2016-02-15

一部の大衆心理

凄いモノを見ると、すごい事はもう分かっているのだけれど、その直後に劣等感を感じる。なので次に、どこかに落ち度がないか?舐めるように凡ミスを探す。そしてそれを見つけたら鬼の首とったかのように嬉々として叫び相手評価を下げる。それはもう、大手柄であり、快感であり、止められそうにない。

こうした人は、もともとは夢があり志がった人間なのだけど、どこかで挫折してしまった人。子供の頃のように純粋に、物事に感動できなくなってしまった人。

この人が、もう一度、純粋キラキラした目で物事を見ることが出来るようになるには、挫折した夢を取り戻す必要がある。つまり挫折を克服し、もう一度、再チャレンジするしかない。なぜ?あの時、挫折したのか?何が壁だったのか?今考えるとどう行動するべきだったのか?分析し答えを出さなければいけない。

諦めずに進む方法はある。針の穴を潜るような道で忍耐が必要だけど、それは天才から通れるという道ではない。

こうした人が続出する社会は、評価がまともに機能せず、よいものが生まれない。経済も発展することはない。

トラックバック - http://anond.hatelabo.jp/20160215232903

注目エントリ

記事への反応(ブックマークコメント)