「成分献血」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 成分献血とは

2020-11-24

明日献血

最近成分献血ばっかりだったので久しぶりに400mに行く

2020-11-13

献血

街頭で呼びかけてるの見て一回だけやってみたんだけどその時は体重が足りなくて400mlできなかった

400できないなら成分献血は?と言われたので成分献血やったんだけどなんか血が血管を通して戻ってくる感覚がひたすら気持ち悪くて最悪だった

今なら400やれると思うけどあの感覚が苦手だからもう一生献血には協力できないだろうなと思ってる

2020-10-24

anond:20201024180237

成分献血100回献血してから文句いいな、全血献血1〜2回でそんなマウント取ってんじゃないよ。

2020-10-11

[]献血に行ってきた

時系列に少しフェイクがありますが、それ以外は全部ノンフィクションです。
 

ブコメid:fai_fxさんに京都でも赤月ゆにのコラボをやっていると教えてもらった(https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASNB14QG6N9ZUNHB00H.html)ので、献血に行った。

正直、赤月ゆにをよく知らないし、グッズもさほど欲しくない。けど、自分オタクかつ過激自由主義者なので、ある種の人たちの宇崎ちゃん叩きには滅茶苦茶ムカついていたので、「文句を言う資格を得る」という邪まな目的のために行った。

以下、実際に行って気付いたことなど。

前提

受付のやり取り等

血液検査採血

採血

  • 待合ルームに戻って、言われてたとおりカイロで手を温めつつ、ホット紅茶を3杯くらい飲んだ。ちょっと気持ち悪くなった。
  • さらに、20分後くらいに番号で呼ばれて、さきほどの血液検査と同じ部屋に行った。
  • 歯医者さんの施術用の椅子みたいなものが6~7台ほど並んでいて、2~3人先客がいた。
  • ベテランの落ち着いた感じの看護師さんに案内されて、その椅子っぽいやつに座って、腕に消毒をしてもらって、1分後くらいに採血用の針を通してもらった。
  • 気分が悪くなる場合もあるとのことで、足を組んで5秒ほど力を入れる体操っぽいことを軽く繰り返してね、と言われたので言われるがままやった。
  • 施術台には、なぜか小型のテレビもついていて、プロ野球解説をやっていた。10分くらいで終わるとのことで、特にこだわりもないので、そのまま見ていた。
  • 試合が始まる前の放送席の様子を映しており、梨田さんという方(確か近鉄監督をされていた方?)が新型コロナにかかって、一時期重態だったけど、なんとか帰ってこられた、って話をしていた。梨田さん自身は素朴な方で、他の人が色々と心配して質問していたのが、なんか良かった。
  • それを見ながらぼーっとしてたら、ベテラン看護師さんが、今日は久しぶりに献血に来られたのは何かあったんですか」と話しかけてきた。
  • まさか、それを聞かれるとは。看護師さんは50代くらいの上品女性で、「赤月ゆに」とか「Vtuber」とか言っても多分通じなそうだと思って、とっさに「あの……コラボ企画があったので、それで来ました。まあ、どうも品切れみたいなんですけど、まあいいかな」と、ボソボソと答えた。なんとなく恥ずかしく、少し、いや、まあまあ顔が赤かったと思う。
  • 看護師さんは特に気にすることなく、「まあ、そうなんですか残念ですね」「コラボのこと、皆さんよく知っておられますね。ほかの県から結構来てらっしゃるんです」と言ったので、「ネットでいろいろ騒ぎになりましたので」と宇崎ちゃんのことをにおわせようとしたけど、なにかそれは違うと思って、結局、ただ黙ってうなづいた。
  • その後も、看護師さんは献血後の運動・入浴などの注意点について説明してくれたので、それを聞くうちに、採血自体が終わった。多分、実際、10分くらいだったと思う。
  • 400mlのパックは、結構でかくて、ウィーダーインゼリーの4倍くらいあった気がする。「これだけ抜かれても気分が特に悪くならないとか、なかなかやるじゃん、俺」とか思ってた。

採血

アンケートについて

2020-07-14

コロナプライベート側の生活は全く変わらなかった

コロナ以前から毎週の土日は基本家に籠って録画か配信アニメ(たまに実写/アニメ映画)を見る生活定期券があったので、月に数度近くの駅手前で降りて、秋葉原まで徒歩で遊びに行っていた。

コロナ渦でリモートワークになった。だが土日は基本家に籠っている。定期券も購入しなくなったので、ある程度の理由がないと電車に乗って遠出することもなくなった。次回の遠出は多分8月中頃(400ml献血後の成分献血OKになる)の予定だ。

2020-05-01

半年成分献血できなくなった

ネット見てたら成分献血は2週間開けて年24回までできるって話だったのになんで???

って調べたら、血小板献血は2回と数えて、血漿献血は1回扱いだそうな。だから24回やるには血小板献血はしてはいけないみたい。献血の種類は自分で選んだことはほぼなくて、献血ルームの人に言われるがままいつもやってきた。それが一番必要とされてるんだろうという判断からだ。多くやればポイントとか貯まるけどそういうのを第一目的にするのはなんか違うと思うので、これからもこの方針でやって行こうと思ってる。

献血する第一目的が何かと言われると自分偽善心を満たす事というのが偽らざる本当のところだろう。なかなか気分いいよ。検査採血の針はともかく、成分献血の針ってちょっと痛いしね。

血を見るのは制御されている環境下では割と好き。制御されてない環境では(事故とか)まだ見たことが無いのでどう感じるか正直わからんところはある。鼻血ちょっとした怪我くらいならどうってことないんだけど。

全血献血は今までほとんどしてこなかったんだけど(新幹線時間待ちにしたことある位)、次からはしばらく全血だわ。

2020-04-24

anond:20200423225909

・「内職詐欺在宅ワーク詐欺)」が増える ← まじで嫌だ

外国人技能実習生は来なくなる

中国製品の輸入が減り国内生産回帰

・その結果人件費が高くついて何でも値上がり

・よって日本銀行10年前からから手が出るほど待望していたインフレが到来

しか給与は増えない

・つまりスタグフレーション ← ダメじゃん

(以下は希望

コロナ蔓延による一時的失業者のため家内制手工業が復活

自動運転車ドローンに関する法規制を緩和

自動運転車ドローンによる無人宅配が増加

自動運転車ドローンの遠隔操縦という新種の在宅ワーク雇用創出

抗体を持つ人間血漿を利用した治療法が確立された場合

https://jp.wsj.com/articles/SB12037553245584973720304586340570831107448

https://bio.nikkeibp.co.jp/atcl/news/p1/20/04/09/06792/

全国各地の献血センター安価療養所転用される

(遠心分離器を用いた成分献血方法血漿のみの採血・輸血は簡単にできる)

2020-04-22

anond:20200422233858

成分献血だともっと短いインターバルでできるよね?

でも、待合室みたいなところと、お茶飲むところが結構密だなーと思った。

2020-04-12

禁酒62日目突入

今日(厳密には昨日)は成分献血を受けてきた。これでγ-GTPGPTが正常値になっていることが確認できれば、

飲酒は解禁です。しかし飲みに行く場所がない。 仕方ないので河原で1人キャンプかなー。

2020-04-08

anond:20200408193826

献血

やってるよー。場所によっては時間短縮とかはあるかもしれんけど、完全に止めてるところはないと思う。自分も先週、成分献血に行った。

3月の時もコロナ献血が少なくなって、その時は報道によって十分賄えたらしい。

んで今も少なくなってる状態で、でもそれは報道されたりはしてないので、(体調が良好なら)献血必要/求められている用事として外出しても良いと思う。

https://www.bs.jrc.or.jp/ktks/kanagawa/2020/04/post-197.html

2020-03-27

土日に献血に行くぞー!

献血ならギリギリ許されるだろう。治療中の人(notコロナ含む)に使われるだろうし。

一応補足で、28日の土曜日から成分献血可能日で、元々行こうと考えてたので。

2020-03-17

anond:20200317114437

成分献血って時間かかるからやりたい人少ないんじゃない?

多分成分献血の血が足りてないから勧められるんだよ

2020-03-06

また自滅していて草

Simon_Sin氏「宇崎ちゃん献血ポスター批判に怒ってた連中は献血に行ったのか?行ってない?ああ、やっぱりおっぱいを好きなように公共の場で鑑賞したかっただけだったか。」

https://togetter.com/li/1477428

草。

フェミ様かリベラル煽り厨か知らないけど、この手の方々はつくづく常識がないのだなと思う。

この手の行動すら煽る材料にするのは最低だとしか思えん。

それとここ以外でももう散々突っ込まれているだろうが、献血に行ったら約3か月は期間空けないと駄目な事くらいは一般常識だと思うが。

(第二弾があったのは2月なので普通に無理。成分献血とかならもっと期間は短いけど、ここで言われているのは普通に全血でしょう。)

しか献血に行ってドヤ顔した上でまぬけ晒しているのは本当に草。

おまけ

献血の間隔表

https://www.bs.jrc.or.jp/ktks/yamanashi/donation/m2_01_05_kankaku.html

2020-01-02

ヘビー献血から日本赤十字社へのクレーム

当方、毎年上限1200mlの献血を続けているヘビー血液袋にござる。

 

言いたいことはただ一つ。

キャンペーンやるならもっと早く周知しろである

 

みんな大好きな宇崎ちゃんキャンペーンを例に取ろう。

キャンペーンが周知されたのは2019/9/26

キャンペーン第1弾は2019/10/1~31

キャンペーン第2弾は2020/2/1~29

400ml献血成分献血が条件である

それぞれ別のクリアファイルが特典になる

 

おわかりいただけただろうか?

このキャンペーンを制覇するには、①2019年10月時点で献血可能であり、②2020年2月時点で献血可能である必要がある。

当方、年1200mlの献血を続けているヘビー血液である。400mlの献血は年3回しかできないのである。また、1回ごとに2ヶ月のインターバルをおかねばならないのである

また、当方成分献血ができないのである。血管が細いのである

 

このキャンペーン当方が制覇するには、1年前には告知してもらわないと困るのである。宇崎ちゃんシフト献血スケジュール必要である

当方、これまでは興味あるキャンペーンがなかったのでよかったものの、この先もし興味のあるキャンペーンをされると非常に困るのである

そのリスクを考えると、来たるべきキャンペーンまで献血をしないのが最適解になるのである。これは日本赤十字社のねらいではないと思うのである

あるいは、ヘビー血液袋もキャンペーンに参加できるナニガシかを考えてほしいのである記念品の盃とか使い道ないものいらないのである

日本赤十字社にはヘビー血液袋のことも切に考えてほしいのである。一時期のMNP競争養分と化していた既存ユーザーのような気持ちである

 

以上でござる。

2019-12-06

ピル飲んだら健康になったかもしれない

タイトルの通り、健康というのとは違うがピル飲み始めてから血液検査の結果が良くなった。

あくまでもここの文章記載内容は個人体験であり、間違いもあるかもしれないし個人差もある。

就職を機にメインは避妊目的で、その他生理の安定性とかPMSもそれなりにあったのでそれも抑えられるといいよねということで飲み始めた。

ファボワールといういわゆる一相性で成分入ってる錠剤は全部配合成分が同じやつだ。ホルモン量が一定なのでホルモンの増減で起こるらしいPMSがあるんならこっちの方が絶対いいよ〜と言われて選択に至った。

飲み始めてからまず生理がほぼ確定で予測できるようになった。それまでは比較的安定しているとはいえやはり数日のブレがあって、うっかりフライングされて血塗れになったり、なかなか来なくてナプキン空振りしてイライラしていたが、それがない。

薬ここまで飲んだから来るなって思うとちゃんと来てくれる。空振りも基本ない。

そして生理が軽くなったのだ。正直学生時代テンション下げまくりで、学校来てすぐに湯たんぽ抱えてダウンし、授業のとき以外は基本的ソファーで寝てるか湯たんぽと膝掛けで完全防御で作業していた。それがピル飲み始めてから生理きても鎮痛剤飲み忘れるくらいになったし、出血量が少なくなった。高い多い日昼用のナプキン引退し、今では夜用と普通の日の昼用だけで事足りてる。

ここまででも十分な成果であるのに、ここからが本題、冒頭の血液検査だ。これはあくまでも個人の感想だし、就職してから一人暮らしになったため食生活も変わったため必ずしもピルのせいではないかもしれない。でも、食生活に関してはぶっちゃけ下方修正なので、ピル効果の方が濃厚な気がする。

というのも、私は献血結構好きだ。20代前半だが、これ書いている時点で既に14回行ったらしいと献血カード記載がある。献血血液検査の結果が良くないとできない。基本的に400mlの方が厳しく、成分献血の方がゆるい。なので、私はいつも取れるなら400mlでお願いしますって言って打率5割くらいで成分に行っていた。

この際だいたい引っかかるのがヘモグロビン濃度だ。詳しくは知らないが、400mlだと12.5くらい必要なところ、私は12.0をギリギリ保ちながらフラフラする程度だった。

しかし、ピル飲み始めてからは13.0を割らなくなった。献血血液検査2回、会社健康診断1回の3回くらい検査受けてるが、全部13.0を超えてた。初めて見たよそんな値自分の血で。

おかげで既に全量献血の年間上限を突破して次できるのが成分以外は来年の夏らしい。もっと取ってくれ。

ここまで読んで気づいただろうが、ピルは飲んでいても献血できる。よく薬飲んでると献血できないというが、全ての薬がそういうわけじゃない。ピル大丈夫な薬だ。詳しくは近くの献血ルームに行って欲しい。

ここまで散々ピル飲んでよかった話をしまくったが、当たり前だがメリットだけではない。

よく言われるのが服薬時間血栓症、発がん率の上昇だ。

服薬時間iPhoneアラーム毎日鳴らすようにして頑張っている。この時間自分で決めていいので、朝にしても夜にしても構わない。吐き気を催すことがあるから夜の方がいいとよく見るが、私は朝7時に飲んでる。当然休みだろうと関係ないので、休みの日にも7時になれば布団を這い出て薬を飲む。正直もう少し寝たいこともある。忘れると1回くらいならまだしも複数回だとまずいので、これは大変だ。

血栓症と発がん率については散々医者に脅されている。血栓症予防のためにアホほど水分飲んでいてペットボトル買うと破産するので、水筒2本持ちだ。

がん検診も以前から子宮頸がんは受けていたが、それに加えて乳がん検診もこないだ初めて受けてきた。ありがたいことに私の加入してる健康保険は女性子宮がん乳がん検診が無料だった。だけど、がん検診の予約を取るのに一苦労。平日しかやってなかったり、土曜やってても予約が空いていなかったり。やっと取れてこないだ行ってきたけど、乳がん検診エコーでやるやつ死ぬほどくすぐったくて辛かった。脇の下集中砲火してくるの勘弁してくれ。

その他の副作用に関しては私は特になかったが、合わなくて副作用に当たる人はそれなりにいるように見受けられる。こればかりは運である

そんなこんなでピルのおかげで非常に快適な生活を送れているので私は感謝している。月に何千円かする薬代も、いろいろ大変な自己管理も、これだけのメリットがあるなら十分だ。もちろんもっと安いと嬉しいが、それはまた別の話だ。

2019-11-23

コミケ会場での献血者数が都内全体の50%」の意味

News Up 「宇崎ちゃん」論争を考えたい | NHKニュース https://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012186651000.html

上記エントリで、こんなブコメが星50近くもついている。他にも都内全体の献血者数の50%近くという内容に触れるコメントが多数みられる。

nankichi 良取材。“コミックマーケット会場では、献血者数が都内全体の献血者数の50%近く”これは凄すぎる。都内20代の半分とかではなく、都内全体の半分とは。献血を受けた人は50%がコミケ由来。コミケ感謝しよう。

内容は記事に基づくものだ。 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191122/k10012186651000.html

一方で、毎年東京ビッグサイトで行われ若者が多く集まるコミックマーケット会場では、献血者数が都内全体の献血者数の50%近くを占め

どういう事かな、と数字を追ってみることにした。

2018-12-31 若者献血離れが深刻化 “コミケ応援献血”の意義 https://www.oricon.co.jp/special/52355/

東京都赤十字血液センター担当者によると、「今回のコミケでは計8台の献血バスを出しており、一台当たり約50人を目標としています」とのこと。

コミケ91では、バス1台あたり約1.7倍の方にご協力いただいた形になります」(「おたぽる」2017年4月30日記事より)

ということで、C91のあったH28.12数字を見てみよう。

血液事業年度報 平成28年統計表(PDF9.2MB)http://www.jrc.or.jp/activity/blood/pdf/20170705_H28nendoho.pdf

これによると、H28.4~H29.3における東京都での献血申込者数は656,059人、献血者数は574,619人である

平成28年12月分 献血者数速報(PDF:901KB)

これによると、H28.12東京都での献血者数は49,415人。うち全血献血者数が34,526人、成分献血者数が14,889人である。なお申込者数の記述はなかった。

12月の全血献血者数を31で割ると約1,114人。前出のオリコン記事目標はC95におけるものだが、C91でも同様だと仮定すると、8台のバス1台あたり50人が実績としてあったとすると400人。これを1,114で割ると約36%となる。年末献血ルームが普段よりも混むか混まないかはわからないが、混まない方であるとすれば、36%が50%まで上がっても不思議はない時期ではある。ちなみになぜ全血献血者数で割るのかというと、献血車では全血採血しかしていないからだ。

というわけで、冒頭引用したコメントにおける「献血を受けた人は50%がコミケ由来。コミケ感謝しよう。」というのはあくまコミケ開催期間に献血された"全血"の50%コミケ会場で採血されているという事になる。

勿論、コミケでの献血慢性的に不足する血液製剤にとってありがたい存在であることは間違いない。普段から献血しているオタクの人も相当いらっしゃるのも間違いない。血液製剤の有効期限は短く、赤血球なら3週間、血小板製剤なら検査期間を除けば実質3日である現代医療の根幹の一部となる献血事業を支えるには、多くの人が献血に足を運ぶ回数を増やすしかない。

東京都でのすべての献血者の半分がコミケだと誤解しているブコメ散見されるが、気温の都合上悪影響が懸念される夏には献血車来ない以上、冬の3日ないし4日間しかないわけで、常識的に考えればありえない誤解である。誇張表現オタクの功績を過大にみせるのは、オタク自称する自分からみても少し残念に思える。勿論100文字しかないブコメでそこまで言及できないというのもあるのだろうが。

2019-11-19

anond:20191118104907

詳しい事情は知りませんが、例のポスター奇形で奇乳がキモイ、自部の居乳属性性癖を人前にさらすなってこと前提で。

あの漫画も「イジらないで長瀬さん」とか、先輩なのに後輩女子に弄られて馬鹿にされて、それなのにマゾから「イジリ」「イビリ(衆人監視下)」「言葉攻め」「かわいがり相撲界みたいな実力行使あり)」がうれしくてビクンビクンするマゾの人ご用達で、「私たち業界ではご褒美です」なマゾ話なんだから、人前に出すなよっ! ってM話です。

さら薄い本になると、件の後輩に踏まれたり蹴られたり言葉攻めアリアリ、果ては手のひらを上向けて乗馬鞭攻め、射精管理足コキから人間便器まであったり、それでもいたぶられてビクンビクンする話を、元ネタの「高木さん」と同じように、恋心をにおわせながら少年誌月刊誌でも掲載できるレベルに落としてあるだけで、M業界に入れば即戦力少年がビクンビクンする話を献血にまで持ってきて、看護師さんに採決注射ブッ刺されたり、碌に喋れない歯向かえないか成分献血のフルコースまでご協力させられ、交通安全協会3500円もご協力。

「すわM奴隷献血させてビクンビクンさせるキャンペーン開始か? 即参戦」という前提なんだから、人前でヤっちゃダメだろ、ですよね~~

2019-10-19

anond:20191019230452

成分献血は2週間後からできる。

自分は3週間ごとにやってる。

オタクだけど献血に行ってきたよ

増田今日献血ポスター話題で溢れているけど、実際の献血センター的には今非常に危機的な状態みたい。

以下は昨日のラブラッドから送られてきたメールの一部。ラブラッドっていうのは、献血複数回する人向けのサービスで、献血結果をWebから見られたり血が足りないとき献血のお願いメールがきたりするサービス

台風19号の影響により献血血液安定的供給に支障を来す恐れがあります

いつも献血にご理解とご協力をいただき誠にありがとうございます

この度の台風19号により被災されたみなさまに、心よりお見舞い申し上げます

血液センターからみなさまに献血または献血呼びかけのお願いです。

今回の台風により、献血の受け入れにつきましても甚大な影響を受け、献血の受け入れ中止や延期などが神奈川県をはじめ広範囲で発生し、輸血用血液安定的供給に支障を来す恐れがある状況です。

輸血を必要としている患者さんが安心して治療が行えるように、どうかみなさまお力を貸していただけないでしょうか。

献血できる方は、ぜひお近くの献血会場で早急なご協力をお願いいたします。また、ご体調や献血間隔などにより献血できない方は、ご家族やお知り合いなど周りの方に献血を呼びかけていただけると助かります特に400mL献血A型、O型を必要としています神奈川県外で献血いただいても力になります

実際、自分の住んでる神奈川県献血HPhttps://www.bs.jrc.or.jp/ktks/kanagawa/index.html )を見に行くと400mlの献血が足りていないことがわかる。

最近は忙しくて3ヶ月くらい献血に行けてなかったけど、今日は少し時間を作って近くの献血センターにいくことにした。

ここ最近はもっぱら成分献血をしていたけど、今日は久しぶりに400mlをお願いされた。

メールを見てかわからないけど、週末の午前中にしては結構人がいたように思う、自分ロビーに居た20分くらいの間にも3〜4人位新規献血をしに来てた人もいた。

こういっては悪いけど、みんなオタクっぽかったのがちょっと面白かった。

献血をしている人の割合は1:2でやっぱり男性の方が多い。しかし、男性の年齢層は結構高めで40〜50代くらいがボリュームゾーンになってると思う。

実際、ロビー20〜30代の人は友達とかを誘ってくださいっていうお願いのチラシが貼ってある。

もちろん宇崎ちゃんポスターも貼ってあった。でもオタク向けポスターはいつでも貼ってあるし度々来てる人はまたかって思ってそう。

前回来たときは私に天使が舞い降りた!のキャンペーン、その前ははたらく細胞だったと思う。

Googleで「献血 コラボ」とかで画像検索するとわかるけど、今までもめちゃくちゃオタク向けコラボしてる。

効果があるからやってるんだろう。

全血献血は早く終わるから楽でいいね

次はナースVtuberコラボとかしてくれないかなあ

2019-08-24

消えたい時は献血に行けばいい

人生2回目の献血に行ってきた。ついでに3回目の予約もしてきた。

昨日から今日にかけて、とりあえず献血があるから生きようと思った話をする。

昨日の夜、市販薬をわーーっと飲んで今日という日をぐちゃぐちゃにするつもりだった。

けど、ふと前回の献血後に今日の日付で予約してたことを思い出して、薬を飲むのはやめたほうがいい、と思った。(服薬3日以内は献血ができない)

私は普段、人との約束を守れない人間なのに、どうしてか献血の予約だけは守らないといけないと思っていた。

それは、センターの人が優しいひとばかりだったこととか、誰かのためにかに役に立っている実感があったこととか、物理的な痛みを得られることとか……いろんな気持ちが混ざりあっていたと思う。

どんな理由であれ、人生終われという気持ちを先送りにしたし、今日私はまた3週間後に献血をする予約をして帰ってきた。

献血がなかったら、私は今頃家か病院のどちらかで延々と泣き続けていただろう。

昨日に比べて心が晴れたわけでもないし、根本的に何かが解決するわけでもないけど、たまたまの予約が、今日という日を普通の日にしてくれた。

昨日の夜あんなに苦しかったのに、もう何もかもどうでもよかったのに、普通今日が終わろうとしているのが不思議だ。

この文章を読んで献血に行こうと思う人がいるとは思わないけど、献血はいろんなルールがあるので、ちゃんと調べてから行ってね。センターの人も教えてはくれるけど

月に2回できるのは成分献血なので、通いたい人は間違えないように気をつけて。

2019-06-21

コミュ障だけど献血しても怒られませんか?

コミュ障だけど初めて献血してきたので、他の皆さんの参考になればと思い、記録しておく。

もとより献血に興味はあったのだが、横目で見ながらも実に35年間、スルーして生きてきてしまった。

一応理由があって、幼い頃よりいろんな人の視界に入らないよう、縮こまって生きてきたせいか、体格がかなり小物であり、体重が50kgを上回ることがなかった。

体重が50kgないと何がマズイのかというと、献血界の花形である400mlに挑むことができず、200ml献血というちょっと少ない量の提供になるのだが、医療的には感染リスクを避けるため、できるだけ400ml献血のほうで賄うというルールがあって(例えば800mlの献血必要な人に400ml献血であれば2人から血液提供で済むが、200ml献血から提供だと4人になり、血液を介した感染リスクが高くなる)、200mlのほうは需要が少ないのだ。

から献血に行って、400ml駄目なのかよ、と残念がられたくない。やめてほしい、そんな目で見ないでほしい。なんか微妙雰囲気になってほしくない。もしかしたら怒ってボールペンとか投げてくるかもしれない(そんなことない)。という恐れ(という名の妄想から献血を避けていたのだった。

しか最近得た知識によると、献血バスでは200mlまたは400mlの献血(全血献血というらしい)しかできないが、常設されている献血ルームでは、成分献血というのがあって、これは体への負担が少ないので、男性45kg以上、女性40kg以上であればできるのだという(2019年6月現在情報です)。成分献血とは、簡単に言うと体から血を抜いた後、機械を通して必要な成分をより分け、一部の成分だけを抽出して提供し、赤血球とかはまた体に戻してもらえるので、貧血とか各種副作用になりにくいようだ。提供した成分はガンや白血病などの治療のための血液製剤に使われるらしい。

白血病というと、薄幸の美少女美少年イメージ脳裏にうかぶが、実際のところは50代以上の方への提供が多いらしい。まあそこは正直、残念なところではあるが、もしかしたら50代以上のおじさんでも子供か孫が美少女美少年かもしれないし、おじさんが元気になって美少女美少年が喜ぶのであれば、実質美少女美少年のためになっているわけだし、いちおう納得することにする。

まずは準備から

コミュ障なので、いきなり献血ルームには向かわない。事前によく調べて、会話を脳内シミュレーションしてからでないと、死のリスク社会的な)が高まるである

主に参考にしたのはこちらのページ。

日本赤十字社サイト。いわば献血公式。 

 http://www.jrc.or.jp/donation/

献血は怖くないし、ちょっと気持ちいい デイリーポータルZ

 https://dailyportalz.jp/kiji/140530164259

実際に行ってみる(横浜Leaf献血ルームへの行き方)

仕事休みが取れた金曜日の朝、献血ルームに向かった。

行ったのは、横浜Leaf献血ルームというところで、比較的近いのと、口コミが良さそうだったので選定した。

https://www.bs.jrc.or.jp/ktks/kanagawa/place/m1_01_02_detail.html

横浜駅についたものの、駅前大通り渡り方がわからなくてウロウロするという醜態さらしたが、おそらく横浜西口から地上に出て、左のナナメ前くらいにベイシェラトンに向かう歩道橋があるので、それを使うのが良いようだった。歩道橋を渡ったら2つのビルの間のデッキみたいなところに直結しているが、右側がベイシェラトン、左側が献血ルームのある横浜ファーストビルで、デッキからビルの2階に入れる。直結の入り口が見つからなかったら、いったん1階に降りてからビル1階の入り口から入れる。警備員さんがいたので、関係者以外にはタックルしてくるかと思って身構えたが、会釈されただけで問題なく入ることができた。

献血ルームのある14階でエレベーターを降り、入り口をおそるおそる入ると落ち着いたブックカフェのようになっていた。左側に受付コーナーがあり、にこやかなお姉さまが出ていらした。

自分「あの、初めてなのですが」

お姉さまかしこまりました。他のところで献血されたことはありますか?」

自分「あっいえその全く初めてです」

お姉さま「それではご説明いたしますので、そちらに座ってお待ちください」

チュートリアル

ここからパンフレットを使って、全体の流れの説明や、同意事項などについて一通り聞く。

全体の流れとしては、まずシステム登録したあと、今日献血して問題いか、少量血液を抜いて、チェックを行う。OKであればいざ献血となるので、針は2回ささることになる。

同意事項は、例えば、今日は激しい運動ができないが大丈夫かとか、フロは2時間後以降でなど。また、血液検査した結果をハガキで郵送してくれるが送ってもよいか?なども聞かれる。これは、ぜひお願いすることとした。

それから制限事項として、3日以内に歯医者さんで治療を受けたかとか、、海外渡航歴、過去に輸血を受けたことがあるかどうかなど。説明を聞きながら、はい、いいえと回答していく。

さらに、献血した血液は輸血や血液製剤のためだけでなく、研究に使われる場合もあるようで、これは拒否することもできるが、まあ医療関係研究が主なんだろうから、全部OKにした。

また、献血によって何か体調にトラブルが出た場合献血者のための救済制度のようなものがあるので、これを利用できるので安心してよいとのことだった。

ちょっと残念な会話になってしまったのは、お姉さまが「この後は急ぎのご用事などはないですか?」と質問になったとき、「この後」がどれくらいの時間なのかわからなくて「あっ夕方くらいに家に帰りたいです(※現在AM10時)」と言ってしまい、どう考えてもそんなに拘束される訳ないということに気づいて赤面してしまったが、お姉さまは穏やかな笑顔でやさしくスルーしてくださった。

この方を女神Aとする。

ここで衝撃の事実が判明したのだが、初めて献血する場合は全血献血(200mlまたは400ml)しか選べず、成分献血は2回目以降になるようだった。

というわけで、この記録は結局200ml献血の記録になってしまうのだが、初心者でもあるし、まずはチュートリアル付きのノーマルモードで一度様子を見てみて、問題なければ2周目以降でハードとかルナティックとか、ひいてはルナティック+に挑戦するのが私のプレイスタイルでもあるので、私としては特に依存はない。ただ、成分献血じゃねーのかよ!と思った方はすみません

ちなみに、200ml献血は初回の人か、年齢の若い人にしかやっていないということだったので、私はこのままの体重であれば、次回以降は必ず成分献血になるようだ。成分献血はやや時間を要する(トータル1時間半程度とのこと)ので、できれば予約したうえで、時間的に余裕のあるときにおこしください、とのことだった。

心配していたのは志望動機を聞かれることだったが、なかった(シミュレーション時は一応用意していた)。

一通り説明が終わると、住所氏名等を記入する用紙を渡されるので、記入して、免許証かなにかの身分証明書と一緒に渡し、システム的なのに登録してもらう。

登録中に、2分ちょいくらいのDVDを観るように言われる。さきほどのパンフレット説明抜粋のようだったが、大事ことなので2回言ったんだろうと思う。

DVDを観終わったら、次に静脈認証暗証番号登録するよう言われる。次回からは、登録カードに加えて静脈をピッとやるようで、静脈認証がうまくできないときのみ暗証番号必要になるようだ。

ここでタブレットが登場する。システム登録した情報が表示され、内容が正しいかと、再度、海外渡航歴などについての質問に「はい」「いいえ」で回答していく、きっと大事ことなので何度も確認するんだろうと思う。

入力がすべて終わったら、紙製のリストバンドを付けてもらうのだが、初回の場合はこれに加え、目印になるネックストラップを渡される。

しかし、周りを見渡してみると誰もネックストラップを付けていない。歴戦の勇者たちである初心者丸出しのようで若干恥ずかしいが、頭の中で

異世界に転生したひよっこ戦士が初めてギルドにきて、Lv1のギルドカードを作ってもらおうとするが、周りを見渡すとムキムキの戦士たちしかいない」

という光景がなぜか重なったのでまあよしとする。こんな感じなんだろうな、ギルドカード作ってもらうの。コミュ障異世界転生の前準備として、献血ルームに行くの、おすすめですよ。

次に、血圧測定と血液検査があるが、いったんロッカー荷物を預けて、無料飲み物などを飲んで少し待っているように言われる。

スマホマナーモードであれば持ち込んでOKで、通話通路でお願いしますとのことだった。

血圧と問診と血液検査

ロッカー荷物を預け、自販機の前でしばし逡巡し、アイスカフェラテのボタンを押した瞬間に呼ばれる。

女神Aは「飲み物持ったままで大丈夫ですよ!」とのことで、アイスカフェラテを片手についていく。

血圧測定・問診コーナーでは、血圧を測りながら、いくつか質問される。

「体調悪い感じありますか?」と、「消毒にアルコールヨードイソジン)を使いますが、かぶたことあります?」という程度だった。

血圧は上が105だったが、上は90あればいいそう。

そしてぐるっと裏に回って、別のコーナーで血液検査を行う。

ここでもイスがあって順番待ちがあり、前の人の様子を見ながらアイスカフェラテをちびちびやっていたら全部飲んでしまった。

隣のコーナーでは、歯医者にあるようなリクライニング式のイスに座っている人が献血しており、実際の様子を横眼で様子をうかがうことができる。

血液検査では、少量の血をとって、血液型の簡易検査と、ヘモグロビン一定量あるかをチェックしてもらう。

血液検査の方「両腕の血管をチェックして、良い方の腕は本番にとっておきますね」

左の方が微妙だったようで、左からちょっとだけ血を採られた。その場で、小皿二つに試薬が入ったセットみたいなものが出てきて、血液をポタンタンと垂らして、まずは血液型の簡易判定というのが行われる。

血液検査の方「この2つの薬は、それぞれA型と、B型に反応します。反応というのは、まぜてると固まりが出てくるんですね。あなた場合は両方とも固まりが出てますので、AB型ということですね」

自分「ほほう…」

血液検査の方「次に、後ろにある機械ヘモグロビンの量をチェックします。規定値がこれこれで、上回っていれば今日献血ができます

初心者マークをぶら下げているためか、一つ一つの動作を懇切丁寧に説明してくださるので、ちょっとした社会科見学のようで面白いし、安心できて良い。

無事、ヘモグロビンも条件をクリアしたが、氷だけになったアイスカフェラテのカップをちらっと見て「献血前は、飲み物はできればあたたかい方がいいですね。血管が細くなってしまうので」とのことだった。

初心者レベルが上がった。

検査最後に、ポケベルのようなものを渡される。献血用のリクライニングシートが空いたら、それで呼び出してくれる。

いよいよ本番にのぞむ

受付前のコーナーに戻り、今度はあたたかコーンポタージュを入手して飲んでいると、ポケベルが鳴り、慌てて手にこぼしてティッシュを求めてさまよう(ありました)。

事前に「飲み物のんでいたら、慌てずに全部飲んでから来て大丈夫ですよ」と言われていたが、脊髄反射で慌てる。

血液検査ときに見切れていた、献血のリクライニングシートがある場所に行くと、にこやかで優しげな看護師さんが出迎えてくれる。

靴は履いたまま寝そべっていいらしい。

リクライニングシートには一人一台、テレビがついていて、通販番組をやっていた。

リモコンが与えられるのでチャンネルを変えられる(しかコミュ障なので緊張してリモコン落としたらどうしようなどと思い、リモコンに触らず)。

看護師さん「これから3回消毒していきますアルコールと、アルコールと、ヨードです」

かつてないほど丁寧に消毒してもらう。

看護師さん「では消毒が終わりましたので、ひじを曲げないようにしてくださいね。曲がってほかのところにくっつくと、菌がつきますので」

このお方も懇切丁寧に説明してくださるので非常に安心感がある。いきなりブッスリやったりは絶対しないだろうと思う。

看護師さん「針が普通の針よりもちょっと太くなっています。これは、血球を壊さないようにするためです。なのでちょっと刺さるとき、いやな感じがあると思います。もし、しびれてきたり、痛みが強くなってきたりしたら言ってくださいね

まあ多少痛かったが全然問題なかった。針はさきほどの血液検査とは反対の腕に刺してもらう(いいほうの血管の腕)。

200ml献血は5分ほどで終わった。途中で「今、半分くらいですね」などちょいちょい教えてもらえるのと、テレビが目の前でついているので、それほど退屈ではなかった。

スマホを見ているのもOKらしいが、片手は動かせないので、落っことしたりしそうでポケットからさなかった。もしスマホを見たいのであれば、スマホリングストラップを用意していくと良いと思う。

両手使うゲーム機NGだろうな。

途中でテレビアンパンマンが始まったので、アンパンマン久しぶりに見るなーと思っていたら、「200ml取れましたよ~」と唐突に終わった。

よく献血したらスーッとする感じがするとか言われるようだが、自分はなかった。量が少ないせいかもしれない。

正直に言うと、なんか針刺さってたけど抜けた。という感じで、特に変化は感じられなかった。

そのまま5分ほどリクライニングシートで休憩する。巨大な砂時計が登場し、ひっくり返して5分測られる。砂時計久しぶりに見た。

休憩している間、針を抜いてシールを張ってもらい、しばらく押さえた後、包帯を強く巻いてもらう。包帯は1時間ほどたったら取ってよいとのこと。

ヨードを塗って黄色くなったところは、シールの外にはみ出ているところは拭いてもらえる。シールの下のところは、お風呂に入れば自然と落ちるとのこと。

血圧を再度測ってもらう。先ほどは上が105あったのが、97まで下がっている。まあ、血の量が減ってるから、圧がかからないんだろうな。

重い荷物を持ったりとか、あとバッグを腕にかけたりして腕を圧迫すると、内出血するかもしれないので、気を付けてほしいと言われる。

水分を取るように言われて、飲んだことのないスポドリをもらう(常温だったけどおいしかったです)。

最後にリクライニングシートから降りるとき、降りようとしたところに謎のフットコントローラーがあって、避けようとしたらふらついてしま心配されたが、フットコントローラーのせいであり体調的には問題はなかったのでそう説明した。

赤っぽいファイルをもらい、受付で渡すように言われるので、受付に戻る。

大事ことなので何度でも言うぜ

赤いファイルを受付に渡すと「しばらく座ってお待ちください」と言われるので、ソファに座ってスポドリを開けて飲もうとした瞬間、呼ばれる。何なんだこれコミュ障飲み物を入手した瞬間に呼ぶ決まりがあるのか。ないだろうな。すいません。すべて私のタイミングが悪いんです。ええ、昔からこうです。だいたいいつもなので。

ここで体調について確認された後、お風呂は2時間経過以降でとか、立ち眩みしたら頭からバーンと行く前に、しゃがむか横になれとかのサバイバル指南を受けるが、さすがに3回目か4回目の内容だったのでそろそろ飽きてくる。でもちゃんと聞いているとハーゲンダッツがもらえる。お味は受付の方おすすめの味が出てくるが、この味で大丈夫ですか?と確認してもらえるので、チェンジできると思う。そして、早い時間に来た人限定とのことで、袋入りのなんか高そうなドーナツをいただく。

最後に、登録カードをもらう。次回献血できる日付が書いてある(全血献血のあとは基本的に4週間のようだった)。10分ほど休憩したら帰ってよいが、初回の方はできるだけ30分程度休憩をとってほしいとのことだったので、スポドリハーゲンダッツいただきながらソファまったりする。

マンガ雑誌書籍が置いてあるコーナーがあったが予習にない行動をするとキョドる可能性が高くなるので、横目で見るだけで結局入らなかったが、そこそこ数がありそうだった。

座って、頂いたパンフレットを読んでいると、中に紙が挟まっており、これが最初説明を受けたうちの「輸血や血液製剤以外にも研究用に使うことがある」についての詳細のようだった。

裏面にびっしりと、研究課題記載されており、その中でひときわ気になったのが「ドローン血液を運ぶ研究」だった。

もし私の200mlが、病院製薬会社からお呼びがかからないようだったら、ぜひドローンで運んでみて、振動の影響だとか、高度の変化による影響だとかを調べていただければと思う(※選べません)。なんだったら落下事故を想定して、高いところから落としてぶちまけていただいても文句は言わない。

私の200mlの、今後のご活躍をお祈り申し上げたい。

2019-02-13

anond:20190213091716

結構人って勘違いを抱えたまま生きてるから

俺は馬鹿から成分献血って何故か骨髄から取り出してやってるんだと思ってた

2018-06-30

けんけつちゃん可愛さに初めて献血行ってきた

きっか

けんけつちゃん」が可愛かったから。ピーポくんしかマスコットキャラクターというのは本当に可愛い

感想

成分献血をした。血小板の数値がいい(お世辞だろうけど)と言われてなんだか嬉しくなる。

普通に刺された痛みはあったけど自分の体内から合法的に血が抜かれていくのを見るのは楽しかった。たくさんの人が一緒に抜かれているのでカブトガニに親近感を持ち始める。

めちゃくちゃ飲み物を勧められるので飲む。

包帯巻かれてなんだかテンションが上がる。

今後

メール会員になれば献血カードけんけつちゃんverにできるらしい。今のカードもかっこいいから変えるか悩む。

自分の血を誰かに役に立てたいという気持ちより「けんけつちゃんグッズ」が欲しいから行こうと思うのだが何回くらいすれば貰えるとかあるのだろうか。

不純な理由申し訳ないけど、けんけつちゃんが可愛くて大好きなんだ。けんけつちゃんのために私は献血をこれからしていく。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん