「裸のままで」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 裸のままでとは

2017-11-08

今年の風邪やばい

今年の風邪やばい

10月終わりからの交代ラッシュ半端ない

みんな風邪に次ぐ風邪

今年の風邪やばい

みんな熱出すし、1週間以上続く。

後輩が倒れまくる、そのたびに代打代打出張ラッシュだ。

拙僧も11月三連休にひとりカラオケマクロスΔの「ワルキューレがとまらない」を歌いまくるという一人遊びをしていたらもらってしまった。

喉がっさがさで声が出なくてな、めっちゃ緑色の鼻水と痰出るし、ワルキューレが半強制的に止められることとなった。

から自分休みを頂こうと思って課長電話しようとした時、メールが飛び込んできた。

体調不良の子がでたので交代です!泊まりです!」

もう絶望的、タイミングめっちゃ悪いやん。

体調不良の子は熱まででてるらしい、一方こっちは声が椿鬼奴?みたいな感じになってるだけ。

言えねえ〜〜 体調は普通やけど喉の御方の機嫌がちょっと悪いです〜〜

また、社内にストーカーがいるのでそいつを避ける仕事回しをしてもらってたのだが、この交代によりまさかバッティング

神は拙僧を見捨てたのか。

今日今日とて普段より香ばしくなった声で接客してきた。

青のベンザ飲んでるけど全然効かねえ。

何回もうがいするけど喉が焙煎されたまま。

しかも日が経つにつれてよりヴィンテージ感がでてきてる。もう無理。

客に話しかけるだけで「こいつ見た目に反してガマ蛙みてえな声してんな」って顔される。

もうワルキューレになりきってた頃の美声には戻れないのか。ちなみに推し黄色

まらいから!←止まった

このまま抱きしめて夢が醒めるまで←わかる

何もいらない←今はパブロンが欲しい

愛もいらない←それも欲しい

壊れちゃうから←喉は壊れた

裸のままでいいよ朝までみつめて←寝る時裸族なんだがたぶん風邪をひく要因のひとつ

破れかぶれで全て忘れて←宿泊出張の用意は忘れた

愛しさがとまらない←わかるけどそれどこじゃない


今年の風邪やばい

2017-09-12

すっぽんぽん

自宅のベッドの上で

風呂上がり、裸のままである

この季節は眠い

予定日は昨日だったので

少しふあん

まだこないのかな

はだかだからかな

2015-08-22

担当医の診断書を見て通院したくなくなった

病名

うつ状態

パニック障害

「外出困難で無為に過ごすことが多い。

多彩な自律神経症状を伴い罪悪感が強い。予期不安希死念慮がみられる。

薬物療法としては抗不安薬(BDZ系)を受け入れるのみで全ての抗うつ薬についてはその後の身体変化を副作用として解釈し、服薬しなくなり、治療に抵抗を示す。

パニック症的な要素が強く認知行動療法を行っているものの、これが効くのかという不安が強く遅々として進まない。

今後は支持的・受容的に傾聴していきながら不安・抵抗を少しずつ和らげる予定」

きょう、診察後にロールシャッハテストを1時間受けてきた。

その後、受付でこの診断書裸のままで確認を求められた。

受付「お名前とご住所生年月日これでよろしいでしょうか?」

私「はい

受付「封はされますか?」

私「いえ、そのままでいいです」

受付「え・・・でも・・・?わかりました(笑顔封筒にお入れするだけにしときますね」

書かれた内容をじっくり見てみようと思ってそのまま密封されない診断書を手に取って、帰宅

予約制で人がまばらな精神科なので、この受付嬢にも心理検査中の1時間ほどこの内容を吟味されてたんだろうなと思うとせつなかった。

パニック障害うつで2年ほど通院しているが、このたび、会社診断書を提出することになって医師診断書を書いてもらった。

私の通う精神科では、マスクを鼻の下までかけて顔を隠す受付の女性2人がいつもいる。

診察中や受付する患者がいない時は大きな声でぺちゃくちゃしゃべって愚痴文句を言ってる若い人たちだ。

この人たちが、これを読んだのかと思うといい笑い話とネタなんだろうなって感じた。

帰宅してじっくり書面を読んだ。

そして、なんだか症状を抱えて通院してた自分精神面の状態がすこぶる悪くなった。

通院したくなくなった。

客観的に書かれると、すごくネガティブな内容ばかりだ。

そのとおりなんだけどね。

無為にすごす」とか「治療に抵抗を示す」とか「効果が遅々として進まない」とか

ああ、自分はポンコツ人間なんだなってあらためて会社だけでなく医師にも判定されてると落ち込んだ。

10年前に通ってた精神科で(3時間まって3分だけお会いして薬をもらうという大病院だったけど)多剤併用両方でたくさんの抗うつ剤

睡眠薬を処方され、服用し、(胃腸薬含めて1日34錠飲まなければならなかった)動くこともできず、生活破綻して寝たきりになった経験があった。

から、できるだけ薬の負荷のかからない治療・・・と泣きながら初診の時は言ったっけ。

例えて言うならこのURLの人と同じ状態(https://www.youtube.com/watch?v=tq2pzyhqXxw

パニックは8年前になんとか自力で飲むのをやめて寛解しつつ5年ほど良好だった。

通院もしなかったのに、職場がかわったストレスで10年後に再発したので今の医院に行ったんだけど。

今度こそは、なんとか良好な医師患者関係を築いて治療・・・と願って行ったけど、先生にとっては私はやはりこういう「やっかいな」患者なんだろうなって本音をこの診断書で感じて

あー薬だして長いこと飼いならすATMなんだなあってあらためて思ってしまった。

信頼してた先生本音が見えると通院治療断念したくなってきた。

これが、精神科通院患者の最終的な答えなんだろうな。

今、通院断念して、自力で治ったって思ってまた再発前の状態になって、いつかまた再発→今回と同じ経験気持ちと落ち込みで治療断念→自死

最終形態が見えた。

運良く長生きできたら認知症になってるころにまた精神科にお世話になるんかなあ。

安楽死法案が通って、自分で死を選ぶという楽な生き方死に方ないかなあとか夢ばっか見るわ

とりあえず通院したくなくなった。

自分の考えが結局これだから

2015-05-18

あと実際裸のままで貴重品を外に出していて盗難に遭うと

被害届受理されないことはあります 用心を押し付けるのはクズだけどよっぽどのラインにくると程度問題っていうのは事実

2015-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20150319202711

しろ言われてもないのに、自己判断裸のままで持ってくる奴は、

言われたこともできないのでは?言ってない事を勝手にやるのでは?と心配になる

2014-12-19

愛人宅にて。

体が鉛のように重い。

今この文章を、愛人さんのベッドで書いている。

彼女が出勤した後の部屋に、僕は残っている。

テレビでは根本君が明るい声で今日の天気を伝えている。

僕は窓の外の洗濯物をぼーっと見ている。

昨日は彼女を同伴してパーティーに行った。

青山の裏道の一軒家を改装したレストランで行われたパーティーには、30人程の男女が集まっていた。

ホストが暖かく僕達を迎え入れてくれる。

彼女はとても明るく、気の利く女だ。

初対面の僕の取引先に対してもとても自然に接することができる。

決して前に出過ぎることはなく、相手を讃え、酒の世話をし、パーティーの華をこなす。

たくさんの男が彼女口説こうと言い寄ってくる。

それを彼女は柔らかい笑顔で躱す。

時折僕に目配せをしながら、付かず離れずの距離を保つ。

ちゃんと自分役割理解しているんだ。

そんな利発な彼女愛人にできて僕はとても幸せだ。

パーティーではお互いの関係を明らかにしないのがルールだ。

女同伴できている奴はほとんどが愛人を連れてきているはずだが、それを口に出すのは格好が悪い。

関係をお互いに探りあいながら楽しむのが大人ってもんだ。

自分の女がどれだけ口説かれるかが男の価値だ。

昨日のパーティーでは、明らかに彼女が一番だった。

帰ってきて、彼女をメチャメチャに抱いた。

たくさんの男に視姦されて、僕はとても嫉妬していたんだ。

その思いを一気に晴らすべく、シャワーも浴びずに彼女をメチャメチャにしたんだ。

ひどい言葉を浴びせ、彼女を泣かせる。

泣きながらも抱いて欲しいとせがんでくる彼女を見て、歪んだ欲望を満たす。

彼女の中に僕の痕跡を残す。

まあみろ、お前らは決して彼女に触れることは出来ないんだ。

行為の後、僕達は裸のままで泥のように眠る


iPhoneアラームの音で目を覚ます

彼女はまだ僕の腕の中で寝息を立てている。

無邪気な彼女の寝顔を見ていると、昨夜の自分の下衆な行為を思い出す。

抑えきれない欲望を再び彼女にぶつける。

荒々しいだけのSEX

しかしそこには、無垢な愛があった。

確かに、愛はあったんだ。

再び彼女は泣く。

その泣き顔を見ながら僕は絶頂に達する。

行為の後、シャワーを浴びる。

彼女は僕の全身を丁寧に洗う。

耳元でとっても良かった、と囁く。

死にたくなってきた。

会社行きたくないよ。

出勤時間は過ぎたけど、未だに彼女のベッドで彼女匂いに包まれながら泣いている。

こんな世界はもう、壊れてしまえばいいのに。

http://anond.hatelabo.jp/20141219095054

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん