「新年」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新年とは

2017-04-02

新年早々仕事ミスった

ここで一句

失敗の

一度や二度で

くよくよと

するな言いつつ

殴る上司

意味

失敗の一回や二回ぐらい気にするなと言う上司に限って、失敗するたびにあの手この手ダメージを与えてくるのは何故なのだろうか。人間自分にできない事ほど人に偉そうに語りたがるのだろうか。ミス上司よりも、そういった矛盾が溢れる世の中に生きていることそれ自体が真のつらさなのではないだろうか。

2017-03-23

母を幸福にしてくれない宗教が嫌いだ。母を幸福にできない自分も嫌い

私は某宗教三世だが、某宗教死ぬほど嫌いだ。

親戚の手前、はっきりと口に出せずにいるが、信者との接触のたびに腹わたが煮えくり返り、その日、一日中気分が悪い。

うちは祖母が熱心な信者で、他宗教には排他的他者にも信教を強制しようとする、ネットで語られる新興宗教信者体現したような存在だった。独善的独裁的で他者反論を許さな祖母が私は大嫌いだった。

娘の母は二世で、家庭環境から価値観としての信仰はあるものの、他者布教はしない消極的な(熱烈信者からはよく思われないタイプの)信者だった。祖母とは真逆のやさしい人で、私は母が好きだった。

私自身は記憶もないうちに入信させられた三世で、新年に謎の会館で数珠で遊んでいたり、自宅で行われる謎のイベントに参加した記憶はあるものの、物心つくと次第にその慣習が疎ましくなっていた。

思春期を過ぎた頃には、内心では完全にアンチと化しており、会合の誘いはのらくらと断り続けたし、選挙活動もその場は適当に応じながら、絶対に票は投じなかった。

近所で信者挨拶されるたびに苦笑いと胃のムカムカが止まらず、挙句の果ては、当てつけのようにこれまた新興宗教の某証人の話に耳を傾ける始末だった。

この憎しみにも近い激しい感情がどこから来ているのか、ずっとわからなかった。

私は「母を幸せにしてくれない」から宗教が嫌いだった。

そして、私は「母を幸せにできない」自分も嫌いだった。

母は数十年、うつ病に苦しんできた。

うつで寝込んでいる母を、祖母信心が足りないとなじり、私に母のために信心するよう強制した。

祖母への反発が強かった私は、祖母の前では頷きながらも、絶対に祈らなかった。

私が祈らないから、母は治らないのかもしれない。

母のために祈れない私は冷たい人間なのかもしれない。

私が母を不幸にしているのかもしれない。

私は「母を幸せにしてくれない」宗教を憎むことにした。

「母を不幸にしている」自分を憎む代わりに。

私は「宗教」というフィルターを通して、「自分」を憎んでいた。

宗教を憎めば憎むほど苦しくなるのは当たり前だった。

自分罵声を浴びせ続けるようなものだったからだ。

私が某宗教を嫌いながら、表面上それを表に出せなかったのは、私の行動の責任が母にまで及ぶことを恐れていたからだ。

私が脱会することで母が信者内で悪く言われるかと思うと絶対脱会できなかった。

玄関先に挨拶に来た議員候補を追い返したかったができなかった。

宗教を捨てることは、母を捨てることだった。

幼い子供は親が怒っていたり悲しんでいたりすると、自分のせいだと思い込む性質がある。

両親が不機嫌だったり、落ち込んでいたりする家庭で育った子供自己肯定感が低くなるのはそのせいらしい。

親を幸せにできなかった挫折感は、「自分は人を不幸にしている」という呪いになる。

殆どの人は、その呪いに気づけないまま、一生、謎の生きづらさを抱え込む。

私は母の幸福を諦めることにした。

引っ越したら脱会届を書くつもりでいる。

結局、私は母を捨てたのかもしれない。

2017-02-21

板挟みのまま生きていくことにした

創価学会二世です。

先に言っておくと、擁護でも批判でもありません。ずっと昔から考えてきたことが、まとまりそうな気がしたので書いています

両親は創価大学出会って結婚した。二人とも朝晩の勤行を欠かさず、会合にも積極的に参加している。聖教新聞大白蓮華を取っていて、隅から隅まで読む。

私は正式に抜けたわけではないが、勤行はしない。会合の案内のラインが来ればそれなりに対応するが、行くことはない。公明党には入れるときもあれば入れないときもある。仏壇に手をあわせることが年に2、3回はあるが、自分からすることはない。しかし、御本尊を破れと言われたらかなりためらうだろう。お地蔵様を壊せないのと同じだ。

勤行をしない私、会合に行かない私に、両親はとくになにも言わない。選挙の時だけお願いねと言われる。ありがたい、と思っている。

小学生くらいまでは会合にもそれなりに出ていたし、朝晩に三唱くらいはしていた。中学生のころ、御書説教臭さがいやになったり、ネット書き込みを見たりして、だんだん会合に足を向けなくなった。反抗期を利用して三便もしなくなった。今では、抜けた理由を聞かれたら、「方針が合わないので」「公明党意見が違うので」と言うだろう。

そういう私だ。

頭がパーンとか、そういうたぐいの書き込みを見ると腹がたつ。強引で失礼な勧誘に合ったと聞いたら、申し訳なくて胸がふさぐ。友人が何気なく言い放った「私宗教ぜんぶ嫌いだから!」という言葉に傷つく。両親のことを愛している。学会がなければ私は生まれなかったと思う。新年勤行会のばんざい三唱はクソ食らえだ。「知ってる?誰それさん創価だって」と言われて苦笑いする。同じ創価二世友達とため息をつく。池田先生がなにをしてくれたって言うんだよ。会合に参加しているのはいい人たちばっかりだ。いったいいつまで、こういう板挟みに苦しまなければならないのだろう。

東日本大震災とき、その夜、「宮城沖で数百と推定される遺体発見」というニュースを見て、怖くて眠れなくなった。どうしたらいいのかわからなかった。津波映像がなんども頭をよぎった。数百人、数え切れない量の人が海で死んだ。その一人一人に人生があった、その恐ろしさに震えた。その人たちを悼みたい、その人たちが死んだことを悲しみたいと思った時、布団の中で丸まって「南無妙法蓮華経」と何度も唱えた。それしか悼む方法がなかった。そしてそういう自分にショックを受けた。私は死者を悼む方法をこれしか知らないのだ。信仰心はなくても、方法けが自分の中に残っている。

いいとこどりをするんだ、と決めた。信仰心はなくてもいい。都合のいいところだけ使えばいい。オリジナルの祈りの言葉オリジナルの生きることへの姿勢が見つかるまで、意味なんてなくても唱えていい。熱心な信者だった祖母を、これ以外の方法で弔うことができただろうか。両親が死ぬ時、友人葬以外でやりたくない。でも、公明党投票しなくったっていい。義理なんて感じなくていい。両親を愛していい。でも信仰拒否していい。勤行はしない。

わたしはもうすぐ大学卒業して、親元を出る。大丈夫だと思う。

同じようにしている人に大丈夫だよって言ってもらいたくて書いた。早く大丈夫になって、同じようにしたいと思ってる人たちに、大丈夫だよって言いたい。

でも大丈夫じゃないかもしれない。10年後くらいに信者に戻ってるかもしれない。いやだな。大丈夫だって言ってください。

あとこれだけ言いたかったんですけど、池田大作短歌下手すぎじゃないですか?誰も何も言わないの?

それだけです。

女叩きはいつになったら少しはマシになるんだ?

女叩きはいつになったら少しはマシになるんだ?

見るに耐えない女叩きは2017年には減ってくれと願ったが無駄だった。

新年一発目からやなもん見た

正月男尊女卑」に対する男のコメント

男の醜さ、救いようのなさは想像を超えていた

もう充分失望しきったと思ったのに

減るどころかどんどんひどくなっていく。どんどん悪くなっていく

攻撃すればするほど自分被害者だと思い込む典型から、増えても減ることはないだろう

もう日本ダメだ。近いうちイスラム国にも越される。そのうち世界一男尊女卑国家になる

2017-02-14

2016.12危機についての報告

昨年12月我が国(うちの家)では、人口増(ママ第2子出産)による政府ママ負担の増加による治安悪化顕在化してきた。

旧宗主国ママ実家)は、人道的支援名目派兵(おばあちゃん)を政府に打診(ママ電話)した。

しかし、以前に行われた派兵では、地域的な隔絶によってしばらく文化的交流が行われていなかったことから原住民(第1子、2歳)との摩擦、エネルギー問題(慣れないキッチン)、廃棄物問題ゴミ分別)等で政府連携がとれない事態がしばしば認められた。

そのため、旧宗主国による援助は、原料(畑の食材)および経済的支援にのみに限定された。

12月末、原住民(第1子、2歳女児)に伝染病風邪)が発覚すると、状況はさら悪化した。

事態を重く見た政府ママ)により非常事態宣言が発令され、軍(パパ)の国外(家の外)からの一時撤退(パパ年末の休暇)を機に、国民家族)の生命に関わる炊事活動権限行政ママ)より軍(パパ)に移行。続いて伝染病を封じ込めるため、感染者の移動の禁止(寝室はママと新生児のみ入室)の命令が下された。

しかしながら、原住民(第1子、2歳女児、待ちに待った弟と関わりたくてしかたない)の度重なる命令無視(寝室への侵入)が認められたため、強制移住リビング区切りそこで生活)および軍(パパ)による監視隔離した場所子供用布団とパパは寝袋)を実施した。

軍(パパ)の疲弊は大きく(炊事大変、寝袋腰痛い)、原住民(第1子、2歳女児キャンプみたいな状態楽しい)の勢力を押さえ込むことができなくなっていた。

また、原住民(第1子、2歳女児、一人ではじっとしていられない)の移動禁止監視が長引くにつれ食料不安がおきつつあったが、原住民活動の低下(お昼寝)を見計らい、ゲリラ的に軍が輸送(パパが買い出し)を行った。

当初、国民全体で祝うはずであった新年行事外遊(パパママ実家へのあいさつなど)は中止となり、政府ママ)の負担は減少したため次第に行政機能を取り戻し、原住民(第1子、2歳女児、やっぱりママとも遊びたいよね)への教育も次第に効果をもたらしたため、治安はほぼ維持される状態となった。

これをうけて、1月に入ると、軍(パパ)の国外駐留年末年始休暇の終了)を機に非常事態宣言は解除され、我が国治安正常化した。

反省

行政能力ママの体力)は人口増(出産)により想定以上に低下した。

連携のとれない派兵(おばあちゃん)の撤退問題国内に留めた点で評価できる。国際問題化を未然に防いだ。

・軍の練度(炊事活動他)は常に維持する必要があることを認識した。

原住民管理重要性(一番忙しいとき風邪をひく)を認識した。

・軍(パパの仕事)に余裕があったのは天佑であった(正月休みでなかったら・・・)。

・食料備蓄重要性(買い出しも負担になる)を認識した。

評価

旧宗主国の援助を受けつつ、挙国一致で平常化に邁進できた。

・軍(パパ):権限委譲され、政府機能が復帰するまで国民安全確保に努めた。

政府ママ):一部権限を軍に委託することで、政府機能回復を最優先とするこができた。

原住民(第1子):伝染病に負けずによく食べた。弟と仲良くね。

・新たな国民新生児):生まれてきてありがとう

2017-02-04

カルト2世もやもや。。。

カルト宗教2世漫画Twitter話題になっていたので。。。

私も母親が熱心な某学会信者だ。

父親母親が熱心に布教活動をすることに対して

かなり放任主義だ。

 

私やほかの兄弟

まれた時から入信させられている。

正月新年勤行会に連れていかれた。

七五三も近所の会館に連れていかれた。

キレイな服を着せてもらえるのが嬉しかったし、

さいこからそれが当たり前だと思っていた。

 

 

中学生になったある日、インターネットが気軽にできる環境になった。

何気なしに某学会のことを検索するといろいろなことが。。。

そこで母親おかしいことに気付いてしまった。

でも、それを受け入れていた自分おかしかったということに気付いて

かなりショックを受けた。

学会に入っているというだけで避ける人もいるんだと。

 

そのころから、近所の集まりにも参加しなくなり、

部活が忙しいことを言い訳にして)

まり家庭訪問がうっとうしいので

突然一人暮らしを始めてみたりもしたのに

母親が某学会に私の居場所勝手に伝えてしまった。

見知らぬ人がしょっちゅう部屋のベルを鳴らす。

その恐怖を母親理解してくれなかった。

 

毎年年末年始帰省すると

今でも新年勤行会に連れていかれる。

それに行かなければ母親のご機嫌はとれない。

今年も行かない家族がいて

そのことに母親は機嫌を損ねてしまい、

なだめるのが大変だった。

 

私は今年結婚するので

来年からは行かないようにしたいのだが・・・

あと、義理家族勧誘をしないでほしいのだが・・・

言葉にはしてみたものの、やらない保証はなさそう。

 

自分母親のことを否定したくはない、嫌いではないけど

この点に関してはどうしても無理だ。

他人自分信仰押し付けるな! 

 

京都ヨーロッパが好きで、神社もお寺も教会も見に行くのが大好きだ。

初詣にも勝手に行くし、おみくじも引く。

他人はもちろん、カルト2世だって信仰自由はあるはずだ。

同じDNAを半分持っていたって、信じるものが違ったっていいじゃないか

そういうことを母親には理解してもらいたいけど

どうしたらうまくできるのだろう?

2017-01-17

http://anond.hatelabo.jp/20170117120603

>>信念のある人って素敵!って女の子を捕まえられたらいいな

新年一方的に熱く語る男なんて要らない。

「私の話を聞いてくれる」「褒めてくれる」

楽しいところに誘ってくれる」って男がよい。

ういういみでSEALDS(だっけ?)のイベントに誘ったら

喜んでくれる女子は希にいるかも。

2017-01-15

新年半月にして既にはてサが失点積み重ねてて笑える

まなざし村として皮肉られてた「自分らの主張がきちんと自分らを含む全員に適用されたら」

が思いっきり実現してんじゃねーかw

2017-01-12

http://anond.hatelabo.jp/20170112151553

うちは定時10分前から毎朝掃除がある

時間外だから正直なんでだよと思ってるけどホコリが多い職場なので仕方ないと思ってやってる

それよりもお茶当番のほうが面倒

コーヒードリップし、マイカップに各人の好みに合わせて砂糖ミルクありあり・なしあり、薄め、この人はお茶など

これを朝1番、お昼はお茶、午後1番にコーヒー、3時はコーヒーおやつと更に来客時のお茶出しと一日に何度も給湯室にこもらなければならない

夏は更に面倒でドリップしたコーヒーを冷やしアイスコーヒーストックする

お局様が次から次へと手を出しては結果が出ないダイエット健康法にも付き合わされ

夏はゼラチン入りのコーヒー(膝痛にきいたらしい)、現在しょうがココアを作らされている

ゼラチンココアもそのままお湯やコーヒーを注ぐと溶けないので少量のお湯や水で練りダマがなくなるまで混ぜるなどの手間がかかる

お局様は胃が弱いのでしょうがココアを飲んだあとは必ず太田胃散を服用する

そのためのぬるま湯もグラスに用意しなければならない

今時期は新年あいさつ周りで来客が多い

そういう時のお茶当番は気がつけば1日2時間くそ仕事にかかりきりな気がする

一体何をしているのだろうとカップを洗いながら考えてしま

年号変わるぞって話はヒュオオオ↑↑↑↑新年号なんだろう↑↑↑ってなったし

未婚の昭和生まれは未婚のまま年号をまたぐかもって話もヒュオオオ↑↑↑↑となったが

年号に合わせた仕様変更が来るぞって話でフヒョゥ↓↓↓↓↓↓

2017-01-10

新年うそチラ裏増田たくさん書いて案の定まったくブクマつかないことにほっとしてる

いじめ日本の伝統

魚に酒を飲ませる新年伝統行事ネット上で批判虐待しか見えない」

http://news.livedoor.com/article/detail/12517917/

これらの声に、祭り主催する庄川観光共同組合川崎和夫さんは

コイ自体は非常に崇拝している。けして残酷なことをしていると僕たちは思っていない」と反論した。

残酷なことをしていると思ってさえいなければ、何をしても問題ないと考えているのが怖い。

編集したい

講談社編集者を妻殺害容疑で逮捕 | NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170110/k10010834131000.html

進撃の巨人」産みの親 別冊少年マガジン編集長の妻が怪死 | スクープ速報

http://news.livedoor.com/article/detail/12517767/

新年文春砲が炸裂した段階で警察逮捕に動いた。

ところで、講談社モーニングでは、人気漫画家が自宅で突然死したことを伏せて遺体処分

編集者チーフアシが組んで続きを作り、遺産印税山分けだぜ、というマンガがかつて連載されていた。

ミリオンジョー

http://morning.moae.jp/lineup/149

2017-01-09

シャイニング茗荷谷優雅な言説

新年あけましておめでとう!毎度おなじみシャイニング茗荷谷の今年一発目の記事よ!

この間、おねショタ界隈が盛り上がりを見せたわね?最近おねショタは描きづらいみたいな感じで。

それを見て私思ったことがあるの。おねショタってあたし達みたいなショタコン不在で進んでね?って。

基本、男性男性の抜きのためにあるジャンルから、私達みたいなショタコンは不在で進んでいくのが当たり前なんだけど、

あたしちょっと思うのが、おねショタってある種、私たちショタコンにとっての楽園になる可能性を秘めてるんじゃないかなって。

だってそうでしょ?あたし達みたいなおねぇさんとショタがくっつく話なわけだから、これは女性人気も狙えるモンスタージャンルになりえるんじゃないかって思うのよ。

まぁ考え過ぎかしらね

今のところ、ショタコンの魂の入ったおねぇさんが登場してるおねショタ漫画って見たことないわ。

以上、これが年始にアタシが考えたことよ!

アタシのおねショタショタガン攻め!好きなおねショタ山本直樹の「肉彦くんとせんせい」よ!

それじゃぁまた来週~。サービスサービスぅ!

2017-01-08

状況や背景によるだろ

みなわかってるのに、一点に注目して喚く人が目立つ。いわゆる切り取りって奴だ。

新年早々はベビーカーだ。あれも状況からして仕方なしなの差別だ!と強い言葉で誰かが騒ぐと

騒動になる。実際に寺には抗議の電話がこの忙しい年初に殺到したと聞く。

普通に人にやさしく教育受けてるから、ひどい!差別だ!ヘイトだ!と言われると、普通はウッと心に効く。

その強い言葉を振る前に、一呼吸、落ち着いて調べたり相手を慮ることできないかな。

ちょっとしたことでは昨日のすべらない話で竹山がマエケン仮通夜の場で、

マエケンの父に息子は竹山君のこと愛してたんだよ!と言われたことをお笑いにしてた。

竹山はしゃべりの構成がうまくなく上手な笑いに昇華できなかったミスはあるが、

親友芸人マエケンを語りたかった気持ちはよく伝わってきた。芸人ってこうなんだろうなと思うこともできた。

ただそれすら、ゲイであるマエケンに対するアウティングだといってみたい勢、好きだという気持ち

マエケンはばらされていいの勢に放送直後から攻撃されたりしている。

すこし調べれば竹山の単独ライブや彼らのこれまでの活動から、これは不器用友情の話だとわかること

なんだが、

人が好きだというのを笑う?男性男性を好きだというのを馬鹿にする?みたいな

不謹慎厨にやられてしまう。

突きつめていくと葬式の時友人に馬鹿野郎というなんとも複雑な気持ちですら、他人馬鹿ってひどくない?

って真顔で言われるようなもので、私はなんだか悲しい気持ちを覚えた。

2017-01-07

http://anond.hatelabo.jp/20170107100255

無理すんなって

一般職意味もわかってないし

部長役員経営者のそれぞれの区別も付かないんだろ?

まずは社会に出ることからはじめよう

新年だしな

お母さんを安心させてやれ

恋人ができたけど2週間もしないうちに別れたくなってる

みんなどうやって付き合ってんの?付き合うって何なの?

連絡するのもデートするのもセックスするのも面倒だなぁって思ってしまう……

恋人しかったし、いちおう好きだと思ったから付き合ったのに、やっぱり幻想だったのかもしれない

いちおう言っとくと、クリスマスのための急ごしらえな感じではない(って信じてる)。1年前くらいから知り合いではあった。それがなんかこう、いろいろあって距離が縮まった感じ。まあ、クリスマスで浮かれまくった街に、二人して釣られた可能性は大いにあるな

恋人はずっとほしかったし結婚もしたいと思ってるのに、やっぱり自分コミュ障なのかもしれないって新年早々本気で悩み出してしまった

ねぇ付き合うって何???

2017-01-06

むかしばなし

ぼく「アカンなんか変やマジ気持ち悪い死ぬちゃうかコレ」

ぼく「アカ電車乗ってられん」

ぼく「アカ玄関開けたら足動かへん」

上司病院いけ」

ぼく「はい

医者典型的パニック障害ですね」

ぼく「診断書もろた」

上司「ふーん?でも俺はそうは思わない」

ぼく「はい?」

上司「俺はお前と違って新聞とか読むから鬱には詳しいんだ」

ぼく「いや鬱じゃn」

上司「大体俺が昔仕事で行き詰まって鬱(っぽく)になったときも気の持ちようで――」

総務「とりあえず休職手続きしよか」

ぼく「サーセンオナシャス

上司(40代独身)「大体結婚恋愛なんか後からでもできるのにお前ときたら20代結婚なんかして」

総務「部署も変えよか」

ぼく「アザッス」

総務の横槍のおかげで個人的には助かったけど、当時の上司が順調に出世中で

この春の昇進でいよいよ重役に手が届くところまでいきそうと聞いて新年早々暗い気持ちになった

2017-01-05

today

やっぱあかん

IP電話の設定

静的IP設定にした上で IPアドレスなどを

あらわに設定したけど

ダメだ。

ローカルIP電話アダプターだけDHCPでやりたい。

どうも今回のファイバー接続DHCPオフなんだよなぁ・・・

追記

いろんな人に教えてもらって

ルーターがないことに気づきました。まだまだいろいろ

勉強することがあると感じた新年です

新年早々、骨を折った

新年あいさつ回りの帰り道、商店街ランチしたらゲームセンターがあった。

休みだし、中に入って見まわすと「はじめの一歩」のパンチングマシーンがあった。

からクソジジイどもにちょっと嫌味を言われたのでストレス発散にやることにした。

一番弱いモードで3回殴って150pt出すとクリアらしい。基準分からんが俺は体もでかいし150くらいは出るだろうと軽く助走して渾身の一撃!

130pt…。

っておい。ああぁ。手首がめちゃくちゃいてぇ。やべえぞ。吐き気する。昔腕を折った時も吐き気したし。これ折れたわ。俺は確信した。

だめだ、もう止めよう、とグローブを外そうとしたとき視線を感じた。俺を少年が見ていた。

ここで逃げていいのか?少年が見ているというのに。俺はグローブを握り直しもう一発殴りつけた。

120pt。少年はきゃっきゃ喜んでいた。クリアしたらしい。俺の右手首はもう力が入らなくなっていた。右側の背中が痛い。

でもあと一発残っている。どうする。もうクリアしてるし。俺の右手首もクリアされてしまいそうだ。やめたい。

俺はそっと右グローブを外し少年に聞こえるように「左でやってみるか」と強キャラ感のある独り言をして左グローブをはめた。

そして三発目。40pt。ちょっとびびりすぎたか。まぁクリアしたし。少年の方を向くと彼はもう別のゲームを見ていた…。

会社に戻り激痛でうずくまっていると上長が声をかけてくれた。「すみません。転んで手をついてしまって手首がめちゃくちゃ痛いっす」

新年早々、嘘をついた。今まで殴ったことすらしたことない陰キャが調子こいて昼休みパンチングマシンで手首を痛めたなんて言えなかった。

上司病院に行けと言ってくれた。病院先生には本当のことを言った。診察の結果、右手首が折れていた。今日は早退になった。

さいこから強くなりたかった。でももういい。俺は誰も何も殴らない。平和が一番だ。最近ちょっとしたことでイライラしてしまう。でも今なら誰にでも優しくなれそうだ。

これを2017年目標にした。

缶コーヒーが臭くない人がいると聞いて驚いている

缶コーヒーって、どのコーヒー飲んでも絶対に口が臭くなるからどうしてもという場面以外ではまず飲まない。

CMでは缶コーヒー史上最も香りがいいとか、ドリップコーヒー区別がつかないだなんて演出が見られるが、どれも試してみたところでまごうことな缶コーヒーだった。

一口でも飲もうものなら、次の息は必ず臭い。正面に立って人と話をするのにはばかられるレベル臭いし、それに人が缶コーヒーを飲んだあとは、話しかけられれば必ずわかる。

新年早々一緒に外出した友人が臭かった。

別にいちいちそれを指摘しない程度には大人なのだが、コーヒーが飲みたくなってカフェに誘ったら缶コーヒーで十分だと言われてカチンときた。

「間違いなく口が臭くなるから嫌だ」ときっぱりと断ると、恐ろしいほどのキョトン顔で「は?」と言われた。

その後もいくら説明しても納得しないどころか、というか朝あったときからすでに臭かったと指摘すると急に怒り出して帰ってしまった。

これほど身近にカフェが増えたにもかかわらず缶コーヒーなどという臭い飲み物がなくならないのか疑問だったが、この臭さに気付いていない人間がいるのだとするなら納得だ。

から気づいていない人がいたら聞いて欲しい。

あなた缶コーヒー飲んだあとは、口が臭いから近くからしかけないで欲しい。あなたは気がついていないかもしれないがとても不快だ。今年もよろしく。

2017-01-04

例の記事経済成長否定している?

新年早々、朝日新聞燃えている。

http://digital.asahi.com/articles/ASJDY5DR2JDYULZU005.html

朝、これを読んだとき「あ、これバズりそう」とは思ったが、昼になってみると自分が予想した以上に叩かれている。

別に叩くこと自体否定しないし、自分自身ちょっと疑問になった点はいくつかある。「200年が例外」の件とかね。

結論ありきで材料を組み立てたような気持ち悪さがある記事だなとは思った。

しかし、ネット大勢の反応には違和感がある。みんなどうしてこんな感情的になっているのか?

一番気になるのは、「朝日新聞経済成長否定した記事を載せた!」と騒いでいる人たち。

本当に例の記事経済成長否定しているのだろうか?

私自身は経済学はまったくわからないが、書いてある文章を読むくらいはできるはずである

そこでもう一度読み直してみたところ、ツッコみどころがあるにしても、この記事経済成長否定しているようには思えなかった。

せいぜい「低成長」でもよいのではないか(無理に高度成長を求めなくてもよいのではないか) とか GDPという物差しだけで見ずに、ほかの見方もあるのではないかというぐらいではないだろうか。

ただ、「経済成長」の定義がよくわからない。この記事だとGDPの成長と受け止めて読んだ。

GDPの)成長には限界があるのではないか?(GDPの)成長を前提に社会を考える従来の在り方のままでよいのだろうか?それを問い直した記事なのかなと思った。間違っているだろうか?

経済成長否定している」と読み取った人に、その根拠を聞きたい。

この記事擁護したいわけではない。たぶん経済精通している人にとってはいろいろ突っ込みたい点はあるだろう。

けれど、この記事に対する反応は、重箱の隅をつついているようなものが多くないか

もう少し本質的な問いに目を向ける人がいたっていいのになぁと思ってしまった。

新年早々うんこ漏らした

家族全員大爆笑だった

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん