「風俗」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 風俗とは

2018-01-09

20代後半で童貞だが

童貞を捨てる努力風俗に行く等)とか、

恋愛をする努力街コンに行く等)とか、

全くやる気が起きない。

そもそも一人でいることが好きな人間だし、

土日祝日は家に引きこもってゲームやったり、趣味DTMやったり、アマゾン映画アニメ見たりしてる。

たぶんこのまま生活してたら30代になっても童貞捨てられてないんだろうな。

最悪結婚できなくてもいいと覚悟してる。

あとは職場での童貞いじりなどに備えて、童貞であることをカミングアウトせず、

それなりに下ネタ話とか恋愛話とかに乗れる会話術を身につければ結構うまく幸せに生きれる気がする。

もし今まで風俗に使った金が全額キャッシュバックされたら

その金で風俗に行く

anond:20180109112216

業者宣伝かと思って「女性向け性感マッサージ」で検索したらいろいろ出てきた。

店のページで「在籍セラピスト」と紹介されてる男は、ホストっぽいかんじだった。

女性向け風俗の客を、ソープヘルスに沈める手口がありそうな気がしたw

anond:20180109160153

SM風俗だとマゾ男側が子供になる幼児プレイやってる風俗あるみたいだし、そこで「甘めでお願いします」みたいな相談すればいい感じの子出会えるんじゃない?

まあ俺風俗行ったことない童貞からわからんけど。

バブみを感じたい(三次元で)

幼女から……は無理なのはわかってるけど、できるだけそこに近づけたい。

いかいい方法はないものか。

どこかで意見募集してみたところ「授乳デリヘル」との解が示された。なるほどと思ったが、おそらくああいうところで出てくるのはそれなりにお年を召したお姉様であろうことは想像に難くない。

それでは駄目なんだ。

なにかい方法はないものか。


さすが増田、いろいろな知見が得られたが、風俗以外に何かないのか。それも知りたいので誰か教えてください

anond:20180109095257

いや、男は金払えば安心安全な性欲解消ができるから男の方がいいよ。女はセックスはタダでもそのほかのリスクが大きすぎるから出会い系恋愛はいらないのに恋愛要素を持ち込んでこようとする男多すぎ。それとは別にお金払った女性向け性感マッサージでも挿入されそうになったことあるし。挿入断ったら罵声浴びせられた。着替えて帰るときものすごく虚しかったわ。男は風俗でそう言う思いしなくていいでしょ。うらやましいよ。

2018-01-08

宝塚と黒塗り、追記。

anond:20180107045314を書いた増田です。

ほとんど同じことの繰り返しになっちゃって蛇足なんだけど。

オリジナル脚本からメディアミックスまで、様々な時代と国を舞台にした演目があることが宝塚歌劇の魅力だけど、フィクションである以上、ラテンのショーも悪い言い方をすれば「なんちゃってラテン」、フランス革命だってなんちゃってフランス」、私が個人的もやもやするショーの演出も「なんちゃってアラビア」だ。

結局宝塚舞台で上演されるのは、「夢の世界」ではあるけれど、私たちが抱くあらゆる文化的イメージに、ファン演出家が共有する「タカラヅカ的要素」をがっつり組み合わせ、作り手なりの真摯さで、精巧に作り上げた美しい虚構だ。

どの舞台も、演目に合わせてある程度メイクを変えるけれど、最終的にモデルなりモチーフなりにする国の風俗を正確に再現することは求められていないし、目的ともしていないし、そもそもそんなことは不可能だ。男役だって娘役だって現実男性女性とは異なったコードで描かれている。

 

本文にも書いたし、元増田が訴えていたことでもあるけど、黒塗りを含む宝塚の化粧は、観客の大多数を占める日本人演者にとって、「タカラヅカ的異国」の説得力を持たせる装置ひとつだと思う。

そして、もっと重要なこと。「黒塗りの○○ちゃんはかっこいい」という観客の素朴な熱狂喚起させるもの

結局は、本質的他者文化であるものを、どこまでデフォルメして自分のものとすることが許されるのか、という問題なのかなあ。

宝塚の異国は、私達観客の文化に関する規範を確実に反映している。

でも、宝塚歌劇の描く世界は、宝塚歌劇なかにしか存在しない、唯一無二の美しい世界なんだよ。

 

結局擁護論に落ち着いちゃってる文章だとは思う。ただ、簡単に割り切れない複雑さに溢れているのが宝塚の魅力でもあるんだけど、「夢の世界」という、宝塚本質的なところに関わる言葉によって正当化されているものがないか、逆に否定されているものがないか個人としていちど立ち止まって考えてみる必要性を感じて、この文章を書きました。

2018-01-07

anond:20180107112608

「性サービス」って書いてあるから風俗は込みの話じゃない?

あと上の増田の「この理屈だと女性向けも同様に批判対象になる」って話は私もそう思う

歯医者嫌いの母親

歯が全部無く、体調不良春菊納豆を吐いた。

父親サラ金から金を借り返せなくなってじいちゃんに返してもらった。

娘は授かり婚離婚した、その息子も歯がない。

息子は風俗にはまっていた。

anond:20180107115011

おっさん同士の風俗ができればお金いらずだし不幸な女性を生まずに済むし世の中いいことだらけだな。

VR風俗マッチングアプリでは24時間おっさんたちが大盛況にひしめき合う平和世界

ポルノ批判するのなら風俗批判しろ



エロ本とかAVなんて風俗代替でもあるんだから

規制するのなら風俗の方が先だろ

セックスワーカー批判することになるから

リベラル的に言及できないのかなと勘ぐってしまうね

ソープに行ってきた

ソープに行った感想を残しておきたいのでここに書捨てる。

最近精神にしんどいことが多く人肌の温もりで癒されたいと思っていたところに年末年始親族から就職祝いが転がり込んできたので、此れ幸いと特殊浴場に親族善意をブッ込んできた。

家を出るまでいくかどうか迷っていたが、思い切って電車に飛び乗り、車内で風俗街最寄り駅までの30分間で誰に予約を入れるかスマホでコソコソ選んだ。周りから画面が見られていないかキョロキョロしていたので挙動不審だったと思う。

サイト情報から選んだお相手は20歳、身長168センチEカップの子高身長女性が好きなので風俗紹介サイトで出てきた他の店の高身長の子とも迷ったけれど、年下の女の子と筆下ろしプレイがしたかったのと、お店があげていた写真が色白スレンダーで巻き髪セミロングの女子大生風だったのが決め手となってこの子にすることにした。風俗街の最寄り駅に着いてからお店に電話してみると、サイトでは待機中と出ていたけれど一時間半後から空いてると言われ、そのまま一時間半後に予約。60分21000円。

時間半はちょっと長いと思っていたけれど、風俗街を探検したり腹ごしらえ(うどん。何故か風俗街周辺にはうどん屋が沢山あった)したりしていると時間は過ぎて二十五分前になったので、お店に向かった。道中ですれ違う男の人には「これからセックスするのかな」と思い、女の人には「風俗嬢なのかな」と思ったりしていた。男の人については当たるとも遠からずだろう。

わかりにくい通りを抜けて店内に入ってみると、黒と白を基調とした結構小綺麗な店舗で高級感があった。サイトでは大衆店と書いてあったけれど、これが高級店だとどんなんなんだろう。いつか高級店に行ってみたいと勤労意欲が湧いた。店に入ってすぐのカウンターで予約時に伝えた偽名をどもりながら伝えると待合室に通された。待合室には二人できたと思しきおっさんが二人。ちょっと気まずい。ボーイに爪をチェックされ「うーん!切ってください!」と笑顔で言われ爪切りを渡された。バイト先の女子大生彼女いないと思われたくなくてこまめに切っていたつもりだったけど伸びてしまっていた。不覚。おっさん二人の横でパチパチ鳴らして切った。

予約していた時間になってもなかなか呼ばれない。待合室のテレビに映る逃走中ぼんやり見ながら、おっさんが入れ替わり立ち替わり待合室から出ていくのを「こういう普通そうな人が来て今からセックスするのかあ」と他人事のように思いながら眺めていた。

やっと呼ばれた時には予約の時間から20〜30分経っていた。案内された通路に向かうと、灰色タイトスカートスーツピンクシャツ女の子がひざまづいて待っていた。芸能人で例えるなら壇蜜似かな。すらっとした人で恥ずかしくて目を合わせられなかった。

二人でプレイルームに入るその行為自体がなんかエロいなと思いつつ、部屋に入り靴を脱ぎコートを脱いで促されるままにベッドに腰掛ける。エロい。この流れ、AVで見たやつだ。

ちょっとした雑談の後ソフトドリンクを飲んでお風呂に。隣で女の子自然に脱ぎ出してちょっと興奮。こんな場所でも、生着替えが見れるなんて盗撮ものみたいだな、と思ってしまった自分が虚しい。女の子ジャケットを脱ぎ、シャツボタンを外し、黒い下着姿になって裸になる。その動作を横で眺めていた。女の子身体は外見と違わず色白ですらっとしていて美しかった。腰回りにも余分な肉はなく美しい曲線があり、お腹にうっすらと腹筋の影があった。細い太ももから脚がスッと伸びていて思わず掴みたくなる。Eカップと聞いていた胸はイメージとは違ったけれど、十分な大きさで形も良く、細い身体から程よいサイズが盛り上がる様はとても綺麗でずっと見ていられた。どこにもシミやできものの跡もなく、白い肌はとてもなめらかだった。真っ暗な部屋で自分の顔を小さな画面で青白く照らしながら見ていたような美しい身体が目の前にあって少し感動した。美しい彼女身体を眺めているだけで幸せな気分だったし、彼女の美を彫刻に残して部屋に飾りたいなと思った。それを伝えたら「絶対抜くでしょ」と言われ、否定できなかった。抜くだけでなく擦り付けると思う。

風呂でいわゆるスケベ椅子に座らされてお湯で体を流しながら希望プレイを聞かれた。筆下ろしプレイがしたかったので「初めてなんですよね…」と伝えるも、ソープが初めてだと受け取られてしまい、訂正もしにくかったのでそのままに。ドMであることや弱い箇所はきちんと伝えられた。惹かれないように「気持ち悪いですけど…」と前置きをして話したけれど、「私も結構変態なんでよほどのことじゃないと引きませんよ」「Mなんですね。よしっ。いいですねー」と返され期待が高まる。おどおどしてると「かわいい」と言われてしまさら高まる。その後、全身を石鹸で洗われた。泡まみれになり密着されて、柔らかく滑らかな感触上半身の皮膚全体に伝わって一瞬で幸せになった。そのままキスされて舌を強く口に押し込まれて、同時に泡だらけのまましごかれ声が漏れる。泡を流した後、二人で湯船に入り、歯磨き、イソジン雑談。二人で歯磨きって同棲カップルっぽい。身支度が整ったところで、湯船の中で女の子に覆い被さらキス。もう完全に幸せな気分に。

風呂から出て体を拭いてもらう。太ももを拭いてもらっている時にかがんだ彼女からくわえられて思わず、あっ、と声が出てしまった。

そのまま促されてベッドに。各所を攻められて恍惚の表情をしていたと思う。キスをしている時に彼女に、唾をください、とお願いすると飲ませてくれて興奮した。そのお願いあってか、その後は全体的に唾液多めでやってくれて嬉しかった。彼女に攻められて耳が唾液まみれになり、汚されている感がとても幸せだったので、調子に乗って顔を舐めて欲しいとお願いしたら「変態だね」と言われ興奮。頬、顎、鼻を舐めまわされて長年の願望がかなって感動した。女の人に顔を舐められるのはとても気持ちいいしとても幸せだ。せっかく舐めてもらったんだから今日は顔を洗いたくないな、というと「本当に変態だね」と言われ、愛を感じた。その後、言われるがままに四つん這いになり下半身各所を攻められた。とても気持ちが良く思わず声が出てしまう。彼女にここでも「かわいい」と言われてさらに高まってしまった。

諸々の準備体操が終わった後、騎乗位に。やはり下から見上げる彼女はとても美しい。こんな綺麗な身体と繋がれるなんて夢みたいだなと思った。それを彼女に伝えると謙遜していた。

騎乗位の次は立って試してみた。高身長な女の人はやはり立ち姿が映える。キュッとしたお尻もまた美しかった。引き締まったくびれを掴んでみたり、胸を後ろから包んだり、そのまま抱きしめたり、やってみたかたことは一通り試すことができた。後ろから女の子の髪に顔を埋めることは忘れていたので今度やってみたい。

立っている彼女を後ろから抱きしめた後、ベッドに戻って正常位に。AVで見た画面と同じものが目の前に広がっていた。AVと違うのは自分の動きに連動して彼女が動き反応することで、リアルなんだけどリアリティが凄かった。僕が上からいかぶさって繋がっている時に、彼女小馬鹿にした調子で放った「腰の動き止まらいね?」という言葉は、今後数日は頭から離れないと思う。下にいる彼女がおもむろに舌を出して、今度は僕に唾を催促してくれた。ちょっと心が通じた感じがして嬉しかった。上から見るその身体もやはり美しく、それまでの彼女献身ぶりや気さくな振る舞いも相まって、好き…という言葉が喉元まで出かかったけれど、踏みとどまって野暮なことはせずに済んだ。

他にもいくつか試してみたけど、家で誰を予約するか迷っている時にパネル写真に興奮して無駄撃ちした自分を恨む他なく、なかなか執着点が見出せなかった。年下の女の子とこんなことしてるなんて、エロいな…と呟き自分を奮いたたせたけれど、上手くいかなかったので手でしてもらった。自分でも終わったのかまだなのかわからない状態だったので、一応達しても彼女に攻められ続けてしまった。これもこれで無理やり続けるSっぽかったので良かった。

彼女に手を引かれシャワーへ。ここで何を話したのかはあんまり覚えていない。ローションの滑りを落として、またイソジン

風呂から出て身体を拭いてそれぞれ着替える。彼女スーツに。僕はセーター、チノパンチェスターコートに。

最後のお願いとして、最初に渡されたソフトドリンクミルクティーを口移しで飲ませてもらった。僕の方が背が高いので、絶対に一滴もこぼすまいという熱意を持って、彼女の口からミルクティーを受け止めた。あれより美味しいミルクティーはこの世に存在しない、ってイギリス人だって断言できる。ミルクティー味のディープキススーツ姿の彼女を抱きしめた感触を僕はずっと忘れないだろう。これをするまで死ねないって思ってたんだよね、と彼女に言うと「まだ死んじゃダメだよ」と返された。少なくとも、この余韻を味わうためにしばらく生きるよ。

「これでしばらく今日のことを思い出して頑張れそう。ありがとう」と彼女に伝えて、部屋を出た。店を出る前にアンケートを書かされたけれど、全部最高評価にして、最高でした!の一言を書き添えて、また怪しげな通りの通行人に戻った。

帰りの電車の中では、喉の奥にほのかに残るイソジン匂いが余韻を引き立たせた。これからイソジン匂いを嗅いだら彼女を思い出して勃起してしまうかもしれない。パブロフの犬ソープイソジン

家に帰ってもなんとなく余韻に浸っていまい、冷蔵庫にあったケーキを食べている時に「このケーキ美味しいな。あの子にも食べさせてあげたいな」と思ってしまっている自分に気がついた。我ながらチョロい。

振り返ってみると、達することはできなかったけれど、とても満足のいくものだった。帰ってきてすぐ自分のベッドに潜り込んで、彼女を思い出してティッシュを消費したほどには記憶に残るものになった。本当に彼女芸術品みたいな美しい身体だった。別にプレイしなくても眺めてるだけで良かったし、密着しているだけで幸せだった。ただ、彼女幸せにしてもらえた分、騎乗位で彼女と繋がって下から綺麗な姿を眺めている時に「日常的にこんな幸せを感じている人がいるのか。羨ましいな」と思ってしまった。かなり不純だけれど、セックスするために彼女を作りたいと思った。これまでも彼女を作るために女の子デートに誘ってみたりしてはいものの、今回に行って幸せ経験が強い原動力になる気がする。

口の中に甘いミルクティーが流れ込んできたあの感覚に浸りながら、ぼちぼちやっていきたい。

2018-01-06

欲が少ない人は自由求めない

性欲が少なくてオナニーとかほぼしない人ならポルノ風俗への規制が強まっても平気で、むしろポルノ不快になることが少なくなるなら歓迎ってなるのは当たり前だろう。

食に対する欲もそんなにないんであれば、鰻ががっつり規制されちゃっていいと考える。

お笑いを見たいっていう欲が少なければ、バラエティ番組どつき漫才も際どい笑いも叱られてお笑いの幅が少なくなっちゃって構わない。

タバコギャンブルゲーム物語などなど、色んなものに言える。

何かを楽しみたいという欲が全般的に少ない人っていて、そういう人は自由求めないのではないか

物事自由化しても、それで増えた選択肢を楽しもうという気にはどうせなれない。

しろ自由化によって傷つけられる選択肢も増える害の方が大きい。

だったら、自分が抑圧で生きづらさを感じないで済む最低限の自由があり、それ以上は規制倫理で秩序が守られてるくらいが一番いい」

と考えるのは自然なことだろう。

欲が少ないというより、傷つかないよう保護されていたい欲とか、規制社会正義を保ちたいと思ってるなら正義欲が強いというべきかもだが。

とにかくそういう「食欲旺盛じゃないか食べ放題とか全然必要ないし、食べ物屋の種類もメニューの幅も少なくていい、それよりどこでも安全と清潔が保障されてることがずっと重要」って人はいるだろうし、

それに対して「色んなご飯食べれる方が美味しいし楽しいじゃん!」とか言っても説得は通じないよなあ。

anond:20180106130205

マッチングアプリいくらでも遊べる時代なんだから素人プロっていうくくりにもう意味はないんだぞ

学生でも風俗で稼ぐんだし

anond:20180105173313

『かたい』とか『(奥に)当たってる』とかは、素人彼女風俗にいく男大嫌い)に言われたんだけどな...おかしいな。ふたりエッチの優良さんみたいな人あり得ないのかなー。

他の女性にも、三点責めして欲しいとか、リクエストされたことあったんだけどー。

anond:20180105234421

「優れた風俗小説は、時の流れを乗り越えると時代小説として生まれ変わる」


しか金井美恵子文庫本解説で評者が言ってたことだけど(目白四部作だったかな)、

これ映画でも音楽でも何でもいえるよね


やがて古くなれば価値が薄まるものだとしても、その瞬間は大切だったことってあるでしょ

モノそれ自体じゃなくて、モノにまとわりつく感情を保存するために、

作品なかにモノとして描いて記録しておく意味はあるんじゃないか


この考え方は大森靖子作詞スタンスとも重なるなあと昔思った

荻上

大森さんの歌詞の中には

現代的な固有名詞でおそらく数年経てば古びた歌詞になるであろうというようなものというのが

しろ選択されて、今の風景としてあったりしますよね?

それはやっぱり意識的なんですね。


大森

はい、そうですね。「自分風俗資料になりたい」と思っているので。

http://www.netapod.com/2016/09/blog-post.html

モテるテレビマンモテないテレビマンの違い

ってなんだろう

自分の知り合いで新卒テレビ局入社したやつはナンパしまくっててテレビマンというのを最大限に活かしている感じがする。

一方でこれまた知り合いで中途でテレビ局入社したやつは風俗通いばっかしている。

テレビマンどうこう以前に単に人間性問題と言われればそうなのだが、後者別にモテないわけではなさそうなのに、意外だ。

前者は広告系の部署で、後者技術系の部署なのでそういった違いもあるのだろうか。

後者の人に「せっかくテレビ局入社したんだからもっと活かせよー」って思ってしまう。

anond:20180106005701

大学までの友人とはほぼ全員縁が切れちゃったし、昔は社会人サークルみたいな所にもいたけどそれもなんかめんどくさくなってやめちゃった。

一人暮らしだけど両親との関係は良好。会社人とはプライベートの付き合いはないけど、食事に誘われたら積極的について行く。会話が途切れると気まずいが、飲み食いは好きなので週一ぐらいなら楽しい。週末はジムで黙々と体動かしたり、一人で料理したり酒飲んだりゲームしたりしてる。

職場でのコミュニケーションだけで満足すると同時に疲れちゃってそれ以上人と話したくないって感じになり、だからオナニーはするけど風俗は行かない。

コミュ力は高くないしコミュニティにもほとんど属していないと思うんだが、それによる幸福度低下は少なくて、一人遊びで満足できる人間なのかもな。

風俗行くのには飽きたつもりだが彼女を作ろうという気にならないのはやはり飽きていないのだろうか 全国のソープ巡りでもしてみるべきか?

2018-01-05

風俗行ってからセックスにさえ興味がなくなってきた20代

おそらくミスチルHANABIはこの心境を歌っているのだろう

どんな希望を抱き進んだらいい?

anond:20180104170534

こういうケース聞くと、「コスパがいいか学生の間だけ風俗で稼ぐ」っていう一部の女子大生生き方正論に聞こえて何も言いかえせなくなる。

anond:20180105160057

AVとか風俗でわざとらしく喘ぐのほんっっっまやめて欲しいわ

あれ聞いた瞬間萎えるわ

ほんま悪い文明だよな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん