「ライス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ライスとは

2016-07-22

ポケカス業ライス人「リークしたジャップの罪は、全てのジャップの罪だ。」

公開日直前に配信開始時期に関するメールリークされただけで、日本に対して懲罰的配信延期を行うのは完全にやりすぎ。

あれがリークしたことで、どれだけの被害があったの?ねえだろうがよ。サル勝手な行動にそんなにムカついたか?なあ?

本当に、奴らの行動はあまりにも傲慢なふるまいだし、こういう腐った精神のアメカス世界で唯一の大戦犯罪原爆投下

であることは、明らかに無関係じゃないよね。

しかし、任天堂任天堂だよ。コメカス人がクズなことやってんだからちゃんと抗議しろよ。何いいなりになってんだよ。

本当終わってるわ。いわっちが生きてたら絶対劣化ウラン弾投下人の好き放題になんてさせてなかったはず。

2016-07-18

ラーメン屋なんだけど

最近のヤツラは好みを言ってくるのな

麺硬め、油多めとかはわかる

だけど、麺とか油とかを抜いてくるのはよくわからなくなるんだよな

固め、多め、濃い目って感じ

いや、なんとなく固めとかはわかる、多めは麺なのか、ほうれん草なのかわからんだろ?

しかも、濃い目のこと「濃め」とかいってくるやついるのな

米のことかと思ってライスだしたらめっちゃキレられた

いや、しらねーよ、ちゃんと濃い目って言えよコメってなんだよ

いぬきことばかよ

居抜き言葉ってかっこいいな

俺、めっちゃ居合で斬られてる感じか

いや、それはまずい、きらんでくれ、射抜くな

もう今日疲れたからねるわ

2016-07-10

初めて一人焼肉にいった

最初は近所の鰻屋にいこうとおもったけど人がいっぱいだったので焼肉に変更

(鰻屋は普段は人いないのに今日に限って店の外まで並んでいた。今日って丑の日とかじゃないよね?)

そこの焼肉屋は立ち食いカウンターのみ

ドリンク一杯は買わないといけなかったけど値段も全体的にリーズナブル(肉一枚300円)だし一人で食べやすかったしで初めての一人焼肉にしてはうまくいった

何食べたっけ。バラ・トントロタン・ザブトン・ウデ・とりもも・ゴーヤライスあたりか。

これをおなか一杯食べて3000円しないくら

個人的には安かったか

ただ焼肉場合は肉がメインなのでスーパーでいい肉かってきて自分で焼いても良かったか

部屋が煙臭くなるのが難点だけど台所で立ちながら焼きながら食べればいいわけだし

しかしその場合一人焼肉というんだろうか?

2016-06-16

僕のインドカレー

http://anond.hatelabo.jp/20160616171204

かなり多めのサラダ油クミンカルダモンクローブシナモンブラックペッパーイエローマスタードなどのホールスパイスを適量入れ、中弱火にかける。

マスタードシードが爆ぜるのでアルミホイルをかぶせて、爆ぜ切るまで待つ。

アルミホイルを外すとマスタードシードを中心とする旨そうな香りが鼻をつくので、カレーリーフを投入。

そのまま流れで玉ねぎをイン。玉ねぎは微塵でも粗微塵でも繊維に垂直スライスでも良い。

ねぎに油がまわったら適当なところでニンニク生姜追加。すりおろしor微塵で。

個人的には玉ねぎを炒めすぎると甘くもったりしたカレーになって、食べ疲れするので、割りと早めに次のステップに向かう。

ニンニク&生姜と同タイミングぐらいで青唐辛子orしし唐の小口切りを投入。

少し馴染ませたら、パウダースパイス追加。

パウダースパイスも好みでいいと思うけど入れ過ぎは失敗のもとなので注意。

特にターメリックフェンネルカルダモンあたりは苦味やら何やらで事故を起こす確率が高いので注意。パウダーをしっかり混ぜたらトマト投入。

トマトホールなら400gの缶の3分の1ぐらいでok(ここまで一切分量出してないのにここだけ言うのは、トマト入れすぎるのを避けてほしいから。トマト入れすぎても美味しいけど、最早何をしてもトマトカレーしかなくなってしまうので。)

トマトと同時に肉or魚も入れる。下処理の必要ものはしておけば、大概のものは旨いのでGo. ひき肉とかだとトマトより先に入れて炒めたほうが良いかも。あとメイラード香にこだわりがある人もトマトより先に具をどうぞ。

あとヨーグルト入れるならここで。よく練ってから入れるとダマにならない。ヨーグルトは入れすぎると酸味が出るので少し注意。

んでもって少し火を通したら具がひたひたになるぐらいまで水を足す。

塩小匙1弱を入れてお好みの粘度になるまで放置。途中味見して旨味が足りなければ出汁のもとを入れましょう。和風だしは日本人には万能です。

味見しながら塩やらパウダースパイスを足しているうちに何が正解なのか、美味しいとはなんぞや、みたいなことになってくるので適当なところで切り上げ。

ガラムマサラがあれば少し振って、もし切らしているなら好きな感じのパウダースパイス適当ふりかけ、よく混ぜる。

パクチーがあれば刻んでいれたりして皿に盛る

ライスバスティライスがあればベスト



他に入れる具は野菜全般きのこ全般適当にあれば入れよう。

2016-06-05

memo

シャチ

クジラマイルカ科シャチ亜科シャチ

イルカの仲間では最大の種.

世界中存在するし,サメよりも肉食のくせに人間を襲う例はかなり少ない.

ちなみに,しゃちほこ は想像上の動物

頭がトラで体が魚.背中には何重ものトゲを持つ.尾ひれは常に空を向く.

ホホジロザメ

ネズミザメ目ネズミザメ科ホホジロザメ

亜熱帯から亜寒帯まで幅広く存在する.

地中海でも見られる.

ベアナックルボクシング

二人の人間ボクシンググローブなどを拳に装着せずに素手で対戦する。

倒れた相手を殴ってはいけないなど最低限のルール存在する。

クインズベリールール

現在ボクシングの基礎となるルールである

19世紀イギリスではじめてボクシングの競技にグローブ着用などを義務づけた.

オンス

ounce

16常用オンスが1常用ポンドとなる。

1常用ポンドは約450グラム

よって1常用オンスは約28グラム

ジョン・L・サリバン

ジョン・ローレンス・サリバン

過去プロボクサーヘビー級チャンピオン

ベアナックルボクシング

マイク・タイソン

耳噛み事件などが有名.

ストリートファイターM.バイソン元ネタ

ファヒータ

テクス・メクス料理の一つ.

テクス・メクス料理

一般的にはメキシコ風のアメリカ料理を表す際に使われる言葉である

など

ポーラ・アブドゥル
1マイル

1609m

4の2乗と3の2乗と覚えればいいのだろうか.

任せられるわけないだろ

管理者でありながら現場へ入り、無茶をし過ぎて精神をやられて休職してる。

復帰する際は働き方をまた考えなきゃな、と思うのは当然。

もっと管理に徹しよう、仕事を任せようと思う。


休職してても腹は減るので、近所のコンビニへ。

道の途中の居酒屋で、人だかりができている。

火事未遂があったらしい。むせながらお客さん達が店から出てきた。

店員中国系の人ばかりで、普段ないことだからなのか、めちゃめちゃテンションが上がってキャッキャはしゃいでる。

勿論がんばってる人もいたけど。負担は完全にその人にのしかかっていた。


また別の日。

新しく出来たラーメン屋へ行ったら、とにかく大声をはりあげるだけの店員たち。

まあ新しい店だし仕方ないか、と思っていたが、注文したラーメンはきても半ライス全然来ない。

案の定注文が入ってなかった。

かい声を張り上げるだけで、根本を見失ってるなんてお先真っ暗だ。こんな接客じゃすぐ潰れるだろう。


でも、そんな程度の従業員はどこにでも幾らでもいる。うちにもいた。

そんな人たちに仕事を任せられなかった自分にも、確実に非がある。

でも、もうちょっとがんばってくれよ。お金もらってるんでしょ?

2016-05-23

http://b.hatena.ne.jp/entry/zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160522-01114242-sspa-soci

そりゃライス抜きを頼まずに残すやつも頭悪いけどさ、

お残しゆるしまへん、末代まで呪われろと言わんばかりのブコメもどーなのよ。

それ言ったら飲食店で売れなかった食べ物は基本全部廃棄になるんだけどそれも文句言うの?

2016-05-18

数学知識ゼロの嫁が使ってる収納術がすごい

ある日の風呂あがり、浴室の引き出しを開けるといつもは分けて重ねられていたパンツTシャツが、1つずつ交互に縦にして並べられていた。

わかりづらいかもしれないが、パンツがP、TシャツがTだとすると、PTPTPTPTPTPTPTといった感じに上から見て並んでいたのだ。

それぞれ畳んで立てられているので、本棚に本が並んでいるような感じといえばわかりやすいかもしれない。

ぼくは何も考えずに2つ並びのパンツシャツを引き出した。

すると、当たり前だがそこに残っているパンツシャツは、PTPTPTPTPTPTという規則性を崩さずに並んでいることがわかった。

Tシャツは丸首とVネックがあるが、特に選んで着ることはない。

ただ、パンツだけはその日の天候や運動量によって少し選びたいときがある。

以前のように重なっているときは探すのが面倒だったが、今は上から眺めればわかるから便利だ。



着替えを済ませてから嫁さんに聞いてみた。

「あの収納面白いね。一度にシャツパンツが同時に取れるし、パンツ探してる時に便利だよ」

すると、

「そうなの。洗い終わったのは右から足していくから基本的には左から取って行ってね」と返答があった。

「わかったよー」と返したものの、腑に落ちない点もあったので少し仕組みを考えてみた。



PTPTPTPTPTPTPTの中からPTを取ろうがTPを取ろうが連続さえしていれば残りは必ずPTPTPTPTPTPTになる。

しかも、その後に追加するときも、端とかぶらないように並べればPTPTPTPTPTPTPT規則性が崩れることはない。

さらに右から追加するというルールさえ決まっていれば、左に近いものを使っていれば使用頻度の偏りも起こりづらくなる。

重ねて収納していたときはいちいち全部を引っ張りだしてから古いものを下から重ねていたが、これなら片側から追加していくだけだから片付けも楽だ。

さらに考えてみると、例えばこれが3種類以上のものであっても規則正しく連続さえしていれば、その途中ランダム連続するn個を抜き出したとしても残りの規則性が失われないことがわかった。

なんだこりゃ。まるで数列の授業のようではないか



嫁は残念なことに分数すらままならないほどの数学音痴だ。

どうしてそんな発見ができたのか不思議になって聞いてみることにした。

すると返事はこうだ。

「いつも買ってるインスタント味噌汁の袋の中がこんな感じに味噌と具が交互に並んでて、どこをとっても味噌と具になるからすごい!って思ってたんだ」ということらしい。

そういえば我が家の朝食の味噌汁はいつもインスタントだ。味噌汁くらい作ればいいのにと思っていたがこれはなかなかに思わぬ恩恵である

そう思って戸棚を開けてみると、早速お茶碗とお椀が交互に重ねられていた。

嫁さんが言うのには、今度はホワイトシチュービーフシチューカレーと、白米、バターライス、バゲットとで、交互に1人前ずつパックして冷凍庫しまい込もうとしているらしい。

それならまとめて作っておけるし、気分が定まらない時にちょっとしたガチャ感覚を楽しめそうだ。

こやつ、もしかしたら地頭力は高いのではなかろうか。

考えればさらなる応用ができそうだ。今後の展開に期待したい。

2016-05-13

就活生です。人生のツケが回ってきたようです。

チャランポランな人生を送ってきました。

ロクに勉強もせずに、酒飲んで、ゲームして、惰眠むさぼって、気づけば私も四年生

説明会だのに行ってはみますが、まあESや適性検査の通らないこと通らないこと。

学歴だけならそこまで悪くはないはずですし、部活動なんてやってたかシューカツセーっぽい体験もあるんことにはあるんですよ。

しかも人気の企業って訳じゃ全然ないとこばかり志望してます。でも全然ダメです。

SPI?っていうの?も本を買って一通り例題を解いて、「こんなのどう対策するんだ」と諦めたらもうめっちゃくちゃ。

まあその辺はいいんですよ、よくないけど。

問題性格検査ですよ。あれはいけない。なにがいけないって、答えが矛盾だらけなんです。正直に答えてるのに。

自分からチームの先頭に立ってはいないけど気づいたらまとめ役してるとか。

根暗なのに人を楽しませるのが好きとか。たぶん噂に聞く「ライスケール」ってヤツに全部引っかかります

じゃあお前は一貫してる気質を何ひとつ持ってないのかと言われれば、あるんですよ。

徹底した自己否定感情ですわ。だから自分より他人の方が大切。他人大好き。

嘘をつけばいいんでしょうね、整合性が取れるように。あとはチョチョイと、人事ウケの都合がいいように。

ダメなんです。つけないんです、嘘。だって正直に答えれば正直な私の姿が見えるんでしょう?

正直な私の考えをみてもらわなきゃダメじゃないですか。正直な私を見て、キッチリ落としてもらうんです。

誰も取らないですよ、私を。迷惑だし。なんだか内定が欲しいんだか欲しくないんだか分からなくなってきました。

まり、嘘をつかないなら嘘をつかないでも内定をとれるような努力をしなければならないんでしょう。

TOEIC××点とか、海外経験とか、本当にやったことで評価につながることをストックしとくべきでした。

もう手遅れなんで、ただの愚痴ですね。全部愚痴か。

行きたい企業があるんです。人のために新しいことをし続ける、カッコいい企業なんです。行きたいんです。

でもそこで働いて何か役に立てるような人間だと自分は思えないんです。もう嫌なんです。

ただでさえ文学部なんてお先真っ暗な学部選んだんだから、真面目にやらなきゃならなかったのに。

真面目に嘘つくしかないんだろうなあ。親にも迷惑しかかけてないや。親死なないかなあ。それなら俺もなんの未練もなく死ねるんだよ。クソ。

2016-05-05

http://anond.hatelabo.jp/20160505093840

つくりかた

フライパンに油を引き、皮を下にして肉を置き、弱い中火にかける。肉から出た水分がぱちぱち

爆ぜてきたら弱火

紙で肉から出たアクなどを拭き取る。皮に焼き色がつき、肉の側面の半分まで白っぽく色が変わったら

裏返す

生っぽいロゼ色の部分がなくなったらバルサミコ酢をいれ水分がなくなるまで十分に煮詰まったら日本酒

アルコール飛ばす

ねぎマッシュルームナスを鍋に入れ、油を絡めてから弱火。10分炒めたら火を止め薄力粉を入れて混ぜ

3ないし5分放置

カレーガラムマサラ入れ弱火にかけて1,2分炒め、トマトトマトジュース、水バジルエリスリトールを加えたら

弱い中火もしくは中火にする。沸騰したら5分煮る。4の肉を煮汁ごと加え全体の重さが500ないし560G程度になるまで

さらに煮る。消火して蓋をし10放置ライスにかける。

2016-05-04

いまからモスに行ってきモス

モスの菜摘なつみロースカツ

ライスバーガー焼肉

チキンナゲットマスターソース

モスチキン



買ってくる。

全部食べてすぐに全部吐くんだけど。



食欲って醜いなぁ。

2016-04-13

http://anond.hatelabo.jp/20160413231614

自分は今、炭水化物ダイエットを行っている。

からライスパンを食べてはいけない。


そう思い込ませれば、躊躇することもなくなるだろう。




というか、店員もその程度にしか思わないよ。

ファミレス勤務の増田質問なんだけど

ファミレスライスセット頼まずに単品って印象悪い?

 

最近ライス要らなくね?って思ってきてるんだけど、

たとえばハンバーグとか頼む時にセットでライスとか付けないと「こいつ貧乏人かよ」みたいな目で見られてるんじゃないかと思って怖いのよ

結局セット頼んでしま自分嫌悪感

ファミレス中の人的にはそういう客のことどう思ってるの?それが聞きたいです。

 

 

そもそも最近ファミレス商品高すぎじゃない?

ハンバーグ単品790円、ライスセット150円税込みで計1000円超じゃん

 

…そうです私貧乏人ですわ。

いやね、ファミレスで1000円超ておま。

そこらの定食屋入ったほうが安いじゃん。と思ってしまう。

 

けどやっぱり「こいつ貧乏人かよ」って思われたくないんです。

貧乏人は貧乏人らしくドリアとかスパゲティとか頼んどいたほうがいいんですかね?

パレオダイエット準拠パンって?

パレオダイエットはいろいろ決まり事がうるさくて困る。

パレオなご飯は、カリフラワーライスだろうけど

パレオパンはなんだろう?

ココナッツフラワーキャッサバフラワーをもとに

グァーガムと卵をとろみとして膨らませる戦略かな?

厳格なパレオだとグァーガムとかドライイーストNG

かな?

ジュリアベーカリーサイトをみると膨らみの悪い

パン蒸しパンかなんかようわからん

得体のしれない食品が売られてるが・・・

あんなもん食べるくらいならパンたべんほうがましという

印象

2016-04-03

成増インド料理,グッカー美味しゅうございました.

朝霞和光市方面に行く用事は年2回しか無いので待望の訪店.

開店時刻の17時になっても電気が点かず,しか建物の1階には解体計画があると書かれていて本当に営業してるのか?と思いつつ30分ほど周りを歩き回って,電気が点いたタイミング入店

入ると南インドスリランカぽいシェフがちょうど上着を脱ぐところだった.マトン系のカレーバスティライスが欲しいと告げると,

今日は肉の仕入れの関係特別大きいグッカーがあるんだよ.ちょっと時間かかかるけど食べてく?」とシェフは上機嫌.

10分ほどして,もう一人来店者がいた.入り口の衣紋掛けにコート自分で掛けていたので,?,と思ったがどうやらマダムらしく,まもなく彼女がグッカーとライスを供してくれた.

ん〜,じっくりと煮込んだ骨付きマトンゼラチンの味わい.皮も軟骨も腱もとろけてコラーゲンたっぷり

ややアニス匂いが強いが,全体的な香りバランスは取れている方だろう.バスティライスも油で炒められているっぽいが,まあまあ香りは保たれている.

辛さはシェフに勧められた通り,5段階のうちの2にしたが,これでだいたい銀座デリーカシミールカレーくらいの辛さで,全くわたしの好みにドンピシャだった.そういえばグッカーもカシミールカレーのようにトロみの無いわたし好みのサラサラカレーだった.

……が,店の主導権がマダムに移るや,「隠れ家的な静かな店」の雰囲気はぶっ壊れた.

やれ明日日テレ取材があるの,やれ最近九州北海道からグッカーを求めて客が来るから手間暇かかるがレギュラーメニューにしたのと,一人客であるわたしに対して自慢話をずっと話し続ける.相槌を打つわたしは食が進まない.

ここのマダムはなにか話し続けないと気がすまないのかと思って,1階に貼られていた「建築計画のお知らせ」について訊いてみた.「この建物は建て替え予定なんですか?」と.

これが地雷だった.マダムは今までの笑顔般若の面に変えて,家主への恨み言をまくし立て始めた.

「売れない時代から30年近くずっとここでやってきたんです.意地でも移転しませんよ.明後日には日本テレビ取材の予定も入ってるし.」

「今更移転するにしても,タンドリーの設備造営って300万円以上もするんですよ.もう裁判ですよ.」

30年前はともかく,今ならタンドリーがあってもっと客足のある物件なんて幾らでもあるだろうに.

あちゃー.このマダムは関わっちゃいけない相手だ.

ずっと話しかけられて相槌を打たなきゃいけないので食事が進まない.それでもなんとかライスを平らげてそそくさと会計を済ませようとすると,マダム一言

「あら,まだ骨に肉が残ってるわよ?」

確かの他のレビューで,最後に骨を割って骨髄を食べさせてくれるサービスが有るというのは知っている.

しかしもうそんな物要らない.一刻も早くこのマダムの前から姿を消したい.

手間暇と心を込めて煮込んだ肉だから最後まで味わって欲しいというのは分かる.しかし店の雰囲気に耐えかねて出て行こうと言う客に対し,【骨までしゃぶれ】という発言はいかがか.

恐らく二度と訪店することはないだろう.

死ぬまで再び食する事は無いであろうグッカー,美味しゅうございました.

2016-03-25

凄くおいしいラーメン屋さんを見つけたのだが…

1杯500円、ライス無料、というところで、客層が悪い…

悩ましい

2016-03-19

http://anond.hatelabo.jp/20160319101542

このまえ、モスバーガーで、 ライスバーガーと豚汁を食べてきたけど、やっぱりモスは素晴らしいね

2016-03-06

年収4桁台の生活

http://dorararpg.hatenablog.com/entry/2016/03/06/110000

ここで書かれている通り、4桁台はほんと庶民

自身年収1000ちょい、嫁が400万ちょいで世帯年収1400万くらいということになる。

年齢は二人とも30歳で子無し。

この状態都内生活していると本当に平凡な生活になる。

車は買えない。買えないというか、駐車場台が払えない。月4万円台なんて無理。

駐車場でそれだから家賃もそこそこの値段払っても1DKの46平米。

叙々苑とかホテルディナーとか行けなくもないが、まぁ記念日ディナーくらい。

はいえ、安い店ならしょっちゅう飲みに行っても大丈夫スーパーだったら値段気にせずかごに入れられるかなぁというところ。

しかし、子供ができると日本死ねでおなじみの通り保育園がないらしい。

しか世帯年収があるから入りにくいし、会社の同僚達も月3万くらいのところに入れている。

そんなだからランチとか忙しい時の飯は吉野家マック天下一品全然ありえる。

居酒屋だって一人3000円のとこに行ったり8000円のとこに行くことも。

1100円のラーメン餃子ライス定食に躊躇しなかったり、コンビニエビスビールプレモルを臆せず買えるくらいの裕福度。

聞くところによると、東京都内だったら世帯年収2000万あればやっと金持ちである認識できるらしい。

福岡友達世帯年収800万で豪勢な暮らしをしている。

どっちがいいかは人それぞれだが、生活レベルってほんとまちまちだよなぁ。

自分自身世帯年収2000弱くらいの関西ベッドタウン暮らしの家庭で生まれ育ったので、子供の頃より生活レベルが下がってる気はしている。

東京の方が楽しいからいいんだけど。

2016-02-28

米粉で作ったライスパンはおいしいよ

2016-02-22

節分もだいぶ過ぎたけど三十路の俺が豆の話をする

前回までのあらすじ


三十路に入って空からぼた餅ひょうたん彼女が降ってわいてマグワイをキメたけど

後ろで流してたNHKBSではプレイ中に映像の世紀が流れてるし、うまくいかないし大変だったという

アポーパイの作り方を書いたほうがいくぶんかマシだ的増田を書いて即消ししたところ

こころやさしきはてなブックマーカーたちに「それ膣内射精障害じゃね?」と言われてはや半月が経とうとしていた。


あらすじおわり




ある逢瀬にて、俺は彼女を自宅につれこみ、およそ読者が期待するようなフェティシズム変態性も存在しないつまらないマグワイに興じていた。

彼女のほうは気にしてないそぶりではあるものの、男子たる俺のほうは毎度死地に赴く覚悟で挿入を果たしているのである

精神的にも器質的にもおそらく欠陥があるので、結局どちらかが疲れたところで見られながら手淫の運びとなるわけで非常にむなしい。

むろんそれはそれで興奮するのであるが、毎度その方向でフィニッシュをキメていくと

「どうせ私より手のほうがいいんでしょう?」と言われかねない。



実際言われた。



そんなことはないというか、そもそもそれぞれの行為で得られる快楽は別物なのだが、

かぶせるように「下のほうのきみは正直だものね」とかいわれてしまうと正直さにさらなるボーナスポイントが割り振られレベルアップしてしまう。

説得力のかけらもあったものではない。



ともかく今回は、ことのほか時間をかけたせいか、前日十数年ぶりに北方謙三三国志を読みなおしたせいかはわからん

彼女の中ではじめて射精に至る性的オーガスムに達することができた。



ところで"性的オーガスム"って表現重複じゃね?

あと、"ことのほか"って見る度に、「ことほの」が連想されて「そうやってうみちゃんをハブるのはよせよ! かわいそうだろ!」って思わない?

ああ、思わないならいいんだ。話を続けていいかな。




めでたく射精できたんですよ。



そう、ちゃんと外に出したしコーラも買ってある

彼女白磁のごとき肌を汚す白濁の軌跡を堪能する間もなく

堪能する間もなく、というより射精した直後、

脳とか脊髄からフワーっとそれまで腰とかを動かしていたエネルギー雲散霧消する瞬間を見計らったように

チャイムが鳴った



「ああ、祝福だ」

彼女氏も「おめでとう!」と手を叩いてくれているし、これは祝福の鐘なのだなと理解した。

ティッシュインターホンの受話器を同時に持ったあげく、マイサンではなく送話口にティッシュを押しつけていた。

抑えるものなく、やむなくこぼれる精液。

受話器から聞こえる防災設備点検作業員悲鳴

祝福された我が家阿鼻叫喚地獄となった。

俺は濡れた陰茎を左手

濡れてないインターホン受話器を片手に努めて冷静を装い

「あ、すみません、5分待ってください。今イきました」

「どっちですか???




そして紆余曲折があったあと、めでたく防災設備点検が終わった。

三十路の薄汚い性欲はもはや満足してしまっているので「今晩米とライスどっちがいい?」とか彼女に聞いてしまもの

彼女氏の若くフレッシュで育ち盛りな性欲はまだ満足していない

誤解を招かぬよう注記しておくが彼女もまた三十路である

ここを引用して「解散」とかブクマをつけると様々なひとが傷つくので一度自分人生をふりかえってみてほしい。



さて、彼女氏もまた、俺のファットボーイスリムでは満足出来ない身体であった。

俺は彼女氏に、自分のふがいないファットボーイスリムでは満足させられないことを嘆いて

過激振動をする人肌ににた樹脂で周囲をコーティングされた水洗いもできる充電式のジョークグッズを買い与えていた

彼女はそれをいたく気に入り、名前までつけて愛用している。

俺がしがないファットボーイスリムなら

そのジョークグッズはさながらダンシングドールといった装いだ、動きも。



彼女はそのジョークグッズに権蔵と名前をつけていた

潰れたアニメ制作会社みたいな名前をつける彼女センスを疑ったが、口にはしなかった。

彼女は俺のいないときのみならず、情事が一段落したあとでも"権蔵"を持ち出した。

俺の名前ではなくジョークグッズの名前を呼んで嬌声を上げる彼女の姿。

それをいまいましげに眺める三十路男の姿。

ジョークグッズから彼女を奪い返そうにも、下半身は祝福を受けてしまっており、明日の夜まで再び堕落はしないだろう。

これほどむなしい情景があるかといわんばかりである

俺は彼女をよろこばせられない自分ほとほと絶望していた。

そして同時に、そのいまいましい自分で与えたジョークグッズへの嫉妬を募らせていた。

これは我が裡に潜む鬼なのだと気づいていつつも、蛮行を止めることはできなかった。



俺は自慰を続けながら敏感になる彼女ニップルをさぐりながら、即興の歌を歌った





ゆけゆけ権蔵 勝利のために

きみは電気と ジョーク使徒

きこえるかこのよろこびの声が

すすめしげみの奥の奥

目指すは闇の下の豆




わりと足癖が悪いという彼女の新しい一面を知ることができた。

俺はかまわずニップルを舌でねぶりながら二番を歌った





ふるえろ権蔵 明日のために

きみは電気と ジョーク使徒

きこえるかぼくらの快哉が

きみは責めるんだ下の豆

上の豆ならふたつある





別れ話になった。

2016-02-09

福神漬けトリオ解消だ」

ライス「どうしたどうした」

カレー理由を聞かせてよ」

福神漬け「対等じゃねえんだよ、俺たちの関係性が」

ライス「いやー、そんなことないよ」

カレー「大局的に見れば、私たちは別々の料理なわけだし、そんなこと言い出したらお互いさまじゃん」

福神漬け「この前ライブやったとき野次が忘れられねえよ。『福神漬けいらないよ』~、『らっきょうは~?』って」

ライス「僕だってナン出せよ』っていわれた」

カレー「でも好みがあるんだから、そんなこと気にしてられないよ」

福神漬け「でも、お前らはこのトリオじゃなくてもやっていけるだろ。なんなら一人でもやっていける。俺にはないんだよ」

ライス「ま、マネージメント次第じゃないかな」

福神漬け「……ッハ! いいよな、寝ながらでも他の相方候補たちから引く手数多なお前らはよ」

カレー「そんな言い方……」

福神漬け「いいか、俺はお前たちのために生まれてきたわけじゃない」

カレー「それくらいは分かるよ」

福神漬け「でも世間はそう見てくれない。それが俺は嫌なんだ」

ライス「(……カレー用に作られてると思ってた)」

福神漬け「だから解散だ。俺はこの界隈から消える」

ライス「やめてどうすんだよ」

福神漬け漬物界隈に戻るさ」

カレー「それこそ無茶よ! 生き残れるわけないわ」

福神漬け「ああ、本望さ。少なくとも、お前らの数多ある組み合わせの一つでいるよりはな」

ライス「そんなに僕たちが嫌いなのかよ!」

福神漬け「そうじゃねえ。でもライスカレーも、もう残ってねえじゃねえか」



余った福神漬け単品を黙々と食べながら、こんなことを考えていた。

虚しすぎる……。

2016-01-28

「大盛りカレギュウ

いや、違う

それは「カレギュウ ライス大盛り」だ

カレーは並盛りの量しかかかっていない

大盛りだと思って食べると白飯だけ残るぞ、気をつけろ

2016-01-26

この話はフィクションです。追記

パート先で好きかもしれない人が出来た。

彼の真面目に取り組む仕事姿勢と、細やかな所に気付く優しさに私は久しぶりのトキメキを感じた。欠点があるとすれば、それは口数の少なさだろう。

周りから彼の話を聞くと、真面目だとか、無口だとか同じものばかりで。そんなある日に彼が既婚者だと知った。彼の乗る車には確かに子供が同乗している事を示すステッカーが貼ってあった。事実だ。

しかし私も家庭がある、パートから当然だ。そして彼にも。

けれど私は我慢が出来なかった。脳内で流れるback numberクリスマスソングに乗せて彼の事を延々と飽きもせずに考えた。歌詞にあるとおり、あれ、なんで恋なんかしてんだろう、とも思った。けど募り募る想いは萎む素振りなんて一切見せずに、まるで限界を知らない風船のようにぐんぐんぐんぐんと膨らんでいくばかりだ。

もう無理だ、と悟った私は思いきって踏み出してはいけない一歩を踏み出した。無口で真面目な彼に連絡先を聞いたのだ。このご時世LINEと言う簡単に繋がれて簡単に切れる便利なツールがある。それを利用した。

一瞬躊躇った彼だったが、私の「仕事で聞きたい事とかある時やお休みの連絡をする時に困ってしまうので」と言う言葉に渋々教えてくれた。

連絡先を手に入れてしまえばこちらの物だ。

それからというもの事ある毎にLINEを送った。返事のスパンも上々だ。私は更に踏み出した。


もしよかったら今度お休みの日にお会い出来ませんか?

震える手で打つ言葉に、こんな風にドキドキして誰かと連絡を取るなんていつぶりだろうと考えた。きっと主人と付き合っていた頃だろう。

そして家事なんて手につかず上の空で過ごしていた数分に返信が来る。

あ、はい大丈夫です

心の中でガッツポーズをした。私は飛び上がるくらいに嬉しくてそれから家事は素晴らしい早さで終わった。なんて単純なのだろうか。

約束の日は割とすぐにやって来た。久しぶりにメイクに力を入れて、洋服選びにも余念がない。あれでもない、これでもないと、数少ない洋服の中からこれだ!と思うものを選択する。果たして彼は気に入ってくれるだろうか。

約束時間指定された場所に到着する。スマートフォンを鏡代わりにセットした髪型を再チェックする。よし、大丈夫スマートフォンをバッグにしまった途端彼の姿が目に入る。初めて見る私服、こちらに歩み寄ってくる姿、そのどれもが私をドキドキとさせた。


待ちましたか?と申し訳なさそうにする彼に、いえ!さっき着いたところです。と笑うと大好きな笑顔が彼から放たれ、ならよかったです、と笑う。相変わらずその笑顔は反則だ。

特に何をするか決まっていなかったあの日。私達はとりあえず食欲を満たそうと、たまたま目に入った洋食屋さんに行った。そこのお店では二人共日替りを食べ、ライスを大盛りで注文した彼に内心でよく食べるんだなぁ、とホッコリした。

そこでは他愛もない話を沢山した。相変わらず無口な彼は私の話に乗ってきてくれるだけだが、それでも十分だ。家族の事を聞いても嫌な顔せずに話してくれる。彼が家族の話をする度に、胸にチク、と針で刺されたような痛みが走るがそれもまた愛嬌なのではないか。


食欲が満たされた頃、彼の方から次に行く場所はどうしようかと聞かれた。私は答えを決めていた。今日目的最初からこれだ。

彼を手招きでチョイチョイ、と呼ぶ。身を乗り出して来てくれた彼の耳元で周りに聞こえないように、囁く。


ホテルに行きませんか?

途端色白の彼の顔が真っ赤に染まった。ガタタ、と椅子が後ろに下がる音もした。

嫌、ですか?

首を傾げ尋ねる私に、彼はまだ頬を赤く染めたまま

嫌じゃ、ありません

と返事をくれた。

そこから洋食屋さんの会計を済ませ、歩いて行ける距離ホテルに向かった。

相変わらず毒々しい外見と下衆さに上品さを絶妙に交えた店名にドキドキとしていた心臓が逆に落ち着きを取り戻す。

久しぶりのホテルに戸惑いながらも気に入った部屋のボタンを押し、まだ曖昧距離感が二人を包んだまま部屋へと向かった。


部屋に入った途端今まで落ち着いていた心臓がまたバクバクと早鐘を打ち出した。自分から提案した事なのに、あまりの罪悪感とあまりのドキドキに目眩がした。しかしもう後には戻れないのだ。数時間前までの普通の私にはもう、戻れないのだ。

異様な空気感を変えるように彼が言葉を放つ。

シャワー浴びて来ます

いよいよだ。頭の中で私が私に指令を出す。ソワソワと落ち着きがなくなる。深呼吸を何度もした。

次どうぞ

そうこうしている内に彼がシャワーから上がってきた。備え付けのバスローブを身につけた彼は身長が高くバスローブの裾が足りなくなっている。そんな姿にも可愛さを見出ししまい、胸がキュン、とした。

シャワーに向かうため席を立つ。彼が使用した後の濡れたバスルームへと足を踏み入れる。勢いよくシャワーを出し、体に浴びる。体の隅々まで入念に泡立てたボディーソープで洗う。

漏れがないようにしっかりと洗うと私はバスルーから出た。

下着を身に着け、身に纏う洋服に悩む。先程まで着ていた服を着るのか備え付けのバスローブを着るのか。

悩んだ挙句バスローブを身に纏った。そして彼の待つ部屋へと戻った。




普段着慣れないバスローブ違和感を覚えながら、震える手で脱衣所の扉を開く。

キィ、という扉の音に反応してか彼がこちらを振り返った。

お、お待たせしました……って言うものなのかな…

こういう時になんて言えばいいか分からなかった私は、少し笑って戯けてみせた。

途端少し硬い表情をしていた彼が私の言葉でふふふ、と笑い

お待ちしてました

と言った。その笑顔に胸がキュンとした。そういう所が大好きなのだ


シャワーを浴びた後ソファに座っていたらしい彼の隣に人一人分空けて座る。微妙距離感は縮まらない。そして心臓の高鳴りはさっきからずっと止まらない。

またしても二人の間に微妙沈黙が流れ気まずくなった。

その空気を一掃しようと、なぜか私はリモコンを手にテレビを付けた。

するとその場に流れる大音量の喘ぎ声。しまった、ホテルには所謂そういう映像普通に流れる場所だった。随分来ていなかったのですっかり失念していたのだ。

あっ!ちょっと、あの、すみません!!

何にかは分からないが、謝りながら慌ててテレビを消そうとするが、上手く手が動かず床にリモコンを落としてしまった。

一人慌てている私を尻目に彼は快活に笑ってこう言った。

焦りすぎだから

あ、はいすみません

恥ずかしいやら居た堪れないやらで、小さくなってしまった私はとりあえず落ち着いてテレビを消そうとした。

床に手を伸ばそうと上半身を折り曲げた時だった。ソファが一瞬軋んだ気がして、リモコンを取ってから音の方へと振り返る。

すると、さっきまで人一人分空いていたはずのスペースがなくなり目の前には彼の顔。至近距離で見る彼の顔に一瞬息が出来なくなった。

あ、いや、あのっ……

言葉にならない言葉を紡ごうとした時、彼が私の唇を見つめている事に気付き黙った。途端彼の顔が更に近付き、キスをした。

もっとしてもいい?

軽い口づけの後、唇を離した彼が私の耳元でそう囁いた。私は小さくコクン、と頷く。後悔も罪悪感もこの頃にはとうになくなっていた。この時は二人を包んでいるこの空気けが現実だったのだ。

彼に手を引かれベッドに移動する。ふかふかとしたそこに寝転んだ。

彼が私の上に跨り見下ろして来る。その行為が堪らなく恥ずかしい。私は顔を掌で隠した。すると彼に掌を退かされ手を押さえつけられた。またしても顔が近付いて来て、キスをされる……と身構えた瞬間彼が私の耳元で囁く。

自分から誘ったくせに恥ずかしいんですか?

何も言えなかった。ただ顔を赤くする事しか出来ずに固まった。そんな私を見て彼はまた柔らかく笑い、さっきのとは違う長いキスをした。

久しぶりの感覚に背筋が粟立つ。主人としかした事のない行為はこの時に初めて人によって違うものなのだと知らされた。

優しい彼からの優しくも激しいキスに私はもう夢中になるしかなかった。ふと脳内に、いつもこんなキスをしてもらっている彼の奥さんが羨ましいなぁ、との考えが過ぎったがそれすらも今の私には自身燃え上がらせるスパイスしかなかった。

彼の首に手を回す。もっと、と強請るようにこちらも舌を絡ませれば、彼のキスもっと激しくなった。

キスが徐々に下へ降りていく。いくら照明を落としているとはいえ、裸を彼に見られてしまう事には抵抗があった。しかし彼は構わずバスローブの紐を解き、私の裸を露わにした。

慣れた手つきでブラジャーを外され、彼に裸が晒される。恥ずかしいと言う暇を与えられず、彼は愛撫を続けた。

主人とは全く違う愛撫に翻弄され、喘がされる。彼は時折柔らかく笑いながらも真剣な表情で続けた。

ショーツの中にまで手が浸入して来て身を捩る。しかしそんな些細な抵抗は彼には通用しない。彼の綺麗な白い少し太い指が私の陰部を触っている。そう思うだけで絶頂しそうになった。

彼の巧みな手淫に私の体はとろとろに溶かされていた。

彼の指が引き抜かれた頃、私は息を整えて今度は私が、と彼を座らせた。

彼のバスローブに手をかけ紐を解く。するすると脱がせて彼のトランクスが露わになった。

トランクスの上からゆっくりと、触れる。彼自身トランクスの中でぱんぱんに膨張していて、私との行為で興奮してくれたのだろうか、と思い凄く嬉しくなった。

恐る恐る脱がすと、勢いよく彼自身トランクスから飛び出した。毎回毎回比べてしまうがやっぱり彼自身も、主人のものとは形が違う。大きさも違う。今まで主人とAVしか見た事のなかったそれに少したじろぐ。

しかし先ほどまでのお返し!と言わんばかりに私は彼自身を躊躇いもせず口淫した。

最初は少し慌てた様子だった彼だが次第に目を閉じたり、顔をしかめたりしていて私がしている行為で感じてくれているのだと分かり、先ほどより嬉しさが倍増した。

彼の股関に顔を埋め、必死になっていると彼が私を制止した。

も、もう…

その一言で彼自身から口を離すと先ほどと同じように優しく押し倒された。

脚を開くように促され、言われた通りにすると私の脚の間に彼が割り込んだ。初めてする格好ではないのに極端な恥ずかしさに思わず目を閉じた。すると彼が近付いて来た気配がして薄く目を開けると

いれるよ

と彼が囁いた。

途端下半身が圧迫感でいっぱいになる。あまり質量に思わず彼の首に腕を回した。

私の上で切なげな表情で行為に耽る彼の顔に胸がドキドキとした。私で感じてくれているのだと、より一層思えて胸が暖かくなった。

これ程生産性のない行為にここまで魅力を感じた事は今までにないと思えた程だった。

彼が吐精して、行為が終わる。なんとも言えない沈黙がまた私達を包んだ。

脱ぎ捨てた下着を身につけ、バスローブ羽織シャワーを浴びに行こうとした時、私の腕を引き再びベッドに座らせると彼が沈黙を破った。

また、今日みたいに…

口下手で無口な彼の精一杯だろう。行為が終わって落ち着きを取り戻した彼の赤い頬がまた赤く染まり出す。

断る理由も嫌がる理由も私には一つもなかった。答えは勿論決まっている。


えぇ、是非。お願いします。

そう言って笑うと彼も大好きな笑顔で返してくれた。


あの日以来、彼との関係は続いているが体を重ねる以外に進展はない。お互いが好きだと言う事もなければ、好きだと言われる事もないのだ。けれど、それがいい。それでいいとすら思っている。

愛の言葉は私なんかじゃなく、彼の奥さんに伝えられるべきだと思っているからだ。

なんて、これは全てフィクションなのですけどね。