「大二病」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 大二病とは

2019-07-16

anond:20190715111531

いや、まあ「面倒くさい」というならオレも確定申告とか超絶面倒くさいよ。でも「面倒くさい」を理由脱税しようとは思わないわ。だからなぜ「面倒くさい」が「義務を果たさない」ことの理由になるのか、増田の言ってることはよく分からん

要するに「罰」がないなら私は義務を果たしませんてこと? あるいは手応えみたいな「対価」がなければしませんよってこと?

それって、最初から何もする気がないってのとどう違うの。

要するに、今までは学校で教えられたとおり真面目に義務果たしてきたけど、実は「果たさなくても罰ってないんじゃね?」って気付いたかしませーん、って宣言? あるよね、そういう、誰でも知ってることをさも「自分だけは真実に気付いた」みたいに語る時期。まあそういう時期を経て、人間はようやく大人としての自我確立するのかもしれない。

そんなわけで、増田の言ってることはまあ大二病みたいなアレか、という風に感じる。

2019-04-18

anond:20190418155005

それは厨二病大二病あたりを混同してるぞ、まあ20年近くもまえに生まれ言葉から意味スライドが起こってもしょうがないが

  

神崎蘭子は石が復刻で入手できないので強烈さがわからないけどぜひ一度召喚してみたいもの

2018-12-03

anond:20181203124302

そして自分がおじさんおばさんになるくらいならその前に死ぬわでしょ。

三島由紀夫時代からそれ大二病ワンセットなの。

2018-10-17

anond:20181017145609

増田世代にあわせたら大二病っていわれたけど自分は「大学生の親」の世代ですので。

金使わせなければ虐待、使わせるといえば周りが「なんで?」どうしろってんだ

anond:20181017145001

「本当のファン」「思春期独特の自己承認」ってキーワードがもろに中二病から抜けたつもりの大二病ワードなんだけどそのへんどうなん?

親が金を与える?…よくわからない

2018-07-26

anond:20180726122854

厨二病→ガキを見下す

高二病中学生を見下す

大二病高校生を見下す

社二病学生を見下す

交際相手ができる→非モテを見下す

既婚→独身を見下す

子持ち→子なしを見下す

起業被雇用者を見下す

2018-02-27

anond:20180208085143

ちゃごちゃ言ってるけど結局色々な要素が重なって自分が醒めちゃったけど今までハマってたものに醒めてしまった自分が後ろめたいか言い訳してるって感じ

ジャンル替えで前ジャンルに砂かけする人の典型パターンだな

受験とか言ってるから多分若いんだろうけど高二病大二病一種だと思うよそれ

2018-01-18

意識高い系って、要は中二病の流れでしょ?

中二病

高二病

大二病

社二病

 

中二の頃に黒歴史ノートだったのが、社二になったら僕の考えた最強のイノベーションになる

一度は多くの人が掛かるやつで、問題卒業していない人

そういう意味で、20代意識が高いのはそっとしといてやれよと思う

2017-05-08

信者気持ち悪くなる瞬間

あるジャンル信者なのだ

ネット上のコミュニティに居ると、他の信者が一瞬でキモくなる事がある

 

誤解しないで欲しいが、信者が無条件で気持ち悪いわけではない

しろアンチよりぜんぜん素直でよい存在だと思う

 

ではどういう時に気持ち悪くなってしまうのか、改めて考えてみる

 

1.過度な帰属意識を持ち始める

まるでそれの製作者や当事者であるかのように振る舞う瞬間、傍から見るとキモい

勘違いしちゃってるんだ、お前は別に制作者の家族でも関係者でもなく、いち消費者だよ

と教えてあげたいが、大抵思考がそっちに逝っちゃってるので話が通じない

 

ちなみにこれは昔からある

スポーツチームの監督か、それより上位の目線で物を語るおっさんがそれだ

 

2.○○→すごい 俺→すごい

どっかで見たことある構図だが

1の帰属意識のあとにこれが来る

例えば、対象が売上で1位になったとか、権威ある人に評価されたとかになった際に

帰属対象を褒めることで自分自身気持ちよくなるようなケースだ

 

から見ると、結果的ナルシストに見えるのだからそもそもキモいのだが

自分の成果ではなく、他人の成果を用いてナルシストをやっているように見えるので輪をかけてキモくなる

 

3.他と比較する

1,2の後にこれが来る

他と比較して、対象が他より優れていると優位性が得られた際に

それを協調し始めると周りから煙たがられる(これについてはキモいというより、ウザがられると言ったほうが正しいよね)

 

4.上記を全部大上段から俯瞰する

全部ひっくるめた上で評論家のような振る舞いを見せた瞬間に、キモさが爆発し

凄まじい臭気を帯び始める

 

 

ちなみに、ここまではまだキモさの序章だと思う

よりキモいのは、1→2→3→4を、間違った情報や浅い考察でやり始めるとき

自分のほうが情報について詳しい場合、得も言えぬ気持ち悪さを体験することになる

(ちなみにそれを指摘すると信者同士の喧嘩になる。

 その際は、片方が片方をアンチ呼ばわりするが、アンチ認定してる人が大抵浅い方だ。

 なぜかと言えば認定というのは結局、情報判別がつかなくなった時にする最後の手段からだ)

 

不思議なことに、これをやらかすのは若い層に多い(高校生大学生くらいの時期)

歴史上の偉人を見ても、何かの派閥に肩入れしたりするのがこの年頃なので、そういう時期なのかもしれない(高二病大二病?)

 

 

蛇足だが、これらの心理をうまーく言葉に落とし込んだのが「サポーター」だと思う

あなた方は関係者ですよ」と言ってあげることで、「あなた臭い信者でいていいんですよ」という免罪符を与え、強力な宗教組織っぽい何かを作ってしま

はいビジネス的にはうまくいくので、スポーツでは上手く活用できていると思う。

あくまスポーツの話ね。他意は決してない)

 

最近この強烈な信者臭を感じるのはやはりコンテンツ業界なのだ

コンテンツ業界が「サポーター」という単語を使わないことを祈る

鼻が曲がってしま

2016-05-17

 

公式配信が増えたおかげで厨二御用達だろ、スイーツ向けだろ、ネットで持ち上げられてるだけだろ、たかアイドル物だろと思ってた音楽漫画ドラマへの誤解が解けていく

いや単に大二病になっただけか?だからと言って売れてるものはスゴい!と持ち上げたい訳ではないが

否定的だったせいで趣味や娯楽を持てずにいて金を持て余していたけどようやくお金を落とせる

ネットに流されてるのはどっちだという話でした

2016-05-10

大学文学部だった。女子のうちのオタクサブカルっぽい連中の一定数が、とってつけたように社会学的なものに目覚めてファッションのようにそれを用いていたのが、とにかく違和感があった。はっきり言うと嫌いだった。

女子のある層が中高生の時に椎名林檎的なものに目覚めるのと同じ様に、なぜか社会学に目覚めた。性的マイノリティ話題ジェンダーの話。

これらは大切な要素なんだが、ファッションでやっていた。血肉としてやっていなかった。だって卒業就職ころまでにはそんな話誰もしなくなってエントリーシート面接内定交流会の話。就職してから会社カフェビジネス本の話。

当たり前といえば当たり前なんだが、誰ももう社会学を顧みなくなってしまった。大二病

私はこの態度が個人的違和感があって大学院にまで行ってしまった。今は学校で地歴公民先生をしている。

学問ファッションにすることは、学問的態度からもっとも遠い。

ファッションから入ったとしても興味を持って調べて考えて行けばよかったのだろうけど。

サブカル連中は今でも椎名林檎を聴いているんだろうか。

2016-02-28

http://anond.hatelabo.jp/20160228102915

アホ臭。東大の奴らってこういう奴ら多いよなーって印象。

私立医学部出身だけど、東大で威張ってた意識高い系がまったくレベル低いパターンのほうが多い。

つか、東大医学部出身尊敬できる人とか、一人もいない。俺が言うだけでなくエリート共通見解だと思うよこれ。東大教育レベルは低い。

そんなところで指導ダルイとかもう権力アグラかいてるだけとしか言えない。

東大山中さんレベルが出るとはとても思えない。

普通海外大学では、教授なんてのは先進的な研究をこれからやろうって人に与えるんだけど、日本教授制度は頑張ったで賞だから元増田みたいな奴が偉そうにするんだろうね。

それ勘違いから

  

元増田みたいな人、腐るほどいるけど、どんだけ陳腐なん。

人の才能の鉱脈なんて誰にも分からないよ。分かるわかると賢しらに言うのはたいてい勘違い意識高い系大二病

それこそ、「学生時代クズだった奴が、いろんな経験して目覚めて今世界トップクラス研究者」とかいくらでもいるでしょ。

あるいは空手経験、あるいは超絶金持ちまれパーティー経験、そういう業界で他の誰ももってなかった思想経験たまたま研究マッチして結果出せる。みたいなのいくらでもあるんだから人格で才能をどうこう判断するなんて不可能

  

あと、やる気なかろうが、あろうが、関係無い。結果を出す出さないなんて関係無い。

よく言われるんだけど、賢しらに流行ってる研究だけ追ってテクニックだけで研究結果出す奴多いけどさ。

そういう奴もまあドカタ的な意味必要なんだけど。

大事なのは、ドカタで道の整備する能力より、道の構想作る人。

道の構想作る能力なんて、人間には分からない。ドカタする能力はそりゃ分かるけどな。そういう意味での『エセ研究者』が元増田の言う研究に向いてる人ってことだろ。

実際は統合失調症マジでそこら徘徊してる廃人みたいなのが10年単位レベルの違う研究とかよくある。

こういうのを切ってるから論文製作マシーンの東大脳はクズなんだよ。そんなドカタみたいな研究やって恥ずかしいわ。だったら、研究者じゃなくて、ドカタやってろよ。

山中さんの研究室最初は数人しかつかなくて、その数人すらスグ消えたんだろ?そういうの、恥ずかしいんだよ。なーにが本質を見てるだよ。世の表面的な流行に乗ってるだけだろ。馬鹿らしい。

2016-01-28

歴史小説史実を求むる


こういう人たちがいつまで経っても居なくならないのは、果たして厨二病大二病としてのアレなのか、知識ではなくて思考の課程のトレーニング日本教育に全く活かされていないからなのか、理解に苦しむ。

2016-01-13

自分自身ゴリゴリレイトマジョリティもしくはラガードであると分かってしまった

多分、人間って成熟するに従って、自分の中の引き出しが増えていって、様々な社会を様々な角度から楽しめるようになるんだと思っている。(信じている)

そのポリシーに従う…、というと言い方は違うのかもしれないけども、それこそスポーツ映画アニメゲーム仕事など、他にも無数にあるコンテンツ社会活動をそれなりにハマって楽しんできたつもりなのだけど。

若い頃は「自分けがこの魅力を分かっている」=それは多分、ここの増田ブコメのように消費活動経験が長い人達は多く感じたであろうある意味一般的大二病的な事を自分も思っていたんだけど、最近的に見て、自分が多くの分野でレイトマジョリティであると気づいてしまった。

だいたいそのものが4,5年流行ってから、飛びついておもしろいー、すげぇとか言っている感じ。自分にとってはアニメがまさにその分野で、だいたい今見ていてオモシロイと思ってるのは5年ぐらい前の流行

でもこの理由を昔は年齢を理由にしていたんだけど、多分違うんじゃないかと最近思っている。

単に自分自身の消費志向価値観がすべての分野で新しいものにそれほど飛びつくタイプではないのではないかなと。(自分仕事や専門分野は職業上、逆にゴリゴリアーリーアダプターだと思うが)

全ての消費に共感を求めてるわけではないので、別にこの考え方でもいいのだけど、人前で話すと、大抵皆「それ今話す?」みたいになるのだけがちょっと欠点といえば欠点だってお笑い一発ギャグを数年立ってハマって、クラスの前でやるみたいな感じだからね。

2015-10-31

http://anond.hatelabo.jp/20151030202113

ま,そういいたくなる時期もありますな.

大二病っていうんだっけ?

2015-08-04

http://anond.hatelabo.jp/20150804215144

単なるコミュ症&管理能力なしのクズってことだろ。今までも今後もずっと同じなんだから大二病でもなんでもないぞ?

2015-05-14

http://anond.hatelabo.jp/20130330033950

こういったことを書いたのが2年前。

で、yahooなんかだと最近一部ニュース記事に対するオーサーコメントなんて物が見られるようになった。

その中にはやはり最近yahooの個人ニュースに進出した昔よく見ていたサイト管理人さんの名前があったりする。

で、やはり切なくなってしまうのである

昔はマイナーネタを興味深い視点面白おかしく伝えてくれた人のコメントが、どうにもある種の「大衆」に媚びたようなやたらと厭世的かつシニカルで、しかしごくありふれた陳腐な物に見えてしまうのだ。

しかも時事的に衆目を集めそうな記事ばかりにそれがあるのだからまらない。

もちろん個人ニュースに出て来たってことはより知名度を上げたいのだろうし、

となれば、やはりみなが期待するようなあるいは強烈に肯定されそうな、そういったコメントになるのも仕方ないだろうとも思う。

ちなみにこれはyahooだけでなくtwitterfacebookコメントを受け付けているニュースサイトではよくある「事件」だ。もちろん以前書いたようにはてブも。

そもそもこれは私自身に起因する問題で彼らは全く変わってなく、私自身の変質、一種の中二病とか高二・大二病みたいなものなのかもしれない。

それでも彼らのコメントの中にある、なんというか何かに対する漠然とした攻撃的なニュアンスに、私はなんとも言えないいやな気分になってしまうのだ。

あるいはただの自己憐憫なのかも知れないけど。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん