「お雛様」を含む日記 RSS

はてなキーワード: お雛様とは

2018-03-03

うちのお雛様九死に一生を得た話

1年ほど前のこと。

人形店で20年前に購入した雛人形

しま場所を移したところ、なんと湿気で顔とか髪にカビが生えちゃった……。

これは大変だとお店に連絡して聞いてみると、どうやら修理ができるらしい。

それから色々忙しくて、数ヵ月後にようやくお店に持っていくことに。

だけど、うちには車がないもんだから、買った時のバカかい木箱ごと大きな風呂敷につつみ、

えっちらおっちら電車でお店に持っていくしかなかった。

真夏である人形に何かあったらいけないから、あんまり早歩きは出来ない。

暑いし、めっちゃ恥ずかしかった。

店員さん曰く、専門の方に見せて、どういう修理方針になるか決まったらまた連絡しますとのこと。

ちなみに箱は預かってもらえないらしく、また同じように持って帰った。

すると、数日後の朝にお店の方から連絡が。

その時、私は寝起きで朦朧としながら朝ごはんを食べていたんで、母の電話口でのやりとりをぼんやりしか聞いてなかった。

お昼に、どうだったかと聞くと、お店の方曰く、「完全には取れないかも、それか顔を変えるかどちらかです」ということらしい。

母は、綺麗に取れるか分かんないみたいだし変える方にした、そっちの方が安いと私に言った。

最初は「ほーん」と答えた。

でも何かなあ、すっきりしなかった。ホントにこれでいいのか。

お雛様とお内裏様の顔立ちは、本当に綺麗だった。

忘れてたけど、そういえば小さい頃、3月になると和室に飾られるお雛様を見るのが楽しみだった。

かに、顔を変えれば綺麗にはなる。

だけど、顔を変えたら、それはどんなに似ていたとしても”あのお雛様”じゃなくなっちゃうんじゃないだろうか。

たとえ汚れが完全に取れなくてもいいから、あの雛人形が良い。

その日の夜、その旨を母に訴えた。

母も、私の言い分に納得したようだった。

翌日、またお店に連絡し、結局修理することになった。

で、2か月後くらいに修理が終わって、母が取りに行った。

そしたら、すごく嬉しいことがあった。

そのお雛様が、職人さんたちの間で「20年前のものとは思えないデザインの良さ!」と絶賛だったって。

顔立ちももちろん、着物も今ではもう作ることが出来ないらしい。

顔を変える方法から修理する方法に変更した際、職人さんはとっても喜んでいたんだとか。

それを聞いて、やっぱりうちのお雛様は凄い!と何だか誇らしい気持ちになった。



あとで知ったことだけど、そのお雛様は、私の亡くなった父が購入したものだった。

寡黙で、いつも買い物は母に任せっきりだった父が、珍しく「これが良い」と言って買ったらしい。

母は、「やっぱり貴女の言った通り、修理してよかったよ。顔変えたら、違うお雛様なっちゃものね。」

と喜んでいた。

顔に汚れがあったお雛様の方は、顔を少し削ったとのことだった。

職人さんも、すごく頑張ってくれてギリギリバランスで削った、と。

かにほんのちょっと鼻の線が滑らかになって、お顔がうす桃になったけど、

まあこれはちょっと整形したんだよね。

でも、戻ってきてくれて、ホントに嬉しかった。

やっぱりあの時、言ってよかった。

ようやく春になって、2年ぶりに雛人形を飾ることが出来た。

やっぱり、うちのお雛様とお内裏様が、一番綺麗だと思う。

2017-08-30

俺が小学生の頃はお雛様を爆破していた

別にゲリラの爆破部隊で育ったわけでは無い。

こないだ、ふと小学生の頃に流行った替え歌を思い出した。その中で、割と鮮明に記憶に残っていた替え歌がある。

おひな様の歌(灯りをつけましょぼんぼりに〜)の歌を爆破テロにする、という替え歌である。たしか

「灯りをつけましょう爆弾に、ドカンと一発菊の花、なんちゃらなんちゃらなんちゃらら〜(忘れた) 今日は悲しいお葬式

といった内容であった。

今のSNSに流したら確実に炎上する、といった過激な内容であったが、小学生の間では爆発する、といった爆笑ポイントがあった為、ちょっとしたトレンドになっていた。

小学生うんこと爆発が大好きであり、SNSに流すと炎上する。

だが、私はこれを聞いた当時、恐ろしくて笑うことができなかった。

葬式という死後の世界が広がる事によって途端に生々しさが広がってきたのだ。軽傷で済むと思ってた。マリオくんだって爆破されたら、指を指して笑いながらツッコミ入れてたじゃん。爆発って人が死ぬんだ....、と子供心にパラダイムシフトが起きた。

そういえば、近年の子供達は死という概念あんまりよく分かってない、というニュースを見た事がある気がする(凄いふわふわしてる事例でごめんなさい)。ゲームだの漫画などで人が死ななくなったから、すぐに生き返るようになったら、だそうであるが、個人的にはやはり、お雛様を爆破しなくなったからなのではないか、と思う。

お雛様を爆破する教育を、お国は是非とも取り入れるべきではないでしょうか。

お雛様を爆破する事によって死の概念を受け入れる国、日本。血も涙もない倫理観!!まさにCOOLJAPAN!!!

2017-08-25

小学生の頃はおひなさまを爆破していた

別にゲリラの爆破部隊で育ったわけでは無い。

こないだ、ふと小学生の頃に流行った替え歌を思い出した。その中で、割と鮮明に記憶に残っていた替え歌がある。

おひな様の歌(灯りをつけましょぼんぼりに〜)の歌を爆破テロにする、という替え歌である。たしか

「灯りをつけましょう爆弾に、ドカンと一発菊の花、なんちゃらなんちゃらなんちゃらら〜(忘れた) 今日は悲しいお葬式

といった内容であった。

今のSNSに流したら確実に炎上する、といった過激な内容であったが、小学生の間では爆発する、といった爆笑ポイントがあった為、ちょっとしたトレンドになっていた。

小学生うんこと爆発が大好きであり、SNSに流すと炎上する。

だが、私はこれを聞いた当時、恐ろしくて笑うことができなかった。

葬式という死後の世界が広がる事によって途端に生々しさが広がってきたのだ。軽傷で済むと思ってた。マリオくんだって爆破されたら、指を指して笑いながらツッコミ入れてたじゃん。爆発って人が死ぬんだ....、と子供心にパラダイムシフトが起きた。

そういえば、近年の子供達は死という概念あんまりよく分かってない、というニュースを見た事がある気がする(凄いふわふわしてる事例でごめんなさい)。ゲームだの漫画などで人が死ななくなったから、すぐに生き返るようになったら、だそうであるが、個人的にはやはり、お雛様を爆破しなくなったからなのではないか、と思う。

お雛様を爆破する教育を、お国は是非とも取り入れるべきではないでしょうか。

お雛様を爆破する事によって死の概念を受け入れる国、日本。血も涙もない倫理観!!まさにCOOLJAPAN!!!

2016-10-30

[]

中山道みたけ館を訪問してきましたわ。

一階が図書館で二階が無料郷土館になっています

郷土館では地質時代からはじまって亜炭をとっていた近代までの展示がみられます

「カニサイ」の化石があって「蟹犀」かと思いきや

お隣の可児市の名を取って「可児犀」でしたわ。

パリサイ派とも関係ありませんでしたけど、隠れキリシタンの展示はありました。

美濃織田信長領地だった関係宣教師が熱心に布教しており、

ひとつ地域人口の40%以上がキリシタンになっていたそうです。

柱の溝に仕込んだ石にマリア像が掘ってあったり、

水の字がキリストと手に打たれた釘を表していたり、

あの手この手信仰を守る情熱には感動しました。

命を懸ける情熱のない方は転びキリシタンになったわけですけれど……

一種生存バイアスですわね。

でも、熱心な信徒がいらっしゃったのも「裾野広ければ山高し」かもしれません。

特別展示で江戸時代に盛んに作られた土人形が紹介されていて、

人形とは異なったお雛様などを拝見しました。

土人形の保存状態がよいものの表面は白い玉子みたいで綺麗ですわ。

しかし、汚れてしまうと極端に見た目が悪くなってしまます

それも布人形に押されてしまった原因かもしれません。

モチーフお雛様七福神の他には歴史上の人物などがありました。

菅原道真源平合戦人物が多く、戦国時代人物ほとんどないところが

現代と違っていて興味深かったですわ。

それにつけても「だるま乗り亥」のかわいらしさったら!

とりあえず何でも足してみる日本人の発想はこの頃からお盛んだったみたいでしたわ。

2012-08-01

ちょっと教えて偉いひと

枕草子ってあんじゃん。

よく受験とかに出てくる部分で、お雛様の食器とか超カワイーみたいなこと言ってる段あるじゃん

ちっちゃい子が親ンとこまで這ってくる途中でなんかホコリとか見つけて指でつまんで見せに来るの萌えるとかなんかそんな。

それでなんか、締めの文句みたいなので「何であってもちっちゃいものはみんなカワイイ」みたいのあったじゃん。

原文ってなんでしたっけ。そこんとこ。

記憶の中では確かに「何も何も、小さきものはみならうたし。」なんだけど。

検索で引っかかるのは「小さきものはみなうつくし。」なんだよね。

そして青空文庫はヒットしない。

絶対らうたかったと思うんだけど、ちょっと教えて偉いひと。

2010-03-03

ストレスかかると性欲は減退するらしい

学生時代慢性的な中二ウツだったせいか、あまり性欲がなかった。女友達や同級生に欲情するのがイヤで、強迫的に毎日抜いてはいたが、作業に過ぎず、射精するのがシンドイ時も多かった。

社会に出て、思考や行動の習慣が少しは変わって、性欲も増えた。1日1回くらいは余裕で、たまに追加してしまうくらい。

でも、こっぴどく絞られると、とたんに勃たなくなる。見事に反応しなくなる。まあ、頭の中が叱責場面の反復で埋め尽くされているのだ、エロシチュ妄想してるリソースなんて全く無いだろうさ。ピロートークをシミュレートするリソースも無いだろうさ。

で、攻撃的というか、破滅的な思考が微かに感じられる。このストレスをあと5段階ほど高めて、それが慢性的に続けば、心身のどっかに変調を来すのかもな。10段階ほど一気に高まれば、そりゃ、自分か誰かを死傷するかもな、と思う。無理やり冗談で「まだ息子の顔も見てないのに終われるものか。わが子にクソ親父死ね!!と罵声されたいよハァハァ」とか言ってみる、まだ言える。心が全く笑えなくても、冗談を思い浮かべられる内は、まだまだ大丈夫なんだろうな。

自分は所詮低脳な輩で、まあ社会に貢献できる部分なんて全然ない無能者だ。だから、社会適応していく上で苦痛があるのは、当然だろう。ただ、なんか日本全体がストレスフルに思えて、げんなりする。俺以外の俺より有能な人たちが、もっとハッピーにセックロスしていてくれないと、希望がないじゃないか。だから、オレより優秀なお前らはもっと幸せになるべき。ときに、今日雛祭りですね。きっとお雛さまに白酒を注いだり、お雛様の雛霰をつまんだりしてるわけですね、娘が寝静まった夜中に。家族エロいよ、家族

とバカな長文を打てる程度に、気分はいい。心底落ち込んでる時は、言葉が凍る。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん