「非正社員」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 非正社員とは

2020-01-20

自分非正社員)が働いてる会社に友人が正社員で来るかも。

すげえ嫌だし嫌だと思ってる自分も嫌だー

2019-11-01

anond:20191101090732

それらに女性が多いのも、そういう女性子供を産むと非正社員になるのも、男女差別が絡む話だろって話だが…

あとそれらは別業種から回って来る女性も多いけど、それも差別が絡む話だから

子供を産んで独身時代からやってきた仕事首になる→

「子持ち既婚女性」という属性被差別属性なので、飲食介護と言った待遇の悪い仕事しか雇って貰えない、という。

正社員が足りないのなら正社員にすればいいじゃない

ってブコメばかりだな

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/this.kiji.is/562540364875777121

正社員不足が目立つの宿泊飲食サービス医療福祉の業種。

これらは女性が多い&正社員であれば夜勤がある職種

でも女性の多くが子供を産むと夜勤が出来なくなって正社員を続けられなくなる、ってだけの話。

非正社員正社員に登用したくても拒否されるんだよ。

ほんと現実分かってない。

母親けが育児を担う文化が変わらなければどうにもならないだろうけど、そこは一企業が変えられる所じゃないからね。

2019-10-08

anond:20191008221031

コンビニ非正社員労働生計を立てる人間にとって副業抜け道になるのには条件がある。

副業できるだけのリソース(時間、体力、能力、金、図太さなど)を持っているか

②その副業労働所得資本所得か。労働所得なら出来高制か。

コンビニ店員生計を立てている人間そもそも①を満たせない場合がある。①を満たせても副業労働所得時間労働を選んでしまうと厳しい。ベストなのは資本所得。次いで、出来高制の労働所得。その次が高収入時間労働所得。そういう仕事が望ましいが、それらの道を選べる人間、そして継続できる人間がどれだけいるんだろうか…

もちろん個人増田の言う抜け道を使えるなら使うべきだが、個人努力を超えたところにある政治やら社会やらも変わらないと、救われる個人の数は極めて限定的ものになるだろう。そして日本全体の沈滞に拍車がかかる。

社会に関して言えば、例えば時給900円のコンビニ店員がちんたら仕事していても、「そりゃそうだよね。こんなところで安くこき使われるんじゃなく、なるべくちんたらやって体力・精神力温存して、副業じゃんじゃんやって幸せになってよね。」とか、あるいはもっと単純に、「時給900円の仕事ならこのクオリティで充分だ。」などと思えるメンタリティ人間が増えることが大事

anond:20191008214837

その通りだと思う。

経営者投資家正社員非正社員技能実習生

こんな感じで社会階層が分断されて、階層間での差別意識的無意識的に当然視されているので、下の階層のままいくら努力した所で頭打ち階層を飛び越えないと待遇改善されない。しかし、そのハードルが上がる方向に進んでいるのが今の日本

2019-09-01

プロ倫

プロ社畜倫理資本家の高笑い

という言葉が思い浮かんだ。プロレタリア革命するわけでもなく、猫も杓子もおとなしく社畜して、社畜同士は正社員非正社員とにうまいこと分割統治され、搾取されているのに国や企業批判の矛先が向かないようになっている。そういったことに気付いているのかいないのか、ともかくもへいへいと働いて少しずつ貧しくなっていく。そんな日本人精神構造日本社会構造経済関係を誰か分析してみてくれないか

2019-05-28

Fなんとか社の賃金未払での炎上の件、俺も元中の人(非正社員業務委託)だから色々言いたいけれど、特定されかねない垢で書くと怖いからここで吐き捨てることにする。

信じるか信じないかは読む人次第。

 これは中の人に聞くと大体同意してもらえると思う。

 たまに社長室ではなくオフィスで大声を張り上げて詰めていることがある。

 気分が悪くなるからやめてほしかった。

 気分が悪くなるから(ry

  • 元中の人の暴露垢的なやつが2つぐらい出てくるけど、多分どっちも本当のことを書いている。全てを知っているわけではないが、覚えがあることが多数。

 経歴(社名は出してないが)と顔出してそのことに触れつつ両垢と絡んでるアカウントもあり、信憑性はかなり高い。

 少なくとも、あの会社社長ならそれぐらいのことはやるだろう、という認識共通して持たれている。俺も持っている。

 もちろん全員ではないが、俺が関わった社員の人は8割ぐらいはこいつ無理だなと思う要素があった。

 「ゴミだな」が口癖の社員とか、Slackでよその勉強会イベントケチつけまくってるやつとか。

 この社長にしてこの社員ありなんだな、と感じざるを得なかった。

 繰り返しておくと、もちろん全員ではない。

 一方で業務委託で入っている他の人は穏やかな人が多かった。

 仕事内容とチームにもよるかもしれない。

 契約時間契約だったが、時間上限まで余裕があると「もう帰るの?」と平然と言ってくる。通常よりも上限が高い契約をしてくるくせに。

 また、土日に平然と業務電話をかけてくる(もちろん緊急の場合はやむを得ないのだが…)。

 そればかりか、契約終了して抜けた後も電話をかけてくることがしばしばあった。平然とそれをやる神経が信じられない。

 社員スケジュールを覗くと、23時以降に定例会議が入っていたりする。

 上記のとおり、土日に平然と業務電話をかけてくるので土日も仕事してるのはガチ

 また、深夜作業をした社員が翌日の9時に当然のように出勤する。

V○rkersに書いてあった平均残業時間(150h/Mくらい?)はガチだと思う。

残業時間が長くて口コミ評価が高いのは高い評価強要されてるか、宗教から、かどちらか。

俺はもし強要するなら残業時間の方も短くさせると思うから後者だと思う。

ポジティブレビューでも労働時間が長いことはあまり否定されていないのがポイント

社員労働時間がクソ長いからきっと裁量労働制か何かなんだろうと思ってたけど、ちゃんお金払ってんのかなあと思ってたら案の定払ってなかったんだなあ。

個人的には社長も嫌いだし会社自体もクソだと思ったか製品が伸びても嬉しくないし、早く会社に痛い目を見てほしいと思っていたから、今回の騒動を見たときについに表沙汰になったか、と思った。

2019-03-14

anond:20190313130619

正社員に憧れ僻んでいる非正社員というのは良く分かったw

2019-01-21

ZOZOTOWN非正社員比率は67%」

という記事を見たけど、ZOZO利用者って意識低そうだから100万円プレゼントとか「前澤社長ぱねーっすw」とリスペクトして、ブラック企業度が高いとか指摘されても何が問題かもわからなそう。

2018-12-13

anond:20181213204341

何が言いたいのか分からん

ボーナスなんてあるわけなくない?

から無いって言っているじゃん。

正社員 vs 派遣非正規の構図でボーナスの話がよく出るけど

から話が始まって、

派遣社員ってボーナス無いの?

自分から疑問を呈しておきながら、

ボーナスなんてあるわけなくない?

っていったい誰と戦っているんだ?

ちゃん世間では分かっているのか?と言いたいのかもしれないけど、正社員からボーナスが出るし、非正規からボーナスが出ないというのは(もちろん、どちらも絶対では無いけど)皆知っている事だろ。

あと派遣社員の多くは、日雇いでは無いけど、非正規だな。

正社員非正社員かだったら、バイト派遣社員も非正社員側だけど、

アルバイト派遣社員は区別されることがほとんどだと思う。

2018-06-06

女性の方が生きやすいとかほざく男は、その洞察力の無さで弱者男性

たまに、この社会で女のほうが楽だとか言う男を見かけるけど、その頭の悪さに目眩がする。

そんな、頭の悪い男共が支配してる社会にも目眩がするけど。

政治家に男ばかり、経営者にも男ばかり、女に権利が与えられていないにも関わらず、家事育児をやりつつ仕事しろ職場無能な男の面倒もみろと、責任ばかり押し付けられる。

男前提の正社員、女前提の非正社員という性差別に基づいた身分格差があり賃金格差があり、大多数の女性非正社員立場低賃金搾取されている。

それゆえ、職場で、無能な男、だけど正社員で高待遇という存在を目にし、正社員と同じような勤務日数で同じような業務をしている有能な非正社員女性非正社員から低賃金、という矛盾を日々目にする。

男というだけで正社員へのハードルが低く、経済的に自立しやすい、その特権無自覚で、誰にも咎められないからといって無能でやる気のない自分を隠そうとしない、文句をつける人間がいないからといって好き勝手振る舞う、クソ男ども。

女のほうが生きやすいとか言う男共も、そういう無茶を言ったところで文句をつける人間がいないから、男にとって都合の良いことは男社会では支持されるから、堂々とそんな無茶をひけらかせるんだよな、男尊女卑社会からそういう発言をできてるのに、女のほうが楽だとか、滑稽。

日常生活をしてて、見かける人間の非対称さ、好き勝手振る舞う男共と、萎縮したり緊張したり卑屈になったりする女の非対称さに、ストレスが溜まる。

男だからという理由だけで、偉そうに振る舞う人間の多さ、女だからという理由だけで卑屈になったりする人間の多さ、社会生活をしてたら、その非対称さが目に入って、女尊男卑だなんて発想にならないだろうけど、そんなことを言ってるのは引きこもっていて社会と接点がない男だろうから、仕方ないのかな…

現実を見ろよ、と言いたい。現実を見れず、自分能力のなさで弱者男性になっているのにそれを女のせいにしてる、救いようのないやつら。

この社会で女として生きる大変さの続き。

男尊女卑社会で、認知の歪みを抱えた男共の相手をするストレス

自分たち男は家事育児をしなくていいという甘えた夫の相手身の回りのことだけでは飽き足らず職場で俺の機嫌取りをしろというクソ男の相手(色々な職場経験してるけどクソ男がいない職場ってない。男が1人だけでもその1人がクソだったり、複数人いたら誰かはクソだったり、男は全体的なレベルが低すぎる)、自分自分の機嫌を取れないか女子供八つ当たりしてくる(痴漢暴力)人間相手ネットで声が大きい女を逆恨みしてる男共の相手

家庭も職場電車ネットも、どこにいっても、加害してくる男共がうようよいて、気が休まらない。

女に甘えて、大人になりたがらず、いつまでも子供のままで、僕の面倒をみてと甘えてくる男共。

恋人や夫、職場の同僚、電車痴漢やすれ違いざまの暴力男、ネット痴漢ども…

これほどまでクソ男に溢れてる社会で、クソ男に囲まれて生きざるを得ない女性の方が楽だとか、よく言えるな、ほんと。

こっちは男なんて必要ない、関わってくるなと思って生きてるのに、ネット痴漢をしているような男共は、女が嫌いと言いながら、わざわざ女に絡みにくるし。

嫌いなら関わらなければいいのに、絡んできて、気持ち悪い。

あとはまぁ、よく言われること、

セクハラを含めた性犯罪矮小化される

・男の性欲が肯定されすぎてポルノに溢れている、なのに性教育おざなりから乱暴セックスをする男が多い

・男の不倫非難されないなど、男に甘い文化

・女だけ見た目を評価される男尊女卑文化のせいで、キモい見た目の男が多く、そんな男共に見た目を評価されるおぞましさ

この社会で女として生きることがいかに大変か、挙げるとキリがない。

個人的に、賃金格差とクソ男に囲まれて生きることが、一番耐え難い。

すれ違いざまに暴力を振るってくる、ぶつかり男や痴漢も女に甘えてるし、女の方が楽だ!俺たちは大変なんだ!と男社会と戦わずに女叩きをしてるようなネットに多い非モテ男も女に甘えてるし、職場にいて目にする、無能でやる気もなく下の立場人間にだけ偉そうな典型的なクソ男も女に甘えてるし(そいつは妻を専業主婦にしてる、自分のことを自分でできない典型的日本のクソ男)どいつもこいつも、女に甘えすぎ。

女になんとかしてもらおうとするな、自分の機嫌は自分でとれ、甘えるな大人になれ、日本の男ども。

2018-04-13

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.asahi.com/articles/ASL4C3SMJL4CULFA00B.html

元々の正社員待遇が高すぎたんだろう、と言う発想にならないのは何故か。

非正社員を不当に低い待遇にする事により、正社員の高い待遇を維持していたわけだし。

2018-02-23

「定年前に死ぬしかない」「安楽死法整備されること望む」将来を悲観する非正社員

https://dot.asahi.com/aera/2018022000055.html

これはわかる。

俺も結婚して、奥さんは5年後に死亡。

公務員だったか保険金退職金がどかっと入ってきて、遺族年金もでる。

それで老後の見通しがついたけど、結婚してなかったら自分年金は月10万弱だもんな。

しかも65歳以降で。

絶望するしかなかったわ。

2017-05-20

最近目にする「自己肯定感が低い」というワード

今はインターネットを中心に、それに該当する人間を中心に議論が行われている現状だが

このまま行けばテレビとか大手媒体で取り扱われ、いわゆる「一般人」の人口膾炙する可能性が大いにある。

略称付きで。「ジコテー」とかそんなので。

かつての「ニート」が歩んできた道だ。

無職」「プー太郎」「ヒモ」「脛かじり」などの概念統一した、あの言葉だ。

その影響は凄まじく、「引きこもり」「フリーター」果ては「非正社員」という定義が違う人間ですら「ニート」と呼ばれる始末。

そこで危惧されるのが「自己肯定感が低い人間」への差別

かくいう私も「ジコテー」な人間で、自分への評価が低いのを加味して、それでも分かる「イライラする人間」感。

「何だコイツ、うじうじしやがって」「はっきり喋れや」ということを思われてるんだろうなとおもう毎日

そんな折に「自己肯定感」なる言葉が出てきた際には、私みたいな人間は袋叩きに合うだろう。

社会人失格」「何で生きてんの?」「表に出てこないだけニートの方がよっぽどマシ」

逆に「ニート」より軽症だと思ってるからこそ、「叩けば治るテレビ」程度にしか思われないと

今度は「努力が足りない」「自己責任」などと言われるハメに。

ニート」同様に生活環境、生育環境に依る事が多いと考えている「自己肯定感

(と、私は考えている。無論自己責任の部分もあるだろうけど、多少、いや幾分、もしかしたら大分

なかなか治すのは難しい。

解決法もなく、ただただレッテルがさまよう世の中へ。

我々「ジコテー」への弾圧は、もう近い。

2017-02-15

http://anond.hatelabo.jp/20170215224156

正社員になる事をどう考えているかによると思います

てか、無理に正社員になる事にこだわらず、非正社員生計を立てる事を将来、老後まで続ける事が出来るような道を模索する方が早いかも知れません

具体的にどうすればいいかは、ちょっと分かりませんが、そういう生き方が出来ている人は少なからずいると思います

2017-02-14

東村アキコって割と周りのこときちんと考えてるんじゃないか

東村アキコが周りに不快感を及ぼしていると言う意見を見たので書く。

私は東村アキコは周りをネタにしつつ笑いを取りつつも結構周りのことを真剣に考えてると思う。

東村が周りのことを真剣に考えてるなと思ったきっかけがヒモザイルだ。


当方30代中盤正社員として勤めて結婚しているが

30代になるまではアシスタントヒモザイルたちとほとんど同じ状況だった。

東村友達ヒモザイルたちに対して「あんなのになったらどうしよう」と言ったらしいが

あれは別に特別なことではない。非正社員の男に対する世間一般評価あんものだ。

何度就労先や恋人から似たような言葉を投げかけられたことか。数えればきりがない。


「男の派遣社員なんてまともな人間じゃないからな。」

派遣社員とは結婚なんてできないよ。」

「また契約社員犯罪か。お前も犯罪に走るなよ。」

「きちんとした仕事についたら結婚してあげてもいいわ。」


ちなみに正社員としてそれなりの待遇になると周りは掌を返す

世間はそう言うものから仕方ない。


ヒモザイルメンバーに対してもはてなのみんなも内心は

「後10年もしたら人生詰むな」と思ってるだろ?


それは実際間違いじゃないし、10年前にフリーターをやっていて

そのままやり続け人生積んだ人を多く見てきた。

ヒモザイルの中から超ヒット作を出すような才能が現れるかもしれないが

半数以上は確実に嫁なし、金なし、未来なしになるわけだ。


高収入の女の婿として生きる道があるならそれでもいいじゃないか

どうせ代案なんてほとんどないんだから

このままいけば人生詰む人たちに生き残れる可能性のチケットを渡すことがそんなに悪いことだろうか?


ヒモザイルたちを救うためにヒモザイル再開を願う人達

清きブクマを下さい!

2016-12-16

から非正規にも賞与支給してるんだが

非正社員にも賞与を」政府指針案 同一労働同一賃金朝日新聞デジタル

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASJDH5WKXJDHULFA02T.html


賞与1000~5000円で。製造請負で有名なあそこ。

最大の利益を上げた数年前も5000円。(社員はウン十万とか貰ってた)

労働組合権力もっと強くして要求できるようにしないと意味ねーよ。

2016-01-05

1億層経営者になればいいのに…

正社員非正社員の違いを無くすだけじゃなく、

雇われ人と経営者の違いも無くなればいいのに。

一億人起業家になるの。雇用という法律破壊して。

これまで雇われていた人も、経営者と同じように投資して、リスクを負って、同じだけ働いて、同じだけの責任を持つ。

全員経営者意識になるフラット社会。これで雇用問題は解決じゃない?

なので、みんなが個人経営者になる社会法律

制度設計すると良いと思うの。

2015-11-15

産休取った正社員一年後また産休

もう一人も正社員じゃないが、産休が取れて、一年後また産休

仕事押し付けられてかれこれ3年巻き込まれ中。

こいつらが戻ってきたら人が多いってことで辞めさせられる非正社員の私。

2015-11-05

非正社員が増えているというけど

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.asahi.com/articles/ASHC444RSHC4ULFA019.html

定年退職者をパート再雇用している訳だから当たり前だよなーこれ。

経験豊富定年退職者の方が新卒より使えるしね。

あと共働き家庭も増えてるしね。パート主婦は金はあるけど暇潰しで短時間働きたいだけだから正社員になる気はない、って人も多い。

専業主婦だと外聞が悪い時代になったのもあるしね。

2015-09-27

男は25すぎたらクリスマスケーキ、25すぎて非正社員の男に殆ど価値はない。

自分世界大企業正社員として勤務してそれなりの給料がある。


ヒモザイルの件である奥さんが30近いアシスタントをみて

あんなになったらどうしよう」と発言した事に批判が集中しているが

インターネット一般常識とかけ離れてるんじゃ無いだろうか。

世間一般の非正規30間近の男に対する見方を紹介しよう。


・女の価値24歳まで25歳すぎたらクリスマスケーキと言われるけど非正規男も25過ぎたら価値は無いよな。

・男の非正規って犯罪起こしそう。

・30近いのに非正規やってる男ってロリコン気持ち悪いアニメばっかりみてるんでしょ?

非正規無能のくせに、正社員に向かって何口答えしてるの?

・うわー、また非正規犯罪起こしたよ。次はうちの非正規犯罪おかすかもな。お前は起こすなよw



複数の人から話聞いてるから、決して偏った意見じゃない。


ちなみに自分は30近くまで非正規として働いていた。

問題起こさないようにおとなしめに振る舞ってたか

こいつには何言っても良いと思っていいたい事言いまくる人が多かったんだろうな。

さっきの意見はその時に聞いた話だ。犯罪者扱いされた事も何回もあるし、

同じ非正規の男が犯罪者あつかいされてるのも何回も聞いた。


普通ヒモザイルに出てくるアシスタント世間一般からみれば犯罪予備軍

この先の人生真っ暗なんだよ。近い人生経験たから良くわかる。

非正規ときの同僚非正規は今も非正規20歳そこらの正規社員若い奴にあごで使われてる。

こんな人生しか無いんだよ。25過ぎの非正規には。


ヒモザイル批判してるやつは他にこいつらを救ういい方法あるのか?

対案を出さずに東村アキコ批判するのは身勝手過ぎると思う。

何もせずに批判だけするより、動いている分彼女は頑張ってると思う。

2014-12-12

http://politas.jp/articles/262

女であっても、出産しなくても、正社員じゃなくても、病気でも、生きていていいのだと、自分社会の一員なのだと思いたい。

AVライターなんて男であっても社会から疎外されてる感がある仕事だと思うけど。

そもそも自営は正社員とか非正社員とかそういう枠とはまた違う仕事だと思うけど。

女性が輝く日本へ」と言われても、男性社会の中で「女性」という異邦人として扱われ続ける限り、女には、「女として」輝くことしか許されない。

そりゃAVライターなんて超男性社会で当たり前の業界にいればそういう扱いになるだろと思うけど。

他のAVライターより遥かに目立てて、AV業界以外でもそこそこ知られる程度になれたのも、

AV自体斜陽になって仕事が減ってからこじらせ女子」売りに転身出来たのも、「女性」を利用したからでしょ。

こいつが男性だったらとっくに潰れてるよ。

言ってる事自体普遍的な事だけど、この人が言うと自業自得だろとしか思えない。

2014-11-05

http://anond.hatelabo.jp/20141105145657

格差是正したいなら最低賃金いじったところでたいして改善なんてしないよ。

日本格差の主因って高齢者でしょ。持ってる高齢者と持ってない高齢者格差、その数の多さが日本格差の一番の原因なんだから

高齢者間の資産配分方法の見直しをしようって言うならわかる。

正社員非正社員格差ってのは若いうちはほとんど問題にならない。

もちろん、そういった層が今のまま高齢者になれば今の高齢者と同じように格差が出るわけだけど、とりあえず目下最低賃金をいじった所で

格差が解消するなんてことはない。

2014-08-16

30歳から34歳が受けた心の傷

30歳から34歳という年齢は、有効求人倍率が1を割った就職氷河期のピーク時に卒業の時期を迎えた年齢とドンピシャだなぁ。

当時就職がうまく行かなかった人は、自分に自信を無くした。自分が劣っているのだと思った。周りの人もそう思った。世間も「景気が悪い」事はわかっていたけど、それがどの程度なのか把握している人は殆ど居るわけ無くて、もちろん有効求人倍率がどんな事になっているのかを知らない人も多かった。上の世代にも下の世代にも、就職できない駄目な奴という視線を浴びせられた。ほんの数年生まれるタイミングが違っただけで、同程度の努力をした人でも就職できたのに、今この年齢の人たちは当時就職できなかった。そして企業新卒採用するので、最初タイミングで躓いた人はもう就職希望はほぼ途絶える。

やっと今になって、今この年齢の人たちが受けた心の傷にも注目が行くようになった。仕事をするという事へのトラウマーです。社会コミットするという事へのトラウマーです。すこし注目されたとしても、助け舟は出ません。政府対応もままなりません。殆ど世代には関係の無い話、ひとごとですからね。ホームレス対策で段ポールハウス撤去するかのように、ネットカフェへの規制を強めるぐらいしか対応できません。

就職できない。周りからは「努力不足」と切り捨てられる。そんな人たちにとって生きる方法の一つが引きこもりで、親を脅してでも養ってもらうことでした。ある意味でたくましく生きていると言えると思います

他の世代が受けられた社会的恩恵よりも、ずっと低い生活覚悟すれば、仕事は無いわけではありません。しかし、上の世代と比べても、下の世代と比べても、同程度のレベルの人が正社員暖かい家庭やマイホームを築けていても、同じぐらい、いや、それ以上に努力しても、この世代の人たちにはそんな仕事はなかった。派遣日雇い労働して狭い部屋で独りで暮らすか、実家の親に養ってもらうか、そういう選択だったのです。

生活水準を大きく落とすというのは、精神的に苦痛を伴う難しい事です。もちろん、そうしてしっかり生きている人もたくさん居ます。そうできなかった人もたくさん居ます。それが引きこもりが極端にこの狭い世代に集中しているという事です。

程度の低い暮らしをしていると、他の世代からは、その程度の人間だったのだなと見られます。年齢を確認して、有効求人倍率の数値を把握して、しかたの無かった世代なのだなと考えてくれる人は少ないと思います引きこもりに対する目線もそんなもんです。

世間は厳しい。特に今30歳から34歳という年齢の人に対して厳しかった。今も厳しい。世間容赦なく駄目人間を見下す。この世代もひっくるめて駄目人間を見下す。それがどれだけ苦痛でつらい心の傷になっているかなんて、他の世代にはわからない。戦中世代であれば同情もされただろうに、この短い期間に起きた出来事は、ほかの世代には実感としてわかりようが無い。新聞ひきこもり事件を目にして「困ったわねぇ」とつぶやくぐらいにしか関心は無い。

当時インターネットが家庭に急速に普及した時期でもありました。お互いの心の痛みを癒しあえる仲間と繋がれるインターネットに皆逃げ込みました。インターネットを使った就職活動をしても、何を遊んでいるんだという目でしか見られなかった。

ひきこもりでなくても、正社員になれないで非正社員が多いのもこの年齢の人たちです。労働法改定派遣労働が急に増えました(*1)。企業正社員を採らないようにしたので、あぶれた人たちの受け皿として役に立ちました。近年報じられるように、派遣労働実態は単なる劣悪な労働環境です。うたい文句は新しいライフスタイル、自由の選択、そういった物でした。

世代就職に失敗した人が多いと、ちゃんと就職できた人が居ても、同窓会も盛り上がりません。

どうしたらいいの? おしえて、ダンコーガイ!

2013-12-12

非合法労働を全職種無期限合法化へ

死ぬまで正社員になれない階級社会の到来か

そんな社会にするために 与党政権を与えたわけじゃない

 

労働者派遣法の見直しを議論する厚生労働省労働政策審議会部会が十二日開かれ、規制を緩和し、すべての職種で企業派遣労働者を使い続けることができるようにする骨子案が示された。臨時的一時的仕事を担う例外的な働き方と位置付けられてきた派遣労働の「普通の働き方」への転換意味し、派遣労働固定化や、労働現場正社員から派遣労働者への置き換えが進む恐れがある。

部会労働者側と使用者側、公益代表の各委員で構成され、骨子案は公益委員案として出された。労働者側委員は反発するが、同省はこの案を基に年内に取りまとめ、年明けの通常国会に改正案を提出する方針。

現行制度は、通訳秘書など「専門二十六業務」で無期限の派遣を可能としているが、それ以外では、一つの業務に派遣労働者従事させられる上限を三年としている。

骨子案では専門業務の区分を撤廃した上で、どの職種でも原則三年を上限とする。企業さら派遣労働者を使用したい場合労働組合から意見聴取すれば、別の人物に入れ替え、三年ずつ受け入れ延長を繰り返し、実質的無期限で派遣労働者を使用できる

一方、派遣労働者から見ると、派遣会社と有期契約を結んでいる場合、同じ職場で働ける期間は最長三年になる。派遣会社との間で無期の雇用契約がある場合派遣期間の上限は設けない。

また、派遣会社労働者雇用安定化を義務付け、三年働いた人については派遣先に直接雇用を依頼するよう求めた。直接雇用にならなかった場合は、別の派遣先提供派遣会社での無期雇用とする。労働者側が求めてきた派遣先社員と同等の待遇については、派遣会社の要求で派遣先労働者賃金情報提供することなどにとどまっている。

日雇い派遣の原則禁止など昨年十月に施行された改正部分についての見直しは見送る。

派遣法の見直しをめぐっては、同省の有識者研究会が八月、人材派遣会社経済界意向におおむね沿った内容の報告書を提示。労政審部会では、報告書を支持する使用者側と反発する労働者側が対立し議論は平行線をたどっていた。

 

労働者保護は置き去り

 

<解説>

労政審に示された骨子案は、派遣労働を限定的な働き方としてきた現行法理念根底から覆し、企業があらゆる業務に派遣労働者を充てることができるようにするものだ。派遣普通となり、雇用不安定化する恐れがある。

案では派遣労働を「臨時的一時的な働き方」とするものの、実際には企業は働き手を入れ替えれば、永続的に派遣労働者を使うことができる。三年ごとの使用延長の際には、労働組合意見を聞くとしているが、形式にすぎず、最終判断は企業に委ねられる。

一方、労働者立場から見ると、三年働いた労働者雇用安定化対策として出されたのは「派遣先への直接雇用の依頼」だけで、実際に雇用が実現するかは疑わしい正社員らと同等の待遇重要課題だったが、根本的な対策は出ていない

厚労省は見直しの狙いを「派遣労働者保護の強化」としながら、正反対の方向性を打ち出した。それは規制改革会議などを通して派遣を使いやすくするよう求める政府意向をくんだ結果だ。不安定な派遣労働者の増加は、裏返せば正社員が減ることにつながりかねず、労働行政全体に責任を持つ官庁姿勢はまったく見えない。

 

派遣 全職種無期限に 非正社員化進む懸念

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013121290140118.html

 

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん