「アナベル」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アナベルとは

2018-02-07

教養豊かな人なら読んでいて当然の日本文学102選(戦後編)

三島由紀夫金閣寺』『豊饒の海

谷崎潤一郎細雪』『鍵』

川端康成山の音』『眠れる美女

坂口安吾堕落論

梅崎春生『幻化』

武田泰淳ひかりごけ』『富士

佐多稲子『樹影』

安部公房『壁』『砂の女』『箱男』『密会』

大江健三郎性的人間』『万延元年のフットボール』『同時代ゲーム』『懐かしい年への手紙』『さようなら、私の本よ!』『美しいアナベル・リィ』『水死』

中上健次千年の愉楽』『日輪の翼』

開高健『輝ける闇』

高橋和巳邪宗門

大西巨人神聖喜劇

安岡章太郎ガラスの靴・悪い仲間 』

小島信夫『うるわしき日々』『残光』

庄野潤三プールサイド小景静物

津島佑子『火の山―山猿記』『ヤマネコドーム

稲葉真弓半島へ』

古井由吉『杳子・妻隠』『槿』『白暗淵』

後藤明生挟み撃ち』『壁の中』

黒井千次『群棲』

藤枝静男『田紳有楽空気頭』『悲しいだけ・欣求浄土

倉橋由美子夢の浮橋

田中小実昌ポロポロ

色川武大狂人日記

金井美恵子『愛の生活・森のメリュジーヌ』『タマや』

富岡多恵子『波うつ土地・芻狗』

河野多恵子 『みいら採り猟奇譚』

石牟礼道子『苦界浄土

村上龍コインロッカー・ベイビーズ

村上春樹回転木馬のデッド・ヒート』『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル

高橋源一郎さよならギャングたち』『ジョンレノン火星人

笙野頼子『母の発達』『金比羅』『だいにっほん、おんたこめいわく史』

車谷長吉『鹽壺の匙』『赤目四十八瀧心中未遂

玄侑宗久アブラクサスの祭

池澤夏樹マシアス・ギリの失脚

保坂和志カンバセイション・ピース

堀江敏幸河岸忘日抄』

多和田葉子『雪の練習生』『尼僧とキューピットの弓』『雲をつかむ話』

阿部和重アメリカの夜』『ABC戦争』『無情の世界』『ニッポニア・ニッポン』『シンセミア』『ピストルズ

松浦理英子ナチュラルウーマン』『犬身』

中原昌也ニートピア2010』

町田康夫婦茶碗

舞城王太郎好き好き大好き超愛してる。』『九十九十九』『ディスコ探偵水曜日』『淵の王』

綿矢りさ『かわいそうだね?』

金原ひとみマザーズ

中村文則『何もかも憂鬱な夜に』『教団X』

柴崎友香『その街の今は』

岡田利規わたしたちに許された特別時間の終わり』

川上未映子愛の夢とか』『あこがれ』

水村美苗本格小説

前田司郎『愛が挟み撃ち

諏訪哲史ロンバルディア遠景』

本谷有希子『嵐のピクニック

磯崎憲一郎『往古来今』

青木淳悟『私のいない高校

朝吹真理子『きことわ』

小山田浩子工場

今村夏子『こちあみ子』

滝口悠生『高架線』

高橋弘希『指の骨』

崔実『ジニのパズル

2016-03-12

アナベル 新年会の後で(2)

過去の私は何をしていただろうか。

十年前、私はエル・プラットに降り立っていた。仕事上の出張言い訳したが、目的はあの彼女に会うためだった。

アナベル

空港から街までのタクシーは、当時カタロニア語を解さな自分には物珍しかった事を記憶している。

運転手コロンブ、コロンアジア系の私を見ながら笑顔で塔の人物を指差していた。すぐに理解できなかったが、それはコロンブスの像であろうとは想像がついた。

コロンブスは私の記憶ではジェノバ出身であり、リスボン時代があったことまでは理解していたが、彼が当時のカタロニアにどのような関わりがあったのか、その場では分から不思議に思ったものだった。

タクシーは、それがまるで南欧そのものであるかのような眩しい太陽を受けながら、ホテルとへと私を連れて行った。

バルセロナは街は計画された美しい都市であった。そして今もその姿は変わらないだろう。

その街はオリンピックアントニオ・ガウディなどで有名である事は既に知っていたが、そういった一画とは対照的に、市内の一部の通りでは、服飾を扱う中国から貿易商で溢れており、その姿が往年の歴史、そして地中海の今も変わらぬ姿を教えてくれるには充分であった。

私は彼ら貿易商達の傍らを通り過ぎながら、アナベルに会えることが待ち遠して仕方がなかった。

携帯彼女に到着を知らせると、すぐに「会いたかった」の返事が返ってきた。

(続)

2015-01-07

[]5分で分かる旧約アナル聖書

天地創造

神は7日間かけて天地を創造し、6日目に可愛い女の子を創られた。


禁断の果実

最初人間アナルさらにもう一人創られたインブは楽園でつつましく暮らしていた。

インブは蛇にそそのかされ、うっかり禁断の果実うんこ)を食べてしまった。

神の怒りに触れ、蛇は手足を失いチンコになり、インブはうんこをしなければならなくなった。


息子たち

アナルとインブの罪はその子供たちにも受け継がれ、アナルのある人間と無い人間が現れた。

長男であるケツカインアナルがあるという劣等感から、弟アナベルを殺し、楽園を追放されることになった。

ケツカインは神から逃れ、やがて息子エイノゥができた。


ケツノアナの箱舟

そして人間は増え続けた。

神はアナルのある可愛い女の子アナルのない可愛い女の子をふるいにかけるため洪水引き起こした。

神はアナルのある可愛い女の子を生き残らせるためにケツノアナに箱舟を作るように命じた。

大雨が降り、四十昼夜降り続いた。

その結果、アナルのない可愛い女の子は全て絶え、アナルのある可愛い女の子けが生き残った。


アナルイブの塔

時は流れ、人間たちはバイブマニアという地に集まってきた。

当時の人間たちは長くて太いものに憧れを抱くようになっていた。

イブマニアの人たちは、天まで届くほどに巨大なアナルイブの塔を作ろうと躍起になっていた。

それは神の怒りをかうことになった。

「見よ、民はエロいことしか考えぬゆえに このようなくだらない事を始めてしまった。

彼らのする事は、もはや何をもっても 止める事はできない。

彼らのアナル観を混乱させ互いの性癖理解できない様にしよう。」

ここで神が行ったことは、アナル観を分けたことである


アナルハム

アナルハムという人もいた。彼は包茎であったため、包茎手術をうけた。


モラセ

フェラチオはどこかの国の王であった。

モラセは小さい頃、フェラチオアナル川に投げ捨てられ殺されそうになったことがある。


フェラチオの追手が迫り、モラセ一向は逃げていた。突然モラセはうんこがしたくなった。しかし、当時一部の人間のケツには割れ目がなくアナルは体内に埋まっていた。

「う、うんこができない!!」

モラセはチンコを思いっ切り振り下ろした。すると、ケツが真っ二つに割れたではないか。

モラセは存分に漏らすことができた。


モラセの十戒

モラセは十戒を得るため、アナニーシナイ山を登っていた。

モラセは山の頂上につくと、神から十戒を与えられた。

一方で、いつまで経っても山から下りてこないモラセに民は苛立っていた。

民は金をかき集め、黄金のアナルを作った。

民はそれを祭壇に飾り、アナルオナホールオナニーをし始めた。

十戒を手にして喜んで帰ってきたモラセが目にしたものは、アナルオナホールオナニーして喜ぶ民たちであり、偶像崇拝であったのだ。

怒ったモラセは民からオナホを奪い取り、家に持って帰ってしまった。


十戒

1. アナルの崇拝

2. 偶像崇拝の禁止(アナルオナホールの使用禁止)

3. 肛門という言葉をみだりに唱えてはならない

4. アナル日の規定

5. アナルを敬うこと

6. アナルを犯してもよい

7. 姦淫の禁止

8. 便所のぞきの禁止

9. アナニーの推奨

10. アナルに対する妬みの禁止


アナル増田

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん