2015年11月28日の日記

2015-11-28

今回の世にも奇妙な物語の人気作のリメイクと有名監督作品ってやっぱ、つまらなくなる原因がどっちにあるのか試したかったのかな。

帰りの電車

男の人は左手で吊革を握っていたけど、

電車が発車すると、空いている右手で私の腰を支えるように添えてきた。

最初は気にしていなかったけど、、

電車が揺れると、ぎゅっと抱き寄せるかのように添えられた右手に力が入っているのを感じるように。

その後エスカレートして、私の頭にあごを乗せてきたり、

抱き合っている恋人のような状態に。

あぁ、嫌だ。風呂はいろう、、、

格闘ゲーム人種分布

下に行くほどヘビー。


キャラストーリーが好き

 →絵師になったりする。界隈を盛り上げてくれる。原作があるとこういう層が多い


BGMデザインが好き

 →格闘ゲームが好きじゃなくて、そのゲーム自体好きな人ぶっちゃけ格闘なくてもいい。


・技とかコンボが好き

 →カッコいい、見栄えがいい等。見るだけでも満足できる人。


・技、コンボがきまると嬉しい

 →アクションゲーム等が好きな人。実は人間が相手じゃなくても良い。


・技、コンボを練習しているのが楽しい

 →自己解決型というか、マゾ型というか…何かを身につけたい人たち。好戦的ではないはず?


・対戦が楽しい

 →緊張感や試合楽しい駆け引き楽しい等、勝負を楽しむ人。喧嘩になりにくい?


・勝つとうれしい

 →承認欲求優越感?ギャンブル的な面が増える。対人を研究し始める


・勝ち方を考えるのが楽しい

 →フレーム、技、判定などを研究し始める。強キャラ、弱キャラ信者誕生し始める


・勝つためにやってる、負けるとイライラする

 →そろそろ初心者狩り等に墜ちる奴が発生。遊びじゃねえんだよ!


・ひたすら対戦する

 →おめでとう!君は完璧に格闘ゲーマーだ!

○○なアニメ教えてって聞いてるのにマンガ小説を薦めるバカ

http://anond.hatelabo.jp/20151128180639

「一番ひどいのを選ぶ」のは何故なんだ。

なんで浦和レッズはチーム名がアカなのに右翼的人種差別マンに好かれるの?

学生ってスマホを使えないもんなのかね

出会い系サイトで知り合った学生と食事しようってことになって、どこに迎えにいったらいいって聞いたら、店に直接行くって言うのな。

まあ、知らん男の車には乗らんってことなんだろうけど、市内の店の名前を何件か挙げてもどこも知らんって言うのな。

スマホ持ってるなら、検索したら地図付きですぐでてくるだろうて感じだけど。

その前も、学生二人組と会って車の後ろに乗せて「このあたりってホテルってある?」とか話を振ったら、二人で話して「そうだ検索しよう」ってところまではいったけど「ラブホでなくて普通ホテルしか出ない」とか言って探すの諦めてたし。

今の学生世代だと、PCスマホちょっとした情報検索出来るだけで「使える」って感じなのかね。

ギリギリまでやらず、これはまずいと思ったチームメンバを巻き込み、自分サボるライフハックまれによくいるから困る

ホントクソ。なんでやらないんだろ。

今回はそれがわかっていたので、誰も助けずにそいつ詰められてた。ざまあ。

http://anond.hatelabo.jp/20151128042922

この条件でヨルムンガンドが出ていない事に驚く。

アニメコミックも完結しているのでゲオで好きな方借りてくると良い。

http://anond.hatelabo.jp/20151128104816

俺に不思議なのは、同種である黄色人種よりも白人の方が美形に感じられてしまうのはなぜなのか、という点だな。

生物学的におかしいじゃないか。

黒人には黒人が一番美形に見えてるんだろうか。

本当に暖かい手袋ってあるんだろうか?

ずっと昔からコンビニとかホームセンターとかで安い手袋だけを使ってきた。

安いけど毛糸で作られてて、それなりに厚さがあって冷たい風から手を守ってくれていた。

けど、本当に寒い日になると手袋をしているにもかかわらず手がどんどん冷えて、かじかんでくる。

そうなったら手袋はもはやただの飾りになってしまう。

数万円とか出せば、暖かいと実感できないまでも、少なくとも手がかじかまない程度に保護してくれる手袋買えるのかな?

毎年手袋を買いなおしては、いつまにか紛失することを繰り返してる自分が持つ疑問です。

どんなかわいい幼女でも数年後には非処女になってしまうと思うと死にたくなる

同性婚は認めるけど、同性愛者が近くにいるのは嫌だと感じる件

当方両性愛者、人間なら誰でも好きになれる極みの存在です。

言葉には自信がないので語弊がある表現があるかもしれませんが、思うところがありましたので書きます

ちょっと気になるニュースを耳にしました。

テレビを見ていて知ったのですが、同性婚を認める人が大多数になってきた一方、同僚や友達同性愛であることに抵抗がある人の方が大多数であるというのです。

びっくりしました。これちょっと意味からなくないですか。

どこかで同性婚のことをフィクションのように、遠い場所での出来事みたいに思ってませんか。

好きなら結婚すればいいじゃん、自分には関係ないし(ないと願う)、みたいなことですよね。

異性愛である自分同性愛である人が関わってきたら、、、どういうところに抵抗を感じるのかいまいち私にはわからないのです。

別に同性愛であるからといって(本人にとって)異性的性格思考・振る舞いがついてくるわけでもありません。

友人であるあなたが一緒に温泉に行ったって、肩もみもみしたって、食べ物シェアしたって、別になんとも思いません。

なんてったってあなたの体は自分のと同じなわけで…。

同一性と同姓愛は別です。別に同性愛者がそばにいたって、気にすることは何もありません。

「僕男だし、好かれちゃうかも」なんて心配無用です。同性愛である前に人間ですから、人が嫌がることはしません。

同性愛についてあえて表現するとするなら、同性と体の関係を持ったことがあったとしても異性愛者の感じる「性的」なものを「体や性別からほとんど感じられず、その人「個人」を興奮部分として受け入れているという感覚ですかね。

興奮部分って言うと生々しいかな?笑

その人の性別的な美しさだけじゃなくて、人間的な生命的なところに美しさを感じて好きになれるって言う感じ?

なんか大げさ!笑

まあだから異性愛者の異性との接触と、同性愛者の同性との接触は少し違うということです。もちろんこれも個人差ありますが。

何がいいたいかというと、同性婚を認めるのと同性愛を受け入れるのと、順番が逆なんじゃないかなと思います

同僚や友達同性愛者がいたとしても、何も問題ないし、何も気にしない! だから、愛しあう彼らが結婚できることは当然だと思う。

という風になるのが通常じゃないでしょうか。

現状は、

愛しあう彼らが結婚できることは当然だと思う! でも同僚や友達同性愛者がいたとしたら、問題あるし、気にする。

って感じです。

多分「同性愛」または「同性愛者」についてあまり情報を持っていないからそういう考えになるのかなと思いました。

同一性同性婚については理屈ではこらえきれない「理不尽」がつきものですから話題性もあって海外ニュースなどで目にすることは多くても、同性愛という一種属性だけをフォーカスすることってないですからね。まあ、同性愛者だからといって注目をあびるのも変な話ですが。

同性婚を認める前に、同性愛もっと関わりを持って欲しいなと思います

別にそういうコミュニティに混ざれとかそういうことではなくて、そういう話題物語でもいいので、自分事のように思ってもらえませんか。

目立った芸能人トリッキーな同姓愛者だけじゃなくて、隣で笑っている友達もそういう「好き」を感じられる人なのかもしれない、と。

人間的・生物学的におかしいとか、同性愛非難する人や宗教があるのは事実でそれはいろんな人間がいるので仕方ないですが(迫害は仕方なくないです)、受け入れようと思ってくださる方がもしもいるのであれば、同性愛者やその周辺だけではなくて社会全体の認識程度に意識を向けてくださったら嬉しいなと思います

心の中だけではなくて、行動で、発言で、受け入れていける社会になりますように。

いろいろ主張はあるだろうが

やはり内部リーク増田が一番良い

「犬に噛まれたと思って忘れるしかないよ」

昔、男性から嫌な事をされて辛い思いをした。

そんな事をすっかり忘れた頃、好き人ができて

いざ初体験!ってなったら、身体が硬直して動かない。

肌が怖くて、抱きしめてくる彼氏が怖くて、

なんで?なんで?ってなってる自分自身パニックで、

からなくなって泣いてしまう。完全にメンヘラ

好きだからセックスしたいのに、怖いって気持ち

どこからか湧いてきて身体が硬直する。情けなくて余計涙出る。

彼氏反省会してる時に、すっかり忘れてた昔の事を

電気がパーンッて走るように思い出して、

素直に伝えたら「犬に噛まれたと思って忘れるしかないよ」

死ねと思った。

でも1ヶ月くらい考えてたら、確かに一理あるなと

ストンお腹に落ちたように納得した。

だって、そもそもベッドで肌を見るまですっかり忘れてた事だし。

思い出したら身体が動かなくなるくらい嫌なことなのに、

そんなに大きな出来事を忘れるなんて人間の脳は面白いなぁと思った。

まぁまだ忘れてはないけど。

つらい気持ちを思い出すスイッチはどこかにあるんだろう。

でも、私は好きな人セックスもできるし、肌で触れ合うことも、

キスだってできる。私はあの男に勝ったような気持ちでいる。

かっこいいおじさんの出る作品

「○○な作品教えて」が最近増田では多いので便乗失礼します。

最近主人公がいきなり強すぎておじさんがやられ役、または噛ませ犬で終わることが多い。

負けても矜持を失わないおじさん、負けても年若い主人公から尊敬されるおじさんが出る作品があったら教えてください。

漫画アニメゲーム小説映画、なんでも構いません。

「かっこいい」は見た目ではなく、その生き方プライドのこと。

容姿はさえない方が逆にいいです。

銭形警部

うん、もちろんかっこいいです。

いろいろおすすめがあればうれしい。

はてブにいる40歳おじさん、50歳おじさんもかっこいいけれど。

ここが増田ってやつ?

わーい!匿名ダイアリーに初登場だよー。

これから意識高いことを書きなぐればいいんだろ?

たぶんダメ人間なんだろう

仕事で派手にミスった。

今週はなんかずーっとミスってばっかりだった。

配属されて2ヶ月経つけど

自分が思っているように仕事ができない。

合っていないのかもしれない。

そろそろ上司にも呆れられてるかもしれない。

相談できる人が回りにいないから日に日に悩みが溜まってきてしまっているんだと思う。

上司には「平気だよ、大丈夫だよ」といってもらえたけど、

今までのストレスと、ショックで帰り道泣いてしまった。

上司の前では必死に我慢したけど、一人になったら耐えられなかった。

もうどうしたらいいんだろう。

ねとらぼハッカドール記事ツッコミを入れる。

監督演出絵コンテ作監原画、全部俺! アニメハッカドール」のスタッフロール無双すぎる

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1511/28/news018.html

放送中のアニメハッカドール THE あにめ~しょん」の第9話にて、監督のげそいくおさんが絵コンテ演出作画監督原画を1人で兼任。その凄まじさがネットで話題になっています

 監督のげそいくおさんは以前、インターネット掲示板2ちゃんねる”にて「ハッカドールは短いアニメなのだから、下手に他人に任せないで死ぬ気で全部のパート担当すればいいのに」と書かれたことがあり、1つの担当パートだけでも圧倒的に作業量が多いことから「暗に死ねと言っているよねこれ」と苦言を呈していました。

そこからまさか絵コンテ演出作画監督原画とかなりの数のポジション兼任したことで、そのファイティングスピリッツアニメファンもびっくり。監督絵コンテ演出兼任すること自体は珍しくないのですが、ここまで多岐にわたる兼任は滅多にないことから「げそいくお監督人間国宝にするべきだ」「狂気を感じる天才」など、さまざまな反響が寄せられています


この間放送された「ハッカドール THE あにめ~しょん」第9話を指しての記事だが、この文章だと色々とミスリードを誘おうとしているように見える。

「何もかもげそいくお監督が1人でやったから凄い」という風に誘導しようとしてる印象を受けたが、実際はどうだっただろうか。

ハッカドール1話分は約8分、その内OPEDの尺を除くと本編は約6分。一人で原画担当するのも何とか可能な規模だろう。

しか担当したげそいくお氏はハッカドール監督自体も兼ねているため、監督業務を考慮した上で考えるとかなりの作業量ではあるだろう。

その点では八面六臂の活躍をしているのは事実かもしれない。

しかし実際第9話を見てみると、後半はアクションシーンなどもあるが前半はドット絵の画面を用いたり、同じカットを何回も繰り返したりと省力的に済ませられる所は省力的にやっている

http://download1.getuploader.com/g/sakugasure/434/hakka9.jpg

ハッカドールという作品ギャグアニメなので、こういった省力化もギャグ演出として機能するように計算してやっているのが窺える

また、げそいくお氏本人が言ってるように一人原画と言ってもL/O(レイアウトラフ原画)までで清書等を含めた第二原画以降は分担作業である

ネット上では動画や仕上げ、背景なども担当している事も取り沙汰されているが、これも結構な人数のうちの1人として数えられる

http://i.imgur.com/VON7UJ3.jpg

憶測ではあるが、第9話でげそいくお氏が動仕まで担当したのは、こういう線のタッチを強調した一連のカット↓の事だろう。

http://download1.getuploader.com/g/sakugasure/435/hakka9-2.jpg


これらを鑑みるに、今回げそいくお氏がやった事は「常識外れの脅威的な行動」をしたというよりも「地に足がついた堅実な方法」を取っているように思えた。

様々なセクションに名を連ねていたとしても、それぞれ実現可能な範囲での作業を執り行っているように見える。

それらをしてネット上では狂気を感じる」を称されているが、世の中にはもっと狂気を感じるぐらい個人が作業を抱え込んだアニメ存在する。

例えば、いまざきいつき氏は「ちょぼらうにょぽみ劇場あいまいみー」1&2期や現在放送中の「不思議なソメラちゃん」において監督キャラクターデザインと共に脚本絵コンテ演出作画監督原画を1人※で"全話数"担当している

この2作品は1話の尺数はハッカドールよりも短かく3分であるが、全て合わせると30話はゆうに超えるので作業量プレッシャーも相当なものになるだろう。

※(厳密には、あいまいみー1期は最終回だけ二原に撒いているし、2期やソメラちゃんは最初から第二原画有りきの体制

竹内哲也氏も「百合星人ナオコサン」で監督脚本キャラクターデザイン絵コンテ演出作画監督原画を全て1人でやっている。こちらは第二原画も無しだ

「ナオコサン」のアニメは2本作られているが両方とも竹内哲也である。2本目は30分近くあるにもかかわらずだ。

OAD版「百合星人ナオコサン」(6分)

http://download1.getuploader.com/g/sakugasure/437/yuri1.jpg

"アニメ文庫"レーベル版「百合星人ナオコサン」(28分)

http://dl1.getuploader.com/g/sakugasure/438/yuri2.jpg

OP演出山下祐)もEDも1人で作画している。カットの内容もアクションありエフェクトあり群衆あり回り込み背景動画もありの超ハードだ。

三原三千夫氏が「カイバ」の第4話で動画まで1人で担当仕切った時は作画オタクの間では騒然としていた。

カイバ第4話「ばあさんの記憶の部屋」(23分、OPEDを除けば20分弱)

http://download1.getuploader.com/g/sakugasure/436/kaiba.jpg

動画チェックこそは違う人だが、ほとんど他者を介さず三原三千夫氏の絵がそのまま画面上に全編にわたって映し出された事になる。

ただしこれらは特別スケジュールが組まれ、完成まで半年から1年はかかっているので通常のアニメとの比較では参考にならないかもしれない。

もう一度ねとらぼから引用する

 監督のげそいくおさんは以前、インターネット掲示板2ちゃんねる”にて「ハッカドールは短いアニメなのだから、下手に他人に任せないで死ぬ気で全部のパート担当すればいいのに」と書かれたことがあり、1つの担当パートだけでも圧倒的に作業量が多いことから「暗に死ねと言っているよねこれ」と苦言を呈していました。

そこからまさか絵コンテ演出作画監督原画とかなりの数のポジション兼任したことで、そのファイティングスピリッツアニメファンもびっくり。

この書き方だと、まるで「全部やればいいのに」という発言を受けてから第9話の1人複数担当が決まったような書きぶりだ。

しかし「暗に死ねと言っているよねこれ」というげそ氏のツイート投稿されたのは11月15日

そしてハッカドール第9話が放送されたのは11月27日短編アニメはいえ幾ら何でも12日で放送まで完パケするのは物理的に無理だろう。そんな"思いつき"のような案がまかり通る状況とも思えない。

からこれは「1人でやればいいのに」という反応とは無関係に9話の体制は決まっていたと考えるのが自然であろう。ちょっと考えれば当たり前の話であるが。





自分別にハッカドール THE あにめ~しょん」を貶めたいわけじゃない。大したことしてない等とは思っていない。

それどころか今期のアニメでは「ハッカドール」は抜群に面白いと思っている。決してゴージャスなアニメではないが、ジャンクな感じがたまらなく良いと思ってる。

楽に作ってるアニメでも決して無いだろうし、監督以下スタッフが身を削る思いで作られてるのは紛れも無い事実だろう。

放送開始直前の頃は、監督げそいくお氏のツイッターがかなり荒れた内容になっていたし、ニコ生でも制作状況の厳しさ、意思疎通が上手くいかない状態を何度も嘆いていた。

アバウトなアニメに見えても、作ってる方は決してアバウトに作ってるわけではないのだ。

自分がこの記事で一番に疑問に思うのは、執筆したねとらぼ大里ミチルなる記者は本当に物事を解った上で書いてるのか?という事である

自分ねとらぼの事を、企業運営するまとめサイトという認識でありはっきり言って悪い印象を持っている。

はちま起稿やらおん等の悪名高いまとめサイト群と大差ないとすら思っている。

企業運営である分余計質が悪いとすら思っている。(はちまjinやらおん企業ぐるみで無いとも思ってはいないが。)

ねとらぼ過去はちま起稿喧伝するようなインタビュー記事掲載していたし、つい最近でもその記事作成した池谷勇人というライター久保帯人先生誹謗する意図があるとしか思えない記事を書いた

集英社が“久保帯人先生ネタ行為に警告 「別人の肖像をあたか久保帯人先生であるかのように紹介」「悪質な場合には法的措置も」 - ねとらぼ

http://b.hatena.ne.jp/entry/nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1509/04/news145.html

この記事は当初の題名最後に「あっ……(察し)。」と書かれていた。

「あっ……(察し)。」という言葉を付け加えることで、久保帯人先生を貶める方向に印象付けようとしていたのは明白であり、ユーザー通報によってタイトルから「あっ……(察し)。」が削られた

これを記者無記名で行ったわけだが、有志によってこの記事作成者池谷勇人である事が暴かれた

(察し)とか書くやつ全員死なねえかな、例えばねとらぼとか

http://kyoumoe.hatenablog.com/entry/20150905/1441391885



要するにねとらぼとはそういう事をしでかす連中である

そういう所が送り出す記事は常に身構えている。

何よりロクな下調べもせず、適当な事を書き散らすだけの記事は悪だ。

サブカル、語る」みたいな個人ブログですら槍玉に上げられる昨今、企業運営の所が糞ザルな記事書いてどうすんだと思う。

今回のねとらぼハッカドール記事は、はっきり言ってザル記事だ。

ハッカドール THE あにめ~しょん」の魅力を伝えるわけでもなく、ただ単にネットで目についた話題適当にちょっぱってコピペで仕上げただけにしか見えなかった。

ましてや「ネットの反応を真に受けて監督は一人演出作画を敢行した」という嘘のストーリーでっち上げようとしているのは、作品を持ち上げてる記事だとしても流石に看過できなかった。

追記

ドライブレコーダーに映ってたもの

某県に行った際、レンタカーを借りた。

最近レンタカーにはドライブレコーダーが付いている。

何かあった時に記録が残るのはいいことだと思っていた。

私の前にレンタカーを借りた人の記録を見るまでは。

ドライブレコーダー記録媒体は、マイクロSDカード

ドライブレコーダーを眺めて、「これ、記録見れるのかな?」と思い、

持っていたカードリーダーマイクロSDカード差し込み、ノートパソコン接続する。

レンタカー屋でここまで走ってきた自分走行動画が見る。機種に依るのかもしれないが、1ファイルあたり1分程度。

今いるところまでは10分くらい運転したので、10ファイルしか入っていないはずだったのが、

GBマイクロSDカードには目いっぱい記録がされていた。

全部見るつもりはなかったけど、興味本位フォルダごとコピーしてしまった。

私の前にレンタカーを借りた人たちは、

1,女性同士のドライブの会話

2,仕事レンタカーを借りた男性

のようだった。

ドライブレコーダーは当然のことながら、運転風景を映すため、運転手は映らない(タクシーに載っている機種は違うようだ)

女性同士の会話は他愛もないものだったけど、声だけで年齢や風貌を想像するのは楽しかった。

仕事レンタカーを借りた男性は、運転しながら終始謝っていたり、上司らしき人に状況報告をしていた。

客先からきたクレーム処理のため、レンタカーを借りたのかもしれない。

男性は急いで運転しているので、信号が変わりそうなタイミングでも交差点に突っ込んでいく。

そのたびに、「チッ」という舌打ちとともに、「あー、ここで人轢いたら、今の仕事辞められんのかな」と言っていた。

交通事故を起こし「今の仕事辞めさせられる」ならまだしも、「今の仕事辞められんのかな」というのはどういう心境なんだろう。

クレーム処理のため駆りだされ、荒っぽい運転をし、交通事故を起こしてまで仕事を辞めたいと呟く男性

いや、交通事故を起こしてまで辞めたいとは思っていなくても、今の仕事を辞めるためにはここまでしないと辞められない現状なのかもしれない。

ドライブレコーダーに記録される映像と音声は無意識な本人の発言から、とても怖い。

夜7時に家に帰る。

妻は3歳の息子と0歳の娘の世話で、ぐったりしている。

妻に、早く風呂に入るように促す。

息子は妻と入りたがるので、風呂は妻の仕事だ。

妻と息子が入浴している間に、作ってある食事を済ませる。

娘がぐずっていれば、膝の上に娘を乗せ、

左手ミルクをあげながら、右手だけで食事をする。

ここで娘が寝てくれればよいが、

寝なかった場合、以下の工程は娘の様子を見ながらになる。

食事を終えたら、洗い物だ。

食洗器があるので、だいぶ楽になった。

食洗器で洗えないものを手洗いする。

洗い終わるぐらいに、妻が呼ぶ。

息子を受け取り、体をふいて、パジャマを着せる。

必ず果物を出すようにしている。

この時期は柿か林檎をむいて息子に与える。

妻が入浴を終え、髪を乾かし歯磨きを済ます風呂に入る。

風呂から出ると、息子の歯を磨く。

妻は息子と寝室に行き、絵本を読みながら寝かしつけ。

俺は抱っこと子守唄で娘の寝かしつけ。

大体22時までには二人が寝付くが

遅いとき23時ぐらいまでかかる。

その間、自由時間は一切ない。

気が付くとお茶も飲んでいない。

子育てで妻と口論になることもしょっちゅうだ。

朝は6時過ぎに起きて、食事の支度をする。

8時に家を出るまで、息はつけない。

人生で最良の時期だ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん