「ノーベル賞受賞者」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ノーベル賞受賞者とは

2020-06-25

anond:20200625124250

アメリカ人って頭いいぞ

・GAFAMは全てアメリカ発祥

アメリカノーベル賞受賞者は300人を超えている

世界大学ランキングの上位はアメリカ大学圧倒的多数である

からBLMにも日本も従わなきゃいけない

日本国憲法、年次改革要望書日米地位協定プラザ合意も守らなきゃいけない

パールハーバー反省しなきゃいけないんだよ

女性は体力も知力も男性に劣っているよね

体力差があるのは異論のないところ

じゃあ頭の良さに差はあるのか?だけども

名大学の入学者はどこも男性の方が多い

最高峰頭脳結集する棋士に関しても、将棋女性棋士存在しない

女流トップ棋士ですら、奨励会から4段にはなれなかった

ノーベル賞受賞者男性ばかり


これは、教育の差、競技人口の差、文化的歴史的背景と言ってしまえばそれでもいいのかもしれない

一応もっともらしい説明になる

社会男女差別があって、女性が機会に恵まれない、それさえ平等になればトップの男女比率は半々になるはず、、、、、

本当かな?

本当にそんなので、何百人の男に1人の女も混じれなくなるのかな?

トップブトップというか、人類が到達できる最高峰って、やっぱり男性しかたどり着けない領域なんじゃないかな?

もちろん、年に1人の毎年いるレベルトップ、くらいのレベルには女性普通にたどり着くし、一般男性じゃ太刀打ちできない女性もめちゃくちゃいっぱいいるのは当たり前

体力ですらそうで、ほとんどの男がいくら頑張っても、福島千里より速く走れないし、浜口京子ケンカで勝てない

高校の成績学年トップ女子、というのも全然珍しくない

一般人レベルで、個体を比べる時に先入観で男女差があると思ってはいけないのは当然


でもなんだろう

人類史上の、トップ頭脳500選、とかやったとき、そこに入れるのはキュリー夫人だけじゃないのかなって思う

芸術家とか、そういう文化的情緒方面で優れた女性がいるのは、それもまた当然として

本当に、思考力と発想力、課題解決能力を基本とした、頭の良さだけの話で、最高到達点にはやっぱり男女差があるんじゃないのかな?

2020-06-24

anond:20200624200221

ところがですねぇ、覚えている人は多いと思います

蓮舫発言の後、ノーベル賞受賞者が出てきて猛反対発言やったんですよ

それがもっとも影響したのだと思います

日本じゃノーベル賞受賞者神様ですからねぇ

2020-06-14

いい言葉を思いついた

はてブではかねてからネトウヨのような日本権力者英雄自分を重ね合わせて勝った気になる人々を揶揄して

お前は総理大臣じゃない

お前は警察じゃない

お前はノーベル賞受賞者じゃない

お前は日本じゃない

などと指摘されてきたが、あまり本人たちには伝わってないなと思ってきた。

そこで今後こうった人たちをこう呼んではどうかと思う。

総理大臣ファン

警察ファン

ノーベル賞受賞者ファン

日本ファン

こうすれば、彼らの主体と客体がわかりやすく分離され、何を言われているのか気づいてくれるのではないか

使用例:

アメリカにはアメリカファンが多い

中国中国ファンの多さを侮ってはいけない

警察ファンの人たちが警察迷惑をかけないでほしいと言っている

あの国政府はあまりファン想いではない

私は日本オリンピック代表ファンなので彼らの活躍を誇りに思う

anond:20200614001230

IT業界黒人排除している事実はあるのかね。科学畑のノーベル賞受賞者黒人がおらずユダヤ人だらけなのと同様、単なるThe Bell Curve的な適性の問題だろう。

2020-03-28

×昔の日本は凄い 〇日本地方は凄い

東京一極集中地方から失われる人間と比例するように日本が衰退している。

東京明治以前から馬鹿巣窟だった。

明治になって地方から上京した人たちは「東京には無学な人間がなんと多いのか」と口をそろえて言っていたという。

人口もかつては地方の方が多かった。

地方の優秀で行動力のある人たちで明治維新は達せられたのだ。

そしてロシア帝国を倒すまでの国にできたのは薩長人間たちが率いたからだ。

今でも東京馬鹿そろいなのは変わらない。

あん人口が多いのにノーベル賞受賞者地方出身者ばかりなのはなぜか。

東京オリンピックで日傘の生えた帽子を広めようとするあたり美的感覚も腐ってる。

東京には世界に輸出できる産業は全くない。

人口が多いからどうでもいいサービス業が多いだけだ。

東京Webエンジニアあんなの結局アメリカ出羽守だろ?

アメリカ存在しないと価値のない人間どもに国際競争力があるわけないだろ。

2020-01-08

ジャレド・ダイアモンドが指摘する日本問題点

『銃・病原菌・鉄』の著者ジャレド・ダイアモンドが、新著『危機人類』(小川敏子・川上純子訳、日本経済新聞出版社)の下巻第八章で現代日本について語っている。その中で、日本人問題と捉えられていない問題点が三つ指摘されていて、興味深かったのでまとめる。

移民の不在(pp.128-132)

 日本は「移民を歓迎せず、移住を望んでも移住するのは難しいし、移住できた人が日本永住権国籍を得るのはさらに難しい。」「難民庇護を求めた場合スウェーデン92%、ドイツは70%、カナダは48%を受け入れるが、日本が受け入れるのはわずか0.2%である。」日本政府は移民反対の態度を貫いており、その態度は「国民が示した移民に対する否定的意見を反映している。」「日本人の63%は外国人居住者を増やすことに反対であり、72%は移民犯罪率を増加させるという見解同意する。アメリカカナダオーストラリアでは国民の57-75%が移民が新しい考え方をもたらし社会改善すると考えているのに対し、日本人の80%は…否定している。」(「私は移民に対する日本人抵抗は『間違っている』とか変えるべきだといっているのではない」)

 日本は「他国移民によって緩和してきたことが広く知られているいくつもの問題に苦しみながら、移民に頼らずにそれを解決する方法を見つけられずにいる。」「これらのうち最大の問題は…少子化高齢化、その結果として…増え続ける年金生活者の年金医療費を、減り続ける健康若い納税者負担するということだ。」

 日本では「働いていない母親たちをもっと雇用することで労働力不足を解消するという策が取れない」。アメリカでは「移民女性を保育サービス提供者として個人で雇っ」たり、移民が「高齢者介護者や病院看護師スタッフとしてサービス提供し」たりするが、これらは日本では不可能からだ。

 また、日本では「研究開発費の大きさから期待されるほどには画期的イノベーションが生まれていない。」「それは、日本人科学者ノーベル賞受賞者数が相対的に見て少ない点にも表れている。アメリカノーベル賞受賞者の多くは移民第一世代かその子であるしか日本人科学者には移民やその子孫はほとんどいないし、日本全体でもそうだ。外国移民するにせよ高度なイノベーションに取り組むにせよ、進んでリスクを取り、非常に新しいことに挑戦する点が共通するので、移民ノーベル賞に関連性があるのは驚くべきことではない。」

 「もし日本移民を再評価すると決めるなら、カナダ政策がいい手本となるだろう。カナダでは移民申請者を評価する際、自国にとって潜在的価値があるかどうかという基準を重視している。」

(「近年、移民受け入れ拡大を求めた大臣が数人いる。たとえば、地方創生担当大臣だった石破茂は『かつて日本人は、南米に、あるいは北米に多くの人々が移民し、困難な状況の中で、日本人の誇りを持ちながら、そこの国民に溶け込み、役割をはたしてきた。日本人外国に行ってやってきたのに、外国人日本に来るのはだめだというのは、おかしいと思う』と述べた。」)

中国韓国(pp.132-136)

 「第二次世界大戦前と大戦中に、日本アジア諸国、とりわけ中国朝鮮半島に対して非道なおこないをした。」「今日日本ではこれらの虐殺否定する言説が広まっているが、当時の状況は中国人のみならず中国にいた外国人日本人兵士自身撮影した写真にしっかりと記録されている。」

 「その結果、今日中国および韓国には反日感情蔓延している。中国人や韓国から見れば、日本人戦時中の残虐行為について適切に認識することも謝罪することも遺憾の意を表明することもしていない。」「中国北朝鮮韓国はいずれも装備の行き届いた大規模な軍隊保有しているが、日本自衛隊アメリカ押し付け現行憲法今日日本に広がった平和主義のおかげで小規模だ。」「これらの事実を重ね合わせると、長期的には日本にとって大きな危険を招きかねないと私には思える。」

 日本中国韓国とその指導者をよく知る、元シンガポール首相リー・クアンユーは、「ドイツ人と異なり、日本人自分たちシステムの中にある毒を浄化することも取り除くこともしていない。彼らは過去の過ちについて自国若者に教えていない。橋本龍太郎首相は…中国韓国国民日本指導者に臨むような謝罪は行わなかった。…どういうわけか日本人は謝りたがらないのである。…日本人南京大虐殺が起こったことを否定し…満州において…捕虜を生きたまま残酷人体実験に使ったことを否定した。いずれの事例においても、日本人自身の記録から反論余地のない証拠が出てきてようやく、彼らは不承不承ながら事実を認めた。今日日本人の態度は将来の行動を暗示している。もし彼らが過去を恥じるなら、それを繰り返す可能性は低くなるだろう」と評価している。

 「私の日本人学生の数人は、そして多くの日本人が、日本の政治家がこれまで述べた数々の謝罪言葉を挙げ『日本はすでに十分に謝ったのではないか?』という疑問を述べる。短い答えは『ノー』だ。なぜならそれらの謝罪には真実味がなく、日本責任を最小化、あるいは否定する言葉が混ぜられているからだ。」

 「自国最近歴史がもたらしたものへの対応について、…ドイツ手法がかつての敵国をおおむね納得させているのに対して、日本手法は主要な犠牲者である中国韓国を納得させ損ねているのはなぜだろうか」。日本ドイツが実際に行ったように「首相南京を訪れ、中国人が見守る中でひざまずき、戦時中日本軍による虐殺行為への許しを乞うてはどうだろうか。日本児童国内および南京サンダカンバターンなど海外のこうした場所修学旅行遠足で定期的に訪れるようにしてはどうだろうか。あるいは、戦争犠牲者としての日本よりも、戦時中日本の残虐行為犠牲となった非日本人を描くことにもっと力を入れてはどうだろうか」

自然資源管理(pp.136-140)

 森林資源水産資源の縮小は「世界最大の自然資源輸入国である日本にとって喫緊問題だ。資源が「世界中で枯渇すれば、日本は真っ先にその影響を被る国になるだろう。また、日本食糧輸入依存度の高い大国でもある。」となれば「自己利益の追求から世界に先駆けて持続可能資源活用国を目指すはずだと期待する向きもあるだろう。」

 「奇妙なことに、現実は逆である。」「日本海外の持続的な資源政策に対して、指示はもっとも小さく、反対はもっとも大きい先進国であるようだ。」

 「遠洋漁業捕鯨に関するまっとうな規制についても日本は反対勢力の先頭に立っている。」例えば、持続可能クロマグロの漁獲のために「クロマグロワシントン条約対象リストに載せる提案2010年におこなわれたとき日本提案主唱者ではなかった。それどころか、この提案が見送られたとき日本はそれを外交的勝利とみなした」。また、日本は「世界最大かつ強硬捕鯨推進国であ」り、国際捕鯨調査会の割り当て数を大きく超えて捕鯨を行っている。しかも、「鯨肉人間用というよりむしろドッグフード肥料無駄遣いされ」、捕鯨への大きな補助金のために「捕鯨の維持は日本にとって経済的損失」であるにもかかわらずだ。

 「なぜ日本はこのような立場を取るのだろうか?日本人の友人たちが述べる三つの説明は以下の通りだ。第一に、日本人自然調和して暮らしているという自己イメージを大切にしており、伝統的に国内林業漁業においては持続的に管理してきたが、現在搾取している海外森林漁業資源についてはその限りではない。第二に、日本人国民自尊心国際的圧力に屈することを嫌う。とくにグリーンピースシー・シェパード…に屈したと見られたくないのだ。日本捕鯨推進というより『反・反捕鯨』だといえるかもしれない。最後に、日本には国内資源に限りがあるという強い意識があるために、過去百四十年にわたって…世界自然資源を無制限に利用する権利を主張してきた。」

 「日本人ではないが日本を愛する私のような人間にとっては、海外資源の持続可能な利用に反対する日本の態度は悲しく、自己破滅的にみえる。」

 「もし私が日本を憎み、戦争以外の方法破滅させたいと思う国の邪悪独裁者だったなら、いま日本がみずからおこなっているとおりのことをするだろう。つまり日本依存している海外資源破壊するのである。」

2019-12-16

日本に学ぶことは多い」「これから中国時代」、日本人のノーベル賞中国人はどう見るか

本文: 

https://www.afpbb.com/articles/-/3250602

魚拓

http://archive.md/Ktinc

http://archive.ph/7IzGO

10月26日 東方新報2019年ノーベル化学賞(Nobel Prize in Chemistry)は、リチウムイオン電池を開発した旭化成Asahi Kasei Corporation)名誉フェロー吉野彰(Akira Yoshino)氏の受賞が決まった。止まらない日本人ノーベル賞ラッシュに、中国では「なぜ日本人ノーベル賞を受賞し、中国人は受賞できないのか」と話題になっている。

【関連記事】「千と千尋の神隠し」が中国で大ヒット! 18年前の作品がなぜ?の背景

 今月9日に吉野氏の受賞が決まると、中国メディアは速報を流すとともに、「外国籍を含む日本出身者のノーベル賞受賞は通算28人に達し、特に21世紀に入ってから米国に次いで受賞者が多い」と言及ネットメディアを中心に、日本中国をさまざまな角度で比較している。

 まず目立つのは、日本を称賛する分析だ。「日本人ノーベル賞受賞者は、子どもの頃に自然科学に関心を持ち、その体験がその後の研究の支えになっている。子ども好奇心や天性をそのまま伸ばす日本教育の特徴が大きい。中国はかつての科挙制度から現在受験競争まで、詰め込み教育ばかり重視されている」「日本紙幣肖像福沢諭吉樋口一葉野口英世で、政治家でも軍人でもない。学者芸術家尊敬する社会意識関係している」「日本は基礎研究が盛んな一方、中国研究商品開発に結びつくものばかりだ」

 また、「中国国内総生産GDP)で日本を抜き、日本に対し優越感に浸る中国人もいるが、日本総合力、技術力に比べれば中国はまだ劣ることを冷静に認識すべきだ」という意見もある。

 その一方で、「日本ノーベル賞受賞者は今後減少していく」という日本国内の見方も同時に伝えている。日本人研究者の論文発表数や論文引用される数は年々減少し、国際的科学競争力は低下する一方だ。

 ノーベル賞20~30歳代の研究成果が数十年後に評価されるパターンが多いが、日本政府が各大学への補助金や基礎研究費への教育振興費を削減しているため、日本の若手研究者の教育環境は著しく悪化している。2015年のノーベル物理学賞(Nobel Prize in Physics)受賞者の梶田隆章(Takaaki Kajita)氏は「このままでは日本から受賞者は生まれなくなる」、2018年ノーベル医学生理学賞(Nobel Prize in Physiology or Medicine)の本庶佑Tasuku Honjo)氏も「かなり瀬戸際に来ている」と警鐘を鳴らしている。

 そのため、「日本ノーベル賞ラッシュ前世紀の遺産」「中国研究者の論文数・被引用数は米国に次ぐほど増えており、将来は中国人のノーベル賞ラッシュが起きる」という意見もある。

日本に学ぶことはまだまだ多い」「これから中国時代」と対照的意見交錯する状況は、ノーベル賞に限らず、日本経済社会に対する中国見方全般と重なっているようだ。(c)東方新報/AFPBB News

_

少し前の記事だけど、この分析は冷静的。一読する価値はある。これみる前からだけど、本当に日本科学研究危機感を持っている。

2019-10-10

食堂テレビワイドショーが垂れ流しになってなんとなく眺めていると吉野氏のノーベル賞受賞のニュースを取り上げていた。

その番組吉野氏が旭化成研究をしていることにフォーカスを当てて「民間企業研究者が籍を置けば、直接実用化に繋がるようなより社会的有意義研究を進められる。科学立国を立て直す契機はそこかもしれない。」というようなことを言っていた。

挙句司会の恵俊彰が「今の大学ランキング東大とか京大順位見てると腹がたってくるんですよね。『もうちょっと上行ってくれよ』って思いますよね。」とかぬかす始末。

「てめらみたいな世間様が地道に基礎研究やってるとこに圧かけていくからぼろぼろになって言ってるんだろアホか」と他人事ながら暗澹たる気持ちになると同時に、この受賞が「大学機関なんて自己満足道楽で民の財を食い潰すだけの所だ。」だと基礎研究にかける予算を締め上げていこうという世論を余計に強固にするきっかけとなるのではないかという危機感を覚えた。

しかしながらそもそものところ、なんで日本人日本研究機関で結果を出すことにそんなこだわるのか僕には理解できない。

各分野で最先端研究をしている機関世界に散らばっているはずなので、その恵まれ環境に優秀な日本人をより多く送り込もうという方が真っ当な考えだと思うし、日本人評価を得るという目標からすればその方が近道なのではないか

反対にノーベル賞が取れればいいのなら世界中の優秀な研究者を国家ぐるみで金で釣って日本人にしてしまってもいいのではないか

アメリカが抜きん出て権威的な賞受賞者が多いのは、あの2人の元日本人ノーベル賞受賞者を含む多数の研究者を、潤沢な研究資金生活費を与えることで国に取り込んだからだ。無論それはアメリカという社会がやったことで国家が行ったことではないが。

こんなことは自分でも馬鹿げた発想だと思ったが、

考えてみればノーベル賞受賞者の数で一喜一憂すること自体本質に目が向かない人間のしょうもない態度なのではないかというような気がしてきた。

2019-10-09

ノーベル賞受賞者を輩出した大学に入りたかった

トゥーンベリさんをうちのFラン特待生で呼べばギリギリからでも狙えるだろうか

都道府県ノーベル賞受賞者数】2019.10

東京人ゴミ過ぎじゃね?

東京には優秀な奴しかいないんじゃなかったの?

まあ、東京人はくだらない自己実現ばっか夢見てるし

どうせこんなことだろうと思ったよ。

地方受賞者数
北海道1
東北0
関東2(埼玉1 東京1)
東海5(愛知3 静岡1 岐阜1)
北信越3(富山1 福井1 山梨1)
近畿9(京都3 大阪4 奈良1 兵庫1)
中国2(山口2)
四国2(愛媛2)
九州2(福岡1 鹿児島1)
満州1

2019-09-20

anond:20190920130646

研究者になるつもりの人が、京大出て京大の院を出て、「上位大に行けなかった」とは思わんだろw

日本ノーベル賞受賞者出身大とか、知っとる? 日本第一号とか第二号とか。

2019-08-24

anond:20190824134241  クルーグマン嫌われ過ぎワロタ

主にMMT economistsから。(尻馬に乗ってる奴もいるが)

https://twitter.com/paulkrugman/status/1164604703424090112 のリプライ

twitter.com/mtwestra/status/1164778010534244352  おめーもサマーズもMMTから一つ二つアイディアぱくってて乙 Looks like @LHSummers and yourself picked up an idea or two from MMT. Congratulations on finally catching up with reality!

TFW you look down your nose at the economic prowess of a Nobel laureate in economics.  ノーベル賞受賞者の腕前を煽る

Your model was/is/always will be a fraudulent misrepresentation.Retire.     さっさと引退しろウソツキ

Complete snake oil rhetoric... What a hyperbolic & disingenuous numb skull. Or he's intentionally fear mongering.  完璧ガマの油レベルインチキレトリック、誇張、腹黒  大げさな恫喝


@RaulACarrillo (弁護士 lefty lawyer) 

Why can't you and the others just recognize that you were wrong for YEARS while others were consistently right?    他の人が一貫して正しい一方で自分が何年も間違っていたと認識すればいいだけなのにそうできないのはなぜよ?  

This is intellectual gatekeeping and a disservice to the public. A little integrity would be nice.          国民全体に対する害毒でしょ。

This is you. Spring 2011. When it mattered. @DeanBaker13 was right to call you out.                 8年前にディーンイカーに名指しで間違いを指摘されてたじゃん。

@fiat_money

All progress must come from the maintstream”                    ハイハイ進歩は主流派からしか出てこない、出てきちゃいけないっていつものやつね。

shamelessly trying to force decades of heterodox research into a memory hole.      非主流派経済学の何十年もの研究成果に知らんぷりかよ。恥知らずめ。 8年前にフルワイラーに言われわたことを忘れたとは言わせないぞ?


@FadhelKaboub Economics Prof.(Denison university)

Paul, your intellectual dishonesty is mindboggling.                   おめーの知的誠実性の欠如にはめまいがするわ。こっちが30年も言ってたことを「2019年ジャクソンホール」で発見、だと? #恥知らず

@katiecannon2

Umm. I remember when you bashed Stephanie Kelton for saying what you are now saying. Do I need to link to your own words of just a few months ago to spur your memory of your own words of just a few months ago?

                                             おめーが今言ってることはほんの数か月前におめーがバッシングしたケルトンの主張そのものじゃねーか。記憶力に障害あんのか?

2019-07-27

anond:20190727022219

そういうのも、各国の科学技術政策調べて、どういう投資政策有効だったのかを研究としてやってる人がいるよ。オレオレ投資政策開陳して得意になってるんじゃねぇよ。

https://dot.asahi.com/aera/2017101600015.html

あとは、これも見てから話そうな。日本ノーベル賞受賞者でも、学部は、1/3が東大京大以外の出身だぞ。東大京大は、地方大学から修士博士で上澄み集めてるんだから地方大学没落させられると困るんだよ。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E3%81%AE%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E8%B3%9E%E5%8F%97%E8%B3%9E%E8%80%85

2019-07-02

日本世界に誇るノーベル賞受賞者たちは、みな口を揃えて基礎研究の大切さを訴え、資金を投入してほしいと危機を叫んでいたのに何も変わらないのすごいな

日本世界に誇るノーベル賞受賞者たちは、みな口を揃えて基礎研究の大切さを訴え、資金を投入してほしいと危機を叫んでいたのに何も変わらないのすごいな

すごくない?

2019-06-24

anond:20190624015846

京大のが自由を重んじる文化が強いとか読んだな、ノーベル賞受賞者東大より多いんだよね

2019-06-21

ノーベル賞受賞者同姓同名とは…

若いからプレッシャーが半端なかっただろうな

「じゃないほう◯◯」イジリもあったと容易に想像がつく

ストレスが溜まった結果、非行に走ってしまう人もいるかもなあ

2019-06-11

anond:20190611131120

世界中日本の男が一番脳が小さいらしい。

から知能指数が低く、


 ← なるほど。どおりでノーベル賞受賞者が続出するわけだ。納得。

2019-06-04

anond:20190604223140

世間一般低能は木主みたいな自分より明らかに優れている人間を見ると

自分ゴミ事実だが)みたいに見えてしまうから一生懸命あら捜し始めるんだよ

ノーベル賞受賞者がこき下ろされたりするの良く見るだろ、アレのコンパクト版だ

世間低能低能として生きやすく出来てるから割り切るしかない。

頑張れ

2019-05-19

東京しか生きれないはてな民

結局はてな民って東京ありきでしか考えられないんだよなぁと思う

満員電車の解消や電車の子連れへの配慮にはあーだこーだ言っても

地方生活しようって考えには至らない

anond:20190516073418

この増田への反応見ると

東京が現状子育てに向いてないってのは紛れもない事実なのに「機会が多いか教育には最適」みたいなこと言う奴はほんとに子育てしたことあんのか?と思う

そもそも機会ってなんだよ。博物館美術館豊富とかそういう話?それ月に何回行くの?

それってクソ高い家賃に対して狭い賃貸住宅で車も持てず保育園にも入れず満員電車に押し込められる「毎日」に見合うものなのか?

ついでに言えば子供が本当に余暇にしたいことってYouTubeSwitchじゃない?「ウチの子には東京じゃないと活かしきれないすごい才能があるんだー!」と信じるのは勝手だけど親の理想押し付けてない?

ちなみに日本人ノーベル賞受賞者地方、それも西日本出身が多いよ

あと個人的な話だと、東京日本で一番多様性がある地域なのは間違いないけれど、結局日本どこでも子供が生きることになるのは学校地域社会という「ムラ」なので、そのムラに適合できなかったとき、「(東京志望校に受かって)東京に行けばここから脱出できる」という希望が持て、実際上京して救われたというのもよかった。東京出身だと、東京が「地元」になってしまって、東京という街の多様性を活かせかったと思う。

なんにせよ

はてな民東京至上主義ってか地方憎しが強すぎて「東京を出る」って選択肢ができない

こと子育てに関しては東京より地方の方が間違いなく快適なんだから

満員電車の解消法とか車内での配慮とか無駄議論してる暇あったら地方でそれなりに給料出る仕事テレワーク可の仕事探したほうがよっぽど効率的だよ

(ついでに言えばそれが東京満員電車解消にも繋がるわけだし)

東京しか仕事してない人間は二言目には「地方には仕事が」と言うけれど

一戸建てで車持って家族養う程度の(東京では上級国民にの可能な)生活ができる程度でよければそれなりに仕事はあるよ

しろ東京でまともに働けてる能力あるなら地方なら無双できるし

2019-05-05

anond:20190505124931

いくら金を積んでも女子高生にもノーベル賞受賞者にもなれない事実

生存必要な最低限以上の金稼ぐのバカバカしくなってきたわ

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん