「医療面」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 医療面とは

2017-05-11

北朝鮮ミサイル発射して東京に落ちた方が日本には都合がいいということ

これには条件がある。

北朝鮮ミサイルをぶっぱなして、かつ国会議事堂に落ち、さら無能政治家が一同に会していることを条件とする。

もう今の政治家時代の流れも読めなければ、国は平気で非論理的施策を打ち出す。

もう金がないのをわかってるのに、政治家は浪費する。さらにじいさんばあさんの喜びそうなことしかしない。

少子高齢化意図的に行っているような連中だ。

じじばばに税金をたんまり使い(医療面介護面)、年金やら何やらあらゆる保障を働いている人間から奪う。希望までも。

なんで口べらしの被害に合うのが若い働ける世代なのだろう?じじばばのために狩りを行い、自分らは餓死するようなものだ。

日本死ねとは政治家の口から出た言葉だったんだな。

本当に今の政治家は全取っ替えしないとやばい。本当に日本社会のために働ける人間が少数派で存在していても意味がない。そういったあるべき組織に置き換え無いと、少数派の人間は数で潰されてしまう。

から全取っ替えが必要なんだ。でもそれって非現実的なので、同じ非現実的ながら可能性がゼロではない北朝鮮ミサイル希望を込めている。

かりあげくん、日本クズ政治家の一掃をお願いします。

くそっ、あのかりあげの頭に乗っかってる黒電話がうちの電話から繋がらないのが悔やまれる。

[追記]

日本応援しているからこそ書いたわけで、別に日本人が嫌いなわけではない。

朝鮮人寄生虫みたいなものだし、中国人は数百年前の時代を生きているかのような倫理観しか持ち合わせてないからどっちも大嫌いです。

2017-05-01

http://anond.hatelabo.jp/20170501175401

わが国では、1950年代初期まで、メイド・イン・ジャパンは安かろう・悪かろうという粗悪品の代名詞であり、製品品質向上が多くの企業にとって課題でした。

そこで日本科学技術連盟(日科技連)は、1950年アメリカよりデミング博士(W.E.Deming)を招聘し、管理図や抜取検査などの統計的手法についてセミナー講義いただきました。

1954年には、ジュラン博士(J.M.Juran)を招聘し、経営者管理者対象セミナーを開催しました。このセミナーにおいてジュラン博士は、製造検査範囲に限られていたSQCの考え方を拡大し、経営の道具として位置づけました。これは、日本産業界に多大な影響を与えました。

https://www.juse.or.jp/statistical/history/

GHQは,進駐と同時に人命尊重立場から公衆衛生医療面に対して特に深い関心を示し,終戦翌月の1945(昭和20)年9月には早くも政府に対し「公衆衛生に関する覚書」を発し,保健医機構の抜本的な改革を命じている。

http://www.igaku-shoin.co.jp/nwsppr/n1996dir/n2217dir/n2217_05.htm

戦後日本最初労働法である1945年労働組合法により、労働争議監督し、労使両者を確実に法律に従わせることを目的とした中央労働委員会設立されました。

http://www.crosscurrents.hawaii.edu/content.aspx?lang=jap&site=japan&theme=work&subtheme=UNION&unit=JWORK091


日本戦前に戻すというのは知能障害を起こすのと同じ

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん