「OVA」を含む日記 RSS

はてなキーワード: OVAとは

2017-03-17

総集編アニメ映画を見に行く理由って何だ?

新規パートがあるとか、本編とは違う結末っていうのなら百歩譲って見に行くのも分かる。

けど殆ど一度見た物じゃん。中には新規パートすらない完全な総集編すらある。また見たいならBD買えよ。

大体アニメ12話を放映時間内にまとめるとかどだい無理があるでしょ。じゃあ前後編にしますってそれもどうかと思う。

ちなみに今まで見た総集編映画で酷かった物

小鳥遊六花・改劇場版 中二病でも恋がしたい!~」→開幕夢オチ。場面の繋ぎ方がとにかくクソ。初見の人じゃ話を理解できず、視聴済みならぶつぎりな繋ぎ方が気になってしょうがない。二期への繋ぎ

劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- DC」→終始イオナポエムナレーション。後半の新規パート"だけ"は良い。後編への繋ぎ

アクセル・ワールド INFINITE∞BURST」→テレビでやった話しか知らずに見たら、いきなり知らないキャラオンパレード。82分中半分がテレビ24話のぶつ切り編集ナレーションによる説明。それが終わると今度は原作既読しか楽しめない新規パートが始まる

本当はOVAで作ろうとしていたのを原作者意向劇場公開用にしたせいでああなったと今日知った。

WEB上ではいふり駄作みたいな扱いになっているのが納得できない

※この記事2016年10月16日掲載した「WEB上でハイスクール・フリートはいふり)が駄作みたいな扱いになっているのが納得できない 」の再掲となります

はいふりOVAの発売日が5/24に決まったため、この再掲は5月までとなります




おもしろかったでしょ。

なんかまとめ系ブログ見てると批判ばっか書かれてるけどさ。

なんであんなに駄作扱いされているのか分からん。どっかから金貰って批判コメント書くように言われてるのか?

2017-02-19

WEB上ではいふり駄作みたいな扱いになっているのが納得できない

※この記事2016年10月16日掲載した「WEB上でハイスクール・フリートはいふり)が駄作みたいな扱いになっているのが納得できない 」の再掲となります

はいふりOVAの発売日が5/24に決まったため、この再掲は5月までとなります




おもしろかったでしょ。

なんかまとめ系ブログ見てると批判ばっか書かれてるけどさ。

なんであんなに駄作扱いされているのか分からん。どっかから金貰って批判コメント書くように言われてるのか?

2017-02-06

http://anond.hatelabo.jp/20170205212800

「ヒットの崩壊」(?)っていう本の著者がいうには

ちょっと前までは

web社会に浸透するに伴いどんどん「島宇宙」化してニッチコンテンツばかりになると考えられていた。

しかし実際SNSで盛り上がった現代社会をみれば

言われていた通りニッチコンテンツが成り立つ環境にはなったもの

どれもビジネスにまで発展できないままである

一方元来メインストリームにいた側はCDという従来型の方法では利益を出さなくなったものの、WEBメディアを使い倒して、かつての、

まり音楽映像ネットで行き渡るようになる90年代半ば以前のレベル社会に影響を与えている。

欧米ではポップスター配信限定新曲リリースすることが相次いでいるそうだ。



これは音楽の話だけどアニメ漫画ラノベにも通じることじゃないか

君の名は。」のようなメガヒット

からある大手配給会社ツイッターなどネットの力を駆使して近年稀に見るヒットを記録したり

事情殆どテレビラジオで取り上げられない中、web上の活動だけでヒットさせた「この世界の片隅に」が出現した一方、

ヒットの権威のようなスタジオジブリ

「知る人ぞ知るオランダ人作家が手がけた全編セリフなしのファンタジー」というニッチ映画を公開し

収益は散々であったのに評価は高いという現象を起こしている。

こういったことは映画でないアニメでも、雑誌でもどんどん起こると思う。

アニメなら、従来通りのやり方で公開される「ラブライブ」や「刀剣乱舞」のようなものと、

web限定公開だったりOVAという形で公開されるけものフレンズカバネリのようなものに二分され、

漫画雑誌ならジャンプのようなものは残るが、コミックビームに居たような作家はみんなweb主体に移行すると思う。

皆が知っているが故に合言葉として機能しないコンテンツ

強い個性を持つが、それ故に不特定多数と共有することが難しいコンテンツ

この二つのどちらかに収まろうとする今では

増田の求めるようなコンテンツは出てこないのかもしれない。

2017-01-22

ゆゆ式OVA買いたいけど・・・

ゆゆ式OVAが出るらしい

ファンだし原作BOXも持っているのでほしい

けど値段観たらびっくりした

DVDで特典無しというエディションでも4500円

さすがに2話入ってるよな?と思ったら1話(25分)だけ

たっけえ!!!!!!

俺がアニメOVA相場を知らないだけだから決してゆゆ式が悪いわけではない

どのアニメもこんなもんなんだろう

それにしてもたけえ

映画だって時間1800円で見れるし、ブルーレイも5000円くらいだし、アニメブルーレイもクソ高いけど2話(50分)入って6000円くらいだ。北米版を買えば12話で5000円

それがOVAだと1話4500円・・・

好きだし見たいしだせない額ではないけど、原作に収録されているであろう話が25分4500円はさすがに買えそうにない

いくらなら買うのか?って言うと、トップクラスに好きなゆゆ式でも1話だと3000円が限界かな・・・

4500はさすがにな・・・

残念だなあ・・・

2017-01-06

アニメ感想一本目だコラ!

一本目はなんとAKIBA'S TRIP -THE ANIMATION-だぞ

まず最初に言っておくがアキバ「ス」トリップじゃねえアキバ「ズ」トリップ

Sの音は濁るんだ

ストリップはしてるけど名前はズトリップテストに出すから覚えとけよ

原作ゲームアニメーション制作GONZOだって時点で期待はまあ薄いわな

監督が博史池畠でシリーズ構成兵頭一歩からロボットガールズZにノリは近いぜ

まあ主題歌イヤホンズネタオタク系だからこれが声優の方が近い所にいるのかも知れないな



前置きは置いといて内容の話に移るが……正直言って2017年作品じゃねえな

2007年とか1997年作品だぜコリャ

とにかくノリが古くせえ

今時アキバ舞台にしてるってのがまず古臭い

シュタゲの時点でこういうノリちょっと古いけどそこが面白いよねって状態だったがそこから更に5年経ってるからなそりゃ古いぜ

トリップ名前の通りお色気要素が当然あるんだがこのセンスもまさに古いぜ

次々服を脱がしてイヤーンまいっちんぐーーと言わんばかりにおっぱい隠させるのはまあ今でもあるわけだがその描き方が古いぜ

なんつうかナベシンとかあかほりとかそういう古さだ

当時ですらフーンって感じだったのが今やられたらいよいよエロさなんて感じねえ

乾いた笑いが出るか真顔になるかだ

からでも小麦ちゃんOVAでも出してた時代にでもタイムマシンで投げつけた方が視聴者も作り手も幸せになれるんじゃねえのかってレベル

だがそれがこの作品の売りだ

この古さだ

とにかくどこか古い

そこがこの作品の売りなんだそうに違いね

深夜アニメがまだ始まったばかりのちょっとお色気要素が強かったり大人向けなだけで何だか凄いアニメに見えてたあの時代気持ちを懐かしむアニメ

正直しょっぱなからこんなキワモノ見せられてもどう評価したらいいのか分かんねえ

実況しながら見ねえとキツいアニメを実況できる時間にやった判断だけは正しいと思うがそんなアニメ作った事自体が既に間違いなんじゃねえのか

まあ保留だ

他のアニメ面白かったら切るつまらなかったら見るだ

2017-01-01

涼宮ハルヒの復活はあり得るのか

去年はハルヒ一期から10周年ということで全部入りBOXパチスロ化、再放送配信サイトでの一挙放送などハルヒを見る機会が多かった。

10周年を機に搾り取れるだけ搾り取っておこうという魂胆なのか、再ブームを狙っているのかは分からない。

個人的には原作を揃えて最初に出たBOXも買って、劇場版初日に見に行った程度には好きなので新作を見たい気持ちはある。

しかし再ブームは厳しいんじゃないかと思う。原作新刊が全く出ず完結させる気があるのか謎だし、長門有希ちゃんの消失以降映像の新作も無い。出演声優イメージ低下もある。

2009年版はエンドレスエイトも酷かったが、溜息(自主映画制作)もハルヒの目に余る暴走でついて行けなかった。色々あって当時の熱量はもう無い。

三期をやっても今更な気がするし、あってもファン向けのOVA劇場版か。あるいは一期のリメイクというのもあるか。

2016-12-21

ワイズマンが作者が一番描きたかったオチでないの?

近年のOVAまで続いてるし。

レイズナー刻印

打ち切りされてからが本番

2016-12-14

片渕監督へ 「ヨコハマ買い出し紀行」を映画化しませんか

この世界の片隅に」まだ見ていないが評判はとても良い。今は100キロメートル離れた街でしか上映していないので、最近忙しいこともあってまだ見に行けていないが、2週間後には近くの映画館で上映開始するので、そのときには絶対に見に行こうと思っている。

この世界の片隅に」は、評判を聞いたり、予告を見た限りでは出来には期待して良さそうだ。自分この世界の片隅に原作ファンなので、あの素晴らしい原作を最高の映画に仕上げてくれた片渕監督には感謝している。

片渕監督の手腕を見込んで、勝手なお願いなのだが、片渕監督には是非「ヨコハマ買い出し紀行」を映画化してほしい。

ヨコハマ買い出し紀行」は、地球温暖化で海面が上昇して、人類が緩やかに滅んでゆく世界喫茶店経営する不老不死ロボットアルファ」の日常を描いた漫画作品だ。

人類が滅ぶ寸前という過激環境の中で「日常」に焦点を当てているのは「この世界の片隅に」との類似性を感じざるを得ない。

現代とは違った少し懐かしさを感じさせるゆったりとした雰囲気も「この世界の片隅に」と非常に良く似ている。(実際に自分は「この世界の片隅に」を読んでいて「この作品ヨコハマ買い出し紀行っぽいな」、と思った。読む順番が逆なら逆のことを思っただろう)。

さらに「ヨコハマ買い出し紀行」は、海面が何メートル上昇したらどこが沈むか、といったようなことを綿密に計算して、それを正確に作中で描いていることでも知られている。関東付近実在する景色もたくさん出てくる。この舞台へのこだわりっぷりは映画この世界の片隅に」に通じるものがあるのではないだろうか。「ヨコハマ買い出し紀行」のような舞台描写にこだわった漫画を片渕監督アニメ化していただけたら、間違いなく素晴らしい作品に仕上がるだろう。

実は「ヨコハマ買い出し紀行」は2回OVAアニメ化されていて、どちらも出来は良いのだけど、尺が短いのが非常に惜しい。「ヨコハマ買い出し紀行」のミソは、年を取らないロボットとどんどん成長していく人間や変化していく世界との対比だと思う。映画OVAとさほど変わらない短い尺ではあるが、あの濃密な「この世界の片隅に」の原作を2時間映画にまとめ上げた片渕監督なら、映画という短い尺でも「ヨコハマ買い出し紀行」のミソである人間の成長や変わりゆく世界を余すこと無く描けるだろうと確信している。

クラウドファンディングをやるなら投資するし、5年でも10年でも待つので、是非考えていただけないだろうか。

2016-12-06

アカデミー賞受賞なるか?!

なりません。

受賞はおそらくズートピアだろう。

あるいはファインディング・ドリー




千と千尋の神隠しが受賞した2002年は、どんな年だったか




ディズニーピクサーを買収するのは2006年90年代から2000年代初期、ディズニー作品はパッとしなかった。良作はあるが、大作かと言われると…という感じ。作品テーマが明らかにマンネリズムに陥ってみえたのもこの頃。過去作のオリジナル続編のOVAを乱発したりしてな…。ジョン・ラセターの介入によって今のディズニー作品存在すると言える。ちなみに2002年ディズニー作品からノミネート作はリロ・アンド・スティッチトレジャープラネット

モンスターズ・インク2001年(ノミネート)。その次のファインディング・ニモ2003年(受賞)。2002年ピクサーの新作が公開されなかったのだ。アカデミー賞はその年にアメリカで公開された作品審査対象になるので、この年にピクサー作品はなかった。なおピクサーは06年以降1年に1作は必ず新作を公開している。




アカデミー賞受賞作一覧をウィキペディアでみてみよう。

長編アニメーション部門が作られたのが2001年

それから15回のうち

03、04、07、08、09、1012、13、14、15年の10作品

ピクサーまたはディズニー作品なのである




千と千尋の神隠しが洗練された表現形式と優れたエンターテインメント性を兼ね備えた映画だったことは疑わない。

しかし、アカデミー賞の受賞までいったのはタイミング問題が小さくなかったのだろう。

長編アニメーション部門ができて二回目という時期もあっただろうか?

いや、なによりも、運良くディズニーピクサーの脅威がなかった年にノミネートできたのである



アカデミー賞は、アメリカ国民映画祭です。

選考ハリウッド業界関係者によるものです。

基本的アメリカ映画が受賞します。

そんな中で、様式の異なる海外アニメーションを出品して、ノミネートされるってだけでだいぶすげえことしたってレベルですよ。




いま、ディズニーピクサーの勢いが衰えないうちに日本アニメ映画が受賞までいくことはおそらくない。

ディズニーピクサー表現技術が日夜進歩を遂げており、エンターテインメント性も損なっていないのであれば、会員たちにとってあえて海外の異なった様式アニメーションに受賞させる必要がない。

なにか根底から価値観を覆されそうな、とてつもないもの提示されない限りは。




からね、千と千尋の神隠しが受賞したからって、簡単に、受賞するか?! って言わない方がいいよ。

しないから。




だいたいね映画批評家協会賞とかいうの、あれってアカデミー賞前哨戦なんて報道されるけれど、それならLA映画批評家協会賞をとったかぐや姫の物語アカデミー賞受賞にならないのはおかし空気だったと思うんですよね。

ほかにもボストンとかサンフランシスコとか、各地の映画批評家協会賞とやらをとってたんですよ、かぐや姫は。

さらに、各地の映画批評家協会賞でかぐや姫と競い合っていたのは、ベイマックスじゃなかったし。

ヒックとドラゴン2とレゴムービー3Dだったんですよ。

でもレゴムービーに至ってはアカデミー賞ではノミネート漏れまでしてるし…。



2014年に受賞したのはベイマックス

かぐや姫の物語ではなく、ベイマックス

ヒックとドラゴン2でも、ソング・オブ・ザ・シーでもなく、ベイマックスなのだ

まだまだディズニーピクサーの天下です。





というわけで、まずはノミネートするか?! を期待するのが妥当だと思います

細田守作品ですらまだノミネートはされたことはないのだ。

ジブリ作品以外はまだ日本長編アニメノミネートまでいったことないんだぞ。




しか個人的にはレッド・タートルのほうが会員には好まれそうだなって思う。

2016-12-03

昔の進研ゼミってサブカル色強くなかった?

具体的に知ってるのは84年生まれ向けの中学講座だけだから前後がどうなのか知らないが。でもそもそもCM筋肉少女帯とかエイリアンとかだったんだよなあ。

テキストの他にフルカラーの冊子があって、これの内容が結構サブカル色濃くて毎月楽しみだった。

なんか映画特集では『風と共に去りぬからフェイス/オフ』とか押井守の『アヴァロン』まで新旧作を紹介してたし、名セリフ紹介ではなぜか『ニューヨーク1997』の「俺をスネークと呼べ」が写真付きで載ってた。

ロボットアニメ特集ではエヴァを軸に簡単系譜と当時の人気アニメについて書かれてて『アキハバラ電脳組』を知ったし、人気OVAランキングとかもワクワクしたなあ。

マンガ特集ではさらに小冊子が付録でついてきたし、新作フィギュア紹介とか財力的にどう考えても中学生きじゃない特集もあった。

性に関する特集もあって、それぞれのオナニーの仕方が投稿されていたと思う。勃起の抑え方で「母親の顔を思い出す」という読者投稿顔写真付きで紹介していたことも強烈に覚えている。

こんな感じで中学生向けにしては不思議な濃さで、学習教材よりもサブカル方面教育の方が身についてしまったが、なんだかんだで金もない当時としては簡単情報収集ができたしいろんな面白いものを教えてもらってありがたかった。

今でも進研ゼミまどマギとかダークナイトとかシンゴジラとか君の名は。特集してるんだろうか。してて欲しいなあ。

2016-11-23

パトレイバーREBOOT

今の技術パトレイバーアニメが見たい

http://anond.hatelabo.jp/20160118203330

これを書いたものだけど、今日機動警察パトレイバーREBOOT」が配信された

http://animatorexpo.com/patlabor-reboot/

これだよ!これが見たかったんだよ!

凄く興奮した!

OVAでいいかシリーズ化してほしい

押井抜きで

2016-11-12

まだまだ控えているアニメ映画ラッシュ

毎年ある長寿アニメキッズアニメ劇場版好調

ディズニーをはじめとする海外ファミリー向けのCG映画もヒットを続けている。

半ばOVAの先行上映と化しているような深夜アニメ劇場版もどんどん増加。

新規カットを入れた総集編を劇場放映とか。

TVじゃ難しいか映画で何編かに分けてアニメ化するよ!な漫画原作ものとか。

それに混じって出てくるヒットするのかしないのかわからないオリジナル企画もの

映画会社ポストジブリを期待してるのかな?な一般意識したタイプ



ホントにたくさんあるのよ。

TVアニメも本数やたら多いし、アニメ業界疲弊してるのわかる。

とにかく新しいビジネスモデルを!って劇場放映にすがりついている感じがすごいある。




SAO劇場版はどれくらいヒットするんだろう?

イマイチ盛り上がりに欠けているProject Itohの最後を飾る虐殺器官の出来はどうか?

シリーズ化したキンプリはどこまでいけるか?

神山健治監督のひるね姫は果たして一般層に届くのか?

虚淵脚本ゴジラはどうだろう?

バイオハザードまで3DCG映画化なんて、どういうことだ?

シンエヴァはいつになるんだ?

ヤマトはまだ続けるのか?

Gレコ劇場版ホントに上映できるのか?

Fateホント映画公開するのか?

蒼きウル企画は進んでるのか?

BLAME!シドニアと比べてどうか?

湯浅政明監督が作ってる劇場アニメ情報公開はいつだ?



気になることは多い。

2016-11-07

アニメヤバいだなんだって言うけどさ

急にアニメ業界の行く末を真に憂う者である!みたいなこと言い出さないでよ。みんなどうしちゃったの。

だって今に始まったことじゃないじゃん。

からあったじゃん、スタープロとか、ヤシガニ屠るとか。この手の作画崩壊ってやつは万策尽きたー!が表に出た例でしょ。

たぶん今だってあの程度でいいなら放送されちゃうし、放送枠に穴空けたらダメって論の方が強けりゃやっぱり放送されちゃうんじゃないの。そこは昔と同じでしょ、たぶんだけど。

違うのはアニメ商売映像自体を売るOVA的な方向になって、放送がその試供品的になった。だから商売として簡単にああいうもんを出すわけにいかなくなった。しかも都合良く放送してる独立局は再放送や休止を認めてくれる。それで放送を休止してる。そういうことでしょ。

からずっと同じ。昔から変わってないの。だからさらみんなして一斉に石動雷十太ごっこするのやめよう、ね?

もっと素直にアニメの話しよう。もう3ヶ月もユイシエル女皇陛下可愛い!ってリアルでもネットでも言えなくなって辛いの。だって言うとアニメ業界を憂う話をする方向へ場が動くから



というかね、最初からアニメ天才がいなきゃ成り立ってない産業でしょテレビアニメ

だって4000枚の動画が毎週必要なのよ。その動画の元になる原画だって何百枚と描かれなきゃならない。

こんなもん、アニメに特化した絵の天才がいなくてどうして成り立つと思うの。

最初から天才ありきの産業だよ。天才のいないとこでアニメ作ろうとしたり、天才キャパ越えてアニメ作ったら万策尽きるよ。

解決策なんて天才抜きでアニメ作れる夢の発明をするか、天才の数に見合った制作本数にするかしかないじゃん、最初から

でもそんなの皆考えれば分かるじゃん。分かっててテレビアニメ見てたじゃん。

さらアニメ業界の行く末を真に憂う者ごっこしないでよ。お姉ちゃんかわいいって言わせてよ。サラちゃんティアちゃんケイちゃんイングリッドさんもかわいいよ

2016-11-02

http://anond.hatelabo.jp/20161102042001

ネットの反応しか知らんけど、

ブレイブが休止になった代わりに放送されたストライクOVAは評判よかったらしいよね

2016-10-17

http://anond.hatelabo.jp/20161016105835

はいふり来年OVAが出るじゃん。

本当に駄作扱いされて叩かれてるなら、OVAなんか出ないで消えていくよ。

2016-10-05

無彩限のファントム・ワールドOVAやってくれたな

CM水玉コラ状になってるのがどんなふうに解禁されるのかめっちゃwktkしてたのに、

まさかあのままOVAになってるとは・・・

まさかそうくるとはね・・・

ほんとにやってくれたよ・・・

意地でもケツと乳首券を出したくないんだな

まあケツ、というかパンツ水着のお尻は全然エロスがないから期待してなかったけど、

こっちは京アニクオリティ乳首券めっちゃ期待してたんだよ

イボイボまで書き込まれてるのかなとか

キャラ乳首の色想像してめっちゃ楽しみにしてたのに・・・

よくも騙したあああああああああああああああ

騙してくれたなあああああああああああ

2016-08-17

堀江由衣と言えばさ

サブヒロインなのにほっちゃん主題歌歌ってたフォトンというOVAもあるね。1997年。うわもう20年近く前だわこれ。

脚本家小説版あとがき(だったと思う)でバラしてたところによれば、原案脚本家が○○の声優さんに会いたい!でメインキャラキャスティングしてたらしい(だからメインヒロインはVガンのシャクティの人)から、つまりそういうことなんだろう。このOVA製作キングレコードもっとパイオニアではない。



らぶがっさーいこーお

きょおーもきょーおとてがーんばー

ときめっきーりきーりっきぃー(裏返る声)

2016-08-10

昨日ヒラコーヘルシングOVA見てたんだけど

吹き替え洋画セリフ回しとか好きなんだろうなあとか思いつつ

シンゴジラフィーバーも要するに過去映画の寄せ集めしたもの再構成だなあとか思うと

オタが好きなのは作られた背景にある情報量であって出来上がったものの良し悪しではないのではなかろうかと感じる今日この頃

2016-08-08

龍堂寺士門の淫謀

ミンクという会社には「夜勤病棟」というシリーズがある。

1999年12月夜勤病棟』発売

2000年12月22日夜勤病棟特別盤〜』発売

2002年7月26日夜勤雀棟』発売

2003年10月11日夜勤病棟 DVDPG』発売

2004年1月15日夜勤病棟・弐』発売

2004年10月15日夜勤病棟・弐 DVDPG』発売

2004年12月10日夜勤病棟・参』発売

2005年4月8日夜勤病棟・参 DVDPG』発売

2005年5月13日七瀬恋』発売

2005年12月9日夜勤雀棟2』発売

2006年9月3日 SMクラブ夜勤病棟渋谷オープン

2006年11月10日風間愛』発売

2006年12月22日夜勤病棟〜復刻版+〜』発売

2007年7月2日 パチスロ夜勤病棟ホールデビュー(最速導入ホールでは)

2008年10月31日夜勤雀棟壱・弐 復刻版+』発売

2011年6月24日 『真・夜勤病棟』発売

2012年1月27日夜勤病棟 零』発売

20年くらい前の作品だがいまだにこのシリーズ作品OVAが出ており、ブラウザゲーにもなってるくらいご長寿コンテンツ

エルフが手を付けてさっさと手放してしまった「臭作」という作品を発展させ、

非モテ男のエロ妄想をこれでもかと詰め込んだシチュエーションキャラクターたちがエロゲーオタどもの心をつかんだようだ。

そのせいで、初代ヒロイン七瀬恋は、いろんな年齢であられもない目にあうという島耕作みたいなことになってしまった。

しかしさすがに10年以上も経つとマンネリというレベルではなく経年劣化にも耐えられない状態であることは明らかであった。

そんな中、frillが「夜勤病棟」を換骨奪胎して女衒主人公の「聖娼女」というのを出して人気になった。

ミンクという会社を支える屋台骨が他のメーカーに遅れを取り出しては経営的にも苦しい。

いい加減新しいシリーズ必要とされるという形で、ミンク20周年記念にあわせてついに新シリーズを出すことにしたというわけだ。

結果としては、二番煎じどころの話ではなく、レジェンド的なロングランになるほどの地力は感じさせなかったが、それでも単体として優秀なおかずを提供してくれたといえる。

ミンクの絵は、最新の萌え路線とは違って古さを感じさせるものの、エロ路線としては相変わらず良い汁や塗りだし

システムがめんどくさいが、その代わりに計画をもって進めれば

飽きるまで何度も一人の女をいろんなシチュエーションでいただけちゃったり何人もの女性を性欲処理の対象としてプールしておけるつくりになっており、

最近の、選択肢を選ぶだけで女性が股を開くかわりに個々の女性たちのつながりなどが見えないゲームに慣れている人間からしたら満足度は高いだろう。

しかしやはり女子高生では看護師には勝てなかった。 また、主人公の龍堂寺の怖さが薄すぎるのも難点だ。こいつはただのセックス上手なエロおやじしかない。それじゃいかんのよ。

夜勤病棟を生み出したミンクですら、夜勤病棟は越えられなかった。 レジェンドというのは狙って作れるものではないのだな。


aukusoe やっぱりあの生きるためならウンコをバックバク食べることも厭わない何が何でも死んでやらないぞ、という気持ちがすごかったと思う

わが意を得たりというコメントありがとう

そう、龍堂寺士門の淫謀って作品は、今のユーザー向けにしたせいかどうかわからんけどマイルドなんよね。悪く言えばヌルい。狂気がない。

鬼作は本当に学生を皆殺しにしようと行動するし、臭作も女が苦しむのを心から喜ぶ。比良坂はマッドサイエンティストであり女がそのために壊れようが構わない。

さらにいえば当時は野々村病院やら猟奇の檻やらそういうのがたくさんあったらしいがそのあたりは俺はよくしらん。

とにかく、そういう狂ったやつらもいなければ、自分生殺与奪を握られたうえでそれでも生き延びようとするようなしたたかな女もいない。

ただ、エロいおっさんと、素直にやられて目がハートになる雑魚少女たちだけである。 だからラストシーンで一人の女性けが浮いている。

これだったらまだLeafの鎖のほうが面白かった。 

ミンク夜勤病棟以外にも、いろいろと狂気を扱った作品が多かった。

Love Callやらコレクターやらはゾクゾクするようなところがあってその延長に夜勤病棟があった。

http://www.mink.co.jp/product/

だけどやっぱり時代の流れに勝てず、なにげに十六夜花嫁などいいゲーム出しているんだけどいまひとつヒットすることな

結局夜勤病棟シリーズを出し続け、今回もそのライト版のような形で妥協したゲームになったのかと思うと悲しいがとにもかくにもこのメーカーが20年生き続けてくれたことが何よりうれしい。

2016-08-04

1963 鉄腕アトム
1963 鉄人28号
1963 エイトマン
1965 ジャングル大帝 カラーアニメ
1965 オバケのQ太郎 ギャグ
1966 おそ松くん
1966 魔法使いサリー 少女向け、魔女っ子
1966 ハリスの旋風 学園もの
1968 サイボーグ009 ヒーローチーム
1968 巨人の星 劇画スポ根
1968 ゲゲゲの鬼太郎 妖怪
1969 サザエさん
1969 ひみつのアッコちゃん
1969 アタックNo.1
1969 男一匹ガキ大将 不良もの
1970 あしたのジョー
1971 天才バカボン
1971 ルパン三世
1972 マジンガーZ ロボットもの、関連玩具
1972 科学忍者隊ガッチャマン タツノコヒーロー
1972 海のトリトン
1973 キューティーハニー 美少女ヒーロー
1973 ドラえもん
1974 ゲッターロボ 変形合体ロボ
1974 宇宙戦艦ヤマト アニメブーム
1974 アルプスの少女ハイジ
1975 フランダースの犬 世界名作劇場
1976 キャンディ・キャンディ 少女漫画
1977 ヤッターマン
1978 未来少年コナン NHKアニメ
1979 機動戦士ガンダム
1981 Dr.スランプ アラレちゃん ジャンプ
1981 うる星やつら
1982 超時空要塞マクロス
1982 魔法のプリンセス ミンキーモモ
1983 キャプテン翼
1983 キン肉マン
1983 聖戦士ダンバイン
1983 装甲騎兵ボトムズ
1984 北斗の拳
1984 風の谷のナウシカ
1985 タッチ
1986 聖闘士星矢
1986 ドラゴンボール
1988 機動警察パトレイバー OVA
1988 AKIRA
1988 それいけ!アンパンマン
1990 ちびまる子ちゃん
1990 NG騎士ラムネ&40
1990 ロードス島戦記
1992 美少女戦士セーラームーン
1992 幽☆遊☆白書
1992 天地無用!
1992 クレヨンしんちゃん
1993 SLAM DUNK
1993 無責任艦長タイラー ライトノベル
1995 新世紀エヴァンゲリオン
1995 スレイヤーズ
1995 GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊
1996 名探偵コナン
1996 爆走兄弟レッツ&ゴー!!
1996 エルフを狩るモノたち 深夜アニメ
1997 ポケットモンスター
1998 カードキャプターさくら
1998 カウボーイビバップ
1999 ONE PIECE
1999 おジャ魔女どれみ
2001 千と千尋の神隠し
2002 機動戦士ガンダムSEED
2002 NARUTO -ナルト-
2004 ふたりはプリキュア
2006 涼宮ハルヒの憂鬱
2006 コードギアス 反逆のルルーシュ
2007 らき☆すた
2009 けいおん!
2009 化物語
2011 魔法少女まどか☆マギカ
2013 進撃の巨人
2014 妖怪ウォッチ

2016-07-29

http://anond.hatelabo.jp/20160729015027

リンク先を見た感じだと、

制作会社倒産に至ったのはOVA「新・キューティーハニー」で「監督 - 長岡康史」となってるから庵野関係なくない?

倒産した制作会社がどこなのかは読み取れなかった)



キューティーハニー - Wikipedia

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん