「由比ヶ浜」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 由比ヶ浜とは

2018-10-24

ちょっと前にガヴリール由比ヶ浜好きな人が作ったフラッシュアニメっぽい個人サイトホッテントリ入りしてたんだけど、はてブしそびれて探せなくて困っています検索で出てこない。分かる人いますか?

2017-05-17

キマグレン借金2億円ボーカルワロタ

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170505-OHT1T50065.html

逗子海岸ライブハウス海の家が一体となった新しい形の海の家を1億円かけて起業し、1年目は7000万の負債

2年目も3000万の赤字。3年目でトントンキマグレン「LIFE」が売れて借金は完済したが、

その後海の家逗子から家賃さらに高い由比ヶ浜に移したため、再び借金を2億円抱えた。←ワロタ

 

http://j-lyric.net/artist/a04dab9/l00d86b.html

味わい深い歌詞

2016-08-22

ゴジラ割りと面白かったけど不満点はそれだけか?

http://anond.hatelabo.jp/20160821212820

一回しか見てないんで見落としてるだけだよってだけかもしれんけども


追記:

  • 忘れてたけどこの国かの国うるさい。「この国を見捨てずにやりましょう」(だったっけ?)じゃなくて「最後まで諦めずに頑張りましょう」じゃね、ふつうと思った。皮肉で彼の国っていうのはありですけども
  • あと俺も一回しか見てないよ。しかも一週間以上前なのでいろいろ不確か

2015-10-09

女が書くとこうなるはず

旦那東大卒なんだけど、facebookで歴代彼女らしき女を漁ってみた。無駄美人が揃っててびっくりする。

けど青◯学院とか日◯女子とか明◯学院とか国◯院とか偏差値は揃って低め。

fb友達の友達にまで写真全部見せるリテラシーの低さっていうか、自己顕示欲の強さっていうか。

写真もいかにもな感じで海外スカイツリー東京ミッドタウン六本木由比ヶ浜自由が丘に、お約束ディズニー

こりゃ旦那に選ばれないわけだな~と納得した。こういういかにもな頭の弱い美人若いしか選ばれない。

男はどんなに遊んでても結局私みたいな同じだけの学力教養のある人間結婚する。

そこに顔だけのバカ女が入る余地はないよね。どうせ教養のない不動産社長(自営業)とでも結婚するんだろうな。

実際は1人は立◯卒の多分パナソ◯ックの営業と結婚してるみたいだしあと2人も結婚してるけどfbからは分からなかった。

ちなみに結婚できてないのは1人だけで、この人は間違いなく数年後にしょぼい不動産社長(自営業)と結婚しそうだと思った。どうでもいいけど。

もちろん私の大学(無知馬鹿馬鹿にされることで有名)でもバカ大学出身の女と結婚する男はゴロゴロいる。

(その人達も結局のところ、お勉強が出来るだけで、趣味深夜アニメワンピースクロスワードパズルみたいな感じだろう)

自分の専門の実利のなさを誇るくせに、創作分野には意味を求める。ナンセンス理解できない。

そんな教養がない人同士が結婚するのは何らおかしなところはないし納得。

ちょっと何書いてるのかわからなくなってきたけどとにかく日本人エリートに見えても教養がない人が多すぎ。

階層不安定な分、平等にチャンスが与えられてるとも言えるけど。

少し自虐すると、日本人女性がまだまだ学歴も低くて社会進出も進んでない中でエリート男が同ランクを選ぶためにはルックス障害になるんだろう。

耳障りのいい言葉で言えば「中身」を愛されてるってことになる。

ブス過ぎて生きてるのが辛い。

2015-06-01

由比ヶ浜や雪の下がブスだったとして

それでも八幡はホンモノを彼女達に求めるのだろうか

2014-08-08

そんなに逗子ドンチャン騒ぎしたいんかな

由比ヶ浜に行け由比ヶ浜に、住み分けしようぜ、由比ヶ浜のが便利だろ

あちこちの近隣住民に迷惑かけて、生息可能地域を狭めて行くだけだけど、自業自得だわ

2013-05-16

青二才氏の『俺ガイル』評について解説を試みる

進撃の巨人ネタで気分がよくなった青二才が再び俺ガイル語りに挑戦 

今週の俺ガイル見て個人的に、突っ込みたいことをしばしば。別に続きがあって、別の結論があるんだろうが「誰にだって優しい人」何か本当はいない。これだけは言わせてもらいたい。『苦労背負い込んで生きたがるマゾ』『義理堅いゆえに恩を返さずに居られない人』だってだれでもそうとは限らんよ

少なくとも、僕は俺ガイルの彼に匹敵するぼっちだ。友達がいるとかいないとか以前に、友達ってもんが作ってもはぐれっちまうものだと13で気づいた。絆ってもんは賞味期限があって…1年に一回は上書きしないと維持すらままならない。3年に一回はリスペクトしたくなる場所居合わせないと…らしいぜ

人は熱しやすく冷めやすいからね。短期的には、好印象で優しい人からもそうでない人からも好かれる事はできる訳だ。由比ヶ浜ってキャラクターはそのことを知ってる。短期的にモテたくてやってる部分と中長期的に愛されたくてしてることを彼女はわけてる。俺ガイルアニメはそこらへんがあじな演出だよ

俺ガイルが好きになれないのは、主人公伊藤誠よりも碇シンジよりも、アニメ史に残るレベルで僕が拒絶しちゃう主人公から。「負けることについては最強」だって?年がら年中どころか、人生の9割は負け組人生送ってきた俺の前で言うなよ!負けの最強(マイナスの中のマイナス)は俺だよ。…ほざくな

主観主観だとはねつければそれで終わっちゃうんだけどね、人は主観で生きてるからこそ尺度次第では相手の価値観の一歩先を行ける。少なくとも俺ガイルが描こうとしようとしてるものってその点でおおよそ言い分はわかっちゃう上で「これ、高校生にやらすのはおかしい」って僕は言いたいのよ。

出会いと別れとか、友情ってテーマは高校まであんま考えない。高校時代にはスクールカーストの序列の中で生きてるから自分の持ってる友達観・友情観・それに関する言葉の重みや信用性に左右され本質的なところが見えない。だから、話聞いてて、「そこで分かった口を聞くなよ」と腹が立つ訳だよ

俺ガイルの歪さって、友情の先にあるもの言葉の重みの裏付けとなるものがどうしてもスクールカーストに吸収されていく点。大人になれば、彼らの思い込みや虚構は良くも悪くもリセットされ、友情や感情意味もっと深く知ることになる。その時に悟ったことを高校で再現しようとするからなんか不自然

原作見ないでアニメを見る面白さ、ほんのページをめくる楽しさって、何が出てくるかわからない手探り感なんだけど、俺ガイルに僕がそれを見いだせないから楽しめない。描きたいものも演出的・フラグ意図もわかる。だが、知ってるからこそ見えると萎えものが先々に見えて没頭できない。反論が出る

ハリネズミなんだよね。毒付きあうことでしか人と付き合えない、某ネットコミュニティーみたいな痛々しさを俺ガイルを見てて感じる。殺風景でそれを知る人がリアルで口を開くと全員が全員不幸の産物のように語る。それをさも正しそうに語るから俺ガイルってアニメ原作にはほとほと呆れるのです



とりあえず翻訳してみる。

---

今週のアニメ『やはり俺の青春ラブコメは間違っている。』(以下『俺ガイル』)への突っ込みを暫し書かせてもらう。もちろん、アニメには続きがあり、そこでは別の結論が出されるのだろうが。これだけは言わせてもらいたい。「誰にだって優しい人」なんて本当はいない。「苦労を背負い込みたがるマゾ」「恩を返さずにはいられない義理堅い人」だって、そう多いとは思えない。

私は、『俺ガイル』の主人公匹敵する “ぼっち” だ。友達を作らないわけではないが、作ってもすぐにはぐれてしまうのだと、13歳のときに気付いた。絆というものには賞味期限があり、一年に一度は上書きしないと維持することができない。さらに三年に一度は、その人をリスペクトしたくなる場面に居合わせないといけないらしい。

人は熱しやすく冷めやすい。短期間なら、優しい人からも、そうでない人からも、好かれることはできる。由比ヶ浜というキャラクターはそれを知っている。短期的にモテたくてしている行動と、中長期的に愛されたくてしている行動を、彼女は分けて考えている。そのあたりは味な演出だ。

私が『俺ガイル』を好きになれないのは、主人公をどうしても拒絶してしまうからだ。伊藤誠よりも碇シンジよりも。「負けることについては最強」だって? 人生の九割で負けてきた私の前で言うなよ。負けの最強は私だ。ほざくな。

主観主観だとはねつければそれで終わってしまう。しかし、人は主観で生きているからこそ、尺度次第では相手の価値観の一歩先をいける。『俺ガイル』が描こうとしているもの、そのおおよその言い分を理解した上で、私は「これを高校生やらせるのはおかしい」と言いたい。

高校に入る以前は、友情というものについてあまり考えない。高校生になってからは、スクールカーストの中で生きていくので、自分の思い込みの友人像に翻弄され、友情の本質を見ることができない。だから高校生の話を聞いていて、「分かったような口を利くなよ」と腹が立つのだ。

俺ガイル』の歪さは、友情の先にあるもの言葉の重みの裏付けとなるものが、どうしてもスクールカーストに吸収されていく点にある。大人になれば彼らの思い込みや虚構は良くも悪くもリセットされ、友情の意味もっと深く知ることになる。その大人になって悟ったことを、高校生主人公とした作品で再現しようとするから、不自然に見えてしまうのだ。

原作を読まないでアニメを観ることには、何が出てくるか分からない手探りの楽しさがあるのだが、『俺ガイル』にはそれを見い出せない。描きたいものも、演出・伏線意図も分かる。分かるからこそ、先々に萎えものが見えてしまい、没頭できない。反論が口をついて出てしまう。

ハリネズミなのだ。毒づき合うことでしか人と付き合えない、某ネットコミュニティのような痛々しさを、『俺ガイル』を観ていて感じる。口を開けば、すべてが不幸の産物であるかのように語る。そのような痛々しさを肯定して描くから、『俺ガイル』というアニメ原作には、ほとほと呆れるのだ。

---

意味不明な箇所が多々あったので、かなり意訳した。解釈に間違いがあれば指摘して欲しい。

元増田の方で

自分は13歳でわかった」けど、「高校生にこんなこと理解できるわけがない」という主張している件について納得の行く説明をしてくれ

とあったが、

青二才氏が「13歳でわかった」のは「自分友達が出来ても長続きしないこと」、

青二才氏が「高校生に理解できるわけがない」と言うのは「友情の本質」なので、

まあ矛盾してはいないんじゃないかな…。

2008-05-16

鎌倉旅行

 ちょいとリフレッシュのために鎌倉へ日帰り小旅行してきた。朝早く東京を出発して、九時前に北鎌倉駅に到着。個人的には江ノ島メインにしたかったので、円覚寺はすっ飛ばして、明月院に。あじさいにはまだ早かった。

 以降、建長寺鶴岡八幡宮鎌倉駅→江ノ島駅→「たこ島」で昼飯→江島神社→龍恋の鐘→岩屋→江ノ島駅→長谷駅→高徳院(大仏)→甘縄神明宮→由比ヶ浜駅→鎌倉駅→横浜駅→元街・中華街駅→中華街で夕飯→元街・中華街駅→帰宅。

 楽しかったが、かなりの強行コースだった。脚痛い。特に建長寺の半僧坊と江ノ島を同じ日に回るというのは無謀だった。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん