「五月病」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 五月病とは

2022-05-31

まだ間に合う❗

これから五月病になるぞ😡

2022-05-30

「こんなはずじゃなかった……」 新入社員を悩ますガチャ”の正体

https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2205/30/news010.html

ITmedia ビジネスオンライン

「配属ガチャ」「上司ガチャ」に悩む新入社員が多い

 新入社員4月入社してから2カ月弱が経過した。

 例年なら新しい環境適応できずに心身に不調が現れる「五月病」の時期だが、近年は「配属ガチャ」「上司ガチャ」に頭を悩ます新人も増えているという。

画像】「配属ガチャ」の懸念が増加

「配属ガチャ」へのこだわりを持つ学生が増加

 配属ガチャとは、入社時の配属先がどうなるのか分からないことをソーシャルゲームの「ガチャ」になぞえたもの希望部署は配属された場合は「アタリ」、そうでない場合は「ハズレ」。

 運良く希望部署に配属されても、ちゃん指導してくれない、あるいは先輩や上司の高圧的な態度についていけない「上司ガチャ」に悩む新人もいる。“ハズレ”を引いてしまったら早期離職の引き金になる可能性もある。

 配属ガチャ問題ネット上でも「希望していた仕事ができるものと思っていたが、全く違う部署だったのでがっかりした」「実家から通勤できると思っていたが、入社したら地方営業所に配属され、転職を考えている」という声も挙がっている。

 産労総合研究所実施した「2022年3月卒業予定者の採用就職に関するアンケート」によると、配属(職種・勤務地)に関心がある学生企業採用担当者の回答では「増加」が20%、「やや増加」が40%。計60%が増加していると答えている。同様に大学キャリアセンターの回答でも63%が増加していると答えている。

 その背景には何があるのか。

長く勤められないなら、やりたい仕事キャリアを積みたい

 大学キャリア教育を担当している講師は「取りあえず配属ガチャを避けたがる学生が少なくない。『一生この会社でお世話になりたい』と思うほど、企業に対する信頼度が低くなっている。『長く勤めたくても、そんな時代ではないんでしょ』という感覚が大きくなりつつあり、やりたい仕事キャリアを積みたいという思いがある」と解説する。

 実際に前出の調査によると、学生入社予定の企業で「何年程度働くつもりでいるか」という質問では「できるだけ長く」が45%と多いが、5年以内に転職を考えている学生が25%、10年以内では36%に上る。

 つまり現在でも、学生では「できるだけ長く働きたい」と思う人が多い。しかし、「そんな時代ではない」という不安から、配属で失敗せずに自分に合った職種、やりたい職種新卒から経験したいという意識が高まっている。

そこで新卒採用廃止JDの整備ですよ

2022-05-28

社会人2ヶ月目

最近謎に小学生の頃夏休み家族で行ったディズニーランドのこと思い出すんだ

家族のこともディズニーランドのこともそこまで好きじゃないし、家族に会いたいとかディズニー行きたいとかは別に思ってはないんだけどただ楽しかったなあって思い出して涙が出てくるんだよな…

みんなこういうもんなのかな

これが五月病

2022-05-10

すごい虚しさがある

五月病とかじゃない

明日仕事行かなきゃ

2022-05-09

毎月祝日導入案

令和になり祝日の移動がなされた際、カレンダーから6月12月から祝日が消えるという事態が発生した。 ただでさえブラック企業によって休みの無い日本に、祝日のものが減らされるという異常事態になったため、逆に増やすべきとしてこの案を作り上げた。

祝日の増加だけでなく、ゴールデンウィークシルバーウィークなどにおける長期休暇等の再整理も同時に行う。 これは五月病及び九月病問題が発生しているため、それを防ぐための再整理ということになっている。

追加される祝日

個人的には1年の中間ということで第3水曜日とすべきと思っていたが、難しいのもあるので月曜日とした。 祝日名はブラックカントリーである日本を最大限に皮肉るため、あえて「ぐうたら感謝の日」としたが、真ん中ということで「時計記念日」と無理くり与えることもできるだろう。

2020TOKYOで祝日が消えることが判明したため、1日以上を確実化するために設けられた祝日。 この月は神無月ということで、八百万の神々に感謝する「神様感謝日」と名付けた。

天皇誕生日がそのまま祝日にならなかったため、「正月準備日」として祝日化したもの。 当初は第3金曜日等に予定していたが、クリスマスやら年末年始業務多忙懸念されたのであえてこの日とした。

よく「12月には大晦日あるじゃん」というクソアンサーは、遊園地ゲームセンターなどのアミューズメント施設には通用しない。 ディズニーやユニバ、各ソシャゲネトゲなどのスタッフ一揆を起こしたらどうなるか想像せよ。

かに追加すべき候補

春分の日位置によっては3月から祝日存在しないため、「さくらの日」や「雛の日」とでも追加する。

昭和の日土曜日にめり込む可能性があるのと、新人が休暇というのを経験できるタイミングとして。 この日を「さくらの日」としても良さそうで、他の候補としては「おはなの日」と指定する必要もあるかもしれない。

山の日である8月11日土曜日かぶってしまうことを考慮し、どっちが土曜日になっても大丈夫になるように。 一応この日は「終戦の日」でもあるが、他候補に「お盆の日」でも何ら問題はないだろう。

整理対象祝日

どちらかを5月の第2月曜日にまわしておき、もう片方は4月第2金曜日等に移す。 こどもの日を第2月曜日とし、みどりの日3月の第1金曜日とする。

九月病対策として9月の第2月曜日へ移動する。

そもそも問題

現在日本では祝日ちゃん機能していないクソ祝日しかなっていないという状況が非常に続いている。 大晦日でも元旦でもゴールデンウィークでもシルバーウィークでも天皇誕生日でも連休でも社畜は「私は仕事デース!!!」と叫ぶ。

この状況を見ても、政府などはモチベーションアップばりの屁理屈定義するため、結局のところいたちごっこにすら発展しない。

結果的世界的に祝日が多くても休めてなければ何も意味はない。 というか世界的に本当の休暇を得ているのかという観点で言うと、先進国内では最下位と言っても過言ではない。

2021-12-31

anond:20211229233306

人間の成長ってそういうもんなのかもしれないなってふと思った。

教職を取るときに習った発達心理学か何かでは子供はまずお母さんべったりからスタートする。

その後、お父さんなどほかの家族を探索する。

その次に親が見ている前でほかの子供と遊ぶというフェーズが来る。

そのうち親から離れて遊び、ちょっと不安なことがあると親元に戻ってくるというのを繰り返すとなるらしい。

結局は探索する距離が大きくなり、離れていられる時間が長くなるだけで人間はこれを繰り返しているのかもしれないなと増田投稿を読んで思った。

四月に入学した学生ゴールデンウイーク帰省させた方が五月病を防ぎやすいというけど、まさにそういうやつかなと。

子供が生まれると、自分がそういう居場所になるにはどうしたらいいかと考える。恩送りってやつだろうな。

2021-06-01

昔の五月病と呼ばれていた現象適応障害という呼び名に変わったそうだ

なんつうかカッコつけた名前になったな

増田も病んでるかい

2021-05-27

ふつう五月病で情けない。

6月になれば回復して早めの梅雨も明ければよい

2021-05-24

コロナから憂鬱だった

2020/1/19(コロナ前)

自分人生、詰み気味なんじゃないかって最近よく感じる。

去年結婚した。結婚に伴い、新卒より働いていた会社をやめ、福岡に越してきた。Web系に再就職したが、給料が安い。自分で選んだとはいえ、みじめだ。仕事はキツくないが、常に追われている感じはずっと続いている。根底には常に焦燥感がある。これならば、前職と変わらないではないか。むしろ、前職の方が良かったかもしれない。

福岡に来て、友達と遊ぶ機会がなくなった。代わりに夫と過ごす時間が増えたが、既にマンネリ気味だ。

他者との交流代替なのか、kポップのペン同士で交流にのめり込んできた。はじめは、EXOが好きだった。今も好きだけど、どちらかというと、フォローしている人とやり取りするのが楽しくなってきているのかもしれない。一度もあったことがないのに、ツイートを見て、リプライして、現実の友人よりプライオリティが高くなっている。情けない話だ。

プライドが高いせいで、フォローしている人と自分を見比べ、渡韓できないのが悔しくなってしまっている。〇〇がしたい!と思っても、夫の目が気になったり、実際に止められれて、出来ないことが増えた。一人暮らしをしていた時より、不自由なことが増えて、ひとりの時間もなくなり、「結婚とはなんだったのか?」と考えるようになった。

結婚すれば、必ずしも幸せになると盲目的に信じてたわけではないのに、今直面している現実を受け入れられない。不幸なことに、私は金銭的な理由で、離婚なんて決断はできず、おそらくずっとこのままだ。

この状況が好転することはあるのだろうか。薄々気付いているのは、どんな状況でも不平・不満は必ずあると知っていること。それを承知の上で、この先もずっと、この不幸は続いていくのだ。

来年こそはイギリスに行こうと思ったとき、私に来年があるのかと思った。自殺はしないだろうから来年はあるのだけれど、自由に出来る身体なのか、自由決断できる環境なんだろうか。

2018年12月で私の人生は終わった。

あの時はこんなことを考えるようになるなんて、思いも寄らなかった。新しい人生の始まりに胸がわくわくしてた。まさに、一寸先は闇。

「終わった」人生は、とても味気なく、何のためにこの先も生きていかないといけないのかと考える。いや、考えないようにしてるが、もはや私の人生を生きていた時の気力はなくなった。

顕著なのは、外見がそこまで気にならなくなったこと。そこで、カンフル剤のように私の人生に、喝を入れているのが、EXOから、これはもう宗教なのかもしれない。

中高での毎日礼拝は何も響かなかったが、今なら懸命に祈るかもしれない。どこに向かって、人生を進めているかからない者にとって、キリストの教えは羅針盤のように道を照らしてくれる。古くから人々が宗教にすがってきた理由がよく分かる。

この先もずっと続くであろう鬱々とした私の人生の霧が晴れることはあるのだろうか。それとも、「諦めが肝心」と自分を納得させるしかないのだろうか。おそらく後者であるが、現状を打破する方法が皆目検討つかない。いや、わかってはいるが、怠惰自分がそれを選んでこなかっただけだ。

いつから、私の人生は終わっていたのだろうか。絶頂期をすぎ、暗く長い坂をゆっくりと転げ落ちている。行き着く先は地獄だが、あまりにゆっくりとしたスピードなので、到着地が地獄なんて気付かなかった。まあ、人生なんてそんなものなのかもしれない。

結局死に向かって突き進むほかないのだから

この日常に耐えきれなくなったら、その時、また人生について考えようと思う。


2020/5/24(コロナ後)

2020/1/19の私の日記は、私にしてはよく書けていて思わず感嘆してしまった。

いまの私は五月病なのか、暗い日々を過ごしている。2020/1/19に比べ世界は大きく変わった。大袈裟ではなく、あのコロナウイルスによって生活様式が一変した。「世界が変わった」と言っても差し支えないはずだ。

私自身の環境も大きく変わった。生活を良くするために仕事を変えた。元鞘に戻ったというのだろうか。住むところも変わった。

2020年自身生活を良くするために行動した。

なのに、この憂鬱な結果はなんだろうか。

ずっと纏わりつく閉塞感、無気力感。当時感じていた強い絶望感はないけど、じわじわと私の気力を奪っていく。何をしても楽しくない。何も食べたくない。もはや人生目標なんて考えない。目の前の時間問題なく過ごすことで、いっぱいいっぱいだ。

八方塞がりに近く、ただ日々の時間が過ぎるのを待つ人生。これが、これからも続くのだ。ぞっとする。

コロナ罹患したくない。

コロナ死ぬ遺体となっても、家族と対面出来ないまま灰となる。それは、あまりに酷だ。私は魂の救済や輪廻は信じていないが、遺された家族があまり不憫可哀想だ。今までは無かった死に方は、遺された者に多かれ少なかれ影響を与える。なるべくなら、そういう最期は避けたい。

だが反面、不可抗力にも近い形で人生を終わらせることが出来るコロナは、今の私にはとっては福音でもある。恥ずかしい話だが。

まりしまずこの生を終わらせたい。出来れば、交通事故のような突然死ではなく、徐々に時間をかけて自分死ぬ事実を、家族理解できるスピードで終わらせたい。

流行りの病で亡くなった事実は、あまりにやるせないが、死に対して一定説明責任を果たす。本人の精神状態を問わず、運悪く流行りの病に罹患して命を落とした事実けが残る。精神鬱屈していたかどうかは関係ないのだ。無視される。好都合だ。


この世界を変えた感染症収束した時、私の気分は少しでも晴れているといるだろうか。おそらくだが、そこまで明るくなく薄暗いじめめした中をナメクジのように這いずり生きているだろう。最悪だ。

2020-06-09

アルティメット五月病

あー仕事嫌だ。

あのコロナピークの自粛モード天国だ。

もう一波くらいだったら許容できる。

2020-05-28

五月病コロナの影響で六月病として繰り越される感

六月から通常通りに出社なんだけど、繰り越されてダークサイドなのが発症しそう。

ジメジメしそうだし気分乗らねぇだろ。

2020-05-07

五月病になったっぽい

火曜日ぐらいから気分がおちこんでいる。

無趣味自分の唯一の楽しみの食事もなんだか味もしなくておいしくない。

とくに運動もしてないのに筋肉痛みたいな関節痛みたい感じもするしなんか熱っぽくて頭もぼーっとする。

五月病は気の持ちようだし家にいても滅入るだけなので今日仕事にいったけど通勤電車でちよっと咳払いしたら一斉にこっちみられた。

あー憂鬱だ。

五月病

出社できる自信が無い

このまま退職して仕事しなければ、生活保護てもらえるのか?

2020-04-28

コロナショック

今月の電気代が凄い事になってそう。今ごろになって気付いてしまった。

でも、それとは別に、自宅待機終わったら五月病になりそうな自分にも気付いた。

少なからず、自分コロナショックの影響受けてたのを実感する。

2020-03-15

相模原事件植松聖に謎なんてないだろ

テレビが大きく取り上げた相模原事件植松被告が描いたマンガについて考える

https://news.yahoo.co.jp/byline/shinodahiroyuki/20200315-00167800/

五月病患者で飽きっぽい性格の屑が教師への道を放り出して掘氏も続かず

 

最終的に介護みたいな仕事に落ちて

で俺はこんなところで生涯を終える人間ではない

偉大なる俺様にはビッグ役割があってそのために生まれてきたはずなのだああああああああ

暴走しただけの事件

 

こんなもの殺人犯処刑すれば終わりの事件

 

介護職や人殺し漫画だのコメントだのをいちいちまともに取り上げる方がどうかしてる

2020-02-19

植松聖は山月記主人公

五月病で投げ出した自分を受け入れられなくて

自分には高尚な使命があるのだとそういう話にすり替えたかったんだ

2019-05-20

anond:20190520021156

五月病とか鬱とか適応障害とか

短期間でたくさんの変化があると意識してなくてもストレス大きい

意識してなくても疲れてる

少し活動セーブするようにしてみるのもいいのではと思う

通学が負担なら大学そば下宿させてもらう、バイトは減らす、とか

授業も目一杯取ってるなら、優先的に取りたいものと落としていいものに分ける

自分でも言ってるように落としても来年取ればいい

初年度は大学生活に慣れるの優先で

2019-05-07

お金でやる気が買えるなら、1000万くらいまで出す。

お金いからローンで。

五月病とか関係なく常にやる気がない。悲しい。

対子供の五月病対処について

ゴールデンウィーク明けは病む人が多いと言う。

新社会人は仕方ないとは思う(自分経験はあるから

翌年からは耐性が出来上がっているから慣れるし、大人なんだから慣れないといけない。

学生特に親元にいる年齢)についてもある程度許容できるが、

「辛かったら学校行かなくて良いよ」って言うのは違うんじゃないかなとは思う。

そうなる前に親が慣らせるように促す事も出来るんじゃないかな。

明日から学校だけど、何か不安はない?」

とか聞いてあげるだけで違うと思うんだけどな。

子供がいないからわからないけど。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん