「直接民主制」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 直接民主制とは

2019-09-15

いかげん直接民主制に移行しようぜ

自民がーとか野党がーとかじゃなくて国民政治を担うべきだろ

少なくとも法案の採決くらいは国民が直接投票すべき

参議院的な役割は残すべきかもしれんが

 

こういうこと言うと衆愚制がーって言われるけど現状の国民政治に無関心、無気力で一部の声のでかい、金のあるやつが重要視される状態より万倍マシだ

少なくともオタクなら表現の自由だとか、男女同権主義者なら婚姻制度だとか、会社員なら労働関連だとか、少なくとも自分に直接かかわりがある問題なら関心持つし、直接投票できるなら選挙より投票だって上がる

 

はぁー誰か直接民主制を掲げて選挙に名乗り出ないかなー

絶対投票するのになー(自分でやれ

2019-08-06

anond:20190806153037

アウトかどうかは出す側が決めるがそれはおまえじゃない

直接民主制やりたきゃ他所の国いけよ

2019-07-24

れいわとN国

なんか日本選挙システムハックして遊んでるお金持ちが絡んでるような希ガス

N国代表支持政党なし直接民主制システム導入を主張してるのを見て思いついた妄想

2019-06-06

直接民主制

これだけインターネットが広まっている世の中なのに、

なんでいつまでも間接民主制なの?

ネット直接民主制って相性が良いと思うんだけどなあ。

2019-04-08

直接的参政方法

公職就任

公職国民が自ら就任することである[1]。公務員就任する権利公務就任権という。特に選挙によって議員その他の公職に就く権利については被選挙権を参照。

外国人については公務員への就任資格制限されていることがあり、特に被選挙権については否認されていることがある[3]。

国民発案(イニシアティブ

一定数の有権者によって憲法改正案や法律案を提出できるとする制度である[4]。

国民表決(レファレンダム

国家意思を決定するために実施される投票に参加する方法である[1]。直接民主制理念に基づいた国政の決定の方法である[5]。



間接的参政方法

選挙

選挙は多数人が公職者を選定する行為である[6]。詳細については選挙権を参照。

国民罷免リコール

選挙人が法定数の賛同者により公職就任者の罷免請求し、その請求により罷免の可否を一般選挙人の投票で決する制度である[7]


参政権≒選挙

2019-02-19

政治家ムーヴメント評価できるシステム誰か作ってよ。

有名な議員はごく一部。あとは

集団に乗っかってナンボの有象無象議員

でもさすがに安倍ちゃんとそのお友達周辺にも増長が出てきた。

でも頼りの枝のん蓮舫とか辻元とか身内に巻き込んだり、小学生喧嘩したり、筋悪ムーヴメントばかり採ってくる。

政治家のこの動きはよかった!

みたいなのを政治家に向けてフィードバックを突きつけられるシステムみたいなのがあればもうちょっと政治面白くなると思うんですよ。

間接民主制からちょっと直接民主制に寄せるような感じで、どうっすかね?

手軽に国民意見が諮れたら、民意がーとかいうクソな意見も通らなくなるよ。

2019-01-30

anond:20190129230757

中二病? 生まれて初めて政治行政税金のことを考えてみました、みたいな.....

日本以外の国にたくさん貢いでるから日本人が貧乏になっている。

そもそもなんで国際貢献を始めたのかの経緯すら知らない?

それが無ければどういう世界になるのか想像つかない?


税金の使途は政治家任せじゃダメだ。

国民全員参加で議論して分配すべきだ。

間接民主制議会制民主主義)はダメなので直接民主制に移行しようということ?

2019-01-29

明石市長

http://fut573.com/compare/?url1=http%3A%2F%2Fbylines.news.yahoo.co.jp%2Fyuasamakoto%2F20160720-00059704%2F&url2=https%3A%2F%2Fwww.asahi.com%2Farticles%2FASM1X7HHYM1XPIHB02M.html

上:子供支援

下:暴言

b:id:Gelsy

これほど先進という言葉が似合わない町もないんだがな

ああこれこれ。これが僕の知ってる明石

b:id:Outfielder

玉岡かおるさんに「税金無駄かいや」と暴言を吐いたことのある明石市の泉市長が高評価

「次の市長選に、3選をめざして立候補する意向を昨年12月に表明していた」その後、http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1312505 がまとめられ、市長を大絶賛するブコメが並ぶ。選挙工作かしら?

b:id:nemuiumen

財源のひねり出し方が気になる。なぜやめるといった事業が続けられているのか考えたらとても不健全状態まさか本当にお金が余ってるなんて思ってないよなこいつ

うそうこれこれ。この間明石市の施策がいいのはトップがいいからとか言ってた人は認識を改めて欲しい。直接民主制で選ばれた首長って一皮むけばどいつもこんなものとはいえ、これは酷いよねぇ。

b:id:gyogyo6

この泉市長は良い話ばかりというわけでもないので、仕事是々非々評価してしっかりやっていただきたい、と地元民として希望する

なお4月市長選挙は、3選を目指す現市長(この人)と前市長県議との一騎打ちの構図で、二人とも同じ地区地盤としている。という背景あり



手のひら返すブクマカなんておらんかったんや!

2019-01-20

EU離脱投票が失敗だった、直接民主制危険って言うなら

沖縄住民投票にしても同じことが言えると思うんだけど、あいつらじゃなくて自分がやるなら問題ないとでも言い張るつもりなのだろうか

2019-01-06

小林AKB評って結局のとこ

アイドル性やら曲やらダンスやら本来の娯楽的なものよりも

選挙やれやれ直接民主制がどうこう処女性を失ったアイドルがあーだこーだの

残酷エコシステムゴシップを楽しんでるだけなんだよな

 

電車中吊り広告雑誌を読んで溜飲下げるオッサン

新たな娯楽というかさ

 

こういうのをアイドルと言ったり

堂々と楽しんでる発言できる神経がスゴイよな

俺には真似できねえや

2018-11-20

日本民主主義って間接民主制じゃないの?

直接民主制にあらずん民主主義にあらずみたいに思ってそうな人わりと目につくけど

2018-06-17

やはり直接民主制がいいと思う

どうだろうか

2018-03-09

さっさと直接民主制にしちまえよ

安倍バカだの民進党氏ねだの言うんだったらそうしちまえばいいのにやらないのは国家の怠慢だと思う。

2017-10-23

anond:20171023215122

どうせイデオロギーを持った政党は望むとおりに動いてくれないか

直接民主制への回帰を試みる支持政党なしに入れておけ

2017-10-18

不可能を除外して残った物が信じられなくても

選挙というのはシステム開発と似ている。

必要最低限度の機能を満たすものを作ることも出来るし、使い心地のよさも実現したリッチもの可能予算とか時間かにあわせて色々なレベルで作れるけど、ともかく最低限の要件を満たしていないとおカネはもらえない。

いまの日本には、必要最低限度をぎりぎり満たすかどうかということで自民党選択肢としては辛うじて有効で、それ以外の野党と言われる人たちは、そのラインを満たすことが出来ない。だから、仕方ないか自民党投票することになる。積極的支持ではなくて、消去法で残ったのが自民党。それくらい日本の政治状況はお粗末で貧弱だと思う。

たぶん自民党もその辺がわかっていて、偉そうなことを言っているんだろうけど。

自民党がどんなにひどい政党だとしても、それ以外の政党が全くもってダメで、期待も希望も持てそうにないというところが、ほんと、もう、この国だめだろうな、と。

議会制なんてやめて、AIサポートするネットを使った直接民主制にすればいいのだ。それか昔ながらの貴族制とか君主制とか。問題意識も関心もない人民は、平民として安穏として幸せに暮らせばいい。

政見とか政策とかが必要なのではなくて、その前段階として一般人問題意識や関心、そういうものが全く不足しているのだ。だから議会制民主主義なんて形だけのもので、実質を伴っていないし、そもそもそんなの、日本では無理なんだよ。千年以上も君主制とか貴族制とかだったんだから。無理無理。

たとえ民主制でなくても、元禄時代のように一般人レベルでは十分に楽しく暮らすことが(たぶん)出来ていたわけで、つまり日本人には民主制なんて向かないのだ。

いっそのこと、一定所得以上とか一定学歴(最終偏差値?)以上の人にしか政治を触らせないようにして、人民には武力による革命権を常に保証するような仕組みにしておくといい。個々人では物騒だから町内会ごとに武器庫を持つことができるとか。エリート政治が気に入らなければ、いつでも革命・焼き討ちが出来るという具合にしておけば、政権者たちも緊張してコトにあたるようになるんじゃないかな。

ああ、そうすると軍事政権のようなものが一番安定するのかな。

どっちに行っても物騒か。

2017-10-10

支持政党なしに投票して本当の民主主義を実現させよう

明日期日前投票日になる。急な解散総選挙が行われることになって、誰もが戸惑い思い悩んでいることだと思う。次の選挙ではどこに投票すべきだろうか。現状維持自民か?それとも希望か?結果的リベラル結集となった立憲民主か?それとも共産か?

しかし我々が投票するべきはそのどれでもない。我々は支持政党なしに投票し、現状の民主主義を次の段階に進めるべきだ。

独裁ポピュリズムへの対抗

今まで我々が行ってきた投票行動はどんなものだろう。選ぶべき政党政治家がいないだとか、他よりましだとか、各論は反対だけれど総論としては支持せざるを得ないだとか言って、そうして選んできた候補は自らの政治意志とは似ても似つかないようなものばかりだ。リベラルを名乗る某が自民憎しで希望への投票を呼びかける様などその極みだろう。

そうしたずれから逃げ込むように、人々はアメリカトランプやかつての小泉のような独裁的なポピュリストに自らを同一化させるようになるが、それもすぐに理想現実ギャップを見せつけられて失望し騙されたと騒ぎ立てる。しかしまた別のポピュリストがやってくれば、同じように信者となって騒ぎ立てる。

そうした独裁的なポピュリズムに対抗するには、よりラディカルなポピュリズムである直接民主制に向かうべきだ。

直接民主制が浸透すれば大衆迎合するような政治家存在意義を失っていく。自分達で政策選択をすればいいのだからわざわざそういう人間と付き合う必要がないのだ。

支持政党なしのような部分的直接民主制システムがあれば、政治家政治家である必要すらない。自動的国民の選択手続きを代行する公務員のような存在であればいい。

本当の政治家が生き残ろうとするならば、より専門的な知識を身に着け、大衆政治選択に対して間違いを指摘することが出来るような存在になるしかない。自分よりもこういう専門家に任せたほうがいいと思えるような、そうした政治家けが生き残るだろう。

責任を取るのは本来誰か

現行の政治体制直接民主制部分的にだが稼働させる支持政党なしの試みは、今までの選挙でそこそこの得票を得たけれども、評価は未だ低いものだ。

しかし今後百年を考えれば、この仕組が部分的に導入し代議制民主主義を次の段階へと進めるべきだと思う。代議制民主制が本当の意味での民主主義でないことはわざわざルソーを持ってこずとも、現状の政治状況を見ればわかることだ。

我々は投票用紙に書き込む時だけ政治参加しているような顔をして、それが終われば呑気に座って、自分の買った馬券行方野次飛ばしながらただ眺めているだけだ。馬が転べば馬肉にして次の馬を用意して、何故転んだかもどうすれば転ばないか判断競馬新聞に任せてしまう。

どれだけ失政を重ねてもそれは政治家責任で自らの判断問題ではないという。この時我々は政策を決定する権利だけでなく、政治判断した後の責任までも政治家に奪われているのだ。かつての戦争軍部政治家知識人達のせいにしたように、我々はどれだけ大きな失政を犯しても責任を感じることが出来ない。責任を感じなければ、どんなに失敗をしたとしても学ぶことはなく、また同じことを繰り返すだろう。

本来政治は、例え間違った、国益に反するような選択だったとしても、あくま自分意志によって選び取り、その失敗を自分の失敗として受け入れなければならないのだ。

漸進的な浸透がテスト期間となりうる

人々はこの失敗を恐れる。自らの経験不足によって取り返しのつかない失政を犯すのではないかと考えるのだ。しかしその経験の蓄積という意味で今の支持政党なしの状況は悪くないものだと思う。

票数を徐々に伸ばしているとはいえ支持政党なしは精々一議席取れるか取れないだろうなという状況で、この状況はまだ暫くかかるだろう。

議席でも取ったとすれば、国民の直接的な政策選択国会上に現れるということで、議員に対するプレッシャーは強くなるだろうが、それも間接的なもので、国会への影響力はそれほど大きくはない。

結果として部分的直接民主制の浸透は漸進的に進行するだろう。

だが逆に言えば国民は、まだ影響力の少ないうちからこのシステム上で自らの選択試行する機会を持つということだ。

自分選択が即座に取り返しのつかない失敗に終わることはない。

しか自分政策選択が確実に国会上に現れる状況が続けば、自分選択意味を考え、自らの責任の重さを知り、間違いがないか積極的に学んでいくだろう。

やがてその動きは大きなものとなっていき、結果としてこの国を変えていくことになる。その時がこの国に本当の民主主義の訪れる日だ。

政党問題

ただ唯一欠点があるとすればこの支持政党なしがすごくうさんくさい団体で、そのイメージは前回の選挙から全く変わっていないということだ。変えようとした努力も見えない。

支持政党なしはこれから国民の信頼を得るためにあらゆる努力をするべきなのだ。出来る限り情報を透明化して、例えば交付金とかどう運用されるのかとか。なんでもいいから少しはイメージよくしてほしい。

まあ最終的にこいつらはどうしようもないということで彼らが降ろされたとしても、とにかく政治家たちに「直接民主制には票田がある」ということを示さなければならない。そうすれば他にも手をあげるところは出てくるだろう。

大事なのは議席だけでもわりこませて、国会上に直接民主主義システムを立ち上げることなのだ。そうすれば今後百年の政治風景は大きく変わってくる。その日がやってくるまで、我々の投票先は直接民主主義志向する党だけだ。

2016-03-10

野党に擦り寄ってほしくない・政権批判にはしたくないという感覚

考えられる要因

・ (無党派層の)政治不信で、この件で政権批判しようとする野党とは関わりたくない。もしくはそもそもこの問題に関し政権批判する事が、政治的イデオロギー的で避けるべきと思っている

イデオロギー的な対立にはしたくない→他のイデオロギー対立を生みやすい諸問題に関して政権与党に不満を抱える人々や野党と一緒になり、当初の主張が埋没するのを避けたい(もしくは待機児童以外の「諸問題」に関しては彼らと対立するor与党を支持している

まず、日本は「アリーナ議会」という側面を持っていて(正確には混合型だが)、野党は常に与党批判点を探している。なぜなら与党批判し、自分たち野党の方が国民の声を聞いていることをアピールし、政権の座につくことが、そもそもの政党」の目的(存在理由)だからだ。

その上で、あの例の投稿がここまで注目を浴びるようになったのは、大手マスコミがこれを大々的に報じ、それを受けて野党国会に持ち込み議題設定がなされたからであり、その結果首相から答弁を引き出し、それがまたマスコミに取り上げられることで、待機児童問題はおそらくこれまでにないほど世論に浸透した。

立法政策(行政)は、言うまでもなく国会政権与党が担う「政治」そのものだが、もし待機児童問題で「政策」を変えたければ、殆ど場合今回のように野党国会で取り上げてもらい政治的論点にするしかない。

なぜなら、待機児童問題は大量の税金やその他のルール作り(保育士給料など)が必須の専ら「政治的問題」であり、国民の声を拾い、それを政策につなげていく場がまさに「国会であるからである

もし上記の箇条書きのように無党派で、政治不信が強く、どの(自分政治的志向とは相容れない)政党市民勢力にも与したくないのなら、圧力団体を立ち上げ、政権与党議員ロビイングして、自分要望を「金と権力」の力で聞き入れてもらうしかない。(ただ、日本政党ごとの拘束が強く、一人の議員にそれほど高い自由度はない)

表題のような人々はもしかすると、待機児童問題コミットする事が既に政治的である事を忘れてる、もしくはそう信じたくないのかもしれない。

まり、「政治的」なものに、なるべく接点を持ちたくないと思っている。

もしそうなら、自分だけは政治性を持たずに政治からは遠い世界にいて、当事者ではないと考えて、要望を叫んだらそのあとは政治に丸投げしようという、ある意味消費者意識」があると言える。

しかし、自分達の要望政策に反映したいのなら、国の唯一の立法機関である国会で、国を動かす与党議員が集まる国会で、その与党議員に直接意見をぶつけることのできる国民代表である国会議員の力を頼るのが、議会制民主主義本質である

そしてその為に、莫大な税金を使って選挙代表者をわざわざ選んでいる。

もし待機児童問題危機意識と、上の箇条書きで示した考えを抱きつつ、ロビイングする金も権力時間もないのなら、行きつく先は政党政治排除し、一つ一つの問題の解決策を国民投票で決める「押しボタン直接民主制しかないだろう。

※ただ、表題のような人々は、実際には本当に保育園に落ちて困ったお母さんお父さんではなく、彼らの批判の矛先を、与党への支持が高じて政権与党から逸らさせようとしている人たちが大半かもしれない。

その中で、直接にそのことを表明するのは露骨すぎるために、「野党に擦り寄ってほしくない」とか「胡散臭い政治利用するな」などと言って目的カモフラージュしようとしているのかもしれない。

2016-02-04

そもそも間接民主制ってのが、全ての政策国民全体で決めることが現実的に難しいっていう、制限から出た必要悪

IT発達してきたんだから直接民主制にできるようにシステム作るべき

ってなことを考える奴は他にもいるだろうに、あんまり聞かないね

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん