「口紅」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 口紅とは

2017-03-10

化粧したことがない就活生に薄化粧を教える

就活を機にドンヨリいそいそとスッピンじゃあれだよなぁ等とググり出した過去の私へこのエントリを送る。

そもそも世の中の初心者向け就活メイクというのは丁寧すぎる。もちろん化粧というのはお絵かきのようなプラモの塗装のようなものから丁寧に工程を積んでゆけば仕上がりは違うし、就活においては就活ルールの許す限り仕上げられるところを仕上げたくなるものだ。

しかしこちとら化粧なんてもの七五三で唇を紅に染められて以来、中学高校もこっそり色気付き出したクラスメイトを傍目に素肌で生きてきている。描けば描くほど、この状態はあっているのかと不安になるのだ。

そこで、今回は最低限の薄化粧についてレクチャーする。(悲しいことに多分今から話すのは多くの女の子中高生で通っている部分かもしれない。)

ビフォーアフターの違いは「自分の顔だから鏡で違いがわかる」程度で、「きちんと化粧をしている」感は求めない。それは貴女にはまだ早すぎるし、そもそも職種によっては「化粧がちゃんとできているか」は論点ではない。インターン等で、人事ではなく自分採用される職種若い女性の化粧をチェックしてみよう。同じ社内でも人事のお姉さんは「そもそも化粧するひと」が採用されてる率が高い。また、例えば技術女性でも、年齢に比例してどんどん化粧がしっかりしてくる。

ここで求める化粧の効果は「すっぴんじゃないかマナーをわきまえられているぞ!」という内心の自信と、純粋な化粧の効果すなわち「見た目の印象を詐欺ることで同じ言動でも感じよく思わせる」こととする。いいか一部のサービス業接客業セクハラ親父のお膝元じゃなければそれで十分なんだ。

長くなりました。

本題に入ります

まず前提として(まだ塗る話にいけない)洗顔と保湿はこれまで通りでは足りなくなる。化粧と化粧落としは肌に悪いので意識しないと荒れてくるので、放置派の貴女も最低限化粧水は用意するように。心細いなら乳液も。化粧水は洗顔後と化粧前に顔にパシャパシャ付ける。

銘柄ドラッグストア定番商品っぽく売られてる安いやつでよい。最初は選び方がわからなくてもだんだん「クサい」とか「こんなの水道水とかわらないのでは」とか好みが見えてくる。徐々にPDCAを回して行け。個人的にここはあんまり安いと怖いか百均は避けておきたい。

次に、毛をなんとかしよう。ひげとほほげは剃ろう。足腕ふくめカミソリを使ったことないなら切り傷をこさえちまうから剃らない方が良い。とはいヒゲが濃い自覚があるならせめて「横滑り防止」とパッケージに書かれているものを慎重に。切れ味カミソリ級のものを顔に当てるので不慣れだと血が滲みまくる。

フェリエという電動カミソリが絶対切り傷ができないのでとてもおすすめだけど4000円弱するので無理にとは言わない。

眉毛は剃るより抜く方がゆっくり処理できるし怪我もないから抜こう。幸い今は太眉がはやっているので俺物語でもマイナスは小さい。まずは眉間と瞼だけでよいので「そこは眉じゃないでしょ」というところに生えているやつらを抜き尽くそう。濃い人は特にそれだけでは心もとないかもしれないが、眉毛本体を変形させるような行為には慎重に。しばらくテレビ雑誌美人眉毛をまじまじと見る期間を持って勉強していこう。

さてやっと塗って描く話にしよう。ここで化粧童貞が誤解しているのは「化粧は基本的に色が薄くて透明度が高い」という点である例外アイライナーと一部のコンシーラー口紅(ルージュグロスではない)くらいなもので、基本的に画用紙にクレヨンで描いたようには塗られない。うすーく塗って、すこーし変えるものだ。

世の中によくいるガッツリ塗られている人は、カバー力が高い色んなものを何層にも厚めに塗っているもので、普通にささっとやると、ああはならない。

化粧下地ファンデーションを使いたいなら必要になる。化粧のノリが違う。

化粧のノリといわれてもよくわからいかもしれないが、化粧以外に例えるなら素材による汚れやすさとか汚れの落ちやすさが似ている。電柱にぶつかってウワッというくらい汚れる上にちょっとはたいたくらいじゃ変わらないのがノリが良い状態である下地第一役割ファンデをノセることなので、化粧水と同じで、割となんでもいい。逆に下地にも使える日焼け止めもよいだろう。下地ミスると肌が荒れたり乾いたり、ときにはかぶれたりするので、訝しんだら早めに使用中止&買い替えを。これは他も同じだけれど下地BBクリームファンデ商品点数豊富な上に、体質に合わない時は明確に合わない。自分の好みや肌質が掴めてくるまではプチプラ試行錯誤を。

BBクリーム、あるいは「下地がいらない」と書いてあるファンデなら下地不要だ。

次に、ファンデとどっちが先でもいいけど、コンプレックスがあるなら(目のくま、鼻の赤み、部分的なくすみやニキビ跡など)コンシーラーを塗って隠す。これは質感は二の次でとにかく塗り潰すというものなので多様すると変になるのでピンポイントに。合う商品はかなりケースバイケースなので(塗り面積、地肌の色、症状など)、値段が3ケタのものから買っては試すしかない。具体的なブランドでいうと、キャンメイクセザンヌケイトちふれメイベリンあたりが定番か。百均最近ふつうに使い物になるらしい。

次にファンデあるいはBBクリーム。これは、顔の色味を整え、かつ質感を盛るためのものだ。顔がテカりやすい人ならパウダーファンデ、それ以外ならBBクリームでいいだろう。1000円台が安くてそこそことしては相場。ここで欲張って色白になろうとすると事故るので、なるべく地肌に近い色をできればドラッグストアで顔に、抵抗あるなら手や腕に塗って試す。いざ顔に薄く塗り伸ばすと何も変化が無いような印象があるが、もう一度言う、そういうものだ。肌荒れが気になったり塗る行為に抵抗があったらCCクリームを買おう。CCBBから塗り潰す力を犠牲にして代わりに色々いいことがあるようなやつである

BBクリームリキッドファンデの上からフィニッシュパウダーあるいはフェイスパウダーを塗るのが定石だけどまぁ、無くてもまぁ。

文を打つのに疲れてきました。

チークは顔色が良くなるので必須ほとんどの人がピンクが似合うタイプの人いわゆる「ブルベ」か、オレンジが似合う「イエベ」のどっちかだけど、売れ筋人気はコレと書かれたのを選べは大抵ピンクオレンジ中間の色なのでそれを買おう。プチプラ相場は3ケタ円。本当に塗ったのかどうかよくわからいくらいにほっぺのらへんに載せればオッケー。

眉を描くなら、自眉が薄いなら、「輪郭ボケてていいから、眉が有る」という状態まで持っていけば良い。描くと眉が有るようになるので自分でびっくりするので、まずはそれに自分で見慣れてから形状は徐々にトライアンドエラー修正する。

アイライナーは今の流行からしても別にいらない。アイシャドウはいらん! 不慣れだとラメパールにびびる。(化粧することに慣れてから、目元は塗りがいがあるので手を出してみよう。まずは焦茶色の単色や、パッケージがまぶたの形になっている「見たまま塗るだけ」商品から。)

ビューラーは失敗も少ないししたほうが良いけど、まつ毛が抜けたりまぶたを挟みやすかったり苦手なら無理しなくていい、とはいえ、まつ毛長いね〜とよく言われる人は変化が大きいか練習したいところ。つけま? いらん。カラコンもいらん。

くちびるは荒れてるならまずはリップクリームで治そう。色が薄い、あるいは悪いならプチプラ商品を試す。安いのはどれも一長一短。特にコンプレックスは無いなら放置でよい。

あと何かあるかな

ああ、クレンジングは(同じ価格帯なら)化粧が落ちやすものほど肌に悪いので、肌の調子自分マメさ丁寧さを見ながら…。

家にもうすぐやっと着くので終わりにします。

2017-02-26

女装にハマりそう

から女装したい願望みたいなのはあったんだけど、きっかけははてぶのホットエントリに上がってくる女装記事

自分は髪フェチなので、駅とか電車で綺麗な髪の人を見ると見惚れてしまう。

あいう髪をじっくり触りたいなぁと。


なのでまずはウィッグから購入してみた。黒髪ロングの少しカールが入ったやつ。

届いて被ってみると、普段眺めているだけの綺麗な髪が自分の髪として触り放題見放題なのが興奮した。

次は化粧を覚えた。

ウィッグを被っても顔は男なので、鏡で見ると萎える。

とりあえず100均で揃う化粧道具を揃えた。

化粧水乳液ファンデーションつけまつげチーク口紅アイラインペンなどほとんど揃った。

100均になかったCCクリームマツキヨで買った。


ネットで調べながら、試行錯誤してやってみると、少しづつできるようになってきた。

シミやヒゲ跡が隠れ、目元もアイラインやつけまつげを施し、口紅リップを塗ると、すごく女性らしくなった。

ウィッグかぶり、鏡で見てみると、そんなに可愛くはないが、女性だ。

自分の顔なのになんか興奮する。


だが顔が女性になったのに、服装が男物しかないので、そこで萎えしまう。

なので少しづつ服を揃え始めている。

どんな格好をしたいのか、ネット画像を見まくった。どうやら「童貞を殺す服」っぽいのが好きなようだ。

同時に、電車で見る女性見方も変わった。


今までは、髪→顔→胸→全身の雰囲気、みたいな感じだったんだけど、

女装を始めてからは、コート、靴、ボトム、マフラー、バッグなどに目線が行くようになった。

ちょうど、この画像女性目線になった感じ。

https://gori.me/blog/17691

あとポイントは、自分ができるかどうか。

この娘可愛い、と思っても、スタイルが違いすぎて真似できない、ことが多々ある。

なので見る女性は、そんなにスタイルいいわけではないけれど、オシャレな娘になる。

この組み合わせいいなーとか、この色遣いもありかー、とか。


女装を始めてみて、今まで触れる機会がなかった女性の習慣に触れ、いろいろ分かったことがある。例えば

・長い髪の手入れの面倒さ

・化粧の大変さ

・肌に合う化粧品重要

・オシャレの楽しさ 

ファッションアイテムの多様さと安さ

など


とにかく未知だった女性の習慣が分かると、幻想みたいのがなくなるけど、オシャレの楽しさと大変さが分かる。

あと女性目線が少しだけ理解できる。

長い間ディベートに関わっていたことがあるのだが、ディベートでは肯定側と否定側、両方を経験しないと分からないことが多い。

男性は、女性男性側によってくるのはいいけど、男性女性の方に寄るのは違う、と考える傾向があると思うけど

実際やってみると、色々見えてきて楽しい


次は全身が見える鏡を買うのと、コンタクトレンズを買うことかな。

それができたら、外出用にコートとか買ってみたい。

2017-02-04

http://anond.hatelabo.jp/20170204210200

結婚できない女から言うとね

ネイルけが自分仕事ながら見えるきれいさなのよ

マスカラ塗って口紅つけても、自分からは見えないでしょう

ネイルは見えるんだよね、そこがいいところ

2017-01-16

アニメの化粧って何であんなに不細工なんだろう

化粧した美人キャラが居たとしても、アイシャドウ口紅をおとした顔の方が大概美人じゃん。

化粧をした方が美人アニメキャラは思い付かないくらい居ない。

オタクの化粧嫌いの理由の90%くらいがアニメの化粧がみっともないせいだと思うんだけど、何であんなに不細工しか描けないのかな。

2017-01-08

http://anond.hatelabo.jp/20170106011103

私もそうだったなあ。

ただ、今は完全スッピンではない。こう言われれたから↓

  • (年齢が上になると)日焼け止めだけでも塗らないとシミができるよ。
  • (唇の色もだんだん暗くなってくるから口紅したほうが元気に見えるよ。

「お化粧なんて要らない」と思ってたけど、シミはさすがにいやだと思った。真っ赤な口紅はゴメンだけど、唇に近い色ならつけてもいいかなと思った。だから今では日焼け止め効果のあるファンデリップクリーム代わりの口紅はつける。アイメイクチークは、化粧品コーナーでつけてもらったことはあるけど、自分でやるのはめんどくさくてパスアイメイクよりヘアスタイルだよ。「ドライヤで乾かすだけでまとまるヘアスタイル」にしてくれる美容師さんに出会ってからはそのひと一筋。親は、私の口紅に気づいて(驚いたことに)ほっとした顔をした。へぇぇぇ?と思ったね。

閑話休題あなたにも同じ言葉をあげたい。

  • 日焼け止めだけでも塗らないとシミができるよ。」
  • 口紅したほうが元気に見えるよ」

イオンとかの化粧品コーナーのお姉さんに

とお願いしたら、適当なのをお勧めしてくれます。(ポイントは好感の持てるメイクのお姉さんを選ぶこと)

2016-12-07

anond:20161206105538

わたしオタサーの姫ではないし、おばさんだけど、

人間関係というものがわからな過ぎて困っている。


マキアージュの新色買ったんだよね」「さすがXXさん!早いですね!」みたいな感じで。で、そんなこと言われても正直楽しくない。

「新色買ったんだよね」「え!どんな感じ?見せて!」みたいな感じの対等なノリが身についてないんだと思う。

どうやったら、なんの合図で、え?どんな感じ?見せて!と言っていいのかがわからないです。

というか、何色だろうとどうでもよくね?

早いですね!と言われても嬉しくないのか。。。知らなかった。


気持ち悪い媚び癖を「そういうのやめて」って封印

「そういうのやめて」なんて言われたら、もう何も言えなくなる。

仕事だけできればいいし、

仕事の話だけできればいいし、

相手休みの日に何をしたとか、何を買ったとか、

基本的に興味ないし、興味を持って聞くと怖がられるし。


自分に興味を持ってもらうことは構わないけど、

話していると考えていることが全然うから、続かないし、

こいつに言っても無駄しか思えない。


自分口紅(じゃなくてもいいけど、なにかいもの)を買ったとしても、

別に人に言わないし、

自分旅行に行っても、そこで良かったことや、感じたことを職場の人に言いたくない。

みんな言ってるの?

いつ言うの?




わたし自分夫婦2人分稼ぐ。

子供は作らない。

男性と話しているほうが楽なのは

家族の為に家族の分まで稼ぐという気持ちが同じだからだと思う。

あと、性別が違うから「違う種類の人間」として接することができる。

女性と話すと、

子供はいるのか?」

「今後作るのか?」

場合によっては作らないことについて聞かれる。

私にとってこれほどの苦痛はない。

あと、夫が働いていない事について知られると面倒。

男性は聞かない。

仲良くなって、何をするんだろうか?

仲良くなった先には、仲良くなった人と過ごす時間が発生する。

その時間が、本当に無駄で。

時間仕事愚痴や、分かり合えない人物酷評をして、

仲良くはなりたい。

友達は作りたい。

だけど、

自分はひとりぼっちじゃない」と確認するために、

自分の頭で考えればだいたい解決しそうな問題の聞き役に徹する時間

無駄だし。

女の人は

ちょっと仲良くなろうとすると警戒されて、

ちょっと仲良くなると平気で失礼なことを言って、

正直疲れるんだよな。

anond:20161206105538

わたしオタサーの姫ではないし、おばさんだけど、

人間関係というものがわからな過ぎて困っている。


マキアージュの新色買ったんだよね」「さすがXXさん!早いですね!」みたいな感じで。で、そんなこと言われても正直楽しくない。

「新色買ったんだよね」「え!どんな感じ?見せて!」みたいな感じの対等なノリが身についてないんだと思う。

どうやったら、なんの合図で、え?どんな感じ?見せて!と言っていいのかがわからないです。

というか、何色だろうとどうでもよくね?

早いですね!と言われても嬉しくないのか。。。知らなかった。


気持ち悪い媚び癖を「そういうのやめて」って封印

「そういうのやめて」なんて言われたら、もう何も言えなくなる。

仕事だけできればいいし、

仕事の話だけできればいいし、

相手休みの日に何をしたとか、何を買ったとか、

基本的に興味ないし、興味を持って聞くと怖がられるし。


自分に興味を持ってもらうことは構わないけど、

話していると考えていることが全然うから、続かないし、

こいつに言っても無駄しか思えない。


自分口紅(じゃなくてもいいけど、なにかいもの)を買ったとしても、

別に人に言わないし、

自分旅行に行っても、そこで良かったことや、感じたことを職場の人に言いたくない。

みんな言ってるの?

いつ言うの?




わたし自分夫婦2人分稼ぐ。

子供は作らない。

男性と話しているほうが楽なのは

家族の為に家族の分まで稼ぐという気持ちが同じだからだと思う。

あと、性別が違うから「違う種類の人間」として接することができる。

女性と話すと、

子供はいるのか?」

「今後作るのか?」

場合によっては作らないことについて聞かれる。

私にとってこれほどの苦痛はない。

あと、夫が働いていない事について知られると面倒。

男性は聞かない。

仲良くなって、何をするんだろうか?

仲良くなった先には、仲良くなった人と過ごす時間が発生する。

その時間が、本当に無駄で。

時間仕事愚痴や、分かり合えない人物酷評をして、

仲良くはなりたい。

友達は作りたい。

だけど、

自分はひとりぼっちじゃない」と確認するために、

自分の頭で考えればだいたい解決しそうな問題の聞き役に徹する時間

無駄だし。

女の人は

ちょっと仲良くなろうとすると警戒されて、

ちょっと仲良くなると平気で失礼なことを言って、

正直疲れるんだよな。

anond:20161206105538

わたしオタサーの姫ではないし、おばさんだけど、

人間関係というものがわからな過ぎて困っている。


マキアージュの新色買ったんだよね」「さすがXXさん!早いですね!」みたいな感じで。で、そんなこと言われても正直楽しくない。

「新色買ったんだよね」「え!どんな感じ?見せて!」みたいな感じの対等なノリが身についてないんだと思う。

どうやったら、なんの合図で、え?どんな感じ?見せて!と言っていいのかがわからないです。

というか、何色だろうとどうでもよくね?

早いですね!と言われても嬉しくないのか。。。知らなかった。


気持ち悪い媚び癖を「そういうのやめて」って封印

「そういうのやめて」なんて言われたら、もう何も言えなくなる。

仕事だけできればいいし、

仕事の話だけできればいいし、

相手休みの日に何をしたとか、何を買ったとか、

基本的に興味ないし、興味を持って聞くと怖がられるし。


自分に興味を持ってもらうことは構わないけど、

話していると考えていることが全然うから、続かないし、

こいつに言っても無駄しか思えない。


自分口紅(じゃなくてもいいけど、なにかいもの)を買ったとしても、

別に人に言わないし、

自分旅行に行っても、そこで良かったことや、感じたことを職場の人に言いたくない。

みんな言ってるの?

いつ言うの?




わたし自分夫婦2人分稼ぐ。

子供は作らない。

男性と話しているほうが楽なのは

家族の為に家族の分まで稼ぐという気持ちが同じだからだと思う。

あと、性別が違うから「違う種類の人間」として接することができる。

女性と話すと、

子供はいるのか?」

「今後作るのか?」

場合によっては作らないことについて聞かれる。

私にとってこれほどの苦痛はない。

あと、夫が働いていない事について知られると面倒。

男性は聞かない。

仲良くなって、何をするんだろうか?

仲良くなった先には、仲良くなった人と過ごす時間が発生する。

その時間が、本当に無駄で。

時間仕事愚痴や、分かり合えない人物酷評をして、

仲良くはなりたい。

友達は作りたい。

だけど、

自分はひとりぼっちじゃない」と確認するために、

自分の頭で考えればだいたい解決しそうな問題の聞き役に徹する時間

無駄だし。

女の人は

ちょっと仲良くなろうとすると警戒されて、

ちょっと仲良くなると平気で失礼なことを言って、

正直疲れるんだよな。

2016-10-28

車内の化粧は多くの人に迷惑ではない

車内の化粧は多くの人に迷惑ではない理由を書く前に、まず俺の意見というか軽いシミュレーションを書いてみる。



■前提



周囲に迷惑をかけないで済む電車内におけるデフォルト行動は、

電車内では座って、または立って、極力動かずおとなしく到着を待つ」ことである



シチュエーション



女性

座席に座っている

右手口紅を持っている

左手に鏡を持っている

・ひざに化粧ポーチを載せている



路線JR山手線



社内混雑状況:

・case1 アホみたいに込んでる

・case2 ガラガラ



シミュレーション結果



・case1 アホみたいに込んでる

女性の右に座っている俺:ごそごそとジャマ。しかもぶつかって妖怪人間のベラにならないように気を使うのがストレス(大)

女性の左に座っている俺:同上

女性の前に立っている俺:同上



・case2 ガラガラ

※右・左・前は同上なので略。そもそもガラガラで前は...

女性から離れて座っている俺:

・家でやれば?会社でやれば?トイレでやれば?と考えるのがストレス(小)

・そんなに人生急いでるのか?と考えるのがストレス(小)

・おとなしく待てないのか?と考えるのがストレス(小)



■総括



俺にとってはストレスしかない。迷惑以外の何者でもない。

case2のオマケとして「自分と同じように考えてる人のイヤそうな顔を見るのもストレス(小)」も付け加えておく。

皆もこんな風に考えるだろうけど、出来れば炎上メディアに便乗した記事を書いているメディアにはアンケートまとめでもしてもらいたいくらいだ。

ところでまつ毛いじってる女性にぶつかったら、まつ毛全部抜けることもあるの?おっさんからからない。



■余談1:迷惑ではない理由



自分的には「ジャマ」「よそでやれ」「おとなしく待ってろ」という考えだが、これは「前提」があっての話。

しかしたら化粧している女性は前提が違うのかもしれない。

なので、



> 周囲に迷惑をかけないで済む電車内におけるデフォルト行動は、

「この程度のことを」迷惑だと思っていない。そもそも周囲に迷惑をかけても構わない。



> 「電車内では座って、または立って、極力動かずおとなしく到着を待つ」ことである

お金を払っているのだから、誰かに何か言われる筋合いもなければ、決めるのは自分である



とか思っているのかもしれない。

少し過激に書いたけど、一部でも同じ考えなのであれば、それはもう「前提が違う」に等しいと思う。



そこから考えると、そもそもの

「都会の女性はみんなキレイだ。でも時々、みっともないんだ。」

というキャッチも、東急線通学日記の「わたし視点というか主観しかない訳で、

前提が違う化粧している女性、また前提が違う意見の皆さんからすれば、共感できなくて当然だろう。

わたし視点世間一般視点として捉えて広告を打った故の炎上騒ぎな訳だ。



そう、もはや車内の化粧は多くの人に迷惑ではない。

「少し過激に書いたけど」は全然過激ではない。それは俺視点だ。

これが今の前提なのだ



もっと意見が真っ二つに割れている今は言い切れはしないんだけど、あえて言い切ってみる。



■余談2:この炎上騒ぎ、そしてこれからどうすればいいのか?



俺は「この程度のこと」と考えている「前提が違う」方は、考えを改めてほしいと思っている。

なので、東急線謝罪とか差し替えをしないでもらいたい。もっとこの件の認知を広めてもらいたい。多くの人に考えてもらいたい。

今の皆が思う前提を、もっと周囲への配慮がある前提に、常識を変えてもらいたいんだ。



「この程度のこと」と考えている「前提が違う」方に言いたい。

あなた方の考えはもはや少数意見ではないが、それが世間一般常識となっては危険なのだ

その常識の先にある未来が明るいとは思えないんだ。

もしこのまま「この程度のこと」という事で車内迷惑と思わない方が増えたら、「この程度のこと」がどんどんエスカレートして、



電車内で化粧。この程度のことだし。

電車内でドラム缶から肉。この程度のことだし。

もう電車内で市長区長フライングパイルドライバーをかますしかない!



となりかねない。



頼む。考えを変えてくれ。

まずは車内で化粧は迷惑、という考えに。



車内で小池百合子知事ダブルリアットをする未来なんて見たくない。

ふと眉メイク

1992年くらいまで、田舎実家は汲み取り式トイレだった。上水道は整備されておらず、山から水をひいて生活用水としていた。

台所、お風呂、手洗いなどの蛇口をひねるときちんと水は出ていたが、とき水道管が詰まったり凍ったりすると大人水道管を直しにいく。

その頃わたしは鼻炎で鼻をいつもズルズルいわせている小学生だった。山地の高いところに住んでいたので谷間の小学校とは高低差があり、帰り道に延々と急な坂が続くのが嫌だった。順調に地域過疎化は進んでいて同世代の子供は少ない。

娯楽も友達も少なかったのでテレビが大好きで、テレビのなかのキラキラとした都会を口をあけて夢中でみていた。

トレンディドラマ絶頂期だった。でも何よりもアニメシティハンターに出てくるビルや街が一番かっこよかった。

最近そんなことを、20歳くらいの女性がくっきりしたメイクをしているのをみると思い出してしまう。

しっかりと塗ったファンデーション、太めにかいた眉、濃いめで発色の良い口紅。あの頃のテレビ漫画から抜け出してきたように感じる。しかファッションもなんだか80年代風ではないか

あの頃のメイクが濃く感じるのは90年代以降、化粧にナチュラルさも重視されるようになったから。化粧品品質向上や多様化もあると思う。

それが今、薄づきファンデナチュラル感追及の歴史をすっとばしたような若い女性メイクをみると自分があの頃にタイムスリップした気分になる。


はなしが違うようだが、わたし韓国ドラマシリーズとおして見たことがない。映画時代劇なら好きなものもある。

それは韓国現代ドラマは、ビジュアルストーリーをみると日本バブル期トレンディドラマみたいだと感じるからだ。

くっきりメイクと同じく思考タイムスリップしてしまう。

韓国田舎にはポカンと口を開けてテレビをみているあの頃のわたしがまだいるかもしれない。

2016-10-18

http://anond.hatelabo.jp/20161018025535

まあ、男も女もそういう集団統計単位現象として同じ行為が認められなきゃ不公平だってジェンダー思想もあるから、それにノリたきゃそうすればいいけど、俺はその方が気持ちいね

この前一週間くらい化粧してたけどなんも変な目で見られなかったぞ。東京からかな。田舎だと奇異の目で見られそう。

口紅とか食事の時に違和感気持ち悪かったし、ファンデでも肌の呼吸止められてる感が気持ち悪かったので一週間で辞めたけど。

http://anond.hatelabo.jp/20161018024627

へえ…

まぁ女性の化粧にも、ファンデ口紅はいいけどつけまつげは許せないとか言ってる人もいるか

そういう感じなのかね

より美しくなろうという行為なんだから別に文句言うとか引くとか言う必要はない気がする

2016-09-18

「なぜジェラート・ピケは売れるのか?」

 昨日、同僚のS氏と会議室新規案件ブランディングアイデアを出し合ってた。

 あんまりアイデアも出なくて、適当ネットを開いていたらジェラート・ピケのサイトにいつもは口数の少ないS氏が横から謎の食いつきをみせた。それから展開された彼のジェラピケ論が少し興味深く、大いに滑稽でそのことについてちょっと書こうと思う。

 

「なぜジェラート・ピケは売れていると思う?」

 はじめ彼はそう聞いた。

 わたしは持っているジェラートピケを思い返しながら、着心地が良くてかわいいと答えた。

「まるで繊細な砂糖菓子、綿菓子みたいに」

 彼はそう言葉を加えた。

 S氏はなんていうか言葉が甘く、ロマンチストのきらいがある。なんでジェラピケの着心地を知ってるのと聞きたくなったけれど、その前に彼が言葉を続けた。

ジェラート・ピケのすごいところは、その、"食べるもの"にするからだと思う」

ちょっと、何言ってるかわかんない」

 わたしは率直に言った。

「えっと、つまり、着ている人を"食べるもの"にかえるんだよ」

 はあ、なんのために?と聞いたところで、彼は、

「オトコ」と言った。

ちょっと何言ってるかわかんない」

 わたしが言って笑うとS氏も笑った。

 彼はジェラピケのコンセプトページを開いて見せた。

"アイスクリームに包まれているようなふわふわ幸せ感覚"

"まるで自分がデザートになったかのような気持ちにさせてくれるルームウェア、ジェラート・ピケ"

"女の子にしなやかな魔法 PIQUE MAGIC をかけるのです"

 ページにはそんな言葉が並び、最後にはジェラピケを着て"食べるもの"になった女の子ソファで横になっていた。

 へー、とわたしは思わず声を出した。

 デザートの意味合い女と男で違っているのか。ジェラピケを着ていながらそんなこと思ってもみなかった。

 わたしが鈍いだけなんだろうか、他の愛用している女性はそこまで考えてるんだろうか。喪女がきいたら発狂しそうな話だ。

 S氏がコレクションページに画面を変えると、トップにはジェラピケを着てベッドですやすやと眠る女の子が映った。

「今さ、不意に勝負下着って言葉が浮かんだ。

 女性を"食べるもの"にしたてるブランドは他にもあるけど、やっぱジェラピケは一線を画すというか、立ち位置が真似できない。

 例えば……これ、」

 S氏は別タブでpeach johnサイトを開いた。

 ちょうどオータムドルチェというキャンペーンで下着の女性が色とりどりのドルチェ見立てられて並んでいた。口紅をさしたモデルたちは谷間が強調され腰はくびれている。バチバチのごりごりの女のイメージがそこにあった。

「どのブランドも単純に女性性を強調していくとこうなっていく。アメリカ的というか肉食的というか、あからさまで力勝負。言うならば恥じらいがない、エロティシズムが足りない」

 画面を見ながら真面目に話すS氏に、それはキミのシュミではないか、と思ったけれどそれは言わずに、ジェラピケは違うんだ、と聞いた。

「ジェラピケにはあざとさというか、巧さがある」

 はあ。息を抜くようにわたし曖昧にうなずいた。

 勢いに乗って話す彼はわたしの反応も気にせず話をつづけた。

「ジェラピケはまず着ている人を満足させてくれる。

 かわいくて着心地が良くて、なんていうかその自分用に仕立てられている感じは特別感を感じさせてくれる。

 でもその特別感をより引き立てるのにまだ足りないものがある。

 なんだと思う?」

 わたしはすこしめどくさそうに首を横に振った。

「オトコに愛でられることだと思う。イケてるメンズ女の子扱いをしてもらうことで特別感は最高潮に達するんだと思う。

 大事なのは自分あくま女の子であることで、それらしいことは微塵も表情に出さず、自らの手は一切汚さずにコトを満たすこと、むしろほしいままにすることにあると思う。そして、そのあざとさというかズルさを完璧に巧妙に演出する道具としてジェラピケほど適したものはない。」

 

 S、一体、おまえはどんな女と付き合ってきたのか、その女の人に会ってみたい。

 そんなことを思いながらわたしは笑ってしまった。

 この話の後、なんかジェラピケ、着にくくなったのは確かだ笑

gelatopique http://gelatopique.com/concept.html

peachjohn http://peachjohn.com/?sid=ec_footerbnr

2016-09-16

すごく泣いた日

9月15日中秋の名月一年で最も美しい月の日なんだって

花屋さん通ったらパネルにそう書いてあったのを見かけてさ。

なんか嬉しくなって流行りの口紅1本と、デパ地下ティラミス買ってのんびり歩いて帰宅した。

今年は誕生日通知とかわずらわしくてFacebook誕生日を隠しておいたから妹と母からだけ温かい言葉を貰った。

一年前はちゃんと彼氏がいたんだけど都合があって離れたとこに住んでてさ

相手気持ちもはなれていってるのを同様に感じてたけどどうしても修復したくて

全部で40万かけて会いに行ったんだよね。

でもね会いに行ったらすごい嫌そうな顔されてさ。

それでもどうにかならないかなあと頑張ってたら、

一緒に住んでたころお世話になったその家のオーナーがこっそり

もう諦めたほうがいいよ、彼はもう新しい彼女がいるよって教えてくれたんだよね。

これが去年の厄年誕生日に起こってさ。

この年になってからのこういう失恋の仕方は本当惨めで辛くてさ。

年代の同僚(子持ち)とか上司にもバカにされんのね。

人生で1番泣いたなあ。

涙腺がおかしくなっとるなーと思う日もあったし

辛いなあと思う日もあったけど、離れてはいても家族が優しく見守ってくれててさ。

仕事もがんばろって決めてから

ある程度の諦めがついてきて別れたときに散々揉めて失った

自分の人としての自信が戻ってきた気がする。それがつい最近

情けないけど誰かをもう一度心から好きになるのはもう少し時間必要だと思う。

でもがんばってみたい。もう一度、誰かと一緒の時間をすごして、いつかお母さんになってみたいし。

働いて年をとって喧嘩してでも一緒に手を繋いでスーパーにいけるようなそんなおばあさんになりたいから、

おばさんは諦めないよ。

今日は本当に月がまんまるで綺麗で幸せちょっと泣いちゃった。

皆さんもいい日でありますように〜

2016-08-26

化粧しない女の地雷

 〜18 10%くらい(日焼け止め口紅も除く)

19〜22 40%くらい(下手くそも化粧と見なす)

2324 80%くらい(社会人だけに限定すると100%)

25〜  100%

2016-08-23

同級生馬鹿にするためだけに化粧を勉強している

僕は中学卒業してからすぐにスキルもないのに化粧をしてツイッター自撮りを上げた同級生を何人も目撃している。

僕は彼女らを馬鹿にして自分精神的な安定を求めるためにツイッターリストに入れて監視しているのだが、どうも「ヘタ」と「センスがない」しか言えず困っていた。

しかししばらくして気がついたのだ。化粧に詳しくなれば事細かく馬鹿にすることができ、僕の精神さらに安定する。

そんなわけでまぁまぁ詳しくなってきた。最後に一番最近の知り合いの自撮りを見て思ったことを書いて終わりにする。

アイライン太すぎだしチーク位置はもうちょっと下でもっと薄くしろ、この化粧にこの色の口紅は合わないのでもっと濃いのをつけろ、グロスも塗れ、シェーディングを使うとそのえらなんぼかマシんなるよ、鼻高くはないんだからもっとハイライターを入れなさい、なんでこうファンデーションを厚く全体に塗るかな、高校生で肌も綺麗なんだから真ん中らへんから伸ばすだけでいいしコンシーラーもっと使いなさい、なんでアイシャドウをそんなに濃く塗るかな、目が小さいのが悩みならアイプチなりなんなり方法はあるだろう、でもアイラインガタガタじゃなくなったか最初よりだいぶ良くなったね、頑張れ」

以上。

女子って案外、楽ではなかった...日々の苦しみをイラストにしてみた

http://www.huffingtonpost.jp/2016/08/19/illustrationssum-up-the-daily-struggles-of-womanhood_n_11601472.html

こういう4コマを見ると、なんて女子は非合理的な生き物なのだろうと、つくづく思う。

長い髪が面倒なら短くすればよいし、口紅も塗らなければよいし、ムダ毛なんていちいち剃らなくてよろしい。

ありのまま自分のカラダを個性として受け入れて生きることができれば、ずいぶんと楽になれるのに、

どうして自ら苦労する方向にばかり進むのか。



幼少期から、ビューティ文化と言う名の洗脳を受けたから、そうなってしまうのか、

それとも遺伝子レベルでそう行動するように強制されているのだろうか。

2016-08-13

自己確立しない。

ブログを3つ(毎日ではないけど)書いていて、ときどき増田にも投稿して、ツイッターもやっている。

でもそのどれも、「わたし」じゃない。

全部、「この人はこんな設定」と決めて、完璧に演じ分けてる。

ブログはどれも月間PV5万くらいで、美容系に興味あるキラキラ女子設定の連絡先には、いろんな企業からステマ依頼がくる。「この商品を購入したとレビューして」ってやつ。全部断ったけど。今流行ってる某ダイエット酵素も来た。

本好きサブカル系(ちょいメンヘルブログには週に1回くらいのペースで短編小説を書いていて、某出版社から「今まで書いたものをまとめて本にしないか」って連絡がきた。断ったけど。

どこにでもいる普通女子大生設定のブログでは主に恋愛話なんかを書いていて、彼女カフェに行ったり買い物に行ったりするのが好き、らしい。

ツイッターアカウントフォロワー2万人くらい)が一番素の自分かもしれない。リアルタイムで呟くせいかな。

増田にはそのときどき思い浮かんだネタで書く。ブクマがたくさんつくと嬉しい。あと、よく文章を褒めてもらえてそれも嬉しい。だからネタ書いて悪いなって思いながら書いちゃう。あ、この記事はほんとのこと。って言ってもあんまり信憑性いか今日書いたネタ記事バラしたら信じてもらえるかな?



美容系にまったく興味がないわけじゃない。人並くらいには美白とか新商品とかに興味はある。でも肌弱いから基礎化粧品なんかは新しい商品使わない。色物アイシャドウ口紅ネイルとか)が好きなだけ。

本は好きだからたくさん読むし小説を書くのも昔から好きだけど、あくま趣味範囲月刊ムー愛読書だけど単に怪奇現象とかが好きなだけで、サブカルにはあんまり興味ない。そもそも、今サブカルってどのあたりを指すかわからない。

恋愛経験はあまりないけど、「みんなこんな恋愛好きでしょ?」「でも時にはこんなトラブルもあるよね…」みたいな感じで書いてる。ちょっとだけ実体験を混ぜて書くのがポイント。あと生々しくない程度の性の話を混ぜたりする。そうすると、少女漫画的嘘くささが抜ける。



何もかも、一種の憧れで作ったキャラクター

こんな風になりたいな、こんな風だったらいいな、っていうそういうの。

美容系のブログにはちらり顔出しもしてる。アイシャドウの色とかそうしないと見せれないしね。新しいネイル買ったら、塗って写真撮って載せたりもしてる。




そんな私の正体は、青白いチビの痩せっぽちで、堂々たるメンヘラ統合失調症陰性で手帳2級)で、読書趣味の暗い引きこもり

リアルの友人は大学時代交際経験がある男友達一人きり。ほかの友達はみんな連絡が途絶えた。(数年間も完全に引きこもったらそうなるのも自然なことだよね)

メンヘラだけど、過去解離性同一性障害の診断は受けたことない。だからブログで作ってる人格多重人格なわけではない。主治医先生は全部のブログを知ってる。特に何も言われたことはない。

無駄時間だけあるから、いろんなこと調べたりできて、ブログ書く時間もあるだけ。



美容ブログでも彼氏いる設定だけどそこでは「自分のために綺麗になりたい」と言い、女子大生ブログでは「彼氏はどんな服が好きかなー」と架空恋人のためのデート服で悩んだりする。

それぞれに共感する人が集まってコミュニティが出来てるから、どっちも需要があるんだなと思いながら書いてる。

みんな虚構が好きなんだ。

私も虚構が好き。

手帳本が好きなのも、人の日記を読むのが好きなのも、エッセイ本を読むのが好きなのも、自分以外の他者がどんな生活を送ってるのか知るのが好きだから

そして、私がいろんな人になっていろんなものを書くのも、自分以外の他者になってみたいから。

ただ問題は、だんだん自分というものがなくなってくるような気がすることなんだ。自分のために綺麗になりたいとも思うし、彼氏がいるとき彼氏のために綺麗になりたいと思う。

そのどっちも自分なのか、それとも自分じゃないのか。

そのへん、よくわからなくなってくる。

本が好き。でも調子が悪いときは読めない。読んでても、文字は読めても文章が読めない状態になるのね。そんなとき虚構に逃げるために小説を書く。内容なんてないテーマもない、短い小説雰囲気だけの小説

自分がよくわからない。

今何を考えているのか、今考えたことが「わたし」の考えたことなのか、ちょっと考えてしまうことがある。





そろそろ、美容系と女子大生系のブログやめたほうがいいかなーって思いだした。

2016-07-09

累(かさね)の双方の母親とも早くに死んでるんだけど

口紅に毒性が!なんて展開にはならないよな

そんな展開ダサいよな

いや、思いついたから書いてみただけ

2016-06-30

豚のような化粧の女

戸祭のウェブデザイン屋の女社長はひらべったいかおに上向きのでかい鼻を真っ白くぬりたくり、ばかでかい口の中央三分の一だけに毒々しい口紅をさしているため豚のように見える。

2016-06-08

成り上り田舎者

田舎の成り上りの女社長は紫のドレスクリスタルだらけのプラチナネックレスをかけ顔を白塗りにして真っ赤な口紅を塗りたくり鼻腔をふくらかし尻を振りながらあらわれ、銭湯看板写真と贋物の油彩画を背景に頬肉をひくつかせながら筋違い演説を垂れた。

2016-06-05

オタクメイクをおぼえたら?

http://togetter.com/li/980714

これ面白かったけど、主に服装の話だからメイクの話をしとこうかな。

メイク大事よ。

オタクの子服装メイクが合ってない子が多い。というか、明らかなオタク臭を発している子は凝った服装をしているのにすっぴんというケースが多い。

凝った服装には凝ったメイクカジュアル服装にはカジュアルメイク(か、すっぴん)。バランス大事

同じフリルレースたっぷりの服でも、それに見合ったメイクをしていればオタク臭はだいぶ薄まる。



というわけで、最低限のメイクを覚えてみて。

私自身は外見だけでも脱オタクしようと悪戦苦闘した素人。そのうち、オタクじゃない女性にもメイクの仕方とか聞かれるようになったけど。

初心者向けの内容だし、「そんなの間違ってる」と思う人もいるだろうが、まあ、メイクは人それぞれなので、こういうやり方もあるということで。

ちなみに肌が弱い人のことは想定してない。ごめん。



道具は基本的にすべてドラッグストアでまかなえられる。メイクトライアルエラー大事だし、近頃は安価でも使いやすメイク用品が豊富なので、最初大人でも安い物からはじめて十分。

お金に余裕のある人はデパート化粧品専門店に行って一から教えてもらうのも有効だけど、メイクを全部教えるってものすごく手間なので、ひとつも買う気がないのにそれを頼むのは止めてさしあげてね(とはいえ、すすめられた物を全て買う必要もないよ)。

あと、最初にこれ読んで、具体的なやり方は検索してもらえると思って書いてるよ。




メイクを始める前に、まず、ヒゲと眉の手入れをしよう。道具はドラッグストアなどで専用の剃刀や毛抜きを買ってね。

女の子でも、口の周りの産毛は剃っておいた方がいい。特に体毛の濃いひとはヒゲのものになってることあるよ。

次に眉。実際のやり方は「眉 整え方」で検索してもらうとして、持つべイメージは「同年代日本人人気女優の今の眉の形」。外国人は肌や体毛の色や骨格、文化も違うので参考にはしにくい。人気女優を選ぶのは、一番無難な(誰にでも好感度が高い)メイクをしているから。「今の眉」と限定するのは、眉の形にも流行り廃りがあるから

そして眉の抜き過ぎ、剃り過ぎには注意。メイクしないと眉がない、なんてことにはならないように。



それではスキンケア日焼け止め含む)をしてメイクに進もう。



まずはベースメイク。肌のアラ(色ムラや毛穴、シミなど)を目立たなくするためのもの

オタクはこれを軽視する子が多いけど、面積が広い分、与える印象の差は大きいよ。

一般的なのは、化粧下地ファンデ―ションがきれいにつく働きがある。日焼け止め効果ありの物も)を塗ってからパウダーファンデーション

同じブランドで揃えて使うのがふつう初心者はTVCMで見たことあるブランドのものから選べばいいと思う。

ファンデーションの選び方で最も大事なのは、首の色に合っているかということ。意外と顔と首の色が違うひとは多いんだけど、顔より首に合わせた方が自然

ブランドによって色が結構違うので、ひとつブランドでどの色もしっくりこないな、となっても他のブランドのものを色々試してみて。

ドラッグストアではどれも合わないってひとはデパートに行ってみよう。「カバーマーク」みたいに珍しい肌色のひとにも合うファンデーションを売ってるところもあるから

色合わせはデパートドラッグストア美容部員にしてもらうのが手っ取り早いが、そういうのが苦手なら、ドラッグストア化粧品専門店ロフトなどのバラエティショップでは自分で試すこともできる(デパートや高価格商品を置いている専門店では難しい)。逆に美容部員のいないドラッグストアも多いので、アドバイスが欲しい場合は店を選ぼう。

自分で色を合わせる場合フェイスラインあたりに塗ると首の色と比較やすい。



実際に塗る時、アラをすべて隠そうとファンデーションを厚塗りするのは厳禁。そもそも化粧で完全に肌のアラを隠すのは難しいし、その必要もない。よほど技術がないと不自然だし。

ファンデーションは顔の中心部(片手を大きく広げ、手のひらの下端を顎先に合わせ、手全体が覆う範囲。肌のアラが出やすい)からつけて、それ以外の顔の外周部は特に気になるところがないかぎり、首の色と合うようにスポンジに残ったものを軽くなじませる程度で十分。

塗りムラができないように気をつけてね。慣れてない時は、塗り終わった後に鏡で色んな方向からよくチェックしよう。

私は大学職場男性に「彼女の化粧がムラになってるの、言ってあげてよ」と頼まれたことが複数回あるよ…。

ズボラなひとやカジュアル服装の時は、BBクリームCCクリームという名前で売られている、日焼け止め・化粧下地ファンデーションが一本で済むというやつでもいい。ただし、色数は限られている。



パウダーファンデーションは使っているけど、なんか不自然に見えるという人や、凝った服装をしたいって人は、リキッドファンデーションクリームファンデーションを選んでみよう。

リキッドクリームパウダーより塗るのがちょっと面倒だったり、上からフェイスパウダーをはたかないとべたついたりと手間がかかるけど、乾燥した肌へものりがよかったり、カバー力が強かったり、フォーマルな肌(フォーマル衣装に合う肌)になったり、機能的に優れている物があるので試す価値はあるよ。

肌の欠点がどうしても気になるという人や、「この服にはお人形みたいな完璧な肌が似合う!」っていう時は、コントロールカラー(色補正用化粧下地)やコンシーラー(シミ隠しなどに使われるカバー力の強い部分用ファンデーション)まで使うことになるけど、ここまでくるともう初心者じゃないので、ネット雑誌・本の情報を参考に、頑張って自分に合う方法研究して。




次にポイントメイク(部分ごとに補正・強調していくメイク)。

まず眉を描く。

イブロウパウダー(眉用のアイシャドウみたいな粉状のもの)とアイブロウペンシル(眉用の鉛筆)を買おう。髪と瞳の中間の色を選べばいいと言われている。プロ含め、ペンシルで最初に描くことを推奨しているひとが多いけど、個人的にはパウダーからはじめた方が初心者には楽だと思う。最初パウダーで薄く描いて、こんな形というのが決まったら濃くしていく。パウダーでは薄くて足りないところ、細さが必要なところをペンシルで描き足す。まあ、やりやすい順番で。



次にリップ

20代前半までだったら色付きリップクリームからはじめてもいいけど、基本は口紅からグロスは取っつきやすそうで実際には難しいので、メイクに慣れた後で。グロスみたいな形状の、液体型の口紅リキッドルージュ)もあるので、口紅ちょっとってひとはそういうのからはじめてもいいかも。

色選びは、これも実際に塗ってみないと始まらないけど、「パーソナルカラー」で検索すると参考になる情報が出てくると思う。一本だけ選ぶなら、「自分の素の唇の色がきれいになったような色」を意識しよう。

口紅をきれいに塗るコツは、ふだんからこまめにリップクリームを塗るなどして、唇をいい状態に保っておくこと。それから初心者リップブラシを使って塗った方が失敗が少ないと思う。リップブラシに口紅をとって、上の唇の中央からラインをとる。下唇も中央部からはじめてラインをとる。中を塗りつぶし、ムラがあったり濃いなと思ったら、ティッシュで押さえると余分な口紅がとれる。

なんだか唇だけ目立つな、浮くな、と思った時は、さらティッシュで何度か押さえて調整する、唇のラインを指先でなぞるようにして口紅を塗った縁をぼかす、などすると自然になる。



初心者場合ポイントメイクはここまでで十分。最低限これだけやれば全然、見た目は違うから


メイクをはじめたばかりだと、ポイントメイクに注意がいって、マスカラとかチークとかアイシャドウとかをがっつり塗ればいいのかな、なんて思ったりするけど、ここまでを丁寧にやる方が見映えはよくなるよ。

慣れてきたなって思ったら、ビューラーで睫毛を上げて、マスカラを塗ってみよう。変化が大きくて楽しいよ。

顔色が悪く見えるなって人はチークを試そう。色選びのコツはリップと一緒。うまくつけられないひとは、高いチークを買うよりも、いいチークブラシを買うといいよ。ブラシに粉をとったら、振ったり、ティッシュにブラシを滑らせたりして、余分な粉を落としてから塗るとムラづきしにくい。最初は「自分は塗ったと分かるけど、他のひとは気づかないかもな」くらいで止めておこう。塗り過ぎるとギャルっぽくなる。

メイクが楽しくなってくると、色や輝きが多彩なアイシャドウに魅かれることも多い。肌にある色の延長線上の色、つまり茶、ベージュクリーム色、ピンク、そこらへんからはじめるのがおすすめ




メイク重要なのは、服と同様、バランス感覚客観性

鏡を見る時は部分だけじゃなく顔全体を見て。

次に鏡に全身を映して、服とメイクバランスはとれてるかなってチェックしよう。

まあ、何よりも楽しんで。



オタクの子メイクとかはじめると、「なんでそんなことするの?」「モテたいの?」「自分のことかわいいと思ってるの?」みたいなことを言って引き留める人が出てきたりすることもある。

なかには驚くようなひどいことをいう人もいるかもしれないけど、気にしないでね。

本当に悪意があると言うより、周りが変化していくのが怖いってことがほとんどだから


あと、服もメイクも、オタクは凝り過ぎることがよくある。そういう性癖から仕方ないんだけど。

でも、一般ほとんどの女性は服もメイク実用品ととらえてるから

芸能人全然興味のなかったオタクアイドルとか俳優とかにちょっと興味もって、「この人は人気だからオタクじゃない人とも話題に困らなくなるかも」と思って口にしたら、詳し過ぎて引かれたとか、そういうのと同じ。自分的には浅い興味なのに、世間的にははまり過ぎって見られる、というような。そういうのはファッションでもメイクでも起こるから

はいえ、楽しめることが増えるのはいいこと。

から多くの人がファッションメイクに夢中になってきただけあって、そこにもはまりがいのある楽しい世界が広がってるから自分が楽しめそうと思ったら、ぜひ深海にも飛び込んでみてね。

ウェルカム

2016-05-02

『累』を読んでたらなんか増田を思い出した

『累』という青年漫画がある。

女優の娘でありながら、非常に醜い容姿の「かさね」という少女主人公である

かさねは、ある日《接吻した相手と、一時的に顔を取り替えられる口紅》を手に入れ――

という、ジャンルとしてはファンタジーになるんだろうか。



かさねの容姿に関するコンプレックスは凄絶である

彼女は己を「女の身体にバケモノの顔がついたよう」と表現する(実際絵的にもそういう描かれ方をする)。

髪は己の顔を隠すように長く、いつもビクビクと人目を気にしている。

道で誰かにぶつかって、会釈をする程度のことさえ「滑稽」に思えてできない。




口紅》の力で美少女と顔を取り替えたとき、美しさを得て彼女は呟く。

劣等感のない…うたがいのない“自信”…!

それ一つ持っている事が

こんなにも快感だなんて…!

彼女にとって、世界とは、容姿によって著しく姿を変えるものである

醜い顔のかさねが見る世界と、美しい顔の人間が見る世界は別だ、と

口紅》の力によって彼女は悟る。

そしてかさねが「美しい顔で見る明るい世界」に焦がれることによって話は続いてゆく。





このかさねのコンプレックス描写連想されるのは、

ときどき増田とかネット各所で聞かれる

「俺は見た目のせいで、人間としてさえ扱ってもらえなかったんだ!」という叫びである

おもにミソジニーの人とかが言う。

正直に言うと、この作品主人公かさねに対しても、そういう増田たちに対しても、私は同じ気持ちを持っていた。

「そら気の毒だけど手持ちのカードで生きてくしかないし…」

容姿だけに己の問題を集約させすぎなのでは…」

って感じだ。

別に自分自身美しくないし不満はいくらでも並べられるが、

からといって、己の人生の不幸すべてが容姿に由来すると考えるのは不毛に思えた。



作中、かさねは非常に美しい容姿を持つ「無二の友人」を得る。

彼女彼女で不幸な半生を送っており、

かさねも彼女が「不幸のただ中にいる」ことは薄々気がついている。

あるとき「友人」である彼女はかさねにこう話す。

男のひとが……

私の顔を見て「美しい」とか「きれいだ」

とか言って

近づいてきたけど

皆 私をまともに

人間として扱っては

くれなかった……

あるひとは私を

“見かけだおしの欠陥品”と罵り

またあるひとは

どんなに避けても言い寄ってきて

あとをつけられたり…

襲われかけたこともある


これを聞いたかさねのモノローグはこうだ。

使い方次第だわ

私なら……

○○の美しさを

もっと上手く

使いこなせる…!

私は、これを読んだときに驚いた。

前述の通り、彼女はかさねにとって無二の友人だ。

ほかの人ならともかく、友人の不幸に持つ感想それかよ!

かさねの美しさに関する執着はもはや修羅のごとしなので、まったく自然なりゆきともいえるし

さほど重要モノローグでもなさそうなのだが、この言葉は強く印象に残った。

それは、かさねや「容姿コンプレックス増田」に対して私が持っている思いと、全く同じものだと気がついたからだ。



「持ってるカードでうまく生きるしかないのに」。




しか彼女たちは、実際に顔を取り替えてさえ、互いの苦しみを理解できないのだ。

かさねは美しさによる苦しみなど理解できない。

「友人」である彼女も、かさねがビクビクと人目を避ける理由理解できないし、

己がその顔になっても「他人嘲笑われた」などの苦しみを感じない。

互いの中には己の苦しみだけがある。




人の苦しみに寄り添うのはどうしてこんなに難しいんだろう。

ともすれば、「私ならもっとなんとかできるのに」と、非常に傲慢マッチョ思考がしのびこむ。

容姿のような「生まれつきに与えられたもの」に由来すればするものであるほど、難しいように思う。

2016-02-02

しろダサくない服をきなければならない理由をまず論理的説明するべき

anond:20160201192949

すべての要件メール電話テレビ電話ですませられるのに、

インフルエンザウィルス蔓延する電車という地獄をつかって人に会いに行ってるのだから

服なんか不快感あたえなきゃどうでもいいだろ。

正直いって全身をくるむ防御服でもきたいくらいなんだけど女子から足出さない黒ズボン口紅塗るとかで「勘弁してもらって」る。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん