「まだ子」を含む日記 RSS

はてなキーワード: まだ子とは

2017-05-18

補足解説 ともあれ、ハイヒールは滅ぼさねばならない。

ともあれ、ハイヒールは滅ぼさねばならない。

http://anond.hatelabo.jp/20170516141639

↑ これの筆者である。私がこのエントリを書くにあたって意識したのは、共産主義ファシズム、ラディカル・フェミニズムだ。そこにミソジニーの味を加えてみた。

ついでに、最近話題ポリコレも組みこんだ。その点ではリベラル思想も汲んでいる。

文章はいい加減だし、今日日本において実現可能性はゼロだと思うが、この主張自体はマジメに唱えているつもりである

  

  

"自由"の抑圧こそが必要

たとえば、労働問題について考えてみよう。

過労死するほど働く自由」と「過労死するほど働かない自由」の両方を労働者に与えれば、それで十分だろうか?

私はそうは思わない。読者諸君も、一部のリバタリアンを除けば、「過労死するほど働く自由」を認めないはずだ。

  

過労死するほど働く自由」なんていうものは、たとえそれを望む労働者がいるのだとしても、決して認めてはならない。政府長時間労働を厳しく規制し、それを抑圧することが必要だ。

人が趣味や遊びをやりすぎて死ぬというのは愚行権範囲で、一応は自由だと言えるかもしれない。しか労働問題においては、そういう権利適用するべきではない。

  

長時間労働は、それをやる自由とやらない自由の両方を認めてしまった場合ブラック労働環境の中で強制的にやらされて苦しむ人が続出するのが明らかである

女性労働するときハイヒール・化粧についても、これと同様のことが言える。

  

「上から改革」が必要

明治時代日本でも、あるいはどこかの後進国でもいいが、近代化過程では必ず「上から改革」がある。

旧弊に従う自由も、旧弊に従わない自由も、どっちも認めましょう」という生半可な方法では、おそらく近代化を達成できない。国民はややもすると旧弊に従おうとするからだ。だから政府が強権的に指導し、旧弊排除することで、国民はようやく新時代適応できる。

  

たとえば女性差別がひどい国では、政府女子教育権利提唱しても、おそらく多くの国民はそれに従おうとしない。

権利を与えるだけでは、都市部のごく一部の家庭が娘を学校に通わせるにとどまるだろう。貧困層田舎にまで女子教育を普及させるには、政府国民権利を与えるだけでは不十分であって、その権利行使することを国民義務付けなければならない。

  

重要なのは政府国民全員に強制することである

「おらが村では女子教育なんてやらない」とか、「うちの家庭は伝統的な女性にふさわしい育て方をしたい」とか、そういう保守的な反発をするのは男性だけではない。母親祖母も「女はかくあるべし」と考えている。「女子学校に行かせる余裕なんてない。家の手伝いをさせたい」と思っている毒親もいるだろう。

そして女子児童は、当人まだ子であるため、自分がどういう価値観に従うべきかを判断できずにいる。

ここにおいて「多様な価値観尊重せよ」などという主張は有害だ。政府旧弊にまみれた価値観をきっぱりと否定しなくてはならない。

  

当然ながら現代日本で、後進国近代化するときのような強権的なやり方は適さない。とはいえ、政府会社のお偉いさんが主導しなければ何も改善しないというケースが多いのも事実だろう。

たとえば就活会社説明会服装自由と言われたら、参加者は皆がスーツを着てきたという笑い話がある。こういう未開社会のごとき状況を改善するためには、「必ず私服を着ろ。スーツを着るな」という強権的な命令必要だ。

から改革をおこなって、下々の者は全員一斉に従う。――今日でもこれが最も現実的手段なのだ

  

ポリティカル・コレクトネス必要

私はなにも女性からハイヒール・化粧の権利を奪おうというのではない。会社官庁ではそれを禁止しろと言っているだけである

前回に書いたとおり、ハイヒールも化粧も、やりたい人だけがプライベート時間に楽しめばよい。(短髪はすぐに伸ばせないけれども、それならカツラをつけて好きなヘアスタイルにすればよい)

  

私がこのように主張するのは、リベラル思想の影響を受けたからだ。

もし本物の極左ファシストであれば、プライベート時間にもどんどん介入し、ハイヒール・化粧を完全に禁止するであろう。しかし、私はそこまで厳しい統制には反対である

  

近年、女性蔑視の"萌え絵"等が問題になっているのをよく見る。

そのときリベラル側の主張は、「女性蔑視表現政治的に正しくない。プライベートでその表現を楽しむ自由制限するつもりはないけれども、公共の場所ではちゃんとポリコレ配慮せよ」というものであった。

私はこれに賛成だ。そしてそうである以上、ハイヒール・化粧もまた、公共空間から追放せねばならないと思う。それらのものは非常に女性蔑視であるからだ。

  

もっとも、ハイヒール・化粧は女性たちが好んで選択しているという場合が多いだろう。

女性主体性尊重しましょう」――これがリベラルにとっての錦の御旗なのだ

しかし、私は世のリベラルほど無邪気になってその御旗を掲げることはできない。前回に書いたことの繰り返しになるが、女性ハイヒールや化粧を好んで選択することは、被差別者がなぜか自分の受けている差別肯定するという現象からである

被差別者が望むならば差別を受ける自由はあるのか? 被差別者であればその差別正当化してよいか? これはきわめて難しい話である。ただ一つ言えるのは、ここにポリコレ的な問題意識を持たないリベラルは、よっぽど鈍感か、よっぽど不誠実ということだ。

(この意味では、リベラルを気取っているフェミニストなんかより、ラディカル・フェミニズムの方が先鋭的になって突っ走っている分だけ、かえって正しい認識を持っている。)

  

ミソジニー必要

私は歴史に詳しくないため、このさきは与太話しか書けないが、昔の中国には纏足という習俗があった。

そしてこれはあまり知られていないことだが、お上纏足強制していたわけではない。とりわけ清朝漢民族のこのバカらしい習俗忌避し、それを禁止する傾向にあった。にも関わらず人々は好んで纏足選択し、競うようにその美しさを賞賛していたという。

女真族満州族)の建てた清朝纏足禁止令を出しても止めようがなく、結局、義和団の乱以後の近代国家への動きの中で反対運動が起こり、まずは都市部罰則との関係で下火になった。しかし隠れて行われ、中国全土で見られなくなるのは第二次世界大戦後のこととなる。最終的に絶えた理由として、文化大革命反革命行為と見なされたこともある。このため、現在でも70歳以上の老人に一部見受けられる。

Wikipedia纏足

孫引きになってしまうが、以下のような話もある。

当時、女性が嫁に行くと、嫁ぎ先では何よりもまず最初に、花嫁の足を調べた。大きな足、つまり纏足をしていない普通の足は、婚家の面目をつぶすものだ。姑は、花嫁衣装の裾をめくって、足を見る。足が十二、三センチ以上あったら、姑は裾を投げつけるようにして侮蔑をあらわし、大股で部屋から出て行ってしまう。婚礼に招かれた客は、その場にとり残された花嫁に意地の悪い視線を投げかけ、足を無遠慮に眺めて、聞こえよがしに侮蔑言葉を口にする。母親なかには、幼い娘の苦痛を見るにしのびなくて纏足を解いてしまう者もいる。だが、成長した娘は、嫁入り先で屈辱を味わい世間非難あびると、母親が心を鬼にしてくれなかったことを責めるのである

ユン=チアン(張戒)/土屋京子訳『ワイルド・スワン』上 1993 講談社刊 p.19-20

http://www.y-history.net/appendix/wh1303-082.html

この引用で注目するべきは、姑や母親たちが纏足を推進していたということだ。

そして子供とき纏足を痛がっていた娘自身も、親に纏足してもらえてよかったと考えていることだ。

  

さらに言うと、纏足は、男性中心の社会から女性たちが悪弊強制されていたという観点だけで語ることはできない。それは女性自身が願望するところの"オシャレ"でもあった。

纏足は、女性の誇りだった」「女性は肉体で動くから、痛みに耐えれば、高貴でよりよい人間になる」「母から娘への 女性になるための教え」「痛みを通して、身体を使って、女性成功する」「足をより小さく、洗練して優美にすることで、女性は大きな誇りを感じた」

http://coconutpalm.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/--10---0239.html

西洋女性を苦しめたコルセットにしても、きっと纏足と同様、女性自身が望んでやりたがるオシャレという側面があったはずだ。

これはまさしく、現代日本女性が「ハイヒール・化粧はめんどくさい。強制されるのは嫌だ」と考えていながら、一方ではそれをやりたい願望を持っていて、結局それが手放せなくなってしま自家撞着するのと同じ心理だ。

ハイヒール・化粧をやるかどうかに関して、「女性主体性尊重しましょう」とか「強制にならないかぎり両方自由です」ということを言っているリベラルは、あまりに鈍感かあまりに不誠実か、そのどちらかのために、この観点を見落としている。

無論、健康面やそれにかかる手間を考えれば、纏足コルセットよりもハイヒール・化粧は随分とマシである。ただ、それは差別過酷ものから軽いものになったというだけだ。進歩はしているけれども、まだ差別を克服できていない。

から我々はさらなる進歩のため、おしゃれをしたいという女性の願望を抑圧しなければならない。ハイヒール・化粧を好んで選んでしま女性性(女性らしさ)は、政治的に正しくないのである。逆にそれを憎悪するミソジニーこそが政治的に正しいのだ。女がオシャレをやめることで初めて男女平等を達成できると私が主張するのは、この洞察に基づくものである

なお、議論はここにおいて、私が冒頭に書いた長時間労働問題につなげることができる。「過労死するほど働く自由」を是認しようとする資本家知識人は、プロレタリアの敵である。我々はこれを打倒しなくてはならない。

この理論適用すれば、女がオシャレをする自由是認しているリベラルと一部のフェミニストこそ、女性差別の温存を図っている連中だと言えるだろう。

  

終わりに

twitterをなにげなく読んでいたら、たまたま的確な言葉を見つけた。

リベラリズム本質的価値-自由平等など-は、どこにあるのか? 逆説めくが、リベラリズム自体はその本質的価値原理主義の激しい攻撃から救えるほど強くはない。 リベラリズムがその重要遺産を生き延びさせるためには、ラディカルな左派の同志愛による助けが必要となるだろう。

スラヴォイ・ジジェクbot @SlavojZizek1949」より

https://twitter.com/SlavojZizek1949/status/864981669509332995

前回のエントリは、穏健なリベラリストから散々顰蹙を浴びた。それは投稿前に分かっていたことだ。

しかし私は、どちらかと言えば多分「ラディカルな左派」寄りの立場から、まじめに女性差別撤廃せよと主張したつもりである

ジジェク言葉どおり、リベラルはここからの援護を受けなければ、その遺産を存続させることさえできないであろう。

2017-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20170514233850

まだ子供作ってないのに、子連れ節約飯場はなぁ

まぁ増田はその程度の女ってだけだから

自分を磨いてより高く売るか

諦めてフードコート男に種つけてもらえ

2017-04-29

日本子供だらけ

そう感じるようになったのは、2000年から

当時は自分まだ子供だったのだけど、そんな子供ですら周りが子供に見えたのはネットから

そう感じたきっかけは、ちょっとした掲示板でのやり取り。

誰が何を言っても、まずは周りを否定することから始める人がいた。

その人が否定して相手を徹底的に貶し始めると掲示板が荒れ放題になる。

一人の心無い行動のおかげで荒れまくったのだけど、気がついたら皆が荒んでしまって

新規既存わずで手当たり次第に噛み付く人だらけになっていた。

学生から成人まで、みんなが個人攻撃する様は小学生いじめのようだった。

うんざりしたので掲示板にいくのは止めた。それからは気が楽になった。

現在になって、ここ数年で特に感じるのはネットからの子どもたちが外に飛び出してきてしまった。

ネットは相変わらず、相手に対して煽り攻撃の繰り返し、社会でも政治家同士の子供の喧嘩

最近また話題になってる学校保護者のやりとり。

一般的常識の欠如した人たちの心無い行動。

注意されれば逆ギレを起こす人たち。

長々と説得されるような文章レスされると理解しようとせずに「長文乙ww」で済ませてしまう人たち。

相手の言っていることを理解しないで流す事ばかりしているから成長しない。

子供大人も成長しないままで、どうするんだろうね…。

学校関係でもPTA教師を殺そうとしているレベル要求をしているし、

政治家政治家で足の引っ張り合いが一番になってて国全体を本当に見ているのか怪しくなってる。

ネットでは日々、煽ったりしながら他人攻撃しているだけの頭のおかしい人が減らない。

当たり前だけど、自分完璧じゃない。けども、上の事を考えるくらいの力は持ってる。

でも、社会でああいう行動を行っている人たちはその程度の考える力も持っていないんだとも思ってる。

もし仮に疑問に感じる事があるなら、今までの自分の行動に恥を感じるんじゃないかと思う。

そういう気持ちが一切ないままだとしたら、やっぱりその程度の力も持っていないんじゃないかな。

いくら多種多様意見があるとしても、相手を傷つけるくらいの言葉かそうじゃないかくらいは判断はできるはずなんだよね。

言葉を選んで回答するという配慮ができない人が多くなってきているのが辛い。

そんなに相手を傷つけたり、つまらない諍いに発展させようとしている人たちは何を考えているのかが分からない。

こうしている間にも増田では、他人攻撃するトラバが絶え間なく続いている。

そういう人たちは「自分がやられたら嫌と思うことを他人にしない」という幼稚園児でも習ってわかっている事が学べていない。

大人になればなるほど、嫌なことをしないっていうのは理解が深まるはずなのに出来ない。

なんでだろうね。

こんな日本がこれからも続くというのはゾッとするよ。

2017-04-17

埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査

http://www.asahi.com/articles/ASK4J3VPPK4JUTNB004.html?iref=comtop_8_08

埼玉県内で人並みに暮らすには月約50万円の収入必要で、

と書かれていてマジかよと一瞬思ったけど、

いずれも夫は正社員で妻はパート勤務、車はない設定。

これ見て納得。

まだ子はいないけど、夫婦合わせても45万だからなぁ我が家は。

そろそろ転職か……。

2017-04-14

あたしンちの娘

日曜日、朝刊におまけのように付いてくる日曜版に掲載されていた「あたしンち」を読むのが好きだった。

あたしンちは、どこにでも在るような父母と姉弟の何気ない家族の話しだ。

どこにでも、というには立花家のお母さんの性格個性的だけれど、「両親と2人の子供」という家庭は、ごくありふれたものだろう。ありふれたものだと、世間知らずの子供だった私はそう思っていた。

あれから20年近くが経ったけれど、私にはまだ子供がいない。将来的にもいないままな気がする。結婚したら、子供は産まれ母親になるものだと思っていたけれど、そういうものでもなかったらしい。

今になって思えば、何故「結婚したら子供が産まれ母親になる」と思い込んでいたのだろうと首を傾げてしまうのだが、確かに「あたしンち」を読んでいた頃の私はそう思っていたのだ。

子供は産まれない。子供が産まれいから、母親にはなれない。

養子という手もあるけれど、健康的な理由子供が育てられないのだから養子を育てるのも難しい。

それを悲しいと思うことはあまりないのだけれど、時折、言い表しようもない虚無感に襲われることがある。

友人や知人が子供の話をするのを聞くのは好きだ。

育っていく子供たちが健やかなのは嬉しい。予想もしないような言動も、聞いていて楽しい。苦労を分かち合うことは出来ないけらど、話を聞くのは好きだから、どんどん話して欲しいとは思う。

けれど、やはりどこか他人事だ。育児エッセイを読んでるようなそんな気分。

ああ、私はあたしンちの娘のまま、あたしンちのお母さんになれなかったんだなと、「あたしンち」の漫画を久しぶりに読んで思ったのであった。

その漫画は「お花見」の話で、相変わらず立花家のお母さんは楽しそうだった。

2017-04-12

親友子供ができた

しばらく同棲を続けていたが、旦那バツイチのため結婚を渋っていて

このまま待っていてもずるずる行くだけだなと思い、避妊具の使用をなくしたそうだ。

実際、子供ができたらできたで旦那は「まだ結婚もしてないし…」と渋ったそうだが、旦那の親が「何言ってるの!結婚して産むに決まってるでしょう!」と言ってくれて無事結婚することになったと。

親友は厳しい親御さんに育てられた箱入り娘で、

旦那と付き合う前は、仕事が終わった後に彼氏食事に行く私に「夜遊びとか、ないわー」っていうのが口癖だった。

(夜遊びと言っても門限は23時なので20時ごろに合流して、ご飯食べて22時ごろに帰るただの食事だけど)

ところが、彼女彼氏ができたとたん彼氏の家に転がり込み半同棲状態

彼女の母も「あなたは間違いを起こす子じゃないわ」と許してくれたらしく、それはまあ楽しそうに毎日を過ごしてた。

1年ほど付き合って、めでたく親友結婚したけれど私は親友結婚した寂しさも感じつつ、それとはまた別の感情で落ち込んでる。

親友とは小学校入学した時から20年付き合ってる。

学校が離れてからも毎月のように時間を見つけて出かけていたし、電話で近況報告をしたりしてた。

一緒に大人になってきたと勝手に思ってた。

でも、私にはまだ子供を持つ勇気が持てない。

経済的に厳しいというのはもちろんのこと、私が親にしてきてもらったように無償の愛を子供に注げるか?って思うとまだ自信がない。

私はまだ大人になりきれてない。

でも、同じ時間を歩んできたと思ってた親友はその恐怖心をあっさり乗り越えた。

結婚しよう!子供を育てよう!って覚悟ができてた。

同い年で、ずっと一緒にいたのに、どこで覚悟の差ができちゃったんだろう。

2017-03-25

http://anond.hatelabo.jp/20170325112126

そもそも実際ロリコン(とみなされてる人たち)がよくターゲットにしているJCJKだけど、早ければ14歳ぐらいか

子供作れるわけだし、実際には作れないのに認識不足で2,3歳ずれて考えてしまうことも

自然界ではあったりしないんだろうかって思った。

ロリコン扱いされてるけど、実際に対象にしているのは普通に20過ぎた女とかいタイプロリコンとか

もはや場合によっては本当に子供作ってもおかしくないわけだし。

だいたい子供作れるベースで考えたら、自分まだ子供作れない状態恋愛感情を抱く人間もたくさんいるじゃん。

子供作れない相手欲情してるなんてのはペドじゃないのか?

2017-03-23

疲れた

もう疲れました。

昨日から両親は名古屋にいます

妹の大会応援。遊びではないとは言え、私も行きたかったです。

土曜日に帰るそうです。

その間私はバイトです。

両親が名古屋で美味しいご飯を食べている間

妹と団欒している間

私は冷凍チャーハンを食べ

ぐーぐるで「自殺 方法」「自殺 飛び込み」「自殺 簡単

などと調べています

行きたい学校がありました。

東京の真ん中にある学校です。

お金がないから辞めてほしいと言われました。

妹が私立校寮生活をしているからでしょう。

まあかく言う私も通信制高校に通っているんですけど。

そのせいでお金ないんですけど。

でも今だけはその話ナシにしません?

さておき。明日バイトです。楽しくはないけど辛くもないバイト。行きたくはありません。

明日は私だけが仕事です。

わたし名古屋行きたかったな。

わたしと妹ジャニヲタなんですけど、妹は大阪公演行けるんです。

私も大阪コンサート行きたい。

妹は飛行機に乗って行きましたよ。

はいつも高速バス東京なのに。

親は毎月わたしを一人にして妹の大会応援に行きます

妹のことは好きです。大好きです。

からこそなんか嫌

妹だから可愛がられて当然だけど

可愛いから甘やかされて当然だけど

練習頑張ってるからお金出して当然だけど

せめてわたしも行きたい学校に行きたい

死のうかなって思ってます

新幹線なら一発かな。

とか言って多分ヒヨって何もしません。

きっと目の前で新幹線が横切るのを眺めて、次の電車に乗って仕事へ行くんだと思います

辛い。

改行とかもうどうしたらいいのかわからん

たすけてー

旅行なんて行ったことないし

なのに妹とお父さんとお母さんは名古屋で遊んでる

三人の中ではそれは旅行になってるのかな

あー妹だけ中学卒業旅行友達ディズニー行ったの思い出した

わたしなんて最後に行ったの中学修学旅行だわ

わたし友達ディズニー行きたい

大阪コンサート見たい

名古屋行きたい

なんでひとりにするのー

高校生だけどさ

一応さ

子供じゃん

何もしないと思ってるのかな

男連れ込んでるかもよ

自殺するかもよ

失踪するかもよ

心配してないのかな

頼られてるのかな

信じられてるのかな

重いよー

まだ子供だよー

みんな春休みで遊んでるのにさー

わたしだけバイトだよー

誰か助けてよー

2017-03-22

小4から勉強漬けにしてもマーチ

知り合いの子来年東大目指して浪人するらしい。

の子の話は小さいこから聞いていて、小学4年から進学塾に入れたりとか、6年のときには一番上のクラスで最難関目指してるとか、御三家落ちたけどそれ付近中学には合格したとか、中学高校でも東大目指して勉強勉強勉強してきたとのこと。けど、今年、マーチレベルには受かったけど早慶に落ちて、東大にも落ちてしまった。

あらゆるもの犠牲にして8年勉強しても合格できなかった事実。(『ひょっとして勉強センスないんじゃ・・』というのは彼女の前だとタブー・・)9年勉強しても入れるかどうかわからない。

時代が違うのかもしれないが、自分経験ではマーチなんかは高3年の前半まで部活やって2学期からやっと本腰入れても受かるっていうイメージがあったし、東大に行った子だってそんなに勉強勉強してる雰囲気はなかった(ほとんど1浪だったけど)。

の子供たちの受験勉強は小4から始まってしまうという。自分にはまだ子はいないが、なんともシビアな世の中になってしまったものだと思う。

2017-03-15

昨日,嫁から生理が来ない」って言われた.

まだ子供は先で良いって思ってるし,結構ちゃんと避妊はしているつもりだったのに,って思って,

考えても悩んでもしょうがないし,偶々遅れているだけな可能性もあるよねって頭では理解っているのにどこか気になってしまって,

とりあえず Google に「コンドーム 裏表 間違える 妊娠」とか打ち込んで出てきた知恵袋とかキュレーションサイト記事とか斜め読んで,

もちろん何の知見も得られず安心感ももたらされず,「だよね〜」と一人呟いて iPhone を閉じた.

たまーにやってしまうこの類の無駄なググりに名前をつけたい.

2017-03-06

趣味を捨てるしかないのか

アラサー専業主婦子ども2歳。

夫が家の片づけ中に、

「いい加減、これも要らないんじゃない?」

と投げてきたファイル

わたしの好きなキャラクターぬいぐるみPOPとかシールとか、ポスターとかが入っている。

去年、たくさんいたぬいぐるみわたし実家に送れと言われ、拒否権はなくそうした。

片付かない、置く場所がない、とか理由は色々あったけど他は後述。

ファイルは2つだけだし、置き場がないとかいうほどのものでもないし、

たまに眺めるだけなのに、ダメなのかと聞いたら、

40や50のおばさんになってもそんなものが好きなのか、

恥ずかしい、だからいつまでたっても学生とか子供とか言われるんだと返された。

ぬいぐるみ実家に送ったときも、まだ子供だ、学生気分だ、自立するためにぬいぐるみ処分しろと言われたのだけれど、

そのときの話も今日の話も全く腑に落ちない。

昔は夫も一緒に楽しんでいてくれたことなのに、

いつから夫は変わってしまって、なんでわたしはずっと変わらないままなんだろう。

好きなものを置いておくことも恥ずかしいと思われるなら、

彼はわたしの何が良くて結婚生活を続けようとしているんだろう。

頭がぐちゃぐちゃになってずっと泣いていたら、もうファイル処分しなくていいよってことになったけど、

夫が思っている、恥ずかしいとかバカにするような内容は変わらずあるんだろうなって考えると、

このまま生活できるのかが不安で仕方ないし、まだ涙が出てくるし、どうしていいのかわからない。

子供可愛い育児で疲れることもあるけど楽しい

専業主婦という身分だし、夫は仕事頑張ってくれていると思うしそれは感謝すべきだと思う。

子供のためにもこの生活は続けなきゃと思う、思うけど、

わたしはまだ、好きなものは好きだし捨てられない。

どうやったら、諦められるのかな。

2017-02-20

20代後半女性だが、最近向上心が薄れてきている。

 

 

10代や20代前半はなにかと向上心があった。

綺麗になりたいとか、賢くなりたいとか、スキルつけたいとか、精神的に強くなりたいとか、

実行できたかどうかは別にして、向上したいという気持ちは常にあった。

から無駄なく時間を使いたいと思ったし、なにはなくとも日々充実がしていたと思う。

 

 

20代後半になってから向上心がないわけではないが、面倒くさい、ゆっくりしたいとか、

辛いことから逃れたい、頑張りたくない気持ちが強い。

から、今後生きていくことに対するメリットというか「良さ」が見いだせないでいる。

 

 

生きてても結構辛いことたくさんあるよなーって。

逆に幸せなことってそんなにないよなーって。

 

 

別に自殺願望もないし、鬱でもないけど、

ああ明日仕事で嫌だとか、老化していくことへの絶望とか、この後生きてて楽しいのかな?という疑問がすごくある。

 

 

楽しいことに目を向けるようにしてみても、

なんか辛いことにフィルターをかけているような、

生きている価値を無理やり見出しているような気分になる。

そんな無理やり幸せ感じてどうすんだよ的な気持ちがむくむくと湧き出る。

 

 

そのくせこんな気持ちになるのが早すぎるというか、まだ20代後半なのに今後大丈夫か?という不安もある。

50代後半くらいなら、後は楽して楽しく生きようもありだって思えるのかもしれないけど、

いやまだ寿命までいきるとしても折り返しもまだ先なのに、って焦る。

 

 

そんなふうに考えてしまうのはまだ子供なのか?

どうやって生き生き生きてんだよ。

いきいき人生ってなんだよ。

 

http://anond.hatelabo.jp/20170220112914

賛成。選挙カー全面的廃止する法律を作って欲しい。

まだ子どもが小さくて生後間もないころ、なかなか寝なくてすごく大変だったのに、選挙カーのせいで寝かしつけの苦労が水の泡になった恨みは忘れない。

2017-02-14

【ねぐれくと】自閉症次男はお米が好き

訳あって嫁とは家庭内別居状態

小学生6年、小学生1年の子供が居ます

小1の子供は自閉症持ち(精神年齢2~3歳)


嫁は宗教的なとこに嵌って家にあんまり居ない。

俺は、離婚を前提にしてるので家族と関わってない。

嫁がね、帰ってこんのですわ。

いつもは家を空けてることがおおい俺なんですが、その時は21時くらいまで家に居た。しんどかったので寝てた。

17:30ぐらいに自閉症次男デイサービスから帰ってくるの。

それの迎えを小学生長男がするの。

ほんで、次男が帰ってきたあと、17時半~ 嫁が帰ってくる21時過ぎまで、長男次男の面倒みてるの。

でも、長男もまだまだ子供なので、次男ほったらかしてみたい録画アニメとかみるよね。

次男が泣きながらそこらへんうろうろしてる。

ほんで、飯の用意もないから、長男次男おにぎりを作ってやるか否かみたいなその日の都合もあるみたい。


さすがに布団から出て次男おにぎり(具なし、味つけなし)作って与えたけどね、

俺の知らないとこで嫁と息子達はこんな生活してるんだって思ったよね。

そりゃ俺も悪いんだけれど、

宗教的なのに嵌った嫁がここまで我が子をないがしろに扱うってのを知って恐怖した。

2017-02-06

十五年前に見た夢のせいで結婚するのが怖い

私は今30歳である

これまで何度も結婚のチャンスはあったが、どれも見送ってきた。

それもこれも全部、高校生の頃に見た幾つかの夢のせいだ。

夢の内容を以下に書く。

妊娠している夢

真夏に、私は大きなお腹を抱えて汗をかきながら歩いている。

狭い道では、人とすれ違うとき迷惑をかけてしまい、罪悪感がひどく私はずっと謝っている。

あの時セックスしなければこんなことにはならなかったのにと後悔しながら、お腹邪魔に思いながらカニのように歩いている。

そこで目が覚めた。

赤ちゃんをつぶす夢

夜、私は赤ちゃんと一緒の布団で寝ている。状況からして私の子ものようだ。

だがこみあげてくる愛しさのようなものはなく、ただの小さい動物赤ん坊という印象だ。

眺めているうちに眠ってしまい、朝目が覚めると私の体の下で赤ちゃんがつぶれている。

あーあ、どうしようと思っているうちに目が覚めた。

③親子3人の夢

高い塀がはりめぐらされた道を、親子3人で歩いている。子どもは小さく、囚われた宇宙人のように私と夫に手を繋がれている。利発的な可愛い子だ。

すごく暑い日で、夫はたくさん汗をかいている。彼はとても背が高いので、私の位置からは顎先までしか見えない。

我々は誰かの葬式(恐らく私か夫の親)に来ていて、火葬場の遠い煙を3人で黙って眺めている。

私はこの関係をそれなりに大切に思いながら、しかしもう自分人生限定されてしまったように感じている。

そこで目が覚めた。

どれも悪夢というわけではないが、私は夢の中でいつも後悔している。目が覚めて夢だとわかったときには、本当に安堵した。

まだ自分が若く、この先の未来を何者かによって阻まれていないことに心から感謝した。

まり、私は結婚して母親になって責任を負うのが恐ろしいのだった。

しかしこの夢を見たのは十代の頃で、まだ子どもだった。だから大人になれば大丈夫だと思っていた。

でも違った。

結婚相手が匂わせてきたり、具体的な将来の家庭の話を相手がしだすと、私は怖くなってしまった。

しかし、昔こういう夢を見て怖かったので子どもは作りたくないですと言うことはできなかった。頭のおかしい人だと思われたくはないから。

それで、何かと理由をつけて別れてきた。

私はけっして子どもが嫌いなわけではない。一時期仕事子どもに深く関わっていたことがあったが、生意気だが可愛いと感じた。

また、両親の仲は良く、ごく普通に育てられ、きちんとした教育も受けさせてくれたので彼らには感謝している。

いったい何が原因であんな夢を見たのだろうか?

私には今婚約者がいる。

彼は複雑な家庭の出で、子どもなんか欲しくないと言っていた。だから安心していた。

だけど、最近になって、私と付き合ううちに子どもが欲しいと思うようになってきたと言ってきたのだ。

約束が違うじゃないかと言いかけて、私は自分が「子どもを欲しくない」とちゃんと言っていないことに気が付いた。

今年の冬はとても寒いが、ときどき日差しが眩しくてポカポカと暖かい日がたまにある。

厚いコートニットの下で汗をかくと、夢の中で熱がこもった大きなお腹をかかえて汗だくになって歩いていたことを思い出す。

夜ベッドに横になり、カーテンから差し込む月明かりが婚約者の寝顔を青く照らしているさまを見つめていると、夢の中で赤ちゃんをつぶしてしまったことを思い出す。

街の中で何かの煙を見ると、夢の中で親子3人で黙って火葬場の煙を眺めていたことを思い出す。

結婚の話はどんどん進み、お互いの親(彼の場合は、親的役割人間だが)との顔合わせも済み、婚約者避妊を嫌がるようになってきた。

私は多分彼のことを愛しているのだと思う。

けれども、自分人生がどんどん狭められていくようになって、とても息苦しさを感じている。

昔、何かの漫画で、男が狭い道を何とか進もうとしている内にとうとう抜けられなくなってしまう話があったけれど、そんな気分を味わっている。

私はどうしたらいいのだろう?

2017-02-05

http://anond.hatelabo.jp/20170204085245

高橋ジョージは叩かれてるのしか見てねえぞ、と言うブコメが多いけど、

普段芸能ニュースに大して興味がない自分でも、最近高橋ジョージの扱いがそういう方向である事は知ってるよ。

適当にぐぐってもこういうのが出て来る。

http://dailynewsonline.jp/article/1239804/?page=all

http://news.livedoor.com/article/detail/12280330/

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/191976

しか

付き合っていく中で、過去交際人数について問いただす三船の質問が日に日にエスカレートしていったようで、当初は「3人?」「30人?」などと三船から聞かれ、気を使って回答しなかった高橋に対して追及は止まらず、最終的には「どうせ1000人くらいと付き合ってたんでしょ?」とまで言われたのだという。

に対して

三船がまだ精神的に子供だったと言わざるを得ません。

って、そりゃ16歳で結婚してる訳で、16歳が子供なのは当たり前だろうに。

世間の「母親」に対する異常に厳しい態度ってのは、

結婚した女は途端に「成熟した大人であるべき」とされる、ってのもあるよなあ、と思った。

16歳は極端にしても、多くの人が結婚する20代だってまだまだ子供っぽい所が残っている年齢だと思うんだが、

それでも女だけが老成した精神を求められる。

男は「男は永遠少年」とか言われて、いつまでも子供っぽさを残していても許されるのにも関わらず。

2017-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20170203051843

少年誌場合最終回結婚するのは

最終回としての主な内容は別にあって、結婚はただのオマケ」

平和になった事の象徴

結婚した=大人になった=最早少年ではない=『少年漫画』としては終わりという事の現れ(数年後、という設定が多い)」

ってのが多いんじゃなかろうか

つか、恋愛ものでもない限り結婚最終話主題ってのはほとんどないと思うんだが

恋愛もので低年齢向けだと逆に主人公まだ子供ってのが多いか結婚しないし)

増田がそのオマケに過ぎない結婚ネタにやたらこだわっている恋愛厨ってだけじゃね?

2017-02-01

うはwww年収1000万なったったwwwwwwww

転職して年収1000万円になったんです。1000万円。

そしたら、税金めっちゃ引かれて、手取りは大したことないんです。

で、よく給与明細見たら、控除、とか書いてあるんです。

もうね・・・

ってどうでもいいけど、この記事見ましたか釣りもいいところだろ。

いまどき年収1000万円に夢を抱いているアホンダラは極少数だろうが、現実をお知らせしたいね

一応、俺は、30歳、年収1400万、妻の年収500万位。都内賃貸暮らし港区とかじゃないよ。)。

http://news.livedoor.com/article/detail/12609382/

いちお、ポイントは次の2点。

~~生活の豊かさは、全体の資産量で決まるので年収だけ見ても意味なし(実家金持ちで、家持ってるんです~。とか強い。)

~~金持ち父さんにも書いてあるけど、収支の差引をプラスに維持して、工夫して暮らすしかない。金を追う人生はつまらない。

28歳のとき転職して、年俸制年収1000万になったけど(=ボーナス別)、手取りは50~60万円程度。

通勤を楽にするためもあって、家賃は高めで16万円。

しか調子に乗って車を買ったら、駐車場代月4万プラス諸々で、しんどかった(結局、あまり乗らないし売った。)。

貯金は出来るが、ザブザブ使える金が余る感じではなかったっす。

それは、年収1400になった今も同じ。

フェラーリとかは絶対買えない。ポルシェなら買えることは買える。

ちなみに職場には、年収2000万クラス、3000万クラスも居る。

好きな時にタクシー乗るし、旅行も年に何度も行くのは、3000万クラスおっちゃん。

高い飯(ランチで2万とか)も御馳走してくれる。

このクラスになると、節税の為に、会社作ったり、不動産投資始めたりする。

で、新卒数年の年収600~700万円の時と変わったか?と聞かれると、あまり変わってないな。

ま、結婚して(まだ子供なし)世帯年収は2000万円に近付いたけれど、貯金もして、自分の将来のための勉強への投資もしていると、豊かです、って感じはしない。

しろ、周りに居る、家が裕福だったので家は困っていないとか、そういう人がウラヤマシイ

2017-01-25

二人の戦争体験を聞いた話

自分が「戦争はいやだなあ……」と漠然と思う気持ち根底が、この二人の体験を聞いたことによって、

戦争が人の人生を強烈に歪めるということを肌で感じたことによるものっぽいので、ちゃんと覚えているうちに一度書き出しておきたいと思う。

(1)

一人目は離れて暮らす祖母で、確か終戦10歳かもう少し上か、その辺りだったと思う。

祖母満州から引き揚げてきたそうだが、祖母の父が警察?か何かの職に就いていたらしく現地で一時投獄されていたそうだ。

警戒されにくい子供祖母差し入れとして羊羹を持っていくのだが、その羊羹の中に毎回カミソリの刃を忍ばせていたという。

そのカミソリが何用なのかは教えてもらえなかった。

祖母が住んでいた町は、ある日やってきたロシア兵に制圧されたそうなのだが、

「女だけの家があると知れると、夜になるとロシア人が数人で来て、朝になると帰るのよ」

お菓子子供を釣ろうとしていたけれど、近所のお姉ちゃんやおばさんに何をしているか知っていたから、私は一度も受け取らなかったわ」

日本に帰るために街から逃げる直前に、遂にロシア人私たちの家にも来たのよ。でも、お母さんは病気だったでしょう?妹はまだ5歳でしょう?」

俺がまだ子供だったからか、それ以上の事は語られなかったが、祖母は今もロシアが大嫌いだ。

しかしそれ以上に天皇を「コイツが余計なことを始めたせいであんな目に」と毛嫌いしているようで、今でも酒が入るとすぐに「天皇家は早く滅びろ!」と喚きたてる。

同時に、幼少時に現地の子たちと一緒に遊んでいた影響らしいが、中国韓国への親近感が非常に強いようで、

長後バリバリ左翼になって共産党に入党し、国交が本格的に再開する前から限定的市民交流として招かれて中国に渡ったりもしていたらしい。

最終的には自分人生で最も重視するもの活動のために動きやすくなろうと、子(俺の母ら)を残して祖父離婚したというから筋金入りだ。

ちなみに、祖母が漬けたキムチはめっっっちゃ美味い、そして市販品がサラダに感じるくらい辛い。ポイントはアミ(エビ)を入れることらしい。




(2)

祖母から話を聞く以前、誰かから初めてきちんと戦争体験を聞いたのは、

ノストラダムス世間が盛り上がっていた小学生の頃、「戦争体験者を探して話を聞きに行ってインタビュー記事をまとめる」という宿題が出た時だった。

大抵の子自分の家のばーちゃんあたりから「この学校の校庭で芋作ってた」的な話を聞いてきた中、

先述の祖母が遠方住まいだったので身近に戦争体験した人がいなかった俺は、近くに住んでいた清さんという90歳越えの元兵士の爺様に話を聞きに行った。

清さんから聞いた話の中で一番印象に残っているのは、

戦争の時、大陸にも行ったけど、捕まえた女の人の股に一升瓶がどこまで入るかって遊びをやって、途中で女の人が死んでしまっても笑っているような連中をたくさん見た。」

という随分エグい話だ。

まだ女性の体の仕組みもよくわかってなかった時分だけれど、淡々とした話を聞くだけでとにかくゾワゾワと怖くて、その時感じた嫌悪感は今も強烈に覚えている。

ちなみに清さんは海軍所属だったらしく

「あーいうことをやるのは陸軍ばっかりだ、陸軍はロクでもないのが混じってる。」

といったアンチ陸軍的なこともちょくちょく言っていた。

その後清さんは、太平洋戦争中に南方(東南アジア?)の島で滑走路の脇にいたところ、

戦闘機に機銃で近くを撃たれたか、すぐ近くに爆弾砲弾が着弾したか左手の指を数本持っていかれて、氷川丸という病院船で日本に帰ってきたそうだ。

当時の俺は、一番印象深かった話は少々ショックが強すぎたのか一旦記憶にフタをしていたようで、

清さんが途中途中で妙に楽しそうに話してくれた、上官に木の棒でぶん殴られる話とか、南の島で現地の人と仲良くなって食べ物を分けてもらった話とか、

魚雷回避するための航法とか、合図のラッパの話とか、氷川丸(生き残って今も展示されているらしい)の話とかを中心に無難にまとめて提出した気がする。

「私は運よく五体満足で帰ってこられた」(指ぐらいは清さん的にはノーカンらしい)「ただ運がよかっただけだ」と繰り返し言っていた清さん。

隣を歩いていた仲間が一瞬後にミンチになって自分は"たまたま"生き残ったり、

手足がもげて臓物をまき散らしながら殺してくれと懇願する仲間を拳銃介錯したりしながら、

明日自分もどうなるかわからないという地獄を繰り返し繰り返し味わいながらも、自分たちの行い・戦いが正しいものだと信じてそれを頼りに耐えていたのに、

帰ってきて戦争が終わったら「あれは全部間違いでした」と言われても、頭ではわかっても、

どうしても自分のしてきたことや仲間の死の存在が大きすぎて、90歳を超えてもまだ心で受け入れられない、と仰っていた。

戦争はよくない、あんな思いをこれから若者たちにさせてはいけない、ということを強い口調で語る一方で、

天皇陛下万歳」と唱えると、先ほどまでパーキンソン病で若干フルフルしつつ話してくれていた温和そうなおじいちゃんが、別人のように背筋がピンと伸びて腕を振り上げよく通る声を出す様子や、

軍歌やラッパの音の入ったテープを何本も持っていて、今でも毎日聞いてしまうのだと言っていた清さんの様子を今になって思い返すと、

しかすると清さんの戦争は、戦後50年以上経っても、まだ終わっていなかったのではないかという気持ちになる。

2017-01-20

http://anond.hatelabo.jp/20170120114302

みく「いや、これはきっと世にはびこる変態共の卑猥視線から自分の心を守る為にやってることなんだにゃ」

 

みく「周囲のイヤらしい目線から自分の心を守るため、彼女自分の心に蓋をしたんだにゃ。『自分まだ子供だ』『自分まだ子供だからそんな視線には気付かないんだ』と」

 

みく「そうやって自分を騙し続けた結果、実年齢よりも遥かに幼い精神形成されてしまったんだにゃ……現代社会が生んだ闇だにゃ……」

2017-01-10

美人JD風俗嬢を引いた結果wwwwwwwwwww

会った瞬間から大はしゃぎ。

  

「魔材JDンゴ!?!?!?」って感じで絡みまくった。

JDJDで、「広いおうちですね~。どんなセレブ住んでるんだろーって思ってたんですがあ」

俺の家はマンションの1室なので、別に大したことは無いが、JDビビる

風呂かわいい感じ。

「え!?こんだけ改装してるってことは、買ってるんですか?」

「うん。早くお風呂入るんゴ!!!

  

マジでJDンゴ?」

「いちおーそうですねー」

可愛いんゴ!!!絶対同級生に居たら話かけられないんご!!!!」

「え~?話かければよかったのにねー」

ムサイ部活やってから無理だったンゴ……

一緒に筋トレとかしてたアメフトとかラグビーの人たちは悪羅悪羅系でモテてたんだけどね……」

「私はエグザイルとか苦手かなあ」

ジャニーズやろ?」

「顔じゃないからw綾野剛とかかなーイケメンは苦手」

「ンゴ……」

どうやらノーチャンスみたいだ。綾野剛ってイケメン枠じゃなかったんだね。

  

おふとぅ~んに入る。JDさんの骨盤が浮いている。痩せすぎやんな。

鼠経部分の動脈がドキュドキュと簡単に触れる。

もしかして医者さん?」

「そうだよ」

「触り方がそれっぽい~。お医者さんってもっと高級風俗とか行くと思ってた」

「んゴ……」

  

JDさんが、(^ω^)ペロペロと乳首とかを舐めてくれる

「ンゴォ~ンゴォ~」と喘ぐしかできないアラサーおじさんの僕。

JDさんが、僕の息子さんを握る。(^ω^)ペロペロお~!!(^ω^)ペロペロお~!

イケメンキスする時しか許されない美人JDさんの唇がキモブサチビのチンチンにキスしてるんゴ!!!とんでもないんゴ!!!!」

「そんなことないよー」(^ω^)ペロペロJDがのたまう。

  

このままでは簡単いかされてしまう!!

JDさんの手を取る。

「ユーハブアペーンゴ」と言って、僕の息子を握らせる

「ユーハブアッポーンゴ」と言って、僕のタマタマを握らせる

「ンッ!!!アッポーペンゴ」と言う。

JD空気を読んで笑ってくれる。

「何?玉がいいの?」

「そうンゴ!」

JDさんが、(^ω^)ペロペロと玉を舐める

「玉咥えてほしいんご!」玉をくわえるJDさん

「念じてほしいんゴ!『お姉ちゃん妊娠してあげるからね~、ちゃんと可愛く産んであげるからね~、ママのおなかの中においで~』って念じて欲しいんゴ!!!

JDは含み笑いしながらも、目を閉じて念を送っているのか、(´~`)モグモグとくわえる。

「逆の玉もお願いんご!じゃないとかわいそうんゴ!『お姉ちゃんバッカリずるい!』って言ってるんご」

(´~`)モグモグと逆の玉も咥えるJDさん。

  

マンマン見たいお!!!見せてお!!!

顔面騎乗してもらう。

チューチューとマンマンを舐めながら、じーっとJDさんの顔を見る。

「なんだか、赤ちゃんみたい~」

「頭なでなでしてほしいナリ」

よしよしヾ(・ω・`)と頭をなでてくれるJDさん。

俺はバブミを感じる。

ママ~僕の精子妊娠してほしいんゴ~」

「それじゃあ近親相姦じゃん?w」

  

「ねえねえ!俺が告白するから、OKしてんご?八百長で。」

「え~wこの格好で~wいいけどさーw」

ずっと好きだったんゴ!付き合ってほしいんゴ!デートとかしたいんゴ!!!!」

「え~じゃあ~私もずっと好きだった~。あwだったとかいっちゃった」

「嬉しいんごー」

「え~この後デートの話とかするんじゃないのー?w」

原宿とか行きたいんゴ!!!んあ~こんなカワイイ娘、同級生絶対手が出なかったんゴ~青春取り戻してるんゴ~」

「手だせばできたのにね」

絶対無理ンゴ~……君に似てるかわいい女の子と話できたの、大学卒業旅行で初めてだったんゴ」

「え~なんて話したの?」

「『増田君は普段何してるの?』に対して、『囲碁センターとか行くンゴ、まだ子供で将来有望そうな子に勝って、その子プロになった時に他人に自慢するために、子供狩りしてるんゴ00』とか言ってたくらい……」

「なんか渋いwwwwwwwww」

  

「ンゴ……69したいンゴ」

  

69したときに、指を入れようとすると。

ダメだよ、(-。-;)濡れてないと入らないの」

「ンゴ……じゃあもういいんゴ……」

「お前、しゃぶれよマジで

「なんか、口調変わって怖い……」

「濡れないって言われて傷ついたンゴ!!!!」

「そ、そうじゃなくて、ナカナカ濡れないの私……」

いきなり不機嫌になり、オラつきだす僕。

  

「オラあ!妊娠しろよぉ!!!お口で妊娠しろよぉ!!!!」

「てか、交渉しないの?15でいいよ?」

「え???本番やれるんゴ???

「てか、1でもいいよ」

「いらないんゴ。お口で妊娠させるンゴ。僕の子妊娠してもらうんゴ!!!!」

決断早いなあwwwwwww」

  

腰がビクビクとなる。

「ンゴ~!!!!!ンゴン!!!!ン~ンゴ!!!!ン~ンゴ!!!!!ンゴ!!!!」

どぴゅどぴゅと出ている。

「モットもっとしゃぶるん!!!まだまだ出るんゴ!!!出るんゴ!!!

と思ったら、JDさんが口をはずす。

「もう出たよ」

「まだ全然出てないんゴ????出てないんゴ????」

だって、苦いもん、嘘つかないよ、分かるよ。ティッシュ

ティッシュにベッと吐くJDさん。

においをかいでみるが、分からない、これ精液のにおいか???

「分かんないなぁ」

「そりゃそうでしょw」

  

「どうする、シャワー

「浴びるんゴ……」

  

シャワーを先に終わり、ネットJD名前を調べる。

サイトに載ってない。

嘘の名前を教えたんだ。俺にもう一度会いたくないためか?

サイト名前ないんだけど?」

「あ~私顔写真載せてないんだよね」

「次に指名できないんゴ?もう会えないんゴ?僕は君のこと好きンゴ!!!!」

「ちゃんと、前当たった子なんだけどーで会えるよ」

絶対嘘だ。

勤務時間とかわからいから無理じゃん。

  

後味悪い感じで終わった。

2017-01-06

独身女性10歳年上の男性を紹介した

先日、50歳独身男性の紹介話があった。

信頼する方の紹介で、有能で稼ぎもよく優しい方だと言う。お酒は少し過ぎるがいい奴だから誰か紹介してあげて欲しいそうだ。

考えた結果、年齢的にも釣り合いの良さそうな知り合いの女性へ紹介することにした。

40歳未婚女性

見た目は地味なものの(無頓着というか)とてもよい方で、いつもお世話になっているので彼女には幸せになって欲しいと願っている。

5年程前に知り合って以降、彼氏はいないもの結婚願望はあるようでいい人がいたら紹介してね、と言われている。

以前、孤独に迎えるかもしれない老後について経済的なことも含めて不安をこぼしていたこともあり、よい話なのではと思った。

しかし、結果は会う前にNO。

だって10歳も上でしょ?」

と言われてはっとした。

2人の年齢から考えると10歳の年齢差はちょっと離れてるかな、くらいで世間ではそうおかしくないとは思う。

でも…そうだよなぁ、と思った。

20代の私が今、10歳上の男性を紹介されたら、やはり年上すぎると感じてしまうと思う。歳を重ねたからと言って皆がそこを変えられるわけではない。

(因みに彼女前後5歳が許容範囲だそう)

はいえ、男性が年齢が上がるほどに年下の女性希望する傾向があるのは事実だし、40歳前後男性なら希望すればまだまだ子供も望めるだろう。

こうやってミスマッチは広がっていくのだなぁ、と考え込んでしまった。

最後に、私の中に「この年齢ならこれくらいの条件でいい感じだよね!」みたいな思い込みがあったことに気付いて反省した。

ごめんなさい。

おわり。

2016-12-25

香港で月収75万の場合

http://anond.hatelabo.jp/20161222124531

35歳・子無し既婚

まだ子供いないので養育関係がごっそり抜けてるけど簡便な。

ここ最近円安のせいで額面が大きくなって自分の実感とのギャップが多少アリ。

月収  75万円

所得税 -10万円(ざっくり14%)

医療保険 0円(会社持ち)

家賃  -24万円

MPF(香港強制年金) -2.3万円 

国民年金 -3.2万円(2人分)

光熱費  -1万円

食費   -10万円

衣服雑貨 -3万

遊興費  -3万

残り 18.5万

香港所得税年収にたいして200万分程度の控除と累進課税によって年収300~400くらいまではタダみたいな額(月1万とか)になる。上限が15%なので高給取りほど得なのだが、自分年収だと上限の少し手前くらいの税率になるので一番コスパの悪い部類に入る。

香港にも年金があり、自分が納めた額と同じ額を会社からも積立てくれるのだが、2.3万程度が上限で日本ほどの手厚さはないので、帰国時のことも考えて日本国民年金任意加入。海外にいる間は厚生年金には入れないのでなにか資産運用を考え中。

健康保険正社員であれば会社負担するのが普通のようだが、公立病院であれば1回1000円程度で診察からちょっとした手術まで可能(ただし待たされる)

家賃は狭めの1LDK(10畳+5畳+キッチン+バストイレ)で24万。

子供ができたら2LDKに移る必要があるが、そうなると家賃30万オーバーは必至。

香港は狭いので郊外は安くなるというのがそんなにないのが辛い。

日系企業の転勤組はだいたい家賃補助付きでいい家住んでる。

外食価格感はだいたい日本の1.2~1.5倍。

ローカル食堂なら1食600円~1000円、和食洋食大衆店なら1食1200円~2500円くらい。ただしこのランクの店は味が微妙コスパ悪いので普段自炊ローカル食堂にして、記念日などに臨時予算で2人で15000~20000円くらいかけて本物の寿司などを食べるようにしている。

年間通して気温が温暖なので衣服にかけるお金は減った。

Tシャツポロシャツデニムチノパンジャケットが各数着あれば1年過ごせる。無印最高。

「まとめ」

家賃は高いが税金面で移住には相当いい環境だと思う。

子供学費などは詳しくないが節約するなどすれば今の収入でも1人は育てられるかなと思っている。

海外にいて思うのはやはり日本健康保険失業保険制度はいいなぁと。

他にも出産祝い金とか、職安職業訓練コースとかうらやましい。

他の増田たちとは逆の、低税率の国からの報告として書いてみた。参考にしてくだされ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん