「塩梅」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 塩梅とは

2017-04-19

TED日本語字幕つくりに協力したい

TED翻訳

AND

字幕作製

協力したい。

どうすればいい?

ヒヤリング駄目ぽなのでテキスト

貰えれば幸いです。英語のSRTファイル

もらってそれを機械でまず翻訳して

明らかに変なところを修正かけるって塩梅

2017-04-13

クマブログをやる時代

「ああ、やるよ、クマ最近クマネットぐらい嗜むって。あんたら若いのに、そんなことも知らないのか」

僕はその言葉を聞き、先輩と二人で青くなった。

話は二週間前にさかのぼる。僕は先輩と仕事帰りに安い居酒屋で飲んでいた。先輩は仕事面では頼りになるが、飲むといい加減なことしか言わない人だ。赤い顔をした先輩は、僕にスマホの画面をよこす。そこにはあるブログの画面が表示されていた。

「これ見てみろよ、クマだぞ、クマクマのくせにブログアドバイザーって、笑っちゃうよな。人間様がクマに教わってブログ運営なんで、二宮金次郎ビックリだな!」

二宮尊徳は薪を担いでいた人ですよ。クマ関係あるのは、金太郎のほうでしょう。まったくもう、そろそろ帰りますよ」

先輩は僕の言葉無視して、だらだらとつぶやく

「いいなー、クマ。巣にこもって一日中ネットやるってさ、最高の生活だよな。ーーああ、なんだか腹が立ってきたぞ」

クマクマって、これは擬人化というか、ただのイラストじゃないですか。実際にクマブログやっているわけがないでしょう」

「よし、決めた! 今度の土日は暇だよな。俺もお前も彼女いないし。山に行ってクマ退治しよう! ちょうどいい塩梅に、親戚にマタギがいてさ、人が足りないって話を聞いたんだよ。よし、頼もう! クマのくせにネットやるなんて許せないぞ!」

話は今に戻る。先輩の親戚だというマタギ先生は、変わった形をした銃ーーP90という、特殊部隊等で使われる短機関銃らしいーーを僕と先輩に寄越した。

「気ぃ付けなや。最近クマは強えぇぞ。いいもん食ってるからな」

先生はどっしりとあぐらを組みながら、呵々と笑った。先生の歯はほどんど抜けている。

先生の話によると、最近クマ市街地に住んでいるらしい。山岳まで開発の手が及んだ影響が大きいが、エアコンの発達により、冬でも冬眠せずに生活できるようになったことが移住の決め手になったそうだ。クマといえども生き物だ。食べなくては生きていけない。街での生活にはお金がかかるが、クマ人間に混ざって働くわけにはいかない。

クマが目を付けたのは、インターネット世界だ。インターネットではお互いの顔は見えない。手間も時間もかかるし、頭を振り絞る必要があるが、インターネットを使えばクマ必要生活費ぐらいなら稼ぐことができる。

「……ええっとですね、せんせい? 説明の途中で申し訳ないけれど」

ターゲットの家に向かう車の中で先輩が震えながら、先生に尋ねる。人のことは言えないが、銃の持ち方がサマになっていない。

「どうした。わからないことがあれば、何でも答えるぞ。もっとも、聞いたところで死ぬ奴はすぐ死ぬけどな!」

ひぃと、先輩は小さく悲鳴をあげながら、それでも質問を続ける。

「聞いた話をまとめると、特段人間様に迷惑をかけているわけじゃないですよね。退治なんか止めて、そっとしておいたほうがいいんじゃないでしょうか……」

馬鹿野郎、野生を忘れた獣は獣じゃねえよ。クマクマ人間人間。獣が人様と同じ暮らしをしちゃいけねえ。野生を思い出させるために、俺らマタギ市街地に押し入って、クマをとっちめるのさ。ーーおい、着いたぞ」

そこは一見普通マンションであった。ーーとてもクマが住んでいるようには見えない。車を鍵が付いたまま玄関に止めると、先生を先頭に階段を駆け上がり、目的地に向かう。クマが住む部屋の隣の部屋のドアをピッキングで開け、侵入し、ベランダに出る。そしてターゲットが住んでいる部屋のベランダに忍び込み、様子を伺う。中の様子はカーテンが締め切られており、よくわからない。

「おい、構えろ」と先生が呟いた後、先生の合図に従って僕らは窓に向かって銃を乱射した。銃の取り扱い方の訓練は軽く受けていたが、本番とは違う。僕と先輩は悲鳴に近い大声を上げながら、必死に銃を撃つ。

撃ち始めてからしばらく経った後、「もういいぞ」と先生が言った。中の様子は変わらない。とりあえず中に入るぞと、先生ベランダから家の中に足を踏み出した途端に、衝撃波が頬を裂いた。横を見ると先生がいない。空を見上げると吹っ飛ばされる先生の姿が見える。僕は幼児向けのアニメ番組正義の味方パンチ一発でやっつけられる悪役の姿を思い出した。

「お前ら、なにしに来たクマ……!!!

そのクマは巨体だった。全身が茶色の毛に覆われおり、ところどころ弾がめり込んでいるが、攻撃が効いている様子はない。獣の筋肉を震わせながら、眼光鋭くこちらを射抜く。

「ああ、お前達が銃を乱射したせいで、家の中がめちゃくちゃになってしまったじゃないクマ! あれもこれも! 朝食のフルグラも! ブログネタのため買った本も! ああ、パソコンまで! これから会社に行かなくちゃならないのに、どうしてくれるクマ!!!

人間に混じって働くクマもいるんだなと、はじめて僕は知った。

「あああ、寄るな寄るな、寄るなーーー!!」

先輩が銃を放つ。クマは動かない。先輩の放った銃弾は全て筋肉で受け止められる。クマは先輩の姿を冷ややかに眺めている。

「なにしてるクマブログアドバイザーである僕には、銃なんて効かないクマよ」

ブログアドバイザー? な、なんだよ、あのブログクマじゃないか。な、仲良くしようぜ、な。お互い長生きしたいだろ? 健康のために、運動瞑想野菜350グラム毎日欠かさずって、えええ!?

先輩の言葉を待たずに、クマラッシュが先輩の全身を撃ち抜く。目にも止まらぬ拳で先輩をボロ切れにした後に、先輩の頭をつかんでは振り回し、空へと放り投げる。さきほどの先生の飛翔より、距離は出ているようだ。

「その睡運瞑菜とか抜かす奴に、僕のブログがどれだけケチ付けられているか、知らないのクマかな。ところで、お前」

クマの巨大な黒目がこちらを見る。腰を抜かした僕は、立ち上がることすらできない。

「この落とし前、どう付けるつもりクマ……!!」

僕は目を閉じ、合掌した。僕の無謀な冒険は、ここで幕を閉じる。二度と幕が上がることはないだろう。ああ、野生の力はおそろしい、おそろしい。

2017-04-01

アイスクリームって何を食ってんだろう?

アイスクリームのテキスチャーの秘密って

まとめると以下のような塩梅か?

空気を抱き込んだ固体脂肪

つぶつぶ氷

脂肪・・ってのが固体とはいえ、氷のような硬さではなく

柔らかいんが秘訣なのかな?

2017-03-31

http://anond.hatelabo.jp/20170331075950

物語で描かれる恋愛依存とか歪んだ愛情表現に傾倒しがち。

涙流して泣き叫んだりだとか、必死になって追いかけるとかな。

増田はい塩梅の好きだと思う。

2017-03-29

レグテクトジェネリック 飲酒状況

昨晩は、レグテクトを服用しなかった。

飲酒状況↓

ウイスキーハイボール 5㎗という塩梅か。

チェーサー代わりにソーダだけでドリンクたからな。

飲酒しちゃったよ!!

今日は、休肝日にするぜよ

平日は一日おきに休肝日飲酒日のゴールデンローテ

にしたらいいかな?

例えば、月水金が休肝日。その他は飲酒

( ^ω^)・・・

金曜日休肝日なのは きついわ。

日曜火曜木曜が休肝日で月水金土が飲酒

ってのはどうだらうか?

今週は水曜と木曜を休肝日

今日明日我慢

2017-03-24

電子体温計端末の朝増田酢魔差あの積まん体験追い他心で(回文

まりにも早く寝すぎたせいで

昨日ははっと起きてみたらまだ昨日だったという、

1日がまだ終わっていないのに、

日付が変わってないのに超早起きした気分。

流石に、あと何時間か寝れるわって寝たんだけどね。

朝起きて

電子体温計端末を手に取り

体温を測ってみた。

まりにも早く測れるそれは

3秒という信頼してもいいのかしらと思ってしまうほどの早さ。

とりあえず、

3回測って平均値を出すことにしたわ。

平熱。

念のためもう一回、

測ろうとした矢先、電子体温計端末の電源が切れる。

電池切れかしら?

ガッデム!

私はそのあまりにもばつの悪いタイミングに怒りを覚え、

その電子体温計端末を窓から放り投げ捨てた!

でも、

その電子体温計端末には

テニスを一人で練習する人が使うボールのように

ゴム紐が付いているタイプの最新の電子体温計端末だったので、

投げ捨てた瞬間、即、手元に戻ってきた。

私は反射的にその電子体温計端末を素手で掴むと思わず言ってしまった。

ガリクソンかよ!!!

まあ、そんな私は元気って訳。

昨日は、早々に事務所を出てあとは若い娘に任せてしまたから、

今日はとっておきのスイーツでも差し入れしようかしら。

ティーテイムが楽しみだわ。

うふふ。




今日朝ご飯

またまたポテサラサンドタマサンド

サンドイッチテーマパークみたいな、

サンドイッチランドって言うのがあったら行ってみたいわ。

デトックスウォーター

今日はホッツ白湯アンド梅干しよ。

いい塩梅だわ。

養生しなくっちゃ。




すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-03-21

なんだか頭が回らなくて、でも作業しなくちゃということで何か打ち込もうとするのだがいろんなことがチラチラしてなにも思いつかず

頭がショートして「あああ」と打っては消すというヤバげなことをしばらく繰り返していた。

あれもやらなきゃこれもやらなきゃあれどーしようと頭の中のメモリを食いつぶしている心配事や不安がいくつかあるような気がするので、

これは大丈夫やぞとか、今別に考えんでもええぞと棚卸し明確化すれば少しマシになるだろうか。



所持金134円

不安になってるけど会社自販機お茶(110円)買っても24円残る、お茶が買えるなら今日会社にいる間はとりあえず問題ない。

帰りにおろせば大丈夫



ごはん

コロッケonごはん状態で食べきれなくて残ってしまっているものを今夜何とか食べないといけない。

とりあえずラップかけておいてあるけど、卵とじ的な何かを施せば食えるだろうか?

美味しく食べるアイデアを思いついてないのがすげー不安なんだけどとりあえず今は置いておいてもいい気がする。



洗濯乾燥機フィルター掃除

昨日乾燥を使ったけど掃除し忘れた気がする。家に帰ってから確認すればいいから今は考える必要なし。



作業優先度

一旦区切りがついてるけど少し手直ししたい先週末までの作業Aと今日からやり始める予定の作業B

どっちから手を付けようか迷ってしまっている、Bからやってとりあえずスケジュール遅延を避けるべきか?

でも作業Aが昨日から頭の中にずっとこびりついていて、なかなか離れられない、昨日はそれで寝れなかったし

せっかく頭が整理できてきたのに忘れてしまいそうなのも怖い

なにをどう手直しするつもりだったのかまとめる作業だけやっておいて作業Bに取り掛かって後から作業Aをやるというのがいい塩梅っぽいのだが

でもまとめるのに時間がかかってたら新しく無駄作業生み出しただけで時間無駄なのでは感

っていうかこの頭の中の整理に時間をかけなきゃいけない時点で時間無駄なのではなかろうか

しか自分はこうしないと半日でも数日でも平気で頭の中がアバババってなったまま何もしないで固まってることがあるのもまた事実でごわすし

って言って何もできてない時間がまた増あああああああ

2017-03-09

仕事がうまくいきすぎて怖い

俺は、スケジューリングがクソ下手だ。夏休みの宿題計画的にやった試しがない。そもそも時間把握能力が末期的に低い。一週間が七日周期であることを実感できるようになったのはごく最近だし、一ヶ月がおおよそ四週間で構成されている実感にいたっては、三十代になった今でも依然ふわふわしている。多分調べれば何か名前のある症状なんではないか。少なくとも、俺自身自分時間把握能力の低さに、日々苦しんでいる。

もちろん、言葉にすればわかる。一ヶ月は四週間とちょっとだ。でも、その四週間というのは、つまり、その、つまるところ何週間なのだ? 大金すぎる金と一緒だ。俺は十億という金を具体的に想像できない。いったい、それはねるねるねるね何個分の金額だ? それはどのくらいすごいんだ? 同じように、一ヶ月という時間は、俺にとっては膨大すぎる。一年ともなれば、もはや天文学世界だ。そのくせ、膨大な割に時間はあっという間になくなる。そんなところまで金に似ている。

何よりも恐ろしいのは、そんな俺が今や会社で億規模のプロジェクト責任者であるということだ。かつ、俺のスケジュール回しへの評価が意外に高いことだ。冗談じゃない。ガントチャートに引かれた線への実感はいまだにない。二十人日ねるねるねるね何個分のすごさなのかは、今も闇の中だ。ただ、わからなくても、方法論は知っている。中国語の部屋の中で、規定されたプロセスに従って俺は反応する。人員の進捗状況がこうならこうする、ああならああする、そういうミクロテクニックと、「なんか先にこれやっといた方がいい気がする」という理屈レスのおまじない経験則の集合だ。その積み重ねで俺のプロジェクトは俺自身理解を置いてきぼりにしたまま安全に進んでいく。

でも、俺は腑に落ちない。もっといえば、不安だ。ドーバー海峡を溺れながら渡りきったみたいな気分だ。本人が一番どうやって渡りきったのかわかってない。再現性があるか保障がないし、いつか崩れさりそうで怖い。仮に再現性があったとして、いつでもドーバー海峡を渡れる保障があるとして、「よーし、今からちょっと溺れながらドーバー海峡渡ろう」という気分にはなかなかなれない。溺れるのは、疲れるのだ。泳げる人がドーバーするべきだ。しかし、ドーバー海峡を渡れるのは俺だけだという。泳げる人間ドーバーを渡れず、渡れる人間は泳ぎ方を知らない。だから、仕方なく俺は今日もよくわからないままドーバーで溺れている。

あと、俺は喋りがクソ下手だ。トークがつまらないという意味ではなく(否定はしないが)、吃音なのだ若い頃、ちょっと働きすぎて職場でぶっ倒れて以来、舌がもつれるようになった。おかげで、客にしょっちゅう聞き返される。こんな俺が客前に出て次期案件とか取ってくるのだから、世も末感がある。もっと喋れる奴が前出てくれとよく思う。俺の喋りを100%漏れなく聞き取れるのは、俺の把握している限り、二歳離れた俺の妹だけだ。

はいえ、不満があるかといえば、そんなにあるわけでもない。なんだかんだ会社は俺を評価してくれている。上長からの覚えもめでたく、現場士気は高く、仕事はこう書くと嘘くさいがやりがいがあるし、なんだかんだ楽しい給料は任されてる仕事に比べるとちょいと低めだが、あまり上がると責任もセットで追加されるので、悪くない塩梅だと思っている。悪目立ちするな、しない範囲で右肩上がれとおまじないをかけている。休日バンドボーカルしたり、同人描いたり、LT会に参加したり、友人と飲んだりしている。悪くない。全然悪くない人生だ。

ただ、そういう意味での不満はないが、思うのは、皆もそうなの?ということだ。ドーバーで溺れているのは俺ひとりなのか。意外にみんな一ヶ月は十億円と同義なのか。身体的ハンデと戦いながら、客前に立っているのか。あんなさりげない顔をして。みんなも実はそうなの? おまえは俺なの? もしおまえが俺の同族だとして、俺はこんなだるんだるんな俺がうまく立ち回っていられてる仕組みが全然わかんないんだよ。この惑星公用語は、俺の言語帯と全然さらないよ。被さらないまま、なんでか先頭を走っているこの状況の不思議さだよ。世界にかつがれてる気分だ。いつかハシゴが外されそうで怖い。

でも、そうなったら、少し安心する気もする。

2017-02-13

[] #15-1「返し返し」

バレンタイン営業戦略から始まったらしい大衆文化は、今や欠かせない一大イベントである

そして社会に浸透したそれは、様々な側面でもって人間喜怒哀楽を彩る。




とある会社の休憩室。

午後のひとときではあるものの、今日は一風変わった様相を呈している。

職場社員たちからの、一斉バレンタインチョコ贈呈である

父はそれらを受け取ると、他にも同じ品を貰っている社員を眺めていた。

学生の頃、男たちの見栄やステータスになりえたものが、いまや社交辞令アイテムというのも、中々に感慨深いものだとしみじみ感じていたのである

ところが、こういった文化をただ「そういったものだ」といった風に飲み込めず、馴染めない人間も少なからずいる。

「うう……やはり来るのか」

同僚のフォンさんがそれにあたる人物だった。




はい、フォンさんもどうぞ」

差し出されたチョコを見て、フォンさんの顔は引きつっている。

チョコが食べられないだとかではなく、ただ「何かを貰う」という行為全般精神疲弊しているからだ。

「は、はい……ありがとうございます

それでも体裁を保ちつつ、フォンさんは社員たちのチョコを受け取る。

そうして全員に行き渡ると、社員が持ち場に戻り始めた。

それを確認した後、フォンさんはおもむろに胸ポケットに入れた手帳を取り出した。 

貰った相手名前、貰ったものを書き留めているのである

マメですねえ、フォンさん」

「覚えておかないと、ホワイトデーの時に痛い目を見ますからね」

その発言に父は軽く笑おうとするが、フォンさんの大真面目な顔と声の調子に思わず息を呑んだ。

「笑い事ではありません。これを間違えると、“お返し”の無間地獄に陥るんですから

無間地獄……」

「貰ったものに対して、相応じゃないもの相手の心象を悪くします。安いものダメですが、かといって高すぎるものホワイトデーに“お返し”したら、それを埋めようと“お返し”をしてくる可能性があります。そしてワタシはそれに対して、また“お返し”をしなければならなくなる、ということです」

父が接するようになって気づいたのは、フォンさんはこういった世俗に酷く敏感なことであった。

「うう……チョコが欲しいだなんて一度も言ったことはないのに、それを貰って“お返し”も強制される。だからこの文化は嫌なんだ」

「いやいや、フォンさん。『強制』だなんて、重く受け止めすぎですよ」

「マスダさん。心にもないことを言うのは社交辞令の基本であることは知っていますが、今この場で会話をしているのはあなたとワタシだけだ。そういった無意味な取り繕いはやめていただきたい」

「取り繕いだなんて……滅相もない。なんなら“お返し”なんてしなくてもいいんですよ。彼女たちはそんなこと気にしません」

「『気にしない』んじゃなくて、『気にしないようにしている』んですよ。そんな言葉鵜呑みにして“お返し”をしなかったら、十中八九ワタシを心の狭いケチ人間だと軽蔑する。強制ではないといいながら、その実“お返し”を当たり前だと思ってるから、そういう考えになるんだ。それは、つまり社会通念上の強制なんです!」

フォンさんは神経症気味だったが、実際問題としてその側面を父は否定できないのであった。

こういった社会通念をフォンさんに説いてきた張本人なので尚更である

事態をどう受け止めるかの、丁度いい塩梅なんて分かりはしないのだ。

(#15-2へ続く)

2017-01-27

塩梅

うそう、こういうのがいいんだよ、とうなづきながらご飯を食べた。

からすぎずあますぎずちょうどいい塩梅の……

うん? 塩梅って塩と梅だからしょっぱさにしか使っちゃダメ

おう、語源博士たちが集うはてなブクマカーと増田たちよ、クソ雑魚ナメクジたる我に知識を与え給え!

2017-01-25

豚汁が美味しくない増田と書いたイカと出す舞無く市イオガル陣と(回文

ずいぶん前にここで、

自分の作った豚汁が美味しくなかったって書いてたんだけど、

あれって、もう忘れちゃったけど、

美味しくなかったのかしらね

でも、どう考えても豚汁って美味しくできると思うんだけどなぁ。

またチャレンジしてみようかしら。

ところでさ、

取扱説明書って

あなたは読む派?読まない派?

私はどっちかというと読まない派、なのよね。

ま、一応製品信頼してるし、

普通の使い方だし、

いざとなったらイルカエスコートしてくれるしね。

なんでも、

読む人はマニュアル通りにしかできない人、

読まない人は臨機応変、応用が利く人、

ってざっくり何かのどっかで言ってたのをチラッと聞いたけど、

本当なのかしらね

そういや、

あんまり私レシィピ本の分量とか真面目に計って入れたりしないし、

それが原因だったのかなー。

豚汁美味しく出来なかった理由は。

今度ちゃんと調味料を計ってやってみようかしらね

しっかり読んでみましょう。

と言っても、私んち料理の味の塩梅って言うくらいだから

調味料、塩と梅しかないのよね。

計り知れないわ。

あと、私の偏見かも知れないけど、

漫画クッキングパパ好きな人の得意料理は、

だいたいはハンバーグよね。

これって、

トリビアの泉トリビアの種で調べて欲しいわね。

うふふ。




今日朝ご飯

サンドイッチよ。

いつも変わらない味、

玉子がいつもヤミーよ。

最近ちょっと食べ過ぎたので、

ガッツリ系のスープ飲みたいけど罪悪感。

お昼も一緒に買って春雨スープしましょう。

春雨スープの罪悪感のNASAは異常よね。

NASAでの宇宙食の人気スープなんだって

デトックスウォーター

梅ホッツウォーラー塩昆布入り。

味決まったわー!

ごくごく飲んじゃったわ。




すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-01-24

ローグ・ワンを見て最近百合アニメを想起する

ローグ・ワンにはさ、女主人公ジンと準主人公のキャシアンってのが出てくるじゃない。

映画の本筋は帝国軍に対し僅かな希望をつかもうとする反乱軍の話なんだけどさ、

もう一つの軸として最初いがみ合ってた二人の心がつながっていくっていうのがあるじゃん

色々合った末最終的にはお互いに抱き合って最期の時を迎えるんだよね。

これって完全に恋愛映画文法なんだけど劇中では恋愛感情があるとは明言しないんだわ。

パシフィック・リムも同じような描写だったけど、この塩梅って最近百合アニメに似てると思う。

作劇や演出は明らかに恋愛映画のそれだし、同性同士で性的視線を向けているという描写であるのに、

恋愛感情があるとは決して明言せず友情や崇拝という言葉でその関係性を表現する。

こういうのって恋愛要素を排斥したいというわけじゃないと思うんだよね、

描写も消費のされ方も恋愛要素そのものなんだし。

なのに恋愛という言葉だけを排斥するというのはなぜなのだろうか?不思議現象だ。

2017-01-14

[]

今回は最近読んだ漫画からいくつかセレクト



まず最初。たーたんを読んだ。帯に"童貞×JC≒父娘?"っていうなぞの式が書かれてた。心ヒリヒリコメディと銘打っていある通り、笑えて面白いんだけど、どうしようもなく切ない気持ちにさせられる漫画に仕上がっていた。

ネタバレになるけれど、今作は血縁関係のない男女が父子家庭を演じている。そんでもって、その偽りの親子関係を続けようにも、とある理由によりあと一年関係を解消せざるを得ないことが提示されている。

切ないのが、その事実を知っているのが偽りの父親だけってところ。

赤ん坊のころからたーたんに育ててもらった娘は何も知らないし、関係性を疑ってもいない。母親のことも、自分を産んでからすぐ死んでしまったと聞かされているもんだから、ずっとそれを信じていた。

たーたんは何度も何度も真実を伝えようと思い至るんだけど、優柔不断で気弱なもんだから思春期を迎えた気難しい娘を前についつい口をつぐんでしまう。

加えて思春期になった娘は娘で、いろいろと想像して、母親は実は生きているんじゃないかとか、たーたんが情けないから逃げられてしまったんじゃないかとか思い始めてしまう。

全体を通して一方だけが破滅へと向かっていることを認識している、ある種のモラトリアムのような状況が描かれているわけなんだけど、何も知らない無垢普通少女と、お人好しで気が弱いけれど一人前にお父さんやってきた男性との交流が微笑ましいものから、余計と切なくなってしまう。

親権問題やら、都合のいい父親像やら、創作じみたところは結構ある気がするけれど、それらをあまり感じさせないのもすごい。

ちょいと前にはうさぎドロップが評判になり、その次には甘々と稲妻アニメになったけれど、今度はこのたーたんがくるかもしれない。

わきを固める登場人物についてのエピソードもいろいろありそうなので、今後とも目が離せない。

願わくば、表紙の二人が笑顔を浮かべる結末が読みたいです。



次。女房、きつね仕立てをよんだ。最近はやっている異種交流譚を扱った作品表題作短編三作からなる単行本だけど、人外との恋愛要素がほとんどないのが特徴的だった。

ところどころに挟まれギャグ最近表現っぽいなって思う。なんて表現すればいいのか。とにかくそれっぽい。

加えてなんだか絵が少女漫画っぽくなかった。いや少女漫画なんだけどレーベルが違う。アスカなんかみたいに、男性陣がアクション冒険なんかをするレーベルの絵柄っぽく感じられた。

総じてケモノたちが可愛らしかった。キュッキュて短編結構ブラックジョークが効いてると思ったし、ぬしさまの不気味な存在感も素敵だった。



次。第七女子会彷徨の十巻を読んだ。まずもって今までもいろんなことをやってきた漫画だったけど、最後最後までメタやらクトゥルフっぽいのやらハチャメチャにやり切った漫画だった。

一つ一つのエピソードに描かれているギミックなり表現手法なりがころころ変わるので、連作集なんだけど短編集のようにも読める作品だったと思う。

一応一巻から読み直してみるとあれがこうなってそれがどうなるのか新しい発見ができそう。ただ結構読者を突き放して突き進む漫画なので、いまは気が乗らないかなあ。

とにもかくにも完結おめでとうございます



次、うちのクラス女子ヤバいの一巻と二巻を読んだ。確かにヤバかった。でも、ものすごく微妙なヤバさだった。中には強烈にヤバいのもあるけど、そこまで重大な事件にならないのがゆるい。

そこらへんの塩梅が作者の特色なんだと思う。食べた人の記憶を一日分だけ消すおにぎりとか、イライラすると手のひらが軟体生物化してしまうのとか、ヤバいけど影響はそれなりだった。

むろん過去にはそれらの能力を強化しようとしていたらしき描写もあって、今後どう展開するのかがきになるところではあるのだけれど、

個人的に、二巻のかわいいものを見るとぬいぐるみになってしま女の子の話と、困ると体の周りに花が咲いてしま女の子の話がよかった。

一巻にある心身の同一性問題を抱えているような人物の描き方や、二巻の終わり方なんかも緩さの中に確かな芯がある感じがして素敵。続きが楽しみです。



それはそれとして、タニス・リーの死の王を読み始めたんだけど、闇の公子を読んでいないことに途中で気がついて結構後悔した。

明確なつながりがあるのか定かじゃないけれど、やっぱり刊行された順番に読みたい。よって死の王は少し読書を中断し、闇の公子を先に読破することにする。

平らかなりし地球物語は、ほかに第三集と第四集と外伝があるみたいだけど、入手が困難なのだそう。面白いのかなあ。全部集めて読みたいなあ。

2017-01-12

増田に書けばフィクションって事で済まされるよね! 35

さて、松の内も終わって今年も一段落

毎年この時期はバイト含め故障者リストが凄い事になるもんだが、今年は…まだマシなのかね。

あ、ちなみに神主になるにあたって信仰心の有無とか問われる事は一切ありません。

休むのが当たり前の暮れ正月に皆が遊びほうけてる横で死ぬような思いして正月間中ぶっ続けで働くってのは高い理想と篤い信仰心のない奴にはとても勤まらなかろ、って判断らしい。

いやいや、別にお金生活費の為であれば誰でも働けると思うんだが。違うんかね。

まあ人間誰しも、自分が就いている仕事や属してる業界世界で一番多忙で大変な仕事だと思うもんだ、って事なのかねぇ。

こっちは斯界以外も知ってるしもちろんそれ以上の辛酸も舐めてきたから(でなきゃ斯界になんざ来ねえよ)、お正月神社多忙を極めるにしても世界で一番大変な職場だとはとても思えないが。

暖房効いた室内で寒い寒い言いながらあっつい甘酒をふうふう言って啜りつつこなせる仕事を激務と呼んだら、これまでに斃れていった世の大勢社畜達の英霊が浮かばれぬものよのう。あと誰だよ甘酒ハチミツ入れるってアイデアを思いついた奴は。天才か。




もちろん参拝客にも客単価っつーものがあり、また賽銭単価というものがある。

それこそさっき書いたような俺も毎日買っている甘酒の売上(自腹)のような収益事業収益祈祷や神札御守り授与や賽銭などの宗教法人事業の社入、それらをひとまとめにし、

その額を当該時間帯内の推定参拝者数で割ったものが、おおまかな参拝客の客単価となるわけだ。

同様に、賽銭単価は賽銭収入を当該時間帯内の推定参拝者数で割ったものである

で。賽銭単価というものは当然ながら“財布の中に入っている事の多い貨幣”の価値比重が大きくなりがちだから、額に多少の変動はあれど比較的安定しており、想定の範囲内に収まるものなのだが。(財布に入っている可能性の高い、あるいは枚数の多い貨幣はどうしても100円10円となりがちなため、賽銭における比重も大きく、賽銭総額も平均額もその二つの硬貨に大きく左右される)

客単価がなあ。

想定していたよりも少ないんだよなあ。




基本どこの神社も、よっぽど変わった事がない限り毎年それほどデカい参拝者の変動はないもんだから、だいたいどのくらいの数の人がくれば、どのくらいの社入がある、ってのはもう見当がついている。

そのデータに従えば、別に細かく計算せずとも例年の客単価は出る。○○○万人きたから今の社入はだいたい○○○億、○○○億を○○○万人で割れば例年の客単価平均額は出てしまう。

ただこれが少ない。想像以上に少ない。

より端的に言うと、みんな神社に来て賽銭は入れるしおみくじは引くんだけど、御守りやお札を買うのは全員ではなく、また縁起物を受けたり祈願を受けるのはごく一部、となる。

賽銭おみくじ+御守り1ヶ、くらいの客単価を想像してたんだけど

それよりはもう少し安かった。





社入が不十分とはまったく思わないんだが、どうも客単価の低さが気になる。いや斯界においちゃ普通の額なのもしんないが。

うーん、やはり金使わせる仕組みが足りないのかねぇ。

正月神社はクソ寒いから皆速攻で帰っちまうんだよねえ。当たり前だが。

正月は不便を楽しむもんだから寒い寒い言いながらえっちらおっちら参拝して鼻水すすりつつゾンビみたいにあーうー言いながら寒い境内うろつくのが醍醐味なんだろうと思ってたが。

やはり高齢者ゆとりに優しい、あたたまりポイントというか採暖所というか人をダメにする焚火みたいのを境内至近に設け、まるで八甲田山死の彷徨のごとくピクリとも火のそばから動かない強固な意志を示す人々が気軽に手に取れるような温かい食べ物飲み物がそばにあったら収益上がんのかねえ。

まあやり過ぎると人の波がそこで止まって境内にまったく人が上がってこなくなるのでその辺は塩梅ですが。




どんど焼き風の庭“火寮”設けといて、炉端焼きっぽく棒に刺したモチとか箱に入れて置いといたら売れそうかねぇ。

というか参拝者が持ってくる古い神札類を燃やすお焚き上げの火によって参拝者自身が温まれシステムになっていれば一番いいんだが。

火種も大量に確保、参拝者も採暖でき、神社側が費やすお焚き上げにかかる労力も大幅に軽減される。

東北あたりのどんど焼きが確かまさにそういうシステムだったが、あれって実はよく考えられたシステムだったんだな。皆がめいめい持ち寄った古神札類をまとめて燃やして暖を取りつつモチ焼いて食う。

実に無駄がない。

これ正月神社でやれればなあ。





来年あたり当社でもやれないかなあ。さすがに無理かなあ。

2016-12-27

bouillon

スペルはあっているのか?

ブイヨン

ブイヨンで煮込んだらええものってなんや

揚げない豚天ぷらは、見送りとさせて頂きます

カレー用の肉を、あそこで購入して

休みに仕込もう。

そしたら夜に戻った時に食える。ちょうどいい塩梅

そうや そうしよう

マリオラン

■現状

課金済み

ワールドツアーカラーコインピンク、パープル、ブラックコンプ済み

スペシャルコース全部クリア済み(全部ルイージで)

キノピオ人数7500人前後

建物特別ものならとりあえず全部置いた

感想

ワールドツアー

課金で遊べた箇所は簡単だったけど、ステージが進むに連れてミスが増えていったので、いい塩梅ステージ設計だったんじゃないかなと思う。

ワールドツアークリアしてないあたりは操作も慣れてないので苦戦した。

一番苦労したのはお化け屋敷系のステージギミックのあるステージはやっぱりめんどくさい。

カラーコイン回収

一通りワールドツアークリアしてからこっちに取り掛かった。

ピンクコイン簡単だったけど、パープルはややめんどくさい位置に置いてあって、ブラックちょっと特殊操作必要になったりする。(壁蹴り→敵踏みつけで戻るとか)

スターが切れるまでに到着しなくちゃいけないやつが特にしかったので、諦めてミスした時の無敵時間を利用してゴリ押し

あのコインどうやってとればいいんだ?みたいな試行錯誤は楽しかった。

スペシャルコース

カラーコイン一定量集めると建設できる土管に入れば遊べるコースランキングとかもなく、遊ぶだけ。

ピンクコインコースとパープルコインコース簡単だったので印象に残ってない。ブラックコインコースだけバカみたいに難しい。

ルイージが使いやすかったのでルイージクリアしたけど、他のでできる気がしない。ブラックコインコースヨッシークリアできる人いるんだろうか。

キノピオあつめ

最初こそ面白かったけど、だんだん数が増えていくにつれて作業になってきて辛かった。

配信から時間がたつにつれてみんなもうまくなっていくから最近だと1ミスで致命的になるケースがあると負ける。

更にスターを取ると大量のコインが手に入るので、それがあるコースではスターを取り逃すと負ける。

しかもそうやって苦労して集めて、一番条件が難しいケーキを手に入れても「お祝いしましょう!」という文言が出て終わり。なんだかなあ。

それ以降キノピオを集めても、今のところなにも起きない。もうないんだろうか。だったらスタッフロールでも見せてくれたら良かったのに。達成感が薄い。

建物配置

特殊建物以外が配置できるようになってもSNSで見せるとかできるわけでもなく、キノピオから要望が来るとかでもないので遊ぶ価値あんのかなと思ってしまった。

触ると反応はするけどもそれで「わあ面白い」ってならなかったのは俺がおっさんからなのかなあ。

城をタップすると過去の姿みたいなのが見れたから、それにあわせて作ってみたが何も起きず。なんやねん。

2016-12-14

http://anond.hatelabo.jp/20161214000553

さすがに全キャラ全組み合わせは読んでないですが、自分が使ってたキャラの好きな組み合わせは大体読んでますよ。

特に百合好きなので、マイユニと親世代女性キャラの組み合わせは、Aまで頑張った。

(中盤でレベリングに飽きてきちゃったので、サイリと子世代はまばらですが)



その上で、もう少し考えて見たんだけど、これは単純に僕が知ってる他のゲームが文量ありすぎなだけかも。

ノベルゲーと比較したら文量少ないのは当然のことで、むしろそれぐらい量があったらシミュレーションゲーとして破綻してるし、

じゃあ僕が知ってるシミュレーションゲーって何? っていうと、まず思いつくのがスパロボで、

スパロボ原作ありきだからゲーム中に描写されない原作の重みも乗っかってきてて比較対象として不適切な感じだし。



って思うと、FE覚醒シミュレーションゲーとしては、相応しいもしくは多い文量なのかもしれないですね。



ただ、その、キャラクタ属性とか自己紹介は十分伝わってくるんですが、それが肉付けされてない感じだったんですよ。

例えば、後半で主人公自身の命と引き換えに敵を倒す的な所がありますけど、そこの前にサモンナイトとかでいう「夜会話」的なのが欲しかったわけです。

しかすると、もう本当に大前提の話になっちゃますけど、支援会話って、こうストーリーに関わる内容じゃないのが、

いまひとつピンとこなかった理由かもですね。

結局、支援会話って、キャラクタを入れ替えながら、自己紹介的なキャラ属性を紹介するショートストーリーしかなくて、

僕が欲しいのはそのキャラクタFE覚醒っていう物語とどう接するのか? みたいな所が欲しかったのかなあ。

でもじゃあ、シナリオ本編でのセリフを増やすと、学芸会ちっくに一人一言喋って交代みたいな感じになってダサいかもですね。



うーむ、気軽に言いましたけど、確かに難しいですね。

個人的には、原作きじゃないオリジナルスパロボOGシリーズが、ちょうど良い塩梅だと思ってるので、その辺に思いを馳せるともう少し言語化できるかも。

2016-12-13

オタクは外見の自我が芽生えない方が幸せ

知り合いのオタク女に相談された。

眼鏡をかけてるからオタクっぽく見える」

まあこれは真であると言える。私も家で眼鏡をかけてる時はありえん陰キャブスしか見えないので眼鏡破壊力やべぇなといつも思っている。顔面偏差値70とかの美人眼鏡をしても美人のままだが、偏差値50前後の奴が眼鏡をしたら基本的にはオタクに見える。

なので、これに対するアドバイスは一つしかない。

コンタクトにしたら?」

オタク女は反論してきた。

「そんな金はない」

「私は月2000円で使い放題のプランに入ってるよ。月2000円だったら用意できるんじゃない?」

「嫌!2000円あったらペダステ貢ぐ!」

いやそれどうしようもねえじゃん……

なんでこの堂々巡り議論に私が付き合わされてるんだ。

結局優先順位とかそういう話で、外見かオタクコンテンツかどっちかしか選べないんだよ。どっちかしか選べないは盛ったにしても、塩梅を決めるのは結局自分で、お金をかけた方に結果はついてくるんだよ。

私が非オタという訳ではない。私だって好きな声優CD積んだり円盤買ったりしてるしそれなりにオタクだ。

でもそれと同じくらい外見にも金と手間をかけている。コンタクトに始まり、縮毛矯正、毎朝のヘアセット、化粧、服、靴……それなりに自分に「課金」しないと「オタクっぽくない」は手に入らない。

外見に課金する気のないオタク自我が芽生えないで一生しまむらユニクロを着てる方が方が幸せだ。

変に自我が芽生えて「オタクに見られたくない!」って思う癖に金をかける気がないのはわがままにも程がある。

2016-12-08

炎上自動生成エンジン

定期的に炎上ネタでっち上げAI作ったら

ネット民攻撃欲求をいい塩梅で調整してくれて

平和な世の中になるんだろうか。


ネタに食いついてきたらいい感じでリアクションして

炎上を加速させつつ

身バレしないように火力の調整も効かすようなやつ。


というダークな想像をしてしまった。

2016-12-05

政治はだめだけど「政治家の話はOK」という境界線

政治家の顔つきとかしゃべり方とかそういう話はしてもいいけど

政治のものに触るとNG、そんな塩梅だと思ってくれていい

2016-12-04

シオノメヤグラ14ヶ月ぶり復活が1大イベント化してて凄い

なるほどこういう食いつなぎ方があったかと感動すら覚える


実際やってみると「あれ?確かに攻めは急だけど封印するほどか?」みたいな塩梅で割と良ステ感ありで、楽しかったぞ。楽しかったぞ。

2016-11-02

パン捏ね

パン生地を捏ねなくてもいいけど

Treverみたいに生地をまとめられるように

なりたい。

たぶん彼の場合オートリースしてる間に

グルテンが出てきて、捏ねなくてもまとまる

ってな塩梅だと拝察。

ミキシングした直後はなかなか無理だろうけど

小一時間(懐かしい単語だ!2ちゃんねるか)

待てば、Treverできると推察。

自己満足だけだけどね。

どうせ後で型崩れするし・・・

2016-10-19

タクシンがセーフ認定すれば国王がアウト判定するいった塩梅ではあったが。

タイ王国はどうなってしまうのだろうか。

2016-10-09

[]

今回は裏サンデー

グッド・ナイトワールド 38話

予想以上に、事情を知っている人物だったか

知りすぎている気もしなくはないが。

ギルド仲間が実は人工AIで、その人工AIを守るために人権を得るっていう理屈はまあいいとして、その後がぶっ飛んでいるな。

いや、人工AIではなくて、人間というものを再定義するっていう理屈はまだいいんだが、そのためにやることが黒い鳥を使って仲間を犠牲にしているわけだからね、事実上



レア装備の似合う彼女 11

脳みそ吸い取るとか、また高度なプレイきたな……。

ゲーム的なノリの延長線上だからこそ出来ることというか。


劫火の教典 10

つの教祖ができる、その人格形成含めてそれっぽいエピソードをちゃんと作っているのは感心する。

理屈幻想狭間塩梅絶妙というか。



ドルクエ! 8話

なんだ、このリレー小説みたいな展開。

辻褄がある程度あればいいみたいな作風

2016-10-03

ゆめちからの捏和性に関する江戸流水回しの効果

ゆめちからという国産小麦

ゆめちからは、国産にしては珍しくたんぱく含有量が多いので

結構こねなければならないという通説。

http://ameblo.jp/niyaseki/entry-11192199084.html

仮説

水回しを正しく行えば、こねなくても膨らむか?

一回くらいはstretch n foldしてもいいとする。

ハイレーションは60%で、バターは4%で実験してみた。

バターはstretch n fold時に追加した。

結論から言うと、膨らんだ。

これくらいのHydrationだと、ド~(dough)も扱いやすい。

特に我が家トースターは、焼減率が低めなので、

焼き上がりもよい塩梅となる。

焼きたても無理なく食える。

high Hydrationだと焼きたては「べたべた」で、

どうしようもない時がある。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん