「WEBサービス」を含む日記 RSS

はてなキーワード: WEBサービスとは

2017-01-20

無料公開にケチ付けてる馬鹿共は何でWebサービスは当然のように無料で使ってるの?

ツイートするたびにTwitter社に金振り込めよカスども

2017-01-16

社長地下鉄乗るとき切符を買っていた

弊社、FintechWebサービスを展開している会社エンジニアやってるんだけど

ワンマン社長プライベートの移動なのにいちいち切符を買っていたのを見た

SUICAPASMO使えよ、超便利じゃん

身の回りテクノロジー尊重できない人が

自社のエンジニア尊重できるとは思えないので転職することにしました

2017-01-07

Qiita言論弾圧恐怖政治をしたいらしい。

運用担当者

あなた方が行っている行為は、言論弾圧自由発言、使い方を全否定する運営方法であって、

Qiita運営事務局は、いつからそんなに莫大な権限を持ったのでしょうか?

Qiita言論弾圧して、そこまでして恐怖政治を行いたいのですか?

自由場所平等発言の機会がインターネット世界です。

個人が、広告塔を貼って、利益を得ていたというのであれば話は別ですが、

普通に投稿して、広告も貼っていないので、私には利益は一銭も得ていません。

そんなに自由に使われたくなければ、インターネット世界からQiitaは退場して頂け無いでしょうか?

個人的感情で、私個人攻撃するのであれば、このカレンダー記事提供して頂いた他の皆さんを巻き込む

必要は無く、私の記事だけ削除なり、非公開にすればよいのではないですか?

そちらが感情的に削除や非公開を繰り返すのであれば、インターネット自由を取り戻すために、

私が御社へ伺って、直接対面の話合いで決着をつけようではありませんか。

たった一人のユーザを潰すのに、必死になっているQiita会社として、Webサービスとして

みっともないです。

ここは逃げずに、メールではなく、対面で話し合いを希望します。


このやりとりは、私一人が記事提供しているわけではないので、

もっと大勢の人が見える場所に公開します。

敬具


2017年1月6日 20:49 Qiita/Qiita:Team Support :

##- 返信の際は、この行より上にご記入ください -##

(Qiita/Qiita:Team Support)

1月6日 20:49 JST

mesakaさま、

こんにちはQiita運営スタッフです。

Qiitaのご利用及びアドベントカレンダー作成ありがとうございます

http://qiita.com/advent-calendar/2016/free_zankoku

こちらのアドベントカレンダー作成していただきましたが、作成フォーム記載の通り

Qiitaでのアドベントカレンダープログラミングに関連するもの限定しております

https://qiita.com/advent-calendar/2016/calendars/new

アドベントカレンダー投稿を精査させていただいた結果、

多くの投稿プログラミングに関連しないと考えられるため、削除させていただきます

よろしければ代わりにAdventarの利用をご検討ください。

http://www.adventar.org/

削除は2017年1月10日午前0時(日本時間)以降の実施を予定しています

アドベントカレンダー登録されたQiita上の記事が削除されることはありませんが、

利用規約にもとづいて記事個別に非公開にするなどの対応を取らせていただく場合があることをご了承ください。

なお、バックアップのため当アドベントカレンダー情報を本メール末尾に添付します。

以上、ご理解いただけますと幸いです。

今後ともQiitaをよろしくお願いします。

////////////////////////////////////////////////////////////

タイトルフリーランス残酷物語

URLhttp://qiita.com/advent-calendar/2016/free_zankoku

概要

フリーランスで良い面ばかり宣伝されていますが、悪い面、ひどい目にあったことを匿名っぽく書いて、心の傷をなめ合いませんか?

プログラミングシステムだけ知っていても、エンジニアとして生きていけないと思うんだな。本来ならば会社飲み会で先輩から教えて貰うことを、このカレンダーでは、おっさん淡々と語ります技術的な話も書くかも知れないし、エンジニアとして生きて行くために必要知識を、若いエンジニアに知っていて貰いたいというお節介カレンダーです。

どうしても削除したいらしい、私のadventカレンダーを。

しつこい対応と、大人気ない対応で困っています

2017-01-03

プログラミングするなら、まず人脈♪」

去年、某会社の某社員ヒエラルキーの一番上において炎上したことがあったが、アレの上に書いてあった「 某するなら、まず人脈♪」はあながち間違ってもいないと思う。

プログラミング””自体””には人脈はそこでも必要はないが(詰まったときに人脈があるとTwitterで「これできないなあ、どうやるんだろう」と言ったら優しく教えてくれる人がいるかもしれないけど、大体の場合googleでしつこく検索すればなんとかなる)、

プログラミングの””成果””を褒めてくれる人はいたほうがいいと思う(非職業プログラマー場合)。

なにかプログラムが出来ても、人脈がない、宣伝も下手だと、(人脈がある)〇〇さんはあんなに人気出てるのに、どうして俺は・・・みたいなことになる(俺はなった。他の人は知らない)。

職業プログラマーはそれで飯を食ってるから自己顕示欲が満たされなくても(あるいは給料自己顕示欲を満たしている?)給料もらってるから・・・ってなって、プログラミングは飽きないんだろう(推測)けど、

職業プログラマープログラムを書いても飯が食えないので、どうしても、飽きる方向に向かっていってしまうのかなあ・・・

まあ、非職業プログラマーでも、Android StudioとかXCodeとかで自分だけ用のアプリポチポチ作ってれば案外飽きないのかもしれない。

となると、人脈がないのにユーザー1万人ぐらいくると思ってWebサービスを作ってたのがいけないのかなあ。

p.s. どうやって人脈得るんですか?

2017-01-01

ああ、しっきーのカスWEBサービス放置してユーザーを生殺しにした挙句アメリカドラマなんて見てやがったのか。

もうとっくの間にやめたからどうでもいいが、CGMサービス放置して伸びるとかいってて、馬鹿じゃねえのあいつって意見が大半だったな。

2016-12-24

滅べキュレーションサイト

WELQから端を発したキュレーションサイト騒動。まだ残ってるよ、大物が。NAVERまとめ

元祖パクリ誘発のゴミプラットフォーム他人の褌で広告土俵に立って小銭稼いでるクソども。

あの緑色会社執行役員坊主頭、たしか広告責任者だったかな。

以前私が管轄するWebサービスを名指しでディスられた事がある。

あの時はスルーしたけど、絶対に忘れない。あなたの持ち物の方がよっぽどクソだよ。


ユーザーの顔を見てない、ゴミ広告で食ってるなんちゃってキュレーションメディアは徹底して排除する。

汚物は消毒だ。

2016-12-20

退会の機能くらいつけろやボケ

Webサービスありがちなことのひとつに、退会の仕方がわかりにくい、または退会のアクションシステム的に用意されてない、というのがある。ユーザ数を稼ぎたいので退会しづらくしているというのがバレバレ。せこい。せこすぎる。

以前、とある就職支援関係サービスをつかってみたんだけど、いまいちだったので自分の経歴情報含め消させてほしいと退会を申し出たところ、CTO的な奴からきた返事が開発工数が割けなくて退会の機能を作ってませんだと。悪いけど、どう考えても退会の機能がそんな難しいものとは思えん。ユーザに平気で嘘で言い逃れしてくる姿勢もどうかとおもうし、仮にその説明事実だとしたらそんな普通機能が作れないくらいの状況ってCTOとしてどうなんだともおもうし。

ベンチャーだとわざわざ自分からユーザ数減らすようなことをしたくないという気持ちもだからわからんでもないが、こういうところで失った信頼は取り戻せないと思うんだよね。目先のものを追いすぎて大事な物失ってるというか。苦労して退会したようなサービスに再び登録することはよほどなことでないとないわけだしさ。

あ、言うまでもないけど、上場してるような大手でこういう手法使ってる連中は恥を知れよ。

http://anond.hatelabo.jp/20161219174525

そりゃそうだ。だけど年末正月ソフトウェアの変更を行わない。トラフィックも少ない。だから障害が起きる可能性は(比較的)低い。

確かに誰か当直がいて、何か起きた時は対応するようになってるけど、別に自宅からVPN繋いで数分ガチャガチャやるだけで治る。

コンビニレストラン物理的に人が出勤しないと回らない。Webサービスサービス業ではまともな比較にはならないんだよ。

http://anond.hatelabo.jp/20161219174525

Webサービスも止まっていいし、電気水道ガスも止まっていいよ。

少子化問題高齢者問題が同時に解決しそう。

2016-12-19

24時間正月営業必要ないって人は

当然Webサービスも止まっていいんだよね。

Amazon楽天はもちろんHuluDMMPlayStationも。

もちろんはてなだってTwitterだって

ISPの人だって家族がいるし休みいからどのみちYahoo!Googleも繋がらないな。


ほぼ無人からとかWebサービスは…とか言い訳はいい。

コンビニが深夜客なんか来なくても人がいるのと同じでWebサービスだって誰か監視してメンテしてるから24時間365日動いてるんだよ。


実施されたら夜は早く寝て正月は寝るぐらいしかすること無いか日本人健康にはなるかもね。


【追記】一応予想通りのコメントが並んでるから突っ込んどく。

・時差があるから~ってのはそんな大企業顔本とかGoogleぐらいだろ。はてなDMMだって時差ごとの事務所なんかあるか。

・そもそもISPが休むんだから時差対応したって無駄

・あと正月だけじゃなくて24時間勤務しないんだから夜も休むぞ。22時まで。そっから先は明日の9時以降にアクセスしてくださいってメッセージ

・ふつーの土日祝日インターネット休みだよ。当たり前じゃんね。インターネット企業の人の家族のことも考えて?

2016-12-12

はいくらでも無理な要求をしてよい

客にコスト構造なんてわかるはずがないか

普通のことだと思うのだけれど、おそらく日本の皆さまが歪んでいるのは「売り手は客の要求を断る権利がある」の部分で。無理してきいちゃう。だから「作り手のことを考えて要求を抑えるべし」とか噴飯物の「常識」が幅を利かせるのだが、それこそ無理な話だということを認識しろ。同じような無理な要求として「安いものは悪いと認識スべし」というものもある。

だがしかし、私は言いたい。素人部外者に、コスト構造など正確に把握できる訳がない。現代社会はお前の頭と違ってとかく複雑なのだよ。


あんなにお金のかかっているように見えるテレビ番組googleマイクロソフトオフィスみたいなwebサービスchromelinuxのようなソフトウェアやすごいグラフィック音声つきのソシャゲなどが、無料提供されているのだ。お前のしょぼいソレがその値段とか、へそが茶を沸かすわ とお客様は思っている。同じ業界のものでさえ、他社のコストについて「どうしてその値段でやっていけるのか?」と首を傾げることもある。

そもそもなぜ安いかを隠していることも多い。だからってミミズを原料に使っている的な客にとって不都合な真実ばかりではない。そのようなコストメリットを出すことこそが、業界で優位にやっていける企業秘密であり強みであり、言うなればすべての企業が持っているべき秘密で、つまりあらゆる物の値段の詳細な原価は隠されているのだ。ましてや他業界素人部外者などにわかるわけがない。

例えば、コストを抑える技術として「原料を安くて悪いもの仕入れる」の他に「海外人件費の安い国から仕入れる」とか「原料の安い国から仕入れる」とか「特殊輸送方法仕入れる(冷凍技術ができたので船で輸送できるようになったとか)」とか「スーパー職人(あるいは秘密ロボット)が1日に普通の千倍作るので給料10倍にしても余裕」とか、いくらでも未知の技術革新は想定しうる。その他にも、フリーミアム的な無料低価格戦略、早期にシェアを取りたいか期間限定で、でもソレを言わず低価格販売されるものもある(そして回収期を逃し他事業利益を突っ込んで補填されたり、シェアが取れて薄利多売で利益回収できたりするもの=客は丸儲けパターンも多い)。それを顧客判断しろなんて言うのは、無理だ。

同様に「高いならいいものか?」という問題もある。ただのボッタクリ値上げじゃないという判断が、どうしてできるのか?有名料亭でさえ産地偽装するこんな世の中で。お前が「お客様のために最高級の原料を」と思ったソレが、そもそも業者ぼったくりの結果の値段じゃないと、どうして断言できるのか? 冷凍だとこの味は出ない? 冷凍技術革新的発明がなかったとどうして言える? いやそんな悪意あるぼったくりじゃなくても、無駄に包装に手間がかかってるとか、有名タレントCM出演料がとか、プロしか気づかない僅かな風味の差とか、自動テストカバレッジ100%とか、客が実は「そんな価値、そこまでのこだわりは必要ない」と思ってる部分のコストが高いだけの場合もある。

他の要求も同じだ。

例えば「24時間窓口開けろ」とか「もっとキレイしろ」とか、それが「無理な要求」「労働者の首を絞める」につながるのか?いや、つなげる経営者もいるだろうが、それは「お前の職場ブラックから」なのであって、早々にやめるか経営者をすげ替えるべきだろう。それはお前の雇用者問題経営戦略問題であって、客の要求が「取り除くべき直接の原因」ではない。

24時間対応しろ」が無理な場合、正しい回答は「それでは利益が出ないのでできません」や「それならこの値段になります」とかだ。もちろんライバル社がやりだして客が取られることもあるだろう。それに文句をいうのは売り手・作り手としての矜持にかけるんじゃないかね。それがライバル社のブラック労働の結果なら、労基に相談だ(こういう敵対的提訴が増えるといいですね)

だいたい客に行儀良さを求めても、行儀の悪い客は出てくる。そうなると損するのは行儀の良い客だけ。そもそも、素人部外者のお前の判断する「コスト度外視のひどい要求」が、実は店側にとっては「採算の取れるかんたんな要求」かもしれないだろ?もしかすると利益の増える方向の要求かもしれない。客は売り手のすべてを知っているわけじゃないのだ。

客は無理を言えばいい。売り手は、それが無理なら、単に断ればよいだけ。戦うべきは客の要求ブラック労働につなげる職場であって、無理を言う客の存在ではない。

2016-12-08

http://anond.hatelabo.jp/20161208204111

金を軸に考えろ

 

生産するのにコストが掛かる上にオリジナリティがあるおかげで成果物として版権から第三者から認識できて

その結果として同人市場形成されてそこに乗っかることで経済活動が発生しオリジナル元も何らかの恩恵享受できるという

相互補助と飯の種にできる関係者が多数いるからあえてグレーゾーンとして扱われているのが現状

なので任天堂とか自社コンテンツに明確な不利益を与えてくるもの排除し、

別に金銭的な不利益コンテンツ侵害にならない場合は野放しというより放置

どちらも自社利益優先の結果の判断

 

それに対しキュレーションサイトは明確にパクられの価値を下げるので飯の種に泥をぶっかけにきている状態

複製するのも小遣いレベルで大量複製することができる成果物にしては質が低すぎるのに対してGoogleSEO効果がでかすぎるのが歪みを生み出してる

簡単に量産されるのに影響力が大きいってことはSEO検索順位価値疑問視されるしPV至上主義崩壊してWebサービス業者のもの価値を落とし込む

からこそ問題になる

権利問題とかは常にだれが得するかだれが損するかで考えろ

世の中は金

金によって法律解釈簡単に書き換えられる

法律とか倫理とかフワッフワなもので考えるから見誤る

金を基準に見ていけば何が都合が悪くなって始まるのかが見えてくる

全員が金儲けできてる内は違法でも問題にならない

割を食うやつが出てきたら問題化する

なぜなら本来手に入れることができた金を奪われてたってことなんだから

金を手に入れるという原動力に勝るものはない

2016-12-06

http://anond.hatelabo.jp/20161205234203

みんなそこまで授業に熱ないかwebサービス自発的に調べたりしない。普段使わない以前に興味が無いだけ。お前がシェークスピア文学について思っていることと同じことをみんなは授業に対して思っている

2016-12-05

最近グループワークを授業でやることが多いが

当然授業時間内だけでは終わらないのでLINEグループなんかを作って持ち帰り作業をする。しかし直接会ったときに話したことやLINEトークで話したことなどはすぐ流れてしまうので細かいことは忘れてしまう。直接会うときは大まかな議論の流れを紙に書く習慣がある人もいるが、直接会っていないときに全体がどのような状態になっているのか書いて整理しようという人は滅多にいない。リンクを知っている人が編集できるGoogleドキュメントを使うだけでも、後から今日話したことです」と言って写真LINEに上げるよりも分かりやすいのに、学校ではそういう便利なことを教えないものからグループワークの効率が悪い。

このようなことをするために作られたWebサービスはいくつもあるが、一般ピープルには敷居が高すぎたのかあまり普及しなかった。普段使いするものではないゆえ便利なサービスを探そうとはならないようだ。

2016-11-19

http://anond.hatelabo.jp/20161119020946

Webサービス会社というなら、早く作って早く出すことは最重要なんじゃないだろうか

「遅くても」正しいコードを、きちんとしたテスト設計を…というのは、受け入れられない発想だったりしないだろうか、少なくとも増田会社では

だいたい10年同じWebサービスを使うということが珍しかったりする

作って重ねて新しく作って古いもの廃止しての繰り返し

使い捨てのものビジネスニーズに合う短時間で作ることが重視されているのかもしれない

増田の正しく理論的なプログラム開発を否定しているわけではない

正しい構造テスト設計も、全体として考えれば早く効率的からこそ正しい、自分はそう信じている

増田必要なのは、チームに合わせた美しくないコードを書く努力をすることではなく

増田が拘っているプログラミング技術を皆が使うことで、結果的に全体として効率化されることを周囲に伝えることじゃないだろうか

チーム開発が分からん

チームで開発って分からんね。

とあるWebサービス会社プログラマとしてに勤めて約1年。社会人3年目(といっても途中でブランク半年

個人的感想だが正直プロダクトのコードはひどい。

コピペコードもいっぱい。というか、現在進行形。「コピペしてちょっと直せばできるよね」なんてのをよく聞く。

手続き的でどうしてもロジックの重複もひどい。ifとswitchの嵐。

テストエクセル仕様書カバレッジ観点?何それみたいな空気

・動いてるところには触らない。

一方俺個人

DRY大好き。コピペなんてありえないでしょう(最近ちょっと緩まった)

オブジェクト指向大好き。if文?switch?多態で減らせない?

テスト?(何らかの意味で)網羅率意識は当然でしょJK

リファクタガンガンしてコード量を減らすべき。

とかまぁ独学が多いせいか原理原則みたいのに凝り固まってしまってると思う。



正直言って自分はチームとあってないと思う。コーディングスタイルだったり、開発速度だったり。それは申し訳ない。

プログラミングスタイルは嫌いだけど人としてとても好きな先輩は「合わせるのって大事だよね」っていう。

それは分かる。全体としての一貫性プログラムでとても重要なことだと思う。

その人は仕事も早いし、チーム最古参仕様歴史的経緯もよく把握してる。



でもさ、そんなプログラミング繰り返しても薄っぺらコードが積み重なるだけじゃん。

コード減らそうよ。コピペなんて恥ずかしくないのかと問いたい。

仕事遅くなってもちゃんと網羅率を意識したテスト仕様書書こうよ。

それができないのはコードのテスタビリティが低いからでしょ?

と思って、俺は毛色の違うコードを混ぜちゃう。それがプログラムとして正しいと思うし、ほかのスタイルで書けない。

迷惑なんだろうなと思うし未熟だと思う。

でも俺はプログラマとしてあんコード耐えられないし、やってはいけないと思う。



本来はチームに提案して、全体として方針を決めてそれに合わせるべきなんだろう。

俺が良いと思うからその方法で書く!なんてのは単なる我満だと思う。

彼はプログラマとしてダメだと思う。でもビジネスマンやチームでの開発者として正しいと思う。

なんだか納得できない。かと言って俺自身については今の仕事のやり方で良いと思わない。

からない

2016-11-17

クラウド時代クラウド禁止会社でサヴァイブするために

世の中の変化についていけていないだけじゃないかという反論もあるだろうが、クラウド禁止会社にいる。


ブラウザ許可されているが、MS Officeくらいのデフォルトで入っているソフト以外は禁止されている。


もちろんWebサービスを使うのは御法度だ。英単語くらいはブラウザで調べてもいいが、文章翻訳は使えない。


最近Officeクラウド連携すればするほど、より導入の壁が高くなり、昔のOfficeからアップデートもされない。


クラウド時代クラウド禁止時代にどうやっていくのか正直わからん

同じ境遇の人がいるのであれば、どうしてるのか知りたい。

2016-11-14

趣味Webサービスを作るエンジニア独自ドメイン使うのやめろ

詳しくない人に説明すると、Web上にサイトを公開したい場合って

アドレスバーに載ってるwww.xxxx.comみたいなドメインを年間いくらかで買わなきゃいけないんだよね。

まあ個人でやってる人なら大体年間1000円くらい(実際は結構差がでかいけど)のレベルからそんなに高いものでもない

でも、基本的にはその額は毎年払わなくちゃならない。

例えば4つのWebサービスを開発したからと言ってドメインを4つも取ってたら年間4000円かかってしまう。

4つのWebサービスが全部まともに機能してて広告収入まで期待できるようなサービスだったら問題はないけど、

大半のWebサービスはそうではなく、年間1000円払うような価値すらもなくなってしまう。そして大半の開発者はその金が惜しくなってサービスを潰してしまう。

出落ちみたいなWebサービス独自ドメイン使ってると「このサイトは1~2年で閉鎖するんでよろしくね~」

宣言しているように見えてしまう。



俺さ、増田とかQiitaの「こういうWebサービス作りました!みんな見てね!」みたいな記事好きで結構読むんだよね。



でも、あれで完成したWebサービスURLを興味津々で開くと大抵ドメインが失効しててすげー悲しくなるの。

そりゃかなり古いサイトだったらそんなもんだろうなーとも思うんだけど、

から2年前の2014年くらいに公開された記事で紹介されてるWebサービスでも結構確率

ドメイン失効してるじゃん?そんなんなるならわざわざ金出して独自ドメインなんて取るなよ。って思っちゃうんだよ。



対策としてよくあるのが静的なサイトならFC2ホームページみたいなドメインごと無料で貸してくれるサービスを使ったり、

xxxx.comっていうドメインを買ったらpage1.xxxx.comとかpage2.xxxx.com、page3.xxxx.comみたいに

ドメインの先頭に適当になんかつけて使い分けるって手法がある、この方法なら1つのドメインいくらでも使い分けられる。



自分基本的後者を使ってる。レンタルサーバーもクソ安いVPSに何個もWebサービス同居させまくってて、

流行りそうだったら流行りそうな奴だけ金のかかった別のレンタルサーバーに移行するっていう方法ケチってる。

勿論流行らなかったら元の場所に戻して同居させる。



Webサービス好きの身としてはみんなが一生懸命熱意を込めて作ったWebサービスが潰れちゃうのって悲しいし、

開発する側としても流行らなかったら金が惜しくなって潰しちゃうんだろうなーって思いながら

サービス作るのって仮にそれが本当に流行らなかったとしても結構モチベーション下がらない?

Webサービスを作っているが、ぶっちゃげ辞めたい。遠くに行きたい

会社の新事業(?)として、催し物関するまとめサイト的なものDBデザインまでを1人でやっている。平たく言ってしまえば会員非会員制の wordpressを1から作る物で、ユーザーログイン画面(Oauth認証含む)から記事一覧画面〜詳細画面まで計20ページ以上を回している。他社の事情は分からないにせよ、それにしても異常過ぎるページ量だ。Ruby On Railsで作った?とされる株式会社リスタなどと見比べてみてもざっと2倍はある。

案件としては地雷なのは分かっていたが、他に就職出来る所がないから仕方なく入社転職するにもある程度形にしないと次の就職で響く。30過ぎてただでは行かないが、転職タイミングがずれるのはかなり痛い。終わるに終わらせられず大変困っている内に、早8ヶ月の月日が経過しようとしていた。

社員数名の会社なのだが、上は上で怪しい物だ。意味不明に自信満々なのも気になる所。まあ、小規模な会社上層部なんてそんなもん。うちは大手に無い何かを持っているだ、財務諸表に出て来る上場企業売上高を見ずに良く言えたもんだ。「複雑になってきたか ら、良くはなってきている」等俺から見て意味不明言葉の数々。一体この企画は何処に向かおうとしているのだろう か?このままでは半永久的にリリースが始まらない。以下、やる気などとうにない俺が辞めたい理由を延々と言うので付き合って欲しい。

理由1:大風呂敷を広げ過ぎる

理由1は俺の主観的な物であるが、この世の全ての催しをターゲットにしているからだ。結局ATNDとconpassのような集客100人〜1,000人くらいの催し、会場のイスをみんなで準備するような催しに行く俺。やるならやるで地域を絞る、集客数を絞ると言ったものがあればもうちょい話に乗っただろう。

今やってる事は催しの存在を知ってもらう事に特化してるが、何処のサイトでもそれはまあ同じなんだよな。ただというか席数がどれだけか?って機能がないから、当日の集客状況の目処が立てにくい。からあんま薦めにくいし、実際どれだけ反響あったかが調べにくい点で個人的にアウトだ。なもんで小規模な催しならばガンガンpeatix等を使って欲しいと思っている。俺が今の話のネガティブキャンペーンを展開するのも、仮にリリースしてもそこまでサポートができず、恐らく無駄機能の追加に時間が割かれるからだ。これでは主催者申し訳ないし、俺がどうしようもないのでこのような形を取らせて頂いた。

そもそも集客力の低い、集客目標数の低い催しは広告費をかけないしかけられないため、おおっぴろに告知したりはしないように見える。この為一般に知られていない催しの方がこの世には多いと推察する。さらに高年齢層で携帯電話を持っていない人がメインの場合など、Webサイトを使わず無駄な経費を使わなくとも、成り立ってる催しすら有りそうだ。「最初は大きい催しの広告を...」とまたまた意味不明な事を。催しの主催者出展者の事を考えてないのに何ができようか?

事業は程よい規模で!

以下蛇足ながら、大風呂敷を広げる事が良いとは限らないよと言う事例を延々と話す。最近イオンモールがばかばか立っている。しかしながら広過ぎて特定の店しかいかないし、商品探しにくいんだよねぶっちゃげ。時たま利益を回収できないテナントから撤退していくのを目にする。

さて2016年11月現在第2四半期報告書(第92期第2四半期(自 平成28年6月1日 至 平成28年8月31日)) P28を見るに、GMS事業は183億1800万円もの赤字を計上している。代わりに、スーパーマーケット事業は135億1500万円の黒字、小型店事業営業利益22億9500万円。なんと巨大スーパーイオン全体のお荷物になってしまっている。何年計画なのかは知らないが、数字の上では止めた方がよさそうである

一方この手のスーパー一番重要なのは食品だろう。自分家計を見るに、毎月収入20%以上を食費が占めている。ここで毎月各個人収入20%近辺をメシが占めていると仮定すれば、各コンビニスーパードラッグストアなどはそこからどうしのぎを削るかの戦いなはずだ。自分の行きつけのドラッグストアなんぞは入ってからすぐの所に、在庫処分であろう新鮮味の欠けるジュース冷蔵庫。専門外の店なのにカップラーメンに明るかったり、やっぱ食品と言うのは売る方からすりゃあ撒き餌なんだろうな。実際問題そんな広い店舗は要らないこともあるし、イオンの事例が当てはまるのかは別にせよ、大風呂敷を広げるのは考えものだと思っている。

理由2:企画会社資金の面で怪しい

2点目は資金面が怪しいからだ。さて今の企画は会員からお金を取る流れだ。つまり月々の売上(貸方)は、売上高(円)=会費(円/人)×有料会員数(人)」分を見込む。一方で支出(借方)「人件費累計(円)=従業員数(人)×一人当たりの人件費(円/人)」の人件費がかかる。以下その様子をこのシートにまとめたフェルミ推定の参考にでもして欲しい。

仮に事業開始までに12ヶ月かかり、会員登録が出来たとして、月々10人ペースで会員が増加したとする(退会者を考えてはみたが、これでも現実的でない数字)。月々の人件費190,000円、従業員数1人、会費を980[円/人]と仮定する。まず利益が発生するまでに必要な最低の金額が228万円、そして俺の人件費がペイされるのが60ヶ月かかり、利益率で+になるまで32ヶ月必要だ。月々20人ペースで会員が増加したとても、40ヶ月はかかりそれまでは少なくとも−となる。

一方で何となく俺が時期を伸ばしたら、作って終わりになる危険性もありそう。加え営業さんが居たとしたら、ただでさえ零細企業後ろ盾ないはずなのに月10件は無理もありそうな話だ。と言うのはさておき、Webサービス言えど初期投資人件費に少なくとも数百万かかるし、それまでの間利益は一切出ないと言うのは覚えて帰って欲しい。これはゲーム会社販売を1ヶ月延期すると、売上を回収するのが1ヶ月遅れるため利益率が下がる事に似ている。

最後

上は悪い人ではなさそうだったけど、負ける方が濃厚な気がするし、負けが込んでヤケになりそうな気もする。心苦しいが履歴書職務経歴書を書く時間となったようだ。あん名前を出したく無かったため、敢えてこのはてな匿名ダイヤリーに書かせて頂いた次第である。このような場を提供して頂いている、株式会社はてなには感謝気持ちである

2016-11-04

http://anond.hatelabo.jp/20161104220807

あんなのはテキストエディタで書いて文字間にタブを入れるように正規表現で置換してコピペすれば済む問題じゃん。

あのな、その手間なくても普通は出来るようにすべきなの。

出来損ないのWebサービスじゃないんだから

2016-10-30

趣味アプリWebサービス開発することの魅力

ってやっぱり『価値のあるものを作りやすい』ところにあると思うんだよね

システム開発会社で働いているとシステム開発って本当に金がかかると感じる。

市のHPにあるクソみたいな検索システムとかでも云千万単位の金がかかってることなんてザラにあって、

なんでそんなにお金がかかるかっていうとプログラミング作業以外のコストがでかいからなんだよね。

システム会社システムを作りたい人からどんなシステムを作りたいのか聞き出すのにもかなりの予算がかかるし

それを資料として落とすのにも、それが全体に共有されるのにだって予算がかかる。



設計が終わっても自分用の便利アプリを作るのとはわけが違って品質保証するために

テスト仕様書を書いて、ユニットテストを書いて、他機能に変な影響を及ぼさないか調査して、

コード書いてる時間よりその周辺の作業の方が時間がかかったりする。



会議なんて始めてしまえばもう最悪で、給料×参加人数×時間分の予算がかかるし、

勿論それらには僕達労働者有給休暇分や社会保障費分も含まれしまう。



最終的な見積もりを出す頃には「なんでこんなしょぼいシステム作るのにこんだけ金がかかるんだよ」

って自分でも突っ込みたくなるくらい本当に金がかかる。



例えばJaneStyleや2chMateを代表とする2ちゃんねるブラウザ

アレなんか長年に渡り積み重なったユーザー要望が集約されてるから機能数はかなり膨大で、

これをそこらのシステム会社に作ってくれとお願いすると恐らく数億どころじゃ済まなくなるはずだ。



でも、これらは実際に数億円かけて開発されたわけではない。

規模は個人か多くても数人で、予算だって開発者モチベーション予算という感じで

数億円どころかむしろ0円に近いはずだ。



例えばこれを建設業界に例えてみよう。数億といったらもう豪邸だ。

「そこらの会社にお願いしたら数億円かかる豪邸を大学友達3人で集まって作りたい。

僕達バイトしてないか予算は1万円。お金はないけどやる気だけはあります。」

なんて言ったら「アホか」で一蹴されるだけだし、どう考えても現実的じゃない。

でも、IT業界に限ってはこれは十分現実的に考えられる話だし、そういう例は実際に何個もある。

まず企画設計開発全部自分個人開発ならコミュニケーションコストが0に等しいし、

技術力がある人だけで集まれば一番開発効率の良い技術を好きなように採用できる。



『数億円の価値があるもの自分で生み出せる』なんかロマンがあるじゃない。

数億円の価値があるものを生み出せるスキルがあれば、アイディアさえ良ければ一攫千金も狙えるかもしれない。

なんか夢がある。

2016-10-22

iPhoneを使う理由

iTunesに溜め込んだ音楽ローカルデータがあるからしかない

クラウドサービスに完全に切り替えられるなら、Apple Musicを特段選ぶ必要はない

しろクロスプラットフォームで使える他の競合サービスの方が魅力的だ

なのに最近iTunesローカルデータでの取り扱いを軽視したデザインUIになっている

そりゃApple Music使ってほしいんだろうなって感じ

かつて自分だけのミュージックコレクションをどこへでも持っていけることがiPodの魅力だったし、

それがあったからこそ、Appleエコシステムに乗っからざるをえなかった

SNSゲームや他のWebサービスなんてiPhoneじゃなきゃダメ理由ないじゃん

2016-10-16

http://anond.hatelabo.jp/20161016232021

やめとけ。

20代後半の実務開発経験なしを雇うITなんざ、マトモなとこはない。

少なくとも大手には行けない。俺自身IT大手の人事担当なんだけど、君は採れない。

なぜなら、君を実稼働させるまでのコストが合わないから。

今いる環境やりがいを見出す方がいい。公務員やりながらWebサービス作れば良い。

今の考えのまま転職したら、3ヶ月持たずにやめる事になる。

2016-10-13

http://anond.hatelabo.jp/20161013130219

どういった方法面白さの担保品質担保をしてるのか不思議

という「個別論ではなく全体論」ということなので、身バレもないだろうしそのへんに絞ったレスをしてみたいと思います

ああ、一個上のP付きっす。

その前に軽く触れると、自分出版系のIP管理からアニメにもゲームにもアプリっぽいのの制作にもPで参加したことが有るという立場増田です。なので、アニメにそこまで肩入れした擁護はないので、そのへんは差っ引いてくださいませ。

まず

アニメ場合は最低ラインでも「まとも率」が不思議と高い

という点なんだけど、それは概ね事実としてある。アニメ制作さえ決めれば空中爆発率は低いし、動く絵としてものは出来上がってくる。

それは「完成して出て来る」ってのを至上命題として業態業務か出来上がってるからっていう部分がまず第一に大きいです。

完成することを第一に求める制作体制

だって予告して、放送枠取ってそこにV(=動画)が到着しなかったら放映できないでしょう? 良くも悪くも「タイトな締切に間に合わせてでっち上げる」ことが常態化しているし、そのためにいろんな仕組みが整備されている。深夜まで作業するのも常識になってたりもする……。ゲームサービスみたいに「クオリティのために延期」というのが「ない」って言う前提で動いているんですね(総集編っていうのは、だからこそ本来例外だし、やばいわけっす)。

「完成すること>クオリティ」って言う価値観なわけです。

でもそれは前提であって「完成する理由」にはなっても「そこそこまともになる理由」ではないですよね。「そこそこまともになる理由」は、個人的には以下の2点があると考えています

強力な前例

ゲームとかマンガとかWebサービスなんかに比べて、アニメ制作スケジュールとかチームの規模感みたいなもの前例豊富で強いです。12話1クールを作る人数はこれくらい、必要役職はこう、時間はこれくらいかかる、そのためのお金はこれくらい。

そういう規模感がはっきりしてる。

だってシーズン数十本も作ってるんだから、そりゃ数字もつみ重なる。

プロジェクトハンドリングはたしか属人性が高いけれど、こういう数字まで共有されていないわけではないです。むしろ一般常識化しすぎてて話題にすらならないほど強固に存在します。そこから外れた作品が皆無というはなしじゃなくて、その規模感から外れるにしろ「規模感という地図を持っている」ことに大きな意味が有るって話です。

特に工夫をしようと思わなければ)アニメ制作バジェットは、穴埋め式のテンプレートみたいなもので、記入欄にスタジオ名とかスタッフ名を入れていけばチン!と出てくるようなものです。「スケジュール遅延による予算の倍増!?」みたいなトラブルは少ないです(劇場版では聞きます)。

製作工程自体も(何か変わったことをしようとしなければ)概ね予定通りに進みますアニメ制作において制作の遅れは作画スタッフの不調とか、確保してたスタッフがうまく稼働できてないとかであって「技術的困難があって見込みが外れた」みたいな事例は少数です。そういう意味では製作期間も読みやすい部類に入ります

アニメに比べれば、ゲームWebサービスや新製品開発は、闇の中を手探りで地図もなしにうろついているようなものに見えます。逆にそちらからアニメを見れば、一度作ったものテクスチャ張替えをして類似商品を量産しているようなものです。

この構造クオリティコントロール意味では強いです。要するに初期予算部門ごとに配分して、それを話数で割って、出来ることはできるし、出来ないことは出来ないって話だからです。これがそのまま職人的な監督のこだわりに対する手綱にもなってますだって、ここでそのお金つかっちゃうと、こっちが足りないですよね? 無理ですよね? と説得が出来るからですね。

個別現場の話で言えば、それをやりくりとか、追加予算をひねり出すとかもPの仕事だけど、前提として上記みたいな構図が有るのはハンドリング面では楽ができる要素です。

クオリティを高める侵攻戦と下げない防衛戦

アニメ場合は最低ラインでも「まとも率」が不思議と高い

という指摘に対する返答が今回の中心なんだけど、「まとも率」ってなんだろう? って言う問が答えのヒントです。

すごく大雑把な話をすると、アニメには(というかコンテンツ制作には)2種類の方向性があって、それは「外れるかもしれないけれどバットを思い切り振り回していこう、当たればホームランだぞ!(はずれれば三振だが)」というのと、「とりあえず進塁打めざしましょ、コケそうになっても最低限くさいバントして大コケはしないように(でもその打法ホームランは出ない)」の2種です。

どっちがいいというものじゃないですが、とにかくそういうふたつの考え方があります。全てのPは例外なく今手がけている作品をどちらにするか考えます

もちろん現実にはもうちょっとかいです。たとえば、ある作品は全体的には手堅くバント狙いなんだけど、音楽だけは超ゴリゴリインディーズ起用でギャンブル、とかもあります声優だけ豪華! とかも。無名だけど実力があって伸びそうなスタッフ中心部に据える冒険というのもあります。とにかくあらゆる判断において「大当たりを狙って強振」か「手堅く固める」の判断があります

ここからが非常に夢のない話になるのですけれど、アニメは(とくに地上波の週刊アニメでは)どちらかというと「手堅く小ヒット狙い」なメディアなんです。だから「最低ラインでもまとも率が高い」という結果になっています

なぜか?

理由は様々にあるんですが、本質的には生存戦略としてそれが(一応の全体認識としては)有利だからです。

あらゆる面で革新的で挑戦を行ってフルスィングをしていくと、三振討ち死に率が高い。ホームラン率3%で三振60%で残りがポテンヒットみたいな印象です。しかもこのフルスィングは、そもそも予算を大きく要求しておいてこういう結果になることが多い。

そこへいくと、小ヒット狙いのコンパクトスィングは、35%三振(=赤字)40%バント34%ヒットで、実はホームランも1%くらいは出るかなー? みたいな構造です。

もちろん、安全性と飛距離の両立ができる企画があればいいですが、それはとても難しいことがもうわかっているので、企画の全体も、細部もジャッジしてどちらかに振っていかなければならないです。

アニメ場合は、しかもその判断製作委員会(もしくはそれに準ずる意思決定機関)で合意しなければならない。多人数での合意なので、どうしても「安全策」が採用されがちです。

(余談だけれど、監督業の一番尊敬できる部分は、そういう安全への堕落に対して『いいや、今回はこういうチャレンジをする。僕等にはその力があるはずだ!』という果敢なジャッジをして、それに向かって猛進してみんなを引っ張れる部分だと思います

夢も希望もないけれどこの「集団判断による安全策への流れ」がアニメにおいて「どれもそれなりに見れる作品になる理由」です。

もちろんそういう安全策ばかりでは1作品の勝った負けたに終止してしまうために、どこかでは冒険もしなければならないです。また、円盤の売上という一面的勝敗判断以外にも判断基準はあります

それはたとえば、社内への技術蓄積(この作品を作ったので3Dエフェクト技術が社内に蓄積された)とか、スタッフの成長の舞台としての作品かい視点です。ファンの人が思っているよりもアニメスタジオはずっとそういうお金以外のことを気にして運営されてますお金を信用してないとも言える)。

まあ、冷めた話をすれば、巨大な予算と巨大な人数をかけた企画において、夢物語ホームラン狙いが抑制されるのは当たり前の話です。バブル期ゲーム業界とか、アメリカンドリーム次代のハリウッドが異常だっただけで、億超えの規模動かしてれば慎重な方が当然です。

ライトノベルアニメの相性が良いのはそこで、ライトノベル個人制作でそれはつまりかかった予算が非常に小さいジャンルです。予算が非常に小さいということそのものが直接関係するわけではなくて、そういう個人制作小規模ジャンルであれば、(ある意味非常に無謀な)挑戦ができるということだからです。

他にも色々触れるべき点は有るかもしれないけれど、暇なので書いてみた「アニメ制作フローにQCのヒントが有るのでは?」に対してのお返事でした。思いつくままに適当に書いたので誤字脱字とか、文章の乱れとかあったらごめんなさい。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん