「慰霊祭」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 慰霊祭とは

2020-05-28

コロナ禍による実験動物の大量処分記憶

タイトルそのまんま。

もう何週間か前の話だが、忘れないように書き残す。


自分とある生命科学系の研究所所属しており、実験動物としてマウスを飼っている。

コロナ禍で彼等を大量処分することになった。まさか動物感染したとかそんな話じゃない。研究所飼育管理の方々がいつ今回のウイルス感染するかわからない。出勤日を減らさざるを得ない。

我々も状況は同様だ。陽性となればしばらくは軟禁だ。周囲が罹っても軟禁だ。

今までの飼育規模の継続人的資源の面でのリスクが高い。それから、より根本的に、コロナ禍で出来もしない実験のために動物を飼っておくべきではない。

から本当のギリギリまで減らす。



何匹も何匹も何匹もマウス処分する。

たくさんの遺体が目の前に折り重なる。

抜けた毛が手袋に付く。

遺体の山から流れる失禁した尿を洗い流す。

小さいビニール袋に1袋につき20匹ほど入れ、ずっしりとしてまだ柔らかくぐにゃっとした感触がするそれらを飼育室の外に持ち出して、腐らないよう冷凍庫に入れる。

個体情報を記帳する。

飼育ケージ総数が減る。



実験を行う者として、実験動物処分日常だ。実験動物に相対する時は、感情よりも真っ先に、実験動物を扱う際の倫理とされる行動規範脳内に浮かぶ自分は有言無言にそう訓練されてきた。今度の事でも感情の激しい揺れはない。実験できないならば速やかに処分することこそが実験動物の適切な扱いだ。

ただ、現実に巡った思考を忘れてしまうことは、明らかに動物に対して真摯ではないと思う。

普段見ることのない大きさの遺体の山を見たときの、最初は見た目からの印象の強さ。処分しながらずっと、昔に読んだ No.6 (あさのあつこ著) というSF小説を思い出していた。児童向けの顔をして、非常にシビアかつ強い物語だったことをよく覚えている。その小説の中に、人々がうず高く積み重なって死にゆくシーンがある。主人公たちは積み重なった人々を這い上って目的場所へ向かう。そのシーンを思い出した。

マウスには逃れる術などない、と思う。


あと、これだけ処分できたというかすかな達成感、管理が楽になる、飼育費用が減るというかすかなポジティブ感情

これも同様に現実に巡った思考、覚えておくべきもの

規模縮小の状況の中でマウスを増やさないため、自分を駆り立てるために必要だった思考。と言ったら美化し過ぎだ。その側面もあるが、自然に巡った思考だ。


普段実験動物について家で思い出すことはない。ただ今回だけは例外だった。

コロナ禍がペットを飼うきっかけになったとか、保護動物がもらわれていったとか、そういうニュースを読むことがある。でも、人間に寄り添って暮らしてくれている動物達の中で、我々の実験動物はそちら側ではなかった。


今年は実験動物慰霊祭があるのかわからない。無くとも、その時期にはしっかり手を合わせようと思う。

最後に、いつか実験動物必要なくなる日を心から願う。

2019-03-29

anond:20190301221356

旧軍スッパリ縁を切っているはずの自衛隊さんが

 

海上自衛隊は、はっきりと日本海軍からの繋がりを表明してる筈。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%B7%E4%B8%8A%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A#%E6%97%A7%E6%B5%B7%E8%BB%8D%E3%81%AE%E6%8A%80%E8%A1%93%E3%83%BB%E4%BC%9D%E7%B5%B1%E3%81%AE%E6%89%BF%E7%B6%99

海上自衛隊創設50周年式典では、石川海上幕僚長が式辞で「われわれは、今後とも海軍のよき伝統日本財産として、堂々と継承してまいります。」と発言している。また、旧海軍慰霊祭海上自衛官が参列したり、音楽隊派遣実施したりすることもある。

 

あとは自衛隊売店回天キューピーとか売っていたし。

2018-07-21

anond:20180720234650

あとは、「流通が正常な状態慰霊祭」だな。

いかんせん、流通が詰まって物不足の状態では、送るべきものも選ばれるべきだということだと思う。

それならまだ金なら必要だったら買うということができるし、物流トラックも手配できる企業要望を聞いてただで納入するのはあり。

災害時のヤマザキパンはもはや名物になってるな。

2017-09-07

anond:20170907074452

西遊記では、唐の太宗が竜王逆恨みで死んで地獄に落ち、それは不当だと閻魔に訴えて生き返るんだけど、(厳密にはお詫びではないけれど)そこで寿命20年伸びる。太宗は生き返らせてもらったお礼に大規模な慰霊祭を催すことになり、その祈祷のために玄奘三蔵が登場するという筋書き。

他に思いつくのはガネーシャかな。主神シヴァの息子であるガネーシャは行き違いか父親に首を切り落とされてしまう。後悔したシヴァは捨てた頭を探しにいくも見つからなかったので、そこらへんにいた象の頭を切り落とし、ガネーシャにくっつけて蘇らせた。うん、これチートじゃねえな。

2016-09-04

http://anond.hatelabo.jp/20160904030955

それ、慰霊(死者を慰める)目的だけじゃなくて、同じことを繰り返さないという注意喚起意味もあるんやで。

から戦争関連の記念日総理慰霊祭に参加してコメント発表するだろ

2016-02-28

東北震災で死んだ人は幸せな死後を送っているよな

2011日3月9日は癌を患っていた私の母が安らかに逝った命日なんだが、慌ただしく葬儀の準備契約を済ませたところに大震災が来た。

葬儀社も震災による被害を受けて壊滅、列席予定だった人たちも多く亡くなり、私の母の葬式どころではなくなってしまった。

幸いにも遺体の安置されていた斎場は高台にあったので津波さらわれずに済んだが、生きているものが優先される中で遺体放置せざるを得ず母の遺体はそこに放置された。

ようやく母の遺体を回収したのは一ヶ月も過ぎた頃で、腐敗が進んで酷い状態だったので、葬式もあげずにそのまま県外の火葬場へと直行して、私の手元には小さな骨壷が一つ残っただけだ。

あれから5年が経過しようとしていて、震災で亡くなった沢山の方々を偲ぶ気持ちは私に当然あるし、友人や親戚も数多く亡くなった悲しみはある。

しかし何処か釈然としないのだ。

私の母が癌で死んだことを知っている人間がもう五年も経つのかと話題に上げ線香をあげにきてくれることは無いが、震災で亡くなった人は毎年のように慰霊祭やらで弔ってもらえる。

日航機の件でもそうだが、おそらく今後数十年以上はこの慰霊祭が毎年行われて、テレビ報道され、後世の人達震災で亡くなった方々を偲ぶことだろう。

だがそこに私の母は入っていない。

私は一人息子で、結婚もせず、ただ仕事にだけ生きてきた。

金はあるが数年後に迫った定年退職後の余生を考えると、母の墓を守る人は遠からずいなくなるだろうし、私を弔ってくれる子供家族はもういない。

人は同じように死んでいくが、私の母を弔う人間はいない。

なぜ大震災で亡くなった方々は毎年弔ってもらえるんだろうか。

311が近づいてその話題が毎年のぼるたびに私の心は嫉妬にも似た忸怩たる思いであふれるのだ。

死んだ人間には何の意味もないかもしれないが、すべての人が死ぬことを受け入れた上で指摘するなら、震災で死んだ人は幸せだ。

死んだあとも半永久的に弔ってもらえるし、それが忘れ去られるには相当の年月がいるだろうから、その間はずっと遺族や関係のない国民まで覚えていてくれて弔ってくれる。

私の母は、私は、遠からず誰も弔ってくれない無縁仏になるだろう。

寺に全額遺産寄進して永年供養をお願いしてはあるが、どうしても私の頭からもし母が震災で死んでいたら、と思わずに入られないのだ。

2013-06-29

日本では靖国問題が白熱していたがイタリアにおけるRSI

聖地と呼ばれる所は、戦後捕虜収容所があったコルターノや

ガルダ湖畔のペスキエラにあるピッコラ・カプレラなど数ヶ所あり

慰霊祭などが行われてきたが、世代交代とともに若いネオファシスト

も大挙して押し掛けるようになりやや問題になっている。

ただ、日本と違って祖国への歴史認識や問題意識は強いのは

いか。ピッコラ・カプレラの慰霊祭RSIヴェテランの孫や

ひ孫の子供の姿まで見受けられるのは、イタリア伝統的な

家族主義の現れだろうか?靖国での帝国海軍慰霊祭にも参加

したことがあるが、私のような世代をついぞ見かけたことはない。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん