「塩害」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 塩害とは

2020-05-20

から海が見えてほしい

寝る前に細く窓を開けたら寝つくまでずっとさざなみの音が聞こえてるんだよな 朝はそれを聞きながら起きる

ベランダに出たら風向き次第で潮の香りがしてもいい しなくてもいい 海面が日光を反射してるのが見えて、サーファーが見えて、遠くを漁船が走ってるのが見えてほしい

雨の日は波が荒れているのが見える 風のない日は大人しいのが見える 台風の日はすごい波が見える 波を見るのがちょっとした日課になるというか、見ようと思わんでも海を見ることになるわけだ

天気の良い日には部屋を出てちょっと歩けば海に着く 浜辺から振り返ると自分の家が見えて嬉しい 海なんていつでも来れるから別に全力で遊んだりはせず、ちょっと水に触ったり堤防をうろついたりして帰る

海が見える部屋に住みたい 実際住んだら塩害とかすごいんだろうけどな 言うだけならタダだ むしろ現実のイヤな部分を知らない分、本当に住んでる奴らより俺の方が海の見える家を楽しんでるといってもいいかもしれん

俺の勝ちだな

2020-04-19

マスクの代わりに届いたムーミンが使えない

まず大きさ。傘立てくらいの大きさを想像してたんだけど、届いたのは円柱型の郵便ポストくらいある。それが時速40kmでぶつかってくるもんだからドアは破れるし、馬力のない軽自動車だと力負けする事もある。

あと意外と塩害に弱いのも盲点だった。海の近くはもってのほかで、自宅に置いていても通気性が悪いと2、3ヶ月で球体に戻ってしまう。これは塩害関係ないと思われがちだけど、ムーミンの表皮の分泌物でそうなる。説明書にも載ってるから詳しくはそれを読んで欲しい。原理自分もわからない。

唯一良かったと思ったのが、セールス電話がかかって来なくなったこと。これはコロナの影響もあるんだろうけど、ムーミンの左眼だけ徐々に歪んできてるから効果は確実にあると言えそう。

まぁこから4年間は絶対に死なないという安心感を買ったと思えば買って損したとまでは言えないかな。

2020-04-18

コロナ人類衰退記。

2020年の初めに広がり始めたコロナウイルスは、瞬く間に人類の死亡原因第一位となった。

初期のコロナウイルスは、空気感染せず、免疫細胞の1つT細胞破壊するだけだったのでまだ良かったが、

その後、突然変異で生じたウイルスは、はしかのように空気感染し、エイズのように免疫を壊してゆく。

経済が衰退する中で、人類が生き延びるためには、消毒薬を大量に散布してクリーン居住空間を作り出す以外に手段が無かった。

だが、貧しい人間には希少となったアルコールや界面活性剤を手に入れることはできず、

彼らは、廉価な食塩水電気分解して作られる、次亜塩素酸水を多用していた。

しかし、低純度な次亜塩素酸水には大量の塩化ナトリウムがそのまま含まれており、

建物内で何度も繰り返し撒かれた結果、いたるところで塩害が発生した。

鉄筋コンクリートの鉄筋が錆びて劣化し、コンクリートが崩れていったのである

塩害農作物の不作をも引き起こし、それは大飢饉の発生に繋がった。

今にして思えば、コロナよりも大飢饉による餓死者の方が多かったのではなかろうか。

食糧をめぐる争いで治安悪化し、無政府状態となるまで1年も掛からなかったと思う。

各地で自警団なる組織が作られたものの、やってることは略奪と縄張り争いだけであった。

そんな社会絶望し、無人島に移り住んで、はや25年。

ようやくタイムマシンが完成した。

残念ながら、島の風力発電過去に送れるのは文字情報が精一杯だ。

運が良ければ、このメッセージ2019年11月1日に読まれることになるだろう。

文明崩壊回避するために、君たちが今すべきことは、くぁwせdrftgyふじこlp(ここで文章は途切れている

anond:20200418014235

2020-02-07

anond:20200207093721

海が見える家はだいたいカーテン空いてるぞ

ただ、だいたいUVカットされて明度が下がったり色付きだったりするので、

クリア青空みたいなのは期待出来ない

ホテル飲食店でも日焼け塩害対策は苦慮している印象を受ける

2019-12-27

戦車砲撃実家が壊れそう

年末ビッグサイトガルパンエッチ同人誌を買いに行ってから実家へ帰ろうと思って、実家に連絡したら、「帰ってきてもいいけど、いま家の補修工事してるよ」と言われた。

聞けば、家の基礎にヒビが入っているとのこと。

実家東富士演習場から20~30分ほど離れた場所にあるけど、それでもドゴオオオオオオオオンという砲撃の音と振動で、家はちょっとした地震くらい揺れる。震度でいえば3くらい?

ガラスは揺れやすくて、ガタガタガタッと音も立てやすいから、一瞬「何事か!」って慌ててしまう。それに木造の家だから、揺れた時に家がギシギシと軋む音にびびってしまう。子どもの頃からずっとこの環境で育ったっていうのに、未だに慣れず、ビクッ!としてしまうから情けない。

朝はそんな感じに砲撃爆音と揺れと軋みで目を覚ます日もあったりして、これは好きな人にはたまらないと思う。目覚まし時計のピピピピピッなんて音よりずっと目覚めがいいのかも。

しかしそんな振動を年中くらってるせいで、家はボロボロに傷んでしまったそうだ。

明日には巨大地震が来るかもって何十年も言われ続けてる土地から、いざ地震がきたら、家はすぐぺしゃんこかも。

それでもヒビは入ってしまったのだから、何も起こらない明日だとしても、補修工事をしなければならない。

もっと演習場に近い地域に家があれば、国から補助金も出るのだけど、うちはその範囲外だから、全部自費でやらないといけないらしい。とても残念な話だ。とはいえ、演習場に近い地域の住人は、演習の音でテレビの音さえもろくに聞こえないと言うし、やっぱりあそこよりはマシかなんて思ったりする。

それにしても戦車道がある街の住人は、さぞ大変だろうな。海の上に住んでるから塩害もあるだろうに、そのうえ砲撃の揺れもあって、家が痛むのは早いだろう。そんな環境から補助金があるかもしれない。けど、やっぱり苦労して建てた我が家があっという間にボロになるっていうのは悲しいと思うよ、実際。

でも心配しなくていい。なぜならそんな人たちやそんな環境現実にはないから。

あるのは老いた父と母とボロくなっていく家とそこへ帰ろうとしてるいい歳こいて独身のくせ女子高生ドンパチしながらキャッキャウフフしてるアニメに夢中な童貞おっさんがありもしない世界のことを心配をしているっていう悲しい現実だけ。



(追記)

戦車道のことで誤解させてしまってすみません

戦車が通る道のことではなく、ガルパン世界の話で、「戦車道がある学校の街」という意味で書いてます

わかりづらくてごめんなさい。

2019-09-17

anond:20190917073800

猛暑熱波干ばつ塩害豪雨洪水

全部、地球温暖化ではなく地球寒冷化が原因だよね。

1.猛暑寒冷化によって極地と赤道付近の気温差が大きくなると、赤道付近の高温が温帯付近日本北米欧州)に移動しやすくなり、猛暑になる。

2.熱波猛暑と同じメカニズム

3.干ばつ~寒冷化現象の最たるもの

4.塩害台風上陸時には多かれ少なかれ発生するので温暖化寒冷化関係ない。

5.豪雨赤道付近の高温の空気が温帯にやって来て寒気とぶつかると必然的豪雨が起こりやすくなる。

6.洪水豪雨被害帰結

トランプって地球温暖化懐疑派なんだよな

最強先進国アメリカ大統領がこれってやっぱり代議制民主主義は間違ってるのかもしれない

国同士で小競り合ってる間にガチ地球が死にかけてるんだが……

猛暑熱波干ばつ塩害豪雨洪水etc.

マジでやべーよ俺たちのEARTH🌎

2019-01-02

年末ログインボーナス爆竹だった

年も越してしまったが、暮れの話を一つ。


暮れ明けに親戚参りをするため実家に帰ると、玄関先に爆竹があった。

そこそこ束で置かれていたので「あれは何なん?」と聞くと「市役所から配られたもんで置いてある」と。

父曰く、一昨日あたりに市の職員が来て、うちの集落の全世帯に一軒一軒配って回ったとのこと。

まあ職員の人も大変だったろうなと思うと同時に、ついにここまで来たかと思った。

塩害ならぬ猿害である


うちの集落は市の中でも山側、道路こそ発達しているものバス鉄道も掠りもしない所に存在している。

過疎気味ではあるし、まだ屋号文化も続いている由緒正しき田舎ではある(まあ日本各地に似たとこは多いと思うけど)

もっとも、若い衆の集まり子供会もまだ続いている程度には人が暮らす地域であり。

そんなところなので、向かいの山から鹿なり猿が下りてくることもそこそこあった。

実際自分が住んでいた十余年くらいでも、猿が植木場の柿をとって食べたり、西瓜を抱えて持って行ったりくらいは経験している。

庭先に見かけない猿の置物があると思ったら、生きていた猿だったなんて話が出てくるくらいだ。

まあそんなもんだから警戒こそすれ、猿による人への被害はあまりなかったのでこのまま維持できればいいかくらいに自分は思っていた。

たまにニュースで『噛みつきザル発生』なんてあったけれど、大抵は渡り若い猿とかだったし。

農作物に関しても、猿より鹿の方が深刻だったのでそちら側に若い衆やら猟友会対策していたくらいだった。


ところがこの十年くらいで猿たちは更に活発に……というより賢くなっているらしい。

はいっても農作物への被害がひどくなったり、危害を加えられたとかでは(まだ)ない。

家宅に侵入して炬燵に入って暖をとったり、台所の机の上にあった甘味果物を食べてたりするくらい。

問題は、鍵の位置や開いてるかどうかまで認識できるようになったらしく、鍵をかけていても入ってくることもあるらしい。

幸い、人を見るとどの個体も逃げていくらしいのだが……それでも家の中に猿がいたら気が気でない。

特に小さい子供のいる世帯はなおさらだろう。

そういうわけで、事態を重く見た市の担当課が爆竹を各家庭に配布したのである。実際出たときに使えるかはともかく。


長々書いたけど、所詮爆竹なんて一時しのぎ(=ログインボーナスの配布石程度)だし。

うちの集落が将来猿に負けるのも時間問題だなぁと思ってここで吐き出している。今は辛うじて『共生』といえる範疇に入ってるけど、多分。

そして、そこそこ人口の多いうちの市ですらこんな有様なのだから人口だけで言えば立川とかより多い)

他の市町村ではもっと大変なのかなぁと感じた年末でした。

2018-10-08

anond:20181008202927

あれはもうシステムとかレベルの話ではなかったんじゃなかったっけ

塩害送電線やられて電車走らせられなかったんだよ…

(それも含めてシステムじゃん!と言われたら広い目で見たらそうかもだけど)

列車パンタグラフから火花散ったらそりゃもう止めるしかないわっていう

運行管理システム信号制御っていう意味で言ってるなら

JRと大きい私鉄リアルタイムで実行ダイヤを組み替えるような

当日系のシステムを入れてるし信号対応できるはずだから

送電線やられたとかじゃなければ1日不通なんてことにはならなかったと思う

anond:20181008201631

先週さあ京成線変電所塩害だかが原因で火災おきてまる一日以上全線で止まったじゃん?

あれすごい迷惑だったんだけど、ああいうのもうちょっとどうにかならんかったのか、とか思うんだけどどうなん?システム的に冗長性がないとか脆弱すぎひん?

2018-10-05

千葉鉄道台風の影響で塩害と思われる被害があったようだ。

沖縄には、台風が良く通るが、今はモノレールだけだ。

停電バンバン起きるでしょう、沖縄って。この台風シーズン梅雨の時期はお天気が良くないから海で遊べない。

  

どうなるのかな。

2017-08-26

海の近くに住んでる増田いる?

どう?塩害すごい?

すぐ近くとはいかないまでも歩いて行ける距離引っ越したい

2017-02-08

アスワンハイダムになりたい

苦労して作ったのに塩害で責められるの

2016-12-25

復興押し売りはやめてほしい

クリスマスだったので嫁さんとちょっと遠出したのよ。

有名な観光地遊覧船を予約して乗った。

乗客は30人くらいだったかな?

テーブル12個くらい。

運行中は各名所の説明運転手がしてくれたり、ガイドが名所にまつわるクイズを出したりしてて和気あいあいとした雰囲気

津波塩害で島の木々がやられてしまったとか、島の住民はかなりの人数が犠牲になったとか

そういう話を聞いた。

運行も終了に差し掛かった頃、

「私も津波家族を亡くしました…」

と身の上話が始まり

そこから地元名産品(海産物)の船内販売の話に。

名産品一つ千円。


ここまではよかったんだけど、



販売はさっきのガイドが直接

テーブルに ドサッ と持ってくるスタイル


場所は密閉された船内

から視線

身の上話



結局二千円分購入。





押し売りは言い過ぎかもだけど、

完全に断れない空間で「復興だと思って!」とか言いながらの販売は止めてほしい…

2015-11-07

マジレス

そもそも『農作物』は何から出来ているか原子レベルで見たら、上位3つは炭素水素酸素であり(順番は不明)これらは水と光合成で取れる。

4番目が窒素、5と6番目がリンカリウムであり、これら(&7番目以下も含む)が『土に含まれ養分』であり、単に植物を育てるだけでは奪われる一方のこれらを補うものが『肥料』の正体だ。

なかでも19世紀までは大問題であったのが窒素だ。もちろん窒素空気中に多く存在するが、窒素分子三重結合を解くことは容易ではない。豆やクローバーといった植物や、シロアリのような動物空気中の窒素栄養源に出来るらしいが。

(これを大々的に可能にしたのがハーバー・ボッシュ法であり、だからこそ『水と石炭からパンを作る技術』であったわけだ)

三重結合していない窒素は様々な形で土の中に含まれる。その中にはアンモニアを筆頭に、水溶性の物も多い。水溶性窒素は、植物栄養となる前に川などを経由して海に行くものも多いわけであり、

から海で魚を獲ってきて肥料にするというのは窒素循環システムとしては理に適っているわけだ。

もちろん、海の魚をそのまま肥料にすると塩害で酷いことになるから注意しないといけない。

三重結合していない窒素アンモニア尿素といった形で人や動物排泄物にも多く含まれから、有機野菜というのも窒素供給法としては合理的ではある。

ちなみに日本場合戦前までのは人糞というのも貴重な肥料(上で書いてきた窒素供給源)だったわけだが、

ウ●コの中の窒素割合というのも人によって結構違うらしく、結局は『良いものを&たくさん食べている人のウ●コの方が肥料としては適している』なんて話もある。

http://anond.hatelabo.jp/20151106223331

2011-06-22

http://anond.hatelabo.jp/20110622161940

現在でも福島県産の食品普通に流通していますが、何か?

むしろ塩害で使い物にならない農地が再び生産可能になるのかどうか、壊滅した港、漁船がいつ復活するかの方が問題だろうよ。

問題ないって思う人は、バンバン買ってあげるといいと思うんだ。

買ってる。

お前らの風評被害のおかげで安いしな。

10年でくるといいな、そんな未来

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001a3pj-att/2r9852000001a3rg.pdf

お前みたいに線量計の実測値を読めずに、放射線怖いとありもしない不安暮らしてる奴らの意識改革が完了しない限り無理だな。

リテラシーが低すぎんだよ、情弱

いい加減安全基準値がどのように決定されているのか理解しろよ。

すべてが、チェルノブイリ後の予測の通りに進んでるから気持ちが悪くてしょうがない。

2011-05-31

ソーラーパネルの購入について

何かと話題の太陽光発電について、ぼんやり思う事があるので書いてみる。

現在、個人として太陽光発電を行う場合は自宅の屋根等にソーラーパネル(以下パネル)を設置するのが一般的となっている。

しかし、これは設置コストも高く元が取れるのかどうかというリスクが生じる。

設置に際しては

1,メンテナンス費等を考えると、設置後の出費が不透明

2,日当りの問題から、求める発電量を得られない。

3,賃貸マンション住まいのため個人としてパネルの設置ができない。

などの問題が生じる。

ウチの実家は海に近く塩害による故障への出費が予想できずパネルの設置をあきらめた。

つまりエネルギー問題に関心があっても,なかなか手が出せない現状がある。

そこで思ったのはパネルを自宅に設置するのではなく、発電が十分に見込める土地パネルを共同設置してはどうか。

(もちろん共同設置を個人間で行うのは大変なので、行政自治体会社が主導するのが無難と思う)


メッリットとしては

1,一カ所に集約する事でメンテナンスが容易→コストダウン

2,自宅の立地条件に関係なく設置出来る→効率の良い発電

3,故障があっても修理費は少ない→ローリスク

4,自宅設置ではないため賃貸マンション住まいでも可能→設置人数のアップ

5,予算に応じてパネルの大きさを決められる→小規模から大規模で購入できる

6,会社として購入もできる→イメージアップ

7,自宅、会社に設置するより手間がかからない(予想)→設置数のアップ

などが思いつく。

設置者には発電量に見合った電気料金を割り引くなり、逆に振り込まれるようにするば良いと思う(株の配当金に近いか?)。

発電量に関係なく一定の、金額が振り込まれる方法もあるだろう。

また設置に関しては、賛同者が一定数に達してからスタートする方法と

メガソーラーパネルのようなに物を先ず設置し発電を行い、利用者が後からパネル権利を購入する方法もあると思う。

またその、混合型のシステムも考えられる。

なんて事を考えてみました

デメリットなどあれば、考えてみたいの教えて下さい。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん