「リタッチ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: リタッチとは

2018-08-30

スイカネッチリタッチマン

何なの?

ピッて鳴ってんだからさっさと離せや

すぐ離せ

2016-04-22

マニキュアが塗って4日しか持たないの、私の塗り方が相当下手なのかと思ってたけど、熟練者が爪磨き・ベーストップコートを丁寧にやっても1週間持たすのが限界なんだね。無理、面倒、続けられない。ジェルネイルも、根元から爪が伸びるから持って1カ月弱みたいだし、オフする度に爪が傷んで薄くなるらしいし、「褒められる爪」で居続けるために毎月サロンに足を運んで1回1万円を払い続ける気が、正直言って全然起こらない。手は素爪でも問題ないけど、サンダル履いてるのに足が素爪なのは「残念」らしいから、もうサンダルを履かないことにした。サンダルは靴擦れもしやすいし、季節感など知ったことか。

 

容姿絡みで何に一番関心があるかって、ダントツで歯だ。先週、親知らずを抜歯した。父親20代前半で抜いて、上司20代後半で抜いて、元同僚も20代後半で抜いてる。抜きどきだなと思って私も抜いた。親知らず対応20歳前後から始めるのが理想で、歳をとるほど免疫力ダウン・歯周病罹患などの問題で抜歯創の感染リスクが上がったり、骨や歯肉の回復力ダウンによって抜歯窩がきれいに塞がりにくくなるらしい。歯列矯正も、子供なら顎の骨を広げて抜歯せずに歯を収めることも可能だけど、大人になると顎を広げられないため抜歯するほか無いケースが多いみたい。取り組むのは身体が若ければ若いほど良い。「加齢は選択肢を失っていくこと」というのを感じる。妊娠する・させる能力の減衰についてもそうだね。

 

歯列矯正はとても気になる。出っ歯から横顔が猿なんだよね。鼻の先端から顎にかけてのラインが美しい、剛力彩芽多部未華子嗣永桃子日南響子能年玲奈のようになりたい。出っ歯もださいけど、かといって前歯が凹んでいると、歯を失った老人のようになるみたい。丁度良い美しさというのは難しい。

歯を失うといえば、日本では10代の半数に歯周病の初期症状がみられ、30代で8割の人が歯周病発症しているらしい。老後に歯を失わないため、出来ることがあれば今のうちからしておきたい(乳酸菌オーラヘルスタブレットが気になってる)。インプラントは歯槽骨に金属を植える大工事で、時間もかかるし高額なので、歯を失わないよう予防をしておくのが長い目で見て時短&ローコストになる。

抜歯程度でも3日間は咀嚼に支障が出てたくらいだし、顎の骨を切って小顔にする美容整形手術なんかは、回復するまでが相当大変だと思う。美容整形に対して「ズル」という気持ちは起こらない。神経の麻痺などの高いリスクや、術後の長く続く痛みと苦労に耐えてすごいよ。歯列矯正をしようとしている身としても、(咬合関連症などの不調が無く審美的理由のみで)出っ歯をひっこめるのと、一重を二重に変えるのと、何が違うのかわからない。医療容姿をいじることに何の差があるんだろう。価格リスク差しかわからない。

 

あとは眼鏡邪魔だし、アレルギー性結膜炎持ちだからコンタクトレンズが使えない。普通に生きていくのに近視補正アイテム必須だと、災害などの非常事態で困りやすいだろうし、近視矯正手術にはずっと興味がある。落合陽一が「魔法の世紀」で書いていた眼内コンタクトレンズ(穴あきICL)手術について調べた。近視を矯正出来て80万なら全然安いと感じるけど、眼球にメス入れてリスクが無いわけが無いし、新しい技術なのでまだ臨床例も少なく、角膜内皮細胞の減少など副作用もあるみたいで、まだちょっと手を出せないなと思った。可逆性がある分、レーシックよりは低リスクなのかな?でも眼内コンタクトレンズを入れる手術より取り出す手術の方が大掛かりらしく(当り前か)、やっぱりまだ怖い。調べてみると近視矯正術は失敗報告が多い。失敗すると仕事に非常に差し支えから洒落にならない。裸眼視力が良い人が本当に羨ましい。

 

美容に楽しさを感じなくても、女に生まれた以上、外圧はかかる。「イケてる女性はモサい女性塩対応」というのは学生時代からずっと変わらない印象で、日々接触のある会社員にモサい女性は少なく、モサさが度を超すと友達づくりの土俵にも上がれない(もちろん、こちらが勝手に委縮するというのも大きい)。インターネットでだけは「そもそも友達が要らない」と主張している人を見かけるけど、親しい人間との対面コミュニケーション放棄してコンテンツ消費のみ行っていると、使っていない能力が失われて仕事にまで支障が出てくるから怖い。コミュニケーション相手恋人配偶者一人だけで十分だという考え方に対しても、「リスクヘッジって知ってる?」と思う。コンテンツ消費は最高の体験だ!と強調した上で、それ「のみ」に偏ることには副作用があると言いたい。それに私はどうも、自分けが楽しくて親しい他人への貢献がゼロ状態が長く続くと、生命について根本的な虚しさに襲われるみたいだ。コンテンツ消費ってプロのチームによる上質なサービスを客として受けているだけなわけで、自分を甘やかすのもほどほどが大事だなと思う(厳しすぎると鬱病になる。丁度良さを模索し続ける人生だ)。

 

最近髪型適当になっている。このダサさ貧乏臭さをなんとかしたい。染めるのはリタッチが面倒だから嫌だ。常時日傘サングラスでの紫外線鉄壁ブロックや、L-システインを欠かさず飲むのはちっとも苦じゃないんだけどな。たぶん、美容院が好きじゃないんだ。彼氏が出来たばかりでまだ意欲があった頃にかけたパーマ会社でも評判が良かったけど、パーマを維持して清潔感を保つには「洗い流さないトリートメント」や、日々の勤勉なブローが要った。髪質の柔らかい美人なら素のままのロングヘアでそれなりに見えるけど、私の場合はモサくなる。現にモサい。小学生の頃と違って、ガワを加工しないと新規女性コミュニティ土俵に上がれない。その辺りの空気感理解を示して労ってくれる男性は、自身容姿に気を配った経験がある人が多いように思う。といっても、理解も労いも当り前に求めていいものじゃないよな。私が考えて私が選んで、私の責任において勝手にやってるんだから

 

はあ、切実に友達が欲しい。[必須]同性の。[歓迎]卑屈じゃなくて、コンテンツ好きな人問題解決を目的としない、ただ楽しいだけの、「無為なお喋り」がしたい。

2015-11-09

Baseball」は「Baseを巡る球技

http://anond.hatelabo.jp/20151108234357

http://anond.hatelabo.jp/20151109101956

http://anond.hatelabo.jp/20151109110332


例えばBasketballがかごにボールを入れる球技なように

例えばVolleyballがボレーを続ける球技なように

例えばFootballが足でボールを蹴る球技なように(手で持って走る方々は一旦ご退場ください)

Baseball」は「Baseを巡る球技である

Baseとは何か。

基地である。陣地である。まさに「塁」である。とりでである

塁は安全地帯である。ここにいれば兵士=走者は死ぬことはない。

塁間は戦場である

さて、走者の死の種類には主に3つの種類がある

塁間にてボールタッチされた場合、死である

これが「タッチアウトである

盗塁などで走者の足にタッチしているのはこれである

また、重要ルールとして、進塁義務、「フォース」という状態がある。

つの塁には一人の走者しかいることができない。

走者が一塁にいる場合打者は打ったあと一塁に走る。

この時、一塁走者は「打者走者に必ず一塁を譲り渡さなければならない」

一塁走者に二塁への進塁義務、「フォース」が発生している。

この際に、守備側は二塁にボールを投げ、ボールをもったまま進塁義務である二塁を踏む。

踏んだ際に、走者が二塁にたどり着いていなければ死である

これが「フォースアウトである

守備側が二塁を踏んだ後素早く一塁転送打者走者が一塁にたどり着く前にボールをもって一塁を踏む。

打者走者も死である

これがいわゆる「ダブルプレー」「ゲッツー」「併殺打である



そして、進塁義務があれば、帰塁義務もある(リタッチ義務)。

打球が地面に落ちず直接キャッチされた場合、走者は一度元の塁まで戻らなければならない。

高く打ち上げたまま落ちてくる間に進み続けることは許されない。

一度塁に戻ると、再び次の塁に進むことが許される。

このプレーがいわゆる「タッチアップ(タッグアップ)」である

さて、今一塁に走者を置いた状態で、打者が強い打球を打った。

しかし、内野手の好プレーで、直接捕球によるアウトになった。

一塁走者は慌てて一塁に戻らなければならない。

内野手は走者が戻る前に一塁に送球し、一塁手ボールをもって一塁を踏む。

さて、ここでのアウトは、「アピールアウトである

アピールアウト」は、ルール違反を指摘して取るアウトである

違反があった塁にボールを投げて踏み、審判アピールすることで成立する。

ベースの踏み忘れや打順の間違いなどがある。

ここでは、リタッチ義務を怠ったことに対するアピールである

また、「タッチアップ」の離塁が早かったというアピールもこの「アピールアウトである



さて、Baseballは、「ボールを投げてバットで打つ球技」だという認識の人が非常に多いだろう。

これは間違っていない。決して間違ってはいない。

しかし、BaseballBase=塁を巡る球技であることを理解すれば、

進塁義務フォース」、帰塁義務リタッチ義務」によって、それぞれの細かいルール理解が容易になる。

このことを前提としていれば、

インフィールドフライはなぜあるのか、

インフィールドフライが発生しない状況とは、

はたまた、いわゆる「ルールブックの盲点の一点」が盲点でもなんでもないことが分かりやす説明できる。

(そもそもしっかりルールブックに書いてあるのに盲点くそもないだろう!

ある個人サイト1つしか使ってなかったのがwikipedia転載されたのち広まってしまった用語というのは調べがついている)

「ろくむし」が野球を原型としていることも自明である


こんな感じでの野球ルール説明を、

モバマス姫川友紀ちゃん使ってニコ動あたりでやろうかと妄想だけしては放置してるんだけど誰か手伝ってくれんか

2010-09-10

http://anond.hatelabo.jp/20100910005513

野球で2アウトじゃないときにフライがあがるでしょう。

そのときにフライ外野の人が取ったあとに3塁の人が走る・・・

タッチアップ

野球ソフトボールで、飛球が捕球されたあと、走者が離塁し、次の塁に進むこと。

最初から走ればいいんじゃないのかな。

リタッチ

打者が飛球を打ち、これを野手が捕球した場合、走者は投球当時に占有していた塁(元いた塁)まで戻り、これに触れ直さなければならない。

なぜヒット打って一塁だけは走り抜けて良いルールになっているんですか?→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1426016954

なぜセリーグパリーグに別れたのですか?元々は一つ?→http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1216537

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん