「河瀬直美」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 河瀬直美とは

2018-10-27

anond:20181026202129

よい演技を見に行くという行為のものレビューありき。河瀬直美素人俳優を使ったデビュー作「萌の朱雀」なんて見に行かないわけだ。今や世代代表する尾野真千子デビュー作でもあるにもかかわらず

2016-12-26

遠藤周作原作でスコセッシ監督の「沈黙」という映画

日本隠れキリシタン弾圧を題材にした映画らしい

是非観たいな

日本人キリスト教徒に本当に一方的に酷いことをしたと思う

廃仏毀釈とかハンセン病隔離とか小笠原事件重慶爆撃や花岡事件とかこの国は本当に滅茶苦茶な国だった

ハンセン病患者を題材にした河瀬直美監督映画もすごく良かった

映画界にすごく良い流れが来ていると思う

袴田冤罪事件花岡事件とかも映画化して欲しい

2008-03-05

通過儀礼

西田ひかる結婚発表と同時にそれまでの長い髪をバッサリ切って、センスのかけらも無いミセス丸出しのショートカットマスコミの前に出てきた。

タレントを売るためなら正直「ここまでやるか」という印象を持った。

巨乳以外に売り物がない女性タレントは苦労するなあ、と。


久保純子現役NHKアナウンサーのときは原稿を噛まないで読むことのほうが稀で、それ以前に滑舌が致命的に悪かった、というか今も悪い。

彼女結婚した途端にミセスタレントに転身して、出産後はすっかり磐石の地位を確保した感が強い。

仕事スキルは大して向上してないけど、結婚によってタレントとしてのステージは確実に上がった。

今の状況からすると、たとえ本人が勘違いしていたとしてもしょうがない。


結婚前の河瀬直美はハイミスというほどの年齢ではなかったが、自分のストレスから来るフラストレーションの捌け口を無関係な周囲に求める、イライラ女の典型だった。


人の人としての営みというのは理性だけで支配されているものではないのだということを改めて知りました。

魔法使いから盗賊に転職します-切り込み隊長BLOG(ブログ)

「改めて知った」のじゃなくて、「いま初めてわかった」の間違いだろ。この期に及んでしょーもない意地を張るんだな。釣りでも釣りじゃなくても、そこだけは譲れないってか。


外堀固められようが、自分から望んでそうなろうが、通過儀礼として通らねばならない。

そうじゃないと大人になれない。

大人として認めてもらえない。

そういう言質がまたひとつ増えた。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん