「カスピ海」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カスピ海とは

2018-09-22

腸弱党から離党したか方法書く

20歳ぐらいかお腹が弱くなった。今40代だけどひどいときは1日おきぐらいでPだった。

今までいろんな方法を試したけど、ここ半年ぐらい調子がいいので効果があったもの書く。

ヨーグルト

スーパーで売っているカスピ海ヨーグルトとBifixを、毎朝100gぐらいずつ交互に食べる。

カスピ海ヨーグルトだけだとウコが固くなりやすい。

●イモディウム

通販で売っている「イモディウム」という薬。有効成分は「塩酸ペラミド」なので成分同じなら他のでもいいかも。

即効性があり、飲んで30分ぐらいで落ち着く。

まとめて買ってつねに持ち歩き、ヤバいときはすぐ飲めるようにしておいた。

細菌性の下痢ときに飲むと大変なことになるので、使用自己責任でお願いします。

プルーン

ドライプルーン毎日2個食べる。食べすぎは逆効果

たまにダイナマイトみたいなウコが出る。

イチジク浣腸

距離ドライブや旅行なんかのときは朝イチで浣腸それからイモディウムを1錠飲んでおく。

翌朝にもう1錠。これで完璧

大豆

自分で茹でてもいいけどめんどくさくてやらなくなる。

Amazonでパック入り水煮大豆をまとめ買いしていろんな料理に入れるのがおすすめ

これ続けたらかなり調子が良くなった。

効果がなかったもの

ビオフェルミン、その他の整腸剤

ヤクルト

カスピ海とBifix以外のヨーグルト

正露丸

ストッパ

上記は1~2日は効果があったけど、続けたらダメだった。

以上はあくま個人体験にもとづく感想です。

離党はいいぞ。

みなさま、素敵な腸ライフを!

2015-09-03

http://anond.hatelabo.jp/20150903122403

分かる。

今は洋式トイレが増えてウォッシュレットなんかも付いて便利になったとは思うけれど、和式トイレからこそ生まれ芸術というのは間違いなくあったと思う。

以前、大便器の端から端まで真っ直ぐに伸びる生一本のそれが出たときは、

ウラル山脈を産み出したような気持ちになった。

こっちがアジア、あっちがヨーロッパ、穴のところはカスピ海

まさに一世一代芸術作品だった。現にこの作品匹敵するようなものは未だに産み出せないでいる。

自分だけのものにしておくのは勿体ないと思い、そのまま流さずにトイレから出たのは正しい判断だったと確信している。

次に入った人もきっと気に入ってくれたに違いない。

2013-12-10

スピルバーグ「私はユダヤ人だ」←大嘘です



746 ソーゾー君 [] 2013/12/08(日) 02:02:19 ID:OTwcSFXM Be:

http://www.youtube.com/watch?v=iJU3VBA7euU

ユダヤ人自称してる連中居るよな?

スピルバーグとかデープスペクターとかベンジャミンとかは「私はユダヤ人」と言ってるよな?

これ大嘘だよ?

コイツ等は古代イスラエル人=ユダヤ人と一切血縁関係のない単なるユダヤ教徒w

コイツ等の出身カスピ海付近wモスクワの南wグルジア辺りが出身w



モンゴルが張り切ってた時代を知ってる?チンギスハーンとかクビライハーン知ってる?

日本にも攻めてきて源の某が迎撃したけど苦戦して負けそうになったけど台風が来て撃退したよな?

あの時代モンゴルグルジア辺りまで勢力拡大してたのw

その時に欧州に逃げたのがコイツ等「偽ユダヤ人ハザール人w」




中央銀行・発行権】黒幕銀行家3【信用創造

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/movie/10043/1378650618/l50

中央銀行・発行権】黒幕銀行家37【信用創造

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/kokusai/1343051395/

2009-06-09

世界資源戦争の新局面 ガス争奪戦の巻

中国プーチンの苛立ちを横目にトルクメニスタンへ30億ドルを貸与

アシガバード政府トルクメニスタン)は中国から30億ドル融資を受けると公式に発表した(AP速報、6日)。

トルクメニスタンアフガニスタンとの国境近くにヨロタン鉱区(天然ガスが吹き出している)では6兆立方キロ・メートルのガス埋蔵が確認されている。『向う百年間、毎年500億立方キロのガスを供給できる』とベルディムハマドフ大統領は胸を張っている」(ワシントンポスト、6月6日付け)。

トルクメニスタンという謎の国は、いまも鎖国中だが、独裁者ニヤーゾフの怪死以後、すこし風向きが変わった。

第一にカスピ海沿岸のガス鉱区からはロシアだけにしか流通ルートがなく、従ってトルクメニスタンは長らくロシアの「家来」だった。ガスの値決めも、一方的にロシアが通告するだけだった。

第二はトルコのジェイハン港へ西側がパイプラインを通したため、カスピ海の対岸アゼルバイジャンまで海底パイプラインを敷設すれば、ジェイハン・ルートに合流が可能で、待望の西側へ出せるという強い衝動が拡がっていた。現在カスピ海の別の鉱区開発をマレーシアメジャー「プルタナス」などが行っている。

 

第三にイランへの供給が始まり、距離的には一番近く、ロシアへの強い桎梏から逃れられる。イランイランで、南へ向かうパイプラインを隣のパキスタンへつなぐIPルートイランパキスタンの頭文字をとって「IPルート」という)にも動き出した。これも背景には中国がある。パキスタンのグァイダール港からパキスタンパイプラインを敷設してカラコルムを通過させ、新彊ウィグル自治区まで繋ぐ。

そしてトルクメニスタンの懸案だった「ロシア以外」のルート中国向けガス供給である。

トルクメニスタンからカザフスタンを通過して、えんえんと7000キロのパイプライン中国へ向かうが、年内に工事が完成予定。

このルートから年間500億立方キロのガスが中国へ向かう。これは25年の長期契約で、そのために中国トルクメニスタンへ30億ドル融資する(つまり、先払い)。

豪ではリオ乗っ取りに中国は失敗したが、世界各地の資源鉱区あさりは続いている。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん