2016年02月15日の日記

2016-02-15

生理的に無理な人から好意って恐怖

ただこわい

でもそれは明日は我が身

好きだなんて、だれにももう言えないな

[]2月15日

○朝食:なし

○昼食:おにぎり三個

○夕食:すきやき弁当、パンコンビーフ

調子

むきゅー。

おちごと疲れた

けど今日月曜日から、ほどほどにして帰った。

ポケモンピクロス

エリア28攻略中。

ラブカス10×10ステージをやってたんだけど、やたらと難しかった。

バッジとれ〜るセンター

イベルタル

イベルタル

イベルタル

これは課金ですわあ。

ゲームニュース

Wii U版「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT」ミュウツー&ダークミュウツー新規参戦!家庭用版ならではの新モードも紹介

http://www.gamer.ne.jp/news/201602150070/

WiiU版だとアバター課金しなくても弄られるのかあ。

さらCPUトレーナーも色々登場するみたいだ。

うーむ、ちょっとでいいからストーリーモードみたいなのも欲しいなあ。


Cobalt海外レビュー

http://www.choke-point.com/?p=19770

そうえば購入予定だったなあ。

残念ながらローカライズはされてないんだよなあ。

http://anond.hatelabo.jp/20160214222423

元増田だ。

実は最近トレーラーハウスがかなり進歩してきているみたいなんだ。

greenz.jpスモールハウスムーブメント検索してみれば分かる。

個人的には、マラードが好きだ。

エアストリームも実はかなり好きだが、丸い屋根だと閉塞感がありそうなので、平行四辺形みたいな形したやつが好きだ。

神奈川県鎌倉千葉県あたりに置けば、あのあたりはそこそこインフラも整ってるし物価も安いしで何とかやっていけるんじゃないかと睨んでる。

オレはプラント屋なので、電気も配管もばっちこいだ。太陽光パネルも置く予定だ。小型ボイラーの設計も考えている。

ある程度知識が出来たら、IT屋に鞍替えして種銭作れないか、とか思ってワクワクしてる。ワクワクしてるだけだが。。。

一番なのは固定資産税がかからないことや、維持費の関係だ。現代は家を持つことが消費になっている。

あと二十年くらいしたら中古ハウス流通市場が熟しはじめているころだと思うので、トレーラーハウスも安くなるはず。

会社の社宅をどうしても出なきゃいけなくなるときがきたら、転職して別の寮付の会社にいくか

あせって家買ったり馬鹿高い家賃を払うよりもトレーラーハウスをオレは選択する。

ただし、風呂問題をどう解決するかが目下の悩みだ。プロパンはやはり高いからな。。。接続式ガス管ソケットを自前で開発して特許申請取りたいなとか妄想してる。

テンプラキッズとリトルグリーモンスターの見分けがつかない

リトルグリーモンスターって奴らは踊らないんだね

増幅サチュレーション

せーの!

でも そんなんじゃ だーめ

もう そんなんじゃ ほーら

アンプ進化するよ もーっと もーっと

差動にすれば 消えちゃうノイズ なら ワイヤを増やせばいいやって 思ってた? 恐れてた? だけど あれ? なんか 違うかも

ダイスの道も1ナノから

石のように固いそんなケイ素

塵もなくせば イレブンナインSiーぬきで いや Pぬきで

ふわふわふわふわあなたが ハンダをする それだけで熱で飛んだ

ふわふわふわふわあなたがバチチッてなる それだけでオジャンになる

教授 ありがとう 卒論悪戯でも めぐり合えたことが 憂鬱なの

でも そんなんじゃ だーめ

もう そんなんじゃ ほーら

アンプ進化するよ もーっと もーっと

そう その特性じゃ いやーだ ねぇ そんなf特じゃ まーだ

オシロのココ見ていて ずーっと ずーっと!

http://anond.hatelabo.jp/20160215233442

もし増田が本を好むなら「脱常識社会学」という本を激しくおすすめしたい。

その調子で目から鱗がボロンボロン落ちることを約束する。

自由になるかはわからないけど、たぶん、増田の関心によくフィットする。

じゅうりょく波

プーアル「すっ すごいっ!!! ヤヤ ヤムチャさま「じゅうりょく波」って いったい……!?

ヤムチャ「『じゅ…じゅうりょく波』……!! 巨大な質量運動する際の空間の歪みが波のように広がっていくという武天老師の大技だ…!! こ この目で観測することができるとは……!!

36+29質量ブラックホール武天老師)「じゅ… う… りょ… く…… 波!!

https://www.youtube.com/watch?v=QyDcTbR-kEA

62太陽質量ブラックホール武天老師)「ぷひゅ~~…… ほれ合体したぞい…

KAGRA孫悟空)「た…た…たた……たまげた

LIGO(牛魔王)「あんの~老師さま…… た た…… たすかに波は観測できますたけんど…

62太陽質量ブラックホール武天老師)「? なんじゃい

LIGO(牛魔王)「……ついでに3太陽質量分のエネルギーも…

62太陽質量ブラックホール武天老師)「へ!?

KAGRA孫悟空)「げ!!

62太陽質量ブラックホール武天老師)「はりきりすぎちゃった!! てへっ

ブラックホールの衝突というすさまじいパワーでじゅうりょく波を観測することができた。

しかし、そのじゅうりょく波のエネルギー太陽3つ分というとてつもないものだったのだ!

ビッグバン真実ブラックホール誕生さらには今後の工学的応用のためにいくつもの科学発見技術革新必要となるだろう!

がんばれLIGO! がんばれKAGRA

つづく!

ここにあった

いなくなっちゃったと思ってたネコが出てきたり

しんじゃったおばあちゃんが生きてるものとして夢に出てきたり

子供の頃のお母さんにまた会えたり

元気だったあの頃の好きな人に会えたり

そういうものが強烈にわたしにしがみついてくる

最近眠たくて仕方が無い

全く起きられない。

今日起きていた時間はAM6~8,PM5~6,PM11:30~現在

起きている時間が5時間未満になっているがそれでも眠たくて仕方が無い。

眠過ぎて立っていられず気絶してしまう。

http://anond.hatelabo.jp/20160215232829

まったく相手されないより100倍ましとしか思えないんだよなあw

http://anond.hatelabo.jp/20160215233442

幸せな人だな

普通小学校中学で虐められたり就活に失敗したりして気がつくんだよ

30過ぎにして世の中がわかった話

世の中、何か正しいことがあるんじゃなくて、物事がうまく回る方が正しいんだな。30過ぎまで本気で世の中に正しいことがあるんだと思い込んでた。

身近な例でいえば喫煙喫煙なんて身体に悪いし、周囲に迷惑だ。社会的コストもかかる。そう思ってた(今も正しいと思ってるけど)から、周りの喫煙者には立場関係なく注意してきた。当然タバコの煙以上に煙たがられた。

でも、周囲が喫煙者だらけなら喫煙は悪いとみなされないし、周囲が非喫煙者だけなら喫煙は悪だ。たとえ合法であっても。

ようするに、世の中のすべては相対的価値観で動いていて、そこには絶対的価値観はない。殺人だって戦争中はやらなきゃいけない行為になる。

気づけば当たり前過ぎるんだけど、30過ぎにしてそれに気づいて世界崩壊するような感覚を覚えた。その後、とても自由になった気がした。

今まで宗教自己啓発系、スピリチュアル系をバカにしてた、というか精神的に抑圧してたんだけど、そういうのを信じることで明日への活力になるなら、別にそれでいいんだな。

何か絶対的客観的に正しい(と思われる)価値観自分自信を低評価して、落ち込んで、鬱っぽくなって自暴自棄になるくらいなら、ちょっと自分勝手なくらいの考え方でもやる気出した方が、結果として周囲にとってはプラスなのかもしれない。

とにかく、こんなに世の中が自由だったなんて、今まで気づかずにバカみたいだ。

政治家が出てくるSF漫画

オメガトライブ(玉井雪雄)という漫画おもしろくて全14巻Kindleで一気読みしてしまった。

基本はSFなのだが、梶君という頭のいい暴走族の男(見た目は鳥肌実主人公を食うくらい魅力的なキャラ)が、国会議員を目指す過程がみっちり(単行本で4巻分、そのあい主人公は出てこないしSF要素もほとんどなし)描かれていてかなりおもしろかった。

読み終わって気づいたのは、政治家が出てくるSF漫画っておもしろいのが多いんじゃないかということ。ぱっと思いつくものだと、AKIRA寄生獣攻殻機動隊、ザワールドイズマインなど。現実じゃありえないことが起きるんだけど、政治家が出てくることでリアルさを保ちつつかつ世界規模で話がスケール大きく展開していく感じが好き。他に何かあったら教えて下さい。他にも警察とかヤクザが出てくるシリーズでまとめたらおもしろいかも。

なにもしたくなくて仕事さぼってる

前の仕事精神ぽっきり折れて田舎に帰ってきて親戚の会社でドカタやってる。

でもなにもしたくなくなって、もう一週間くらい休んでる。

休んでてもなにかしてるわけでもなくふとんにくるまって、はてブ見たり漫画読んだりしながら自己嫌悪で狂いそうになってる。

明日こそ仕事行こうって毎日思ってるけど朝になるとダメだ行けないってなってまたふとんにくるまって自己嫌悪

いつからこうなったのかなぁ。

昨日は隣県の好きな子からチョコ手紙が送られてきて、これ食べてがんばろうって思ったのになぁ。

趣味ゲームもしばらくやってないや。

今月末には大会があるのに。

実は辺縁系ADHDなんだけど言い訳にしたくないからと誰にも言ってない。

言い訳にしたくないからってのも言い訳で、自分発達障害だと人に言い出せないだけなんだろうなぁ。

ああ、明日こそ仕事に行こう。

一部の大衆心理

凄いモノを見ると、すごい事はもう分かっているのだけれど、その直後に劣等感を感じる。なので次に、どこかに落ち度がないか?舐めるように凡ミスを探す。そしてそれを見つけたら鬼の首とったかのように嬉々として叫び相手評価を下げる。それはもう、大手柄であり、快感であり、止められそうにない。

こうした人は、もともとは夢があり志がった人間なのだけど、どこかで挫折してしまった人。子供の頃のように純粋に、物事に感動できなくなってしまった人。

この人が、もう一度、純粋キラキラした目で物事を見ることが出来るようになるには、挫折した夢を取り戻す必要がある。つまり挫折を克服し、もう一度、再チャレンジするしかない。なぜ?あの時、挫折したのか?何が壁だったのか?今考えるとどう行動するべきだったのか?分析し答えを出さなければいけない。

諦めずに進む方法はある。針の穴を潜るような道で忍耐が必要だけど、それは天才から通れるという道ではない。

こうした人が続出する社会は、評価がまともに機能せず、よいものが生まれない。経済も発展することはない。

ヒカキンって何気にすごいだろ

ボイパという一芸がある

動画はクソみたいな内容のホームビデオだけど何も芸のないはじめしゃちょーより全然すごいと思う

動画の内容はマジでクソだけど

http://anond.hatelabo.jp/20160215215333

海外でも若者トワイライトみたいな意味わからんファンタジー好き好んでるんじゃねえの?

結局増田流行り物追っかけてるだけなのかもよ

http://anond.hatelabo.jp/20160215172044

「行きつけのフィギュアショップ」のススメwwwフォカヌポウwww

「行きつけのフィギュアショップ

男なら誰しもが憧れるだろうが、そう簡単には手に入らないソレ。

僕が手に入れたきっかけは、なかなかに面白いものだった。

大学卒業後、某メーカー営業職に就職した僕だが、

とある日の外回り危機的な状況に陥っていた。

ヤバイ……。う○こしたい……下痢っぽい……」

夕方を過ぎ、最後訪問先に向かう秋葉原で、

僕は冷や汗をかきながらトイレを探していた。

しかし周囲はシャッターの閉じた店ばかり。

トイレを貸してくれそうな店はない。

(こうなったら路地裏でぶっ放すしかないか……)

そう思った時に目の前で店のシャッターを開ける、

年の頃60位だろうか、自分父親と同じくらいの男性がいた。

僕はなりふり構わずその男性に

すみませんお腹を下してしまって、トイレを貸してはいただけないでしょうか」

と、持ちうる限り最大限の丁寧さでお願いした。すると男性は、

「いいけど、なんか見ていって。ここ、フィギュアショップから

と、真顔で答えた。

(この人、腹を下してる人間に何を言ってるんだ……)

内心、おかしな人に当たってしまった、と思いつつも、

しかし、この後まだ営業先に行かなくてはいけないので、

フィギュアの代金をお支払する形ではダメでしょうか」と提案すると、

「じゃあ帰りに見に来て。ここはフィギュアショップで、トイレじゃないんだ」

男性はそういうと僕を店内に手招きした。

(そうなると、僕は帰りにここに寄らずに、そのまま帰ることもできるのに、

なんだかとても変わった人だなぁ)そう思いつつ、トイレを済ませると、

「では、帰りに寄らせてもらいます」そう言って僕は店を出た。

訪問先の滞在時間が延びたこともあり、約束は覚えていたけれど

面倒だから帰ろうかなとも思った。けれど、ちょっと様子を見てみよう、

そんな気になって、僕は帰りにその店の前を通った。

ガラスがはめられたドアをそっと覗くと、

夕方男性が一人でレジ内でフィギュアパンツを覗いていた。

やはりというか、当然だが、この店のマスターだろう。

正直に言うと、その姿があまりにもカッコよく、様になっていて、

僕は無意識の内にドアを開けていた。

マスターは僕を一瞥すると、

あんた、変わってるね」と無表情に言った。

(それはおまえの方では……)と思っていると、マスターフィギュアを出しながら続けた。

「寄らずに帰ろうと思えば帰れた。けれどあんたはここに来た。

あんたいい人だ。今日は店を休もうと思ったけど、開けてよかったよ」

そういってフィギュアスタンド女の子フィギュアを立てかけた

あんたがこの店で最初に見るアイドルフィギュアは、これが良い」

目の前に道端でコケそうになっている、何とも可愛らしいフィギュアが出された。

当時、フィギュアを全く知らなかった僕は、とりあえず値段が怖くなり、

「お幾らですか?」と財布を出しながら聞いた。マスター

「俺は見ていけ、と言っただけで、金をとるとは言ってない

このフィギュアプレゼントだ」と優しく笑った。

その後、僕はこのショップに足しげく通い、色々なオタクと知り合った。

マスターから見ればまだまだヒヨっ子だが、大人になり、

結婚もし、いい加減フィギュア卒業かな、と思っていた。

そんな矢先、マスターが亡くなった。

いつだっただろうか、常連達でしっぽりフィギュアパンツを覗いていた夜、

マスターが「なんだかインターネットに店が載ったみたいで、

楽天で知ったけどフィギュアの品揃えいいですね。僕好きです』みたいな若造が増えた

俺はそういう客は好かないんだ。機械による巡り合わせは好かないんだ」

と、愚痴っぽく言っていたことがあった。

僕も含め、何かしらおかしな巡り合わせでこの店とマスターと縁が出来た常連達は、

「では、なぜ楽天出展・・・」と思ったが、ネットを探し、三木谷社長

サイトを取り下げるように頼んだりした。

けれど、三木谷社長は「出展したのはマスター自由だ」と取り合ってくれなかった。

そんな中、マスターが暫く店を休むと言った。

今思えば、あの頃から体調が悪かったのかも知れない。

そのまま復帰の知らせのないまま、常連仲間からマスター訃報を聞いた。

告別式マスターらしい、参列者の少ないものだった。

会場には見覚えのない女性等身大フィギュアが2体ならんでいて、

話を聞くとマスターの秘蔵コレクションだった。

マスター自分の話を全くしない人で、「俺は既にノンコレクションだ」と言っていたので、

我々はそれが本当だとてっきり信じていた。

火葬の待ち時間マスターの元奥さんと娘さんが

「これを渡すように、と言われました」と僕に1体のフィギュアを渡してきた。

何でも亡くなる少し前に、マスターが2人に、僕に渡すように言付けたそうだ。

具体的な商品名は控えるが、某アイドルゲーム永遠センター(17歳)と言えば、

分かる人にはその価値がわかると思う。何故こんなものを僕に、と混乱していると、

娘さんがバーで使われていた伝票を渡してきた。裏には走り書きの文字で、

「あの日のフィギュアあんたにあげる」

そう書いてあった。

フィギュアはあの日僕が見た日から、傷ひとつついてなかった。

僕は涙が止まらず、大人げなくその場に膝をついて嗚咽した。

「行きつけのフィギュアショップ

僕に人生とは何か、人付き合いとは何か、

大人になるとはどういうことかを教えてくれた、大切な空間だ。

男なら誰しもが憧れるだろうが、そう簡単には手に入らないソレ。

僕は今後の人生において、もう行きつけのフィギュアショップをつくることはないと思う。

真のアイドルマスター10回忌にあてて。最大限の感謝と愛を込めて。

http://anond.hatelabo.jp/20160215172044

http://anond.hatelabo.jp/20160215225654

同じ条件で他地域他国甲状腺検査をしてないから、単純に比べられないってだけの話でしょ。調べればいいと思うかも知れないが、それ自体結構調査される側の負担だし、調べる事のデメリットも多いから、難しいそうだ。

あなた心配勝手だけど、付き合いきれないとは思う。

http://anond.hatelabo.jp/20160215230957

どうすればよいか、というのは何に対してだろう。

自分を罰することをやめたい?

自分を罰する他の方法が知りたい?

自分を罰するのに叩く方法を取るが、人を驚かせない叩く方法を知りたい?

かつて、絵師になりたいと思ったその日から...

僕は、小学生ときからエロ同人オナニーするような筋金入りの変態だった。

大学に入ったころ、ネットで見た記事を読んで「理想エロ絵さえあれば最高のオナニーができるに違いない。僕もエロ絵を描いて理想キャラ理想のシュチュでオナニーしたい!」と思った。例に習って、ひたすら模写などという練習をしている途中でムラムラしてきた。一発抜いたら、一時的に絵を描きたいという欲求は失われることがわかった。

絵を描くこととオナニーでは、後者の方が圧倒的に楽なのは明らかだった。

それから、「こんな絵が描きたい」という作品にであう度に、オナニーして心を落ち着けた。次第に、オナニーが辞められなくなった。「今日オナニーしなかったら、絵描きの練習を辞めたことを後悔するんじゃないだろうか?」そう思うと性欲はまったく無くても、脅迫的にオナニーを繰り返すことになった。

大学卒業も近くなったころ、ふと後輩が「自分、絵を描き始めたンすよね」なんていう話をしていたので、見てみた。精緻な絵柄で、欲情しそうになった。家に帰ってから嗚咽して、号泣しながらオナニーした。その日は自分を罰するために熟女モノで抜いた。

いまでも、脅迫的に続けるオナニーは止められない。そろそろ性欲も落ち着いてくる年頃のはずだが、オナニーしないと落ち着かない。精液の出も悪くなった、もはや勃起覇気が感じられないし、手の動きも惰性になっている。決して、性欲が爆発しそうだとか、そういうんじゃなくて、オナニーしないと過去自分を責めてあまりに惨めな気分になってしまうのではないかという恐怖からオナニーしてしまうんだ。

いつか、快感だけのためにオナニーしたあの日に戻れる日を願って...

大学事務ハラスメント対策部署で働いていたときの「バレンタイン」をめぐる思い出

さて、バレンタインも一息つき、水を差すような落書き

あれは私が、中堅大規模大学の人事でハラスメント対策仕事をしていたときの話。

あるとき、「教職員の間や教員学生の間でのバレンタインプレゼントは、それ自体ハラスメントではないか。そうでなくてもセクハラアカハラの温床になるのではないか」という問題提起教員のお一人からなされた。

わたしは、その職務を下っ端として任されており、様々な情報収集した結果、「たしか問題点がある」と学者先生意見に納得した。

しかし、ハラスメント対策意思決定機関教授陣が占めており、あくま事務屋はサポート役。しか事務方上司は「バレンタインハラスメントなんて学者の極論」と相手にしない。

結果、人文系社会科学系の教授陣の一部は理解を示したものの、大半の教員問題点を軽視ないし無視し、議題はお流れに。

とりわけ、法曹出身の実務家教員は様々な理屈をつけて教授陣の会議の場や事務方への「助言」というカタチで議題を流そうとした。

要約すると、「叩けばホコリが出る。ホコリが出ると掃除が面倒だ」という本音を、もっともらしい法的な建前で正当化したのだった。

しかに、下手にハラスメントを自浄しようとすると学内の内紛が起きたりハラスメントの「容疑者から逆に民事訴訟を起こされたり、大学イメージが悪くなることもあるだろう。

それでも、なんだか心の中にモヤモヤとした気持ちが残る。

いっそのこと、日本の俗流化した義理チョコバレンタイン文化はもうやめにして、本来の「恋人たち特別な日」になってくれればいいのに

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん