「手続き型言語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 手続き型言語とは

2019-04-04

anond:20190404034812

Javaはやめとけ、ってのは同意。だけど、Java手続き型言語だぞ、と訂正は付け加えておくとく。

オブジェクト指向手続き型はセットでサポートしとる言語ほとんどじゃ。

こうすればプログラミング覚えられるよ【随時追記

プログラマじゃないけどプログラミング完全に理解した()おばさんが理解してる基礎知識書くよ。

追記 この文章プログラミング勉強をしたいけどその周辺にある基礎知識になかなか触れる機会がない人向けに書きました。これらの基礎知識があると、困ったときに調べ方すら分からないという状況は回避やすくなるはず)

まずLinuxUnix系OSの使い方。

ターミナル、いわゆる黒い窓からCUIコマンドユーザーインターフェース)でコンピュータを使う方法を覚えよう。これは大学コンピュータリテラシーで習った。MacOSXで復習すると捗った。(追記 すごく間が抜けてたけどMacOSXUnix系OSです)

まずはファイル操作Macターミナルを使って、cd Desktopって打ってからecho ohayou > aisatsu.txtって打ってみて、cat aisatsu.txtってやる。そうすると何が表示されるのか?とりあえずやってみよう。ここで>は増田の都合上大文字全角にしてるけど、ちゃんと半角にしてね。なんで増田の都合上半角がダメなのか、そのうち想像できるようになろう。(追記 ブコメ指摘感謝

そして、実際にデスクトップを見に行ってみると、aisatsu.txtってファイルがあるはずなんで、開いてみよう。これで何が起こったのか7割くらいはわかるはず。

こういうファイル操作の基本をまず覚えよう。これこそ空気みたいなものから

追記 ここも間が抜けてたけど確かにhogeって何かわからいね。直しました)

次に文字コードバックスラッシュの話。

最近は何も考えなければ文字コードはとりあえずUTF-8でなんとでもなるようになってるけど、バックスラッシュとかは環境設定で出てくるように設定しないと出てこないし、その意味合い、つまりエスケープとしての使い方を頭に入れておくと後々困らないと思う。あとEOF(エンドオブファイル)とか改行コードとかもそういうものがあるよ程度には覚えておこう。これ頭の片隅にはいってないと分からん殺し的な罠にはまることがある。

次にプログラミング環境の構築の仕方。

これは使いたいプログラミング言語公式サイトに行くと大抵書いてある。

でもMacだとだいぶ楽。とりあえずターミナルからgccって打ってみるとなんかCUIツールとか書いてあるものインストールしろって言われるのでインストールする。これだけでCとかC++とかRubyとかPythonとか一通り使えるようになる。もしかしたら最近はこのインストールすらいらないかもしれないけど。

あと、シェルコマンドとかプログラミング言語を実際に使うときはいろんなライブラリインストールする必要があるけど、そのライブラリ管理がすごく面倒なので管理をまとめてくれるコマンドがあったりする。aptとかhomebrewとかがそういうのだから、そんなものの使い方も覚えておこう。

追記 言語文法を追うだけなら環境構築なんてしなくてCloud9とか使ってもいいかもだけど、プロダクトを作ろうとした時にはまだまだ手元で環境作って必要ライブラリを入れてとやった方が後々応用がきくと思うのですよ。それにそうしていくとDockerの有り難みなんかも理解できるようになっていくのではと思います

最初勉強するプログラミング言語は、Javaだけはやめておけ。

なんでかっていうと、Javaオブジェクト指向言語ってやつなんだけどオブジェクト指向的にしか書けないから。古い人間だと言われそうだけど、最初手続き型言語から始めるべきだと思ってる。少なくとも、手続き型的に書ける言語から始めるべき。

なぜそう思うのかも含めて、とりあえずおばさんが理解しているプログラミング言語の発展の経緯を軽く解説する。

最初の頃のプログラミング言語は、手続き型と呼ばれるものが多かった。

この〇〇型ってのはプログラミングをするときの考え方によって名前がついているんだけど、手続き型はまず0を作って、0に1を100回足して、最後にその結果を表示してください、みたいな、上から書いた順番通りに動くのが基本のルールである考え方。プログラムは基本的にはこうやってデータアルゴリズムを使って変化させていって望む結果を得ている。でもこのやり方は問題も多かった。プログラム全体がひとかたまりになってしまっているので、数千行とかになるともう普通の人では手がつけられないし、人間ミスデータを間違って扱ってしまうことがバグの温床になった。

なので、この手続き型の考えに構造化という考えが加わって、関数というものが生まれた。関数っていうのは料理レシピに例えるとわかりやすいかも。

関数が無い状態だと、

1:玉ねぎをくし状に切ります

2:キャベツをざく切りにします。

3:豚こまに塩胡椒で味付けをします。

4:フライパンを火にかけ、油を入れて熱します。

5:豚こまを入れて色が変わるまで炒めます

6:玉ねぎを入れます

7:キャベツを入れます

8:野菜がしんなりするまで炒めます

9:火を消して8をお皿に盛り、野菜炒めの出来上がりです。

と書いていたものが、関数がある状態だと、

A:野菜を切ります

Aのやり方1:玉ねぎをくし状に切ります

Aのやり方2:キャベツをざく切りにします。

B:肉に味付けをします。

Bのやり方1:豚こまに塩胡椒を振ります

1:フライパンを火にかけ、油を入れて熱します。

2:Bを入れて色が変わるまで炒めます

3:Aを入れてしんなりするまで炒めます

4:火を消して3をお皿に盛り、野菜炒めの出来上がりです。

って書ける。ここではAとBが関数

この程度だとあまり意味を感じないかもしれないけど、これがもっと複雑なもの想像してみると、なんとなくありがたみが分かって来ないだろうか?こうすると、多人数でプログラミングをするときに、Aを書く人、Bを書く人、1〜4にまとめる人って感じで作業分担ができる。それに、バグが起きた時もAの領域バグったのか、Bの領域バグったのかとか、全体にまとめると上手くいかないのかとか、原因の切り分けがやすい。

でも、プログラムがとっても複雑化すると、これでも手に負えなくなる。料理の例えを拡大すると、料理店を運営することを考えるといいかも。

料理店でたくさんの料理をさばくときに、レシピを完全に1から作ることってないと思う。Aさんが野菜の仕込み担当、Bさんがスープの仕込み担当、というように各人に仕事が割り振られているはず。AさんもBさんもそれぞれの仕込みのレシピを持っていて、最終的に出てくる仕込みがちゃんとしてればAさんBさんの仕事の詳細までいちいちシェフが細かくチェックしない体制になっていると思う。大雑把にいうとそういう考え方をプログラムで再現したのがオブジェクト指向言語

なので、本気で料理初心者がいきなり厨房の仕切りを任されて上手くいくのは難しいように、構造プログラミングのありがたみすらわからない段階でオブジェクト指向プログラミングに手をつけても意味わからんだろうと思うのがおばさんの立場です。

追記 おばさんはRubyを勧めておきますオブジェクト指向言語ですが、手続き型的に書き下すことも出来るからです。一つの言語手続き構造オブジェクト指向、全部勉強できますメソッドも便利なのが一通りあるし、日本語を扱うのにも問題が少ないです)

次に問題を分解できるようになろう。

例えば、クイズゲームを作りたいと考えたときクイズゲームを作りたいです、って問題は大きすぎる。

クイズゲーム必要な要素は、問題文を表示する、回答を入力してもらう、正誤判定をする、正誤判定の結果を表示する、ということだなぐらいにまず分解する。

これを実際にプログラミングしようとすると、もっと分解できてさら問題が見えてくると思う。

コンピュータってのは創造的なことはできない代わりに、とても簡単なことをとても階層的に重ね合わせて大きな問題を解けるように作られてる。それを心するといいと思う。

からないことは調べられるようになろう。最後はこれ。

これ超大事プログラミングって本当に自分で1からものを考えなきゃいけないことってあまりない。大きな問題あなただけの問題かもしれないけれど、それを構成する小さな問題は大抵他の誰かが解いている問題なので、調べてみれば答えが見つかると思う。

エラーメッセージが出てきたらまずググってみる。翻訳しても初心者には意味がわからないし、ググったら誰かが解説付きで紹介してくれているのでその解説を読んだりしながらエラーメッセージとの付き合い方を覚えていけばいい。

メソッドの使い方がわからなかったら言語公式サイトに行ってみる。メソッドの使い方で大事なのは呼び出し方、返ってくる値の型とかそういうのだから、こういうところはググるよりも公式サイトに書いてあることをしっかり読んで理解する。

あと、アルゴリズム勉強もしてみるといいと思う。アルゴリズムデータ構造計算量の勉強大学学部レベル教科書ちゃんと読んでみると、例えばデータベースを操作するSQLというものを書くことになった時とかに効いてくる。あとは作ったプログラムが遅すぎてどうしようとかいうのを解決する時とか。

なんか深夜までいろいろ書いてしまったけど、あくまでもプログラマじゃないおばさんが書いたものなので、みんなでツッコミとか入れてくれると大変助かります

増田怖いよツッコミ怖いよ、もちろんおまんじゅうも怖い。

2017-04-20

Haskellのdo記法

初めてHaskellコードを見たとき

do記法のせいでdo記法でないコードとの規則性の合致が取れず理解不能に陥ったので

(do記法手続き型言語のそれと似てたせいで他のコード解釈ができなかった)

俺のようにHaskellを知らずにHaskellコードを初めて読もうとする人は気をつけたほうがよい

2016-01-21

http://anond.hatelabo.jp/20160121215919

その意味での同一性の話なら、関数型言語手続き型言語の両方をやってるプログラマなら自然理解してると思う。

「1秒前の自分」の話も。

2015-09-21

http://anond.hatelabo.jp/20150920230243

増田自身、「オブジェクト指向」とか「手続き型言語」とかを理解していないな(笑)

手続き型」の反対ってなんだか知ってる?「非手続き型」って言うんだよ。何が言いたいかは,分かるよな。後は、ググれよ。

2015-09-20

オブジェクト指向はなぜダメなのか?

人類には難しすぎたから。

日本PG/SEの60万人のうち、オブジェクト指向らしいコードを書けるのは1割以下だと思うわ。

もっと少ないかも。

オブジェクト指向言語オブジェクト指向フレームワークを使っていても、クラスにどんどんメソッドやメンバ変数を追加していって、クラスの中で手続き型言語風にコーディングしてるだけだし。

まだ手続き型で、ちゃんと構造プログラミングしてればいいけど、一個のクラスにやたらとメンバ変数を作って、各メソッドから適当アクセスしてるから手続き型言語グローバル変数を多用したようなコードが量産されてるし。

普通人間には手続き型で「サブルーチンを使いなさい」「グローバル変数は多様しないように」と教育するくらいが限界だと思われ。それでも対応できるのは何割かしらんけど。

2015-06-17

エンジニアセンスがわからない

何か関数型言語しか触れてない新卒手続き型言語を見て意味がわからないから手続き型言語辞めてもいいかみたいなツイートがやたらRTされてるんだけど、これって日本語知らない外国人スラング教えて、それを言わせて盛り上がってるみたいな感じに見えて面白く感じないんだよね。

どちらの言語にもメリットがあって、片方しか知らないんだからそう答えるだろ普通って。

でも散々今までイジメられてた、リア充爆発しろとか言うくせに公開リポジトリ漁ってセキュリティがいけてないリポジトリ晒してみたりとか、それってイジメじゃん?ってこと時々やるよなあいつらって。

何なんだろうね。

真面目なこと言ってごめんな。

エンジニアセンスがわからない

何か関数型言語しか触れてない新卒手続き型言語を見て意味がわからないから手続き型言語辞めてもいいかみたいなツイートがやたらRTされてるんだけど、これって日本語知らない外国人スラング教えて、それを言わせて盛り上がってるみたいな感じに見えて面白く感じないんだよね。

どちらの言語にもメリットがあって、片方しか知らないんだからそう答えるだろ普通って。

でも散々今までイジメられてた、リア充爆発しろとか言うくせに公開リポジトリ漁ってセキュリティがいけてないリポジトリ晒してみたりとか、それってイジメじゃん?ってこと時々やるよなあいつらって。

何なんだろうね。

真面目なこと言ってごめんな。

2012-06-14

イベントドリブン型プログラム終焉

もう、イベントドリブン型プログラム終焉を迎えつつあるっていう認識で良いのかな?

VBが全盛だったころ、CやCOBOL等の手続き型言語に比べるとイベンドドリブン型プログラム初心者でも開発しやすいっていう事になっていた。

しかし、C#を使っていると、

VBC#イベントを実装するのって、formクラス継承したユーザ定義クラスメソッドを実装し、イベントハンドラ定義して処理を振り分けているだけ」

って気がする。VBではそのあたりは隠蔽化されているけど、C#だともっと意識がしやすい。

VBC#みたいなリッチクライアント自体が微妙な事になってきているし、どうなのかな。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん