは民主党単独過半数を得て、社民党との連立を解消できた場合の話だ。しかも、10年1月の名護市長選で受け入れ反対派の市長誕生したら、参院選後に「やっぱり辺野古でお願いします」と言っても通らないだろう。首相の判断は普天間の固定化に道を拓いている。

 米国は今なお国政治での巨大パワーだ。対米関係を適切にマネージできないと日本政権不安定化することは、過去歴史が教えている。鈴木善幸内閣しかり、細川護熙内閣しかりだ。日米協調は、太平洋を挟んで米国と向き合う日本地政学的な宿命であり、安易な対米自立論は日本を破滅に導く危険がある。

 10年度の予算編成は、切り立った崖を登るような作業になる。30兆円台が確実の税収見通しでマニフェスト政権公約)をどう実現するのか。事業仕分けの結果を機械的に反映させたら、景気を傷めかねない。辻褄の合わないことが、一度に噴出してくる。虚偽献金、普天間、矛盾した予算を抱えて鳩山政権通常国会を乗り切れるとは考えにくい。崩落過程に入ったとはそういうことだ。

 11月30日の参院本会議首相は、実母からの資金提供について「違法子ども手当だ」と自民党議員に指弾され、狼狽の表情を浮かべた。記者団との珍妙なやり取りがあったのは、翌12月1日朝だ。

 記者最近、総理の元気がなくて心が折れたと心配する声があるが」

 首相「全然折れてはおりません」

 トップリーダーの心が折れたかどうかが平然と話題になる状況に、日本は置かれている。

寺島の存在が産経以外でまともに取上げられるってのが収穫かなあ。

今後は日米関係崩壊の共犯っつー事で袋だたきにされるだろうね。

2009-11-26

なぜ「くたばれ就職活動デモを起こしたのは北大生だったのか

北大生の書いたこちらのエントリが話題になっていますね。思うところがあったので増田で書いてみます。ドキドキ。

http://kd1.blog103.fc2.com/blog-entry-276.html

少なくとも、地方には地方メリットがあることは確か。

前の記事に書いたとおり、地方から出向いただけで

「わざわざ」感を感じてもらえる。

就活において意欲が評価されるっていうのは

けっこうプラスに働くと思うんだけど。

遠方からの応募ってことで、

面接日程に融通をきかせてもらえたり、

満員の説明会におまけで入れてもらえたりすることもある。

それに、北海道から何名採用予定という感じで、

組織の構成に偏りがでないようにわざわざ枠を設けている企業だってある。

本来ならば首都圏の激しい競争を勝ち抜く必要のある人気企業

ポンと入ってしまえるということだって、ままあるのだ。

この措置は、今までは本当にありました。

多少景気がマシなときは特に地方の優秀な学生の発掘には力を入れていたそうです。

ただし、今これは、よほどのことがない限り、逆に足きりの対象になります。

(理由は後述します)

こういう「間違ったアドバイス」というのは多く見受けられます。

善意アドバイスをしているのだとは思いますが、

自分の体験を普遍的なものとして捉え、変化している現状や、アドバイスする対象を無視してしまうくらいなら

何を言わずにただ「がんばれよ」と励ますだけの方がいいと思います。

そういったいろいろな無責任アドバイス就職活動本を一生懸命勉強して居る人に対して、

理由を告げることも出来ずにバツをつけなければいけないこちらの気持ちも考えてほしい。

1:会社自体ですごいコスト削減をしている

今私の所属する会社ではコスト削減の嵐が吹き荒れています。

確度の高い商談以外での出張を極力減らすようになり、

社内会議は極力テレビ電話会議で行っています。

社員一人当たりに割り当てられている教育費も半減しました。




2:採用活動でもコストパフォーマンスに説明が求められる

そのような状況で、学生採用活動についてもどんどん「仕分け」が行われています。

科学技術の例ではありませんが、「ハイリスクハイリターン」「手広く」をやめ、

コストがかからない範囲で手堅く人を集めるよう方針が変わってしまっているのです。

WEB上での採用プロセスを充実させる一方で、セミナの出展も対象を絞るようになりました。

大学別、テーマ別のように参加者像が明確なところを中心に、メッセージを選んで発信しています。

広告依頼についてもコストパフォーマンスをかなり上からいわれるようになりました。







3:面接での考え方は変わってきている

当然ESや面接での評価は以前よりも厳しくなっています。

今までの面接では、資格試験の三級→二級→一級のように

数回の面接の過程で段階的に学習・成長していけばよかった。(※2)

その過程で自信を身につけてもらい、会社を知ってもらい、最後に自分をぶつけてもらう。

そういう構成になっていました。

面接の回数を減らす」というのはそれだけ「説明の機会が少なくなり」

一回一回のハードルが高くなるということです。

面接回数が多いのは、決して学生に負担を強いるためではなく

より学生の話を聞こう、学生にいろんなタイプ面接官と会話する機会をもってもらい

会社を理解したうえで就職してもらいたい、という心がありました。

これは銀行採用プロセスから学んだことです。

実際、わが社に就職してくださった学生からは評判も高かった。

しかし、社内からも

「どうせ学生は質問しないから無駄である」とか

「遠隔地からの学生に負担がかかる」とか

学生の良し悪しなど30秒判断できる」とう通説を受けてのことか、

「そうやって判断を先送りするのは甘えだ」という指摘があがっていました。

(この通説流している人は、本当に面接をしているのでしょうか?

 それとも私が未熟なだけなのでしょうか?)

そこにきて今回の北海道大学学生デモ

他の主張はともかく「面接回数」については確実な反響がありました。

コスト削減」と「学生の要求」のダブルパンチからおそらく面接回数は減るでしょう。

会社から学生を理解しようという試みは減りますから

学生がより会社に対して自己PRの難易度が上がります。

ゆくゆくは面接の回数を減らすことを目的として、

担当する一時面接でも基本的な礼儀や知識、応対能力をチェックするだけでなく(※2)

積極性など人間性について好ましい部分を見出せない学生

一次面接でお断りすることが増えてくるかもしれません。

上位の面接については私にもわかりませんが(※3)多分厳しくなっているでしょう。






※1 一次面接を通ると「会社自分のことに興味をもってくれている」という感触を得られる。そうなればあなたも会社についてもっと興味を持つ。一次面接通過後に先輩訪問や職場訪問をされる方も多くいらっしゃいます。もっとも、一日2社~3社と回っていらっしゃる学生さんにはその余裕がないようですが。私からアドバイスをさせていただけるなら、「一日一社に絞る」などルールを設けられたほうがいいですよ。そうすることで「どの会社もいっしょ」だったものが「自分で考えて選んだ会社」になります。そこに自分なりの選んだ理由が生じます。少なくとも私が一次面接においてこの理由が聞けたなら、その学生さんを帰すことはありません。

※2 よく一次面接から最終面接ばりに自己アピールをしようとして空回りする光景などありましたが、取り組みの順番を間違えていますね。一次面接では受け応えの能力の他に、どれだけ当社について興味を持ってくださっているか。そういった「マークシート式の答案」を埋めるためにどの程度準備をしてきてくださる人であるかが大事です。言葉ではなく行動が熱意を示してくれますから。能力を判断するのはその先の段階です)

※3 よく面接官が教える採用される極意みたいな話がありますが、あれ胡散臭いですね。特に会社で明確に決まっているわけではありませんし、一時面接しか担当したことない人間が最終面接の極意などわかるわけがありません。よく知り合いに聞かれたりしますが「会社の方針としてはこんな感じだけれど、最終的には面接官次第。最終面接を多くやっている人に訊ねたほうがいい」と応えます。







4:北大生についての扱いについて

こういう状況で、会社に負担を強いる「遠地からの人間」というのは

そもそも歓迎できるものではありません。

ESの段階である程度期待できそうでなければ「切り」ます。

これは指示されているわけではありませんが、自然とそうなります。

昔は「大して変わらないなら、

遠隔地から来る人間はやる気があると説明することができた」のですが、

今は「大して変わらないなら

遠隔地から来る人間には相当期待できるものがあると説明させられる」のです。

むしろ「客観的に説明しやすい能力」がないと仕分けの対象になるのです。

それが会社の選択であるのだから、学生さんには申し訳ないけれど、

私にはどうすることもできません。

そもそも北大は、北海道出身でない学生が多い。

地元東京という人は多くいる。大学在学中という理由で

北海道から東京への交通費を出せというわけです。

そういう感覚で「遠地から来ました」といわれても

帰省のために会社を利用した」と受け取る事だって可能です。

コストが厳しい現状としては、そういう学生の場合、

「自費で東京に来て、わざわざ会社に来てくれた」学生の方が

より歓迎できるに決まっているではないですか。










5:デモを起こしたみなさんへ

このように、状況次第で採用の考え方など簡単に変わります。

もともと「求められるほどの客観的な能力」や「強烈な魅力」がある人は

状況に左右されませんが、それ以外の人は状況を無視したアドバイスなど

薬にならないどころか毒でしかない。

満足いく就職活動が出来た人は、自分の体験を「正解」のように語るのではなく、

その体験をもとに「相手のことを考えて」アドバイスをしてあげてください。

私は就職活動デモ北大で発生した心情については

それなりに理解できるつもりですし、かなり同情を感じています。

会社の一方的な都合で、採用基準が180度変わってしまう。

その理不尽を、ある意味もっともモロにかぶった形でしょう。

先輩の善意アドバイスを信じてその通りに行動したら全く成功できない。

自分世界から否定され、あざ笑われている気持ちになるでしょう。

比較的自治の精神が強いあなたたちが怒りを感じて行動を起こしたのは

まったくもって当然のことと思っています。

ですが、だからといって就職活動自分の都合の良いものにしろという要求は

会社としても受け入れることが出来ない。

今は内定率が80%を切る未曾有の苦しい事態です。

「時代が全く違う」先輩の受け売りなどに頼るのではなく、

自分よく考えて、よく会社を見て、よく私達と話をして欲しい

あなた達には立派な行動力がある

そのような学生を、無下に切り捨てるほど私達は腐っていないつもりです。

私は自分仕事の範囲で出来る限り努力します。

あなた達も、自分にとって今できることを精一杯やって欲しい

その結果が本当に「デモ」なのであれば、私に言うことはありません。思う存分やってみるといい。

2009-08-01

女の弱さ

今日北海道出身女の子と食事に行ってたんだけど。

といってもデートじゃなくて多人数で遊んだ帰りに、

帰る方向が一緒だったからちょっと喫茶店に寄っただけね。

その女の子は特に好きでもなく、どっちかというと恋愛対象外で、

そんなに仲良いわけでもない子。

それで、彼女喫茶店で話してきた内容は、同級生の愚痴

この時点で、彼女も俺に異性として好意が無いことが分かると思う。

どんな愚痴かというと、同じクラスに同じ北海道出身だからって馴れ馴れしくしてくるウザい男がいるって話。

俺にとっては知ったこっちゃ無い話なんで、テキトーにあいづち打ってたのよ。

けど、話してるうちに一点気になることがあって指摘したわけ。

「でも、彼とT(女の子名前)って似てるよね?同じ北海道出身だからかな?」

って。実際、彼女が言う彼の欠点って、彼女も持っている点が多かった。

そうしたら、急に不機嫌になりだして、とうとう「私帰る」って帰った。

やっぱりなって思いつつも、ヒステリックな女だなあと驚いた。

こういうのって、この女だけじゃなくて、広く観察される現象だよな。

女性って、同属嫌悪を指摘されるとたちまち精神崩壊する。

2009-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20090424143458

うわぁぁぁ

同じ北海道出身者として恥ずかしい!

同郷の者として代わりに皆さまに謝ります!

本当に申し訳ない!!

増田故郷に帰りなよ・・・

2009-04-20

差別排斥教育お笑い芸人コントが同じレベルでしかない件について

なんか最近また差別問題が絶賛好評中らしくて、差別はやめようとかいう社員研修を受けた。

北海道出身なので、差別差別と騒いでるほうがよっぽどウザイ。これ、北海道人みんな感じてると思う。

北海道人はそういう出自で差別するとかが感覚的に全く理解できない。「え?何が得するの?」ただでさえおっとりしてんのに、収穫が増えるわけでも大漁になるわけでもない儀式に参加するほど暇じゃない。そんな暇があったら家でゆっくりゴロゴロする。

その研修でどうも釈然としないのは、ただ差別はいけない、やめましょうというだけで、根本的な解決方法というものに全く触れていなかった。

挙句に、差別があることをしっかり認識しなさいとまで言い切っていた。何で差別と係わり合いの無い人の首根っこを捕まえて「差別があるんだよ、差別が! 差別すんなよ、絶対だぞ、分かったか!」って言わなきゃならないのかと思った。

アツアツのおでん

お前、分かってるだろうな! 絶対俺に触るなよ! 絶対だぞ!

わかってるわかってる!

 

ドンッ! ビチャ!

うぁあああああああああああっちーーー!!! ギャーーーー!

まさにこれと同じことをやっている。お前は上島か!っと内心思った。

何が酷いって、「被差別部落問題を知らなかったのに、知ってしまった為にそれに加担した。」と言う人の例を挙げて、普通の人でもこうなってしまうみたいなことを説いていた一方で、知らないでは済まされない、差別があることを認識して周知せよ、でも差別するな。と、差別を無くしたいのか増やしたいのかまったく訳がわからない。

この普通の人は「インターネットで被差別部落問題を知ったのでついやってしまった」みたいなコメントであったが、そもそも知らなければやってなかったんでしょ? 差別認識するから差別が起こるのに、それを宣伝して回るってどういうことなんだろ。

差別問題を風化させるのは良くない、よーく認識せよとか言っているが、大人がそんなことで大騒ぎしなければ、子供同士はそんなこと全く意識せずに仲良く遊んでいられるんだよ。「お前は差別されてる人間だ。」「お前は差別している人間だ。」大人がそう言った瞬間にドッガーン!と分厚い壁がせり出して、二人の関係は修復不可能なしこりを残す。

近くの公園では白人子供黒人子供東南アジア系の子供も、もちろん日本子供も何も問題もなく遊んでる。そりゃあ喧嘩もすることもあるが、おもちゃとか砂場の領地のとりあいだったり滑り台の順番だったりで、相手の見た目で喧嘩している子は1人もいない。この公園では大人は介入しないのでそれが良いんだと思う。

差別問題なんてきれいさっぱり忘れたその瞬間にそれ以上の差別はなくなるんだよ。口実がなければ差別しようがないし、しようという発想にもならない。

とは言っても、差別が完全な利権と化した状況では、そういう本来の目的とは別に状況を維持しつづけたい勢力がいるもんだから、差別して無くても差別されていると主張する人が居なくならないんだが。

もし、当事者差別問題を本気で解決したい人がいるならさ、引っ越せばいいじゃん。戸籍分割して本籍変えればいいじゃん。

で、東京に来たらいいじゃん。あんたの出自なんてだれも気にしないから。好かれるか嫌われるかの評価は、アンタの話が面白いか面白くないか?それだけだから。戸籍を遡ってまであんたらを調べる暇人いないから。せっかく若い世代では風化してるのに、自分たちで蒸し返すこと無いでしょ。

もし、部落だのなんだの言う奴が居たら、逆にどん引かれて二度と呼ばれないから。

それはいや、戸籍自尊心だ、変えたくない、引っ越さないって言うなら・・・

だったら自信持って堂々としていろ! ガタガタ抜かすんじゃなーよこのすっとこどっこいが!

アタシはあんたを差別しているほど暇じゃない! そんな暇あったら家でケーキでも焼くわ! 昨日作った焼きプリンは我ながらウマカッタ。

2009-03-08

インターネットのない恋愛

新郎新婦は同じ会社の営業と受付嬢として出会い、同じミスチルのファンだったことで意気投合し…」

という恋愛のやり方にものすごく違和感を覚えるのは自分ネット中毒だからであって、一般的にはごくありがちなパターンなんだろうな。


会社で出会う、ってところはまあいい。狭い箱の中で一緒に仕事してたらそりゃ恋することもあるだろう。問題は「同じミスチルのファンだった」ってところ。

え? その程度で意気投合しちゃうの?

だってミスチルファンって何十万人いるんだよ?

その何十万人の中には、もっと気の合う人が何万人もいるかもしれないのに、どうしてその可能性を考えもせずに、一番お手軽な出会いにコロっと運命を感じちゃえるの?


音楽趣味の話ならまだ良い。時には「同じ北海道出身だったことで意気投合し…」ってパターンもある。

全く意味が分からない。北海道広すぎだし。都道府県と、その人の魅力に何の関係があるんだ。こういう人って、同じ血液型だったり同じ星座だったりするだけでも意気投合しちゃうんだろうか。


要するに、インターネットのない狭い世の中では、その程度の一致であっさり運命感じて燃え上がれる人じゃないと、恋なんて出来ないんだろうな。

俺だったら、ミスチル好きの彼女が欲しければ、ミスチルファンの集まるオフ会に行く。

そこには、ミスチル好きの独身女性が何十人もいるはずだ。その何十人の中から、更に同じ曲が好きな人とか、性格の合う人、顔やファッション好みの人を捜すことが出来る。ネットのない世界よりも、もっと理想的な相手と出会うことができる。だから、学校会社の人には全然興味を抱けない。


それは、ある意味不幸なことなのかもしれない。

2009-01-12

anond:20090112152108

差別云々はおいておくとしても、

北海道出身だけどアイヌなんか耳にしたことないよ」というのは、それはそれで逆に問題を含んでいたりする。

要は、アイヌ文化が消滅しつつあるってことじゃないの。

実際には昔に比べて、「保護するべきもの」という機運が高まっていると思いたいが。

部落問題は誰もかれもそれを気にしなくなり、「忘れてしまう」のが一つのゴールだと思うけど、

アイヌってそういうわけにはいかないからな。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん