「TRON」を含む日記 RSS

はてなキーワード: TRONとは

2020-06-20

anond:20200620120354

>省庁に技術の目利きがいる?

こういうとこがアホなんだよな

まり省庁に目利きがいて、伸びそうな事業予算を突っ込めばいい。

という発想。

そもそも、どの技術が伸びるかなんて誰にもわからない。

ちょっと前にこれからバイオだとやってバイオポスドクを量産した惨状はご覧の通りだし、

IT関連で国産OSだ!と盛り上げようとしたTRONもまあしょぼい結果に終わった

技術の目利きがいるかどうか。という話じゃないんだよ。

どの分野が伸びるかなんてわからいから、満遍なく金を大量にばらまけが正解なの。

2020-05-15

どうしたいんだろうなTRONって

なぜそんな無駄なことをするんだ?

とか、感想はあるんだろうんが

ほそぼそとでも、やっていけているなら、なんつーか、しあわせだよな。

もんだいがあるとは思えない。

しろこっちあBSDを知らない世代の台頭でひっちゃかめっちゃかだっつーのに

2020-05-11

anond:20200511160830

べつにJavaでもCでもPHPでもPythonでも

なんでもいいっちゃぁなんでもいい

半導体おもしろいよね。

キーボードは英字を多く打つプログラマー

日本語をおく打つ事務やで好みが分かれる。

あとは大体そんな感じ

あなた普段何をするかで、道具が微妙に変わる

個人的感想では、Intelの第10世代はあまり好きにはなれない。

SSDは予想通り。

CDはまぁ復活の兆し

GPUちょっと読めない。情報は入ってきてる。

音は、むずかしいよね。でも最近の潮流はいいなっておもってる。

学生系はそれでいいの?とはおもう。いまはパソコンはやってるけどブームは去るよ。君が40になるときパソコンでいいの?

40になったときにやりたいことをやっておかないと

しろTRONの方がプログラムは組みやすいという人が多いだろう。

anond:20200511160137

アメリカにつぶされて」の意味するところがアメリカ政府の圧力で潰されてだったらそれは間違った認識らしい。坂村健が書いてた。マイクロソフトに敗北してという意味なら正しいんだろうけど。

「主張しないOSだったか世界に広がった」TRONの生みの親・坂村健が語る

https://news.yahoo.co.jp/feature/1686

TRONってアメリカにつぶされてよかったと思わない?

日本メーカーWindowsMacみたいな完成度のデスクトップOS作れたと思えない。

使いにくいガラパゴスOS日本でだけ使われてるってことにならなくてよかったわ。

2020-03-18

映画TRON

主人公最後現実世界に戻ってきたときに謎ターミナルプリンターで「あなた勝利しました」とか書かれてヤッター! ってなるのが締めなんだが、2020年の今見て流石に意味が通じるのかわからん演出だよな。

ファミコンでいうところの黒画面に ゲームクリア! って書かれてるのと同じ演出

サイバーパンクとされるもの演出時代とともに全くよくわからない演出として扱われていくようになるんだろうか。

2020-03-12

anond:20200312131457

日本スゴイ論者

TRONは凄かったのにマイクロソフトに潰されたー」

って20年ぐらい言ってるよな

2020-02-17

anond:20200217163419

TRONはどちらかというと、米政府イチャモン付けてきたか政治も介入してきて、勢いを殺されちゃったんだよね。

んでもって専門家結果論しか言わない。

坂村先生はそれでもヘコまず、御尽力されておられるのだ。

日本は新しいもの否定する習性があるから

TRONしかドローンしかり。

若い子やオタクにも判り易く言うならば進撃の巨人の壁の中みたいな状況になると言う事。

しか金属屋さんは良い事を書くなぁ。

ネジに関しては娘を売ったエピソードも確かあった位だしなぁ。

2020-02-13

政府クラウドMSじゃなくてamazonなのって

個人的にはMSの方が信用できそうなもんだけど

まだTRONのこと根に持ってるからなのかねぇ?

2019-12-17

第二次大戦中のOS

やっぱりWindowsだったんだろうか。

Apple敵性語から使わんだろうし。

いや、だったらWindowsも同じか。

Tron組み込みでがんばってたんかなあ。

満州731部隊ではウィルス研究もしていたみたいだし、マルウェアとか、いっぱいバラ撒いたんだろうなあ。



みたいな夢を、明け方に見ていた。微熱喘息の夜

2019-02-17

日本の現状を眺めるに、戦争は負けちゃいかんのだな

日本を追いこもうとして生まれ憲法を言うに及ばず、あちこちに影響がある。戦後長期政権反米どころか親米でない政権なんてなかったろう。

9.11までCIA仕事は対日経スパイだった。規制緩和立役者竹中アメリカ留学経験があり大の親米だ。βーTRON挫折は余りにアメリカに有利だったな。

田中角栄名前を出せば十分だろう。小渕はバブル崩壊から立て直すのにもっとも近かったが、急死したな。そのあとの自民の行った財政緊縮はちぐはぐで、日本が完全に衰退してようやくやめられた。日米地位協定は健在だ。統治行為論は素晴らしい概念だな。

偶然の積み重ねだと思う人は、少し思い出して欲しい。韓国では半島融和政策をとった大統領クーデターで倒れたことを。カンボジアでもポル・ポトが現れて地獄になったが、前にいた親米政権地獄だったかシハヌークは逃げたんだ。

日本だけ安全なのではなく、日本完了したと見るべきだろう。

占領軍が好き勝手法律決めた時期があるのだから当然だ。だから全てがアメリカの手のひらの上、とは思わんが、重大な決断アメリカがいつでも邪魔できるよう、周到に作り上げられた傀儡国家になった。

未だに日本アメリカ属国だ。

戦争は負けちゃいかん。

そう思いつつxvideo で悔し抜き。

2019-01-24

anond:20190124134549

TRON暗殺されて消えていなかったら国産OS10年早くディストピアが実現されていた

2018-12-29

2048年も終わろうとしている

東京オリンピックまでにまともに対策してたら初詣いけてたのにな。懐かしい。神社廃止だしな。クリスマスも好きだったのに。ただ春節も悪くない。中国人が街から減るのはありがたい。昔の日本旧正月ブームも来そうな感じ。それにしても沖縄取られてからあっという間だった。増田にこんなこと書いたぐらいで連れてかれることはないけど。ただニュースにならないけど富士山矯正施設は相当厳しいらしい。アメリカ基地反対や沖縄独立活動家が一番先に矯正施設送りになったのは驚いたね。アメリカ追い出して領土取られて元の日本人が50%切ったらもうそりゃね。韓国が自滅して北朝鮮に吸収されたと思ったらすぐ朝鮮省になったし。パスポートなしで行けてもうれしくも何ともない。今年はやっぱり朝鮮トンネル工事大事故かな。建国100周年記念と言ってもあれは無理だって。あういうの造れるって思うのは単なる懐古主義工事再開できるのか怪しいしたぶんまたやらかす。いくらメンツと言っても金かかりすぎ。簡体字奨励期間もあと2年しかない。そのうち平仮名禁止になったらめんどくさい。ハングル廃止になった朝鮮よりも恵まれはいるが。あと独自OS義務化はやめてほしい。日本語の認識甘すぎる。中国語しか使えない。こういうの政府主導でやっても時間かかりすぎる。軍に任せるべき。Maclenovoに吸収されて使えなくなってせっかくWindowsに慣れたのに。tronって元々日本のなんだけどな。来年北方領土問題解決しろ

2018-12-28

2038年も終わろうとしている

東京オリンピックまでにまともに対策してたら初詣いけてたのにな。懐かしい。神社廃止だしな。クリスマスも好きだったのに。ただ春節も悪くない。中国人が街から減るのはありがたい。昔の日本旧正月ブームも来そうな感じ。それにしても沖縄取られてからあっという間だった。増田にこんなこと書いたぐらいで連れてかれることがないけど。ただニュースにならないけど富士山矯正施設は相当厳しいらしい。アメリカ基地反対や沖縄独立活動家が一番先に矯正施設送りになったのは驚いたね。アメリカ追い出して領土取られて元の日本人が50%切ったらもうそりゃね。韓国が自滅して北朝鮮に吸収されたと思ったらすぐ朝鮮省になったし。パスポートなしで行けてもうれしくも何ともない。今年はやっぱり朝鮮トンネル工事大事故かな。あれは無理だって。あういうの造れるって思うのは単なる懐古主義工事再開できるのか怪しいしたぶんまたやらかす。いくらメンツと言っても金かかりすぎ。簡体字奨励期間もあと2年しかない。そのうち平仮名禁止になったらめんどくさい。ハングル廃止になった朝鮮よりも恵まれはいるが。あと独自OS義務化はやめてほしい。日本語の認識甘すぎる。中国語しか使えない。こういうの政府主導でやっても時間かかりすぎる。軍に任せるべき。Maclenovoに吸収されて使えなくなってせっかくWindowsに慣れたのに。tronって元々日本のなんだけどな。来年北方領土問題解決しろ

2018-12-21

[]コンピューターで発生する技術面の問題

1999年問題

1900年を1年目と内的処理していた場合、年数が2桁から3桁になる。また、年号を下2桁だけで処理していたシステムの一部で年のエントリで99をエラーコード例外値として扱っている物があったとされ、そのようなシステムでは1999年になった途端に正当な1999年エラーとを識別できず不具合をおこすことが懸念された。又、9が5つ並ぶ1999年9月9日エラーが発生することも懸念された。

1999年8月21日問題

GPSは内部処理で週数を10ビット管理しており、起点である1980年1月6日から1024週後にあふれて0に戻る。

2000年問題(Y2K)

年数を下2桁だけで処理していたシステムや、2000年平年(閏年ではない)と誤解したシステム問題が起こる。

2001年9月9日問題

1970年1月1日0時からの秒数が十進法で9桁から10桁になる。経過秒数を文字列表現に直してソートしたことで、「1,000,000,000 < 999,999,999」と判断してしまい、項目の新旧が正しく処理されない問題が実際に幾つかのシステムで発生した。

2008年問題

2000年以降も年数を下2桁だけで処理していたシステムで、かつ年を文字列で格納していた場合に、先頭が0の場合には八進数として扱われる処理系があり、その場合2008年の時点で年の処理が不正となる場合がある。ごく一部のperl作成されたネットゲーム誤作動が発生した事例がある。

2010年問題

潜在的バグが発覚した。シチズン電波時計ソニーゲーム機プレイステーション3」(閏年処理)、オーストラリアクイーンズランド銀行でのシステム動作ドイツジェムアルト社のICカード使用不能など。シチズンのケースでは、年の内部表現西暦下2桁のBCDを使っていた。

2019年4月7日問題

GPSは内部処理で週数を10ビット管理しており、起点である1980年1月6日から2048週後にあふれて0に戻る。(10ビットでは2回目)

2030年問題

1930年 - 2029年を下2桁で表現しているシステム問題が起こる。同様のもの2050年問題や2070年問題などがある。

2036年問題

1900年1月1日0時からの秒数が32ビットからあふれ、NTP問題が起こる。

2038年問題

Unixなど。1970年1月1日0時(Unix epoch)からの秒数が31ビットからあふれ、32ビット符号付きで処理しているシステム問題が起こる。

2038年11月21日問題

GPSは内部処理で週数を10ビット管理しており、起点である1980年1月6日から3072週後にあふれて0に戻る。(10ビットでは3回目)

2040年問題

HFSのタイムスタンプ2040年2月6日までしか取り扱えない。

2042年問題

System zのSTCK命令で取得する64ビットTODクロック2042年9月17日中にオーバーフローする。

2048年問題

2038年問題1980年起点版。FATファイルシステムタイムスタンプなどが1980年起点である

2050年問題

1950年 - 2049年を下2桁で表現しているシステム問題が起こる。同様のもの2030年問題や2070年問題などがある。

2053年問題

2038年問題1985年起点版。TRONなど。

2070年問題

1970年 - 2069年を下2桁で表現しているシステム問題が起こる。同様のもの2030年問題2050年問題などがある。

2079年問題

FATファイルシステムタイムスタンプの起点の1980年1月1日を基点として、年数を下2桁だけで処理するソフトウェアなどは、その起点の99年後(2079年12月31日)までしか正常動作しない。

2100年問題

2000年以降に作られた年数を2桁で表すシステムや、2100年を閏年と誤解したシステム問題が起こる。

2108年問題

FATファイルシステムタイムスタンプは2107年12月31日までしか取り扱えない。

2137年問題

更新されたGPSは内部処理で週数を13ビット管理しており、この頃にあふれて0に戻る(正確な日時は未定)。

2286年問題-2286年11月20日17時46分40秒に起こる。原因は、2001年問題と同じ。

3000年問題

Visual C++において、3000年1月1日以降の日付処理に不具合が生じる。

10000年問題

西暦が5桁になる西暦10000年1月1日に起こる。

2018-12-05

シャルリー・エブドは、今何思う

フランスが大変なことになってるけど、定評のあるシャルリー・エブドは、この暴動についてどういう立場をとってるんだろう?

移民が悪い移民追い出せってことも言いそうだし、マクロン氏ねも言いそうだけど

https://charliehebdo.fr/

翻訳で読んでみても、何かのたとえ話なのか皮肉なのかさっぱりわからん

野蛮人と並んで、ロワレからセーヌ・エ・マルヌへ

Fabrice Nicolino - 21/11/2018

いいえ、それは興味があるので、それは少し存在しなければならないので、タイトル作成しません。今や普通破壊の記録は存在せず、論理的にはレーダーと血痕の光の下を通りますしかし、ここでは2つの簡単な例があり、教訓は明らかです:世界工業化はロワレに、Mardieでは敵である私たちの友人Mardiéval(le-castor-enerve.fr)は巣の近くにカメラを隠していますオスプレー、魚を食べるラプター。もちろん、一方では、そのような自然不思議技術を導入するのはうんざりです。一方、私たちは、過去2年間、シルバとレダの(ミス性的冒険を続けることができました。ライブ。そしてそれは豪華でした。ロワレ郡議会は 代わりに道路偏差を課す。Latingy木材野蛮人仕事であり、一世紀以上の古い樫、どこ私たちの鳥は彼らの習慣木から数十メートルを刈り始めました。2番目の例では、セーヌ・エ・マルヌのVillevaudéに行きます。そこではPlacoplatre社がGratuel木材攻撃し、19ヘクタール森林を削る石膏を探しています私たち団体しか話せませんでしたか恋人でないミレーユロペス椅子アデンカ(adenca.over-blog.com) - ローカル?何ではない?行政とその関節アームDriaaf(農業林業地域的な方向)はPlacoplatreに直面することを好む。途中で不正者が補償を呼び出す 環境破壊すると、あなたは他のどこかで一種生態学的同等物を作り出さなければなりません。彼らは言う。自然機械部品のセットではないので、この「補償」は意味を持ちませんが、この場合はVillevaudéにいくつか追加しました。Placoplatreは、何百年もの存在し、それを必要としない州の森林を「補償する」ことを決定しました。ユーモア、ない?

原文

AUX CÔTÉS DES BARBARES, DU LOIRET À LA SEINE-ET-MARNE

Par Fabrice Nicolino - 21/11/2018

Non, ça ne fera aucun titre, car pour intéresser, il faudrait que cela existe un peu. Or la chronique de la destruction ordinaire n'existe pas et passe logiquement sous la lumière des radars et des limiers. Voici pourtant deux cas simples, dont la leçon est limpide : l'industrialisation du monde, voilà l'ennemi !À Mardié, dans le Loiret, nos amis de Mardiéval (le-castor-enerve.fr) ont planqué une caméra près du nid de balbuzards pêcheurs, rapaces dévoreurs de poissons. Bien sûr, d'un côté, c'est dégueulasse d'introduire la technologie auprès de telles merveilles naturelles. De l'autre, on a pu suivre, ces deux dernières années, les (més)aventures reproductives de Sylva et Reda. En direct. Et c'était somptueux. Seulement, c'est à peu près râpé, car le conseilpartemental du Loiret vient d'imposer au lieu une déviation routière. Les barbares du bois de Latingy sont à l'oeuvre et ont commencé à tronçonner des chênes plus que centenaires, à quelques dizaines de mètres de l'arbre où nos oiseaux ont leurs habitudes. Le second exemple nous entraîne à Villevaudé, en Seine-et-Marne, où l'entreprise Placoplatre s'attaque au bois Gratuel, à la recherche de gypse pour y raser 19 hectares de forêt. A-t-on seulement parlé avec les associations - l'infatigable Mireille Lopez préside l'Adenca (adenca.over-blog.com) - locales ? Que non. L'administration et son bras articulé la Driaaf (direction régionale de l'agriculture et de la forêt) ont préféré traiter en tête à tête avec Placoplatre. Avec en plein milieu ce que les margoulins appellent la compensation. Quand tu détruis un milieu, tu dois créer ailleurs une sorte d'équivalent écologique. Qu'ils disent. Cette « compensation » n'a aucun sens, car la nature n'est pas un ensemble de pièces mécaniques, mais en l'occurrence, à Villevaudé, on en a rajouté. Placoplatre, dédaignant des lieux de forte diversité, a décidé de « compenser » dans des forêts domaniales en place depuis des siècles, qui n'en ont nul besoin. Humour, non ?

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん