「つんぼ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: つんぼとは

2021-04-01

マンボウ

あんぼ

いんぼう

うんぼう

えんぼう

おんぼう

かんぼう

きんぼう

くんぼう

けんぼう

こんぼう

さんぼう

しんぼう

すんぼう

せんぼう

そんぼう

たんぼう

ちんぼう

つんぼ

てんぼう

とんぼ

なんぼう

にんぼう

ぬんぼ

ねんぼう

のんぼう

はんぼう

ひんぼう

ふんぼう

へんぼう

ほんぼう

まんぼう ○

みんぼう

むんぼう

めんぼう

もんぼう

やんぼう

ゆんぼう

よんぼう

らんぼう

りんぼう

るんぼう

れんぼう

ろんぼう

わんぼう

ゐんぼう

ゑんぼう

をんぼう

がんぼう

ぎんぼう

ぐんぼう

げんぼう

ごんぼう

ざんぼう

じんぼう

ずんぼう

ぜんぼう

ぞんぼう

だんぼう

ぢんぼう

づんぼう

でんぼう

どんぼう

ばんぼう

びんぼう

ぶんぼう

べんぼう

ぼんぼう

ぱんぼう

ぴんぼう

ぷんぼう

ぺんぼう

ぽんぼう

2021-02-14

fff -フォルティッシッシモ-』〜歓喜に歌え!〜 第5場

anond:20210213232411

第5場実況

A 不幸の記憶
B 不幸の記憶

ベートーヴェン父親「息子は5歳」

少年ベートーヴェン10歳だ」

父親が息子をモーツァルトの再来に仕立て上げるべく7歳3ヶ月だったのを6歳とした話は読んだ。そのせいでベートーヴェン中年すぎまで自分の年齢を正確に把握できなかったとか。

少年ベートーヴェン「そんなへんな歌、音楽になんかできないよ!(怒)」

んー、ボン選帝侯にたてついたエピソードは知らないなあ。

手塚治虫ルードウィヒ・B』では、父親アル中でとんでもない奴だけど根はいい奴で、自由主義者としてベートーヴェンを導く役割果たしている。まあさすがにこれは現実ではなかったかな。なおこの漫画の中でもベートーヴェン難聴の驚きの理由が判明している。

青木やよひ『ゲーテベートーヴェン』には、父親宮廷に出した手紙の書き出しが「尊敬すべきお慈悲深き大司教選帝侯殿下」、結びは「御足下にひれ伏し服従申し上げます」だったと書かれている。ベートーヴェン父親関係については、ベートーヴェンが、バッハカンタータ未完成写譜を「父が書き写したもの」と書き込んで大切にしていた、とある

C 不幸の記憶

運命》の動機

謎の女(少年ベートーヴェンに向かって)「寒いわね、凍りつくように。痛い?」

謎の女=死

D 救済の記憶

ヴェーゲラーはベートーヴェンの5歳上。ロールヘンは2歳下。ヴェーゲラーとベートーヴェン出会いきっかけは明らかではないらしい。ヴェーゲラーの紹介でブロイニング家に出入りするようになった。

手塚治虫ルードウィヒ・B』ではヴェーゲラーは出てこないが、ロールヘンとの出会いは本作と似ていて、いじめられてたベートーヴェンをロールヘンが助けるシーンになっていた(ただしこれがきっかけでブロイニング家に出入りするようになるわけではない)。

ロールヘンには弟はいたけど妹はいなかった模様。

少年ベートーヴェンf3つなんて記号はないんだ」

ここで出るか。

少年ベートーヴェン「(fffを出すには)この中に(心の中に)、強い気持ちを起こさなきゃ」

強さ、か。生きるための、成し遂げるための。

fffはFuto Final Forever説を信じているけど、第2場で触れた通り交響曲第7番と第8番でベートーヴェンが史上初めてfffを使ったとのこと(第7番は手元にスコアがあるので確認済み)。これは、難聴関係していたのではないかなと邪推している。難聴の時期は高音があまり使われなくなった(=自分で聴こえる音で作っていた)らしいし。そしてほぼ聴覚を失ってからは高音が再び使われるようになった、というか、第九は演奏困難な高音であったと。そしてこれも触れた通り、第九にはfffはない(オーケストラの編成の大きさも関係してるのか?)。第九は、実際ちょっと常軌を逸した曲だと思う。聴覚がないからこそ書けた曲。第4楽章コントラバスとかもそうだけど(これはベートーヴェンのお友達コントラバス奏者のドラゴネッティのせいか)、第3楽章。美しい理想が見えるけど、理想に近い演奏を探してみたけど出会えなかった、何年も前の話だけど。オーケストレーションに難あり、だよなと。もしくは時代がまだベートーヴェンに追いついていないのか。

少年ベートーヴェン貴族の施しはいらない!」

ヴェーゲラー「その金は、施しじゃない!僕らの給金だ。君の音楽の代金だよ」

泣ける。自由主義使者フリーメーソン会員ヴェーゲラー。

ブロイニング夫人勉強しなさい(慈愛)」

実際は出入りする間に自然啓蒙思想に触れていったのかなと想像

執事「暗がりを照らす、ちっさな炎は、この中に」

E 革命記憶

ヴェーゲラー「行くんだろ、君も。ウィーンへ」

実際はハイドン評価されて。

なんか泣ける。朝美マジック

F ナポレオン戴冠式

あらきた。1804年12月

謎の女「心のおともだち、ナポレオン

笑。増田史上いちばん合ってる役だわ真彩さん。

G ハイゲンシュタットの遺書

んーー、第4場Bで少し構えていたけど、ここハイゲンシュタットの遺書だったのかあ。いつの間にかハイゲンシュタットに移動してた?劇場のままかと思っていた。時間もほんとは結構経ってる設定だったのかなあ(ナポレオン戴冠式はあったけど、もともとの劇場時間もふわっとしてるし、伝わるのに時差あるかなと思うし。あ、謎の女から情報からリアルタイムだったかな)。気が付ける要素あったかなあ。

難聴失恋からくる衝動は救済の記憶でおさまった後(実際の遺書ではただ"芸術"が引き留めたと)、心のおともだちナポレオン皇帝になったショックからのシーンだしなあ。

ベートーヴェン(歌)「

歌い続けろ 聴こえない カラダ

歌い続けろ カラダ カラダの そとに

歌い続けろ 中に鳴り響く音

歌い続けろ 出し尽くすまで

大きく 大きく 大きく もっと

強く 強く 強く きっと

たとえ命 たとえ魂

この体が朽ち果てても

たとえひとり 声もしない

孤独の道 ひた走ろうと」

「大きく」「強く」 3回ずつ(=fff)。

ハイゲンシュタットの遺書から該当しそうな箇所を以下に抜いてみる。

私を引き留めたものはただ「芸術である自分が使命を自覚している仕事を仕遂げないでこの世を見捨ててはならないように想われたのだ。そのためこのみじめな、実際みじめな生を延引して、この不安定な肉体を――ほんのちょっとした変化によっても私を最善の状態から最悪の状態へ投げ落とすことのあるこの肉体をひきずって生きて来た!――忍従!――今や私が自分の案内者として選ぶべきは忍従であると人はいう。私はそのようにした。――願わくば、耐えようとする私の決意が永く持ちこたえてくれればいい。――厳しい運命女神らが、ついに私の生命の糸を断ち切ることを喜ぶその瞬間まで。自分状態がよい方へ向かうにもせよ悪化するにもせよ、私の覚悟はできている。(片山敏彦訳

遺書の中の「難聴の苦しみ」「孤独叫び」「自死願望」ついて参考までに抜き追加。長いけど。一部難読字は平仮名に、一部ルビ省略。

社交の楽しみにも応じやすいほど熱情的で活溌な性質をもって生まれた私は、早くも人々からひとり遠ざかって孤独生活をしなければならなくなった。

しかも人々に向かって――「もっと大きい声で話して下さい。叫んでみて下さい。私はつんぼですから!」ということは私にはどうしてもできなかったのだ。ああ! 他の人々にとってよりも私にはいっそう完全なものでなければならない一つの感覚聴覚)、かつては申し分のない完全さで私が所有していた感覚、たしかにかつては、私と同じ専門の人々でもほとんど持たないほどの完全さで私が所有していたその感覚の弱点を人々の前へさらけ出しに行くことがどうして私にできようか!――何としてもそれはできない!――それ故に、私がお前たちの仲間入りをしたいのにしかもわざと孤独生活するのをお前たちが見ても、私を赦してくれ! 私はこの不幸の真相を人々から誤解されるようにして置くよりほか仕方がないために、この不幸は私には二重につらいのだ。人々の集まりの中へ交じって元気づいたり、精妙な談話を楽しんだり、話し合って互いに感情を流露させたりすることが私には許されないのだ。ただどうしても余儀ないときにだけ私は人々の中へ出かけてゆく。まるで放逐されている人間のように私は生きなければならない。人々の集まりへ近づくと、自分の病状を気づかれはしまいかという恐ろしい不安が私の心を襲う。

私の脇にいる人が遠くの横笛の音を聴いているのに私にはまったく何も聴こえず、だれかが羊飼いのうたう歌を聴いているのに私には全然聴こえないとき、それは何という屈辱だろう***!

たびたびこんな目に遭ったために私はほとんどまったく希望を喪った。みずから自分生命を絶つまでにはほんの少しのところであった。

おお、人々よ、お前たちがやがてこれを読むときに、思え、いかばかり私に対するお前たちの行ないが不正当であったかを。

第5場まとめ

2020-10-22

anond:20201021132244

ピクシブタグ絵だけ見てろし

どうしても情報つんぼ桟敷に自分でノリたいのなら暴れも謝りもせず静かにフォロー解除かツイッター禁してろし

2020-08-31

anond:20200831103215

どう牽強付会説明を加えても一般的文脈において精神疾患と関連のない語彙を強引に結びつけているのは変わりませんね。明確に「統失」「躁鬱」(「アスペ」「ADHD」「発達」「知障(池沼)」、「身障」「「めくら」「つんぼ」、「ガイジ」)などという言葉を使って他人揶揄するのは極めて差別的意識に基づいていると言えますが、「片手落ち」や「頭が悪い」等の語彙は一般的文脈では障害者差別的ニュアンス認識されません。妄想は完全にその類の語彙であり、「頭がおかしい」も社会通念上排除はされていません(「キチガイ」はアウトと判断される)。

この文章が、「もし難病差別反対を主張するなら、差別用語を使用するな」「もし差別用語を使用するなら、難病差別に反対するな」と読めるのであれば、申し訳ないです。これ以上わかりやす説明することは私には難しいです。

差別問題であると捉えているなら、先に言った通り一般語彙を精神疾患と結びつけるような解釈を強く発信することを慎むはずですし、このような発言は出てこないはずです。差別意識への自覚の有無を問題だと言うのであれば、少なくともそのような規範意識はあって当然です。そのような意識がないのなら、差別自体問題視しているのではなく、あなたが想定しているようなブクマカ冷笑嘲笑したいという加害意識が基になっているというだけでしょう。

また精神疾患難病である、という理解内面化されているのも不自然です。(後から出てきたもので他の人の言及に影響されてるんでしょうが)

健康な人であっても精神疾患になる可能性があり、その確率は決して低いものではありません。適切な治療をすれば寛解する可能性があり、そうでなくても周りの理解が有れば社会参画は可能場合は多いです。

からと言って一般人と同じなのだから合理的配慮必要ない、というような話では当然ないですが、アンタッチャブルものであり、例えば「妄想」や「頭がおかしい」という状態と切って離せないような存在であると主張するかのような言説はやはり差別的であると言わざるを得ません。

本当に差別問題だと意識なさっているのであれば、「先ず隗より始めよ」、ご自身言動省みるべきです。

2020-02-20

anond:20200220012929

正字正かな遣いクラスタの用いる言葉バーチャルすぎて半笑いになる。

本人は格好つけている、あるいは意義があってそうしていると思っているのだろうが、例えるなら日本語文法おかしい人が一生懸命頑張ってるみたいに見える。

まずほとんどの彼らの用語には底本というか、基準がない。

正字正かなといっても

A時代明治大正末だとだいぶ違う。昭和戦前が一番イメージやすいだろう。江戸時代でも鎌倉時代でもいい)で異なるし、

B書かれる媒体新聞なのか随筆なのか、個人日記なのか)で異なる

今でもそうでしょう。

1999年頃の、ギリギリまだ怪しい雑誌に怪しいライターがひしめいていた時代のあの文章。思い出して欲しい。

ちょっとカタカナ混ぜたり、トカ? ゲーム批評のガップ獅子丸みたいな文章。今だいぶ雰囲気変わったでしょう。

逆にいうと、今風の? 切込隊長やよっぴ〜みたいな文章も、ネットで見られる時代象徴的な文章としてのちに振り返られるかもしれない。

20年でだいぶ違う。

そして、これらの文章ビジネス文章国会の答弁、ニコニコ動画コメントなんかとはまた質的ことなる。

当然、歴史のどこかの時期にもこうした現象は発生していて、ほとんどの正字正かな遣いクラスタはその事態対応できていない。いつどこの文章か定めていない。

自分の、なんとなく知っている文字用語だけを用いてネットに書き込んでいる。

本人たちは別に自分用語を選んでいるんだからいいだろ、という認識のようだ。それは別に選択からいい。正字正かな遣いクラスタをやるのはなんらも問題ではない。

だが、その用語選択はとても格好が悪い、あるいは選択センスが低いということだ。何回も言うけど、任意日本語のあるバージョン選択すること自体別に問題ではない。選び方のセンスダメ。全くダメ

新しいジャンルならセンスも何もないのだが、日本語表現なんていういつもいろんな人間が手を染めてきた分野だから、やってることの格好の悪さが際立つということだ。

例えるなら小学校高学年くらいの時に50音にそれぞれ謎の記号をつけて、オリジナル暗号を書いていた人はいるのではないだろうか。

正字正かな遣いクラスタのやっていることはこれに近い。大人オリジナル暗号やってるみたいな。

周りの人は「大人」だから読めるし付き合ってやってる。これくらいの格好の悪さ。格好の悪さの格調が低い。

さてどうすればいいのか。私案。

自分のお好みの時代媒体文章を徹底して模倣することだ。

ネットに書く時には様々な制約がある。異体字縦書き横書きの制約。「つんぼ」とか差別的意味合いが深まった表現とどう対峙するか。

俺だったら明治大正時代行政文書、あるいは室町時代日記あたりで挑戦してみたい。

相当原典にあたり言葉に詳しくならないとならない。「正字正かな」を用いると言うことはそういうことが必要だと思う。

要するに、正字正かな遣いクラスタは、言語用語にこだわっているように見えて、実態のところ非常に個人的で恣意的操作をしている。

このアンバランスが最高に格好悪いということ。

いわば言語オナニーしているようなもんなのだ

2019-11-12

anond:20191112133556

わかる。

つんぼ桟敷か洗面器に顔突っ込んでるのかって感じで遮断されてしまう。

朝のニュース番組エンタメになる前に家を出なきゃいけない場合殺伐ニュースばっかり繰り返して聞かされる。

から無駄だけど心が浮き立つニュースを得るためにツイッターが使える今の人がうらやましい。

昔は昼休みにDPZみるくらいが関の山だった。

2019-07-24

スマホゲーでの発言

「設定しなおした方が」が「設定しな××た方が」になっており、

「おし」がNGワードだったんだけど

ぶっちゃけこのゲーム内では

文字チャットだけでコミュニケーションするんだから

唖とかいわれても悪口になりようがないっていうか意味ないっつーか

めくらつんぼについても同じだけど

ほんとしょうもないなー

あと「オナーリーグ」っていうゲームコンテンツあるのに、

「××ーリーグ」になるとか正式コンテンツ名称の話できないのひどすぎるwww

ドラクエ10で「レオナ」さんが「レ××」さんになってしま

レオ事件を思い出した

2019-06-30

日本のいちばん長い日観た

これ、マジにあった話なんすか……?とりあえず後でwikipedia読みます

つんぼめくらという単語が消されずそのまま流れました。いいですね

前回の八甲田山より、さらに知ってる名前が少なかったのでかなり昔みたいです。白黒ですし

それにしても陸軍ほとんどクーデターですよねぇ……死ねばいいというものなんでしょうか

陸軍相もあなたなに死んでんですかって感じで

前日に出撃する特攻隊はどうにかできなかったのか……

シン・ゴジラの参考元だという話が少しわかりました

次はブルース・ブラザーズ海の日に行きましょうかね

2019-04-23

言いたいことはいっぱいあるが、あまりのことに言葉が出ない。国民つんぼ桟敷に座らされている。

http://b.hatena.ne.jp/entry/4667712631834562338/comment/yas-mal

リベラル寄りの人だと思ってたけど平気で差別用語使っててびっくりした。

ただの反権力の人だったか

2019-01-14

聴覚障がい者差別用語

こんにちはわたしは少しつんぼです。

耳があまりよく聞こえません。

耳が聞こえないためもう少し大きな声で話してもらいたいことが多く

「私はつんぼなのでもう少し大きな声で話してください」と言っていたのですが

つの間にかつんぼ使用禁止用語にされてしまい腹が立ちます

最近は何か長い言葉でなんとか障害者と言わなければいけないようです。つんぼにたいする嫌がらせでしょうか?

つんぼなのにつんぼと言えずに困ってます

この嫌がらせをしているのはいったい誰なのでしょうか?

2018-10-29

うおお

ボーイズオンザラン、最初からよむのかったりーし、なんか強い先輩と公園ボコられる話だったよねと思って途中から読みだしたら止まらない

つんぼの、赤灯えれじいみたいなパツキンの女の子がでてきて、あれこんなん読んだおぼえねーなってなってぐいぐい読む

正直ワゴンに連れ込まれたりする当たりは主人公があまりにもうざすぎてイライラマックスだったけど、なんとかその後カタルシスあったからよかった

この作者のかく頼りない変顔冴えない男ってワンパターンテンプレすぎててそういうキャラしか書けなさすぎだろお前ってぶん殴りたくなる

んでパツキンのほうが長野にいったらそこでちはるってやつがいて、あれちはるって最初にほれてた女の子名前じゃなかったっけと思って読み返したらやっぱりそうで、

あーあの女の子だったんかやっぱりと自分記憶力にびっくりんこした

つーか負けてボコられて終わりだと思ってたのが実は続いてたってのが自分思い込みだったってのがすげー驚き桃の木20世紀だわ

イライラしてムカつくのは同族嫌悪からだな認めたくないけど

振られ際に精一杯なんかやり返してやりたくてひどいこと言っちゃうとかね

ほんとクズだわ自分

2018-03-16

奇(き)       仇(きゅう)     刑(けい)      罪(ざい)       辛(かのと)

屠(と)       奴(やっこ)     怒(いかり)     禿(はげ)       僻(へき)

崩(くずれ)   魔(ま)       淋(そそぎ)     霊(みたま)      嬲(じょう)

孕(はらみ)   寇(こう)      贄(にえ)      阿呆(あほ)      悪虫(あくむし)

虻田(あぶた)   闇雲(やみくも)   苛原(いらはら)   蚊爪(かづめ)     官能(かんのう)

汗部(あせべ)   間邪(まじゃ)    喜捨(いすて)    奇験(きけん)     忌部(いんべ)

棄原(きはら)   亀頭(かめず)    吉臭(よしさわ)   牛糞(うしくそ)    恐神(おそがみ)

玉袋(たまぶくろ)   金玉(きんぎょく)  苦水(くみず)    愚川(ぐかわ)     激禿(げきしゅう)

血矢(ちや)   降魔(ごうま)    腰砕(こしくだけ)  斎場(さいば)     山姥(やまうば)

醜茶(しこちゃ)   出頭(しゅっとう)  小悪(こあく)    上恐(じょうきょう)  色魔(しかま)

尻毛(しっけ)   神呪(かんのう)   親爺(おやじ)    瀬屑(せくず)     責谷(せめたに)

窃野(せつの)   駄馬(だば)     大獄(おおだけ)   大溺(おおぬき)    痴山(ちやま)

潰田(つえだ)   泥舟(どろぶね)   吐師(はし)     東偽(やおみ)     毒島(ぶすじま)

豚座(いのこざ)   難破(なにわ)    二股(ふたまた)   馬鹿(ましか)     馬傷(ばば)

蝿庭(はえにわ)   伴邪(ばんじゃ)   肥満(ひまん)    非人(ひとあらず)   非非(ひび)

鼻毛(はなげ)   蛭沼(ひるぬま)   不具(ふく)     浮気(ふけ)      腐頭(ふとう)

負門(おいかど)   墓下(はかのした)  墓前(はかまえ)   毛穴(けあな)     野晒(のざらし)

用害(ようがい)   霊園(れいえん)   漏水(もりみず)   聾田(つんぼだ)    奸沢(かんざわ)

媚山(こびやま)  憑子(たのし)    枷場(はさば)    賤機(しずき)     蚊ケ谷(かがや)

海賊寺(かいぞくじ)  頗羅堕(はらだ)   大悲山(だいひさ)  馬場糞(ばばくそ)   悲佐田(ひさだ)

2018-01-16

つんぼ桟敷

お局様ばかりの部署に配属された

高度に属人化されたエキスパート達は

自分が知ってる事と知らない事の区別がついてないので

なにも知らされない

自分でやろうとしたら「これは難しいから任せといて!」

いや、それ自分仕事なんだけど...

それでいて「やることやらない」って陰口されてる

なんじゃそりゃ

2017-11-07

日本語でも暴言が数あれど、Fuckの立ち位置がよくわからない

例えば、「キチガイ」「めくら」「つんぼ」等日本語放送で流せない系の暴言はあるけどもピーで消せば流していい言葉ではない。

Fuckは意味する概念は許さても、音が許されないということで不思議だと思う

日本語対応する言葉はないにしても、近い単語はあるだろうか?

2016-10-05

聲の形図書館戦争、なにが違ったか

聲の形ヒロイン像が漫画連載当時から物議を醸すことが多い。

まぁ批判の一部は読めば理解できるし、うまく書けているとは言えないと思う。

個人的には聴覚障害を持つ可愛い女の子が出てくるフィクションとして図書館戦争がある。

「え、出てきたっけ?」と言う人も居るかもしれない。そんなあなたアニメ視聴者レインリーの国がそのキャラからまれ派生作品だと、ファン以外にはあまり知られていない。

アニメでは色々な事情があったらしく、メインキャラにも関わらず出演シーンが無かった。酷いと思った。

スタッフも出したかったのか、特典アニメとしてその子がメインの話をアニメ化していた。

アニメ映画では1シーンのみ出てくる。

実写版では続編に登場した。時間の都合上1作目には出なかったのか、それとも「ま、今回は良いよね当たるかわかんないし」みたいな感じで出さなかったのか疑問はある。

方針時代が変わったのか実写でそのキャラクターが登場して、少しホッとした。

ビジュアルもっと聲の形みたいなキャラ想像していたが)

スピンオフでは原作とは全く違う形で記者会見を開き、いわゆる「感動ポルノ」で訴えかけ始めたときは、頭をかかえ思わずテレビを消した。

まぁそんな風にしてあまり原作通り動かせてもらえていないキャラクターなのだが、ここで言いたいのは原作の話。

原作のそのキャラに、聲の形ほど違和感は感じない。

まぁいじめられてる描写が無いというのもある。彼女の周りで色々と問題が起こるというストーリーもあるのだが、彼女気持ち悪いと思うことは無かった。

聲のヒロイン聖者のように描かれていた。無理に振舞っている部分を見抜かれ気持ち悪いと言われるものの、それぐらいじゃ彼女聖女であることに変わりは無かった。

綺麗過ぎて気持ち悪い、といった感情かもしれない。

図書館戦争彼女嫉妬もするし人も避けた。聖者として描かれていなかったし、言いたいこともはっきり言っていた。

彼女の周りには、しっかりとした大人がついていた。

彼女が恋におちた男性は、作中で最も常識のある人だった。

巻数を進めるごとに普通女の子として描かれていたし、ある種それこそ「理想であるかのような状況だった。

ここまで考えて分かったのは、聲の形ヒロインは健常者が障碍者に対する「こうあってほしくない」がつまったキャラなのではないだろうか、ということだ。

健常者の大半は「明るい障碍者」を好むのだ。ある種、自分の都合だろう。

言いたいことを言わない、遠慮をする、引っ込み思案でいつも申し訳なさそうに、そしてなにもかもを許してしまう。

そういう障碍者は多いだろう。そしてこれは障碍者だけではない。コミュニケーションがとれない人の多くはこうだ。

しか世間でそういう人が好かれるのは難しい。もしかしたら聲の形が描いたヒロイン像は、こういうことだったのかもしれない。

また先にも書いたが、聲の形にはまともな大人ほとんど居ない。

ヒロイン自分をおしこめていくだけの環境は整っていたし、いじめがどうやっても解決できないだけの状況になったのも大人責任だ。

しかし実際に、図書館戦争のように理解できる大人が周りに居ること。理解できる人と恋におちることができる状況はありえるだろうか。

もし聲の形原作者ヒロインを「好きになってもらえるキャラ」として描いたというのなら、それはおかしいと言いたい。

だけど「リアルを描きたかった」と言うなら、ヒロインだけを見ると、もしかしたら現実を描いたのは聲の形だったのかと思う。

(ただ漫画全体を見ると付属要素にフィクションが多い。本当に許せるか?という疑問は残る。加害者被害者恋愛ものは時々実写であるので、その辺も考察していきたい)

うん。だからやっぱり好きなキャラクター図書館戦争の鞠江になっちゃうね。

障碍者には言いたいことを言ってほしい。そういうことが言える環境に居てほしい。

聴覚障害を持った、正反対可愛い女の子キャラ

この二人を比べた結果、そういうことを思うのだった。

うそう。図書館戦争の話をすると、この話をしたい。

この記事には「障碍」と「障害」が出てくる。

聲の形に似た「聾」は「つんぼ」と読むと放送禁止用語となる。

このことについて、しっかり考えたことがあるだろうか。

害は果たして嫌なものなのだろうか。なにかに障害があるのは事実なのではないか

龍と耳で出来た「聾」の漢字の何が悪かったのか。

つんぼ何が悪いのか。

いまだに間違って聴覚障害者にまとめて使われる「ろう者」とかも含めて。

言葉狩りはどこまで続くのか、みたいなことを考えるきっかけにもしたい。

2016-06-16

邦画つんぼにキビシい

後天性の難聴感音性難聴)になってはや10年以上経つ。

元々映画が好きだったんだけど、その間邦画全然観れず。

なんせ「字幕」がない。

DVDBlu-ray字幕収録あるんじゃないかと探しても、あったりなかったりだから困る。

とくに自分の好きなジャンルドキュメンタリー字幕はほぼ、ない。

どうしても観たい作品は購入し、耳に悪いと思いながらもヘッドホン大音量でなんとか鑑賞してる。

俺みたいな「耳が悪いか邦画観たいけど観れない」人ってかなりいるんじゃないだろうか。

映画界。つかソフト業界なんとか邦画円盤化する時字幕追加してくんねーかな。

しかたらこれは福祉絡みの話だから国会の方に持ってくネタなのか?



2016.06.19 追記

なぜか「つんぼ」が「聴覚障害者」と表示される問題

最初はのっとりか?と焦ったけれど

どうやら放送禁止用語的“はてなコード”なるものがあるのかも。

で、それにひっかかると自動変換表示されるっぽい。

なにしろこっちじゃ普通につんぼ」と表記されるわけで。

なんなん。

2016-01-23

私は今、福祉業界ます。私は世間でいう高学歴に属しますが、福祉業界にいる時点で、お察しな人なんでしょう。

私の職場障害者職場で、上司障害者です。その人はパニック障害つんぼです。

1週間前のこと、同僚と酒を飲んでいたら、その上司手取りが50万円だと聞きました。

他方、私の手取は15万円です。

その金はどこから出てるかといえば、日本国民税金からです。

上司さら障害者年金を10万円もらってます

どうして仕事ができないつんぼパニック障害者の手取りが50万円で、私の手取りは3年間同じままなんでしょうか。

これを不条理といわずして、何というのですか。

私、今までこの上司をかわいく愚かな障害者と位置づけ、背面服従で、なめきっていたけれど、久しぶりに頭に来ました。

2016-01-16

http://anond.hatelabo.jp/20160115080121

関西のごくごく一部のDQNは「なんかぼーっとしてる人」を「つんぼ」、「不可解な行動をする人」を「がいじ」などと軽い気持ちで突っ込む

やんちゃ男の子が悪ぶって友達からかったりするときまれに使ってるぐらいの下品言葉で、大人になるにつれて使わなくなる言葉

これをなんJに書き込んでいた奴らが皮肉交じりに真似しだしたのが初まりなんだよね

一方「アスペ」は

発達障害で対人関係をこじらせて孤立気味な人間ほどネットコミュニティにハマる」という共通認識から煽り文句として使われだしたと思う

から「ガイジ」と「アスペ」を同列には扱えない気がする

後者に比べて前者は煽りというより茶化しに近い使われ方をしてきたし

はっきりとした語源もあまり意識されてなかったりでそれらを発した人間倫理的観念は別々のものになると思うから

それとこの言葉公共の場に晒されていいものかというのは別問題だけどね

2015-12-25

http://anond.hatelabo.jp/20151225013310

耳にたこができたら、つんぼなっちまうんじゃないかと思って、実は心配してる。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん