「十人十色」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 十人十色とは

2017-03-15

私はかつて差別主義者だった、『けものフレンズ』を観るまでは。

 私はかつて差別主義的なケモナーだった。

 ご存知のようにケモナーには様々な派閥存在する。

 メスケモ派、オスケモ派にはじまりマッチョ派、モフモフ派、デブ派、ショタ派(なぜかロリほとんど見ない)、モンスター派(極左人外連)、トランスファー帝国肥大化公国、融合辺境伯領、ロイヤル竜奇兵連(ドラゴナーズ)、爬虫人類委員会レプタリアンズ)、キグルミ派、母性探求派、海生動物会議(「海の人々」)、四ツ足派だけどズーフィリアじゃないもん派(愛ケモ主義極右)、丸呑みだけが人生だ派、卵胎生出産教会インターレイシャル(人×ケモ)派、反インターレイシャル派……

「天はケモナーの上にケモナーを造らず、ただし、ケモナーの横には無限ケモナーを造った」

 とは近代日本における先駆的ケモナー福沢諭吉名言である

 産業革命以降の通信技術の発達は、孤独だったケモナーたちに「同好の士」を発見する機会を与え、ファンダムの拡大に成功したものの、

 同時に細かな嗜好の違いによる派閥対立をも生じさせ、その軋轢がついに二度に渡る世界大戦の引き金となったことは今更説明するまでもないだろう。

 そうした争いは近年まで衰えることなく続き、いつしかケモナーたちは「派閥が違えば殺し合って当然」という野蛮な虐殺言語所与のものとして生きるようになっていた……。


 私もそうだった。

 私もある狭い派閥こそ唯一かつ至高と信じ、他者排除差別によって所属派閥への帰属意識を高めていった。

 派閥意志に叶うと思えば、喜んで我が手を血に染めてきたし、かつての友人たちをためらいなく2ch晒した。

 なかでもいっそう劣悪とされ、他のありとあらゆる派閥から敵視されていたのが「ケモミミストである

 サイバーコネクトツー・スペクトラムでいうところの「レベル2」。

 「ニンゲン身体に、ケモミミ(としっぽ)がついてさえいればよい」とする日和見主義的邪教徒たちだ。

 彼らにはケモコミュニティ内において最初から人権など与えられてこなかった。

 なので、ふだんは「一般人」に紛れて潜んでいたのだが、ときおり何かの間違いで何も知らない”レベル2”がケモコミュニティに迷い込んでくることがあった。

 多くの場合、彼らは痕跡も残さずにコミュニティから「除去」された。


 中道過激派秘密ケモナー警察あいだで流行ったジョークにこんなものがある。

 「”レベル9"(いわゆる真性の獣姦嗜好)はケモナー以上に進化してしまったケモナーだ。だから畏敬をもって殺す。

  ”レベル2”はケモナーになれなかったケモナーだ。だから哀れみをもって殺す」

 私も彼らを憎んだ。

 でじ子の肖像を何枚も焼いたし、それ以上におぞましいこともやった。


 

 現代ケモナー社会は、あらゆるケモナーには自分自身同胞である他のケモナーの「性欲」を認め、尊重することができる能力、そして性的志向の善し悪しについて自ら判断する能力があるというフマニスト的前提をもって、各人に普遍的ケモナー権を付与しようとしてきた。

 一見それは理性的合理的、かつ人道的な判断基準なように思える。

 だが、人は他者の良い面よりも悪い面を重視する傾向にあるようである。それが上記のような派閥争いとケモミミスト蔑視の引き金となったのである



 だが忘れもしない2017年の某日。

 私は『けものフレンズ』を観た。

 もちろん、観る前は”レベル2”だと貶していた。

 しかし、一種社会現象となるにつれ、そして「一般人」たちがけもフレを「ケモナー」と結びつける言説を多く弄するになるようにつれ、私は「世間無理解を忠実バラなぬ」という一種義憤から、けもフレを鑑賞したのである


 最初はなんと退屈でつまらなく、くだらないアニメだろうと思った。

 だが、一話の終わりにさしかかったあたりから胸がざわめきはじめ、

 画面にかじりつくようにして二話に没入し、三話を見終わるころにはすっかりフレンズたちに魅了されていた。

 のみならず、こう思うようにさえなっていた。


「これは”われわれ”について語られた、”われわれ”のためのアニメである」と。


 ケモナー一般に受けいられる性的志向ではない。というか、世間的には性的志向ですらないと考えられがちだ。

 同胞たちは自分たちの好きなものカミングアウトできずに日々気持ちを圧し殺して生きている。

 ファンダムとは、そうした「のけもの」たちを包摂するために存在するやさしいシェルターではなかったのか?

 それがいつのまに、我々自身から「のけもの」を作り出し、排除し、殺し合い、差別するようになってしまったのか――


「姿かたちも十人十色からこそ惹かれ合」い、「みんな自由に生きている」場所

「飾らなくても大丈夫」な場所

 それこそが我々が最初に求めたファンダムのあるべき形ではなかったのか?


 蒙が啓かれるとはまさにこのことだった。

 すべての教えは『けものフレンズ』のなかにあったのだ。 


 私はいてもたってもいられなくなり、地下壕から出て地上へとあがった。


 灰色廃墟が広がっていた。

 だが、つい先刻まで鳴り響いてはずの銃声や悲鳴はすっかり止んでいた。

 地には戦車ではなく瓦礫の影で戯れる少年少女が、空には爆撃機ではなく大きな翼の鳥たちが遊んでいた。

 こんな穏やかで静謐時間はどれくらいぶりだろう?

 まるで、あらゆる憎しみが「ぼくのフレンド」に包まれて溶けて消えてしまったのかように。


 私はあてもなく、ただ何かにつきうごされるかのごとく歩いた。

 そして、数分もしないうちに反対側の地下壕から出てきたであろう年老いた男と出くわした。

 老人はあきらかに”レベル2”であった。

 ふだんなら我々の姿を見て怯えて眼をそらすはずの彼らが、瞳に決意をたたえ、凛としてこちらを見据えている。


「きみも、観たのかね?」

 そう老人は問うてきた。

 私は無言で頷いた。 

 頭を傾げた途端に、一条の熱い何かが頬をつたい、顎からしずくとなって焼けた大地に滴った。

 涙を流している、と自覚したのは、湿った点が地面に染み込んで数秒経ったころである

「私は、私たちは」とうわずる声で私は言った。「許していただけるのでしょうか。あなたたちとフレンズになることは……できるのでしょうか?」


 老人は痩せこけた顔に、穏やかな微笑を浮かべて応えた。

「笑おうじゃないか。ともに笑ってみよう。

 高らかに笑い、笑えば、フレンズなのだ

 喧嘩してすっちゃかめっちゃかしても仲良しに戻れる」   


 そうとも、と老人は私の肩を叩いた。

 ここが、われわれのジャパリパークなんだ。

 われわれは『けものフレンズ』というサンドスターを通過して、今一度生まれ直したのだ。

 まっさら状態で。

 だから、ここからはじめよう。 

 本当の愛は、ここにあるのだよ。

2017-03-14

ジャパハリパーク

満ち足りた月の夜に ドッタンバッタン大騒ぎ

高らかに笑い笑えば 旅路開いた



誰にも見えぬ先へ 誰よりも遠く速く

すっちゃかめっちゃかしても仲良し



ものは居ても のけものは居ない

さすれば本当の愛はここにあるだろう

君も手をつないで 烈なる風の如く



(ワン・ツー・スリー)

今過ぎ去る この瞬間 ようこそジャパリパーク

淀みいく虚構の中に ドッタンバッタン大騒ぎ

姿かたちも十人十色から劈んざく想いを胸に潜めてる



うー!がぉー!

2017-03-02

http://anond.hatelabo.jp/20170302221902

私は発達障害当事者ADHDと自閉スペクトラムの混合型、グレーゾーン)なのですが、この

自分理解していることは他人理解していて当然だと考え、そうでなかった時は怒りを露わにする

すごくよく解ります。話がかみ合わず物事が進み、気づいた時には誤解・勘違いによるトラブルが発生、という事が多々ありました。だから、怒りを露わにするときは、「何で理解していないの?」というよりも「どこかですれ違っていた、日本語齟齬に気づかぬままだった事になぜ、お互い認識のすり合わせが出来なかったのか」という恐怖感でいっぱいになりますトラブル発生した時のトラウマを抱く人も少なからずいるんじゃないかな…。勿論、「怒りを露わにする」(暴言や大声、ヒステリーって事だよね。)なんて、いけないと思うけど…。

因みに、注意点ですが…。発達障害十人十色、各々多種多様障害を持つので箇条書きにあった通りに当てはまらない障害者も中にはいます。羨ましい(笑)

2017-03-01

http://anond.hatelabo.jp/20170301180026

death6coinではありません。

無駄羞恥心を燃やして捨てました。

作品に対する悪意はありません。

痔を悪くする増田がいたらごめんなさい。



Welcome to ようこそアナルパール

今日もズッコンバッコン大騒ぎ

アー!イクゥー!

ズボズボとほじりほじれば アナルパー

アクメして すっちゃかめっちゃかしてもマジイキー

アナパは居ても エネマグは居ない

本当のケツはここにある

ほら 君もパールつないで大冒険

(ワン・ツー・スリー)

Welcome to ようこそアナルパール

今日もズッコンバッコン大騒ぎ

姿かたちも十人十色 だから引かれ合うの

割れ目の中に 指をそっと重ねたら

はじめまして

君をもっと知りたいな

ファー ファーーーーーーー!

ララララ ララララ

Oh, Welcome to the アナルパール

ララララ ララララララまれケツ穴

ララララ ララララ

Ohh, Welcome to the アナルパール

ララララ ララララララ 素敵な快楽

ようこそアナルパール

http://anond.hatelabo.jp/20170301120502

death6coinです。

無駄な対抗心を燃やしてみました。

作品に対する悪意はありません。

気を悪くする増田がいたらごめんなさい。






Welcome to ようこそはてブパーク!

今日も喧々囂々大騒ぎ

就!業!

高々と煽り煽れば触れんズ

コールしてすっちゃかめっちゃかしたら非表示

手斧はあっても手負いは居ない

本当の悪意ここにある

ほら 君もブクマ繋いで大暴言

(ワン・ツー・スター)

Welcome to ようこそはてブパーク!

今日も喧々囂々大騒ぎ

左右 仇も十人十色から非難し合うの

アイコン横にカーソルそっと重ねたら

はじめまして

君をもっと知りたくない

非ー!表示!



ララララ ララララ

Oh, Welcome to the Underground

ララララ ララララララまれオフ会

ララララ ララララ

Oh, Welcome to the はてブパーク!

ララララ ララララララ 素敵な人たち

ようこそはてブパーク!

ようこそはてなパーク

Welcome to ようこそはてなパーク!

今日もドッタンバッタン大騒ぎ

うー!がぉー!

高らかにIDコールすればフレンズ

メタブしてすっちゃかめっちゃかしても仲良し

非表示は居ても垢バンは居ない

本当の愛はここにある

ほら 君も雑なdisりで大炎上

(ワン☆ツー☆スリー☆)

Welcome to ようこそはてなパーク!

今日もドッタンバッタン大騒ぎ

思想 アイコン十人十色からどつきあうの

お気に入りボタンに指をそっと重ねたら

はじめまして

君をもっと知りたいな

うー!がぉー!

ララララ ララララ

Oh, Welcome to the はてなパーク!

ララララ ララララララまれ友達

ララララ ララララ

Oh, Welcome to the はてなパーク!

ララララ ララララララ 素敵な隔離

ようこそはてなパーク!

2017-02-18

すごーい!たーのしー!

けものフレンズのおかげで、この一週間とても捗った。けものフレンズ、すごい。

冬季うつでメンドクサイ考え方してたのが、ちょっと生きやすくなった。

・とりあえずポジティブな反応して、なんとなく満足する。

ネガティブでいると問題が依然残ってるようでくよくよ忘れられないけど、満足するとすぐに忘れる。ポジティブ気持ちけが残る。

かばんちゃんが問題解決したとき気持ち良さを、自分でも実践する。身の回り問題が解消してきて満足する。

・姿かたちは十人十色、だから惹かれ合うの→比較するのがめんどくさくなって、シンプルな美点で選ぶようになる。その美点に満足する。


けものフレンズ見てても、思考レベルの浅さ、絵のクオリティ情報量の少なさetcの縛りの中で充足感を味わうコツを、

アニメを視聴することによって身につけさせてくれるというか、それ自身がそうやって楽しむことを認めてくれてるような感じ。

ちょっとした美点をとても喜ばしく、好ましく感じてもいいんだって認めてくれる優しさがすごく楽しいし、満足することにも繋がってすごく楽しい

2017-02-12

ようこそアカデミーアへ!

ウェルカムようこそアカデミー

今日もどったんばったん大騒ぎ!

ウホホホッウホホッウホホホ‼  うー!がぉー!

高らかに学位とったらポスドク! (ポスドク

サドクしてひっちゃかめっちゃかしても仲良し! (ふっふっふー)

任期付きはいてもパーマはいない本当の闇はここにあるー

ほら君も手を繋いで大冒険 (3回目の契約更新

ワン・ツー・スリー!


Welcome to ようこそダイガクゥー!

今日もドッタンバッタン大騒ぎ!

得意分野も十人十色から魅かれ合うの

任期切れ空に 指をそっと重ねたら

はじめまして

君(ボス)をもっと知りたいな!

ララララ ララララ Oh, Welcome to the ドッポウゥ! (独法

ララララ ララララララまれポスドク

ララララ ララララ Oh, Welcome to the コッッケェン! (国研)

ララララ ララララララ 素敵な転職ゥゥゥ!

ようこそアカデミーア!

--

<あらすじ>

突然、記憶喪失状態でジャパリパークに現れた「しんそつ」。最初出会ったピペドラッキージョキョウ(任期付き)と共に、様々な場所で様々なポスドクの助けを借りながら、自分の職位を知るべく「面接」を目指す。

--

ボス「モンカショー ノ チカラ デ スベテ ノ ポスト ハ ニンキツキ ニ ナッテイルヨ」

2017-02-03

クローン

私はキャバクラのボーイをしていた。

キャバクラ風俗にも、微塵も興味はなかった。やりたくて始めたのではなく、社用車の貸与とそこそこの給料という条件がおいしかたからだ。

私は当時、マイカーを持っていなかった。

地方都市キャバクラ

一応、申し訳程度に“北○○(地方名)最大規模”などとする繁華街だったが、そこで私は繁華街というものを知った。


私の疑問は、客も、そして繁華街に勤務する側の人間も、なにか申し合わせたように「全く同じような人間ばかりだった」ということだ。

好きなものパチンコ/パチスロソーシャルゲーム、安い酒、あとは女。女と言っても、キャバ嬢

音楽EXILE(三代目ナントカ)、BIGBANG、あとはドン・キホーテにおいてあるパーティーMIXとか銘打ってあるDVD/CDトレンドとされていた。俗に言うEDMというやつだったか

キャストのほうは女というのもあってか、ギャンブルにハマるのはそうはいなかった。あくま経験があるというだけというのが多かった気がする。

しかソシャゲへ力の入れようは尋常じゃなかった。俗に言う廃課金な連中が大半を占めていた。待機席でスマートフォン操作しているときに、他にやることがないのだ。

これを仕事のない休みでもやっているというのだから凄いものだ。よくレバーボタンもなくゲームハードでもないスマートフォンとそこまでにらめっこしていられるものだと感心してしまった。

音楽に関しては先述とほぼ同じだが、そこに西野カナ加藤ミリヤが入ってくる感じだった。むしろ、その占める割合が高かったかな。

繁華街を歩く人間は、格好も画一化されていた。

半袖のポロシャツの襟を立て、その下にアンダーアーマーのようなボディスーツ状の長袖Tシャツを着たり、白パンをロールアップしてデッキシューズを履いたり、クラッチバッグを持ったり。

スポーツメーカーロゴが多数プリントされたセットアップジャージを着てるのもいた。あと、4~5年前に一部地方都市流行った(のか?)とされるオラオラブランドの服とか。

他には、汚い作業着姿を良しとする風潮もあったと思う。俗に言う現場仕事建設系が大部分を占めていた。


私がこれまで見てきた客や、そこそこに入れ替わるキャスト他店のボーイ陣は“みんな同じだった”。

誤解を招きかねない表現だが、再三言わせてもらう。“みんな同じだった”のである

人間十人十色千差万別…などと言えればどれだけ良かっただろう。ジョン・ライドンもそんなようなことを言っていた気がする。

だがそうではなかった。現実は類は友を呼び、似た者同士で密集していた。繁華街を歩く者は、一様に同じ形態となっていた。まるで、その枠からはみ出せば何か刑罰でもあるのではないかという様に。

はいからか、彼ら彼女らを「クローン」と呼ぶようになった。

そんなクローン工場毎日眺め、クローン相手をするのにも嫌気が差してきた私は、マイカーも手に入ったことだしと職を変えることを決めた。ボーイを初めて3年が経とうとしている頃だった。


私は職を変えた。もう間もなく一ヶ月が経とうとしている。とある自動車メーカー本社製造工場に勤務している。

ボーイをしている頃は毎日精神的な疲労との戦いだったが、ここではそれが皆無だ。給料はボーイ時代の1.5倍。生活への潤いは破格のものだ。

土日休みで、月に2度の休日出勤と、1時間ほどの残業が2週間ぶんほど存在するが、嫌なら断れる。残業代はもちろんきちんと出るし、そもそも休出残業強制ではない。有給もある。

労働環境においては飛躍的な向上を果たしたと言ってよいだろう。キャバクラのボーイの頃の労働環境は、お世辞にもそこまでよいものではなかった。

唯一の悩みは、他の労働者だ。幸いにも、人間関係には恵まれている。…恵まれているのは間違いないのだが。

休憩時間中、喫煙室や休憩所で他の労働者が口を開くと「パチンコ/パチスロソーシャルゲーム飲み会キャバクラ」。話題の内容は、100%確実にそれだということ。

クローンの幻影は、まだそこにある。


(追記)


とりとめのない書き方をして申し訳ない。愚痴も込んでしまい、書くべきものがぶれてしまった。

私が傍から見て、彼ら彼女らと同じ人間であるように見える…というのは実に客観的で納得がいくのだが、気になるのはそこではない。

なぜ「人間がこうも画一化される」のかだ。それが最も疑問に感じてならない。

十人十色」「千差万別」と「類は友を呼ぶ」「似た者同士」は相反するものだと思うが、どうしてこうなっていくのかが。

2017-01-16

君の名は

普通の方は除いて、オタクだったり映画監督だったり美術に触れる機会のある人間

あの映画感想をまずつまらないと表現しているのを見ると二度見してしま

あくま美術に触れる機会の多い方のみの話

ストーリー展開が合わないとかキャラが苦手とかそのあたりは十人十色だと思うので好き嫌いはあって当然だと思う

でもあの背景美術の圧倒的美しさに何も感じるところがなく、まず最初につまらないと言える感性

この人審美眼ないんだなという証になるのでよかったとも・・・

芸術方面仕事をされているならその人の作るものはもう選ばないでしょう

もしくはあれ以上か同等の背景を描ける人がいうなら、そりゃあ自分であれだけ描けたら思わないよね

まらなくても仕方ないかもと思う

小説家なら美術、絵とは無関係からストーリーにまず目が向くのはしょうがないのかなと言う気もするけど

文字だけでどんな風景の中にいて、どんなルックスをして、どんな表情をしているのか読者の頭の中に映像

表現しなければいけないわけだからやっぱり感性が死んでるなと思ってしま

2016-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20161223120611

トレーサーってまさに頭空っぽヘテロには分からないけど少し知識ある人には分かるようなレズビアンアピール最初からなされてたキャラ

制作者がキャラの中にLGBTいるって宣言したときにほぼ半確定でトレーサーがレズビアンだって認識プレイヤー認識だったと思うけど……(世界観考察やってる人は特に

というか製作者がLGBTいるって明言した時点でそれなりにLGBT特にレズビアンコミュニティレズビアンカルチャーステレオタイプ描写のことを知ってればトレーサーがビアンバイかはすぐ予想付くと思うんだけどなぁ

しろショートカットそばかすあって片耳ピアススポーツマンタイプって悪い意味レズビアン露骨すぎるステレオタイプ描写でこれでレズビアンじゃなかったら、眉毛整えてて短髪でローライズボクサーブリーフ履いてて体鍛えてて体のラインピッタリのタイトな服来てる男だけどノンケキャラですくらいの衝撃

(もちろんこれは歴史的創作物等でLGBTが同表現されてきたのかを話しているので現実には十人十色LGBTがいるのはあたりまえ)

今回のコミックで初めてトレーサーがレズビアンだと知って驚愕したと抱くような人はLGBTカルチャーコミュニティを知らないだけでなく

どのようなレッテルLGBTが語られているかすら知らない無知無知無知だよ

 

日本百合アニメに毒されてレズビアンがどうステレオタイプな目で見られ偏見歴史があったのか知らないのかもしれないけど良くも悪くも

・片耳ピアス

そばかす

スポーツ好き

ゴルフ好き

サッカー好き

テニス好き

中指と薬指に指輪

すっぴん

・すね毛処理してない

トラック乗ってる

・チェックのシャツにズボ

などなどステレオタイプ表現があってトレーサーがノンケならそれはそれでとても斬新なくらいにはトレーサーはレズビアン表現にまみれたキャラだよ……

2016-12-21

愚痴

ネットに疎いもので、アルファさんという方が本当にいらっしゃるのは知りませんでした。

ARuFaさんに、既にTwitterにてどなたかがこの日記を連絡されていましたが、ARuFaさんと、この愚痴内のアルファは、関係がありません。ご迷惑をお掛けする事の無いよう、よろしくお願いいたします。〈12月22日14:45追記〉



遠距離恋愛中の彼氏が、いーーーっつも「来たいなら来れば?来たくないなら来なくてもいいけど」みたいな態度なのが気に入らない。

仮にも彼女ぞ?私お前の彼女ぞ?

そもそもお前が常に忙しそうにしてるから、片道5時間もかけて、毎月毎月安くない交通費を払い、徒労を惜しまず会いに行ってんだろうが。

いや勘違いしないで欲しいんだけど私は会いたくて会いに行ってるからまぁこの辺は正直どうでもいい。こっちに来られても観光出来るような場所もないし。

それでもお前!!「来たいなら来れば」はねぇだろ!!せめて「自分仕事で忙しくて会いに行けないから、来てくれると嬉しい」とか言えねぇのか!

会いたいの私ばっかりか!そんなんだからいい歳して独り身なんだよ!!何様だよ!!!

体調の心配したら何?「仕事邪魔しないでくれたら睡眠時間の確保だってできる」って!?!?

遠距離で?メールもろくにせず?電話なんて月に一回すれば良い方くらいのコミュニケーションで?どうやってお前の仕事邪魔すんねん!

と思ったら

「次から見送りに行かないって言ったら怒ってたよね」ってお前、それはさ、本気で怒った訳じゃないにしても、面と向かって言われていい気分するわけないでしょ?

だってね、めんどくせーと思われてるのに見送りなんてしてほしくないですよ。ええ。それでもさ?自分彼氏自分見送りをしたがらない事を怒っちゃいかんのか?

私お前の彼女ちゃうんかはったおすぞ!!

毎回お前は善意で私の見送りをしてくれていたのではないのか?内心面倒くさいと思いながら手を振っていたのか??

じゃあもう二度と私の帰路についてくるな!!

ああああもう本当嫌だ!何がアルファだ!人の気も知らないで私以外の人間イチャイチャイチャイチャしやがって!!

前なんか私以外の女と仕事でもないのに二人っきりで出かけているし、もう本当つらい。何なんだ本当。つらい。


[追記]

おい馬鹿な女って言った奴。どんぐりの背比べしてんじゃねぇぞ口を慎め。

どいつもこいつも終わってる終わってるうるせー!終わってねぇよ!人間関係なんか十人十色だろうが!お前らの枠にはめて勝手に人の関係終わらせんな!

あと、人の彼氏悪口言ってんじゃねーぞ!1を聞いて10知った気でいるんじゃねぇ!彼を悪く言っていいのは私だけだ!素人は黙っとれ!!

さて……

やたらアルファに反応してる人多くて笑っちゃうんだけどそこ全然重要じゃないよ。本当風評被害もいいとこだったわアルファの人ごめんね。聴講者多いのは本人もやりづらそうだしクソリプ律儀に対応してて大変そうだし、よくやるなぁと思うよ。いちいち相手するのやめればいいのにね。

まぁでも承認欲求満たされまくりで私なんかいらんのやろうなと思う事も割としょっちゅうあるからやっぱりクソ。

他の女とプライベートで出掛けた事はめっっっちゃ癪に障ったけど、本来なら男女複数来る予定で二人きりではなかったし、予定外の事だったんだよ。でも、前日までにそれが想定出来てたから、事前に一言しかったという彼女なりの我儘だよ。

好きは全然言わないくせして嫌いだとかそういうヘイト感情しょっちゅうぶつけられてるから、本当に愛されてんのかなとはよく不安になるし!けど、私は不器用バカ好きだからいいんだ。今回だって愚痴が言いたかっただけだし。

増田諸君の「彼氏にその気がない」云々の評価もどうでもいい。うるせー!とは思うけど。君ら私たちの事知らないし。←これ言うと盲目的になって自分客観視出来てない残念な女感バリバリだけど、まぁそれならそれでいいよ。

今回いろいろ重なってイラッとしちゃったけど、私も相当性格に難抱えてるから、これで愛情が薄れるとかもないよ。期待させちゃった人ごめんね!

つーかタグにさ?「よくあること」みたいなの付いてたけど、よくある事なのかよ?

女も男も本当バカばっかりだな。もっと幸せになれる方法なんかいくらでもあるのにな。

で、ちょいちょい誤解があったので補足。

交通費はあっちも負担してくれてます。会ってる間、宿代も食費もほとんど掛からないし、こっちは会いたくて会いに行ってる訳だから、本当はお金はいらない。私も金掛かる趣味とか特にいから然程負担でもないし。ただ、付き合い当初それで少し揉めたから貰うようになった。

セフレだのオフパコだのデリヘルだの好き勝手言われてるけど、あちらさんそっちの体力少ないんで、多分都合よく性欲処理できる相手かいらないんじゃないかな。いや男のその辺の事情はよう知らんけど。

あと彼は別にイケメンでもなんでもないよ。こういっちゃ何だけど顔もそんな好みじゃない。

私がこんな性格じゃなかったらとっくに別れてると思うよ。私の性格が残念なとこもあるから、この関係も成り立ってる。

来年から同棲予定だから多少辛く当たられても我慢出来てる。それまでに怒らせて「一緒に住むとか無理。自分で住む場所探して」って言われたら困るけど、多分大丈夫。だと信じてる。

今のまま別れてもあの人まともな人とは幸せになれない(ずっと独りか私みたいな変な女に引っ掛かるか)だろうから、どうせ別れる事になるならもうちょっと性格矯正してから別れたいね

2016-11-27

弱ってるときってどれくらいそれを表に出すのが良いんだろう?

自分は割とそういうの言われるのは、どうしたらいいかからなくて困るから苦手な方なんだけど、

でもそういうの嫌がるのは不寛容で良くないか改善しなきゃと思っているところ

で、自分が弱った側の立場になった場合の話、一般的にはどのくらい出すのがちょうどよいのかな?

上記の通りの性格なんで、今までは極力出さないのが良いかと思ってたが、

それはそれで感じ悪かったり逆に心配かけたりするみたいだから、程よい落としどころが知りたい

 

もちろん、こういうのは人によって感じ方が十人十色から、唯一の正解がないのはわかってる

相手の反応より自分のしたいようにが大事って意見もあるかもしれない

でも、今まで自分のしたいようにしてたのが間違いなんじゃないか?っていう反省に立ってのことなんだ

それぞれの相手ごとに出し方のレベルを変えて振る舞うというのも、今の自分には難易度が高すぎる

から、まずは最頻値というか、無難なのはどの程度かっていうのが知りたい

 

相手との関係も設定しないと答えにくいかな…

じゃあ、付き合いは長いが最近まり会えてない友達くらいで

2016-11-20

誰でもいいかセックスしたいって思ってたけど

私は地味ブス女である



中学校卒業するまで、男子とろくに喋ったことがなかった。

どのくらいのレベルのブスかというと、

後姿を見てナンパしてきたお兄様達が前に回って私の顔を見て、仲間に大きくバッテンの合図したり

同じ部活の先輩(かっこいい)に挨拶無視されるくらい。



しかし、高校入学アラサー現在に至るまで、何故かモテ期が続いている。

モテ期と言っていいかからいかもしれないが、毎年3~4人に告白されるという感じである



告白してくれる男性十人十色である

だが…皆共通点がある… これは炎上ワードだということは十分に認識していてそれでもあえて使うのだが…




「生 理 的 に 無 理」




私は(種類は限られるが)体液に興奮するタイプで、

xvideosとかで女優さんが顔中練乳だらけにしたりゴクゴクしたりしているのを観て、いいなぁーと思う。

涎まみれでキスしたいし、相手が泣いてたら涙を吸い取ってあげたい。

(うんうんとかリンゴジュースとか鼻水は無理だが)

そういう体液まみれのセックスがしたい。



だけど、生理的に無理な男性と体液ドロドロのセックスはできないよ…

生理的に無理な相手と体液交換できないよ…




そういうわけで、

今夜も想像上の男性セックスをして果てて眠ることになるのだった。

2016-11-17

「目のつけどころがシャープすぎるよぉ~」って言葉、使いたい

けど、ちょっと煽りっぽいから怒っちゃう人もいるかもな~。

褒め言葉のつもりなんだけどな~。

ちょっとユーモア効いた褒め言葉なんだけどな~。

どれくらいの人が褒め言葉だと受け取るんだろう?

アンケートとってみよっと。



褒め言葉だと思う 48%
使われるとイラッとする 41%
その他 11%

ふーん、なるほど~。

やっぱりイラッとする人も多いのか~。

これまで通り、心の中でつぶやく程度に抑えておくのが無難か~。

いや~、まさに十人十色。人によって感性は違うね~。

2016-11-16

まらないブログの読者をやめるのはいけないことか

前々から思っていたのだが、はてなおかしな所である


本当に面白いブログホットエントリに入るのではなくて、

どうでもいい、つまらないブログが脚光を浴びていることがしばしばあるのだ。


私は先日までそのブログの読者だった。


書き手ともブクマツイッター交流するようになったが、

次第に相手ブログがつまらないと思うようになった。


別に日常の驚きや発見を書く、絵日記が悪いとは言わない。


しかし、ほとんどずべての記事グリーンスターがつき、

毎度のようにホットエントリーに入るというのはどうなのだろうか。


前に「りんご日和」というブログはてなにあって、

同じように人気があったので批判を受けていたが、

りんご日和」は静かにはてなから去っていった。


私がつまらないと思ったそのブログには、

いわゆる互助会メンバーが多数ついており、

何も知らないで交流していたら、私も互助会リストに載ってしまった。


でも、有益情報もなく、まったく感性に合わないので、

私はそのブログ管理画面からサクッと読者解除した。


するとその相手は私に切れたのか、

お返しの読者解除とともに、ツイッターブロックという暴挙に出た。


私はその人に嫉妬していたものの、

自分ブログ批判悪口などは一切言っていないのに。


逆にその人のほうでも、長文を書く私に嫉妬していたのだろうか。


さらにその人の互助会メンバーたちは、

つい最近までは活発に交流していたにもかかわらず、

その絵日記の読者解除を契機に、私を避けてまったく交流しなくなった。


クラスアイドルに楯突くと、

取り巻き対象者いじめるようなものだ。


はてなとはなんと恐ろしい世界だろう。


毎日のように収益だの何十万PVだのと、みなが血まなこになって狂っている。

その上、交流がこんな感じでは楽しいことなんてひとつもない。


まらないブログの読者をやめるのは、そんなに悪いことか。

そして、誰かと仲良くするためには、自分本音犠牲にしなければならないのか。


自分が読みたいブログの取捨選択をするのは当たり前のことではないか


まして私は有料プランを使っているのだから

お金を払ってまで中身スカスカ記事など読みたくはない。


むろん、そのようなブログでも面白いと思って、

楽しんでいる人がいることは知っている。


しかし、人の感性十人十色なのだから

読者解除された悔しさでお返しに読者解除とか、

ツイッターアカウントブロックというのは、あまりにも狭量ではないか


そんなに私が憎らしいというのだろうか。


別にその人に謝罪してほしいとは思わないが、

少なくとも私ははてなブログを書くのが嫌になった。


しかも、その人は私が気に入っている人のブログにも行っているので、

仲の良かった人たちと前と同じような交流をするのは難しいだろう。


とりあえずアカウントは残しておくが、

私はもうはてなで書くことを辞めようと思う。


はてなお金が稼げて潤ったとか、

交流が楽しくて楽しくて仕方がないと言う人は、

この閉鎖的な空間ブログを書き続けてください。


短い間でしたが、たいへんお世話になりました。


私を応援してくれた読者さんたちには申し訳ありませんが、

これを最後投稿にしたいと思います

2016-11-14

みなさんはIF文を否定から書くタイプ

コードってその人の性格出るよな、って最近書いてて思う。

例えばTOPページにだけ、とあるHTMLタグを表示する、

みたいな記述をする場合

ちゃんと書くのだるいから省略するが、まあ

if(TOPページなら)

else(TOPページ以外のページなら)

みたいな記述をすると思う。

しかし俺は物事否定的に捉えるので

if(TOP以外のページなら)

else(TOPページなら)

みたいに書く。

また、俺の先輩はサイボーグみたいなやつで、

本当に言われたことしかしないので例えば

if(変数Aがセットされていれば)

else(セットされていなければ)

みたいなことを書かない。

また心配性の同僚はあらゆる事態を想定するので、

CASE変数Aがセットされていれば)

CASE変数Aはセットされていないが変数Bがあれば)

CASE変数AもBもなければ)

みたいなのを多用する。意図的なのか知らないが、IF文をあまり使わない。

否定から考えるタイプ想定外のことを一切考慮しないタイプ場合分けを事細かに書くタイプ。同じことをしてても性格によってコード十人十色になる。

さて、増田プログラマーたちは心がひねくれてるので、リアルでも人の話を聞いたらまずは否定的に考えた後、世間体などを考えて肯定的言葉に変換して発声する作業を行っていることと思うが、

プログラミング思考の部分だけで組むからIF文もあちこち「!=(否定)」だらけなんじゃないかって思うんだがどうなの?

2016-08-15

仕事中はつわりが割と楽

って言うと「本当に辛いつわりならそんなことありません!そういう事言う人がいるかつわりは甘え病とか言われて妊婦の肩身がますます狭くなります!やめて下さい!」って火病起こす人がいるけど、うざい。

自分自身経験語ってるだけだし。一般論化してねぇし。

あんたらがすべきことは、同じ妊婦を口撃することじゃなくて、つわり十人十色であること、つわりが重い人だとこれだけ辛いこと、を世間のみんなに理解してもらうことじゃないの?

「そうやってすぐヒステリー起こす妊婦いるか妊婦様とか呼ばれて妊婦の肩身が狭くなります!やめてください!」

って言い返されたらどう思うか考えよう、な。

ちなみにつわりは凄く辛いのは本当です。ヒステリーおばさん曰く程度が軽いはずの私でも毎日何回も吐くし、食べられるものも限られる、鼻が犬並みになって、匂いですぐ吐き気します。

旦那さんは大変だけど、短い間だと思って、いたわってあげてね。

2016-07-25

http://anond.hatelabo.jp/20160725181631

すごすぎワロタwww

同級生勉強のことを言ったのは、それが面倒くさい事だったからなんだろう。

これが人によっては恋愛だったり運動だったり十人十色

2016-07-20

http://anond.hatelabo.jp/20160719182058

増田認知症になると人格が変わるというような口ぶりだけど実際どうなんだろうか

自閉症だけどパソコンキーボードを使ってきめ細やかな意思疎通を取ることができる東田直樹という少年がいるんだけど

彼が言うには自分の思ったように体が動いてくれない、発語されないだけで思考自体は健常者と変わりないとのことだった

自閉症者は思考のものが健常者のそれとかけ離れているわけでなく、

ただ自分自身でも不可解でコントロール不能な身体の反応を抱えているだけなのかもしれない

もちろん自閉症といってもそれは十人十色だろうし、

まして認知症にまるまる当てはめられることでもないかもしれないが、

脳の障害はもしかするとアウトプット問題があるだけで人格のものは健常者と変わらないというようなことが多々あるのかもしれない

2016-07-14

http://anond.hatelabo.jp/20160714114731

査定に影響与えて出世候補から外れるなんてことはあるだろうけど、出世レースに残る人間は少数派だよね。

果たして多数派の人たちは君の言う雑魚ナメクジなのだろうか。

君はどうも勝ち負け優劣で物事を見すぎではないだろうか。

人間幸福の感じ方は十人十色なんだよ。

あと、本来レス趣旨である増田育児家事で追い詰められている理由についての提案理解してもらえたかな?

2016-07-10

自分語り

自分の事を書いてみる。ただの自分語り

年齢は27歳から30歳くらい。男。高卒

現在無職(前の職場上司とそりが合わなくて辞めた。世の中にはこんなに合わない人がいるとは思いもよらなかった。この人のことが嫌いというわけではないのがみそ。向こうがビル屋上から見てるとしたら、自分ビルの下から見てるというか、向こうは北から見てるけど自分は南から見てるという感じ)。

いろいろというほどいろいろしてないけど、ちょこちょこ手を出す。(そしてぱっと飽きる)

飽きっぽい、というよりは移り気というか気分屋というのが正しい気がしている。

から、ある時にやってみて、面白いと思っても気分で別のことに興味ができればそっちに向かう。

しばらくすると、落ち着くのかまた戻ってきたり、別の物に行ったりする。飽きている、というわけではないから割とすぐに戻ったりする。

ついでに言えば優柔不断。欲しい本があったりすると、悩む。酷いと2hとかざらに。

欠点とか上げ始めたらきりがない。の割に良いところを上げるとなると悩む。欠点はいい点の裏返しの場合があるのは理解できるけど。

車の運転は嫌い、ボケーッとしていることが多いから気づいたら車が交差点を通過している時がある、車線が変わっていることがある。

非常に危ない。自覚している。だから車は持ってない。乗るのは仕事の時とかにどうしてもなくの時。

バイクは風が直接当たる所為か、ボケーッとすることがないので乗ってる。

十人十色。悪い意味で。

私には私の意見がありますあなたにはあなた意見があります

たぶんお互い最終的には納得できないと思いますので、お互い関わらないようにしましょう。あまり議論をしたがらない。やってもネットぐらいか

記憶力が怪しい。

たぶんだけど脳の機能じゃなくて、記憶の仕方に問題があるのかなという気はしている。

別の事を考えていたり、ボケーとすることが多いので、単純な行動について記憶に残らない。

一番問題なのは、人の名前と顔を覚えれない。芸能人とか聞いても誰?ってなる。ドラマ女優名前とか聞いても誰だろう?ってなる。

まあ、そもそもドラマ系はあまり見ないが。アクション系ぐらい。

誰に似ている?とか聞かれてもいまいち思い出せない。見たら思い出す。

これは興味が薄いせいだろうけど。

たまに変な考えを起こす。

いまだに厨2病を患っている。

何ができるという証明がないのに、承認欲求だけはある。

事なかれ主義、長い物には巻かれよう。

まり考えずに行動を起こす、後で後悔する。

かと思ったら考えすぎて手遅れになったりする。

我ながら意味分からん


いろいろある。

最大に問題なのは

自覚している欠点を直そうとしてない事か。

直そうと思っても、一晩寝たら忘れてる。

また、明日じゃなくて、忘れてる。

それを直す努力をしない。

正直、ニートの考えだと思う。

だめだなこれ。


逆に良い点はというと。今一思い浮かばない。

自らを価値無しと思っている者こそが、真に価値無き人間なのだ

 旧ドイツ軍人、ハンス・U・ルーデル

ほんとにこれになってそう。

自分が無価値とは思わんがね。

何に価値があるのかわからない。

真面目と言われたことはあるけど、自身が真面目とは思わない。

ばれなきゃなんとやら、で規則破りなんかさんざんやってる。

真面目に見せてるだけだしな。

真面目系クズ

たぶん自分を見つけれてないのが問題なのかな。

私というものを支える大きな柱がない。

から自分の良い点が分からない、自信がない。

なんなんだろう自分


こんな文章を書いたのは、吐き出したかたから。

これを投稿したのは承認欲求があったから。

ただそれだけ。

2016-04-24

http://anond.hatelabo.jp/20160424203519

誰が見ても変なカテゴリーに入っている以外は、トラブル防止のためコメントに「こういう理由から変更した」と書くことがありますが、理由常識範囲内であれば納得できるのでは。他のユーザーが困るような変更を抑制するための注意文でもあります

なるほど。自分場合自分ブクマしたい記事と、カテゴリ新着を整理するのは、方向性が違うので、必ずしも「カテゴリ整理をした=ブクマしたい」訳ではないんですよね。個人的には評価していない記事に対して1ブクマ与えるのもなんかなぁ……。と思いますし。

はいえ、混乱を招くなら、新しいアカウントを作って、それでブコメ+カテゴリ変更するのが適切かもですね。

 

 

1週間やってみた感想としては、カテゴリ変更って結構難しい。「誰が見ても変なカテゴリー」「常識範囲内」と言うけれど、実のところ、たぶんその常識とは十人十色なんだなと実感します。明らかに「テクノロジーじゃないだろ」と思って変更した先でも「いや、おもしろじゃないでしょ」と言われる可能性は大いにあると思います。そして、おそらく大抵の人は「自分の読みたくないエントリは、どういう流れであっても、読みたくない」という意識根底にあるんじゃないかと想像します。たぶんですね、互助会はてなブログで持ち上げられた内輪エントリーって、結局の所、外部の人は誰も読みたくない記事だと思うんですよ。身内で楽しんでる文化祭ドンチャカ騒ぎを見る感覚に近いです、お客さん置いてけぼり。200記事分変更したという事は、もちろん200記事以上読んでるって事なんですけれど、ハッキリ言って、本当に面白くない。とはいえ、少しでも適切と思われるカテゴリに変更したら、3ブクマ以上稼いでる以上、どこかのホッテントリには載るわけです。やっぱり変更先のカテゴリーファンから見て「読みたくない」と思う人はいるわけで、みんな微妙気持ちになると思うんですよね。自動分類よりも幾ばくか、カテゴリエントリ合致制が高まったとしても、読んだ人のモヤッとした感情は、どうやっても拭えないというか……。これはちょっと、行き場がないよなぁ。とも思います

まあ、地道にやってく他ないと思います。私は別にはてなからお金貰ってるわけじゃないし、変更した所でもしかしたら誰かが怒るかもしれないけれど。私にとっては互助会を叩くよりもカテゴリ変更の方が解決の近道じゃないかな。って思うので、ちょっとの労力を払って、もう少し様子を見ながらやってみようと思います

2016-04-13

絶賛派の負のエネルギーを和らげたい①

はじめに

返信有難うございます

また長くなってしまい、面倒臭い人間申し訳ありません。

レイアウト問題もありますけど長すぎると区切らなければならなくなるので長文は増田に向かないかもしれませんね。

多少機械的になりますが、考察反論を兼ねた返信をさせて頂きたいと思います


まず「楽しめなくてかわいそう」という感想の持ち方については、先の記事でも既に見解を述べていたので、それに対する反応らしい反応がなく内容として変わらないことを繰り返されてしまうと、改めて反論を頂いた意味がなく、勿体なく感じました。

一応、どうしても楽しめない境遇可哀想だと同情して頂けるのであればそれは有り難いのですが、本当にそのような同情したいという気概があるのであれば、さら相手感情思考の深い所まで歩み寄り、踏み込んで頂いた上で検討するのがよいかと思います

また、「かわいそう」といえば、自分アニメ前のキャラクター達がかわいそうでなりません。光を浴びれば必ず輝ける素質があったのに、アニメ以降ないがしろにされ、隠蔽されるように扱われてしまったのがどうしようもなく可哀想です。

そして自分の思いの最も大きな原動力はそこにあるかもしれません。特に自分が思うのは矢澤にこです…。


ところで、

一部の批判派が熱心に批判を続ける事に対しては不思議に思っていました。

とありますが、自分記事投稿したのも最近の間に留まる話ですし、そんなに熱心な批判派が存在するような心当たりがないのですが…。どこかには一定存在するのでしょうか。ファンの大半と同様にろくに考えもせずとりあえず批判というアンチなら確かに沢山いるのは分かりますが…。


また、互いの意見は『交わる事がない平行線』と仰っていますが、交わらないというより、そちら側は交わろうとする気がないという印象を強く持ちました。

勝ち負けとかはどうでもいいのですが、せっかく会話や意見交換をした上で中枢部分の内容を読み飛ばされると寂しい気持ちになります

おりあそ氏やkato19氏は自分考察批判を読んで、「自分記事を読み込んだ上で書いている」と畏れ多くも評価して頂けたようですが、自分としては読み通してはくれたようですが、内容をしっかり考えながら読んでくれただろうか…?という疑問を抱いてしまいました。

個人的には反論されて論破されても構わないので、一度は自分が書いた作品内容批判論理を受け止めてほしかったと思います特に盗作問題についての考察は、何故か他の方の評論などを読んでみてもパクリかどうかの比較はあっても、その行為の中身と影響に突っ込んだ考察がなかなか見付からないので、最も伝えたいことというわけではないですがもう少し考えながら読んで頂きたかったと思いました。

様々な紆余曲折の後に結局議論はどこまでいっても平行線のまま続く…となるのであれば分かるのですが、前提から交える気がない態度で、主に作品内容や作品の展開内容に踏み込んだ議論をしようという場において、その話題になるとこちらの意見にはあまり踏み込もうとしてこない状態に受け取れるので、そのような中途半端な態度で反論をする意味にも疑問を抱いてしまいました。

例えると、本来議論平行線という場合はどこまでも平行な線が二本伸び続けているという状態のように思います。対して、今回の場合はある長い線に対して平行ではあるが短く途切れている一本の線が寂しく添えられている、という状態のように思います

結局の所、絶賛派は作品内容の是非がどうであれ布教をしたい、ファンである状態を共有したいというのが強く、作品批判する人を減らしたいというのが最前面にきているのではという疑念が深まったような感があります


批判派と絶賛派の勢力状態、それぞれのエネルギー根拠

次に、細かい内容について見ていきたいと思います

(批判派は)呪詛のように『失敗作だ』と唱え続ける事で感動した人たちの気持ちを削り未見の人に予断を植え付けています

とありますが、そもそも最近はいろいろなことがありましたが、未だ以て絶賛派の(根拠も中身もない)ブログ書き込みの方が圧倒的多数であり、未見の人への影響力は強いですから、その辺りの説明がなくこのように書くと違和感を抱きます

おりあそ氏の劇場版批判記事に寄せられた反論記事でも、氏の記事を見て作品に対して安易判断を下す未見の人が大勢現れかねないことを危惧しておりあそ氏に反論するという記述がありましたが、既に多少批判派が増えてもうんざりするほど思考停止の絶賛派のファンであふれかえっている状態で何故絶賛派は未見の人がアニメラブライブ批判派になることについてそこまで敏感になり、怖がる態度を見せるのかという部分が気になりました。

悔しいくらいにファンが多いのに何故そこまで余裕がないのかが不思議です。

また、普通は相反する立場相手意見を交わす際には自分意見相手意見比較を先に考える人が多いはずですし、そのように互いの意見の内容自体に向き合うべきだとも思いますが、アニメラブライブの絶賛派は自分意見説得力の有無などよりも、相手意見による批判派の増加を怖がりながら意見交換に臨んでいるように映ります

そしてその点に、彼らが作品のどこがどう好きかというより、自分自分たちファンであるということのつながりや広がりを最重要と感じており、作品内容自体を捉えて論じる個々の姿勢としては多少の問題があるように思います。もちろんそのような楽しみ方は自由ですし悪ではないのですが、作品内容自体評価を行う上ではズレが生じていると思われます

また、そのような態度を見ていると自分自身が切実に内容に感動したから賛美したい擁護したいというよりも、宗教団体スポークスマンのように便宜上賛美、擁護立場をとっているかのような胡散臭い軽薄さを感じます


一方で、自分やその他の原案アニメ前の状態を持ち出してアニメ以降の展開を批判する人達(一体何人存在してくれているのだろう…?)の意見根拠概要としては、kato19氏の推察は大ざっぱに捉えた形としては大体正しいと思います

その上で、

コミック版・小説版があるとはいえ、メディアミックスとは単なるアニメ化決定ではないはずです。μ'sという架空アイドルアニメに出演している、そういうものですよね?

と氏の記事にも言及があるように、ラブライブメディアミックス作品であることを理解しているならば、そのあるべき在り方についても考察して頂きたかった気がします。

原案の良かった部分を根こそぎ取り除いてしまったアニメ以降の内容を批判すると、アニメ絶賛派はメディアミックス理論を持ち出してきますが、普段はそんなことは関係無いアニメ声優ライブこそラブライブで他は二次創作の延長線だくらいの勢いで見ているくせに、都合のいい時だけメディアミックス作品だと持ち出してきているように感じます

それはつまるところ、「アニメメディアミックスの一部だからそれぞれと違っていてもいいでしょう?だから原案を蔑み破壊しているアニメを許してくれ」という論理なわけです。

実際にそのような形で、それぞれのメディアミックスの各種媒体独立性が保たれていたならば、原案厨(とアニメ絶賛派は呼ぶのでしょう)がアニメ版がどうおかしくなってようと酷いけど仕方がない、作品の下らない一部に過ぎないからスルーしつつ、基本的ポジティブなままプロジェクト全体を捉えて各種展開を見守っていきたいという姿勢になることも容易だったでしょう。

しかし、PVCDドラマなどもアニメ以降、設定が侵食されるようにアニメ版の設定で統一されていきました。

メディアミックス作品だったのにもう好きだったかつての姿には出会えなくなるという危機感を抱かずにはいられません。作品の、キャラクター性の内容、中身が好きなので当然の態度だと思います

しかスクフェススクパラ、ドラマCDPVライブで流れるアニメなど声優が付いている媒体は全てアニメ系設定に統一侵食されているのです。(スクフェスにはSIDコラボもありましたが、残念ながらおまけのようなものです)

いきなり横入りをして住処を奪い、穢した側が、自分も同じファンの一人だから尊重してください、十人十色から許してくださいと言い出しても説得力を感じられません。

まり、そのような棲み分けが十分であれば別物として積極的評価できる可能性も大きくなっていましたが、そのような状態にないためにメディアミックスから許しなさいという理論説得力が弱いのです。公式運営が抱える大きな問題点の一つですね。

また、アニメにおいて原案方向性から改変改悪された内容の根拠が、例のglee盗作によるものであったり、人気があり改変する必要のないキャラを粗雑な配慮見解の下に設定改変していたり(説明は先の考察記事など)と、正当性を感じがたいものであるため、ただ単に変わっているとかただ違っているというレベルの浅い問題ではないことは先の記事でも指摘しています

glee盗作騒動自分絶望アニメ制作陣への憎悪を深める決定的な出来事でした。ただでさえ2期のにこのキャラクター描写凄惨状態に打ちひしがれていた所にそのことが発覚して、制作陣や作品内容という結果だけでなくそれに携わる動機姿勢の時点で重大な問題を抱えていたのだと分かり、どうしようもなくやるせない気持ちになりました。

また、その点がアニメラブライブの内容や展開の是非がただ好みというだけの問題では片付けられず、作品キャラクターを扱う上での倫理的善悪について重大な問題があることを検討するべき根拠となる部分でもあります

絶賛派の方は盗作問題にはまともに向き合わずに軽く済ませようとする人が多い感がありますが、そのような根深問題から目をそらしながらの朦朧とした感情論理から批判派の体験感情は全て妄想から目を覚まそうと訴えかけても特に響くものがありませんし、ポジティブになれる気もしません。

仮に全てが好き嫌いで済む問題だとしても、絶賛派からパッケージへの思いは伝わってきても内容自体に対する好きという気持ちはあまり伝わってきません。好きな作品批判されたくないとか、好きな作品パッケージとして表面的に認められている状態が保たれて欲しいという気持ちは伝わってきますが…。


内容に対する好きの根拠価値

kato19氏や自分思い当たる絶賛派の何人かもアニメ作品表現演出評価していることが多いように思います。そのような部分を評価する場合表現曖昧にならざるをえない部分に対する「好き」なので言い表すのが難しい部分もあるかもしれません。しかし、結局その作品ラブライブでなければいけないほどの理由というのが見えて来ません。

先の記事でも書いているように絶賛派が評価している表現法や演出などそれ自体については殆ど否定していません。それが物語性だとか本来キャラクターの持つ魅力の描写と両立されていたら良かったのにと思っています

ただ、絶賛派が作品物語性とキャラクター描写の酷さの免罪符にしたがるくらいに賛美する作品演出などが安易パクリだという可能性と、その場合に失われる効果がどれほどかというものは多少審議する価値があるでしょうけれども…


たとえば、人間的にでも性的にでも構いませんが、自分が大好きな人を指して、この人は「顔が美人から好きだ」、「身長が高いから好きだ」「優しいから好きだ」というように好きな根拠アピールする場合、じゃあ顔が美人なら、身長が高いなら、優しいなら他の誰でもいいのでは?という指摘ができます

kato19氏やラブライブ絶賛派の好きだとする根拠評価する根拠を読んでいると、その作品ラブライブという作品であることの意味価値殆ど考慮されていないように思います。簡単にいえばそれが原案原作物語性やキャラクターの軽視や蔑視につながっているのでしょうが…。

おりあそ氏の批判や先の自分考察反論にもあったように当初のコンセプトを否定して廃棄しまっているのがアニメ以降のラブライブという作品でした。

絶賛派はそれらの問題があってもアニメラブライブは素晴らしい表現が魅力だからいいんだと主張しますが、ラブライブラブライブである所以を廃棄してもアニメでくっつけた魅力があれば全く問題がないと思えることが狂気的に思います

そのような評価の仕方は、どんな作品を見ても表現演出その部分だけを見て論じる第三者的評論家のすることのように部分的には真っ直ぐでも冷たく短絡的です。

その評価の仕方を否定するわけではないですが、その評価は他の評価を全て飲み込めるほどの影響力や説得力には著しく欠けていると言わざるをえません。

高級レストランに行って、「ここは、料理は高いくせに不味いが、内装や外装、食器が素晴らしいから料理が美味い他のレストランよりあらゆる意味で最高だ」と言うようなものです。デザイナー建築家などであればそう評価をするのも分かりますが、レストラン料理包括的意味でのファン評論家としては問題があるのではないでしょうか。いわゆるナンセンスというやつですね。高級レストランが高級レストランであることの価値は高品質料理提供することだと思います。ただ内装外装が素晴らしいことを売りにして全てのマイナス面を打ち消したいなら宗教的建築物にして料理を出さずに見物料をとればいいでしょう。

レストランにける内装外装などの美しさはどんなに素晴らしくても評価する場合には料理の不味さを打ち消せるほどの価値はありません。独断偏見の好きでいいならば、他が全てどうしようもなくても格好いい、可愛い店員いるから一番好きなレストランだと言い張るのは自由ですが、その場合その店員ファンというだけであって、レストランに対する大きな好きの評価として直結させるには弱いと思います

この例えにおいては料理の種類や味というのが作品物語性やキャラクターにあたる部分で、内装外装食器店員などの外的な部分が表現演出声優スタッフなどにあたるでしょうか。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん