「死刑廃止論」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 死刑廃止論とは

2019-08-05

選挙犯人のこともどうでもいい【京アニ事件のこと】

【辛い描写が出てくるので閲覧ご注意ください】

京アニ事件があった。あれから、友人に連絡が取れない。既読のつかないライン、夢に出てくる彼の顔、10分置きに被害者リスト検索をかけている。

多くの人が、今日アニのために祈っている。多くの人が、募金箱にお金を入れる。多くの人が、「生きて真相解明を、生きて罰を」と望んでいる。多くの人が失われてしまった京アニ財産を悼み、多くの人が有名な監督の安否を気遣う。それは当然のことで、現実的なことで、そしてとても尊いことだと思う。

そのうえで、僕はこの文章を綴る。

なお僕はこの事件のずっと前に、人を焼死というかたちで失くしている。最後吐息を、苦しむ様を、肌を、僕は知っている。それがどれほど凄惨ものであるかを、知りたくもないのに、僕は知っている。


僕は彼が好きだった。彼が夢を叶えるためのあの場所に、どれほど頑張ってたどり着いたか、どれほどの夢を見ていたかを僕は知っていたし、彼の仕事への姿勢を、僕はとても尊敬していた。一緒に作り上げてきたものがとても素晴らしいものであったことを、僕は誇りに思っている。

こんなことを言うと怒られるかもしれない。でも、僕は、彼が「著名な人間」ではなくても彼を愛していたし、彼が彼の仕事をしていなくても彼のことが大好きだった。

多くのアニメーターさんの命が失われた。文化消失であり、文明への許せない反逆だ。

多くの人が僕と同じように苦しんでいる。34人の方々の、怪我をされた方々の近しい人たちが、みんな苦しんでいる。直接に関わりのなかった人も、心を寄せ、その無事を祈っている。だから僕は、決して僕が僕と分かる場所で、この言葉を吐きだすことはしない。だってそれは、「35人の方々の、怪我をされた方々の」近しい人への暴言になるかもしれないからだ。

でも、ここでだけ言わせてほしい。

文化資料の損失、それに思いが至らないくらい、僕はただ、個人しかない、僕の友人のことが、ただ心配している。その無事を祈っている。

有名な監督の安否を心配する声が流れるなかで、僕はただ、「一個人」であった、まだ名前も出ていない彼の安否を願って夜をすごしている。優秀な技術者だったから、彼を、彼たちを、彼女たちを心配しているわけじゃない。名付けられないスタッフひとりひとりに、その無事を祈る人間がいる。そのことを、どうかだれかひとりにでも知ってほしい。


募金ニュースと再建のこと

多くの人が京アニのために募金をし、その再建を祈り、願い、思いをはせている。とても尊いことだと思う。多くの人が「お金では何も戻らない、でも何かせずにはいられない」と考えて、お金を入れている。僕ももちろん入れた。

だけど、多くの人が言っているように、京アニが復活しても、そこには34人の姿はない。

これは決して、「募金をするのが無駄だ」とか「偽善だ」とかじゃない。入れている人達の多くが、戻ってこないことを承知で、それでも自分にできることを探して、大切なお金を入れている。それが前を向くための力になることも知っている。

からこれはただのやるせなさとどうしようもなさと無念さで言うのだけれど、人の命はお金では買えない。戻ってこない。決して。それにどうやって折り合いをつけたらいいのだろう。

今まで何度もこの言葉を聞いた。僕はそれをわかっているつもりだった。でも、全然わかっていなかった。被災地に、犯罪被害者の方々に届けと入れてきた多くの募金は、それでも僕にとっては「他人事」だったことに気づく。本当にごめんなさい。

選挙のこともほかの芸能ニュースも、申し訳ないけれど、僕にはどうでもいい。だって彼らは生きている。選挙には行ったけれど、世の中のあらゆる動きは、僕にとってはどうでもいい。それらにもとても大切な意味があるということを、今の僕は「知って」はいても、どうしてもクリアには「感じ」られないのだ。



犯人について

犯人の話も出ている。よく見るのは

1.犯人の背景の話

2.生きて償え、生きて真相を語れ

3.これから二度とそんなことが起きないようにするために、対策必要

という3つだと思う。

1については正直、どうでもいい。犯人の背景にどのようなものがあろうと、その男が全き加害者で、京アニ人達が全き被害者であることは間違いがないからだ。精神障害があった? 苦しんでいた? それがなんだというのか。それによって差別がうんぬん、という話すらどうでもいい。

その男の背景に思いを馳せてその男を許そうとすると考える人がいたとして、そしてそれが今回の件のご家族なのだとしたら、僕はそのご家族勇気に敬意を表したいと思う。

そうでなければ黙ってろ。その男の背景を持ってその男擁護する人には、夢を希望を奪われ、苦悶と壮絶な痛みのなかでもがき苦しみ、喉がやけて息ができなくなって、「なぜ」の声も届かないまま死んでいく己の家族を見ても言えるのかと聞きたい。

こういうことを言うと、「仮定の話をしても無意味だ」と言う人もいるだろう。だが、「仮定の話」を考えることができないのであれば、その人は想像力共感力の欠けた化け物なのだ僕は思う

2はよく見る意見だし、僕にも分かる部分がある。僕と同じ立場の人でも、このように望んでいる人もいるだろう。ただ、それでも、僕はあくまで僕だけの考えで言いたい。今まで一度も言わなかった言葉で、僕ははっきりとこう言いたい。「死ねばいいのに」ではなくて、心の底から言いたい。

「どうか、死んでいてくれ」。

刑罰を受けなければならない」「神格化されてはならない」「真相を究明しなければならない」という意見は本当にその通りなのだけれど、僕はあの男がたとえ生きていたとしても、僕たちが望むような刑罰も、僕たちが望むような真相も、齎されることはないと思っている。

日本法治国家だ。だから僕は、その男拷問によって死ぬべきだとは決して言わないし、その男家族に累が及んではいけないと考える。だが、そうである以上、あの男に下されるのはたとえ死刑判決であっても安寧に満ちた「首吊り」という終わり方に過ぎないのだろうし、そしてそれが実行されるのは何十年も後のことになるだろう。

真相などない。狂人真相などない。そしてたとえ真相が語られたとしても、亡くなった方が生きて帰るわけじゃない。亡くなった方は声をあげることもできずに命を引き取ったのに、なぜあの男にだけ法廷で声を挙げる権利が許されるというのか。なぜ、自らの、けったくその悪い最低最悪の言葉を、「真相」という言葉で語ることが許されるのか。死刑廃止論とかそういう議論に使われるのもごめんだ。私怨で構わない。

死んでくれ。死んでいてくれ。死んでいてくれ。どうか、死んでいてくれ。

これから二度とそんなことが起きないようにするために、対策必要

3の意見もよく見る。たしかに正しい話だし、二度と同じことが繰り返されてはならない。再発があってはならない。

でも、この言葉を語る人に、反論ではなくて、ただ本当に純粋に聞きたいのだ。

セーフティーネット孤独を感じる人へのフォロー世界が裕福になったとして、本当に『狂人』が現れないと思いますか?」と。

孤独が人を狂わせることはたしかにある。セーフティーネットがあれば防げていた事件もあるだろうし、実際に防がれたこともあると思う。そういう意味では、これは有効だ。

だけれど、どのようなきめ細やかなネットであっても、そこから漏れる人は必ず出てくる。ネットに引っかかっていたとしても、犯罪を起こす人間はいる。

今回の事件は、「社会が悪かったから」起こったんじゃない。社会がよくなっても、事件を起こす人間はいなくならない。

それに、亡くなった人は、「次の事件が起こらない布石になるために」死んだわけじゃない。このような発言をする人も、決してこんな意味で言っているのではないと推測はできる。

歌の歌詞ではないけれど「意味のない悲しみはないと思う」と僕も願いたいし、今までずっとそう思って生きてきた。そしてそうすることが、この痛ましい事件から立ち直る方法ひとつだとしても、それでも僕は、「対策から外れる人間がいることも知っているし、このような事件がまったく起こらなくなるわけではないと知っている。

「今回の事件から学ぶ」「二度と同じ思いをしない世界へ」これはたしか意味のあることだ。

だけれど、「今」亡くなった人は、二度とかえってこない。

その言葉ネットに流す意味を、「今」亡くなった人がいた・その人を愛しく思う人達がいるネットに流す意味を、どうかお願いだから考えてほしい。


残された人のこと

未来を夢を希望一方的に奪われた犠牲者の悲しみを、僕は決して「分かる」なんて言えない。言える筈がない。僕が思いを馳せられるとしたら、「残された人のこと」だけだ。

楽しく語り合った時間、一緒にとった写真、ともに作り上げた作品。それらはすべて優しくて面白い思い出の筈なのに、一番つらい記憶と重なることの残酷さを僕は思う。思い出となるものが、一番苦しい記憶に重なって、そしてそれは決してなくなることはない。思い出が鮮やかであれば鮮やかであるほど、夢と希望と命を奪われた愛する人の胸を苦しみを思い出してしまう。

僕は人の死を何度も見てきた。だけれど、「だれかに理不尽に、奪われた命」は、また違う意味を持つ。命の尊さやご家族の苦しみに優劣や軽重はない。それはわかったうえで(僕自身も、それの経験者だ)言う。故意に、だれかの手によって、理不尽に、身勝手に、苦しみを持って愛する人を奪われたことの慟哭は、その人と紡いだ楽しい記憶さえ蹂躙してしまものだと。

もうひとつ

僕は彼と、随分「大人」になってから知り合った。子どもの頃からの付き合いとは異なり、多分彼の交友関係もまた、彼の家族はそれほど明確に把握はしていなかったと思う。

から、彼の名前公式で発表されない限り、僕は彼の安否を直接的に知る方法ほとんどない。あらゆる方法で連絡をとったけれど、ご家族がそれを目にして、そしてご返信をされない限りは(当たり前のことだけれど、それを強制するわけではないです)、僕は彼の本当の安否を状態を、知ることができないのだ。

これはとても難しい問題だと思う。「被害者名前を公開するな」という気持ちはもちろんあるだろうし、それは責められるべきではない。被害者プライバシーは守られるべきだ。だから僕は、僕のところに連絡がなくても、それを批判はしない。

ただ、心配なだけだ。ただ、安否が知りたいだけだ。そして、「それがしれない環境」をどう打破していいのか分からず、毎日夜を過ごすことしかできないでいる。


これからのこと

「本当に友人だったらこんなことを書ける精神状態じゃないはずだ」「事件にカコつけてみてもらいたいだけ」「自分に酔っている」と思う人もいるかもしれない(たとえ匿名であっても)。ただ僕は彼のプライバシーを書く気はないし、また僕も「僕」としてここに綴るつもりもない。酔っていると言うのならそうなんだろう、こんなつらい話、いつもの精神状態で、いつもの語り言葉で話せるわけがない。ただ、書いていて、吐き出して、それでいい。僕は僕自身が落ち着かないということで、これを書いているだけだ。

僕は彼からの連絡を待つ。それ以外にできることはない。ただ、そうはわかっていても、僕は何度も被害者名を調べる。身勝手なことだ。ほかのご家族やご友人だって同じ気持ちでいるのに、僕はその「被害者名」のなかに彼がいないことを願って、ずっと調べているのだから

ただ知りたい。彼がどうしているのか。彼が今何をしているのか。「覚悟を決めなさい」と言われたけれど、それでも彼の無事を祈り、僕は彼の連絡を待っている。

京アニを、なかにいた人を愛していた人たちの「心配」「何かできることを」の気持ちを、この吐露によって傷つけてしまったとしたらごめんなさい。「心配」「祈ること」「自分達ができること」をやりとげる人達に、心から敬意を表します。僕はまだ、現地にいけません。心が追い付きません。まだ安寧を祈るところにまでたどり着けていません。僕自身の未熟さゆえの話です。「安らかな旅路を」とさえ、まだ祈ることもできない。あまりにもむごい事件だったから。

僕はこの事件を、政治的解釈と結びつけたくはないし、陰謀論も知りたくありません。ほかの犯罪事故との比較もいりません。僕がこの事件に、今まで接してきた事件のどれよりも深くショックを受けているのは、社会道義主義主張などの話ではなく、ただただ身勝手に、僕個人として、僕の友人が心配からです。僕は僕の怒りを憤りをやるせなさを、社会道義社会倫理観に代えることはしません。犯人の背景や思想もどうでもいいです。ただ友人の無事を祈ります

僕は仕事します。彼は僕の仕事のやり方を好きだと言ってくれていたから。だけれど、日常に戻れない人にも僕は寄り添いたいし、寄り添われたいと思います

被害者なかに、実際の知人・友人・家族がいる人」と、「京アニという会社を、なかのスタッフを画面を通して心から愛していた人」と、「痛ましい事故に心を寄せ、自分ができる限りのことをしようとしている人」との間には、たしかにどうしても、どうしても、どうしたって越えることのない、仕切りはあると思います。あります

その仕切りがあっても、だれもが祈り、願い、心を馳せることの尊さは、決して変わりません。喜びは分け合うことができても、悲しみは分け合うことはできない。でもそれでも、僕は人が持つ人の可塑性を、人の持つ人への愛情を信じたいと思います。その可塑性が亡くなった人にはもうないのだとしても。残された人間しか感じられないものだとしても。

(また、これはあくまで「人間」を対象としているので、人間ではないあの男に対しての言葉ではありません)

読んでくれてありがとう

あなたあなた愛する人あなた愛する人に、幸いがありますように。

2019-08-02

俺が死刑廃止論者になった理由

きっかけは袴田事件っていう有名な冤罪事件(と言われている、まだ再審中)に関するドキュメントを見てから

そこから死刑執行された飯塚事件無罪が確定した足利事件など色々な冤罪事件について調べていく中で

殺人のような重犯罪から痴漢のような軽犯罪まで、この国には冤罪が生まれ構造が備わっているという考えに至った。

因みに俺は元々は死刑制度については特に何も疑問は持っていなかった。

人を殺めたら死んで償う、それが当然という風に割りとつい最近まで思っていた。

長ったらしく書くのもアレなんで、俺が思う死刑廃止すべき理由をできるだけ手短に列挙していく。

冤罪可能

死刑は一度執行されると後戻りできない、完全不可逆。

執行後に冤罪とわかっても二度と元には戻せない。

懲役刑は途中で冤罪とわかった場合は刑を中止できる。

既に服役した時間は二度とは戻ってこないが、国家賠償という形で補填することは可能

もちろんお金じゃ納得できない人もいるのは当然だが、命がある限り再出発はできる。

死刑執行されてしまうと再出発どころか、自分無罪になったことを知ることすらできない。

死刑による犯罪の抑止効果を示す明確なデータがない

日本以外の先進国死刑廃止が主流になっている大きな理由ひとつにこれがある。

カナダでは死刑廃止後に殺人の発生率が減少したという。(勿論、抑止効果があると主張する人もいる)

そんな馬鹿な~と思う人は各自調べてくれ。

人道的観点

憲法36条で「公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。」とある

究極の暴力である死刑絞首刑)が残虐でなくて、むち打ち刑や性器切断の刑は残虐だというのに疑問がある。

専門家の間でどういった法的論争があるのかはわからないが、絞殺でも銃殺でも薬殺でもむち打ちでも性器切断でも俺には全て残虐な刑罰に感じる。

被害者及び被害者遺族の報復感情

死刑存置論者はこれが主な理由っていう人が一番多いんじゃないかと思う。

もし自分の大切な人が殺されたら絶対死刑を望むと思うし、何なら自分で殺したいと思うかもしれない。

でも日本においては内乱罪外患誘致罪などで人が死んでいなくても死刑適用することができる。

(実際に適用されたということではなく「可能である」という意味

もし死刑被害者やその遺族の報復感情を果たすためにあるなら、人が死んでいない罪にも死刑適用できる説明がつかない。

それにもし殺人による被害者や遺族の報復感情を果たす為に死刑という暴力刑が存在するのなら

強姦罪傷害罪にもむち打ち刑や性器切断の暴力刑を適用すべきではないか

それに死刑執行被害者遺族のために公開するべきではないのか。

そう考えると今の日本死刑制度被害者やその遺族の報復感情を果たす為にあるとは到底思えない。

あと最近よく見る「海外では死刑がなくても現場で射殺するよね」っていう意見はまったくもって的外れだと思う。

言うまでもないが、現場で射殺するのはあくま警官自身人質を守ったりそれ以上被害を出さないようにするためで刑罰とは無関係

しろどういう理屈でこの犯人射殺と死刑が結びつくのかよくわからない。

あと懲役刑判決後すぐに執行されるのに対して死刑場合執行まで何年もかかるのも納得いかない。

本当に死刑判決誤審がないと100%言い切れるのなら某法務大臣の言う通りベルトコンベア執行すべきではないのか。

そうしないのは、絶対にあってはならない死刑判決でも誤審はありうるということを暗に認めているからではないのか。

同じ理由再審制度死刑判決適用できることにも納得がいかない。

色々書いたが、特に自分の中で大きかったのは

人間判断する以上は冤罪はなくならないという点と

死刑犯罪抑止効果を示す明確なデータがないという2点。

まぁあくま法律も何も知らない普通一般人ちょっと調べて考えて行き着いた結論であって

誤った認識もあるかもしれないので何卒お手柔らかにお願いします。(予防線

2019-07-28

anond:20190728000122

俺は団藤の死刑廃止論支持者だぞバー

お前が冤罪やその可能性について理解してないだけ

2019-07-27

anond:20190727234415

お前は勉強不足過ぎて言葉を使い間違えてるんだよ

俺は死刑廃止論者だから良くここの使い間違いを見てはうんざりしてる

冤罪に関しては、可能性を否定することできるんだぞ

ここ重要

秋葉原通り魔事件犯人冤罪だなんて可能性は完全に否定されてるし議論すらされてないだろ

死刑廃止論への疑問

「【京アニ放火殺人凶悪事件が起こると死刑廃止論者は困る?」

http://vergil.hateblo.jp/entry/2019/07/26/191304

自分は必ずしも死刑存置派ではない。現行の死刑制度を必ずしも支持する立場ではない。だがそれでも、この人の議論にはさまざまな穴があるように見える。

犯罪社会が生み出すもので、凶悪犯を処刑して社会から排除しても、そのような犯罪を生み出した社会の歪みを正さないかぎり、また同じような犯罪が繰り返される。死刑は、犯罪の原因を除去できたかのような幻想を与えるものしかない。

凶悪犯を処刑して社会から排除すること」と「そのような犯罪を生み出した社会の歪みを正すこと」は両立する。死刑執行を見て「ああ、これで犯罪の原因を除去できたぞ」と喜ぶ人もいるのかもしれないが、自分個人は見たことがない。

死刑といえども人を殺すことに違いはなく、凶悪犯も含めいかなる人間生来持っている基本的人権生存権)への侵害である

他者権利を侵した者が同じことをされるのは仕方がない。懲役刑禁錮刑も基本的人権自由権)の侵害だが、まさかこの人は懲役刑禁錮刑にも反対するわけではないだろう。

死刑は、生涯をかけて自らの罪を悔い、謝罪し続けるべきその時間を、加害者から永遠に奪ってしまう。

絶対謝罪しない死刑囚もいる。宅間守植松聖など。仮に謝罪してもらっても殺人の罪とは全く釣り合わないから、謝罪させることには根本的に意味がない。

神ならぬ人間裁判を行う限り、誤審の発生は避けられない。冤罪被告人死刑にしてしまったら、その過ちは取り返しがつかない。

絶対冤罪ではないと断言できる事件も多い。むしろ、その方が多い。また、誤審で取り返しのつかない結果が生じるのは終身刑でも同じこと。取り返しがつくのは罰金刑ぐらいである。誤審に対して判事検事警官などに個人責任をとらせる方法については制度改革必要であり、また別途考えなければならない。

死刑は、それを執行する人間必要とする。刑務官は、凶悪犯といっても個人的には何の恨みもない無抵抗相手を殺すという辛い行為を、職務として行わなければならなくなる。

ロボットやらせればよい。ロボット作動ボタンを押す役目は被害者の遺族に任せることにすればよい。遺族が望むなら執行の無期延期もありだろう。

凶悪犯ほど死を恐れないので死刑には抑止効果がないという問題もある。それどころか、死刑になりたくて人を殺した者さえいたではないか土浦連続殺傷事件など)。

殺し方の残虐さに応じた方法処刑すればよい。薬殺犯には薬殺刑。斬首犯には斬首刑。焼殺犯には焼殺刑。その他もろもろ。

犯人一人の命で、どうやって34人もの尊い命を償えるというのか。

34回に分けて執行するという方法がある。寸止め33回繰り返し、34回目で絶命させる。永山基準では3人殺害死刑相当だから、34を3で割り、寸止め11回でもいいかも。

そもそも

日本国憲法第三十六条

公務員による拷問及び残虐な刑罰は、絶対にこれを禁ずる。

この規定にも疑問がある。拷問はともかく、残虐な犯罪に対して残虐な刑罰はあって当然ではないか死刑囚の中には筧千佐子のような薬殺犯もいれば池田容之のような斬首犯もいる。本当に同じ絞首刑でいいのか。

2019-07-22

anond:20190722192120

気に入らんやつ苦しめたいだけやん

そういうのは死刑廃止論争の土俵に上がってへん

2019-07-20

死刑反対で終身刑にって意味わからん

私は死刑廃止論者だが、死刑廃止論者の中には代わりに終身刑をとか言ってる人がいて意味わからん

一生監禁してたら死刑と大差ないじゃん。直接殺さなかったら殺人じゃないですよ、みたいな話でしょ。

anond:20190719235447

そうか?

こと量刑に限って言えば、日本っていう国は、複数人以上殺したやつは罪の重さがカンストして死刑になる制度だぞ。そこの判断が軽すぎるとは思わんというか、カンストしてるんだから重さがマックスということだと思うが。

 

まあ、量刑カンスト制度を設けているせいで、逆に軽くなってると見る一派はいるよ。一般にはあまり知られてないけど、死刑廃止論の強力な論拠の一つだね。懲役200年とか罰金50億とか、実質回収できない額でも累積するべきだという考え方。

まりお前は、死刑廃止したいのか?

anond:20190719044907

俺は死刑廃止論者ではないが、とにかく世間様の思考停止ダブスタが大嫌いなので

ここぞとばかりに死刑廃止論思考停止奴どもを攻撃するよ。

自称リベラル殿のパラノイア具合がとても面白い

[]2019年7月19日金曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0019522636116.136
017511496153.368
027011569165.372
0381512563.332
0456444879.442
05438188190.456
0639279871.740
0792883996.157
08132714654.133
092221505867.839
102021524175.536.5
111471101774.940
121821472980.939
13165901354.638
14138898965.138
151351083780.338
1612513392107.155
172201599572.735
181841305170.934
191801573187.443
2011113811124.435
21116844572.831
22868928103.837.5
2314321877153.061
1日313927835988.740

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

真司(8), 青葉(19), 死刑廃止(27), 33人(18), バリサク(12), 放火事件(16), 犯罪係数(5), 終身刑(25), モノタロウ(6), 死刑廃止論(9), 心神耗弱(4), 7月18日(4), 京アニ(135), 放火(58), ガソリン(74), 死刑(153), 刑罰(27), 遺族(27), 犯行(17), 狂人(14), 犯人(89), 懲役(13), 容疑者(17), 悲しみ(17), 事件(137), テロ(27), アベ(13), セキュリティ(13), 廃止(29), 犯罪者(54), 冤罪(25), 殺さ(45), 殺す(37), マスコミ(19), 火(21)

頻出トラックバック先(簡易)

■ねぇ、死刑廃止派どうすんの?w /20190719044907(37), ■こういう時、ワイのような死刑廃止論者は肩身が狭い /20190719085002(11), ■べらぼーな金持ち結婚した /20190718170026(10), ■欧米アニメ見てる人間なんていねえし悲しんでる人間なんかいない /20190719110355(9), ■嫁が働かないうえ、向上心がない /20190719070525(8), ■ラーメンに入ってる味玉 /20190718155027(8), ■自民党からここまで上手くいってるって可能性ないの? /20190718234856(7), ■anond20190719110355 /20190719115300(7), ■anond20190718234856 /20190718235415(7), ■anond20190719070525 /20190719071930(7), ■女だが美人に弱い /20190719172952(6), ■anond20190718202216 /20190719134721(6), ■ /20190719123728(6), ■ベッド→ベット、バッグ→バックみたいな /20190719152744(6), ■anond20190719044907 /20190719092418(6), ■言葉にならないという言葉にしてる /20190719121633(6), ■ /20190719135409(5), ■論理的に物が考えられない人の見本市 /20190719125556(5), ■「努力できるのも才能」というあるあるコメント /20190719204426(5), ■こういう時だからこそ言っておく /20190718202216(5), ■剣士必殺技って剣自体の技じゃなくて結局魔法みたいになってるやん? /20190719193205(5), ■悲しみが深い /20190719191650(5), ■沢山の人の人生を見てきたであろう、あなた方に問いたい。 /20190712195233(5), ■娯楽産業の人が死んだからといって寄付するのはおかしい /20190719165646(5), ■anond20190719183311 /20190719183740(5), ■消費税廃止意味ない気がしてきた /20190719192208(5), ■法学部に入ったら冷酷な人間になった /20190719111604(5), ■青葉真司は日本英雄 /20190719212848(5), ■ヤフオクはもう二度と使わない /20190719164146(5), ■「自分はイクメンだ」って思ってる地点でイクメンじゃねーよ。 /20190719193605(5), ■通勤電車ガソリンまかれたらどうすれば助かるの? /20190719122505(5), ■放火現実的対応策 /20190719000830(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6463363(2836)

2019-07-19

anond:20190719175928

死刑廃止論本丸は反乱罪での死刑阻止。

死刑にさえならなければ、革命成功したら助けられるので、活動家は一縷の希望が持てる。

死刑廃止論

いっつも死刑賛成してる人が感情的になって話がめちゃくちゃになって終わるんだよね

これって賛成側が被害者とか遺族の応報感情を基盤にしてるからかな?

だとしたら冷静で真面目な議論の場では死刑賛成論者ってすごい不利だよね 感情的論理的でない発言が白い目で見られるんだもん

そんなに死刑廃止したいなら、まず被害者家族の救済を訴えろよ

本気で死刑廃止を訴えるなら、まずやるべきことは被害者家族の救済のための法律制度重要性を訴えること。これが最優先。

被害者家族へのメディアスクラム禁止

被害者家族への長期にわたる精神ダメージケア

民事裁判加害者を訴えて賠償金支払いを勝ち取ってもほぼ支払われることな泣き寝入りさせられている現状を踏まえ、裁判請求された金額を国が全額立て替えて、国が代行して加害者強制的請求する

あげだしたらキリがないけど、まずは被害者家族の今後の人生第一に考えよう。おそらく決して癒されることのない傷を負ってしまったが、悲しみと絶望の中で彼らがなんとか次の人生に向けての一歩を踏み出せるサポート行政や周りの人たちで全力で行う。ここまでしてようやく「死刑廃止についての是非」について議論できる準備が整うんだよ。

これらのサポートがほぼ皆無な現状で死刑廃止論だけを叫ばれてもね、とても耳を貸す気になれませんわ。むしろ絶望どん底にいる被害者家族へのセカンドレイプだよ。

anond:20190718202216

死刑廃止論者は死刑廃止されたら懲役刑廃止論者になるの?

懲役刑人権侵害だと思うのだけど

死刑反対の根拠の命を時間に変えたらそのまま懲役刑反対が成り立つよね?

死刑賛成論者を感情的と言っておいて、懲役刑には賛成するの?

anond:20190719130535

それは死刑廃止論者の「死刑する方の身にもなってみろや」派の意見やな。

別にそれはそれで妥当だと思うけど、今回の話とは別個じゃね。

anond:20190719122928

死刑廃止論者、だいたい終身刑も主張してない?

おまえが無意識に読み飛ばしてるだけでは?

死刑廃止論者は死刑廃止より先に

終身刑懲役100年とか上限撤廃

実現させてよ

永久に牢からでれなくなってようやく

他国死刑廃止と肩を並べるんだし

anond:20190719045224

死刑廃止論者だけど、関係おおありだよ

死刑確実に出る事件死刑廃止論者の弁護士がついて心神喪失状態レクチャーするんだぞ

麻原に家族の前でオナニーさせたり、ドラえもん現実にいるって言わせたりするんだから

anond:20190719044907

死刑廃止論者は犯罪者擁護しているわけではないと思うが

それは弁護士仕事じゃないか

こういう時、ワイのような死刑廃止論者は肩身が狭い

これから死刑廃止を唱えていきたいので、みなさんは犯罪なんてしないでください。

赤の他人を罰したくてウズウズしてる人はいっぱいいるし気持ちはわかるけど、無駄なのであなた個人的愉悦のために人の死を願わないでください。

悪人を苦しめても世の中はよくならないです。

追記

親しい人間がひどい目に合っても言えんのかって意見が常にあるけど、言うわけないし今回の遺族も言わなくて良い。

当事者意見を過度に重視するのはバカだと思うが、当事者に冷静な判断要求するのもどうかしてる。

どっかの弁護士をこえる手のひらクルックルを見せてやるよ。

でも遺族の報復の道具じゃない。

遺族のメンタルケア犯人の命使ったらいかんよ。

追記

個人的愉悦じゃないと思う奴は前に出なさい。

正直ワイは「周りと違う俺カッケー」という理由もなくもない。もちろん全てじゃないけど。

2019-06-18

お前らが飯森の父なら謝らないの?

俺が彼の立場だったら謝っちゃうね。

すみませんでしたって。

もう心は家の冷蔵庫にさえ土下座したくなる心境よ。

謝らずにはいられない。

罪悪感で押しつぶされる。

例えば死刑廃止論者の主張のひとつとして、家族が殺された時点でその遺族に冷静な判断はできなくなるから遺族感情考慮した刑罰を下すすべきでないというのがある。よね?知らんけど。

それは加害者側の家族にも当てはまると思うんだ。身内が人殺しになった時点でいくら自分は悪くないと言っても冷静な判断はできない。

もう一番つらいのは親なのにさらに謝りたい。謝りたおしたい。

そういう冷静さを欠いた判断になってしまうのは当然だと思うんだ。

まあでも俺は飯森の父じゃないし、殺された警官の知り合いでもからどうでもいいんだけど。こんど飯森の父と飯でも食いに行こうぜ。

2019-05-28

anond:20190528142927 anond:20190528020631

死刑廃止論者が悪い

人を殺したら死刑法律に定めておけば事件は起きなかった

今回の通り魔が出現したのは死刑廃止論者のせい

人を殺したら死刑を厳格に適用しておけば犯人は抑止されて今回の事件は起こらなかった

2019-03-16

anond:20190316130857

確か、死刑廃止論急先鋒だった弁護士家族を殺されて、存置派に転身したんだっけ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん