「新郎新婦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 新郎新婦とは

2017-05-22

http://anond.hatelabo.jp/20170522222621

いやさすがに祝宴の最中や、本人の耳に入るところでは言わんでしょ。

でも新郎新婦の出席者が大体同数いないと、社会性の無い嫁(婿)なんだなーと内心は思うよ。

2017-05-20

Twitterオタク垢でコスプレイヤーでもないのに自分写真をあげたり結婚しましたの報告する神経がわからなかったんだけど(ブスに多い)

お式の様子です〜^^って上がってる写真新婦がクソブス&新郎新婦共にデブだったので幸せになれよって思った。

2017-05-06

結婚式、好きなんだけど

結婚式に参加するのが大好きだ。

はてなに留まらず、2ちゃんほかネット言論では結婚式参加は祝儀払わされてホームビデオスライドショー見せられるだけの罰ゲームみたいな風潮あるけど、俺は大好きなんだよな結婚式

とりあえず新郎新婦の二人にとっては幸せピークのひとつなわけでその場に呼んでくれてありがとうって気持ちになるし、成長の写真家族への手紙かいちいち感動して半ベソかいてる。あと今まで幸運に恵まれてきただけなのかもしれないけど料理は当然美味しいし、ワインもそれなりのもの飲み放題だ。昼間から堂々と仕事を忘れて飲めるのも最高に好きな理由ひとつ

大切な友人の結婚式しかほとんど招待がないからかもしれないけど、職場の付き合いで参加した結婚式でもそこそこ楽しい。というか最低三万円は払うんだから最初からまらないなんて決め付けないで楽しもうよ。

2017-04-26

http://anond.hatelabo.jp/20170425233820

祝儀仕事の質に差がつきますってちゃんと白状するの、増田っぽくてとても良いな

まあ見方によっては「祝儀くれないんなら手を抜くぜ」と紙一重なんだが

そこは当然「最低限でもプロ仕事しますよ」って言いたいんだろうけれど、そりゃ「最低限の仕事しかしません」と見る人間も当然出て来る

最低限未満の対価しか貰ってないんだから当然っちゃ当然だろうがな

ただそれって増田に書くくらいだから大っぴらには絶対に言えないだろ

そうすると、チップ仕事の質が変わるということを知っているかいなかで新郎新婦側に不利益が生じるんだが、

そこの点はどう思ってんのかね

知らなかったんならごめんね、で済ませられるかね

一生に一度の記念なんだから、知ってたらちゃんとお金払ったのに、最低限の仕事しかしないなんて酷い!とか言われても、仕方ないっすよ、で済ませられうかね

そして、技術に全く見合わない不当な低報酬を貰って仕事をすると「労働ダンピングだ」という非難さえ巻き起こる

また他方では一流のカメラマンなら相当の報酬がもらえるはずなのでお前の腕や営業力が低いだけの無能だろという批判もある

本気云々のくだり、本気出しても無能人間は淘汰されるのみという残酷市場競争の反映でもある

そして仕方ないだろ脱落する人間が出てくるのは

そこからセーフティネットという話も出てくるのだろうし

それからカメラサービスの被提供である新郎新婦からすれば、上述したような背景なんか一切知ったことではない

あいろいろ詰んでるよな

2017-04-25

http://anond.hatelabo.jp/20170415172249

【追記あり】

どうも、元ブライダルカメラマンです。

このエントリを見てとても悲しい。

全員そんなカメラマンじゃないって知って欲しくて書きます

私はブライダルフォトの会社勤めでした。

私とこの増田さんとの違いは社員だったって事です。

私たちブライダル写真屋は土日に仕事が集中する生業なので、大安などには社員だけではカメラマンが足りなくなります

なのでフリーカメランにも委託し、何件もの結婚式をこなします。

私たち毎日結婚式という現場仕事をしているので、本気でブライダルに向き合い、お客さんの笑顔の為に頑張っています

フリーカメラマンには、ブライダルだけしている人と、コマーシャルなど他の仕事と並行してこなしてる人がいます

ブライダルだけしている人は、平日はアルバム作りやデスクワーク前撮りなどの撮影もしています。多分この人達も本気でブライダルに向かい合ってる人達です。

本気じゃないと食っていけませんもんね。

そして、この増田さんのように他の仕事と並行している人達です。

コマーシャル仕事をしていて仕事がなくてブライダル委託を受ける人、増田さんのように機材のテストがわりにしてる人は、はっきり言ってブライダルをただの記録写真くらいにしかおもってない人が沢山います

コマーシャルと比べて、ブライダルを誰でもできる下等な仕事…とおもっています

実際、コマーシャルカメラマンから、お前はどうせブライダルだろ…と袖に扱われた事があります

なぜ、コマーシャルカメラマンブライダルを下等な仕事と扱うのか

ひとつ、実際にブライダル仕事は安いです。

若い2人の財布から出てくるお金です。色々差っ引いてギリギリなんです。

そして、コマーシャルと比べてカメラマンになるハードルが低いです。日本中何件もの結婚式対応するには何人ものカメラマン必要からです。それだけ修行の場も沢山あります

一握りしかなれないコマーシャルカメランと違うんだぜっておもってるカメラマンがいるみたいです。

でも、ブライダルだって簡単技術ではありません。当たり前ですが。

そして、1番大事なことは

毎日コマーシャルだけをやりたかったカメラマンにとって、ブライダルはやりたくない仕事だということです。

考えて見てください。

やりたくないと思ってる写真が、仕事が、美しいかどうか。

クオリティは高いかどうか。

答えは、最低限のクオリティです。

私はフリーカメランの写真検品する立場でした。

ブライダルバカにしてる人のクオリティはひどかった。

ブレてずに適正露出で過不足なく撮れてるけど、そこにあるのはただの記録写真だった。

ちがうんだよ!

ブライダルってのはドラマなの!ストーリーなの!雰囲気なのー!!

腹が立って長文乱文になりましたが、

ブライダル頼む時は、ブライダルだけで食ってる人をえらべば良いと思います

コマーシャルやってる人でも、本気でブライダルやってる人を見極めてください。

祝儀なんかでクオリティ変わってたまる!!!

【以下追記】

なんだか、

ブライダル馬鹿にしてて、二人の門出を祝いう気持ちなんてなくて

気持ちのこもってない写真ばっかりとってたカメラマン思い出して

ついカッとなって書いちゃったんだけど。

しかコメントトラバで頂いたように報酬が少ないからやる気が出ない構図は

どの業界でも仕方のないことなんだと思う。

元増田記事を読んで、祝儀渡す人が増えて世のブライダルカメラマン収入があがれば、それもいいなって思います

なんでじゃあ書いたかって、祝儀もらう前から真摯ブライダルと向き合ってる人を選んでもらいたかったんですよ。

そういう人もちゃんと居るから、選べたらいいなって。

クオリティの話って難しいと思うんです。どんな写真が良くて何が悪いかって。

元増田さんは撮影ももちろんだけどレタッチとか撮影した後の処理をたくさんするよって書いてました。

そりゃ、安いお給料じゃそんな時間かけたら赤字ですからね。

でもブライダルクオリティってそこじゃないと思うんです。

例えば結婚式始まる前、新婦親族控室でザワザワしている…

新郎側に居たけど何となくそれに気づいて行ってみたら、おばあちゃんがもう感涙しちゃってる…

それを撮影しておいて後で新婦説明したら大喜び…みたいな。

どんんだけアンテナはってそこで起こってることに気づいて、新郎新婦の代わりに見ておいてあげれるか。

それってほとんど気持ち問題だと思うんです。

元増田さんが気づけないカメラマンだと断言しているわけじゃないです。)

自分時間を削ってサービスするのがクオリティじゃなくて、現場アンテナはって一歩踏み出せるかどうか。

接客業で、同じ給料なのに気の利く人と、気が利かない人がいるみたいな感じです。

なんだかふわっとした話になって申し訳ないです。

気持ち報酬次第と言われればそうなのかもしれません。

悲しい気持ちが消化不良で書きました。

また増田さん、色々勝手思い込みで書いてごめんなさい。

http://anond.hatelabo.jp/20170426074045

こちらのフリーカメランさんが、技術面について的確に書いてくれています

本当にその通りです。

コマーシャルフォトとれるから祝儀渡されて急にブライダルが上手く撮れるもんではないということです。

皆が専門分野に長けてるのです。

ありがとうございます

2017-04-18

黒字結婚式に行ってきた

数ケ月前に、前の職場の知り合いA子(アラフォー)の結婚式(+披露宴+2次会)に出席した。

招待された時は、事故で手術して退院した直後だったので、「今は経済的に余裕がないか申し訳ないですが…」と正直に断ったのだけど、「(式から2次会まで)どうしても来てほしい...来てくれないと困る…」と言われて出席することにした。

数年間疎遠で、当時でもそんなに仲が良いわけでもなかった自分を招待するということは、A子にもよほどのっぴきならない事情があるということなのだろうと思って。

出席するために仕事も休んだ。

今思えば「まぁ、お祝い事だし、困った時はお互い様から(しょーがないか)」って、甘くなってたんだと思う。

当時はあまり交流はなかったけど、結婚式に呼んでくれるほど、好意的に思っていてくれたんだってちょっとしかったし。

最近結婚式に出席した他の友人経由で、A子が「最初から結婚式は)黒字になる計画だった」と、話していたと聞いた。

祝儀費用すべてを賄えた上に、プラスがでたらしい。

確かに、当日は食事引き出物、会場の飾りつけなどはかなり質素だった。

今まで、結婚式は人を呼べば呼ぶほど赤字になると思っていたので、A子の発言は衝撃的だった。

当日は往復の交通費(帰りはタクシー)と、3万円のご祝儀、2次会費用で5万円近くの出費。

正社員から派遣になって、お金なくて~っていつも倹約しているシングルマザーの友人も断り切れずに出席していたから、彼女の感じた経済的負担は私より重かったはずだ。

「このお金があれば、子供においしいものを食べさせてあげられるのに」って、彼女が思ったかどうかは知らないけど。

結婚式披露宴)って日ごろお世話になっている人への結婚挨拶を兼ねた恩返しの場だと思っていた。

人を集めれば集めるほど集金できるのが当たり前になって、結婚式だらけになったら、呼ばれる方は破産してしまうよ。

自分たちのやりたいことの為に、ゲストの都合はお構いなし、ゲストへのもてなしも削って、何故そこまでして結婚式がしたかったのだろうか。

いや、ブライダル会社にまんまと乗せられたんじゃないかと思う。

自己資金無くても結婚式できますよ~」って。

結局、新郎新婦が周囲の人からどう思われようと、ブライダル会社の儲けは変わらなくて、金銭的なしわ寄せはゲストに行ってるわけだから

結局は業界全体が衰退するやり方だと思うけど、そうでもしないと結婚式をする人がいないんだろう。

予想はできたけど、黒字発言は知りたくなかったな。呼ばれた経緯が経緯だから養分にされた気分。

2017-03-27

祝儀文化滅びろ

祝儀婚てなんやねん

自己負担金ゼロ結婚式あげちゃおう?

人を呼べば呼ぶほど儲かる?

黒字になった金で新婚旅行行っちゃおう?

ふざけんなよお前らがやりたくてやる式なら金くらい自腹で用意しろ

それくらいの覚悟がないなら式なんて挙げるな。

引き出物?いらねー。

ギフトカタログ?超いらねー。

賑やかしとして呼ばれて交通費ドレス代ヘアセット代にテンプレ神父説教聞いて知らない歌歌わされて初対面の親族相手して新郎新婦とはろくに話せず足の痛い靴履いて休日潰して、付き合いで行く結婚式ほど退屈で迷惑ものはないよ。

食事代くらいは払うから8000円くらいの会費制にしてよ。

それなら気持ちよく祝いにいけるさ。

でも、最後に会ったのが成人式10年近く会ってないのに「招待状送りたいから住所教えて〜☆」ってくるやつはまじ理解不能

どうせ式行ってももう今後一生会うことないでしょ?

今までもこれからもお世話にならないのに、なんで誘ってくるの?

2017-02-27

http://anond.hatelabo.jp/20170223134150

本当にマジでそれ。

当事者だけ泣いて感動して、後の人は生暖かい拍手してればいい方、

普通に飯食ってる人がどれだけ多いか

プロフィールムービーで延々ラブラブ写真見せてきたりするけど、

分子時代とかの方が列席者は興味あったりするんだよ、絵変わりするし。

まぁ新郎新婦ムービーはその日の主役のものから許されるけど、

余興に関しては本当に自己満足集団は気をつけたほうがいい。

2017-02-23

結婚式の余興ムービーを作る人へ

最近ムービーを撮るのも編集するのもずいぶん手近になった。

年間5~6回は結婚式に参加するのを何年も繰り返していると、感心するものと見ないものがよくわかる。

自分でもムービーを作っているが、その時に気をつけていることを含めて

「こんなムービーを作るな」ということを提言したい。

ちなみにこれを書いたのはそんなムービーに参加させられようとしているから。

身内ネタはほどほどに

いや、いいんだ。仲の良い友達の余興なんだし、思い出話もあるだろう。

でも「君たちにしかからない」ネタを延々流されると見てる方はうんざりだ。

せいぜいエピソードの1つにとどめて、他の列席者が見ていることを忘れないようにしてくれ。

しこたま内輪ネタを放り込みたいなら、それは後日食事会でもなんでも開けばいい。

「せっかく作ったからたくさんの人に見てほしい」なんてのはエゴだ。

その時間があるなら高砂新郎新婦と喋りたいし写真撮りたいんだ。

~秒程度、メッセージくださいは愚の骨頂

多いよね。各自デジカメとかでメッセージ撮って送ってください系。

ただ、かぶるんだよ。というか、同じことしか言わないでしょみんな。

「(新郎名前)、(新婦名前)、結婚おめでとう!!

 二人仲良く幸せな家庭を築いてください」

みたいな、テンプレになるんだ、どうしても。

それを1020人と繋いだところで、飽きるんだよ。

気が利く人は、そういうのを避けてくれるけど

大勢の中の1人」であることを理解して送ってくれる人はそんないない。

サプライズなんてものは基本ない

「2人は内緒で!」みたいなのも多いよね。

特に女性に多いんだけど、何が何でも隠そうとする。

でも、何かしらあることぐらいわかるんだって

黙っていることとサプライズ根本的に違うんだよ。

「驚き」を持って迎えて初めてサプライズなんだ。

結婚式というそ自体日常イベントの中で、

本当にびっくりさせることはとても難しい。

ちなみに、本当にサプライズがうまくいった時は、

当人たちでない列席者から感嘆の声や笑い声、拍手自然と起こる。

起きなかったらそれは、予定調和だと思ったほうがいい。

ネタの使い古しに気をつける

テレビ番組CMPVマネをするのは

相応に技術がある人がやってこそ成立する。

例外は(ネタとしては枯れたが)「恋するフォーチュンクッキー」だな。

一時期地方自治体企業なんかがこぞってやってたのは

「とりあえず踊ってさえいればそれを継ぎ接ぎして成立する」という

稀有フォーマットだったからだと思っている。

同じノリで他のものでも成立するかというとそうでもない。

そう「恋ダンス」を同じようにつなげても失敗するだけだぞ。

あれは同じセット、ライティングで違う人(または合成)で、

しかダンスクオリティが高いから成立するんだ。

あれを画角も大きさも背景もバラバラな状態でつなげたって

何一つおもしろくないぞ。だったら現場で踊れ。

じゃあ、具体的にどうすればいいの?

という話になると思うので要点だけ。

列席者を意識する

ムービーを見るのは、ムービーに関わっている人よりも、関わってない人の方が多いんだ。

・ここはどこなのか

・何をしているのか

・何の話をしているのか

というような5W1Hに見ながら気づけるか、気が付かないならテロップで補足するなど

新郎新婦の片方しか知らなかったり、自分たちを知らない人であっても

パッと見でわかるような作りを心がけてほしい。

多人数からメッセージをもらう時はテーマ制にする

自由メッセージをください、って言うから何も言うことがなくて、

結局ありきたりなメッセージが集まってしまう。

学生時代エピソードは?

・どんなお嫁さんになって欲しい?

・初めて会った時の印象は?

というようなテーマをいくつか決めて、それについて喋ってもらえ。

「(新郎名前)さん」「ご結婚おめでとうございます」みたいな部分はもちろんカットだ、

新郎に言ってることぐらいわかるし、めでたい気持ちもここで言わなくていい。

画用紙にテーマを書いて喋ってもらうか、テロップで何について話しているのか出せば、

視覚テーマ理解しながら聴覚メッセージ確認できるのでおすすめ

飽きさせない工夫

メッセージでも触れたけど、同じようなのが続くと飽きるんだ。

カット割や画角を変える、喋ってる最中写真差し込む(音声はメッセージ)、

というようなアクセントをつけるだけでダラダラ感はなくなる。

テレビバカにされることが多いけど、

自分で作ってみると「視聴者意識する」「自分エゴを出さない」

っていうのが難しいことがわかる。

主役はあくま新郎新婦であり、列席者の時間を取っていることを忘れないでほしい。

編集BGM

ムービーの良し悪しの半分以上は編集と言っていい。

要するにテンポの良し悪し。あとはBGMの使い方と音量。

せっかくのお祝いの言葉を切ったりするのは悪い、と思うかもしれないが、

喋ってない時の間や、同じこと言ったりしている部分はバッサリ切れ。

喋りのプロじゃないんだからノーカットで見せれる人なんて少数だ。

ひどいときにはデジカメスイッチON/OFFとかも本編に入ってたりする。手抜きか。

単純に時間が長いことよりもテンポが悪い方が飽きるんだよ。

可能な限り素材は短くするように心がけて、

素材同士の音量差、BGMとの音量差に気をつけるだけでも随分と変わる。


こんなところだろうか。

Youtube見てると「自作」「感動」「号泣」って題名についてたりするが、

80%ぐらいは「別に…」ってなるのはこの辺ができてないからじゃないかな。

2017-01-24

結婚はしたくないが、結婚式はしたい。

結婚する気は全くないしおそらくできないが、結婚式という舞台を使った一世一代コントはやりたい。

きっとこの舞台ネタが寒くても観客たちは笑ってくれる、とても優しい世界だ。

具体的に何をしたいかといえば、

新郎新婦入場の際にカラオケしながら入る

新郎のウエルカムスピーチ最後に「それでは始めますショートコント結婚式」と言う

新郎の紹介VTRであからさまなウソの経歴のものを流す

衣装替え後の入場はプロレス選手入場風にやる、新郎の格好もプロレスラー

新郎自ら余興をやる(余興のアナウンスが入ったのに誰も出てこない→「じゃあ俺がやるよ」の流れ)

⑥親への感謝手紙時間手紙を出さずに歌う

ちなみに、自分結婚をしたくない些細な理由の1つには、親への感謝言葉を述べたくないからというものがある。

あの時間、耐えられない。

2016-11-23

結婚式ゲスト出席にかかるコスト多すぎ問題


結婚式ゲストに呼んでもらえるのはとっても嬉しいのだが、コストかかりすぎじゃないですか!?


原因は、服装マナーの多さだと思う。


女性についてしか知らないので、女性マナーについてのみ列記する。


ドレス

花嫁と同じ白ないし白に近い色は駄目(これは当然)

新婦カラードレスとも被らない方が良い(嫌がる新婦は少数派の様だが、一定はいる模様)

・あまりに暗いとお祝いとして相応しくない

→結果として、カラードレス数着が必要となる


■小物、靴編

・皮素材のものは駄目

・ファー素材のものは駄目

→布等でできたパーティバッグが必要となる。財布と携帯電話が入ると一杯になってしまうので、サテン生地等で出来たサブバッグが必要となる場合もある。


オープントウの靴は駄目

ヒールがなければならない

普段使いに多い革の靴がやはりNGなので(エナメルは何故か許容?)、布製のヒール有りのパンプス必要となる。ドレスの着回しを考えると、シャンパンゴールドパールホワイトになりがちで普段使いはし辛い。


■身だしなみ編

・ダウンスタイルは相応しくない

→ロングヘアだと、美容院に行ってセットする。

・化粧するべき

→華やかな色を買い足す場合あり



…結果として、身につける服の殆どは「結婚式ゲスト用」専用のものを新調する事になる。

出席メンバーが同じ場合に一つのドレスを着続けると目立つので、着回し分も含め…



こんなの全部守らなくてもいいじゃん、と思う。

ちょっといいレストランに行く時に着る様なよそゆきの落ち着いた色のワンピースに、

ノーメイクで、

ダウンスタイルの髪で、

ヒールが無い革の靴で、

オフィス用とかよそ行き用の革の鞄で、

女友達自分結婚式に祝いに来てくれたとして、失礼だなんて全く思わない。


しかし、新郎新婦の姑ほか親族の方がそう思ってくれるとは限らない以上、

「あら〜随分マナーのなっていないお友達がいるのねぇ〜さすが(嫁)さんのお友達だわぁ〜」とか思われて、祝いに来たのに新生活邪魔する訳にはいかないので、これらのマナー無視する訳にもいかないのである


結果、セール活用して一式揃え、着回し分を買い足している。

三十路になったら、今の若いデザインも似合わなくなるので買い換えるだろう。



あぁ〜〜もっと寛容になってくれ、社会〜〜!社会と世の姑〜〜〜〜!!

2016-10-14

内祝いですら、独創的なものでないといけない時代

食べ飽きた菓子折りはもうコリゴリ

チョコレートたっぷり塗ってあるラスク

スーパーでも売ってる菓子の高級版詰め合わせ

祝儀をもらったお返しによくいただきます

あるいは、盆と年の瀬にもいただくことがあります

でも、もう飽き飽きです

コリゴリ、食べ飽きました

どうせなら、独創的というか

「これでいいだろう」じゃなくて

「これなんて喜びそう」で贈ってほしい

そうでもなければ、手紙電話の1本だけでいい

出産祝いのお返しは、是非子どもにちなんでほしい

結婚式引き出物のお皿に新郎新婦写真があると

イラッとしてしまうけれど、子ども場合は別です

新しい命の誕生をお祝いしているんですから

こんな風に名前誕生日が刻んであるのもいいですね

http://www.daimaru-matsuzakaya.jp/d/naire.html

一番面白いなと思ったのは

新生児の重さと同じ量のミニ米俵

俵って形が古風で格式あっていいうえに

なんとなく縁起物っぽくて、お米ならだれでもうれしいし

2016-09-19

http://anond.hatelabo.jp/20160919015002

可能性があるかないかじゃなくて

どうして惚れさせなきゃいけなかったのかわからない

あの漫画あんなに恋愛方面へいくのは妥当性も必要性もなかったと思う

これはもう日本でも海外でも同じように疑問符がつきまくってた、ラスト新郎新婦入場エンドもね

完全に作者がメス暴走してしまった結果


んで最近出たファンブックの作者解説

なんか自分がやっちまった恋愛路線恋愛エンドを否定するような解説コメントがたくさんついててさ

でも原作が既に出てるからそれは苦しいわって感じのコメント多くて

なんだかなー


正気に戻るなら連載中に正気に戻って欲しかった

2016-09-07

結婚式を盛り上げたいくせに自分の身を削れないような奴はクソ

問題の依頼はこれhttps://crowdworks.jp/public/jobs/788515

依頼分に提示されている参考サイトのようなデザインが欲しいらしい。

あんたがプライベート使用するとか関係ないんだよ。

プライベート使用するから法人向けパソコンを半額で売ってくれって言うのか。

予算も。。。。すごいねぇ。

-------------------

3万円以上:依頼見送り

2〜3万円:ほぼ依頼見送り

1.5〜2万円:要検

1〜1.5万円:即依頼

-------------------

こんな糞な予算しか出せないくせに審査するとか何で上から目線になれるんだろうね。

>応募いただいた中で実績を見て一次審査します。

>一次審査突破した方にはサンプルを依頼します。


めでたい場なら羽振り良く金を出すべき。

裏でこんなケチなことしてて苦しみを第三者になすりつけてんじゃあ、新郎新婦可哀想だ。

結婚というめでたい場で使うものなので、報酬目的の方よりも純粋にそういうデザインを楽しめるうような方に依頼できればと思います

>今回は営利目的デザインではないため、予算がないのですが仕事発注もよくしております

2016-07-17

超絶勝ち組カップル結婚式に出た

二人とも、勝ち組

超絶豪華な結婚式だった。

新郎大学一緒で、いい感じで一緒に勉強してたので、そういうつながりで出席した。

二人は趣味出会ったとのこと。

キレイな付き合い、きれいな結婚だった。

  

一方で、俺は客側。大学同級生なんかとグダグダ話していた。

俺も含めて全員医者だったんだけど。

どーも違和感があった。

違和感というか、俺の場違い感。

  

俺は、たぶんあと数年でここにいる人間と関わらないくらい落ちるだろう。

みんなは、堅実に人生を歩んでいる。

あいつは脱落したっていう話がチラっと出てきたが、俺もそっち側なのだ

  

たまたま、運がよくまだ自分はレールに乗れてるが、かなり怪しい。

  

そう、違和感の正体に気付いた。

「俺ってこの場に居ない確率のほうが高かったんだよなあ」ということ。

確率の低い事象を引いた違和感

  

一方で、新郎新婦が着実な人生を歩んでいる。どうやらどちらの両親も太いらしい。

マンガみたいな話だった。

このカップルって、たぶん数百カップルに1人レベルなんだろうなあと思った。

俺はおそらく性格的に他人との付き合い下手だから結婚しないだろうし(相手申し訳ない)。

そういう奴が、この場に居るというのになんだか淘汰されるべき奴が淘汰されてない気分、言葉にするなら劣等感の亜種を感じた。

  

しかし、いい経験だった。

プロ野球試合にベンチで出場した気分。

『こういう世界もあるんだな』と。

  

きれいに人生送っている人を見ると、あまり違和感にびっくりするんだよなあ。

整形した人への違和感に近いかな。

う~ん。どうやってああい人間関係、この結婚という事象が成立してるのかの不思議がやばかった。

  

俺も、イケメンに生まれたら違ったのかなあと思った。

結婚式二次会気持ち悪さ

あれなんのためにするの?

式は親族だけ→まあ分かる

友達にも祝ってもらいたい→まあ分かる

から時間会費8,000円とって二次会パーティしよう!→は?

大量の友人たちと関係者が集まり、マズイ飯とマズイ酒を味わいながら、よくわからんゲームに興じ、

新郎新婦写真をパシャパシャ

???

ああ言うの、結局『つきあい』なんだろうけど、なんか言語化しにくい気持ち悪さがあった

増田結婚式二次会行ったことある

あれみんなあんな感じなの?

今までに親しかった人から、お世話になった方、大学時代とかの友人達と7、8回行ったけど、

どれも全然楽しくなかったし、気持ち悪さと会費の分だけ軽くなった財布だけが残った感じ

結局、新郎新婦と一対一の付き合いじゃなく、新郎新婦参加者って付き合い方で、自分との関わりが薄いから余計にそう感じるんだろうか?

ものすごく気持ち悪さを感じたんだけど、あれを他の参加者は感じないんだろうか?

2016-05-30

結婚式はね、瑕疵のない人でないとだめ

こんなブログを読んで「あーあ」と思いました。こんにちは増田です。

http://www.sekaihaasobiba.com/entry/2016/05/29/205140

ブログを書いてる方、結婚式結婚披露宴混同されてますが、それはさておき

タイトルの通りですが、披露宴というのは人生に瑕のある人がやっちゃだめです。

私は身内に病人複数いて、披露宴をすること自体に彼らが耐えられない。

幸いながら相手となる方は披露宴にこだわりがまったくなく、私が披露宴をやりたがらないことを承諾してくれました。

義実家まで承諾してくれたのは驚きましたが、事情を汲んでくれたのには大変感謝しています

これがやれ体裁ガーとか親戚ガーとか言うような義実家であれば、そもそも結婚せず関係が終わっていたと思います

結婚式を華々しくやっているようなカップルは、家族にも親戚にも大きなトラブルがない人がほとんどです

もしくはそういった人物を完全に式から排除します。

彼らの世界では瑕疵はないのが当たり前になっている

親戚っておもしろもので、どこか瑕を持っている人の親戚にはやっぱり似たような人がいるんですよね

うちもそう、病人ゴロゴロしてます

私は、披露宴の汚いものには徹底的に蓋をしてなかったことにする、とりつくろう、あの雰囲気が嫌いでたまりません。

何が楽しくてよくわからない素人芸を見させられなければならないのか

そして披露宴で繰り広げられる人間模様がダメ

親戚や友人知人が集まったらね、その全員が祝福の仮面を被っているけどね、腹の底なんてわかりゃしないんですよ

もっとイヤなのはね、頭がお花畑になってしまう人が一定存在すること。

私(俺が)が結婚するんだから借金してまで祝いに来いとか、自腹でハワイまで来いとか、どんな事情があっても一番にかけつけるべき、だって私の結婚式もの!というような頭がおかしくなった新郎新婦がかならず出現します。自己愛肥大もいいところです。

まさか自分の友人には起こらないと思っていたら実際にあったので驚きました…

それからね、結婚式に出なかったからといって、バッサリと人間関係を切る人が存在します。

3万円のご祝儀が、いわば踏み絵になってるわけ。

人それぞれお財布事情ってものがあるんだけど、彼らは無邪気に借金してまで祝ってくれて私たちのためにありがとう♡くらいは

本気で思ってたりしまから

白いドレスタキシードを着てしまうかなんなのか、まるで自分たちイノセント存在であるかのように思う人が多いんだけどね、

実は結婚式お金の話まみれだしね…

2016-05-23

京大専業主婦

家庭板住人の私がゲスパーすると

結婚式を控えているそうなので式場スタッフの場を持たせる為の雑談か、

披露宴司会者新郎新婦紹介の為の原稿作成の為に行った

簡単インタビューに対して過剰反応しているんだと思われる。

あとこの人のアイデンティティ自体

京大卒だけど専業主婦になって夫くんに尽くす私」

みたいな所があるんじゃないかな。多分。

と言っても既に食いついたはてなーにはどうでもいい事だろうと思うので

やっぱりメンヘラには触らないのが一番だな

2016-04-11

久々にクソな結婚式に出席した。

3月、曇り、夕方スタート、で、告知無しの屋外。

ストーブブランケットは用意があったけど、招待状に一言書いてくれてもいいよね?

普通の屋内の服装で来ちゃったもんだから顔面まっしろ、唇真っ青、震えも止まらない。

マナー違反だけどコートマフラー着用で耐え切ったよ。

怒りが頂点に達したポイントは、新郎新婦がホッカイロを席に配りに来たところかな。

寒いの知ってたんかい!!!!!と。

新婦がブスなカップルってこういう独りよがり結婚式をするイメージが強い。何でだろう。

2016-02-12

式場選び

もう読み飽きたネタなのかも知れないけど書く。

色々調べて考えているんですが、書いちゃいます

選び方には色々なスタート優先順位があると思うんだけど、

やっぱり予算重要になると思う。

式場施設料理で、「ここじゃなきゃやだ! いくらでも払うから!!」とは

相当のお金持ちでないとならないからだ。

で、自分ポイントだと考えているのは、

どの式場でも共通して算出できる来客単価だ。

どんな施設でも料理でも、一人当たりいくらになるかを考えると

自分にとって高いか安いかが分かるからだ。

来客単価を踏まえて、何に予算を割くかは後で決めれば良い。

で、結局なにが言いたいかというと、

有名ドコロの結婚式場都内)は、来客単価が平均ご祝儀価格の3万円を余裕でオーバーする。

倍の6万円なんてもザラだ。

自分としては、せっかく来てくれたゲストの方へ

美味しい料理を食べて欲しい。というか、いただいたご祝儀

できるだけ還元したい。

自分も今まで来賓として招待していただいたことがあるが、

祝儀あくま新郎新婦へ渡しているつもりだった。

自分としては「これで家具の足しにでも!」なんて思っていたが、

おそらくこれまで本人たちに届いたことはなかったのだ。

(今まで参加した結婚式は、豪華な会場で贅沢な料理ばかりだったので)

良い場所で、美味しい料理でもてなそうとすると、

祝儀をいただいても赤字になる。

赤字が嫌なら、色々とランクダウンすればいいじゃないか!って話なんだが

それはおもてなしではないよね。

1流どころのレストランと同等の1万5千円のコース料理、3千円ほどの引き出物

2万楽しんでもらって、1万いただく。これが理想だが、もちろん施設代は色々かかるよね。

だってことはないよ。だから、残りの1万で支払う。

いただいたご祝儀をすべて使って、良い結婚式を挙げる。

これなら文句ないんだが、絶対にそんなことない。

じゃぁ、レストランウェディングでもやれよ!って思う人もいるだろうけど、

あれも意外なことに高いんだ。

書いてて、なんか分かってきた。

俺は結婚式お金を掛けるのがアホらしいと思っているだけなんだろうな。

それだけの話なんだけど、なんかやるせない。

祝儀以上の予算をかけて式を挙げるってのもいいんだ。

50人でご祝儀150万円、総予算250万円でもいいと思っている。

それでも全然足りなかったりもする。

色々調べたけど、なんだかんだで総予算300万円が多い。

1日で100万以上のお金を使うってさ、狂ってるようにしか思えない。

なんかもうただの愚痴ですね(笑)ちょっとスッキリしたけど、やっぱり結婚式についてはおかしいと思うよ、この国。

2016-01-15

豪勢な結婚式披露宴をする理由一般人なのに)

一般人大手民間企業女性総合職独立して起業した男性)が、まるで芸能人女子アナモデルがするような豪勢な結婚披露宴をする理由って何なんでしょう。

フォトギャラリーが送られてきたのですが…内容がドン引きw式場のカーテン越しの光に目を細める新郎、長椅子に不自然な格好で横たわるウェディングドレス姿の新婦、何故かグランドピアノの前で新郎新婦がお互い違う方向を見つめて手を取り合っている後姿の写真、他にも色々と新郎新婦の不自然ポーズで撮られた写真の数々が沢山来ました。何か、東京カレンダーの変な小説?に出てくる様な参考写真彷彿させられました。

モデルたちのビジネス用のインスタグラムみたいでした。不自然ポーズの中に「幸せな笑み」「無表情でアンニュイ」「プロモーションビデオのワンシーン的なアレ」みたいな。

お美しいのですが、これは誰得なんだろうかと。ナルシストなのだろうか…。因みに、ご祝儀を幾ら包んだら良いか解らないレベル結婚式だった。式場やメニューやら諸々見たら色々察する位。やっぱりトンデモナイ豪勢な物が出てきて、ヨーロッパ貴族か?と思う位。

日ごろのFBもいわゆる「キラキラ系」なのですが、新郎起業したという事で、新婦ブランディングも兼ねて一所懸命「しっかりリア充やってます」「奥さんの仕事ちゃんとやってます」「富裕層生活してるでしょ?」アピールする事で起業が安定している事を暗にPRしてるのかなーとは思って「奥さんも、そういうPR活動が大変だなー」位に思ってたのですが…。

遅れて式を挙げた二人の披露宴の煌びやかな様もさることながら、このフォトギャラリー…。

一般人なのに芸能人女子アナモデル並みの豪勢に決めてる結婚式を挙げる人達ってどういう心理なんでしょ。

2016-01-12

既婚者ブーケトスゲット

既婚者なのにブーケトス取ってしまった

そもそも参加人数が少なくて、女が4人しかいなかった。

うち1人(私)が既婚。だから取れるのは3人しかいない。

司会の人が気を利かせて「男女既婚問わずお越しください」とか言ってくれればよかったのだけど「ご参加希望の方はー」としか言わない…

男も参加すれば新郎側友人多かったので20人にはなったのだ。

で、私も仕方なく3人から少し離れたところで見守っていたのだが、新婦コントロールが悪く思いっきり私の方向へ…

避けようかと思ったが花がポトリと落ちるのも悲しいと思いつい反射で手が…

で、三人の既婚者を置いて私がとってしまうというオチに。

払いのけるか逃げたほうが良かったのか、それで落ちるのも悲しすぎるし…

結局「今年一年の運試しで、きっといいことがある!」と新郎新婦フォローしてもらえたので良かったが、

3人しかいないとなかなか新婦コントロールが難しいだろうなぁと感じた。自分の時は独身女性しかいなかった(大学出てすぐの22歳で結婚したので当然といえば当然)ので割と簡単だったけど、少ない招待客の時は難しいな。ほんと。

2015-12-18

新郎新婦民度格差

11月に呼ばれた結婚式二次会、あたしは新婦側の友人として参加してきたんだけど、そこで新郎新婦民度格差というか新郎新婦それぞれの友人関係格差を感じた。

やっぱりその人の民度ってその人の人間関係でわかるね。

新郎新婦の入場から乾杯してビンゴまでの流れはまあふつうというかむしろビンゴの景品がなんとなく多くて楽しめた。

後半というかクライマックス、まずは新郎側の友人が新郎さんにサプライズ映像を見せるというものだった。内容は新郎さんの友人たちが連れ立って遠くにある新郎さんの実家に遊びにいく、そのときの様子を映像で流すというものだった。なんか良かった。詳細は省くけれど、新郎さんの友人が、新郎さんに内緒で、遠くにある新郎さんの実家に行き、新郎さんのご両親とご飯食べたり談笑しながら新郎さんの人となりを聞いたりしていく映像で、最後新郎さんの友達新郎さんのご両親が玄関で並んで写っていて新郎さんにメッセージを送っていた、新郎さんもちょっと泣いてて見ていてほっこりした。

良さが伝わらないかもしれないけど、結婚式二次会というTPOにとても合っていた。

それで次は新婦側の友人が新婦サプライズ映像を送るという、新郎さんと同じ種類のサプライズだったのだけど、これがほんとにもう、ひどかった。

新婦側の友人」ということは司会の人が言っていたけど、誰かが前に出てくることもなかった。もちろんその映像を作った人たちも出席してるのにニヤニヤしてるだけで、いきなり映像が始まった。

なんだかチーム名(?)みたいなもの映像最初に流れて「○○ズより」みたいな感じで始まったのだけど、わんこそばをたくさん食べたりバンジージャンプをしたり、とにかく意味のわからない映像がつづいていく。

またときどき新婦の昔の写真動画が流れるのは流れるのだけど、これもどうなんだろう、その写真映像には女性全然写っていなくて、まるで男友達と女一人、オタサーと姫みたいな構図で旅行に行っているように思える内容で、そういうのって結婚式で流していいのかな、新婦がいいと言っても、こっちは自粛するんじゃないかなって思うような、ものすごい内輪での盛り上がりだった。

内輪盛り上がりの映像は延々続いてて、最後は「みんなで歌ってください」という字が出て、そこからカンナムスタイルが流れ始めて友人の一人の女の人が踊り続ける映像になった。

映像が流れている間、等の映像作成したテーブルからだけ、爆笑の声が流れてきてたよ。

あたしはなんとなく不快で、周りも苦笑いで、会場を見渡したら後ろの方の人はみんな喫煙所に出てしゃべってた。

あたしもタバコは吸わないけど横にあるトイレに行くふりをして喫煙所のあたりで、同じくタバコを吸わない友人と話をして時間を潰してた。

結局カンナムスタイルはフルコーラスで流れて映像が終わったのだけど、どうなんだろう40分くらい流れてた気がする。

友達を見れば民度がわかるなと思った。新婦側で参加した自分が恥ずかしく感じるくらいだった。

結婚式花嫁のためのものだというのはわかるけど、新郎側のサプライズ映像がすごく温かい新郎さんのことを考えたものだったことを感じられたのと、同じ「サプライズ映像」というジャンルだったので余計に際立って、新婦側のひどさが目立った。

はいえ、喫煙所の人たちも、別に新婦側の映像について悪口をいうことはなかった。

まぁ男性が多かったので大方新郎側の友人だとは思うけど、何も思っていないわけではないとあたしは思いたいし、何かは思っているけど、こういうハレの日で悪口自粛しているという部分もやっぱり「大人だなぁ」と感じた。

新婦と同い年らしいので、30代だと思う大人が作るサプライズ映像としては、本当にひどかった。

人のふり見て我がふり直せを胸に刻んで、来年1月に挙式する親友サプライズ映像作成しながらふと思い出した。

2015-10-25

http://anond.hatelabo.jp/20151025175142

さな子供は親戚でない限り出席させないのがデフォだと思ってたけど

新郎新婦が敢えて子供連れて来ても良いとした趣向の式だったんだろうか

それとも田舎でゆるくて子供が騒いでても別にいいじゃんという地域なんだろうか

2015-09-29

結婚式というクソ儀式少子化を加速させてるんじゃないのか

いい年になってきて友人や同僚の結婚式に呼ばれる機会も増えてきてるんだが、

少子化やら晩婚化が問題視されている昨今、あんなクソ儀式をする意味がわからない。

 

1)へたくそな老人のスピーチ

2)ゴミしかならない引き出物

3)新郎新婦の友人による寒い余興

 

こんなことのために我々は貴重な休日をつぶされ、お祝いを包み、

二度と会わない人たちに愛想笑いをして帰ってくる。

場合によっては寒い余興の練習に駆り出されることもある。

 

また本人たちも、半年や1年間かそこら働かなくても生きていけるほどの

貴重な蓄えをはき出さねばならないらしい。

 

人が経済的インセンティブだけで生きるとは言わないが、

こんなくだらない一夜の催しのために

「だいたい1年分ぐらいの蓄えが吹っ飛ぶんだよな」という意識

男子プロポーズを踏みとどまらせたり、女子が行き遅れるリスクを増加させるのではないか。

 

個人的自分が許せないのは特に3)の寒い余興である

 

例えばブッサイクな新郎の友人数名が、グダッグダの振り付けで嵐のカラオケを歌う。

 

司会のお姉さんは「友人からの素敵なプレゼントでしたね」みたいに〆るが、

プレゼントとは価値あるものを贈ることを言うのであり、そうでなければただのゴミだ。

新郎新婦も来客たちも微妙笑顔を浮かべるだけの行為に使う表現ではない。

歌をプレゼントと言っていいのはギャラをもらえるプロだけである

 

仮に歌や踊りが下手でも、せめてビジュアルの強い新婦の友人ならまだ価値を生むが、

それもせいぜい20代前半ぐらいまでの話である

晩婚女子の友人たちが松田聖子を歌うのはそれはそれでいたたまれない。

 

こうした場で唯一価値提供しているのはPAを担当する会場のスタッフであり、

そうした彼らへの報酬新郎新婦の蓄えから出ている。

まりだいたいのクソ余興は本人たちがどれだけ休日つぶして練習しようが、

彼らの貯蓄と来賓のMPを奪うだけの、善意泥棒行為なのだ

 

おそらくこの週末にも日本各地でこうした不毛行為が行われているのだろうが、

世の大人はさっさと「ムダに結婚式なんてしなくていいんだよ」という規範を作ってほしい。

 

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん