2011年03月06日の日記

2011-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20110306230509

肉を食わない女は臭わない。これはガチだな。

http://anond.hatelabo.jp/20110306224757

俺が非モテ的な奮闘日記増田投稿して

投稿数多すぎw

4年くらい頃から書き続けてるだろお前

http://anond.hatelabo.jp/20110306225936

騒動の件は置いといても、非モテタイムズって、「前置きは借り物で、本編は数行の感想文」みたいな記事(の体をなしてない)が多いなあと感じてた

怪訝に思って、思わずライター名前検索かけちゃったぐらい

http://anond.hatelabo.jp/20110306233926

今後もさまざまあるのでしょうけれど、なにか数値化する方法ないですかね?スカウターいですかね。

ここでも使って見たら?

http://www.google.co.jp/trends

人気のバロメーター

もとい、影響力のバロメーターってないだろうか。

炎上騒ぎのようですが、疎い私には三者とも名前だけは聞いたことある気がする程度、なので良く分からいですが、なんだか話題になってるそうで。

すごいですね。

前原大臣、話題になってます。そりゃ、大臣ですから当たり前ですね。

予備校生、話題になってます。相手が、かの京大からですかね?騒ぎすぎな気もしますが。

話題になるのは、影響力の大きさからでしょう。

隣のおっちゃんの吐いた罵詈雑言ではこんなに話題になりません。

渦中のひとはtwitterベースで36千対3千で12ですか。

眼鏡の人は逃亡したので分かりません。

ここら辺、一つのバロメーターでしょうか。

しかし、動画配信とかFacebookとか、新しいサービス出てますからtwitterだけで判断するのは危険かもしれませんね。

かの暴露ツイート芸能人は33千で負けています。でもテレビに出ました芸能人ですからね。

今後もさまざまあるのでしょうけれど、なにか数値化する方法ないですかね?スカウターいですかね。

週明け、itmediaとか取り上げたりしますかね?

引退宣言のかの人なら何て記事にするんだろうか?いや、記事にするのかな?そもそも。

なんにせよ、個人以上マスメディア未満なメディアの乗り越えるべき課題かも知れませんね。

http://anond.hatelabo.jp/20110306221615

文体は村西とおるオマージュでしょうか。

読ませる文章で大変楽しゅうごいました

勉強になった」と早計に鵜呑みにするつもりもありませんが、

これだけのものを書けるのがうらやましゅうごいます。

ネットを切断せよ、テレビを見よう

ちょっと寺山修司っぽいタイトルしたかったけど、うまく言えなかった。

まぁタイトルのとおりに、良い子はネットなんか切断して、

時間の浪費であるニコ動やら、来週には記憶カケラにも残らない

はてぶのライフハック(笑)をやめてしまおう。

※一瞬頭が良くなった気になるだけだよ!

いい子は、はてブを見て知識人になったような時間の浪費は止めてしまい、

テレビをもっともっと見よう。

テレビももちろん使い方によっては糞メディアになり下がるので、

以下の点に注意しながらテレビを活用するのがテだ。

・録画機能(特にラクラクHD録画)を必ず活用

 →ネットでは見れないような良い情報ゴロゴロしてる!

  →もちろんオンデマンド化されてるものもあるけど

 →特にNHKに良い番組がある(民放にも一部ある)

  →高校~大学くらいならカンブリア、ガイアソロモンワールドビジネスサテライトを見とけ

 →ケーブルに加入すると更に良質なものに巡り合える

  →BBC英語力をつける方法もアリ

バラエティは「フリートーク」の要素の高い番組を見ろ

  →コミュニケーションの基礎を学べる。場の盛り上げ方、人の表情などを逐一観察する

  →多人数で場を壊さないセリフ、処世、身振り、喋り方などを全て学べる

  →人を笑わせる技術や間を達人から学べる

   →テレビの人は何だかんだでコミュニケーションの達人だ

いや、もちろんテレビネットほどじゃないけど、糞コンテンツ率が相当高いのも事実

そしてネットは思ってるよりも、もっともっとずっと質の悪いものというのも事実

やっぱり修司さんが言うように、まずは現実の「町」に出るのが一番なのかもしれないね

PCテレビをたたき割ってさ。パンツを脱ぎ棄ててさ。

http://anond.hatelabo.jp/20110306230520

facebookネットに置き換わったら、やっぱり全てはまた同じになるよ。

iモードが投入されたころのケータイネットワークは今のSNSに似てた。

電話番号がそのままメアドで、アドレスの交換はかなりプライベート意味合いがあったし、そのわりにはビジネスの場としては成熟してなかったせいで、個人の繋がりの場だった。

mixiもそうだった。

巨大になったら、その魅力が失われた。

facebookネットに置き換わったら、facebookクライアントソフトIEChromeに置き換わるだけだ。

http://anond.hatelabo.jp/20110306223452

私自身は、中小零細企業技術職で営業経験はない。参考になるか分からないが

私が見てきた一人の営業さんは、特に②に注力していた。③もある程度あったかな。

その営業さんは中国人だったんだけど

日本語は通常的な会話に特に問題はなかった。

しかし、文章を書いても表現いまいちだったり、商品説明も下手だったり

行動が計画的でなく、場当たり的なことが多く、深い付き合いのある社長との

約束をすっぽかしそうなったことは、1度や2度ではない。

 

だけど、過剰かなと思えるくらいに積極的なアプローチをすることで

だんだん人脈が出来ていき、出来た人脈は見ていると人柄がでているのか

感じのよくひとばかりと御付き合いしているように思えた。

そのような人脈があれば、会社が潰れてもどこか拾ってくれる

会社はあるだろうなとは思う。

(実際、私の周りの営業さんは、元々付合いのある企業に拾ってもらった人が多い)

 

その営業さんは、説明はあまり上手くないが、知り合いの社長と一緒に

営業に出かけていき、商品説明は社長さんで、ちょっと技術的な説明は

うちの営業さんがしていました技術者目線で見ると、どうかなと首を

かしげたくなるところもあるけど、それでも必要最低限は説明していたし

受け答えもなんとかこなしていたから問題ないかなとも思える。

 

そんな営業さんを見ていて、時に色々な提案をお客さんにできるって

かっこいいし面白そうだとさえ思えます

健康的に確実に三ヶ月で30キロ痩せる方法

※ただし100kg超のデブに限る

そういう意味ではタイトル釣りですよ。すいませんねどうも。でも130キロあった俺が、3ヶ月で100キロを切ったのでそれを記念して手法を増田に書いてみるぜ。いつもやってるブログじゃ私生活(笑)の事は書いてないのでね。すごく久しぶりに増田を利用するぜ。昔の空気しかしらんからズレているかわからん。でもまぁ検索でもされて誰かの役に立てばいいと思って書いておくぜ。

道半ばだがね。

その手法とはすごく簡単だ。

この三つだ。

強力な動機付けをしろ => 医者に行け

中途半端動機付けはとてもじゃないが100キロ超まで太らせた奴に決心させることは相当難しい。人によっては恋の力とかそういう途方も無いものをどこからともなく使うリア充もいるらしいがそんなもんがそこらに転がっていれば誰も苦労はしちゃいない。

から誰にでもできる動機付けをやろう。それは医者に行くことだ。

スポーツマンとかをのぞけば、標準的なアジア系日本人なら、100キロ体重があったらまず確実に病気になってる。

から医者に行け。できたら肥満症系の専門医がいい。一番なのは糖尿病系の開業医専門医がいい。

糖尿病専門医(登録医)は結構な量いる。

検索日本糖尿病協会にゆけばいい。

http://www.nittokyo.or.jp/

糖尿病なんて関係ないって?そう思うなら以下に思い当たることがないか考えてみることをすすめる。

  • 夜中に尿意を覚えてトイレに行くのが習慣になっている。
  • 最近やたらと喉がかわいて飲みものがうまい
  • 特に生活習慣を改めたわけでもないのに、増え続けていた体重がここ半年以上増えていない。あるいは若干減ってる。
  • 休日とか寝ようと思うと何時間でもぐーすかいくらでも眠れる
  • やたらと腹が減っていくらでも飯が食える。僅かなおかずの量でも白米、ラーメン、パンなどの炭水化物がやたらとうまく感じてたくさん食える
  • 昼食の後夕方に猛烈に気持ち悪くなることがある。そこで加糖のコーヒーなどを飲むと収まる。

これな、ほかからみるとのんきな元気な奴に見えるんだが、これに複数思い当たる節があったらこれは糖尿病可能性があるぜ。

一つずつ説明するとだな…。

夜中に尿意を覚えてトイレに行くのが習慣になっている.
徐々に増えていくから感じ無いかもしらんが、一般人はよほど暴飲したときでもない限り夜にトイレなんか行かないんだよ。他人にこんな事聞くことはないのだからあんまり実感がわかんかも知らんが、医者にははっきりと言われる。同時に小便も非常に近くなっているはずだ。
最近やたらと喉がかわいて飲みものがうまい
のどが渇くのは典型的糖尿病の症状だ。外側からみるとやたらとうまそうにビールなんか飲んでえらく健康的に見えるから指摘されることは少ないのだがこれは危ない
特に生活習慣を改めたわけでもないのに、増え続けていた体重がここ半年以上増えていない。あるいは若干減ってる。
人間の体は無限に太り続けるわけじゃない。どこかで限界が来る。太っている間は正常にエネルギーを体内に貯めこむ仕組みが作動している状態なので正常と言えるが、そこで病気になってくるとそから先一切太れなくなってくる。これもほかから見ていると体型が安定しているものように視えるのでとても病気には見えないのだが、今までと同じ量を食ってて、動いているわけでもないのに太らないというのは異常だ。これは病気になっていて、本来蓄えられているはずのエネルギーが出ていっているからだ。
休日とか寝ようと思うと何時間でもぐーすかいくらでも眠れる
体が病気になっていると自覚症状はなくても体力的に弱ってくる。だからいくらでも眠れる。だがこれものんきな奴に見えるだけでそれほど深刻には見られないが、実はこれは体力が奪われている証拠だ。休日の活動レベルなどが下がって様々影響も出てくる。
やたらと腹が減っていくらでも飯が食える。僅かなおかずの量でも白米、ラーメン、パンなどの炭水化物がやたらとうまく感じてたくさん食える。
これは体が満腹を感じにくくなっていることと、エネルギーを上手く取り込めなくなってきている事による。これも外側からみるとデブが気持よさそうにガツガツ食っているように見えるわけだが、実際にはこれはやばい
昼食の後夕方に猛烈に気持ち悪くなることがある。そこで加糖のコーヒーなどを飲むと収まる。
これは低血糖という現象だ。大量に食事をして血糖が高くなったとき、体はインシュリンという物質を出して糖を消費しようとする。糖尿病になってくる初期だと、インシュリンは出てくるがインシュリンが効きにくくなるという現象が起きる。すると体は大量にインシュリンを分泌するようになるが、これが分泌しすぎて一気に血糖値が落ちる事になる。これで特に薬などを服用していなくても軽い低血糖が起きることになる。すると猛烈に気持ち悪くなる。ここで砂糖の入ったコーヒーなどを飲むとしばらくして気分が良くなるわけだ。もっとも、この症状がでたらもうかなりやばいが。

そうして病院に行くと「糖尿病ですね」あるいは「肥満ですね」もしくはその予備軍ですねと言われる事となるだろう。すると近頃は肥満症・糖尿病治療は非常に体系的になっていて、きちんとダイエットの方法などをアドバイスしてくれる。

またさんざん脅してくれるので、相当でもない限りきっちり動機付けは出来るだろう。

実はこれだけでほとんどダイエットなど成功する。ただ俺がやった方法を後に書いておこう。

食わない

まずはこれだ。これに尽きる。食わないというのは量を食わないのではなカロリーの高いものを食わない。

食って痩せる?そんなことはできっこない。そんなモノはほとんど幻想と言ってもいい。

適正体重内の奴がより理想に近づくために、2キロ減量とかそういうのだったらいいかわからんが、130のデブが30キロいで落とさなければならんとか言うのは無理だ。まず食うな。

そしてカロリー計算をする。出来る限り精密にだ。

これは手で計算しろと言っているわけではない。が、自分に逃げ場ないくらい精密に行うべきだ。そういう点で、ソフトウエアと、キッチンスケールを利用する。

カロリー記録するという触れ込みのサイトは幾つかある。またソフトウエアでも数千円からプロが使う並に充実したソフトウエアが購入できる。そう言うのを探してもらえばいい。

俺はマッシュルームソフトウエアというところのカロリー計算ソフトを使用している。これはプロ栄養士も使っている比較的高度なものだが簡単な操作計算ができるようになっていて便利であるクラウドというかASP型の無料サービスもある(ただこちらは時間がかかりすぎる印象があって毎日ぱぱっと行うにはローカルアプリのほうが良いと判断している)

昔だったら大変だったんだろうが、今は優秀なサービスが多いのでわりと簡単にできる。

具体的な食べ物については、こうして記録していくと自然自分ライフスタイルの中でカロリーが低く好きなものが出てくる。また自然嗅覚も付いてくるので、それほど心配する必要ないと思う。

むしろこうでないと、なにか特定の食材に頼ったダイエットをすると必ず無理が出る。いかに習慣化するかというところがキーポイントからだ。

動け

次がこれだ。よくダイエットというと食事だけで減らそうという奴が出てくるが、原則的にそれは成功しないと思ったほうがいい。(逆に運動だけでももうまくいかない。だから食うな、動けということになる)

よくカロリー計算をすると多少運動をしても全然痩せないのだから運動などしても無駄だという意見があるが、実際のところこれは半分事実で、半分間違っている。たしかカロリー計算すると純粋にその運動だけで消費されるカロリーはずいぶん少ない。だからそれ自体では大して効果がないというのは事実であるだが半分事実したのは、実際に運動した効果はその運動による消費以外にも及ぶからだ。人間は少し動くとそれだけで体が活性化される。これは運動前後カロリーを消費しやすくなるという効果と、運動することで身体能力が向上して動けるようになってくると言うことである。ここまで計算に入れればかなり違う。

同じく、以前NHK番組で「『筋肉増で基礎代謝を増やし、それによって減量する』というのは、実際には筋肉増による基礎代謝がふえる量は微々たるものでそれは嘘である」と紹介されたが、これは事実だが誤解されやすい。ここで言われている基礎代謝は学術用語で厳密な意味での基礎代謝だ。一方ダイエットというか肥満症の治療に詳しい理学療法士が言うのは「運動によって基礎代謝が増える」ではなく「運動によって生活代謝が向上する」あるいは「同じ運動でも消費カロリーが増える」ということを指している。ここを取り違えて運動の効果を軽視してはいけない。

この運動も、これもいかに習慣化するかということがポイントだ。だが状況によって手法はいくつかあるしそれが誰にでも当てはまるのはおそらくない。歩くのが好きな奴、自転車が好きな奴、そもそも外に出たくない奴などなど。

からこれは全く参考にならん人もいるかもしらんし、参考にしてくれる奴もいるかわからんが俺の手法を書いておく。

以下の道具を用意した

今の時代に幸いにしてといったらいいか仕事はあるのはよいのだが帰宅11時などが連夜続くこともあり、運動を続けるのはなかなか大変である。そこで組み合わせたのが趣味といっしょにするということだ。

まずさすがに無駄したらヤバい金額の運動器具を買う。これはまず第一に動機付けをするということと、きちんとした機械を使うことで故障することなどへのリスク回避する効果を狙う。

安くても意思があれば大丈夫と言われるかもしれないが、このとき重要なのは100キロ超の体重にも対応する運動器具など実際には殆ど無く、市販で売っている安価なものを100キロ超の人間が使うといとも簡単に壊れるという点だ。これは単純な話で、力というのは質量×加速度だ。掛け算で効く。そのため同じ運動速度でも体重が大きい奴が使うと運動器具にかかる力が非常に高くなるということだ。おそらく動くだろうという程度で安物を買うとあっという間に壊れる。ここにケチってはいけない。ヘタをすると適正体重の人でもちょっと運動をして筋力が付いてくると壊してしまうようなやわなものも出回っている。

次にパソコンと大型ディスプレイマウスキーボード、そしてネットレンタルDVD契約だが、これはつまり、趣味である。俺は典型的な消費型オタクであるアニメシミュレーション系を中心としたゲーム漫画小説を愛する。(これで130キロ超、今でも100キロ、さらに顔面が先天的に不自由だし、服のセンスもないし最近声優にも詳しくなってきたし、きっちり世間一般キモオタの要件を満たしているがまぁそれはそうだとしか言いようがない)

そしてこれらを運動する器具の周りに配置して、ネットレンタルしたアニメを見ながら、シムシティをやりながら、エロゲをやりながら運動するのである。するとかなり時間が早く過ぎる。これにより毎日30分、1時間などあっという間…というのは言いすぎかもわからんが、ずいぶん楽にできるのは確かだ。

運動するぞといって意識してやるのはたしか重要だし集中するのもいいだろうが、毎日続けることが重要である。だから集中するのではなく、”ながら”で毎日やる楽しいことと一緒にやるのである

結果

以上のような方法で3ヶ月で30キロ落とし、130キロあった体重今日100キロを切った。

最後に痩せるとどんないいことがあるか書いておく。

  • 体が軽くなり行動的になった
  • 背が伸びた
  • 仕事ができるようになった
  • お肌もツヤツヤに
  • 抜け毛が減った
  • チンコが長くなった。チンコの頭が皮から顔を出すようになった。下を向くと自分チンコが見えるようになった

こうやってかくと怪しげな健康食品や壷系石系の怪しげな広告文句に見えるが、事実だ。

とりあえず30キロ痩せるということは、30キロ分の荷物をおろして歩くようになったのに等しい。一日中歩きまわっても足が痛くならなくなったし、どこにでも行けるようになった。

背が伸びたのも事実だ。正確には伸びたというわけではなく、今まで過大な体重を支えていた背骨や関節の軟骨が伸び、1センチぐらい測定値が伸びた。

また、どうも今まで腹に重たいおもりを積んでいたので自然と前かがみに、姿勢が悪くなっていたのが矯正できるようになった。今まで姿勢をよくしようとしても前についた肉を持ち上げるだけの背筋が必要になるため、かなり困難なことだった。さらに前に向かって体重をかければ、肉がつっかえるようになってそこで体重を支えられてしまうので楽にしようとすると姿勢がどんどん悪くなっていた。これがなくなって姿勢を良くすることが苦ではなくなった。

すると自然と背が高く見えるようになったらしい。これも含めて同僚には「こんなに背が高かったでしたっけ」と言われたりもした

仕事ができるようになったのも事実だ。今まで夕方になると低血糖になって明らかに生産性が落ちていた。これもなくなった。というか全般に体調がえらくよくなった。

その関連か、血色がよくなった、というか、肌がツヤツヤになった。正確にはふできものができなくなったと言えるし、抜け毛も明らかに減った。

女性には関係ないことに思うし、少々お下品な話であるが、最後チンコが長くなったことも書いておこう。これは正確には長くなったと言うよりやせたことでチンコ周辺の肉が落ち、露出するチンコの長さが増えたことにより相対的に長くなったように見えるのである。同時に根元がやせた分皮が引っ張られることで若干顔を出すようになった。日本人の大半は仮性包茎である統計もあり特に気にしてもおらず、誰かに見せて使う予定も今のところ残念ながら惑星間に浮かぶ微細な塵一つほどもないのであんまり関係がないのだが、小便をするときに楽になった。同じく、下を向くと自分チンコが見えるようになったことも書いておこう。実利はあまりないが、男性諸君は分かってくれることと思う。これは地味に自分がやせたのだという実感を感じさせてくれることだった。

ただ体調としてはいいことばかりではない。人間は一ヶ月に落とす体重は、最大で1%以内にするべきなのだそうだ。そうでないと体のバランスがおかしくなる。またリバウンド危険性が大きくなる。

今回は一ヶ月に1割近く体重を落としている。そのため、体重が減ったことで腰痛が出たり(腰の体内圧力が落ちることで起きるのだそうだ。そのため今はコルセットを付けている)、肉のエプロンというか、余った皮が体の前に垂れ下がってきたり、うまく体のバランスが取れないと感じることもあるが、それはいずれなれると思う。

ちなみにこんなことを書いているが、俺の理想体重は70キロである。まだ30キロもある。まだまだ道半ば…より手前だ。運動体重が減ると自然に負荷が減ってしまう。だからこれからはさらに困難になるだろう。

ただ自分の言うダイエットは、本来理想体重前後にある人が外観的な理想を求めて行うものと異なりかなり痩せやすいと言っていい。その点でそういった苦労しているというイメージのあるダイエットよりかなり簡単だ。

また、それらよりはかなり切実なものだ。

ぜひ100キロ超の諸君、ぜひダイエットをして軽くなろうではないか。俺も頑張るので。

追記

使ってる道具について質問いただいたんで、そのあたりのエントリーも書いてみたぜ

http://anond.hatelabo.jp/20110307112404

他にも何かあれば分かる範囲で答えるぜ

ネットはおわコン

・・・というタイトルは少し煽りなんだけど、

やっぱりネットを過信するのは危険過ぎる。

極端な話だと、ネットだけの子よりも、テレビだけの子の方がいい子に育つ。

ネットメリット

ニッチ情報が手に入る

情報を選んで手に入れる事ができる

・最新の情報が手に入るかもしれない

ソーシャルフィルターのかかった情報を手に入れる事ができる(ようになってきている)

ネットデメリット

フィルタリングが少ないので不快情報が圧倒的に多い

フィルタリングが少ないので虚偽の情報が圧倒的に多い

 →ブログ情報も今はマーケティングに喰われている

  →個人発信の情報広告に買い取られている。

  →同じく検索エンジン広告に買われている

 →ソーシャルフィルター広告企業広告により、フィルタリング作用がない

映像としての情報テレビに比べて圧倒的に少ない

・取捨できるので、好みの娯楽に際限なく時間を費やしてしまう(ニコ動とかね

ステルスマーケティングとか話題になったけど、

もはや堂々とマーケティングに使われて、ネットの信頼性はかなり下がってきてる。

そこでソーシャルフィルタリング、もっと言うと実名でのFacebookでのフィルタリング

今後は検索エンジンは死んでいき(もちろん無くなるわけはないけど)、

信頼度の高いSNSが主流になるのは間違いないんだろうな。

その役割がFacebookかどうかはわからないけれど。

オマンコが臭い6つの理由

1:洗っていない

2:体質

3:肉ばかり食べている

4:不健康な生活

5:不健康な性活

6:ファブリーズしていない

http://anond.hatelabo.jp/20110306224757

奮闘する非モテ(それは非モテじゃなくて「ただのモテない男」だと思うけど)」

っていうのは、良くも悪くも性格が単純で素直な人が多いから、

元々あいつらはそういう人達をだまくらかして糾合してパワーにしたんだよ。

実際君みたいにちゃんと文句言える奴は珍しい


から君の奮闘記なんて言うのは

彼等にしてみればナチュラルに手下・もしくは手下候補生アウトプットから

当然彼等がネタとして回収する権利がある、ということになってるわけ。


ただ君もあのクズどもも「非モテ」って言葉誤用しつくして言葉寿命を奪ったと言う点では同類だけど。

自殺未遂したのも、今となっては良い思い出。

二十歳のとき睡眠薬中途半端に大量に飲んで自殺未遂を起こしたことがある。

『大量に』とは言っても、睡眠薬七錠ほど。ほんとは四十錠ぐらい一気に飲まないと死なないのに。

から本当は死ぬつもりなど無かったのだろう。狂言自殺したかったのだろう。

かまってちゃんだったなぁ。本当に。真性のかまってちゃんだった。

二十時間ぐらい眠っていた。起きると母親が泣きながら自分のほっぺを殴っていた。

「なんでね!なんでね!」僕は結局その時何も思わなかった。

後日、自分自殺するほど家族に追い詰められてたという話をしても

母親は「うるさい!」というだけ。

その時は本当にショックだったけど、同時にあの時が、本当の人生に目覚めた瞬間だったのだと思う。

あぁ、母さんは、僕が死のうがどうなろうが、どうでもいいんだ。

『人は人を救わない。それがたとえ、自分子供だったとしても』

カイジ会長言葉が、あのときほど鮮烈に自分に焼きついたことはなかった。

それからから他責的な傾向は徐々に消えていった。

『人は人を救わない』

そう、人は人を救わない。たとえ家族だとしても。だって自分を救えるのは自分だけ。

から母親が悪い』とか言ってクズになっていくのはやめよう。

そう思いながら生きているうちに、少しずつだけど自立できるようになれた。

そう思うと、自殺未遂経験も、今では良い思い出だと思えるのだ。

http://anond.hatelabo.jp/20110306224815

わかる。

まあ最近プロライターつのもどこまで実力に信用置けるのかよくわかんないけど。



ネットのその手のメディアライター()の残念ぶりは異常。

面白くないっていうより記事の体裁が成立してなくね?みたいレベルが多いよね。

その引用4gamerも読んでてくらくらしたけど、今話題の非モテタイムズもそうだよ。

あれ大抵よそのネタまるぱくりの再構築なのに、付加価値つけるどころかただグチャグチャになってるのね。

生きた人間解体してもう一回組み立てたんだけどバラバラ死体になりましたすみません、みたいな記事ばっか。

その癖どーーーでもいい書き手の自己紹介がちりばめられちゃってたりもする。


あんウンコレベルの文章、センスも国語力も構成力も限りなく中高生(でもあれよりマシな奴ごまんと居る、絶対)なのを

どこから連れて来るんだろう?って、呆れるの通り越してちょっと興味が出たかたまにチェックしてたんだけど。

なんかクリエイター志望の大学生?とか大学卒業したけど何やってんのかわかりません?

たい大学生もどき的プロフィールの奴が多かったなあ、そういえば。


あれ本当にどうやったらあんな酷いのばっかり選び出せたんだろう。

石を適当に投げてればあれよりはマシな人材ぐらいごまんといるはず。

そんな気の効いた奴はちょっと付き合う相手を選ぶんだろうけどさ。それにしても…。

http://anond.hatelabo.jp/20110306220718

から、とりあえずPCの前から離れちゃおう!

かに

PCに触らずにおいて実害がないなら、そのまま放置か静観でもいいのかもしれない。

ワナビライターと並びたくない


めがね王だの、ソラノートだのなんなので、ワナビライターどうのこうのって話になっているが、

ネットで活動しているワナビライターが、WEB系ので記事を書くことが多くなっているのはご存じだろうか。


特にオタク業界ではそれが顕著ですね。アニメライトノベルなんか特にそうで。

奴らが何かの表紙で雑誌に記事を書くと大変なことになる。


一緒に掲載されたくないから降りるという、取材相手やベテランライターいるからだ。


巻き込まれると、とても面倒くさい。自分も共にライターから降りることになりかねない。


特に、ネットで一定以上のコミュニティ能力を発揮しているやつや、

大学サークル絡みで推薦してくるようなライター使った場合は、は本当に面倒くさいことになりがちだ。


連れてきたヤツ共々、一緒に消えてくれと思うくらい。

でなければ雑誌が消えてしまう。


うそう。


ワナビライターの特徴といえば、盛り上がっているネタの流用である


その一例がこれだ。


http://www.4gamer.net/games/098/G009850/20110225011/


面白いですか?


http://d.hatena.ne.jp/kim-peace/20110226/p2


「こういう面白いこと書けるのは凄い」らしい


小さなサークルだけで通用するパクりネタを褒め合い、縮小し、消滅する。

紹介するのが目的の筈が、ただの身内、パクリネタで、コンテンツを消費していく。


「こんなの絶対おかしいよ」



身内だけで通用する言語ネタで書くなら、自分サイトでやってろよ。


他にも、一般的に人気が取れないような作品をサークル内で褒め合い、

まるで一般性があるように持ち上げるというのもあるけれど、それはまた別の機会に。


大学生内でマイナーエロゲーラノベが盛り上がるのは、

「違いのわかる俺」と「金がないから貸し借り」と、「他に友達がいないからついていくため」の三つだってことだけなんだが


その仲間捜しの大規模版が今のネットメディアなんだろう。結果衆愚となるだけだ。


誰得なさらし者。まな板の上で踊る鯉。


彼らと同じように見られたくない。

からプロは彼らワナビに毛が生えたようなライターと並びたくないという。

めがねおうって

俺が非モテ的な奮闘日記増田投稿して

ブクマが集まるたびに、なんか上から目線で記事を書かれた

あの、めがねおうのことか

正直イラッとしていたんだよあいつには

http://anond.hatelabo.jp/20110306224105

自分の体験とリンクせずとも感動できる能力が欲しい

正直理屈捏ねる人間になったことをかなり後悔している。

バカでいいよもう。

同じことなんどもやって何度も同じ感動が欲しいよ。

meganeou の Twitter アカウントが消えてる

http://twitter.com/meganeou

アカウント名を変えただけかなとRSShttp://twitter.com/statuses/user_timeline/57810482.rss)も見たんだけど「Not authorized」って言われた。

http://anond.hatelabo.jp/20110306221428

どうだろうか。

それが感性なのかは分からないが、歳をとると涙もろくなる、ということは実感しつつある。

過去経験記憶が増えるにつれ、それらとリンクすることが多くなっている。

一方で、確かに多感ではなくなっている。

広く浅く、から、細く深く、になっている感じか。

感性固定化しつつある、と言うことかもしれないが。

水戸黄門化の過程なのか。

http://anond.hatelabo.jp/20100111205652

元増田です

その後思い切って婦人科行ったら子宮病気が見つかって治療しました

薬も飲むようになって生理痛はちょっと軽くなりました

 

すごく遅くなってしまったけど婦人科勧めてくれた方、温かい言葉をくれた方ありがとうごいました

相変わらず生理は痛いし鬱陶しいけど何とか付き合っていけたらなと思います。

稚拙な言い方しか見つからないけど本当に本当にありがとうございました

営業っていう職種の仕事って怖くない?

自分がこの職種を経験していない、十分に理解していないってのもあるかもしれないけど

あの漠然した感じ…なんだろ?


・営業のスキルは①コミュニケーション、②人脈、③担当業務に対する知識、…etc

・①、③はあって当然であるし他者と差違がつきにくく、資格と比べて漠然としていて形式的にアピールしにくい

・②はあればあるほど良いが、現在のポジションありきであるし流動的で、スキル資産として安定して蓄積できる確証はな

・成績はそこそこにして、社内政治いかに注力するか

・職種として潰しは利くかもしれないが、会社にとっていくらでも代替可能

・代替可能になりやすいため、一握りしか長年会社に残れない

開発者研究者、クリエーター等と比べてしまうと、何か創り出せるわけではな

・~etc


言わずもがな企業にとっては営業は必須の職種であるし、

大きな案件をとってくる営業マンは貴重な人材だと思う。

上記に挙げた項目は、どの業種の営業なのか指定していないし、多々偏見勝手イメージがあるけど実際はどうなの?

教えて頂ければ幸いで

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん