「本場所」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 本場所とは

2019-08-15

anond:20190815200336

一応番付なので、本場所のある月に合わせているのです

わかりづらくてすみません

2019-02-23

anond:20190222213414

大相撲本場所序ノ口から結びまでいれば、11時くらいから18時頃まで一日中いられる。飲み食い自由枡席は高いし気を使うので二階の椅子席がオススメ

2019-01-16

anond:20190116101526

いきなり1年くらい休業とかじゃなくて来場所については「調子を見ながら~」とか言うんじゃない?

まあ、そもそも完治に1年かかるような怪我したら選手生命自体が危ういと思うし、1年も本場所休んだら普通勝負勘が腐ると思うが…

2018-04-13

大相撲女人禁制批判無意味

男子だけの大相撲とは別に女子相撲競技として確立されていることを知らない人は多いのではないか

女子相撲が出来たのは1996年と、まだ20年弱の歴史しかない。マイナー中のマイナー競技であり、存在自体を知らない人も多いと思う。

しかし、女子相撲を知っている人だったら、大相撲女人禁制批判は、意味のない批判であることわかるはず。

これは、大相撲伝統が長過ぎて、いい意味でも悪い意味でも世間から目立ちすぎるんだよね。

1年に6回も本場所が開催されて、幕内以上の取り組みは毎日NHKによって全世界生中継される。

そして、本場所の合間には日本各地で巡業が行われる。

女子相撲の何十倍も注目されやす大相撲なのだから女人禁制伝統も、メディアを通して国民から注目されやすい。

大相撲公益財団法人であり、税金が投入されている、という批判もあるだろうけど、女子相撲協議を仕切っている日本相撲連盟も同じく公益財団法人からね。

しかも、日本相撲協会が公益財団法人認定されたのは2014年だから女子相撲はそれ以前から税金が使われることになる。

2017-12-25

大相撲問題で言いたいこと

正直連日報道される大相撲問題責任追及とか協会とか親方とかどうだっていいです。

(他の重要問題報道させないための隠れ蓑にも見えるし)

にわかスー女として巡業とマスコミに色々と言いたいのでこの場をお借りしました。

暴力問題の発生原因の一つに巡業の多さもあると思います

遠方や被災地などの地域での開催はいいとして、今年の東京での巡業はやりすぎだと思いました。

多くの力士が怪我をする一因でもあります

9月場所で人気の横綱大関が休場している中、日馬富士テーピングをして一人で頑張っていました。

優勝決定戦では泣きそうになりました。

その後同じく十両で優勝した安美錦と共に優勝パレードに参加している写真は、個人的には新聞の一面に載ってもおかしくはないと思いました。

彼が日本人なら一面だったかもしれません。

その後別の形で日馬富士のことが一面に載ったのは心底辛かったです。

良いことよりも悪いことを声高に叫ぶ日本の嫌な部分を改めて感じました。

もちろん暴力問題犯罪ですが、力士への風当たりが強い時に巡業先が全く知らんぷりなのも嫌です。

青学場所お台場場所kitte場所東京開催がやたら多く、散々宣伝のタネにしていた割には考案者の誰一人声を挙げないところも最低だと思っています

これまで力士たちにお世話になっておいて、見捨てるようでいて辛いです

マスコミの手のひらの返し様にも呆れています

力士客寄せパンダではありません。

本来神聖存在です。

彼らは命懸けで土俵に上がっています

大事なのは何より本場所です。

神様の宿るとされているならば、その力士たちをまずは大事にするような体制にならない限り、悲しい事件はこれからも起こると思っています

私はもうこんな事件報道も見たくありません。

2017-11-16

anond:20171116152937

どの情報が正しいのかイマイチわかっていないんだが、

テレビで見た診断書

「脳振とう、左前頭部裂傷、右外耳道炎」

と、

「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑い」

なので、

脳震盪起こして、皮膚が切れた。おそらく、右耳当たりを切ったんじゃね?

と言うところまでは確定でいいと思うんだが、

中頭蓋骨骨折して髄液漏れいるかは、疑いでしかない。

ただ、その後の報道見てると、骨折と髄液漏は疑ったが違った、という印象を受ける。

マスコミ意図的被害が大きいようにアピールしている印象が当初からある。

一方で、貴乃花親方はおそらくそこまでの大怪我じゃないことをわかっていながら被害届を出しているわけでこいつも曲者

酒の席で酔っ払って殴って右耳のあたりが切れた

そんな感じなので、相撲本場所より大した事ない怪我だと思うんじゃないか白鵬含め、周りにいた人たちは。

2015-11-17

大相撲には格闘技部門

白鵬ねこだましダメ押し日馬富士のきたなさ(ズルいという意味ではなく)、鶴竜の変化、もう大相撲部門から分けて格闘技部門を創設すべき。

こういう批判がでない力士大相撲をやればよろしい。

本場所のあとの2週間を割り当てれば(2月4月、とやってもよい)、場所数も増えるし大相撲価値観にそぐわない力士たちものびのびやれるし悪いことないと思うのだが。

変化、ダメ押しガッツポーズやりまくり。巡業で交流戦もやればいいし。人気も出そう。

2011-03-18

もし大相撲大阪場所を開催していたら

もし八百長の発覚といったことがなく、

通常通り大阪場所が開催されていたら、

いったいどうなったのだろう。

3月11日はもろに本場所の6日目だ。

大阪で開催だから、多少の揺れは感じたものの、進行にはほぼ問題はない。

午後2時46分といえば、十両の取組が始まった頃か。

取組をいったん中断するものの、そのまま続けようとしたのではないだろうか。

そのうち東京から連絡が入り、尋常な事態ではないことが明らかになる。

このあと残りの十両の取組、そして幕内の取組。

力士親方衆、行事、呼び出しなども、東京に残る家族が心配になる。

東北実家のある力士も多かろう。

電話はどんどんつながりにくくなる。

その日の取組を終わらせるべきかどうか。

観客席は埋まるにはまだ早い。

このまま終わらせてもさほど混乱はあるまいが、

なんとなく、そのまま最後まで取組を終わらせたんじゃないかな、と思う。

日大阪にいたわけじゃないんで、

実際のところ町の混乱がどの程度だったかわからんが。

次の問題は、7日目以降をどうしただろうか、ということ。

さすがに翌日土曜日の取組は難しかったにせよ、

日曜日以降は日にちを繰り下げて、その翌週に平日千秋楽スケジュールで続けたのではないか

昭和天皇崩御の時に初日を繰り下げて開催した例もある。

電力、物資に全く問題のない大阪で、

被災者を少しでも元気づけたい、という理由付けで。

被災してないところは、普通暮らしが大事、とか。

だとすると、今日時点はま本場所真っ只中だ。

世間の雰囲気も、少しは違ったものになっていたのではないか

そうだとすると、先ごろの八百長の発覚は、今さらながら残念だ。


プロ野球を開幕するかどうかでもめている。

普通暮らしが大事というのも一理ある。

しかし、首都圏はま普通暮らしに戻れる状況じゃない。

被災地楽天だけでなく、首都圏に本拠地のあるチームは、

一時的に西日本を仮本拠にするという考え方が、魅力的に見えてしまう。

入場券の取り扱いの問題などを考えると、

現実的にはとてつもなく難しいのだろうが。

2010-07-09

http://anond.hatelabo.jp/20100709144924

元から相撲協会の犬なんだから相撲協会の都合の悪いことを言うわけないじゃないか。

本場所は絶対開催すべき!NHKは中継すべき!とは言ってた。

相撲中継中止なんてもう受信料払わない!とも(笑)

2008-08-19

若ノ鵬逮捕についてちょっと

ロシア出身の若ノ鵬は素行の悪さで有名だった。5月の夏場所では、敗れた腹いせに支度部屋の風呂場の棚を殴打して破壊。審判部から注意を受けた。6月のロサンゼルス巡業では会場へ向かうバスの集合時間に遅れ巡業部から厳重注意を受けていた。また本場所の出番前の支度部屋でヘッドホンから大音響音楽を流すなど、常識を逸脱した行動が目立っていた。

http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2008/08/19/01.html

まあ負けてロッカー殴ったとか、バス遅刻したとか、ウェイティングルームではヘッドホン爆音で集中とか、

格闘家としては」

常識の範囲内でしょう。大麻服用者を狂人に仕立て上げようとしたけど大したエピソードも得られずグダグダになってる感。

やっぱりたぶん彼らの認識としては「出稼ぎ格闘家」なんだろうね。格闘家が痛みを和らげるためにアルコールその他の薬物に頼るのはよくあること*1。ましてやカフカスのど真ん中、北オセチアの出身となれば。

そう。「彼ら」は北オセチアから来た格闘家達。

露鵬白露山兄弟、いとこ同士の若ノ鵬阿覧。そしてルスラン・カラエフアラン・カラエフもいとこ同士だ。

北オセチア共和国。場所はわかるかな? Wikipedia南部連邦管区またはカフカースを見てもらうと確認しやすいんだが、中央アジアコーカサス地方チェチェンのお隣、停戦したんだかなんなんだかの南オセチア自治州グルジア)はもちろんお隣どころか同民族の異国家だ。

ここに住むのはオセット人。古くはかの悪名高きスキタイの血を引き、モンゴル帝国でも外国人部隊として大活躍した、尚武の誉れ高きイラン系山岳遊牧民族

南オセチアはいまだ(公式には)グルジアの支配下。北オセチアチェチェン攻略、南オセチア紛争でロシア軍重要駐屯地となっている。カフカス地方はなんだか20世紀極東のようだね。はあ。

そして中央アジア周辺といえば麻薬だ。パリの国際麻薬監視団によれば「中央アジア諸国の農民の月収は 5 ドルしかなく,半数は貧困脱出のために麻薬生産に従事してい」るとのことだし、国際麻薬統制委員会1999年レポートによれば「中央アジアカフカスでは、不法作物の栽培、および、ヘロインをはじめとする薬物の密売と乱用が急速に広がっており、犯罪件数も増大している」。チェチェンじゃ、民族派の車に警官ヘロインを仕込んでしょっぴく、なんてこともあるとか。誰が搾取してんのかね。

っていうかそもそも大麻コーカサス地方原産。

あっちのほうの紛争地域ばっかり旅行するのが趣味大学の先輩がいたが、いわく「コーカサス地方の国によっては大麻煙草よりライト嗜好品」だそうで。あんまりおれもハッピーピースなヴァイヴスな大麻推進派じゃないほうだけど、少なくともヘロインコカイン覚醒剤と同等に考えるべきモノでもないことぐらいは知ってるよ。

体一つで言葉も通じぬ極東へと出稼ぎをせざるを得ない中央アジアの戦士たち。

麻薬ゴロゴロしてる戦場で暮らさざるを得なかった兄弟たち。

そしてまたロシアの草刈り場となった故郷、そこに残した愛しい祖母を思う従兄弟たち。

個別の罪を減ぜよと言うつもりはないけど、叩く前に少し想像してみることがあってもいいんじゃないかな。

サイゾーがしつこく書いてる嵐の大野は正直どうでもいい。

##

*1) id:Midasさんの指摘によれば食欲増進のためではないか、とのこと。そっちのがありそうですね。8/20 13:00追記

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん