「ピンナップ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ピンナップとは

2016-10-12

アニメージュ表紙キャラ男女の変遷からみる女性読者の増加

人気女性アニメキャラの変遷。(http://prehyou2015.hatenablog.com/entry/animagefemale

上記の記事でのサンプルに採用されているアニメージュですが…個人的な印象として、【中高生オタ女子が一番手に取りやすアニメ雑誌がメージュ】だったので話の流れ的に「男オタの萌えるキャラ」なのにそこサンプルって?と疑問を持ちまして…思わず読者男女比が気になりアニメージュの表紙を男キャラのみ/女キャラのみ/男女混合でカウントしてみた暇人です。結構面白い結果になりましたので公開します。

■参考にしたサイト

ゆうゆうじてき(http://homepage2.nifty.com/yuyujiteki/etc/top.html

NAVERまとめ:歴代アニメージュの表紙まとめ(2000-2016)(http://matome.naver.jp/odai/2143969576830905201


キャラのみキャラのみ両方備考
1983138主人公ヒロインばっかり。男キャラバイファムキャラ
1984182キャラ増えた。ラムちゃんナウシカ、ミンメイ、美沙さん等。男キャラは犬ホームズ
1985256キャラは犬ホームズアムロ
1988442参考サイト様が欠番だったので88年へ。他、ガンダム機体とトトロあり。男キャラはAKIRAの金田ボーグマン女性人気の高かった侍トルーパー
1989462銀英伝表紙あり。
1990174キャラ1はSDガンダム…格好可愛かったので1カウント
1991183キャラはポルコ・ロッソ…!
1992542テッカマンブレードセーラームーン初出。ミンキーモモは1回のみ?男側多そうでいてサイバーフォーミュラ健全表紙だったりする
1993291ジブリ活躍中。男キャラマイトガインとパプワくん(パプワくん不在)
1994254ジブリのぽんぽこ。男キャラ未来冒険チャンネル5とGガンのドモン
1995264ガンダムW初出。そしてエヴァが初出。数字には表れないもののやっと女性向けらしさじんわり。
1996273スレイヤーズ初出。綾波率高い。
19971100エヴァ初号機ナデシコ初出。リナ・インバース率も高い。男1はアシタカ
1998182ラブ&ポップ実写映画)で庵野監督女優表紙アリ。CCさくらちゃん初出
1999372キャラ側にto Heart出てた。男キャラはカウボーイ・ビバップオーフェン
2000183キャラ側に最遊記初出。
2001435最遊記の登場により男キャラ表紙増える。
2002084増えたと思いきやザックリ消える。但しラクスいるから男女でカウントしたけどほぼ男子推し表紙なSEED初出。
2003831>突然の男女比逆転!!< 男側の内訳はSEED、犬夜叉、初出ハガレン最遊記。健闘している女子でじこ片瀬志麻おねがいツインズの子
2004804SEEDの勢いがすさまじく女子のみ表紙は皆無に
2005903SEEDとハガレン女子集客率が見て取れるしピンナップ感増し
2006525やっと女子のみキャラ表紙来たと思ったらNANAと別作品混合の女子表紙。
2007822ここでやっと灼眼のシャナが2回女子のみ表紙に。シャナすごい。
2008911他、魚の身体ポニョ。一人健闘し続けるシャナⅡ。
2009633けいおん初出。2回表紙をもぎとる。残り1回はマクロスFヒロイン
2010930キャラ内訳はけいおん×2回とアリエッティ
2011840けいおん×3回、ジブリコクリコ坂1回
2012831けいおん×2回、スマプリ1回。けいおんにより男性読者戻ってきた?
2013930たまこまーけっとプリキュア10周年、ドキプリ
2014840映画かぐや姫けいおんプリキュアオールスター思い出のマーニー
20151101両方の1は銀魂でかろうじて神楽ちゃん
2016910マクロスデルタフレイアちゃんと美雲さん

※参考のサイト様にはそれ以前の表紙の掲載もありましたが、引用元様にあわせて1983年からカウントしてみました。見落としやミスが大いにあると思います。ご容赦ください。


■以下、所感。

80年代ジブリ推しが多分だったり、元気な少年主人公の表紙があったりと割とほのぼのとした印象でした。ただし、魔女の宅急便のキキのピンナップ風とかあったしナウシカ様の人気も見えるというほのぼのの中のオタ感。

・女オタに人気だった(って聞いたことあるトルーパーも、普通な集合絵で特に女性向けのにおいを感じません。

・(金田の一枚絵ほしい)

90年代セーラームーン存在感単独表紙はうさぎちゃん、亜美ちゃん、セレニティはるか様でした。

男性キャラのみの表紙、健全宣伝絵気味だったのがピンナップ的になったのはガンダムWあたりからの印象を受けました。当時ジャニガン(ジャニーズのような少年ばかりのガンダム)とか揶揄されてた記憶があるので…女性読者増えたんでしょうか。ガンダム強い。人気余ってXのネタを取り込んだことは有名ですね。未見なのでX含めてそのうち見てみたいです。

エヴァは意外と綾波一辺倒でした。シンジくんはともかくアスカは…?今だとカヲル君も特集されるところですが、後方の登場からの人気爆発のせいか彼もいません。

・ということでWとエヴァでじんわり蓄積されていたかもしれない女オタ読者がハッキリと激増する様子が見受けられるのが2000年代引用元様でも「2010年を過ぎたあたりから(中略)男のリビドーを感じない」と言われておりますが同感です。

・逆転の起こる2003年頃。男女比を調べるつもりとはいっても、男キャラのみ表紙の場合にだけ作品名メモしていたのが、女キャラ側へと逆転したのは調べていて衝撃的でした。

男性オタク側にヒット作が無かったわけではなく、むしろ版権的あれこれもあるかもしれないんですが)あれだけヒットした涼宮ハルヒらき☆すたもありませんでした…既に客層が入れ替わっていたということでしょうか。そういえば、まどマギもない…。

・SEEDとその続編という長期に渡るアニメ女性にヒットしたのは大きいと思います。そして併せ技で「鋼の錬金術師」、前後の押しに「最遊記」のヒットが表紙から読み取れます。SEEDとハガレン、人気ありましたね。

・上記の私の「中高生オタ女子が一番手に取りやすアニメ雑誌」の印象はそのあたりで培われたもののようです。

蛇足ながら、下に2003年以降の男キャラのみ表紙の場合作品内訳も上げておきます。半端に略式で書いてますがご容赦ください。人気ランキングと照らし合わせると面白いと思います


作品名
2003犬夜叉ガンダムSEED、最遊記R、鋼の錬金術師
2004ガンダムSEED、最遊記R、鋼の錬金術師蒼穹のファフナー、SEEDデスティニー
2005鋼の錬金術師蒼穹のファフナー、SEEDデスティニー
2006SEED、今日からマ王!ガンダム映画コードギアス
2007BLEACH、コードギアスヒロイックエイジ、おおきく振りかぶってガンダム00
2008BLEACH、ガンダム00黒執事
2009ガンダム00黒執事鋼の錬金術師ヘタリア
2010黒執事ヘタリア戦国BASARA銀魂おおきく振りかぶって、デュラララ!
2011戦国BASARAイナズマイレブン、デュラララ!、TIGER&BUNNY青の祓魔師
2012イナズマイレブンTIGER&BUNNY、うたのプリンスさま、黒子のバスケ
2013イナズマイレブン黒子のバスケマギPSYCHO-PASS銀魂風立ちぬ進撃の巨人Free!
2014進撃の巨人Free!メカクシティアクターズハイキュー!、ダイヤのA
2015黒子のバスケ進撃の巨人Free!、デュラララ!、うたのプリンスさま、終わりのセラフ血界戦線弱虫ペダル
2016鉄血のオルフェンズおそ松さん銀魂文豪ストレイドッグス美男高校、アイドリッシュ・セブン

2016-09-08

マンガ倉庫フィギュアパンツを見まくってふおおおおおってなった

ショーケースの中のフィギュアパンツをどうにかして見るために、

下段のフィギュアをじっくり眺める振りしてしゃがんでそれとなく上を必死で見上げてパンツを見るの、

めちゃくちゃ興奮する

サワレナからこそってのもあると思う

でも、家帰ってぐぐってフィギュアレビューパンツ画像を見ても、その興奮は全然こなかった

やっぱりフィギュアパンツは実物を見てこそだなあ

アニメ雑誌ピンナップとかはネットに転がってるスキャンでも大して変わらんけど、

やっぱりもとが3Dだと、それを写真という2次元に落とし込んだ時点でかなりの魅力がスポイルされてしまってるんだなあ

かと言って買ってしまったらそれはそれで趣がなくなってしまうと思う

自由パンツが見れたらそれはもう風情もクソもない

やっぱり不自由こそパンツへの情熱をかきたててくれるんだよ

から俺は実物は買わない

オタクショップのショーケースだけが戦場

ラジオ会館最初最後に一度だけいったけど、楽しかったなあ・・・

コスプレパンツ狙う人やガンプラ好きな人も同じなんだろうなあ

フィギュアパンツとケツはマジでまりませんわ

2015-09-27

アニメ雑誌ピンナップA3より微妙に大きいのなんとかならんの!!

なんでちょっとだけはみ出すような大きさにしてんの!!

保存しにくいんだけど!

あとアニメディアB2ポスターかいいつつB2より大きいサイズで出すのやめてくれー!

ホントにもう嫌がらせかってくらい微妙デカいんだよどいつもこいつも!!

2015-03-16

http://anond.hatelabo.jp/20150315214140

安価先間違えたので再投稿(ごめんなさい)

変な揉め方してたので(投稿者さんが追記されてますけど)一言

この人は「BL表現」を見たくないのであって、現実同性愛者を見たくないと言っているのではないよね。

そうじゃないと念押ししてるよね。

で、BL表現を書いているのは誰?

同性愛者が必要に迫られて書いてるの?

女性萌えのために同性愛ネタにしてるの?

前者なら一考の余地はあるけれど、後者なら「少女漫画誌におっさん向けのエロピンナップは載せない」程度の話じゃいないの?

この人が言うように、普通に「上手に棲み分けしようね」で話は終わりだと思うけど。

前者でも絶対に「男同士のキスシーン(おそらくディープな)」が必要なのかは

人に見せる表現なら考えられて当然。それにディープでない表現までは禁止してないようだし。

あと、BLニコニコホモネタと同じ、「同性愛ネタにしたお遊び」だと思ってる。

BL表現叩きを現実同性愛者叩きと一緒にしてる人たちって、そこらへんちょっとずれてないか?

10年ほど同性と付き合って性関係もずっとあったけど

BL自分らの表現だと思ったことは一度もないな。

少なくともこの人の発言から現実マイノリティへの差別は感じない。

マイノリティ擁護のつもりで見当違いなところにまでクレーム付けると、

却って表現マイノリティ自身混同する人が増えるしね。

少なくとも暴力的な言い回しや、批判の押しつけが必要案件ではないと思うよ。









2014-05-06

http://anond.hatelabo.jp/20140506143305

最後に、付け加えですが、脳が感じる快感人間はいろいろに区分けして言いますがハッキリ言ってそんなのは人間が都合で切り分けられると想像しているだけで、本当のところ切り分けるなんて無理な話なんですよ。たとえば「食べちゃいたいくらい可愛い」なんていう言葉もありますが、これは単なる比喩でなく、実際に、男性が裸のピンナップを見て興奮する際に、PETなどで調べてみれば、食欲中枢が活性化していることが分かっています。猫を見て萌え狂ってる腐女子もしばしば似たような表現を用いますが、それと性欲を完全に切り分けることができていると、本当に断言できるんですかね。一体何を根拠にお話されているのやら。

横だけど、それはどの程度「確実」に「食欲」と結びついてるのでしょうか?

「食欲中枢の部分らしきところ」が活性してる、という研究があるのかもしれませんが、

まず、それがどれだけ確実性のあるものか、ということがわかりませんし、

たまたま検査した人の食欲中枢付近にそういった興奮野があっただけかもしれませんし、

そもそも、食欲中枢と言うもの自体が単なる興奮に反応するものかもしれませんし。

その辺、きっちりとした研究があるのですか?

感情を各自が切り分けられるかどうか、については、その先の増田が言ってることはどうかとおもいますが、

「食べちゃいたい」がほんとに「食欲」につながってるとしたら、

実際食べちゃってる事件がいくらでも起こっていそうなものですけどね?

でも、実際そういったたぐいの事件、これまでにほとんど起きてませんよね?

食べちゃったのは、可愛いから食べちゃった、ではなく、単に食人性の異常があるとかだけで。



一体何を根拠にお話されているのやら。

http://anond.hatelabo.jp/20140506133308

見た目ロリはほぼ100%非力だよ現実二次元とは違うんだから

論理的に話ができない相手に話をするのは、大変残念なことです。

「見た目ロリは非力である」という話と「非力な30歳は『合法ロリである」という命題は、全くイコールではありません。「『非力な30歳』だが『見た目ロリではない』」は存在し得るからです。あなたの説明からは、残念ながらあなたに、論理的に物事を考える力がないということがよく分かります

「非力ではない少女」を愛好する人はロリコンではないということになる。

→そうだねそんな少女がいればね実在が危ぶまれる少女の愛好家が存在するかどうかも怪しいねw

社会常識のない、ネット弁慶と話をするのは、大変疲れることです。

普通、非力であろうがなかろうが、実社会では未成年を愛好すればそれは「ロリコン」です。実際に手出しをすれば、当然つかまりますあなたと(あなたの考える)峰氏の定義がいかに社会実態とズレているかが、よく分かる発言ですね。

最後に、付け加えですが、脳が感じる快感人間はいろいろに区分けして言いますがハッキリ言ってそんなのは人間が都合で切り分けられると想像しているだけで、本当のところ切り分けるなんて無理な話なんですよ。たとえば「食べちゃいたいくらい可愛い」なんていう言葉もありますが、これは単なる比喩でなく、実際に、男性が裸のピンナップを見て興奮する際に、PETなどで調べてみれば、食欲中枢が活性化していることが分かっています。猫を見て萌え狂ってる腐女子もしばしば似たような表現を用いますが、それと性欲を完全に切り分けることができていると、本当に断言できるんですかね。一体何を根拠にお話されているのやら。

私にはさっぱり分かりませんが、論理的な思考力もなく、ネットけが全てだという単純な世界に生きているような残念な人にはよく分かるということですか。ぜひご教授願いたいものです。もちろん皮肉ですが。

2013-10-22

http://anond.hatelabo.jp/20131021172902

キルラキルpixivTwitterでの反応を見るに女性でも楽しんでる人が多い。

いみじくも増田自身が女性でも楽しんでる人が多いことを認めている。

そのため、ここに「不快だ」と引っかかる女性も少なく感じる。

しろ頭の固い女だと両側から叩かれるのも目に見えているが、なかなか言う人を見かけないので言ってみました。

キルラキル別に男性向け、女性向けというくくりで見るのではなく。

「こういうことを楽しめる人向け」かどうかで考えたほうがいい。

男性でもこういうことを楽しめない人いる。それこそ元記事のブコメを見れば男性でも楽しめてない人がいる。

そして満艦飾マコに対する評価はまだ早い。まだまだ底のしれない明るさと素性、そして満艦飾家そのものが謎めいている。

ただの主人公居候先がOPでもイメージピンナップでも大々的にフィーチャーされてる。

個人的な考察だが、おそらく満艦飾家とマコ物語全体のキーになると睨んでいる。

というより、マコは二話で猿投山渦に、三話で鬼龍院皐月に、臆することなく口八丁で対峙している。

この時点で単なる「馬鹿」な「女」とは思えないはずだが、増田は何話まで見たんたろうか。

さらに言うと

気になるのは「こういう作品」なのに、まるで万人に喜ばれてるように、手放しに評価されている点である

それどこ情報?それどこ情報

俺の観測範囲では人を選ぶが面白い人は面白いだろうってな感じの評価だったんだが。

思うに増田は、どうにも観測範囲が偏っているのではないだろうか。

アニメなんやかんやのお色気に対して物申す記事でありながら

そこで思うのは、じゃあこの手の意欲作に、もっと男性的でない作品が増えてもいいじゃないかということだ。

そう言っておきながら前期の男性向けでない、女性向けのお色気を楽しめる意欲作「Free!」が出てこないあたり、よほどのもぐらか、観測範囲がおかしいとしか思えない。

増田は図らずも自らの観測範囲の狭さと、誤った認識で、いたずらに男女の闘争にキルラキルを利用することになったように思う。

問題提起結構ですが、なるだけ広い観測範囲と、正しい認識をもってからにしていただけませんかね。

2013-05-20

作画崩壊厨と『鉄腕バーディーDECODE』の思い出

http://anond.hatelabo.jp/20130520105912

作監がクッソ忙しいという話

 作画崩壊厨が増えたから、

 作画監督しわ寄せが来てるらしい

 キャラ似せさえ出来れば、あとはなんでもいいよ!との事

居る!

居るねそういう奴等!

おかげで作画崩壊厨との初遭遇時の思い出がぶり返したのでちょっと語りたい。


それは『鉄腕バーディーDECODE』が放映してた頃だからもう何年も前だ。

このシリーズ原作も決して売れ線ではなく(失礼)、

アニメタイトルとしてあまりキャッチーではなかった。

構成や脚本も頑張ってはいたけど、お話なんかツッコミどころだらけだった。

要するにどんな奴等が見てたかというと…作画厨だ。

立ち上げて間もないA-1 Pictures制作で、作画監督りょーちも

セールスが見込めない作品なりに本当に頑張ってる、作画好きには毎週楽しみにする価値のある作品のひとつだったのだ。

(余談だが増田お布施として円盤を全巻買っている、念のため)


で、地味なセールスまさかの続編が出ての『DECODE2』。

この頃はもう2chでも二次裏でも専用スレには荒らしアンチも全くいなかった。

この手の作品は冷やかしが全く来ないので平和になる傾向があったが、これがある時急に騒がしくなったのだ。

何かと思ったら7話のせいだった。

2chまとめ系のクズサイトでこの7話が「作画崩壊」として一斉に大々的に晒されたのだ。


急にドッとスレに入ってきたのは決して荒らそうという奴等ではなく、

一緒に「作画崩壊」を馬鹿にして楽しもうとワクワクしながらやってきた奴等だった。

作画厨だらけの古参住人は戸惑いながらも新参者達の話を聞き、そして驚く。

「は?7話が作画崩壊!?何言ってんの???」


当然ながらスレではその7話は「意欲的な作画」として面白がられていたのだった。

作画厨しか居ないので顔が似てるかなんてあんまり気にしない。

クソアニメ馬鹿にしようとワクワクしながら入ってきた新参者作画崩壊厨と

突然の人口増加に戸惑う原住作画厨とは

お互いの話を聞くうちについに互いが全く別の価値観の持ち主だと気付いた。


当然ながら作画厨はこの新参者に猛烈に反論し馬鹿にし始める。

「7話のこの絵とただの下手くそ作画の違いもわからんのか」

「何が”作画崩壊”だ、顔が似てるかどうかしかからない癖に」

「くだらねーことの為に見てもなかったアニメスレに入ってくんなカス

「お前等にアニメの作画は必要ねーだろ、メガミマガジンでも買ってろ豚」


もちろんこの予想外の罵倒作画崩壊厨も逆上し、

「こんなのが意図的な作画なわけない」

時間や金が足りなくなって酷いところに投げてこうなったんだ」

と主張し始めた。


しばらく平行線の罵り合いが続いたあと

アニメ雑誌で7話の作画の特集と監督インタビューが載って

作画崩壊厨は急速に意気消沈し去っていった(自分の目と頭で判断できないせいかえらく権威主義だった)。


とにかく、

アニメ見てるのに動きに微塵の興味もなく

面白い作画をしていても何も感じる事がなく

そのくせ「作画崩壊」というバズワードが大好きで

作画なんてキャラの顔がキャラデザに似てるか否かしかからない

そんな作画崩壊厨という人種との初遭遇だった。


ちなみにその後も彼等は散発的にスレに現れては

「あれは意図的なものではない」

「あれは失敗作だった」

と言い張り続けた。


アニメ自分達の理解できない作画意図や演出意図があることを認めたくない、大変不快に思っている、

そいう感じだった。

自分達の知識もレセプターも最弱レベルであるにもかかわらず


要するに

作画崩壊死ね

あいゴミ虫を量産した2chまとめブログ死ね

あいつら対策で製作現場にまで負担がかかってるってマジなんだろうか。


ブコメ

まあ・・・原作がある以上、絵くらい似せてやってくれって願望の話ですよ・・・そういきりたちなさんな。

いや、違うから

2つ違う。

1.まず作画崩壊厨が言ってたことですら「原作と似てない」ではなく「キャラデザと似てない」。

 (悪の華ぐらい前衛的でない限り「原作と似てない」はあんまり言われないよね、それもふしぎっちゃふしぎだが)

2・好みとして「キャラデザの絵柄を墨守しろ」「勝手な色を出すな」って言ってるならまだいいんだよ。

  あんまり趣味は合わないけどね。

  作品によってはキャラデザの顔厳守が最重要ってのもあるよね。

  でもあいつらはそういうんじゃなくて、マジでキャラの顔がキャラデザに似てるか」しか絵について理解できないの。

  そこが似てないと「下手糞なアニメーターなんだ」「時間が足りなくて某国に投げたんだ」「俺でも描けるわこんなの」って真顔で言うの。

  マジでメガミマガジンとかの版権ピンナップだけ眺めてりゃいい奴らなんだよ。

2012-12-08

ダウンロード規制法の条文ままにニコニコ動画規制したとしよう

まず、「歌ってみた」は著作権所持者の許諾なく勝手楽曲を使用しているからアウト。

次に、ニコ動で最も多い「ゲームプレイ動画」はこれまたゲームの販売元および製作会社の許諾なしなのでアウト。

無論、人気に火をつけたと言われる大ヒットゲームアイドルマスター」もMAD動画、素材含めて許諾を取っていないのでアウト。

アニメ」もディズニーミッキーマウスなどすでに著作権が切れてるもの、許諾を取って配信しているものを除いてアウト。

また、「東方」「型月」「ひぐらし」といった同人サークルも法的根拠がないとはいえ許可を取っていないのが多いのでアウト。

三国志などの歴史動画風景動画釣り動画肖像権侵害やそれに付帯する楽曲使用(但しクラシックを除く)でアウト。

結果、セーフの動画は個人製作による無音動画およびアニメゲーム漫画を除く動画宣伝用など)、静止画(漫画雑誌ピンナップを除く)となる。

※参考サイト:なんとか動画

2011-02-07

とある原画家はなし。

僕は以前、原画家、という仕事をしていた。エロゲーの、だ。

今思い返すとどうして自殺しなかったのか不思議なくらいだった。

そもそもきっかけは大学入学で上京したことだった。

今までいた田舎から東京に放り出されて一人暮らしを始めたことは、僕が過剰な開放感と万能感を持ってしまうのに十分だった。

ほどなく学校はいかなくなった。バイトを始めたのだ。

自力でお金を稼ぐ快感に酔いしれた。大人だと錯覚した家賃仕送りしてもらっているのにも関わらず。

そしてパソコンを買った。免許もとった。バイクも買った。モノには困らなかった。

そうして自分能力錯覚した自分が次に手を出したのは、同人活動だった。

それなりに秋葉原に通ってはいたが、幼い頃から絵を描いてきて絵描きに憧れていたというわけでもなかった。

はなぜ手をだしたのだろう?

それは単純だった。クリエーターがかっこよかった。

というのも、周りの友人がヲタク的素養が半端無く、原画家シナリオライターは神扱いされていた。崇拝されていた。

そして極めつけに、当時の僕は視野が狭かった。

ヲタク世界で崇拝されることは世界の全ての頂点に思えていた。西又葵日本で指折りの金持ちだと思い込んでいた。

知り合いの中にたまたまコミケですんなり壁サークルに上り詰めた人がいた。

当時無意識であったがどうも自分は顔を広げることは得意であったようだ。

その人にアドバイスを受けながら僕は元気よく描いた。

一応、高校の頃勉強がつまらないと落描きをしていたことはあった。とはいえその程度だったので最初の評価は酷いものであった。

それをバネにして、描き続けた。

ちなみにこのあたりで学校に行っていないのが親にばれ、退学してフリーターになった。

週6で夜勤に入り、日中は単発バイトがあるときはそれをこなし、ないと描いた。

そうして2年ぐらいしたところで、ふとある新商品を見て電撃が走ったのだ。

「これは流行る」

ずっと流行ジャンルに乗り遅れていたが、何故かその時は確信があった。

日中のバイトをしばらく減らして、描いた。

売れた。

その年のコミケは一瞬で完売だった。

そして僕は、部数にして4桁出せる同人作家になった。

相変わらず週5で夜勤バイトは入れていたので収入はなかなかのものだった。

しいバイクを買った。車が視野に入った。程度のいい中古BMWすら乗り回せるんじゃないかと皮算用した

いくつか商業の話は来ていた。

しかし、ラノベイラストピンナップなどの単発仕事は何故か胡散臭いものだと当時自分は考えて断っていた。

本当にエロゲーしか見えていなかったのだ。

そうしているうちについに来た。

エロゲー原画しか自分を主軸に据えてくれるという。ふたつ返事でOKした

長く勤めたバイトを辞めた。夢の実現に酔いしれた。

そして、転落が始まったのだ。

いつまでも終わらない企画会議

方向性の定まらないイベント画の案だし。

待てど待てど上がってこないシナリオ

同人はおろか、メイン仕事のはずの原画全然描けなかった。

自分を拘束するための「仕事のための仕事」、長ったらしい会議が繰り返された。

そうして消耗しきった頃、ついにシナリオが上がってきた。

イベント画の指定も一気にきた。

しかし、しかし、、、

どう見ても絵にならなさそうなシチュエーション、どう見ても惹きつけなさそうなエロ分の少なさだった。。

同人経験をばかにするプロも多いが、その同人経験ですら、これは売れないと確信した

ニッチ的に一部の人の心を掴むことも無理だろうと悟った。

そもそもシナリオに凝った結果原画しわ寄せが来るという状況が大間違いなのだ。

悲劇的なことに、プロデューサーシナリオライターに心酔していた。

僕は描かなければならなかった。

明らかに売れないであろう失敗作とわかっていながら、描き続けなければならないことがどんなに苦痛か。

そうして、大失敗作はついに世に送り出された。

結果は散々だった。

自分たちのチームも加担したのかは不明だが、運悪く会社がちょうど傾いていた時だった。

社内はギスギスしていた。次の製作予算がでるかわからなかった。

プロデューサーだんだん「俺の言うことに口を出すな、気にくわないなら辞めろ」というスタンスになっていった。

相変わらず、シナリオライターには甘かった。

初めて人間に対する不信感が湧いた。

それがトリガーになって、今まで知らなかった他の世界に対する興味が湧いてきた。逃避の意味もあったんだろう。

お金を稼いでいる人や社会的に何か成し遂げている人のブログや本を、嫉妬心不快感に苛まれながら読み漁った。

世界は果てしなく広かった。西又葵はそこまで金持ちはなかった。そして自分仕事本質を知りつつあった。

つの間にか、生活リズムという概念は消え去っていた。なんども倒れた。精神科で薬を処方された。

毎晩薬を飲んで眠りに就く時間けが幸せだった。数時間で目が醒めてしまうのだが

ストレス激太りした

突発性難聴を繰り返し、耳はもはやあまり聞こえなくなっていた。

しかし懲りずに自分の所感と成功者言葉からヒントを得た、今後のブランディングプロデューサーに説き続けた。

駄目だった。どころか、よりワンマンになっていった。

そして自分ひとつの疑念を確かめるべく、こっそり外注で他のエロゲー製作を手伝いはじめた。だいたい予想通りだった。

時が経ち、作品が送り出されていった。もちろん、どれも売れなかった。




そして、僕はそっと、一つの夢の後片付けを始めた。

さようならエロゲ




それからまた時が経った。

僕は年収4桁を数えられるようになった。

相変わらず忙しいことに代わりはないが、前向きに目標が立てられるいい業界、いい仕事だ。

仕事は突き詰めればつまりサービスであり、人に届いて初めて価値を生む。

そして、自分のし仕事の成果というのは、その仕事品質とそれを受け取った人の掛け算だ。

エロゲー業界はあまりに受け取る人が少なすぎる割に、前者の品質だけは異常に求められる。

あまりにアンバランスな掛け算なのだ。

世界が見えていなかった過去自分ということを引き算しても、まだまだ、後者の「受け取る人の規模」をしっかり理解して仕事を選べている人は少ないと思う。

需給バランスだって突き詰めればここのことだ。

資本主義社会が続く限り、この掛け算さえ忘れなければ、どんな状況からでも這い上がれると思う。

そして、絵描きさんへ。

本当に自分の描きたいものを描きたいのならば、プロはならないことだ。同人の方がよっぽどピュアだ。

商業誌でもいつかは出来るはずだ」そういうおめでたい脳を持っている人はそのままのたうちまわってください。時代遅れです

世界の流れは確実に同人的なエコシステムになりつつあるんだから

2011-01-27

二次元とか関係なくエロな時点でセクハラだし気持ち悪いけど、

増田的には三次元ならOKなの?

さすがにAVセックスしてる所をキャプチャして

壁紙にしてるとかだったらどっちも変わらんけど

裸の女性が映ってる程度なら

普通、誰に見られても恥ずかしくない画像にするのが常識ってモンじゃないの?

http://anond.hatelabo.jp/20110127092821

??

どういう基準だそれは

裸の女を飾るのはピンナップ写真の昔から

普通に男がやってきたことで、

それをおかしいと思うのがむしろおかしいと思う。

http://anond.hatelabo.jp/20110127100344

いやおまえのあたまがおかしいだろ


マナーの話かと思ったら

結局ただのオタク差別の話で

しかも「俺達のエロピンナップはいいんだよ!」という

はてフェミの餌にしかならないバカどもだった

2010-10-08

http://anond.hatelabo.jp/20101007165049

中世の頃の欧米ではスポーツ観戦なる娯楽は、まだ発明されてなかった。

だから音楽は娯楽として大きな位置をしめていた。

 

だから民衆の娯楽は、酒場フォーク音楽で踊ることだった。

ここの音楽は崇拝されるものではなく、聞き手を遊ばせるためのものだ。

また欧米音楽家には、ルックスや精神的に障害を追っている者も多い。

聞き手は、こいつには音楽しかできないかも、という哀れみの感情から音楽家を支援したりすることもある。

 

一方、いわゆるパトロン、つまり社交界人間ステイタスは、屋敷で、盛大な舞踏会を開くことだった。

ここでは、豪華なものが受ける。いわばパトロンに対する偶像崇拝

 

そして教会教会で、神をたたえる音楽をやる。

荘厳で圧倒的な音で人々を勇気付け、神をたたえればいいんだ。

 

ここで、欧米ではウンチ音楽に対しての批評やブーイングは激しいので、音楽もその分早く進化する。

だからそれぞれの分野でパワーのある音楽が生まれる。

 

それに対し、日本人は娯楽に対して批判的ではなくブーイングも少ないので、音楽進化ははるかに遅い。

芸者芸人。ショーパブジャニーズ文化はあるわけだが、所詮ピンナップガールやピンナップボーイのオマケの音楽は、批判の対象にすらならず、

その音楽家が哀れみの対象にもなることも、ほとんどない。

 

欧米で、日本音楽ペラペラプラスチックと言われるのは、なんとかしたいと思うけどね。

2010-07-18

http://anond.hatelabo.jp/20100717213108

世の中の童貞(少なくともその一部)は、別にアナタ個人の体毛の濃い薄いに対してガッカリするわけじゃないから、安心していいよ。

姉や弟のいない童貞は、そういう女の「努力」とやらを、おおむね「一部の特殊な馬鹿(=スイーツ)がやってる愚行」だと思ってるんだよ。つきあった女が毛刈りしてるのを知ったときに、「もとは毛深い」という事実でなく、「(A)この女も馬鹿の一人だった」ことでガッカリし、さらに誰だってやってると知らされて「(B)世の中の大半の女が馬鹿だった」ことを知って、そのせいで二重にガッカリしてるだけだよ。大抵の童貞は、女の肌がつるつるであろうが産毛が生えていようが、気にもしてない。気にしてる(フリをしてる)のは、女性誌特集とかで女性目線を獲得した方が異性獲得レースで有利だということを知ってるヤツだけ。

大体、人体に毛が生えてるのは当たり前なことなのに、なんで毛無しがありがたがられるか。それは、二次元世界に影響されたオタク映画ピンナップガールに脳味噌毒された50年代アメリカ戦争童貞とか)が「女性の肌はツルツルであって欲しい」みたいな妙な流行を作り出したからなんだよ。そのせいで、アメリカでは毛刈り文化が発達して(様々な毛刈り方法や毛刈り薬を売りたい化粧(毒)産業界の意向ともマッチして)、さらにそれが日本に輸入されたんだよね。まあ、現代のオタクオタクで、また別ルートアニメとか)で毛無しをありがたがってる可能性はあるけれど、そういうのは対象外なんでしょう?

まあ、どんな文化も多かれ少なかれ下らない出自をもっていたり偏向したりしているわけではあるけど、少なくとも毛無しをありがたがるのは、世界歴史的に見れば、そういう一種偏向した特殊な趣味だということは知っておいてもいいよね。ついでにね。

2009-10-03

メガミマガジンアニメ紹介コピーがいい意味でひどすぎる

オタクのための単なるアニメエロピンナップ雑誌とか思ってなめてたら痛い目にあうぞ。

咲-Saki-

渚のパイから人魚

ToHeart2 adplus

学園びしょぬれ天国

狼と香辛料

裸に会えてよかった

けんぷファー

美少女たちが夢中になる男子ときどきムチプリ女戦士

これ本当に今月号に載ってるガチな。

2008-12-24

http://anond.hatelabo.jp/20081224082330

いつも不思議に思うんだが、何かにつけてy_arimは思慮が足りないだとか、「また有村か」みたいな言い草であの人の記事を一笑に付す人居るよね。

俺の職場にも一人居たんだが理由を聞いてみると、セーラー服イラストについて言及していた記事が気に入らなかったらしい。それ以来三流絵描きとしてレッテルを貼っているようだ。あのイラストは確かに技術的なレベルではおかしな絵を描いてる(たとえば細かい部位について細かくマスクを切ることがのちの作業での容易性につながる、といった知識が有村氏には無いことがわかる)が、文章書きがあのレベルまで研鑽して絵を描けるというのは俺からすれば賞賛に値するし、あんなイラストレーターが萌王に居たら俺は安心して購読が打ち切れる(電撃大王ピンナップについてきたら何とも言えんけど)。あのエントリーについてここでどうこう言うつもりは無いので置いとくとして、俺が言いたいのは、なぜ人はアイドルや著名オタの発言だと容赦なく辛口になり、ともすれば重箱の隅をつつくことに尽力するんだろうかということ。

プロで三割ヒットを打てば優秀な打者と評される世界がある一方、100エントリー中100エントリー突っ込みどころを探してブコメする人がウザいと言われる世界なんだろうか。みんなアイドル神様か何かと勘違いしてないか。ただのおっさんだぞ。ただのおっさんに信者アンチが付くことが理解できない。その「有村だから言うことはみんなウザいんだ」とか「有村だからいつも偏向したことを言っている」という思考でブコメの良し悪しを語るのよそうよ。良いこと言ってるときは素直に認めなさいなということ。

あめちゃんのCMじゃないけど、彼らにとってy_arimはどうやら特別な存在らしい。10割打者であるべきアイドルが、たまに変なこと言ってると許せないんだろうか。エリートオタに対する劣等意識根底にあることは間違いないとは思うけど、それにしても何の反論にもなっていない脊髄反射ブコメを見てると情けなくなってくる。「死ねというブコメが多い」とか、もうそんなのばっかり。たまに「『死ね』以外にも『生きている価値のない蛆虫』とかの表現もあるんじゃないの?」って具体例を望むと無視か同じような言い回しを10個くらい引っ張ってくるだけ。反論はいつも他人任せで、タグを貼り付ける係でな。挙句の果てに「人を見下している態度が気に食わない」とか、お前が何様のつもりなんだよと言いたくなるようなものばかり。

威勢よくdisられてる奴がいるかと思うと、そいつのidはそのうち退会になったりするし、あんな脊髄反射コメを1行もらっただけで退会するのだとしたら随分と人生楽にやっていけるだろうな。反論はできないけど、なんか気に食わないからとりあえず「上から目線が気に入らない」だとか適当に本筋とは別のところからダメ出ししときゃ気が晴れるっていうのもお手軽な精神構造だなぁ。羨ましいよ、「また有村か」って5文字書いておくだけで気持ちに折り合いが付くんだもん。国会の野次以下だぜそれ。俺の場合ブコメつけられたら悔しくて夜も寝られん。

アニメ評論家でもBlogなら専門外のことでもどんどん好きなこと書きゃあいいと思うんだけどな。学生運動のつもりでやってるわけでしょうに。はてサを楽しんでるよこの人。みんなはBlogを書くときに、自分性癖や嫁がどうだとか、そんなつまらないことが足かせになって執筆を躊躇するの?

書かなけりゃ弱点だって見抜かれないし、そりゃ「なんか顔がいいオタク」のままだわな。間違いも弱点もさらけ出しつつ、それでも尚、強気で書き続けるからこの人はアイドルなんだよ。それぐらいわかれ。村長のように「はてな村民は仲良く」みたいな性根で書かれた記事なんて不要。他の村民を小馬鹿にしたような物言いも、それが本心なのだとしたらそれは仕方が無い。むしろそれを隠して愛されアイドルを演じておきながら、心の中でベロを出されている方が俺は嫌だ。自分のありむらへの考えを伝えることができるのがBlogのいいとこなのに、「y_arimはコメントするな」とか言ってる奴はそもそも有村に何を求めてるのかと言いたい。



-----

まあ、元エントリ思いついた人の勝ちだと思う。

2008-02-23

http://anond.hatelabo.jp/20080223083124

わかりすぎるw

自分も昔の女優ピンナップガールみたいなオンナ強調しまくりな或る意味コスプレ的なメイク

女性らしい服装」を通り越してギャング情婦かはたまたドラアグクイーンか、つう極端な格好が本当は大好き。

ドン引きどころか、まともに社会生活が送れなくなりそうなので普段はしないが

パーティのような場では賑やかしになるので割と喜ばれる。というかウケる。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん