「烏丸御池」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 烏丸御池とは

2019-02-21

天空の城はてな '19

会長、ここは一体……?」

はてなの中枢だ。

 上の社屋などガラクタにすぎん。はてな技術は、全てここに結晶しているのだ。

 お前たちはここで待て。ここから先は役員しか入れない聖域なのだ

 

「なんだこれは?!

 互助会がこんなところまで…… 一段落したら全て焼き払ってやる!!」

「おおお……見たまえ。この巨大なサーバラックを。

 これこそ、はてなの力の根源なのだ

 素晴らしい。上場するまでの間、会長の帰りを待っていたのだ!」

言葉を慎みたまえ。君ははてな会長の前にいるのだ。

 これから会社上場を祝って、諸君はてなの力を見せてやろうと思ってね……

 見せてあげよう。はてな株券を!」

 

どぎゃーん

 

「ふはっはっはっはっ……素晴らしい。

 最高のショウだと思わんかね?

 見ろぉ! 株価ゴミのようだ!!!!」

「何をする!

 くそぉ……返したまえ……いい子だから。さあ!

 ……はっはっはっ、どこへ行こうというのかね?」

 

「そのCookie大事に持ってろ! 元CTO動画と引き替えだ!」

 

「立て! 鬼ごっこは終わりだ!

 ……終点データセンターとは、上出来じゃないか。こっちへこい!」

「これがデータセンターですって?

 ここは はてラボ よ。

 株価が滅びたのに増田だけ生きてるなんて滑稽だわ。

 あなた管理者IDは渡さない!

 

 はてなダイアリーがなぜ滅びたのか、私よくわかるの。

 シリコンの谷の歌にあるもの

 

 “烏丸御池に根をおろし、風と共に生きよう。

  サーバラックと共に冬を越え、犬とともに鴨川を走ろう”

 

 どんな素晴らしい理想を掲げても

 上から目線ブックマーカーたちをあやつっても

 京都を離れては生きられないのよ!」

Perlは滅びぬ。何度でも甦るさ

 はてなフレームワークこそ人類の夢だからだ!!」

「落ち着いてよく聞くんだ。

 ……滅びるサービスを教えて。ぼくも一緒に言う」

「えっ……」

「ぼくの左手に、手を乗せて……」

 ……

時間だ!答えを聞こう!!」

「「ハイク!」」

 

 

 

2018-10-05

anond:20181005180947

ラジオ交通情報や電光表示板も交差点ベースからなあ。最初はさっぱりわからんかった。もともと関西出身なのもあって道と道で覚えるほうが性に合ってたのはある。「烏丸四条西入ル」みたいな。東京に応用すると環状+国道蜘蛛の巣メッシュだったんだ。東京ではほんとこの覚え方は通じないね(笑)

はてな御池(通り)間野町(通り)東入ル、だが、主要大通りだけでいけば烏丸御池東入ル、でもだいたい文字だけで位置はつかめる。

2011-09-26

http://anond.hatelabo.jp/20110926125322

地下鉄京都駅で、地下鉄京津線きっぷ(1000円)を買う。

地下鉄烏丸線に乗る

烏丸御池地下鉄東西線に乗り換え浜大津行きに乗る

浜大津けいおん!電車がくるのを待って乗る

石山JRに乗り換え

↓ 820円

彦根近江鉄道に乗り換え

↓ 400円

豊郷で降りる

豊郷小で聖地巡礼

↓ 400円 1110円 

JR京都駅に戻る 京津線経由でもいいけど

烏丸線東西線京阪三条

↓ 390円

修学院

叡電沿線聖地めぐり

白川北大路天下一品本店でこってりに箸を立てる

↓ 390円

京阪三条まで戻って、鴨川べりに降りてたたずむ

健闘を祈る!

2008-05-01

[][]はてなオフィス見学オフに参加してみた

はてなに行く京都増田オフ(http://anond.hatelabo.jp/20080429102850)

というのが4/30に開催されたので参加してみました。

18時30分に烏丸御池で集合して、

実際にはてなオフィスにお邪魔するのは19時からという話になっていました。

昼から暇な人が複数人入れば、15時に集まってメンバーで事前にお茶でもしようという話になっていて、

まあちょうど時間も空けれたので15時から参加しました。

事前に参加表明していたのは私を含めて4人で、全員が15時から参加しており、

15時からしばらくの行動は下記のようなものでした。

ここは特になんの新鮮味もなくだらだらしていたわけで(以前にオフで会ったことのある人しか参加してなかったし)

要するにマンネリなので省略します。

事前に参加表明していた人は既に集まっていたのですが、

18時30分に飛び入りの新たな参加者一人と合流することができました。

お土産(お菓子)を買ってはてなにお邪魔して、オフィスを案内してもらいました。

  • 訪問メンバー自己紹介をしました(はてなIDと、言えるならどんな増田書いたかとか)
  • オフィスは大部屋で、コミュニケーションとりやすそうでした。
  • IPテレビ会議システムミーティングスペースが東京と*常に*繋がっている、というのは非常に良さげな気がしました。京都ごはんを食べてる様子が東京から見えるとか(具体的にそういう話はされてなかったけど多分そういうことなんだと思う)そういうのはいいよね。
  • じぇいこんがいろいろ話してくれました。30分くらい時間とってもらったんじゃないかな。幹事の人と私がずっと話してて他のメンバーはあんまり話できなかったんじゃないかと思うけどごめん。で、幹事の人と私はかなりユーザとしては変で、せっかく話してもらったのにあんまり参考にならないかもしれませんやっぱりすみません。
  • 増田についてはメンテはできる状態なので放置じゃないよという話でした。ただどう使われているのか、なんで増田を使っているのかについては結構気にされているように見えました。個人的にはたまたま居ついちゃっただけなんですけどね。

オフィスに居たのは実際には1時間くらいだったけど2時間くらいに感じました。なんか密度の濃い時間でした。

邪魔してしまったのに明るく応対して頂いたはてなの皆さんありがとうございます(ここで書いてもどうかと思うんですけど)。

その後私はほどなく離脱して帰宅したのですが、他のメンバーは飲みに行ったようです(そのへんは別の方のオフレポを期待したいところ)。

2008-04-29

はてな見学オフ京都

話題のはてな京都オフィス見学に行きませんか。

見学の後は、軽く飲みながらネット談義でもしましょう。

再掲すんません。

2008-04-26

はてな見学オフ

えーっと、突然ですが、オフ企画のお知らせです。

連休の谷間に、話題のはてな京都オフィス見学に行きませんか。

見学の後は、軽く飲みながらネット談義でもしましょう。

2008-04-24

天空の城はてな '08

 

社長、ここは一体……?」

はてなの中枢だ。

 上の社屋などガラクタにすぎん。はてなの技術は、全てここに結晶しているのだ。

 お前たちはここで待て。ここから先は社員しか入れない聖域なのだ。」

 

「なんだこれは?!

 f-starがこんなところまで…… 一段落したら全て焼き払ってやる!!」

「おおお……見たまえ。この巨大なサーバラックを。

 これこそ、はてなの力の根源なのだ。

 素晴らしい。500日もの間、社長の帰りを待っていたのだ!」

言葉を慎みたまえ。君ははてな王の前にいるのだ。

 これから社長の帰還を祝って、諸君にはてなの力を見せてやろうと思ってね……

 見せてあげよう。はてなサービスを!」

どぎゃーん

「ふはっはっはっはっ……素晴らしい。

 最高のショウだと思わんかね?

 見ろぉ! ブックマーカーゴミのようだ!!!!」

「何をする!

 くそぉ……返したまえ……いい子だから。さあ!

 ……はっはっはっ、どこへ行こうというのかね?」

 

「そのセッションCookieを大事に持ってろ! itkzのタッパーと引き替えだ!」

 

「立て! 鬼ごっこは終わりだ!

 ……終点がデータセンターとは、上出来じゃないか。こっちへこい!」

「これがデータセンターですって?

 ここはタコツボよ。うさんくさいユーザーの。

 会社が滅びたのに、サービスだけ生きてるなんて滑稽だわ。

 あなたにrootは渡さない!

 

 今は、Hatena Inc.がなぜ滅びたのか、私よくわかるの。

 シリコンの谷の歌にあるもの。

 

 “烏丸御池に根をおろし、風と共に生きよう。

  サーバラックと共に冬を越え、犬とともに鴨川を走ろう。”

 

 どんな素晴らしい理想を掲げても、

 かわいそうなブックマーカーたちをあやつっても、

 京都を離れては生きられないのよ!」

はてなは滅びぬ。何度でも甦るさ

 はてなサービスこそ、人類の夢だからだ!!」

「落ち着いてよく聞くんだ。

 ……滅びのIDを教えて。ぼくも一緒に言う。」

「えっ……」

「ぼくの左手に、手を乗せて……」

 ……

時間だ!答えを聞こう!!」

「「DASM!」」

 

 

 

2008-02-20

はてなより先に京都に来た俺の京都雑感

東京生まれで大学東京だった俺だが、4年位前に京都ベンチャー企業からオファーがあって転職した。ちょうど昔はてなオフィスがあったKRPオフィスで1年間働いていた。

社風が肌に会わなくて結局その会社は辞めたんだけど、既に京都で嫁さんも見つけて家も買ってしまったので、そのまま京都の別の中堅規模の会社転職して、そのまま京都ではたらいている。

あ、住まいは実は滋賀県なんだけど、これは東京で働く人が埼玉に住んでいるようなもんだから、気にしないで欲しい。

で、正直関東出身で京都に行くと、いろんな意味で悩んだりしんどかったりすることもあった。

関東ではあんまり聞かない、同和利権とかヤクザとかの話が結構多いし、最初は正直そういう話題にどう反応していいのか分からなかった。まあ、俺の周りだけかも知れないけど。

人間関係や取引先との関係も、関東出身の俺としてはすごく違和感があった。京都では言いたいことはあんまりスパッと言わない。取引先が固定していて入り込むのが容易ではない。全体的に湿っぽくて何事も言葉と真意が乖離している感じがして、結構きつかった。

京都シリコンバレーに対比させたような記事もよく見るけど、自分が行った事のあるシリコンバレーはもっとドライで明るいところだったと思う。自分の印象では未だに京都は湿っぽくて暗い街だ。ずっと前からいる人にとっては居心地がいいかもしれないけど、新参者には冷たい。どうでもいいところで京都伝統とか文化とか出してきていちいち反応するのが疲れる。京都の中にもヒエラルキーがあって、○条より南は柄が悪いとか、○○より北じゃないと京都じゃないとか平気で言う。練馬区東京じゃないとか言うやつと同じくらい不快だが、向こうでは冗談っぽいこうした話もこちらではかなり本気だ。

物価や家賃だってそんなに安くない。交通だって不便だ。来た当時、いろんな寺社仏閣を見て回るのが楽しかったけど、飽きた。

そんな俺も4年も京都仕事をしていると、ようやくだけどちょっと慣れてきた。時々東京の空が懐かしくなるけど、もうこちらに生活の基盤を移してしまったので容易には東京に戻れない。

はてなよ、何でこんなところに戻ってくるのだ。東京のほうが仕事やりやすいだろ。静かな環境がいいって、あなた方が引っ越してくる烏丸御池京都の中心街で静かでもなんでもないぞ。近藤、お前が京都に戻りたいだけなんちゃうか。理由なんて後付だろ。

でも、そんな京都からいろんなベンチャーが生まれているのも、事実だよね。本当に不思議

つまらない話スマソ。でも京都の好きなところもあるよ。しかしここ一連の報道で言われるほどいいとこじゃないかもって話。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん