「合唱」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合唱とは

2017-04-22

世の中にいろんな音楽がある中で好き好んでガキの合唱なんか聴く

自分の子供が歌ってるとかならわかるが、音楽ジャンルとしては正直全然きじゃない

というかぶっちゃけ嫌いだ耳障りだ

あれが好きな奴っていったいどういう耳してんだよ

2017-04-21

枝野普通団体対象にならないことは、どう答弁しようが、条文で」

国会ウォッチャーです(名乗るの忘れた。どうでもいいけど。)

 階、枝野、山尾、逢坂と、民進党エース級をそろえて、完全に共謀罪ロックオンしてますね。がんばってくださいね

階猛議員対応は圧倒的に正しい

 階議員今日かなりエキサイトしていましたが、支持しますよ。今日鈴木淳司法務委員長は、職権で法務委員会を開催して、かつ林刑事局長を答弁者に登録することを採決したみたいですが、昨日も書きましたが、委員会政府参考人登録することそのものはおそらく、否定できないと思いますよ。でも、前例ほとんどないはずと思ってたけど、一回もなかったみたいだけど。枝野さんが、「民主党政権時代にも、答弁が不安定大臣というのはいたが、こんなことはしなかった。今までの大臣の中で、金田さんが一番能力がないといわれてるようなもんなんだから、怒るか逃げ出すかするしかないはずだ」といっていましたけどね。まぁ恥の問題ですよ。でも鈴木委員長が、基本的な事項について、質疑者が指名できるはずの答弁者をここまで露骨に林局長指名しているのは階議員が指摘したように、衆議院規則違反だろ、というのはそのとおりですよ。露骨過ぎるんですよ。一太委員長とかも、結構助け舟を出すけど、たとえば、総理指名されてても、「まず局長、その後総理行きますから」とかぐらいは言いますよ。鈴木委員長はかなりダメですよ。一応ほめておくと、今日の国交委員会西銘恒三郎委員長は、同じ時間使うでも、質問の整理をして答弁を促したりしっかりと議事進行されてましたよ。だから基本的な事項について、委員長局長指名してきたら、質疑を取りやめるよ、という対応は支持します。鈴木委員長は来週あたり不信任動議されるんじゃないですかね、このままだと。

そもそも=基本的発言を引き取らされた林局長哀れすぎる

 山尾さんです。これはまぁ大事な話なんだけど、山尾さんの質疑を見て。とにかく総理大臣がニヤニヤしながら、「失礼だとおっしゃられましたが、これは事実でございますから」とか言いながら山尾さんをおちょくってた(しかもどうやら嘘か勘違いっぽい)ことの帳尻を林局長に取らされてるのはマジで意味不明。もちろん安倍さんの行動が意味不明質問主意書だしていいよ。総理が調べた辞書はどれだったのかって。山尾さんにはいつもやり込められてるから仕返しのつもりだったんだろうけど、ちゃんとほんとに調べてなかったのならこんなくだらないことでも虚偽答弁だよ。どこまでもどこまでも国会をなめきってんだよ。

一方枝野さんは今日も地道に林局長と仲良くなっていた

 枝野さんと林さんのやり取りは、今日面白かった。林局長もやり取りをする中で、公式見解をまとめてきていたので、枝野さんも一歩前進したと評価されていた。個人的な予想に過ぎないけど、枝野さんの方針はなんとなく読めてきた気がしました。林局長が、今日まとめてきた公式見解を出すことを予想した上で、実務的にどうやって、担保するのか、過去の例で、公式答弁がどうあろうが、条文上読めなかったら、裁判ではこう扱われてきたんだぞ、っていう路線に進めていくんだろうことを予感させる終わり方でした。枝野さんの質疑はこれだから面白いんだよ。いや共謀罪面白がってる場合じゃないけど。

局長によりまとめられた公式見解と思しき箇所と枝野さんの反論

 長いからまとめちゃうけど、こないだの、違法性認識のところをはっきりつめてきて、犯罪構成要件としての故意認定違法性認識の差を明確にしてきました。組織的犯罪集団構成員として認定されるには、結合の目的が、別表に掲げられた罪を犯すことは知っていないといけない。(それが罪であることは知らなくてもよい)

局長

違法性の意識は、故意との関係で論じられます刑法第38条3項にございます。その際に違法性の意識がいるのかいらないのかが論じられている。そして今回の組織的犯罪集団の結合の基礎としての共同の目的が、別表第3に掲げる罪を実行することにある、といえるために構成員が当該行為違法であることを認識していることを要するか否か、については、故意問題とは別の問題でございます構成要件に該当する客観的事実認識して実行すれば、違法性の意識がなくても犯罪が成立する以上、犯罪構成要件に該当する事実認識した上でそれが結合関係の基礎としての共同の目的になっているのであれば、それは組織的犯罪集団に当たりうると考えます。ただ、もっとも、ある団体の結合関係の基礎となる共同の目的犯罪を実行することにあるといえるか否か、これは故意問題とは別の次元論点でした、個別の事案での集団の結合の目的が何であるかという認定問題となりますと、当該犯罪行為を反復的に実行しているが、当該行為違法性の意識がなく、それを認識した後に、結合し続けることがない、といえるような場合には、集団の結合関係の基礎となる目的とは認定されないと考えられる場合もあることから故意認定違法性認識必要ではないが、組織的犯罪集団認定においては、かなり大きなファクターを占めるといえる」

枝野

「ようやく、何を言っているのかを整理していただきました。その限りの考え方は、ひとつの考え方だと、なおかつ一歩前進かもしれないと私も認めます。確かに違法性の意識必要ない。別表3の行為違法だということを知りながらみんなでやることは必要ない、ただし、違法だとみんなが知ったら、コレはもうやめるよね、というのならば、結合の基礎ではない。これは非常にわかます。つまり後で使う例ですけども、ある合唱団が、一枚だけ楽譜を買って、あとはみんなでコピーして使うんだと。コレは著作権法違反です。これは違法なんだと気づいてやれば当然結合の基礎に当たりうるというか、大変な問題だけど、違法だという指摘をされたなら、やめますと、いうことであるならば、結合の基礎ではない、こういうことですよね。」

枝野摘発されて、摘発されたら、”あー違法だったんですか、気づきませんでした、でも違法だと知っていたらこんなことやらなかったよね”と。これ社会的にもあるいは裁判実務においても、これ許してもらえるんですかね。というのが私はこの論点ではないかと思う。普通犯罪の成立には違法性認識必要ありません。(略)個人著作権法違反既遂罪は、違法だと知らなくても処罰されるんです。で、みんなで結合して、コピーして、合唱練習しようという共謀をしたら、これは違法性を知らなければ、組織的犯罪集団ではないという。コレ、摘発されて、どうやって知らなかったと証明するんですか。供述をどうやって信じてもらえるんですか。これはこういう問題です。」

親告罪共謀罪は何だという再度の問い合わせについて、捜査機関が、別途知りえた共謀を被害者に知らせて告訴を依頼することがありうるから、存在しうるという反論をする林局長。(国会クラスタが書き起こししてることに言及して、我々をざわつかせる枝野)これ口滑ってる認識はないんだろうけど、要は別件逮捕するために、使えるからだよね、

さらに、金田答弁で「正当な目的で集合なら処罰されない」とかいってたけど、アマチュア合唱団が、著作権法違反はまぁ大体認識してるけど、合唱自体は正当な目的でしょ、と。林さんは楽譜コピーが結合の目的とはなかなか認定できないから、ふつう認定されないとかいって、枝野さんがまた、じゃあテロリストが取る暴力的手段目的乖離しているが、これらの例をどうやって区別するのか、条文上区別できないじゃないか、と「普通の人には関係ないとはまったくいえない」と押しまくる枝野。かっこいい。

治安維持法目的運用に触れはじめる枝野

 組織的犯罪集団認定において、既遂重要意味を持つでしょ、としたうえで、「普通集団が、自分たちの主張が通らないから、一回だけ暴力行為をして、やってみようっていうのと、合唱団が、集まってみたけど、金がないから、著作権法違反だと知ってるけどコピーしてやろうというのは、いったい何が違うのか」という例を出して、既遂は確かに重要だし、「一変した」ということについての何らかの外形的なか行為必要だという答弁をさせて、過去に同種の犯罪を何度も既遂しているなら、すでに既遂してるわけだから共謀罪必要ないし、一回もやっていないんだとすると、綿密に普通団体監視しないと取り締まれないだろ、どうやって普通団体監視に着手するんだと、役に立たないだろと詰める枝野。かっこいい。

 枝野「(合唱団楽譜コピー事例が、絶対共謀罪に該当しないということがどこで担保されるのかと)法律というのは、刑事法というのは、(答弁で)いくら入りませんといったって意味ないんですよ、答弁が。

(略)戦前治安維持法をね最後のほうではやってかなきゃなぁと思っているんですが、これ治安維持法というのは、(条文の上では)国体の変革を求めるもの私有財産制度否認する、戦前共産党、これが取締り対象だったんですが、公明党さんちゃんと聞いてくださいね、わかってらっしゃると思うけど。治安維持法が、それにくっついた枝葉の要件はいろいろつきましたが、最後までその対象だったんですが、1943年7月6日創価学会初代会長牧口さんと、創価学会の二代会長さん、戸田さんは、治安維持法違反不敬罪逮捕をされて、初代会長の牧口さんは、獄死をされている。この法律目的取締り対象国体の変革と私有財産否定だったんですよ。創価学会国体の変革を目指してたんですか、私有財産否認していたんですか、違いますよね。法律上絶対入らないという担保がとれないと、刑事はいけないんです。そういう意味では今日の答弁は、前進した部分もあります。認めます。あ、ここは入らないということもありました。しかし、普通団体が、これは入らないということが担保できる条文にはなっていないということを申し上げて今日質問は終わります。」

ほんとに言って欲しい方向に行く枝野、うれしいよ。数で通っちゃうなら意味ないんだけどうれしいよ。

2017-04-19

日本は何の影響力もない国になっている

国内中国が〜韓国が〜と吠えるだけの連中が増えていて、現実的に彼らに影響を及ぼせるようなパイプを持っている人間日本からは払底している。

昔は北朝鮮にすらつながりを持つ政治家もいたけど今はいない。

から北朝鮮でどれだけ問題が持ち上がっても何もできない。

ひたすらアメリカ様のやることに追従していくだけの、犬になっている。わんわん。

経済の停滞がつづくうちに中国にどんどん引き離されるし、国際的地位も影響力も低下する一方。

そうなればそうなるほど、国内では日本偉いの大合唱蔓延する。

外の現実に目を向けなければなけなしのプライドも保てるさ、という情けない引きこもり国家と化しているのが今の日本現実なんだね。

2017-04-11

MIDI合唱ってどうやんの?

FFでいうところの「塩酸しめじヒラメ★出目金★」とかの部分。

あれほどなんらかの言葉を話している必要はなく、アー程度の音でいいんだけど、あれってなにか市販音源があるの?

MIDIで壮大なクラシック曲作ってる人はどうやってあのコーラスっぽいなにかを作ってるのか気になる

2017-04-08

今思うと お前は安らぎじゃなく重荷、ストレスしか思えないって振られるんだったら面白おかしく振られることにすれば良かったな。

別れるの嫌だってメソメソしていやーな声出されるよりも笑ってくれたかもしれない。

ゆかりの地を巡ったり、出会った頃別れる時歌おうってふざけて笑ったあずさ二号を合唱し、卒業証書授与式してバイバイするような

卒業旅行しようよって言えばよかった

わたし面白いところが好きって言ってくれた人の大好きだった腹からの笑い声をもう一度聞けたかもしれない。

2017-04-07

おじさんとおばさんの違い

こないだ同僚と小学校に面した道を歩いていたら、校舎から数人の少年たちがこちらへ手をふってきた。

「おーい!おばさーん!!」

「そこの、道を歩いてるお、ば、さーん!」

「2人組のおばさーん!」

「買い物袋持ってるおばさーーーーん!!おーーーい!!!!」

私は27歳、同僚は25歳の妙齢ということもあり、

思いのほか腹が立ったので、完全無視をきめこんで会社まで帰った。

少年たちはずっとおばさん大合唱を続けていた。

会社に戻って別の同僚にむかついたわーと話していたら同期の男がやってきて

別に俺はおじさんって言われてもむかつかないよ?」と嘲笑まじりに言われたんだが、

おじさんとおばさんって語感が全然ちがうように思う。

「かっこいいおじさん」とは言っても

きれいなおばさん」とは言わない気がする。(きれいな女の人、とかいう)

おばさんに変わる、成人女性呼び方はないのかな。

マダムみたいなやつ。



<追記>

念のため書いておくと、少年たちは校舎の窓から顔を少しだけ除かせながら、明らかにからかう目的で叫んでいました。

勘違いとかじゃなく、ほんとに。

子供たちが見知らぬカップルとかに「ラブラブー!」等言って逃げたりするいたずらありますよね?そういうのと同じテンションというか。

(おばさんと呼びかけると相手が嫌がると分かっていてやっている雰囲気が伝わりました)



「chk925 ずっと大合唱していたのならそれなりの用事があったのではなかろうか。何故無視をしたんだろう。大人気ない。だからこそおばさん呼ばわりされるんじゃないの?」

このブコメ、まさにそれですよね。

"おばさん"って本当良い意味で使われないということが分かる。

2017-04-05

音楽先生

先日から久しぶりに実家に来ている

私は帰省しても誰にも連絡をしようとしない

友だちがいないわけじゃない

帰ったという報告を受けていない友だちから

帰って来てる?って誘われることを待つクソ受け身

当然LINEが来るはずもないから凄く暇

テレビ観てテレビ観て寝まくる毎日

本を読もうと思ってもダラけさせる実家空気

今日こそは母親仕事が終わる1時間から

繁華街カフェ読書しようと家を出た

私は免許を持ってない

でもバス停まで少し歩くしバスに乗りたくない

ということで、タクシー乗車

電話して家まで来てもらって、いざ繁華街

目的地に着こうとしているとき

から中学時代音楽先生を見かけた

すぐにわかった

7年ぶりに見るその姿は全く変わっていなくて

赤毛で前髪が長いショートカットボブ

昔のお面のような形相

気が強そうな細いヒールタイトスカート

少しだけ出た下っ腹

驚くほど昔と一緒だった

でも名前が思い出せない

学生ときも何て呼んでいたのかわからない

おそらくこの人はずっと私の中では

中学とき音楽先生」という名前

私はピアノ習い事をしていた

そのため中学1、2、3年生の合唱コンクール

卒業式伴奏担当した経験がある

その際、先生にはお世話になった

この先生は人の顔と名前記憶することが

苦手な症状があると最初の授業で言っていた

音楽への愛情が強く情熱的な人だった

いつも何かに怒っていて怖かった

先生が付く合唱練習なんて緊張で吐きそうだった

怒鳴られたことは何度もあるし

全校生徒の前で楽譜を投げられたこともあるし

まりの出来なさに皆とは別の部屋で1人

伴奏練習させられたこともある

早口唐突でとにかく恐ろしくて

何て言っているのか理解出来なかった

頻繁に怒らせて叫ばせてしまった

それでも学年が上がるにつれて

伴奏の話を持ちかけて来てくれた

3年生のころには顔を見て名前を呼んでくれた

タクシーから降りて先生挨拶することも出来た

でもしなかった

見かけて気付くだけ

例え真横をすれ違っても話しかけない

怖くて怖くて話しかけられない

気づいていないフリして凄く気づいている

これは先生に対してだけではなく

過去同級生にも同じことをしてしま

誰かと再会したとき

何と言えばいいのかわからない

声を出す勇気も自信もない私は

ただ目的地のカフェに緊張しながら向かった

2017-04-03

かわいい声の女の子うらやましい

声が低くて女性アーティストの歌が歌えない‥男性ロックとか歌いやすいしテンション上がるけどかわいい歌も歌えるようになりたい‥

高音だそうとすると合唱ソプラノっぽくなる‥そうじゃないんだ‥もっとAKB 的なこえが

2017-04-02

http://anond.hatelabo.jp/20170402103252

それで関ジャムとか亀田音楽学校とか題名のない音楽会みたいな授業してくれるならまだわかるけど

やってるのは、一昔前のヒットソング童謡合唱させたりリコーダーで吹かせたりさせるか

申し訳程度の解説した後でクラシックCD流すだけだからなんだかイタい

2017-03-23

http://anond.hatelabo.jp/20170322233747

はてなーととげったーの理想の世界は恐ろしいぞ。


従業員ブラック体験ソーシャルメディア愚痴

   ⇒ 企業管理職への罵倒大会

    この際、当該労働者能力などは考慮されない、だって労働者だもん♪


上記企業管理職が、ブラック自殺ニュースに(ただし、部下の件とは独立して)

   ⇒ 企業管理職への罵倒大会

    この際、この当該管理職が、実はブラック形成していたことなど知りもしない

    加害者から一転、可哀想被害者に、だって労働者だもん♪


上記企業ニュースにより廃業社員がいろんな企業転職するが、転職先で無能扱い

曰く「ホワイト会社崩壊させるブラック新人」ww

   ⇒ 企業管理職ホワイト経営をしてるから罵倒されない

    ブラックなやり方でしか働けない無能ホワイト環境を守るために辞めるべきと大合唱



ちなみに、大真面目に「無能ブラック廃業しろ」と言うやつ居るからな。

はてさて、はてなーの皆さん。

無能」はどうしたら良い?

理想的人員構成された、理想的ホワイト社会で暮らせない無能はさ。

ホワイト職場で働けるほど能がなく、はてなーが言う最低限の賃金を払うにも惜しいような無能

昔ならブラック環境で、それでも罵倒されながら働き、自分管理職になってからは同じように無能罵倒して、

なんとか社会歯車たらんとする無能はさ、「理想郷」ではどう生きればいい?

ベーシックインカムかなんかで、誰の邪魔もせず、誰の気分も害さずに、寄生してればいい?



アメリカみたいに契約制にして、無能は一生うだつの上がらない底辺生活ってのも、でも許されないんだろ?

無能をいつでも切り捨ての出来るコマとしてでも使おうと思っても、派遣村みたいな話になって、そんなの人権侵害って話だよなぁ?

んじゃ、企業が人を雇うときには、社会福祉的にも考える必要あり?

結婚などに合わせて賃金も増やしてあげるべき?

え?でもそれって、昔の終身雇用じゃね?

2017-03-21

二分の一成人式って多分モンペ対策だよね

http://makomako108.net/2017/01/05/nibunnoichiseijinshiki5/

実際、2分の1成人式に出席した親です。そして、元教師でもあります。13年ほどやってました。

この記事に概ね同意意見SNSでよく見る。読んでみて、なるほどと思った。たしかにその通りと。

いっぽう、参加したときはそれはそれでやっぱり感動した。

うーん、なんだろうこの違和感

ところで2分の1成人式って、うちら子供ときはなかったよなと思った。

ただ、調べてみると考案自体1980年代という昔からのようだが、普及はどれくらいなのだろう。少なくとも私の学区では無かったです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/2%E5%88%86%E3%81%AE1%E6%88%90%E4%BA%BA%E5%BC%8F

さて先の記事に戻って考えてみますと、感動ポルノっていう表現を使っているけども、たしかになんかそういう押し付けがましさは思った。

子供は、決まった答えしか書けないよな、と。

参加してみて、いろいろな子供の夢や感謝言葉を聞いた。へえとか、将来の夢にYouTuber声優が多いのって今風だよなと思いつつも、

なんかバラエティ番組を見ているようにも感じていた。

まり、前述の記事で取り上げられている境遇の子供のことは抜きにして、とりあえず9割がたの親は感動ができるとは思いました(ベネッセアンケートより)。

そうなると、現場先生にも凄くメリットがあると気づきます

・夢を語るというプレゼン=正解のない課題をさせることで先生負担が減る

・親御さんに満足を与えられる=モンペ対策(こんな素晴らしいことをしてくれる先生!)

正解のない課題をさせることはとても楽なのですよね。

例えば、割り算の単元に入ったときそれを全員に理解させることは難しいけれど、だいたいが筋書き通りであれば良い作文は、ほんと楽です。

事前にある程度のテンプレプリントを配って、授業時間を割り当てるだけで良いんですから。あと、出来た子供に出来ない子供フォロー

をさせれば良いし。目標クラス全員の行事成功ですから、出来る子供も納得。

※もちろん全校生徒で合唱したりと大変な一大行事になっている学校もあるとは思うけれど。それでも「テストなどの学力関係ない授業」

というのは、それに比べれば気は楽だと思う。

そして、親御さん側も正解を持ち合わせていないため、ほとんどクレームはこないでしょう。

モンペ対策は言い過ぎにしても、ラポール形成には、費用対効果的にきっと相当のプラスだと思いました。

ただ「ほとんどこない」、というのは前述の記事のとおりです。

前述の記事のように、そもそも感謝言葉を全員が述べたい、という前提の行事なので、そうでないケースがあると成り立たない。

そして、記事の著者は「学習が本分」というが、本当にそのとおりと思います

ただ、その学習の前提であるクラス調和先生多忙さが、このような行事を安住させたのではないかと。記事を読んでふと思ってしまいました。

しかに感動はしたけど、たしかに無くても困らない・・・

感動ポルノちょっと煽りすぎだと思いましたけれど、冷静に考える機会を与えてくれたとは思いました。

さて、ですが、ただそれを「じゃー来年からやめようよ」と、一介の親が言い出せないもどかしさは残ります

教育って、楽な方に行こうと思えば、ほんと簡単に行けちゃうんですよね。

だって、よほど受験熱の高い学区じゃない限り、正解ってないですし、子どもたちも、ある程度は楽な方をやっぱり喜びます

まして、厳しいことを厳しくできる学校って、ほんと限られてると思うし。とくに公立はほんといろいろな生徒が来るわけで。

なんか教育制度って、細かい点ではおかしいと思うことはほんとたくさんあると思うのだけど、何からどうすればいいんですかね。

難しい。

2017-03-18

痴漢を訴えられて線路の上を逃げた男

案の定冤罪冤罪の大合唱が起きてる

美しい国

2017-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20170316201537

企業ならともかく学校があれをやるっていうのはどうかと思ってたなあ。内申に響くし。

つーか運動会とか合唱強制参加な企業とかだって俺はドン引きだけどな。

そんなに運動会合唱楽しいなら外でもやればいいのよ。やらないじゃない。

まりそういうことだよ。

運動会合唱楽しいってムチ持ってる奴がいるとコンセンサスとか関係なく一体感を楽しめて楽しいって事なんだけどそれってどうよ。

2017-03-03

(微ネタバレアカデミー賞短編映画部門合唱」の日本語タイトル

今年のアカデミー賞短編映画部門映画合唱」だけど、日本語タイトル異議ありぶっちゃけて言ってしまうと、ぶち壊しである

原題は「Mindenki」(Everybody)、英題は「Sing」。無論原題の方がいいんだけど、英題でもまあ問題はない。しか日本語タイトル問題外だと言える。

なぜなら、映画ラストシーンキーワードは「みんな」、そして「歌いなさい」だから。これらのキーワードタイトルに設定されていたとするなら、観衆は「ある結末」を期待しつつ、作中のアクシデントの経過を見守ることだろう。

その結末は、ある意味予定調和的で、美しく、誰もが傷つかない、「いい物語だった」というカタルシスを与えてくれるものだっただろう。主人公たちが実力に見合わないような成果を得ても、それはフィクションお話から気にする方が野暮というものである(ただし正月に見た「天使にラブソングを2」に感じた違和感はコレだったが)。

しかし、この映画において、子供たちは聴衆の期待を大きく裏切る行動を成し遂げる事となる。これは大変重要ポイントである。なぜなら、この映画価値、そしてアカデミー賞を受賞した理由の一つは、「期待を裏切ること」にあるからだ(少なくとも私はそう思う)。

こうした観点から考えると、日本語タイトルの「合唱」は、映画の内容をストレート表現しているのにも関わらず、結末へのある種の「期待」を強く喚起することができない。結果として、日本の観衆はこの映画を、本来意図された(であろう)形で楽しむことができないだろう。残念だ。

2017-02-23

いまやってる豊崎愛生のおかえりらじお

豊崎さんがミューレに入ったとき

オーディションに受かったからと言って成功約束されたわけじゃない」みたいに最初に厳しいこと色々言われたあとに

「それでも事務所私たち絶対あなたたちの味方です」ってマネージャーが言ってくれたって話してて

ツイッターハッシュタグはいい話~の大合唱になってたんだけど、

これ最も初歩的な洗脳手法でましてや中高生(寿・戸松)相手にやるべきことじゃねーだろ。

ハッシュタグ付きでツイッターで実況できる雰囲気じゃないので増田で書いておく。

2017-02-09

教育困難校教員簡単に辞められない理由

トラバでもブコメでも「辞めろ」の大合唱なんだけど、そう言われればそう言われるほど辞められないのがこういった職業ジレンマから

教育困難校の生徒は基本的に捨て猫みたいなもので、放っておくと死ぬタイプの非常に弱い存在だ。

発達障害差別と言われようと、先生の指示が守れなくて道路に飛び出したり足し算引き算が出来ない半分大人の生徒たちの面倒を見るのは本当に難しい。

そして差別して下に見ているとかそういう次元じゃなくて、淡々と起きている現実を書いてるだけ。

出来るなら誰もこんな話がしたいわけじゃない。

これは動物愛護でも介護現場でもそうなんだろうけど、仕事を辞めるっていうのは少し手を伸ばせば助けられる命を見捨てることになる。

特に教育困難校の生徒は慢性的愛情不足の子が多いから、「俺たちを見捨てた」「裏切られた」と思う可能性も高い。

いくら体調不良だと説明しても、高校生にもなればその辺の本音と建前は簡単に見抜く。

というか、そういう子たちの方が方便に対して敏感だから「お前らが嫌だから辞める」なんてわかったら何をするかわかったものじゃない。

それに「好きな先生が辞めたか学校辞める」という生徒が大量発生する可能性もある。

教育困難校はそれだけ危ないバランスで成り立ってるから、一概に「辞めろ」で解決しないんだってことは覚えておいてもらいたい。

同様に「進学させるな」「体罰を与えろ」なんかも実情に合わない無責任意見から

少しでも興味を持ったのなら教育困難校の在り方についてもっといろんな人に考えてもらいたい。

ただ、教育困難校でも全日制に通えているならまだ救いはある。

金銭面以外の問題定時制通信制に通うしかない高校生

進学も就職もしないで家にずっといる奴とかの実情ももっと世間は知るべきなんだろうけど、しばらくは無理そうだな。

2017-02-05

ぼくらはみんな生きている

「ぼくらはみんな生きている」という大前提が頭からすっぽ抜けてる人が多い。

自分が生きるために必要なこと

相手が生きるために必要なこと

その辺の合意をとっていかなきゃ上手くいかない。

国際社会でも国内でも地域でもそれは同じだと思う。

弱者権利を主張するノイジーマイノリティはひどいことをした。

マジョリティマイノリティも生きているのだけど「マジョリティが生きている」ことへの配慮・譲歩がなさすぎた。あるいは事を急ぎすぎた。急にわけわからんことを言われてもわからない。

例えば、いままで分類を2しか持たなかった「性別」という事柄について、「じつは50以上あるんで25倍にしてください」とか、急に仕様変更強要されても難しい。その結果がいまなわけ。けっきょく誰も幸せにしていない。マジョリティマイノリティも不幸にしてしまった。

誰も得をしなかった。

ノイジーマイノリティによる権利要求が目に余り、耐え切れずにサイレントマジョリティがキレたのがトランプ当選という結果を招き、対立と分断を生んだという側面で見るなら、ノイジーマイノリティとは違って、マジョリティとの共存を図ろうと今までやってきた、いわば「サイレントマイノリティ」にとっては、これは大迷惑な話。ノイジーマイノリティという存在は、サイレントマジョリティにとってもサイレントマイノリティにとっても、迷惑存在なのか。例えば「小人プロレス」の問題からも、それが伺えるし、裏付けと言える。もちろん、ノイジーマイノリティサイレントマイノリティ恩恵をもたらしている側面もゼロではないとは思うが、合計したらどうか。マイナスなのではないだろうか。答え合わせにはまだ早いだろうか。

賢明かつ冷静なマジョリティ諸兄らは、どうか、ノイジーマイノリティと、サイレントマイノリティを同一視しないでほしい。区別して頂けると幸いである。マジョリティは「気持ちはわかるがお前の態度が気に食わない」という感じなのではないだろうか。「人権屋」などと揶揄されるメンタリティから推測するに。

「ぼくらはみんな生きている」を歌えない人は、政治に口を出してはいけないのではないだろうか?

さもなくば、また同じ事を繰り返す。

ノイジーマイノリティは、性懲りもなく未だオレオレ合唱している。

マジョリティ側の人間だって、本当は俺だって弱かったり辛いのをのガマンしてる、救われて然るべきなのに救われない、社会福祉の手が差し伸べられるかどうかギリギリラインで除外された人間がたくさんいて、辛い思いをしている。「障害者なんて焼け太りだろ?」と思われても仕方がない。そういったギリギリアウトの人も、なんらかの形で救われて然るべきだろう。

立場を問わず、死んでいった人たちを無駄にしないためにどうしたらいいのだろうか。

なるべく死なないように、みんなそれなりに満足に生きていくには。

最大公約数はどこにあるのだろうか。

http://anond.hatelabo.jp/20160626213749

http://anond.hatelabo.jp/20161030202020

http://anond.hatelabo.jp/20160515144451

2017-02-01

運動会より卒業式練習が謎だった

小学校卒業式練習をめちゃくちゃやらされた記憶がある。

合唱(なぜか大地を愛する大地讃頌)と、卒業証書を受け取る練習と、立ったり座ったり、「楽しかったー」「修学旅行ー!!」みたいなやつとか。

記憶が定かではないが3月の半分くらいは練習をしていた気がする。

絶対あんなに練習する必要なかった。

ま~たPTA問題でも始まったよ 国ガー 自治体ガー 行政ガーの大合唱

http://b.hatena.ne.jp/entry/nemurenai-same.hatenadiary.jp/entry/2017/01/30/174304

これを読んで、行政PTAに甘えてるんだなと思った。もう共働きが前提の社会なのに、教育機関でやるべきことを個人努力で回してしまってる。根本的な予算配分がなされてない。

いつか出るかと思ったらやっぱ出てきたわ。

お前らほんっと国のせいにするの大好きなー。

甘えてるだああ?

学校行政に甘えてるのはPTAにゴネてるお前ら自身じゃねーか。

っつか、お前ら行政叩く前にこのエントリのこのブクマ見てみろよ。

http://justsize.hatenablog.com/entry/2017/01/30/064158

http://b.hatena.ne.jp/entry/justsize.hatenablog.com/entry/2017/01/30/064158

PTA関係人間が散々リテラシーが低いだの非合理的だのえらっっっっっっっそうに上から目線でダラダラグダグダ言ってる連中が大半。

だったら、こういう連中こそPTA合理化に率先して汗をかくべきじゃないか

やれるだけの能力があるにもかかわらず、リテラシーの低い奴らの個人努力に「甘えている」んじゃねえのかよ。

あ?

貧困問題相対的貧困なんて話まで持ち出してあれほど偉そうに文句垂れてたじゃねえか。

貧困解決するために俺が身銭を切ってやるぜ!って言わねえのか?

ノブレス・オブリージュじゃねえのか?

俺にはそんな責任も余裕もないって?

まあそう言うだろうな。

PTAに関わってる連中、みーーーーーーーーーーーーーーーーんなそう思ってるよ。

で、心の底で「お前がやれよ」「あいつがやれよ」って思ってんの。

自分がやりたくないから、あーだこーだ理屈つけて、

やれるだけの能力や資力はあっても絶対に俺がやりますとは言わないわけ。

事務員がやれとか言い出すバカも出てそこに星つけるゴミ大勢居たな。

んで、最後に誰もが納得づくで責任押し付けられるのが国や行政っつーわけだ。

甘えてるのは誰でもねえ、

PTAやりたくないってワガママほざいてるお前ら一人ひとりだよ。

誰もそれを認めようとしないから、いつまで経っても問題解決せず、先送り先送りで繰り返し続けてるんだよ。

まあせいぜい国のせいにし続けてりゃいいよ。

少なくとも溜飲は下がるだろうよ。

問題は一生解決しないだろうがな。

2017-01-31

運動会をなくせ!という運動果たして成功するのだろうか

運動会うざいよね、なくなればいいよね、

という意見ネット界隈ならいくらでも多数のブクマはてなスターを稼ぐことはできるだろうが、

実際それを実行に移すとなると、途方もない困難に直面するよね。

やっぱみんな心のどっかで、それはとても面倒くさいことだと薄々わかっている。

から実行に移すことな愚痴をこぼして何とか子どもが大きくなるまでやり過ごすしかないという。

実務的な一番の困難は、やはり親同士の間に亀裂が生じることだろうか。

まあ場所によって千差万別だろうが、やめた方がいいと思われているのにやめられないという状況は各地において多数発生しているようだから

「何が障害となっているのか?」という問題提起から始めて状況整理する方が建設的のように感じる。

ただやめろやめろの大合唱では、やめることの困難さ以前に、

果たして止めることが関係者たちにとって果たして良いことなのか悪いことなのかすら分からない。

また全国的趨勢はいいながら、マクロミクロとでの違いというのも間違いなくあるはず。

現場発信の情報重要だろう。

そういう意味で、ねむれないさかな氏のブログは1つの情報として検討材料とすべきであり、

http://nemurenai-same.hatenadiary.jp/entry/2017/01/29/215244

PTA運動会などなくなってしまえという声「のみ」で潰してしまうのは絶対に違うと思う。

潰す前に、同氏に対する反対派の人がブログなりなんなりで論陣を張って、

そこから多種多様議論が生まれるようにするべきではないだろうか。

どうも感情的な反応が多すぎて、存続にせよ廃止にせよ、

どちらに転んでもとても嫌な遺恨が残るしか無いような野蛮な争いが起きているように思えてならない。

2017-01-28

先生、あの時はごめんなさい

95年~96年ごろ、日○研大森校(現在消滅)で算数を教えていた通称ナス先生がいてな、

あの頃流行歌だった岡本真夜tomorrow替え歌にしてクラスの生徒たちが合唱したことがあった。

以下歌詞(サビ部分)------

ナスビの数だけ弱くなれるよ

ゴミたかっているウジのように

見るものすべてがおびえているよ

明日は来ないナスのせいで

----------------

先生は、歌が終わった後あきれた顔をしたものの、特にコメントもなく授業を始めた気がする。

そして次の年には辞めていったと記憶している。他に覚えているのはちょっとした学級崩壊になっていた事。

先生特に怒鳴ったりするようなことはせず、スルーしていた事。

とまあ、今頃このことを思い出して自分もびっくりしている。自分先生に謝りたかったのかもしれない。

ただ、この自分記憶自分の都合のいいようにアップデートされた可能性があり、

実際はもっと心ない言葉を浴びせていたかもしれない。いじめた側はいじめたことを覚えていないってやつ。

あの頃の自分残酷だった。今ではただのクズだ。寝よう。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん