「格闘技」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 格闘技とは

2017-03-27

http://anond.hatelabo.jp/20170327000633

00年代は、今でいうマイルドヤンキー系の知り合いの話題

格闘技ダウンタウン下松本ファミリーモーニング娘2ちゃんねる、たまにサッカー、の5択だったな

というか、当時あいつらがそれ以外の話題してるとこ見たことな

こう並べると時代を感じるなあ・・・

2017-03-24

http://anond.hatelabo.jp/20170324103954

単に元々メディア露出が多いので子供の頃からそのスポーツに慣れ親しんでいるからじゃない?


わたしホッケーフットボール戦略的でも見ていると格闘技要素があって怖いです。

相撲は一瞬で終わるので肉弾戦でも怖くありません。

2017-03-22

横綱ガンダムってどっちが強いか

かたや国民格闘技トップ

かたや国民ロボットアニメ代表

どちらが強いか簡単には決められぬだろう

2017-03-19

ここって相撲座布団投げるアレだろ

観客の態度がなっていないアジア格闘技観戦の座席みたいな。

プロレス化してる客もいるから終わったらひとまず座布団投げる相撲タイプもいる、程度の話。

2017-03-09

バブル冷戦、そしてネコ

バブル芸人

 バブル芸人とやらが人気である。80年生まれの私は、当時のことを懐かしむ思いを感じつつも、微妙な気分で眺めている。何故?バブル経済は悪だったかである。続く「失われた20年」生み出した元凶。(ちなみに「失われた20年」は英語で”lost two decade”であり、「負けた」という意味もある。)彼女なんかはあの時代を茶化してやってるんだろうからいい。でも、ここのところ、なんか素晴らしい時代だったかのような受け取られ方をされてる雰囲気を感じてしまって、イヤなのだ

 そんな雰囲気を感じてるんだろう、金融関連ではバブル史本の出版ラッシュである。どうせ当時の銀行員か何かが自己正当化文言を並べてて、こんなことが今後あってはならない、みたいなまとめられ方をしてるんだろう。読んでないから分からないけど。

 バブル経済後遺症が長引いた原因は、バブル崩壊当時、窮地に立たされた銀行を国が救ってしまったことにある。バブル期に後先考えず融資した金が焦げ付き、国全体の金の流れを止めた。いわゆる不良債権問題である。あの時、銀行をじゃんじゃん潰してしまって、焼け野原からスタートした方が良かった。20年を失ってしまったあとでは、そう思える。ちなみに私が大学卒業したのが2003年就職率がワーストを記録した年であるバブル崩壊から10年以上過ぎた当時ですら、不良債権問題はくすぶっていた。

冷戦キッズ

 今となってはバブル期という一面的な捉え方しかされないが、私が幼少の頃を過ごした80年代は、冷戦時代でもあった。幼心に最初に覚えている政治家は、中曽根レーガン、そしてゴルバチョフだ。まだ、ロシアソ連と呼ばれていた時代スポーツ国際大会なんかでは「西ドイツ代表が良く出てたのを思い出す。なんてったって核兵器の量がハンパじゃない。その当時は40何億人くらいだったと思うけど、全人類を殺しても余るくらいの核兵器があった。いわゆるオーバーキルというやつ。

 その頃、こういった状況を反映して、人類滅亡後の世界を描くようなマンガ映画が作られていた。私がいちばん思い出すのは、「北斗の拳」と「ターミネーター」だ。「ターミネーター」の方は、スカイネットというコンピューター暴走して世界を壊滅させてしまうって設定だったと思うが、今、キューバ危機なんかのことも合わせて考えてると、もの凄くリアルだ。ちょっとしたボタンの掛け違いで、全面核戦争突入してしま危険性があったのだ。

 「北斗の拳」の方は表面的には、格闘技マンガで、私もそのように楽しんでいた部分もある。しかし設定が怖かった。なんといっても「199X年」である現実に起こりうる未来世界が滅亡してしまうかもしれない未来。今となっては笑いものではあるが、こんな設定が、時代の中でリアリティーを持ったのである。そして幼い私は、そんな小さな恐怖を受け取ってしまったのである

90年代に起こったこと

 80年代から90年代にかけて、バブル経済崩壊、またソ連崩壊して冷戦終結した。この2つの重大な出来事が同時期に起きてしまったことが、日本人にとっては不幸なことだったと思う。冷戦が終わり全面核戦争危機は去ったにも関わらず、経済的な壊滅状態がやってきてしまい、安心を感じれなかった。「世界は滅亡しない」という安心を。

 そんな不安感の中、オウム真理教が登場し、信者を集め、凶行に走った。彼らが持ってた終末思想は麻原個人によるものも大きいが、多くの日本人が心のどこかで持っていた疑念共振していた。世界は何か別の形で滅亡してしまうんじゃないだろうか?と。阪神大震災ダメ押しになったのも無理はない。95年だ。

 ちょっと違うかもしれないけど、90年代末に登場したエヴァンゲリオンにも触れておきたい。エヴァンゲリオンのメインのテーマは親子関係であるとか、成長であるとか、そういったことになるのかも知れない。しかし、設定として「サードインパクト」なる壊滅的な何かが起こった後の世界舞台となっている。ここでも世界が滅ばない訳では無いのである。いずれにせよ、私達に「世界は滅ばない」と安心させてくれるものではなかった。

新たな終わりの予感、そして福音

 そして、21世紀現在、新たな「終わり」を予感させる出来事が次々と起こっている。それはやはり、2016年イギリスEU離脱、そしてトランプ大統領誕生である世界が大きく動いている。何かこれまでとは違ったことが、起きているし、これからも起きるだろう。もしかしてこれは、「終わりの始まり」なのか・・・書店に行った。「たとえ世界が終わっても」という新書が並んでいた。

 そんな中、話題の「けものフレンズ」を見た。なんでも、「疲れたオッサンを癒やしてくれる」らしい。私も36のいいオッサンで、程よく疲れている。癒やされるか。そして見てみたところ、なかなか楽しくはあるが、いまいちピンと来ない。「すごーい」や「たのしーい」で微笑ませてくれるんじゃないのか。それとも自分には合わないだけなのか。

 でも、ふとした時に気がついた。あの世界、「ジャパリパーク」は冷戦終結と、バブルの崩壊の2つを同時に表現していると。バブル期日本では、アミューズメントパークが雨後の筍の如く建設され、そしてバブル崩壊と同時に多くが破綻し、そして廃墟化していった。「ジャパリパーク」はそんな廃墟化したアミューズメントパークそのものだ。人間が出てこないし、話題になっているように人類滅亡後の世界に思えなくもないが、アミューズメントパークが倒産しただけだ。冷戦は終わった。世界は終わらない。そう思うと涙が出てきた。

 確かにオッサンを癒やす作品だ。でも、私の場合はそのほのぼのとした雰囲気にそのまま癒やされるのでは無かった。自分が幼い頃から育んできてしまった小さな恐怖、心に刺さってしまっていた小さなトゲを、取り去ってくれるという形で、癒やされた。すごーい!

2017-03-02

ロマンポルノリブートプロジェクト『風に濡れた女』を観に行って

 人生で一度くらいは成人映画映画館で観てみたいと思い、偶然見た予告編の軽快なアクションものっぽい雰囲気にひかれて『風に濡れた女』を観に行ってきた。

 1回きりの鑑賞で見落としや聞き逃したところもあるだろうけど、ひとまず思ったことをネタバレ含みで長々ダラダラとここに書いていく。点数をつけるわけでもないし、正直映画は年に1回観に行けば多いほうで、目が肥えてるわけでも感受性豊かなわけでもないことは先に述べておく。

映画本編に対する感想

主だった演者に対する感想

  • シオリ(演:間宮夕貴)
    • よく見るとややファニー寄りな顔立ちに、勝ち誇ったような表情が作中で映えていた。がらっぱち口調で声もかすれ気味に話していたので序盤は時々台詞が聞き取れなかったが、そういうのを含めても野性味のあるシオリはこの人しかいなかったんだろうなと思う。
  • コウスケ(演:永岡佑)
    • いい意味で顔よりもくすんだいい声だなと思って演技を見た。上手く伝わるかはわからないし人の顔を品評する意味は全くない表現なのだが、黒々としてはっきりスッキリとした眉と瞳をしたコウスケの目元と、うっすら茶色混じりでフリーハンド描線を重ねたような粗いシオリの目元は、続けて映されると対照的でハッとさせられた。

あと、役名と個々の俳優名前合致できなくて申し訳ないけど、サーファーの彼はいい味出してたと思う。

印象に残ったシーンなど

結構とんちんかんなことを言っているかもしれない、本編以外に対する感想

2017-02-28

今は昔、エロゲ伝奇ジャンル流行りけり

伝奇』とは「普通には起きようもない話」が辞書的な定義みたい。

ただ、コレだと異様に範囲が広くなってしまう。




エロゲでいうとこのちょいファンタジー要素のある鍵作品伝奇に入るか? の回答は厳密にはYesなんだろうけど

世の人が伝奇と聞いて期待するタイプの話じゃないと思う。

奇の部分をメインに語ってる訳じゃないし。

要は「それまでの日常に、非現実的な非日常が持ち込まれる話」みたいな定義なのかもしれない。

たぶん夢枕貘とかの「伝奇バイオレンス小説」が流行ったあたりからイメージが変わってきたんだろうけど、「竹取物語」とか「日本霊異記」とか、そういうのが本来伝奇ですな。

ホラー的なものもあるけど、もっと広い意味での「空想物語」っつうか。

全然違うとか言い切られると、ちょっと悲しい感じ。

ついでに英語でいうとromanceなんだけど、こっちはこっちでまた意味が変っちゃってる。

【1】伝説伝承神話など)あるいは、伝説上の存在魑魅魍魎の類、鬼とか)をストーリーに絡める

【2】非日常日常への侵蝕


というのがおおざっぱな伝奇物の定義かなあ?

2.が分かりづらいかもしれないけど。なんていうか、気がついたら異世界に 片足突っ込んでいたという感覚自分が正しいと信じていたものが実はそうではないかもしれないという感じを登場人物が抱くといったら少しはわかりやすいかな。

伝奇エロゲーには人ならざる者が出てくるゲーム結構あるけど、 周りの人間があっさりとそれを受け入れていて、2.の感じが出てないのは伝奇とは違うかもしれない




■『伝奇

gooネット辞書あたりで引くと「怪奇幻想的な物語」とかナメた反応が出る。

これを言葉通り捉えてしまっては頭に述べたように本当に何でもアリになってしまうので少し、伝奇モノの歴史

語っちゃおう。




そも、伝奇というジャンル開祖としてよく挙げられるのは半村良です。

70年代のことですね。

無論、国枝史郎等の先達があってはじめて彼が浮かび上がるわけですが、

それまで単に荒唐無稽物語として埋もれていた伝奇というジャンル復興し、

現在地位にまで導いたのは間違いなく彼でしょう。

HMにおけるブラックサバスみたいな存在なのです。(ちょっと違うか)

半村の作品神話伝説伝承等をベースにして、

そこに科学的な(というよりSF的な)メスを入れることをその切り口としています

石の血脈」等の作品が持つ一連の流れ、

現代に起こる怪事件を、神話伝説にその因を求め、解決していく」というものが、

現代伝奇作品ベーシックスタイルであるといえるでしょう。

YU-NOなんかにも通じるスタイルです。

もっともあれはワイドスクリーンバロック的な造りをしているので、伝奇の枠に入るとは思っていませんが)

その、半村の引いたレールの上に乗ってきた後続者たちが荒巻義雄、志望田景樹、谷恒生といった人々です。

彼らはそれまで活躍していたそれぞれのジャンル

推理小説であったり、冒険小説であったりする色を添えて、独自作品作りました

伝奇が半村一人のものではなく、一つのジャンルとして成長を遂げた瞬間です。

80年代に入って、伝奇は大きな変革の時を迎えます

二人の偉大な作家が流れを大河に変えてしまったのです。

それこそが、夢枕獏菊地秀行です。

前者が格闘技の要素を、後者がスプラッタホラーの要素をぶちこむことで生まれ

伝奇バイオレンス」というジャンルは凄まじいまでの人気を誇りました。

おどろおどろしくも官能的な美女の絵で彩られたノベルズの表紙に、まだ小学生だった私は、

バンパイアハンターDの人の本だけどエッチな表紙すぎて買えないよぅ」とか思ったものでした。

数多くのフォロワーを生み、まさしく時代の寵児となった伝奇バイオレンスですが、

蜜月は駆け足で過ぎてゆくこととなります

80年代後半の黄金期を最後に、ノベルス界王者椅子ミステリ仮想戦記ものに譲ったばかりでなく、

小説ジャンルとしても大きく衰退していきます

幾つか理由はありますが、一つには伝奇バイオレンスだった筈の作風

バイオレンスの側に大きく傾倒してしまったことが言えるでしょう。

殊にセックス描写等に関しては、ポルノ同然の有様であったといえます

伝奇的な設定の妙にしたところでオカルティックな、とってつけたような設定をもってこなされ、

粗製乱造がなされていったのです。

まあジャンル全体の質が低下してしまったことで、ブーム終焉が訪れるのはやむをえなかったのでしょう。

さて、こうして伝奇モノは数ある中の一ジャンルに帰ってゆくのですが、

多くの人々にその遺伝子を残すことには成功しました。

エロゲーライターにおいてもそれは同様で、「痕」の高橋龍也なんかの(エロゲーにおける)先達は、

間違いなく彼らの血を引いていると言えるのではないでしょうか。

その後については別に私が筆を費やす必要はないでしょう。

これを読んでくれている皆さんの方が詳しいだろうと思います

ここまで言って結局私が何を言いたいのかというと、一つには伝奇歴史を紐解いて分かるように、

このジャンルはあらゆる別ジャンルのもの化学変化を簡単に起こすということです。

名称統一されていなかったの自体その顕著な例でしょう。

伝奇バイオレンス」「伝奇ホラー」、「伝奇推理」などなど。

エロゲーにおいてもやはりそうで、因をクトゥルフ等に求めるものは「伝奇ホラー」、

さっきから板違いっちゃ板違いで扱いにくい痕なんかは「伝奇SF」に本来ならカテゴライズされるものでしょう。

まり定義づけを行うのが本当に難しい。

そういう意味では寧ろ物語構造の方にその特色が強いジャンルだとも言えます

ま、個人としては「伝奇バイオレンス」だとか「伝奇SF」だとかいった「伝奇○○」と続くかどうかで

ある程度は判別可能かもなぁと思ったりもします。

竹取物語」とか「日本霊異記」のような太古の伝奇現代伝奇とは別物として考えた方がいいのかもしれないと思いつつおわり。

2017-02-24

愛国心教育勅語より格闘技筋トレの方が役に立つだろう

自分筋肉だけは自分を裏切らない

国は平気で自分を裏切る

現実を見ろ

ネット愛国とか言ってる雑魚共とタイマン張ったら絶対ワンパンで余裕だわ

ジャックハンマーもガーレンに勝ったしな

2017-02-22

格闘技団体戦なんかやったら、戦略的に一番弱いサポート役を潰して頭数を減らそうぜ、というパターンが増えて生傷じゃすまない。

アメフト審判が見てないところで蹴り入れたりかなりやばい話を聞かされたことがあるけど、そういうもんになるよ。

格闘技って絶対に4〜6人対戦の方が面白いだろう

なんでタイマンにこだわるのか意味不明

テニス卓球ダブルスあるのに

政治アニメに興味持つんじゃなかった…今はマイルドヤンキー尊敬

政治ばかり興味持ってる人間毒親親和性が高いということにも気づいた

アニメばかり興味持ってる人間機能不全家族育ちの親和性が高いということにも気づいた

24時間毎日毎日ニュースをチェックしては辛気臭いニュース感想をネチネチ言ってる父親のことが大嫌いだった

それなのにネットを始めた頃は政治に関心持ってしまった

政治をチェックせずにはいられなかった

本当に馬鹿だった

遊び人体育会系マイルドヤンキー批判する人間は間違いなく毒親の素質がある

日本深夜アニメなんかも本当に嫌いになった

あれらにはディズニーピクサーほど心理描写もないしX-MENなどアメコミのように疎外感持ってる人物描写ほとんどない

それからついでに現代思想だとか社会学だとかニューアカデミズムだとかそういうのも許せない

あんな本に比べたらONE PIECEハリー・ポッターの方がはるかにためになるね(苦笑)

真面目系クズほどコミュ力馬鹿にし子供を不幸にする

これからラップ格闘技勉強もしたい

今最高にハマってるのはヒップホップblue herbnujabesDJクラッシュケンリックラマーとフライングロータス

あっ…ちょっとマニアックだったかな(苦笑)

2017-02-13

見道(側溝で)とレスリング性的)を合わせた格闘技。それがパンティー食らいテイオンだ!!

http://anond.hatelabo.jp/20170212180516

http://anond.hatelabo.jp/20170213201635

暴力って娯楽じゃん

格闘技試合見るの好きな人も全員異常者だとでも思ってる?

2017-01-24

スルメロック先生を見守るスレより

スルメロック先生を見守るスレ [無断転載禁止2ch.net

以下抜粋

0006 名無しさんお腹いっぱい。 2017/01/08 14:29:06

社会問題に逃避してないでちゃんとした漫画を書けよ、っていうのは

自分には当てはまんないのか?って単純に疑問


0011 名無しさんお腹いっぱい。 2017/01/09 12:05:58

自分に対する批判RTして信者に凸らせようというセコさ



0017 名無しさんお腹いっぱい。 2017/01/10 12:55:05

スルメロックはね、昔東方ギャグマンガ描いててそこそこファンも居たんだけど、東方オワコンみたいな事言ってオリジナルプロレス漫画描き始めたんだけど、東方やってた頃よりもビュワー数も減ってね、昨年あたりから今みたいなスタイル漫画描き始めたんだよ。

で、土人ネタが糸畑要にRTされてそれが沢山RTされてから完全にああいう芸風になったんだよ。

昔はまだ映画音楽格闘技元ネタにある教養主義ってのかな?元ネタを知ってるとクスッとくるようなギャグが描けたけど、今はもうダメだね。

ネットウケる政治ネタで衆目を集めて、たまに自分オリジナルネタ入れてるって感じなんだろうけど、昔の方が面白かったよ。




0067 名無しさんお腹いっぱい。 2017/01/17 10:43:14

こいつの擁護で絵を下手だと批判するのは論点ズラしってあったけど、漫画描いてるならあの批判も当然なわけで

しろお仲間はアレを漫画とは認めてなかったって事だな

2016-12-31

いくらサイゲの提供でも、さすがに格闘技は興味ない

2016-12-01

社会に不満があるから自分を変えてテロリストになったんじゃねーか。馬鹿なの?

こうやって体を鍛えて、格闘技を習ったんじゃねーか。


てめーに指図される筋合いはねーよ。お前が目と耳を塞いで孤独に暮らせばいいだろ?そうすれば俺が視界に写ることはねーよ。

てめーの不満を俺に押し付けてんじゃねーよ。

お前が死ねば俺はお前の視界から消えるぜ?お前が死ねば?

2016-11-30

マウントする気持ちがわからない

なんでそんなこともわからないの、簡単じゃん、とかそんなことも知らないの、という先制攻撃を仕掛ける人の気持ちがわからない。

自分学生の頃歌がうまいと言われており、社会人になってからでもどうしてプロにならなかったのか、と言われたほどだった。

しかしそれは基本的日常的に披露するたぐいのものではないし、他者が歌えなからと言って馬鹿にするものでもない。

時折卑屈な目線で見られたり疎んじられたこともあったが、誇る気持ち大人になるにつれて薄れてしまった。歌は楽しい世界のすべてではない。

仮に音が取れない人がいたとして、その場合音のとり方を教えるだけだし、できないからと言って馬鹿にする要因にはならない。

とても失礼な言い方をすると、できない人は掴みさえわからいからできないのであり、素養がないだけなのだ

声の質が悪いならば声に恵まれなかったとも言える。こうした天分は変えようがない。

そして素養がないことは悪ではなく、ただメソッド化して伝えれば良いだけの話だ。

天才にはなれないかもしれないが人並みには歌えるようになるだろう。

その場合においてもできない気持ちを踏みにじる意味特にない。

先日の文章書けないイライラ増田の件に関しては当人にも問題はある。

だけどもできない悔しさに関しては自分だって色々と経験してるし、悔しさが拭えない分野だってたくさんある。

そんな風に嫌なことも経験してるので、特に相手増長してない限り上から臨むこともない。

そんなことも知らない、という発言であれば知ればよいし、簡単じゃん、は上記の理由により簡単ではない人の気持ち理解しろと言いたい。



特定分野が世界のすべてになっている人は、その分野に時間をかけ、自分の一部になってしまった人だ。

そして全てになっている人はそれを失いたくなく、また一番でありたいと望むあまり他人攻撃的な態度を取る。

自分の積み重ねが一日一丁でないならば、自分はすごい能力をもっているのだと思いたがる。

努力した分だけ何かが積み上がっていると錯覚したがる。それが崩壊するのを恐れて同一分野の人間先制攻撃を仕掛けてゆく。

試合前に格下とやらせて勝つイメージを蓄積させる一部の格闘技と一緒だ。今までの自分肯定する要因を他人に求めるのだ。

マウントとはしばしば認められない人間が取る行動であり、認められないなら強引に認めさせてやる、という狂気心理であるとも言える。

まり承認の行動を敵対として表現する愛情表現であるとも言えるし、乾き続ける自分のために生き血の供物を捧げる疑似神でもある。

特定分野でマウントする人は特定分野における理想的・幻影的自己像を欲している。

自分はこうあるべきなのにと思っているが、自然体の自己乖離しているため常に認めさせたがってイライラしている。

自己像の固定のためには相対的な生贄が必要であり、その乾きが満たされることはまずない。

蓄積したもの幻想なのかどうか、という宗教的な問いに関して自身を納得させることは自分でも難しい。

しかしそれは紛れもなく幻想で、自分自身を安定させる一部分ではない。

2016-11-20

不登校の原因は親である

anond:20161114220557

不登校業界の間では有名な話なんだけど、あんまり知られてないので書いてみる。

あ、この話は学校に行かないという選択をした人の話ではなく、行きたいのになぜか行けなくて、どうにかしたいけどどうしたらいいのかわからないって人向けの話ね。




不登校の原因のほとんどは親子関係にある。

の子に対する接し方がおかしい→子供自己肯定感の低下→対人不安不登校って感じだ。



不登校児をいろんな病院に連れまわす親がいるんだけど、ほとんど徒労に終わってる。

不登校は親の愛情不足や歪んだ愛情教育が原因の場合ほとんどだから病院では解決できないし発見も難しい。

まぁ、発達障害学習障害可能性もあるから一度検査を受けるのはありだと思う。



不登校自体は良くある話で何の問題もない。

問題不登校が長期化してしまうことだ。長期化を防ぐためには親の対応というのが非常に重要だ。




学校がつらい?何でもいいからさっさと行け!」

「虐められてる?んなもんやり返せ!」

「なんで学校に行かないんだ!他の子はちゃんと行ってるのに!」

学校にも行かないで毎日家にいて楽でいいわね」

「甘えてんじゃねー!」

学校に行きなさい。親に恥かかせないでよ」

「こんな時間に起きるなんて良いご身分ね」

「お前を産んだのが間違いだった」

「お前は失敗作だ」

こんな対応だと子供は自信をどんどん無くすし、家庭という名の安全基地を失うことになる。

そして精神的に不安定になり、無気力になったり、家で暴れたりする。




親にできること


①どんな小さなことでもいいから一日三回褒める

有名な不登校本に書いてあったもので、最も安価簡単効果的な方法だ。

は?って思う人もいると思うんだけど、まじで効果あるから当事者アトピーゾンビがいうのだから間違いない。

子供不登校になったらまず家の中は安全なんだということを親は態度で示す必要がある。

毎日複数回褒めることで、自分不登校児であっても親は敵ではなく味方であるという安心感が得られる。

家という土台が安定すれば精神が安定し、考えが前向きになりやす不登校から抜け出しやすくなる。



行政NPO相談

不登校児を持つ親が集まって勉強する会をNPO(?)とかが開いているのでそこで子への接し方を学ぶ。

行政相談すると、そういう場所を紹介される。まぁ、ググればでてくる。

ちなみに行政の人が言う「様子を見ましょう」は間違っている。様子を見るだけでは解決しない。

同じ悩みを持っている親と話すことで親自身不安も軽減するからおススメ。



不登校経験者を家に入れる

なんだかんだ言っても、第三者が親子の間に入るのが一番解決が早いと思う。

第三者が家庭に入ることで親子間の緊張やもつれが解かれる。

僕の場合は、NPO不登校経験者の人が家に来てくれて雑談をしてくれた。

不登校経験者でも社会でうまくやっているという事実を知ると安心するし希望になる。

不登校になったら人生終わりだと思い込んでいる不登校児もいるからその思い込みを解ける。

対人不安を抱えている子供訪問拒否していてもとりあえず呼ぶといいと思う。

家と学校以外の人と話すことで道が開ける可能性がある。




不登校児用の家庭教師(不登校経験者)をつける

勉強への不安がなくなることで学校に行きやすくなる。

不登校経験者と話すことで将来に希望を持つことができるようになる。


親が変われば子は変わる。

これマジだから。僕は親が変わって精神的にめっちゃ楽になった。




子ができること


人生の基本を崩さな

不登校児は昼夜逆転をしやすい。

昼間起きていると学校に行ってないことに罪悪感と不安を覚えるからだ。

生活リズムが崩れるとそれをきっかけに生活習慣が崩れる可能性が高い。

そうならないように、運動瞑想野菜350g、良質な睡眠という人生の基本を崩さないことが重要だ。

まぁ、完璧主義にならないように、ほどほどにやっていこう。



②本を読む

対人コミュニケーション自己啓発ビジネス学校関係(スクールカーストとか)、精神障害心理学、脳、育児毒親など

ここら辺は役に立った。

本を読むことで視野が広くなる。

本の知識によって精神に余裕ができる。こういうときはこうすればいいんだなって思いつきやすくなる。

今の自分状態客観視できるようになる。

自分同級生が知らないことを知っているという精神的優位性を確保することが大事




勉強

だいたいの不登校児は自己肯定感が低いため自分頭が悪いと思い込んでいたりする。

実際は普通な人が多い。

勉強方法の本を十冊くらい読んでおくと学習スムーズになる。

不登校児用の家庭教師(不登校経験あり)に頼めば不安も少ない。

不登校児は人と話すことがほとんどなくなり脳が退化しがちだから音読することで脳を活性化させよう。

人が怖いなら、精神科カウンセリングを受けるべき。

治療中はネットにある授業動画で学んでおくとかするといい。

人に習ったほうが、学力と同時に対人スキルが身につくからおすすめ





格闘技を習う

殺そうと思えば目の前の相手を殺せるという強いメンタルを手にすることができる。

ボクシングとか柔道とかおススメ。




精神科に行く

症状が酷いならカウンセリングとか認知療法とか受けるといい。

医者にも相性があるから自分に合う人に出会うまで色々行ってみるといいと思う。




⑥転校

親と離れることで精神的に楽になる場合がある。

沖縄とかの誰も知らない学校に行くとか。

合わなかったら戻ってくればいいんだし。何でもそうだけどトライエラー大事




⑦好きなものを見つける

音楽、絵、小説ラノベ映画漫画スポーツ創作など、

何でもいいんだけど、何か嫌な思いをしても、まぁこれあるしいいっかと思えるものを作っておくといい。

精神的逃げ場があると精神が安定しやすい。



⑧グレる

いっきりぐれるっていうのもありだと思う。たばことか酒とか簡単な悪いことをするとか、髪染めるとか。

殺意と悪意と憎悪を持って生きる。DQNを目指す。

人生は勝つか負けるかじゃねえ。勝つか死ぬかだ!全員ぶっとばしてやるぜ!って感じの悪い奴になる。

コミュ障よりましな人生になる。




夜のフリースクールってあるのかな?

不登校児は皆が学校に行っている平日の昼間に外に出ることに対して抵抗がある。

「変な奴だと思われたらどうしよう。知ってる人と出会ったらどうしよう」みたいなことを考える。

夜だったら小中高生が外を出歩いていても不自然じゃないから堂々としていられる。

から、夜のフリースクールがあるといいと思う。

そこで基本的な対人スキルを磨いたり、勉強したり、進路のこととかを第三者相談できればいいと思う。




ちなみに、教室に戻りたい保健室登校者が中々教室に入れないのは自己肯定感ほとんどなくて人が怖いからだ。

「本当はみんなと一緒に教室で授業を受けたい。でもできない。なんでだろう」って思ってる。

から親子関係確認したり、NPO相談したりするといいと思う。

学校と家以外の人とのつながりを作るのが大事



精神治療でも遅れた勉強を取り戻すでも対人スキルを磨くでも、何かしら動き続けていれば大きな問題にはならない。

停滞は衰退という言葉を脳に叩き込んでおこう。



かなり主観的アドバイスも入ってるんだけど何か役に立ったらいいなと思うのでした。終わり。byアトピーゾンビ

2016-10-31

人としてよりオタクとして…

・はじめ

 先日追いかけてるアイドルの節目なライブに行ってきたのですが、そこであった事に対してめっちゃモヤモヤしていたので整理のために書きますチラシの裏に書けよという話なのだが何かネットに放流したくなったので。


・何が起きたのか?

 そもそもこの記事を書くきっかけとなった出来事について触れないといけないのですが、その節目のライブとある盛り上げる曲で、オタクがサーフ(人を波みたいに乗る芸)をしながら謎の液体を毒霧現場に撒き散らす、食べ物を投げたり、果ては歌っているメンバーの一人に接触してしまったということがあったのです。この事について、メンバーもインスタやブログで反応をしており、行っていたオタクから否定的意見が出ておりましたし、謎の液体が服にかかってシミになって落ちないというツイートも見かけました。その主犯のオタクは日頃会場ではリフトやサーフをよくする盛り上げ役みたいな立ち位置にいたのですが、今回の件はやはりやり過ぎたという声がチラホラ聴こえてきました。


オタクとして

 それを見て感じたのは、人としてよりもまずオタクとして大事スキルモラルを欠かさないで欲しいということ。ここで言うスキルは「現場空気を読んで場を盛り上げること」に尽きる。決して場を壊しかねない騒ぎ方はしないいうこと。正直盛り上げるのと騒ぐことの線引は不可能アイドル現場なんてオタクコールMIXを前提に曲が組み立てられていることも多いので、地蔵で静かに見ることが正義とは全く思わないし、声出してナンボみたいには考えているのですが、曲や場を読み違えた盛り上げ方は最早ただただ騒いでいるだけに見えます。それってもうオタクとして重大な欠陥を抱えているように思えるし、ましてややり過ぎて、「一線を越えないように限界まで振りきれる=振る舞う」ことが出来ないのは、オタクとしてのモラルが無いと声を大にして言っているようなもの。場も読めない。モラルもない。そんな奴現場必要か?いらないでしょ。

 ぶっちゃけ、その手のオタクは「現場を盛り上げるため」とか「音楽で高まってしまって…」とか「推しに見て欲しくて」みたいな言い訳を並べがちなのだがそんなのはウソです。単純に自分妄想に従って騒いでいたいだけ。で、多分本当におかしくなってしまう人って、そこすらも開き直ってるんだろうなと思う。自分が騒ぎたいから騒いどるんや(ドヤ顔)みたいに。であれば、、、騒ぎたいのだったら、、、あなたカラオケボックス孤独に騒いでいてくれ。。。

 正直、今回のことで今まで無かったレギュレーションが増えると思うし、使った会場のオーナーからも多分苦情がアイドル運営側に行っていると思う。自分がもし会場のオーナーだったら、オタクライブにかこつけて会場を変な液体ぶちまけて汚したり、パンを投げたりしたらイヤでしょ?そんなアイドルにもう一回会場を貸したい思うか?絶対レギュレーション追加するとかの条件出すよ。

 で、今回はアイドルへの「一線を越えた」ことがあったので、運営側も今後の方針を変えてサーフとかリフト禁止するかもしれない。プロデューサーにしたら自分の娘みたいなアイドル達に怪我でもさせられるくらいなら…と思うのが普通だと思うんだけどなぁ…もう終わった事なのでgdgd考えても…だけど。


・直接言わないのは何故か?

 こういう記事を書くと当事者に直接言うべきだという声が聴こえてきそうなんですけど、はっきり言ってそれは怖いのでやりたくないと言うのが正直なところ。今回やらかしオタクは。いつも数人のグループでつるんでいて、全員が同じように現場で騒いでいるように見える。類友ですわ(傍からみるとね)。そんな人達に直接物申す度胸が自分には無いです。普通に音楽で狂ったような事をする人が、見知らぬオタクに注意されてちゃんと聴き入れるとも思えないし、逆にライブ中の喧騒に紛れて暴力行為を働かれると思ってるし(実際にそういった事を匂わすツイートをしている)。こちらは一人で、体も弱くて、格闘技経験も無いひ弱なオタクなので実力行使をされると負けるので、こういった記事を放流して巡り巡って当人の目にするところとなった時に、自省をして欲しいなぁって思ってます。そうなる事は天文学的確率であることは重々承知ですし恐らく0ですが、僕が出来ることはこういう風に小さい声をあげることしか無いなと思って。同じ理由匿名ダイアリーでこの記事を公開しています。根っからの臆病者です。どうもすいません。

 もし本当にアイドルが好きで、盛り上げ方をちょっとだけ間違えてしまったのなら、もう場を壊さないように自省をして欲しいというのが本音でもある。あなたの推しが、売れたくないしあなただけ居てくれればそれで良いって言うアイドルなら今のままで結構ですが現実はそうではないので。皆で楽しく遊ぶ為に最低限のモラルを持って、節度のある盛り上げ方が出来れば絶対楽しくなるはず。別にリフトするなとか、サーフするなとかは全然思わないし。むしろやるべき曲もあるとは思いますし…

2016-10-25

http://anond.hatelabo.jp/20161025144545

手刀は実戦でまるで役に立たない。拳を使うのが当然。この増田素人格闘技教官の話というのはフィクション

英の特殊部隊SAS格闘技教官(格闘技の元イギリスチャンピオン身長170cmに足りない小柄な人)が隊員達を前に語った。

「今から私が諸君に教える格闘技は私の格闘技歴27年の実績に基づいている」

「だが私の格闘技歴の最初の25年はまったく無駄だった」

身長2m体重100kgで手刀と簡単回し蹴り習得した人間相手にした場合格闘技はまったく通用しない」

タンスの角に頭をぶつけたらすごく痛いだろ? 体重100kgの人間が全体重を拳にのせて打ってきたパンチが当たったら諸君は間違いなく気絶する」

そこで教官身長180cm体重90kgの隊員を指差してこう言った。

「彼が私に向かってきたら私は彼の鼻を喰いちぎってひたすら逃げる」

2016-10-13

http://anond.hatelabo.jp/20161013130451

単に需要がないな。

試合数の少ない個人競技である格闘技と違って球技を細分化したら大変だし。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん