「玉ネギ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 玉ネギとは

2019-12-22

[] ゆず湯柚子消費税10%云々

元ツイは消されたものの、国税庁にあたった記事をみてもはっきりしないような…

スーパーで「ユズ湯に」と表示したら軽減税率対象外になる説が拡散国税庁「なりません」 - 税理士ドットコム

https://www.zeiri4.com/c_1076/n_873/

冬至でお風呂に入れる“ゆず”は消費税10%」というウワサが広がる → 国税庁適用税率は8%で変わりません」 - ねとらぼ

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1912/18/news137.html

事業者食品として売っているのか、そうでないのかの判断は、流通実態を見て個々に判断する必要

食べ物として利用されない食べ物問題

例えば、美術予備校大学専門学校などで木炭画用消し具として使用される食パンはどうなるのか。

美大などのそばスーパーコンビニ販売される食パンの税率は?

流通実態を見て個々に判断」は何を根拠に?

単に食品コーナーに陳列しとけば軽減税率対象

それとも同規模のスーパーコンビニの他店舗比較し、食パンの売上げ多かったらアウト?

食用以外に用いられると知ったうえで継続的販売してますよね、ってことで。

塩分加えた料理酒酒税を免れるみたいに、消し具として使えないようバター塗った状態食パン売ればセーフ?

一般スーパー食品として売られているものであれば」とあるが。

例えば、ペットフード軽減税率対象外

じゃあ、カリカリコロコロパサパサして薄味で玉ネギ入ってなくて大袋に入った食料を「人間フード」と称して

シリアル売り場あたりに並べておけば軽減税率対象

買った人が「人間フード」を犬や猫に与えてしまうかまでは確認できないし。

2019-07-11

スーパー変えたら野菜の味が変わった。

もう3年ぐらい、朝はサラダを食べてる。

チョップドサラダにハマったのをきっかけに、

かなりボリューミーなサラダをつくって食べ続けてる。

レタス何枚か、トマト半分、ゆで卵1個、シャケの切り身を茹でたやつは大体入っていて、

あとはオクラ小松菜レンコン人参玉ネギリーフミックスほうれん草キノコ類、チンゲンサイブロッコリーセロリラディッシュやらなにやらこの辺りの値段間の野菜を何種類かをボールいっぱいに入れてポン酢マヨネーズレモンレモンペッパーで和えて食べてる。

野菜の緒種類が豊富なほど口の中で噛んでるときの味に満足感があって美味しい。そもそもは「野菜1日350gもムリじゃん」と思って、じゃあ1食で食べきってやろうと思ったのがほったんだったんだけど、慣れてくるとカラダもシャッキリするし、意外と飽きもこないのでちょうどいいと思ってた。

ずっと、家からいちばん近いスーパーで買っていた野菜を使っていたんだけど、最近買った総菜2つの2つともに不純物が入っていたのが原因で(短い髪の毛とビニール片が混入していた)少し気分良く買い物ができなくなったので少し遠目の、通っているジムの近くにあるライフ野菜を買った。

そしたら、味がまったく違うの。

同じ野菜を買ってるんだけど、全部合わせたときトータルの味がなんか違う。ポン酢とかマヨネーズとかは同じメーカーのものを使ってるから味が変わっているはずもなく、つまり、「野菜の味って違うんだな」という不思議感覚に陥った。

いままで、トマトトマトだったし、そりゃたまにはすっぱいとか甘いとかゆるいとかああったけどさ。レタスレタス小松菜小松菜。同じ種類の野菜は全部同じ味としか見てなかったんだけど、やっぱり作る農家さんによって味って違うんだなと思った。

私は実家ではライフを重宝していたので、ライフで買った野菜を食べて、「そういえばこれ実家で食べてたレタスの味だわ!」って記憶が蘇った。美味しいとかまずいとかではなく、味が違うって感じ。あの店のカレーとこの店のカレーは味が違うのと同じ。

今まで、同じスーパーで買うか、他のスーパー野菜を買っても一部とかさったので気付かなかったけど、全部変えて気付いた。近所のスーパー農家さんの名前がいちいち書かれている野菜が売られていて(田中さん大根!みたいな)、結局、総菜に罪はあっても野菜に罪はないと思って近所のスーパーに戻った。うん、これこれ。

2019-04-12

anond:20190412103234

営業用の大きな冷蔵庫に買ってきた食料の大部分を収めた速見は、帽子ジャケットと靴を脱ぎ、金魚鉢ほどの大きなグラスに氷とジンと少量のドライ・ヴェルモットと十滴ほどのアンゴラース・ビタースをぶちこみ、フォークで掻き回した。レモンの皮を放りこむ。一度に水呑み用グラス三杯分ほどを喉を鳴らせながら飲んだ。露が浮かんだ大きなカクテル・グラスには、まだ三分の二ほどドライ・マルテーニが残った。速見はアルコールが回ってくると共に猛然と食欲が起こってくるのを覚えた。テンダーロインの大きな塊りからキロほどヘンケルの牛刀で切り取り、塩と荒挽きのブラックペッパーを振った。玉ネギを二個ミジン切りにする。ガス・レンジに大きなフライパンを掛けてサラダ油を流しこむ。煙抜きのファンを廻した。やがて、オイルが煙をあげはじめた。速見はそこに五十グラムほどの牛脂を放りこんだ。菜箸で掻き廻す。牛脂は焦げながら溶けた。脂がはぜ、速見のシュッティング・グラスに飛び散る。フライパンのまわりからときどき炎があがった。速見は一キロのテンダーロインをフライパンに入れた。にぎやかな音と共に、脂はさらに飛んだ。ビーフ肉汁があまり逃げないように、三十秒ほどで速見は肉を引っくり返し、高熱で両面を硬化させた。また三十秒ほど待ってガスを中火にし、買ってきてあったポテトサラダ玉ねぎのミジン切りの一個分を混ぜた。ミディアムに焼いたステーキ大皿に移し、その脇にポテトサラダを盛りあげる。フライパンに残った牛脂肉汁のグレーヴィに残りの玉ネギのミジン切りを放りこんで掻き回し、キツネ色に焦がした。そこにショーユと砂糖を入れて沸騰させ、日本酒を一合ほどぶちこんだ。そうやって作ったグレーヴィ・ソースを焼けたステーキの上から流し、テーブルに運ぶ。まだ中心部わずかに血が残るステーキを、ナイフフォークでいそがしく使って貪り食う。ときどき、ポテトサラダで口の中の脂を取る。

2018-12-14

モチベーションについて話そう

今日はてな仕事モチベーション話が続いたので、ちょっと思うことを書く。

仕事モチベーションには、大きく分けて金銭的なもの社会的ものがある。そして、この2つは共存し得ない。

例を挙げよう。

小さい頃、母親に買い物を頼まれたことがあるだろう。夕食を作っている途中でお醤油が無いとか、玉ネギが足りないとかで、

ちょっと近くのスーパーまで行ってきてくれる?』と頼まれる。

買い物を終えて家に戻ると、『ありがとう。助かった』と母親は言ってくれ、自分が役に立てたことが嬉しかったりしたものだ。

これが社会的モチベーションだ。

そしてその数日後、似たようなことが起きた。

母親は何度も悪いからと、お小遣いをあげることにした。『100円あげるから、またスーパーまで行って来てくれる?』

もちろんタダでやっていたことが有料になるのだから良いことだ。

そして、ここが重要だ。

その時、君は『忙しい母親を助ける』というモチベーションを持っているだろうか?既に100円もらえるという金銭モチベーションに変化しているはずだ。

この変化が生じた時点で、社会的モチベーションは消えてしまうのだ。

この現象日本経済歴史でもある。

戦後日本は『戦後復興』が働くことのモチベーションだった。その後は高度成長、日本列島改造論と続く。

今よりもっと豊かな日本へ。

多くのサラリーマンにはその自負があり、実際、その年代の方からそういう自慢話は良く耳にする。

彼らは社会的モチベーションで働いていた。

それが変わったのがバブルだ。

日本中に金が溢れ、サラリーマン給料も上がった。戦後復興や高度成長のような社会的モチベーションは無いまま、

多くのお金は退廃的で享楽的な浪費に使われ、働くことは金銭モチベーションへと変化してしまった。

そうなると、バブル崩壊しても社会的モチベーションには戻れない。

誰もが母親からお小遣いをもらってしまったのだ。

そうするとどうなるか。

働かないオヤジ誕生である

逆に、不景気現代フィットした形で社会的モチベーション悪用したのがブラック企業だ。

彼らは、『お前がやらないと取引先に迷惑を掛ける』『お前に辞められたら、ウチは倒産だ』と

社会的モチベーション従業員酷使する。でも、利益が出ても決して給料は上げない。

上げるとどうなるか。

従業員は、それが社会的モチベーションなら過酷労働環境我慢してしまうが、

給料が上がると我慢に対する対価が数字として表れてしまい、

『この労働環境でこの金額ではやってられない』と目覚めてしまうのだ。

からブラック企業給料を上げないことは、生存戦略としては正解なのである

そして、ここまででは無いにしても、似たようなことは日本の多くの企業で起こっている。

では、今の日本金銭モチベーション提示できれば、

良い会社、良い労働環境は生まれるのだろうか?

最近、NTTから退職エントリー話題になった。彼らは確かに、将来的なサラリーの上限について言及はしていた。

でも、退職理由は違うことだった。

もし彼らに『君は優秀なので、給与規定改定してGAFAと同じ給料がもらえるようにします』と会社が回答したら、

彼らは踏みとどまっただろうか?

かに金銭的な問題重要だ。

でも、もし会社がそれをモチベーションとする場合、それが社員にとってモチベーション足り得るものでないといけない。

NTTの場合で言えば、GAFA以上の金額提示必要だ。

そして、社員社会的モチベーションを持たなくなるリスク自覚すべきだ。

給与査定に係ることでないとやらない、誰かが困っても助けない、面倒な客はやらない、

顧客に適した提案よりもクロージングテクニックを磨く…。

社長やチームリーダーには、そんな彼らをマネージメントするスキル必要になる。

果たしてこのこの人手不足時代に、その期待に応えられる人材を集められるだろうか?

そしてこの不景気時代に、彼らを満足させるだけの条件提示を出来るだろうか?

もしそれが無理なら、いかブラック化させずに、

会社も(ここが重要)、社員社会的モチベーションを持ちながら、共に進めるかを模索していくべきだと思う。

最近ではR25でZOZOの田端氏が肉の写真を貼った経験談をしていた。

はてなでは嫌われキャラだが、非常に上手い手法だと思う。

彼はここで、『プロジェクト成功したらボーナス出させる』と社長に掛け合ったりはしていない。

数値目標を貼りだして、『それが成功したって、給料上がらないでしょ』という

金銭モチベーションを呼び起こしそうなこともしていない。

あくまでも、部下がチームに貢献出来た状況を見える化させ、

社会的モチベーションを引き出すことでプロジェクト成功させている。

こうして会社の業績が上がり、『結果的に』給与が上がるのなら、それが理想だと思う。

今の日本で、企業社会的モチベーション提示できていないことは大きな問題だ。

営業には営業の、職人には職人の、医師には医師の、エンジニアにはエンジニアの、

それぞれの職業において、またはプロジェクトにおいて、会社はそれを提示すべきだと思う。

これは理想論ではない。

その方が会社の業績に良い結果を生むと私は思っているし、ブラック企業やそれに類するものではない、

真の意味での社会的モチベーションからまれ給与のアップは、そこで働く人を幸せにすると思っている。

2017-05-01

ネギ焼きの存在意義

皆さんはネギ焼きというものをご存知だろうか。私がこの食べ物を初めて知ったのは中学2年生の頃で、それは思いがけない出会いだった。

当時、私は一時期訳あって夜ご飯自分で用意し家で一人で食べなければならなかった。毎晩のようにお弁当屋さんで弁当を買って食べていた私は、代わり映えのしないのり弁当唐揚げ弁当のローテーションに飽き、栄養なんかを無視して食べたいものを食べようと近所へくり出した。くり出した先は近所のコンビニだったのだが、今思えば他にも選択肢はあっただろうと思う。しかし当時は中学生自分の行く場所というのは限られていた。物理的にも発想的にも。

コンビニに向かった私は惣菜コーナーで大好物お好み焼き発見し、「コレだ!」と思った。栄養なんかは置いといて、これから数日は弁当ではなく大好きなお好み焼きを食べ続けようと意気込み、ワクワクしながら家に買って帰った。家に帰り、レンジでチンをしてその美味しそうなお好み焼きを口にした瞬間だった。「(シャキッ)…ん??」。キャベツの量が異常に多いお好み焼きなのか、とか、たまたまキャベツが一箇所に大量に偏っていたのかとか私は一瞬の間に多くの憶測を脳裏に浮かべた。一口かじったお好み焼きを見るとなんと中にネギが入っているのである…!その時の衝撃を私は今でも忘れられない。そしてパッケージを改めて見てみるとそこには小さく「ネギ焼き」と書いてあったのである。当時の私はネギというものは不味いだけでこの世に存在する意味がないものだと思っていた。玉ネギ副産物として農家営利目的販売しているだけだと思っていた。だからそのネギが、大好きなお好み焼きを模して主役に立っているという事実を受け入れられず、怒りさえ覚えた。ネギ焼きを販売したコンビニにも怒りを覚えた。1日の夕食の予算が限られているのにこんなものお金を使ってしまった。せめて「これはお好み焼きではなくネギ焼きです」とポップをつけてPRして欲しかった。お腹は減っていたけど口は完全にお好み焼きのそれになっていたので好きでもないネギをその一口以上に食べる気にはなれず、記憶曖昧だが恐らく処分したのではなかったかと思う。

それからどれくらいの時があっただろう。10年以上は経った。私も曲がりなりにも人生経験が増え、口にした食べ物の数も増え味覚も変わった。そして今日とあるお店でネギ焼きが売られているのをふと見かけた。その瞬間、昔の思い出が甦り、怖いもの見たさのような気持ちねぎ焼きを購入した。

ネギ焼きの存在を初めて知ったあの頃から自分は変わっただろうか。お好み焼きが好きなのは相変わらずだけど、たくさんの経験をし、手に入れたものもあれば失ったものもある。出会いと別れを繰り返し、色んな土地に移り住み旅行もたくさん経験した。そんな自分が今ネギ焼きを食べたら一体どんな感想を抱くのだろう。今でも主役に立ち続けることが出来ているネギに対して、大物俳優に抱くような畏敬の念を感じるのだろうか。それともやはり玉ネギ副産物だと、世に唾を吐きかけその存在否定するのだろうか。

そのどちらであったとしても、ネギ焼きを愛する人がいることはきっと事実で、この世に存在するものには少なからず影響力と存在意義というものがあるのだということを長年の間に学んだ。自分ネギ焼きほどの影響力を持てているだろうか、中学生2年の私に与えたほどの衝撃を子供達に提供することが出来ているだろうか。存在意義のない大人になってしまっていないだろうか…。ネギ焼きに負けないように頑張ろう、そしていつかお好み焼きの座を奪い取るかのように世の中を変えよう。そんなことを思いながら、ネギ焼きをレンジにかける。

2016-11-04

市販ルー想定外の美味さ

買い置きの玉ネギがあったので、今日ハヤシライスを作った。

普段それほど作らない料理から、これと決めた定番ルーはなくて、目についた適当ルーを買って使ってみた。

味見したときは正直、「好みの味じゃないな…ちょっと失敗したか」と思ったんだけど、いざ食べてみたらあら不思議

スープ単独だと相変わらず好きじゃないのに、具・ライスと一緒に食べると美味い。

箱に書いてあった量より少し多めに具を入れた分、先に下味をちょっとつけたんだけど、それが良かったみたいだ。

自分が思い描いてた味のルーを使うのとは違う、自分想像を越えたところで美味い味。

分量通りに作ってたらたぶんたどり着かず、ありもので間に合わせたからこそ偶然できた味。

料理って奥が深い。

2016-04-12

ハンバーグ ロジカルクッキング 科学低温調理法

ingredients

あいびき肉 120g

塩 1g (肉の0.8%)

玉ネギ 40g (肉の33%)

パン粉 5g (肉の4%)

溶き卵 10g (肉の8%)

牛乳 10g (肉の8%)

ナツメグコショウ) 好みで少々

塩 0.5g (ひき肉以外の材料の0.8%)

油 適量

ハンバーグソース

醤油 大さじ1/2

酒 大さじ1/2

ケチャップ 大さじ1

バルサミコ酢 大さじ3/2

鶏ガラスープのもと 小さじ1/2

片栗粉  小さじ1/2

無塩バター 2g

recipe

玉ネギみじん切りにし、冷フライパンに。少量の油を回しかけ、弱火で5分加熱。冷ます

ひき肉と塩(1g)をボールに入れ、すりこ木を使ってしっかりこねる。

3に2・パン粉・塩(0.5g)・溶き卵・牛乳・(ナツメグ)・(コショウ)を加え、木べらなどでよく混ぜる。

最後に手を使って5回くらいさっと混ぜる。成形する。

冷たいフライパンに油を入れ、2をのせる

ポイント

1.【切る】玉ネギ細胞を潰さないように切る。

2.【味つけ】塩分量は全体の0.8%にする。

3.【こねる】肉はすりこ木を使ってこねる。

4.【焼く】冷たいフライパンハンバーグをのせて点火。最後まで弱火で加熱する。

5.【ハンバーグソースバルサミコ酢の酸味をしっかり飛ばす

正しい切り方は、まず柄の方を上にして30度くらい角度をつけて持ちます。そしてスイングしながら前後スライドさせるよ

うにして玉ネギゆっくり切ります。こうするとムダな力が加わらないので、玉ネギの汁もほとんど出ないということです。

また包丁の刃は、真ん中よりちょっと手前あたりを使います水島さんによると、この辺りが包丁スイートスポット

切るために最適な場所)だそうです

焼く

焼く時のポイントは、肉を急激な温度変化にさらさないこと。急に温度を上げると、それだけで肉が激しく縮み、旨みが出てしまうようです

sauce

ハンバーグソースは、バルサミコ酢・塩・バターでつくります

1つは、ハンバーグを焼いたフライパンをそのまま使わないこと。

ちなみにハンバーグを焼く時に引いた油には、肉の脂を吸着してにおいを取る。

さらにもう1つのポイントは、バルサミコ酢の酸味をしっかり飛ばすこと。

バルサミコ酢の旨みがグッと引き出さられるようです。

1.小鍋にバルサミコ酢を入れて強火で加熱する。鍋を火から離しても泡がブクブクと残るまで火を入れる。

2.火からおろした鍋に塩を加える。

3.さらバターを加えて、鍋の余熱で少しずつ溶かしながらよく混ぜたらできあがり。

2015-12-22

[] コバエがホイホイ

コバエがホイホイは常時設置しておくのでなく、新品をストックしておいて

いざという時に開封して使ったほうが良さそうだな

玉ネギ腐らせちゃって大量発生した小バエを眺めつつ思った

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん