「医師法」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 医師法とは

2019-09-13

anond:20190913104445

表現の自由戦士としては前回の参院選山田太郎亀石倫子推してたんだけどね。

頼むから次回は亀石倫子当選させてくれよな。

2018-08-07

女医のほうが診療で有利な点は多い

京医科大が女子が不利になるように点数を操作した件で、男性優遇するのが合理的だ、と東京医科大を擁護する意見があるけれど、違和感があったのでメモ

女性特有病気女医が優位

婦人科産科や乳腺外科は、どうしても女医希望する患者さんが多い。救急現場でも女医が有利なことは多い。例えば、若い女性の腹痛の鑑別として、異所性妊娠骨盤感染症が挙がるわけだが、これらの可能性を吟味するには、セクシャルヒストリーを聞いたり婦人科的診察をしたりする必要がある。「女性をみたら妊娠と思え」という格言がある通り。ちなみに男性医者だとやりにくいことは想像していただけるだろうと思う。(男性医者がやる場合には、必ず女性看護師に同席してもらう必要がある。)

もちろん男性特有の泌尿器系の問題では男性医師が有利な局面はあるのだが(ただし泌尿器科にも女医は求められている。。。尿もれ治療とか)、件数的には女性しか起こらない病気のほうが男性のより多い。

女医が筋力で困ることはほとんどない

https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/08/05/kiji/20180805s00041000201000c.html

「重たい人の股関節脱臼を背負えるかって言ったら、女性は無理なんです」という西川医師発言に対して。

医者は持久力が必要なことは多いけど、筋力はあまり必要ない。(別にそこで勝負する仕事ではない。)整形外科の手術で、麻酔をかけられて脱力した足を持つのは確かに辛いのだが、正直それも初期研修医仕事で、執刀や第一助手をする年度になれば関係のない話。(正直、いくら足をもたせても外科医としての腕が向上するわけじゃないので、下っ端にしかやらせない。)正直、他に筋力がなくて困る場面は思い浮かばないので、あえて男の筋力が必要な場面を抜き出してきたのだと思う。力仕事看護師介護士のほうがずっと多い。

主治医24時間スタンバイしているわけではない

https://news.yahoo.co.jp/byline/enokieisuke/20180805-00092038/

研修医がローテーションするようなある程度規模の大きい病院大学病院とか)では、主治医経験年数をかなり積んだ(そしてそれほど若くはない)医師で、下に担当医などの名称で後期・初期研修医がつく、という体制になっている。夜間の急変に駆けつけるのは担当医か、またはその日のオンコール(当番)であり、きほん主治医ではない。医師医師法で診療した患者についてはその日のうちにカルテを書くことが義務付けられているので、カルテを読めばそこそこ状況はわかる。

それなりに経験年数を積んだ、30半ばとか40越えとかの主治医が、入院患者24時間張り付いているという体制病院はかなり稀だと思う。学会研修に出るためにも、交代制は必要なわけだし。

看護師労働環境が悪いとすぐ職場を移るので三交代制など労働環境是正が進んできたんだけど、医者って担当患者のことを考えたり、レールから外れた場合キャリア形成不安だったりして、極悪な職場環境でもやめられなくて、そのせいでブラックな体質が変わりにくい状態でここまできてしまったんだよね。だから女性公然と切り捨てる発言が許容されたりするんだけれども。上の世代と話すと、過労死ラインを大幅に超えるような労働であっても、そういう働き方に耐えられず体を壊したりうつ病になったりする人間そもそも適性がないんだ、という発言を聞いて怖くなるようなことも多い。実際、研修医うつになる人は多いし、医局ソファで居眠りしていると思ったらくも膜下出血を起こして死んでいた、というような話もちょいちょい聞く。

でも、さすがにあまりブラック職場だと評判が広まって人が来なくなったり、上の人間意識だんだん変わってきているので。これから変わっていくんだろうとは思う。今の制度だと医師がやること多すぎなんだよね。。。もうちょっとコメディカルはいろいろできる力があると思うし、権限増やしていいと思うんですよ。医療破綻するか、医師人間性を失うまで働くか二択ではないと思う。

2018-08-03

anond:20180803163615

公平性ってなんだ?

医療目的公平性でなくけが病気で苦しんでるやつをピックアップして助けること

保険制度とその下にある医師法自体共産主義だよね

2018-07-14

anond:20180714113453

なにか問題でも?

(1)外国医学校卒業し、又は外国医師免許を得た者であって、厚生労働大臣適当認定したもの 詳細はこちらへ

(2)旧中等学校令(昭和18年勅令第36号)による中等学校卒業者又は旧専門学校入学者検定規程(大正13年文部省令第22号)により専門学校入学資格を有するものとして検定された者以上の程度を入学資格とする修業年限3年以上の医学の教習を目的とする学校(医師法第11条第1号及び第43条の規定による大学及び専門学校を除く。)を卒業した者

(3)昭和20年8月15日以前に、朝鮮総督台湾総督樺太庁長官南洋庁長官若しくは満洲国駐剳(さつ)特命全権大使医師免許を受け、又は領事官の医業免許を受けた日本国民

(4)昭和20年8月15日以前に、朝鮮総督の行った医師試験の第1部試験合格し、又は満洲国の行った医師考試の第1部考試に及格した者

(5)沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令適用特別措置等に関する政令(昭和47年政令108号)第17条第1項の規定により医師法の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣認定したもの

2018-06-08

法律違反している病院擁護するクソブクマカ

b:id:outroad サービス提供者側が悪いみたいに言うのやめてくれる?受け入れろと言うなら、それ相応のリスクヘッジになる仕組みを導入してから言ってくれよ。

リスクヘッジもクソもなく、医師法違反してるからダメだって話だろ

バカなのか?

さっさと訂正して謝罪しろカス



身元保証人」がいないと 医療機関の8%余りが入院認めず | NHKニュース

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www3.nhk.or.jp/news/html/20180608/k10011468511000.html

2018-02-17

anond:20180217225101

医者さんが増田に書き込むのは刑法医師法違反じゃないんですか?

2017-09-28

文化迫害刺青に対する圧政擁護する「正しい差別

anond:20170902000725

先日書いた記事で恐れていた地裁判決が出てしまった。

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK9W4FHVK9WPTIL00M.html

失望しているし、国の司法に憤りを覚えている。上告するようだから世論良心に期待するしかない。

これは迫害だ。例えるなら、痴漢予備軍だから男性隔離しろとか、エレキギターを持っているか反社会的思想の持ち主だとか、眼鏡をかけているかインテリだとか、そういうレベルの非論理的迫害だ。

朝日記事に書いてある文字列だけを読んでいては背景にある差別意識を読めないだろうけど、切込隊長の能●●●(規制されました)に関する言説と同じ論理筋で、実質的文化迫害だ。

これまでの日本文化史の中で、刺青を施した任侠ヤクザが与えた社会的悪影響があるのは承知の上で、規制するべきは脅迫暴力であり、刺青文化ではないと断言する。

もちろん、施術に関する衛生管理規制必要だが、医師法濫用してまで違法化するのはバカげている。

判決擁護する方々はご自身文化的ポルポトになっていることに気付いていただき判決に対する批判の声を上げていただきたい。

この記事に関する異論反論オブジェクションを歓迎します。議論しましょう。

2017-09-02

https://anond.hatelabo.jp/20170902000725

>まず最初にはっきりと確認しておきたいのは、不快に思う人が多数派だってことを根拠法規制するのは、法治主義危機だと思う。

新規法規制をつくる動きってあったっけ?

タトゥー施術行為医師法違反裁判になっており、これはあくまでも施術者側の裁判

施術を受けることの規制青少年育成保護条例などで未成年への施術禁止しているぐらい。

オタタトゥー記事にあるように、後から消すのが困難なため、未成年への施術禁止根拠として十分だろう。

医師法の話は単に保健衛生上の問題

タトゥー団体新規ライセンス制度の創設を求めているようだが、それと現行法規医師法違反になるかどうかは別問題

看護師アートメイクを行っているクリニックも有るので、看護師免許を取得し、理解の有る医師のもとで施術する、という方法もある。

https://www.shirono.net/operation/artmake/medicalartmake/

2017-06-27

https://anond.hatelabo.jp/20170627034504

>>上記は主治医診断書必要になるので治療方針が食い違うと書いてもらえなくなるかも。

偶に自立支援申請必要診断書交付を拒む医師がいるらしいが、医師法19条2項違反からな。

申請受理するか却下するかは役所判断することで、医師がその申請が通るかどうかを必要以上に気にすることは無い。

患者との信頼関係を気にするのなら、申請が通らないこともあるがそれでも良いか確認した上で診断書を発行すれば良い。問答無用拒否するよりはよっぽどまし。

それとも、自立支援診断書を多く交付してると、どっかからか目をつけられるのかね?

https://anond.hatelabo.jp/20170626215134

知ってると楽かもしれない発達・精神障害持ちの経験談

こんな公的支援がある

自立支援医療制度

医院薬局を一カ所だけ指定して申請すると、精神科医療費と薬代が一割負担になる。転院したり引っ越ししたりしてもまた申請すれば大丈夫収入によっては一カ月の中で支払う上限が変わる。

自立支援医療とは?精神科の通院治療費を軽減できる制度です。

http://seseragi-mentalclinic.com/jiritu-shien/

障害年金

18歳未満に病気が発生したか、それ以上かによって支給要件変わる。発達障害単体だと無理の可能性高いけど二次障害起こしてるともらえるかも。受給するための支援してくれる障害者支援施設もあるので使ってみてもいい。

精神障害者保健福祉手帳

一番のメリット障害者雇用に応募できる。配慮をもらえるのはすごく楽。あと公的施設の入場料が無料になったり映画が1000円で見られたりバスなど移動手段が割引になったり。電車は割引不可のところがまだまだ多い。持っていると色々役立つ時がある。ただし障害者雇用賃金がだいぶ安くなるから気をつける。

上記は主治医診断書必要になるので治療方針が食い違うと書いてもらえなくなるかも。要相談。ちなみに障害年金受けてるとその受給者証を見せれば楽に手帳申請ができる。

学生生活では、いちかばちかテストレポートすみっこに、これこれこういう理由で授業を受けるのが困難だった、と書いてみる。時々同情してもらえて単位もらえる。最終手段として。

退学するかどうかは家族と良く話し合おう。うつ症状は判断を狂わせるので、あまり重要決断をしないのが一番いい。どれだけ時間をかけても卒業するか、休学しながら体調を回復させるか、はっきり辞めてしまうか。道はたくさんあると思う。

やりたい勉強があったなら、退学は最終手段にしてほしいな。やめるのは簡単だけど、入るのはすごく難しいから。お金問題もあるから一概には言えないけど。コメにもあるけれど通信教育放送大学という手もある。

ざわつきが気になるならデジタル耳栓とかイヤーマフなんかを試してみてもいいかもしれない。授業になったら外す、とか。周りの目は気にしなくていい。好きなように言わせとこう。

何よりも、無理せず。やりたいようにやろう。

私も卒論指導教授には、たぶん見えないところでたくさん下駄を履かせてもらえたと思う。うつ治療しながらではあったが、なんとか卒業させてもらえた。ありがたかった。味方は必ずいるから。

大学卒業後の話。

都道府県には必ず「発達障害支援センター」や「障害者職業センター」が存在する。場所によっては「障害者生活就労支援センター」などもある。「若者サポートステーション」などもいいかも。公的機関とは別にNPOなんかも。相談はいくつかあると楽。たまに信用できない支援施設相談員いるから気をつけて。

うそもそも発達持ちなら自営業とかの方が合うかもしれないとつくづく思っている。ブログ副業とかどうなのだろう。そこはお好みで。

ADHD自閉症スペクトラム併発すると結構職業が限られると思う。これは私も今模索中。広々した場所で全員の挙動が全部見えるデスクワークは最悪だった。経験談として。

また何か思い出したら書くかも。

お互い頑張ろう。

あ、あと自分からガイジ」という言葉を使うのはおすすめしない。あまりにひどい言葉だしはてなにもたくさんいる発達持ちに失礼。

※色々追記

ADHDは治らないよ。薬で症状を押さえてるだけ。でもこのコンサータストラテラを飲むと、発達持ちの特性である創造性が失われるという話もある。それが嫌なので私は飲まなかった。元増田はいい方向に行ってるようなので何より。

一割負担の話は政府文句言ってくれ。だけど精神障害持ちはロクに働けなかったり薬がべらぼうに高くなる傾向なので大目に見てくれると助かる。

精神障害二級はだいたい労働生活にかなりの支援必要とする、くらいだったと思う。

ガイジって言葉は誰であれ使うなと強く言っておく。アスペもあまり好きでない。

発達持ちは謎の体調不良を起こしたり疲れやすかったりするので授業にたどり着くだけでもけっこう大変。そして休んでも友達ノートを借りたりできずに落とした単位がいくつかあった。人によるから簡単にちょろいと言ってやらないでくれ。

またまた追記

>>偶に自立支援申請必要診断書交付を拒む医師がいるらしいが、医師法19条2項違反からな。

申請受理するか却下するかは役所判断することで、医師がその申請が通るかどうかを必要以上に気にすることは無い。<<

そうなのか。一番最初自立支援申請をした医者がどうも渋り気味だったから印象で書いてしまった。補足助かる。

それも十年近く前だから、きっと少しは良くなっていると信じたい。申請マイナンバー必要になったのはアホかと思ったが。

まだ成人の発達障害は誤解も多く、私の主治医はとても良い信頼できる主治医だが、私が発達障害であると認めてくれない。(主治医内緒発達障害専門医セカンドオピニオンに行って発覚した)

発達障害に詳しい医師にかかるのが一番だろうが、地方ではそれも難しい現状だ。

ただ、障害者職業センターはだいぶ発達障害に力を入れ始めていると聞いた。何かの助けになるかもしれないから、元増田以外の発達障害持ちも相談してみるといいかもしれない。

2017-02-23

愛子様拒食症

片田珠美という精神科医が「愛子様拒食症」って週刊誌に売り出してるけど、医者ってあんなふうに人の病状を本人の許可なく公にしていいの?

Twitterでも「愛子様拒食症!」と言っているけれど医師法違反じゃないのか?

2017-01-07

http://anond.hatelabo.jp/20170107210248

医師法では、多分大丈夫

というのも、何人か、躁鬱病自分で言ってて、それでも普通に医者やってる先生いるから。

大学病院勤務だから、何人か知ってる。

  

ただ、実際に診断されたことが後々何かに響いてくるとかあったと思ったんですが、なんだったか……

  

自分仕事に関しては、あまり仕事量は変わってないです。

診察とかは、何とか普通ですが。

家に帰ったとたんに気持ちが乱れますね。最近寝れないし。

http://anond.hatelabo.jp/20170107204356

医師法では、心身の障害により医師業務を適正に行うことができない者がNGらしい。

免許絶対的欠格事由

第3条 未成年者、成年被後見人又は被保佐人には、免許を与えない。

免許相対的欠格事由

第4条 次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある。

一 心身の障害により医師業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの

麻薬大麻又はあへんの中毒

罰金以上の刑に処せられた者

四 前号に該当する者を除くほか、医事に関し犯罪又は不正行為のあった者

厚生労働省令記載

(法第4条第1号の厚生労働省令で定める者)

第1条

医師法第4条第1号の厚生労働省令で定める者は、視覚聴覚、音声機能

若しくは言語機能又は精神機能障害により医師業務を適正に行うに

当たつて必要認知判断及び意思疎通を適切に行うことができない者

とする。

で、具体的な病名は無い。


躁うつ病だとして、躁のときは薬をポンポン処方して、鬱のときはまともに診察できなくなってたら免許失うんじゃないかな。

から仕事の内容について今と昔を比べて偏りが無いか調べてはどうでしょう

2016-11-27

WELQの面接で落とされ、その後WELQが炎上して、思うところ

WELQの運営方針や内容の信頼性を巡って炎上が続いている。DeNAは慌てて専門家の監修を開始するというリリースを出しているが、遅きに失した形だ。

個人的な話だが、夏頃転職を考えていたこともあり、DeNA候補の一つとして面接を受けてきた。メディア系の職歴であったため、DeNAパレット(同社のキュレーションプラットフォーム。Find TravelやMERYもこれ)においてプロダクトオーナーをやってほしいというオファーがあった。

その内の一つがWELQだった。WELQについて調べてみると、オープン半年利用者600万人超のメディアになったと誇っていた。なるほどSEOが強烈に強く、適切な医療知識を持たない人々であればうっかりクリックし、信じてしま可能性があるほど、順位ワードもこなれたものだった。記事ボリュームも圧倒的にあり、優位性は明らかで、それなりにやりがいのある仕事ができそうに思えた。

一方でマネタイズを真面目に考えると、著作権法薬事法医師法を遵守し、内容の信頼性を高めていかなければならないと思った。記事をパクられた側の抗議によるレピュテーションリスクがあり、広告ではきちんとしたクライアントが付かない。なによりユーザーが内容を不審に思い始めるのは時間問題だろうと思った。

また、編集長という立場の人が明示されておらず(強いて言えば村田マリ)、記事匿名ほとんど。署名記事でも著者が実在するのか不明。調べればクラウドワークス等で集めた医療従事者でもないライターが激安価格で記事を量産しているという。その内パクリ元のオリジナル記事が枯渇し、内容的には過去の焼き直しでジリ貧になっていく問題も抱えていると思った。現時点でも既に、同じテーマなのに書いてあることが違うという、メディアとしての主張に筋が通っていない部分が見受けられる(例えば食物アレルギー記事)。まあこのあたりはパクリ元に収益還元する仕組みを作ればYouTubeのような発展も有りや無しや、ではある。

これらのことを面接では鋭く主張してさしあげた。面接相手KDDI出身DeNAに来たというM氏だ。まずあった反論は「医師の監修は検討しているが、今はメディアとして完全に定着させることが先」とのことだった。要するに投資ステージなので外野はゴチャゴチャ言うなということなのだろう。しかしそこは永久ベンチャー標榜しているとはい東証一部上場企業いくら面接相手でもコンプライアンス意識なしというのをあからさまに伝えるのはまずいという意識があったのだろう、「将来的にはキュレーションを抜け出し、一次メディア化したい」という補足もしっかりあった。面接自己評価としては、よりよい方向、健全な成長に導ける有能な人材であろうことを強く印象づけられたと確信し、渋谷ヒカリエを颯爽と後にした。

で、落ちた。「貴殿のための適切なポジションが社内にご用意できませんでした」という、転職業界ではテンプレート化しているお祈り文言だ。言うまでもなく、批判が図星で、わざわざ入社させてDeNAパレット事業方向性撹乱させることはしたくないという判断が働いたのだろう。

ファウンダー南場智子コンプガチャ問題で手痛い失敗をして以来、業界はもちろん、自社の事業ポリシー健全化に務めてきた。この辺は著書『不格好経営』にも載っているとおりだ。公平性や透明性意識の浸透を狙ってスローガンDeNA Quality」を定めた。しかし、WELQはもとより同社のDeNAパレット事業全体においてグレーなやり方がはびこっており、掛け声倒れに終わっている感は否めない。お友達感覚で連れてきた事業責任者にもそれを理解させ切れているのか。旦那病気療養のために一旦引退し、そして得た医療健康事業への熱い思いが、自らの社員役員らによって反故にされている現状をどう考えているのか。

何も面接で落とされたから腹いせにこういうことを書いているのではない。むしろ今は受からなくてよかったとさえ思う。キュレーションという新しいメディアのあり方と、正確性や信頼性が最重要視される医療情報との食合せが悪かったという問題だけではない。WELQを閉鎖すれば終わりでもない。DeNAソーシャルゲーム以外の事業の柱を作っていくうえで、体質を根本的に変えていかなければならない現状に直面しているのであり、それに対するしっかりとしたステートメント必要だと考える。決してWELQだけに問題矮小化するべきではないことを、DeNA理解するべきだ。

補足:なおWELQの前身はMedエッジといい、こちらは比較信頼性のある著者が書いていたり、転載元医療サイトだったりする、(相対的に)いいサイトなのだが、現在はMedエッジ時代掲載された記事は埋もれてしまいがちになっている。

2016-07-10

http://anond.hatelabo.jp/20160710145646

国家資格のある仕業はすべて違法ですよ。

医師なら医師法があり、税理士なら税理士法があって、それぞれに騙るとダメって書いてありますし。

よく医者のつもりであなた発達障害ですよって診断する人いるけど

あれ医師法違反から

2016-05-30

外科医なんだけど俺の愚痴を聞いてくれ

スペック

とある関係医療機関のしがない外科医

以下愚痴

----------------------------------

給料が下がった。日本死ね

なんかここ数年、給料がガクガク減らされている。去年は時給自体が引き下げられたのだけど、今回は残業時間を月に40時間以上つけるのが禁止された。いわゆる労働基準法の順守である

いやね、俺も働かなくていいってんなら普通に家帰ってオナニーして犬と遊んで楽しく暮らしてたいのよ。でもさ、ここ数年間仕事は増える一方だけど減る気配はゼロ

毎日毎日病気の奴を減らしても、全然病気は撲滅されない。外科医が年間数百個胃癌だといって胃を切り取ってきても次から次へと胃癌患者は来る。なんか悪を撲滅したら、また新たな悪が登場してくるどこかのアニメ作品みたい。

いやね、俺達も「今日営業時間終了しまたから」みたいな感じで仕事切りあげたいんだけど、日本の国は優しいか患者が来たら診療を断っちゃいけないわけ。そういう法律あんのよ。

医師法19条っていうものなんだけどさ、そこに「診療従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。」とか書いてあるのよ。

いやね。俺達も腐っても医者からさ。人助けとか別に嫌いじゃないのよ。でも忙しい日中業務が終わって「本日営業は終了しました」って言った瞬間に「腹痛いんゴwww」とかいう感じで普通に患者くるわけよ。

もうこの時点で滅茶苦茶ハイパー働いているんだけど、まあさっきかい医師法19条もあるし、人として患者さん診るじゃん。んで腸が捻れてたり虫垂炎だったりその他諸々の理由入院になるじゃん。

この時点で「残業時間40時間余裕で超過したんで帰りまーすンゴwww」とか言えないじゃん。朝まで診るじゃん。死ぬほど働くじゃん。患者助かるじゃん。ハッピーじゃん。

まあ今まではこんな感じでも残業代フルにつけられてたか

みんなも、まあ仕方ないかって感じだったんだよ。

それが政府がよくわからん方針打ち立てたせいで、残業時間つけるのが異様に厳しくなったんだよ。月40時間以上の残業禁止するって。

いやいやいや。ふざけんじゃねーよって感じですよ。だって考えてみてくれよ。夜の5時に普通の勤務時間が終了して、そこから急患やってきて翌日の朝9時まで働いたら、それだけで16時間は働かなくちゃいけないわけよ。

毎日9時5時で、月に1回こういうのがあるのかないのかってのなら話はまだいいけどさ。現実全然そんなに甘くないしさ。「腹痛いンゴwww」って毎日のように患者やってくるしさ。

それに急患だけじゃなくて、入院患者普通に体調崩すしよ。体調崩したら夜中の何時だろうがPHSで呼び出し食らうしさ。

呼び出しくらったらサッと起きて病院行かなくちゃいけないじゃん。働かなくちゃいけないじゃん。

なーにが残業時間40時間禁止じゃボケ医療従業者にそれ押し付けるんなら、普通に医師法19条ぶっ潰して「医者病院営業時間外は患者をみなくてもよい」みたいな法律改正するなりなんなりしないと無理に決まってんじゃん。

医師法19条労働基準法ダブルスタンダート掲げて、現場に無理を押し付けるの本当にやめてくれよ。「患者はみろ。けど残業代は出さん」ってどこのブラック企業だよ。せめて残業時間ぐらい普通につけさせてくれよ。

ほんとこのままじゃ現場破綻するから助けてくれよ・・・

2015-01-31

http://anond.hatelabo.jp/20150131214927

元増田です。

昔は研修医待遇が酷くて、当直バイトをして糊口をしのぐ、ということがあったそうですね。

現行制度の下では、「初期研修医」がバイトで当直をすることはできません(2年間の研修を終えた「後期研修医」ならばできます)。

厚生労働省Webサイト内にある「医師臨床研修に関するQ&A」(http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/rinsyo/qa/kenshui.html)より引用します。

医師法第16条の2では、『診療従事しようとする医師は、臨床研修を受けなければならない。』、同法第16条の3で『臨床研修を受けている医師は、臨床研修に専念し、その資質の向上を図るように努めなければならない。』と規定されています。また、臨床研修に関する省令において、『臨床研修病院は、届け出た研修プログラム以外の研修プログラムに基づいて臨床研修を行ってはならない』と規定されています

  したがって、研修期間中にいわゆるアルバイト診療をすることはできません。」

だそうです。「当直バイトなんてしてる暇があったら研修に集中せい」ってことですかね。たぶん。

スカウトされて芸能事務所の説明を聞きに行った話(2/1 0:41 追記)

ある平日の昼、渋谷ロフトの前を歩いていたときのこと。

いかにもスカウトですみたいなカメラを持ったお兄さんに声をかけられた。

人材発掘会社カメラマンを名乗るお兄さん(名刺くれた)曰く「有職者限定雑誌街角スナップコーナーに出る人を探していて、スタイルがいいと思って声をかけた。この場で写真を撮って一次選考をして、翌営業日に結果を連絡する」とのこと。学生で単発のバイトしかしていないことを告げつつ、簡単なエントリーシート名前身長電話番号くらい)を書いて写真を撮られて別れた。

ちなみに私は、顔は十人並み、脚は長いと言われることもある、身長は160cm台、BMI20を切るくらいの20代前半の女性である。これといって目を引くところはないだろうが、ときどき今回みたいなスカウトを受けることがある(怪しいのでだいたい受け流す)。

今回のスカウトも正直怪しい。しかしたまには口車に乗ってみてもいいかもしれない、とも思った。

営業日、その人材発掘会社とやらから電話がかかってきた。一次選考は通過したらしい。二次選考雑誌サイドの選考になるらしく、その説明をしたいので営業所に来られる日を教えて欲しい、と。直近で空いている日に行くことにした。

営業所に行くと、アンケート的なものを書かされた。撮影経験の有無とかいろいろな項目があった気がする。説明を待つ間、たぶん私より若いだろう女の子が説明を受けているのをなんとなく聞いていた。

しばらくするとこの間とは違うお兄さんが出てきて、選考の説明を始めた、のだが。「有職者」と言うにはバイトの回数が足りないことが判明した(月8回くらい働いていないといけないらしい。知らねぇよ)。となると今回の雑誌スナップモデルには応募できない。

すると、「うちの人材発掘会社から人材を紹介している芸能事務所に興味はあるか」と聞かれた。こうなったら徹底的に口車に乗ってやらぁ。

「なくはないです」

「じゃあ、担当者を呼んでの説明会に来てもらいたいので、空いている日を教えてください」

「来週平日の夕方以降ならいつでも大丈夫です」

「それじゃあ、○曜日のXX時にここに来てもらえますか」

「○曜日のXX時ですね、わかりました」

曜日のXX-1時55分、再び営業所へ向かった。

今度は事務所アンケートを書かされた。撮影とかしてないのに、「撮影をしてみてどうだったか」などの項目があったのでスルーした。

今回出てきたのはまた新たなお兄さんだった。イケメン事務所仕事をしながら、所属して俳優をやっているのだという。

街頭で書いた用紙と前回書いた用紙と今回書いた用紙を見ながら、イケメンが話を始めた。

今日はうちの事務所に登録するかしないかの話をします。話が終わったら即決してもらいます。すぐに決断できない人は芸能世界はいらない(以下、説得力を増す話)」

怪しいッ! これは怪しいッ! 検討する時間を与えない手法

この時点で、登録料とかレッスン料とかを払わせる手口だと思った。だがどんな話が展開されるのかは聞いてみたい。

大学生ってことだけど、一人暮らし?」

実家です」

「だったら、芸能やるって言ったら親御さん心配しない? 成人だから自分で決めることだけど、親に反対されたからやめる、ってくらいなんだったら、今ここで断ってください。例えば大好きな彼氏がいて、結婚したいと思ったけど親に反対されたら諦める? 諦めないでしょ?」

なんだその喩えは。

そしてまた怪しいッ! 「親に反対されたので」って理由で後から辞めるという選択肢を封じに来ているッ!

説明が始まった。

「今回、この説明会にはみんなを呼んでいるわけじゃないんですよ。興味があっても呼ばれない人もいるし、興味がなくても呼ばれてる人もいる。なんでかわかりますか?」

「わかりません」

「うちの事務所で確保している枠(事務所への最大在籍人数?)は多くないので、良い人材だけをこの説明会に呼んでくださいって、人材発掘会社にお願いしてるんですよ。もちろん芸能をやることを強制することはできないけれど、こないだ話した担当者が、○○さん(筆者)を見込んで、この説明会に呼んだってことなんで、それはわかっていてください」

「はあ」

これも怪しいッ! 「あなた特別ですよ」ってのを匂わせて虚栄心をくすぐる手法

仕事の内容についての説明内容は長いので端折る。

などなどの話を聞いた。実際の仕事の依頼例なども交えつつ。それなりに面白かった。

私には言いたいことがあったのだが、タイミングを逸していた。一段落したら聞いてみようと思っていたら、ちょうどよくイケメンが話を振ってくれた。

「そういえば聞き忘れてたんだけど、どこの大学ですか」

「某大です」

「そうなんだ! 学部は?」

医学部です」

「えっ」

卒業したら2年間は初期研修をしなくちゃいけなくて(医師法第16条の2)、その間は研修に専念することが求められている(医師法第16条の3)ので、どこの病院でもアルバイト禁止なんですよ(法律で禁じられているアルバイト診療だけでなく、アルバイト全般)。なので、芸能をやるにしても学生の間だけだと思っているんですけど、それって可能ですか」

「みんな芸名を使うから職場とか周りにはバレないよ。人間って不思議もので、例えば○○さんの写真雑誌に載っていても、名前が違ったら『○○さんにすごく似てる』で終わるんだよね」

「はあ……」

そういう問題かよ。

そして話は佳境に入る。

「それで、事務所に登録するときお金がかかる事務所とかからない事務所があるんだよね。うちはどっちだと思う?」

「その聞き方ならかからないんじゃないですか?」

「いや、うちはかかるんだ」

「ほう」

お金がかかる事務所とかからない事務所の違いは、マネージャーが付くか付かないか。マネージャーが付かないところだと、仕事自分で取ってこなきゃいけないし、その仕事のギャラは事務所折半

「それは馬鹿みたいですね」

マネージャーが付く事務所だと、これこれこういう(※忘れた)お金がかかって、大手だと数十万とか百何十万とかするところもある」

「ほう」

「でもうちではこのお金はもらってない」

はい?」

話が見えなくなってきたぞ。

「うちでは、このシステムを維持するところにかかるお金事務所持ちにしてる。でも、宣材にかかるお金39000円と、レッスンを受けるための入会金60000円の計99000円は、個人に属するものから負担してもらってる。クレジットで払ってもらって、クレジット会社への支払いは月5000円って子が多いかな」

「はあ」

10万か。これくらいなら払う人いるんだろうな。

「うちでは、ワークショップ講師仕事を持っていて、仕事をくれるかもしれないレッスンのことらしい)を1回3500円(安いらしい)で受けられる。その環境づくりのためのお金がこの60000円」

「はぁ」

結構長い時間聞いていたのでやる気が低減しつつある。

「で、1年間使える宣材を撮って、これでクライアントに売り込んだりする」

「じゃあ、1年経って撮り直すときにまたお金かかるんですか」

「いや、それは無料

「ほう」

なんでやねん

なんだか疲れてきたしやっぱり胡散臭いので、ちょっとやめておこうかな的意思の表示を始める。ここも長いので端折る。

「いやー、そこまでのお金を払ってやるもんかなってのがちょっとあって」

「まあ高いよね。でもその分以上の経験を買うお金だよ。」

「はあ」

「喩えるなら今はこういう状況。浜辺を歩いていて、沖の方に島が見える。そこには見たこともない世界があるけれど、自分で泳いでいくことができないのはわかってる。そこにちょうどよく船が通りかかっていて、それに乗るか乗らないか。乗らないならふーんそっか、もったいないねって」

「はあ」

「言っちゃ悪いけど、女の人が何もしないで綺麗でいられるタイムリミット2X歳(※筆者の年齢)だよ」

「はあ」

「何に悩んでるの? 例えばかかるお金が0だったらやる?」

趣味程度ならやるかもしれませんけどね」

こうやって話している間に、この兄ちゃんは手に持っている紙を筒状にしていじっている。いやそれ私が書いたやつですよね。話している相手が書いたアンケート丸めていじってる社会人初めて見たよ私。

自分には本分があって、新しくその『趣味』を加えるだけのキャパがあるかも不安です。それに、それだけのお金を払ってやるくらいなら、自分の本分に時間を使ったほうがいいなって思います

「そりゃそうだよ、でも」

「本分を趣味にする感じで」

「それは趣味って言わないよ」

「そういうタイプ人間なんで、別にそれでいいです」

時間とってすみませんでした、でもそんなんじゃ何も始められないよ」

と言いながら兄ちゃんは事務所の奥へ去って行った。帰っていいと言いに戻ってくるかと思ったけれど戻ってこなかった。

常識人である私は、せめて声をかけて帰ろうかと思って事務所の奥を覗いた。しかしどこにいるかからなかったし、待ってろと言われてなかったことを思い出して帰ることにした。

営業所から出て歩きながら、2時間かけて何やってるんだ自分、と思った。しかし、話を聞くだけ聞いたのは面白い経験だったかもしれない。

しかしたら、この事務所は悪質な事務所ではないのかもしれない。けれど、相手に「怪しい」と思われたら、こういう商売は負けだ。

この事務所が怪しかったポイントを列挙してみよう。

  1. 話を聞いた日に入るか入らないか即決させようとする
  2. 親の反対を理由にやめないことを約束させる
  3. あなた特別なんですよ、ということを匂わせる
  4. やめておこうと言われて、どうにか入らせようと必死になる(そして、その必死になりかたが、そこまでの話のテンションと合っていない)
  5. 説明者の態度がおかしい(少なくとも、目の前にいる相手へのリスペクトに欠ける行動はしてはいけないと思う。客商売なんだろうし)

やっぱり、そうそうまい話は転がっていないんだな。人の夢で飯を食う商売もあるんだな。みんな気をつけようぜ!






以下追記。

予想外に多くの反応をいただいて驚いています。読んでくださった皆さんに何らかの形でお役に立てば光栄です。

ブコメをいただいたので全てにではないですがお返事を。

id:hisawooo “怪しいッ! これは怪しいッ!”ジョジョっぽくてかわいいジョジョ子力高い。

お察しの通りジョジョ好きです。花京院が一番好きです。

id:gdno 目利きだなあ。素敵な医者になってください。患者に不信感を抱かせないくらいの。

ありがとうございます。頑張ります

id:tbsmcd 有職者が有識者に見えて何を言ってるのか分からなかった……

有識者限定街角スナップコーナー、見てみたいようなやめておきたいような。

id:eurisko1 うーみゅ。これかなり前からあった手口。増田医学生よ、今後へんな奴らからの連絡に気をつけろ。本業に邁進されよ。

知らない番号から電話留守電がなければ無視する主義です。一番大事なのはやっぱり本業ですね。精進します。

id:catbears 利用されることを望んでいる人は他人に利用されることが本望だという事の他力本願推して知るべしとか、チャンスは巡ってくるのを待つのではなく与えるもの、みたいな話にはならないのか。

何をおっしゃりたいのかよくわかりませんでした。すみません

id:ophites 自分の頭の良さを過信してる感がちょっと危うい。断って帰ろうとしたら怖いお兄さん数人に囲まれて、おいおいお姉ちゃん社会ナメてもらっちゃ困るよ、とかなっても切り抜ける自信はあった?怪しいとこは行かぬが最善

まさにおっしゃる通りで、自分の頭のキレを過信気味でした。他に説明を受けている人がいたので、彼女らが見ている前では危ない目にあわないだろうと判断しましたが、行ってから判断では遅いですね。そもそも行かないのが一番ですし、行くにしても筋肉を付けてからの方がよさそうです。

>勧誘・スカウト経験者の皆さま

世の中怖いですね。こういう商売って儲かるんでしょうかね。

文章や頭をお褒めくださった皆さま

恐縮です!

モバマス/デレマス/しぶりん/「笑顔です」系の皆さま

筆者は一瞬だけモバマスに手を出して、課金しそうな自分が恐ろしくて手を引いたことがあります渋谷凛ちゃんかわいいですよね。

2014-03-21

http://anond.hatelabo.jp/20140321013838

はいそうです。

こういうのはセカンドオピニオンとは一般的には言わないんですかね?

もしそうなら、確かに私の「セカンドオピニオン」という言葉の使い方はおかしいのかもしれません。

しかし、本来私が言いたいのは

医師法19条1項」に抵触するという事なので、

その部分においてはその趣旨に変わりはありません。

2014-03-20

心療内科精神科セカンドオピニオンの現状

静岡県住みなんですが、

私の街の近くの心療内科はどこも投薬治療が主で、

いわゆるカウンセリング治療というのは行わない所がほとんどです。

しかし投薬だけではなかなか症状が良くならず、

カウンセリングも受けてみたいと思いカウンセリング治療のみ(要は保険が効きません)をしてくれる医師にかかり、

その結果やカウンセリング医師意見を投薬の治療に生かしたいと思い、

その内容を心療内科医に伝えた所、

カウンセリング治療のみにするか投薬治療のみにするかどっちかだけに決めてくれ

セカンドオピニオンを拒否されました。

がっかりして他の心療内科に行ってカウンセリングの内容を参考にしながら治療してもらえないかとお願いしましたが、

どこの心療内科でも同じように断られました。

これは普通ことなんでしょうか?

カウンセリング先生曰く、

うつ症状の治療には「休養」「投薬」「カウンセリング」の3つが必要

と言われ、私も尤もだと思ったんですが、

投薬専門の医者はこれを嫌がります

これは医師法19条1項に抵触しているんではないでしょうか?

診療従事する医師は、診察治療の求めがあった場合には、正当な理由がなければこれを拒んではならない」

病院はどのような場合に診療を拒否できるか(受診拒否マニュアル

2013-08-24

http://anond.hatelabo.jp/20130824101920

スクロールしたらちらっと目についたので。

喫煙者は診ませんって診療所

(中略)

これ何か医者義務だか使命だか誓いだかそういうのに反するんじゃないの?

医師法19条1項(http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO201.html#1000000000000000000000000000000000000000000000001900000000000000000000000000000

十九条  診療従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。

※第2項 略

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん