「刃物」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 刃物とは

2017-03-19

フランスでの「君の名は。

2月下旬パリ孤独出張おっさんに、冬の雨が冷たい。美術館巡りも飽きたので映画でも見るか、ということで言語がわかる「君の名は。」。調べるとミニシアター3箇所だけでしかやっていない。他に週1や月1の公開が何か所か。マジかよ、パリ都市圏1200万人に対して3か所かよ?いや、公開後2カ月経っているからこんなものか。まだやっているのが奇跡というべきか。海外XXXスクリーンで公開、というが実態毎日やっている館数は一部なのではないか、という気もする。

 

どのミニシアターもかなりのマニアック臭がする。一番近いのは10区の北東。10区か。。。パリ治安はあまりよろしくない。正確に言うと、普通場所悪い場所があるのだが、北と東は悪い。10区は悪いほうである。行くだけ行ってみるかと、これも評判の良くないRERに乗って移動。RERはパリ近郊の中距離列車である日本人観光客は、空港から市内までの移動でB線と、市内からベルサイユ宮殿までの移動でC線にお世話になるのだが、間接照明で社内は薄暗く、社内中にトイレ匂い漂っている。刃物で刻まれガラスや壁への落書きが痛々しい。日本から来た新婚さんが、最初に夢から覚めるのがこのRERである。とはい最近は新型車両へ交換が進み、新型の社内はキレイで、快適に利用できた。

目的地の映画館移民街の駅にある。地下鉄から上がってみると、何をしているのかよく分からない人たちが、歩道にわんさかいらっしゃる。手に何か持って売っていらっしゃる人、呼び込みをしていらっしゃる人、一番多いのは何もせず通り行く人を見ていらっしゃる人。東洋人はほぼいない。白人もかなり少ない。過去パリの激安ツアーではこういうところのホテルを使って安くあげていたらしいのだが、さすがにトラブルが多いので最近は減っているらしい。映画館自体は意外に普通で、ほかにもミニシアターをみかけたので映画館の街かもしれない。だが「三葉!」「瀧君!」とかそんなスイート映画を見た後に、このハードボイルドワンダーランドを通って帰るのも、おっさん寂寥感が増幅される気がして、3つのうちほかの映画館に行くことにした。

テロはあったものの、最近パリ体感治安はマシになってきている気がしており(おっさんは年に数回定期的に出張に来る)、日本大使館HPを見ると確かに日本人被害件数は減っている(観光客が減っただけの可能性もある)。一方で、こんな警戒情報も出ている。空港から市内に向かう渋滞中のタクシーの窓を割って乗客の膝の上からバッグを奪う。そんな荒っぽい強盗流行っている。日本人も1カ月の間に6件も被害に遭ったらしい。ここはリオデジャネイロか、ヨハネスブルグか、と頭がクラクラする事例である

さて、移動して来たのが南にある6区のミニシアター。6区はリュクサンブール公園など、日本人イメージするパリである。このミニシアターは面倒くさそうな意識高い系シアターの雰囲気白人フランス人しかいない。日本映画を上映しない限り日本人が来ることもないだろう。

俺「君の名はチケットくれ(英語)」店員吹き替えフランス語だけど大丈夫だよね?」俺「吹き替えマジで?」店員冗談、ごめん、字幕だよ」とのこと。フレンチジョークをかましてきやがる。100席程度の小スクリーンはいえほぼ満席。両側に客がいる状況である。両方とも可愛い20代女子であるしまった、さっき一風堂餃子とマー油(焦がしニンニク油)入りラーメン食ったばかりだ、などと緊張する。絵にかいたようなおっさんである。客層は俺以外全員が白人フランス人若者老人からファミリーまで。片側の女子が後半ボロ泣き。隣の彼氏が慰めながら、俺の隣で濃厚なキスをかましてやがる。クソが(嫉妬文化)。逆側の女子もすすり泣きだったので刺さりは良い模様。エンドロール誰も立たず。イギリスでは残る人がほとんどいなかったので、文化差なのか、満足度差なのか、たまたまなのかよく分からない。

さらに続いて南の14区、モンパルナス近くのミニシアターへ。完全に住宅地の中にポツンとあるライブハウスミニシアターで、区民会館のような立地である。ところで、どんだけ暇なんだ俺。ここも100席程度で、レイトの割に入りは良く6割くらい。またもや俺以外全員白人フランス人レイトショーなのに小学生くらいの子供がいる。ありなのか?夜更かしするこういう悪い子が、地下鉄強盗するパリ青年ギャングになっていくのか(違う)。あっという間に上映終了。終了後の会話に熱があり(フランス語なので内容はまったくわからないけど)、こちらも観客の満足度は高そうであった。

Allocineというフランス語映画サイトがある。映画館もコレで探したのだが、観客レビューで「君の名は。」はなんと歴代4位。

http://www.allocine.fr/film/meilleurs/

レビュー数が少ないから高めに出てはいるのだろうが、上から順に、フォレストガンプハクソー・リッジグリーンマイル君の名は。ジャンゴシンドラーのリストであるフランス語サイトなので、日本人アジア人投票としているとかではあるまい。興行収入はたいして上がっていないようだが、評価はかなり高いようであるサイト上このまま記録として残っていくのか、と調べてみると、100位以内におおかみこどもの雨と雪とか、かぐや姫が出てくる。このまま残っていくようである。若干大丈夫なのか、という気がしなくもない。

英語圏IMDbでもレーティング8.7であり、IMDbは最低25000レビューないと歴代ランキングに乗らないらしいので対象外だが、8.7を歴代ランキングに照らすとこれも12位-18位相である。同じ8.7はフォレストガンプロードオブザリングマトリックスなど。現在22000レビューなので今後歴代に入ってくる可能性はある(ただし歴代に乗るときレビューの重みづけアルゴリズムが発動して、レーティングが変わるようである。)。

http://www.imdb.com/title/tt5311514/?ref_=fn_al_tt_1

アニメ好きを中心とした少数レビューゆえの点数ではあるのだろうが、それにしても高評価である日本映画は、欧米展開時の配給が弱かったり、マーケティングがあまりなかったり、スクリーンミニシアターや隔日ばかりだったりと、ポケモンドラゴンボールなど確立されたキャラクターを除いては、欧米興行収入を上げるにはまだまだ厳しい条件が多いのだろうが、このように高評価作品が続いていけば、道は徐々に広がっていくのではないかと思う。

2017-03-18

http://anond.hatelabo.jp/20170318180051

包丁以外にまともに切れる刃物が何もない」って状況なら?

むやみやたらとExcel濫用されるのってそういう事だから

2017-03-13

刃物幻想

使い慣れない刃物は、しばしばけがの元である。少なくとも私にとっては。しかし、かえってそれで血を吸わせたことによって、そいつ自分の一部になるような幻想がある。

思えば、実家での冒険には必ず伴われた鉈も、厨二病に負けて買った偽のアーミーナイフも、独居を始めて調達した穴開き包丁も、結婚祝いで頂戴したフードプロセッサーも、そうであった。

冒険をするような土地を離れるのと平仄を合わせるように柄が腐り果て、泣く泣く別れた鉈以外はすべていまだに奉公を受けている。

なんでこんなことを言うかと問われれば、今日包丁を研いだのである。この包丁は我が血を吸った同胞である、きっとこれからいい仕事をするのだ。イテェ・・・

2017-03-05

無宗教だけど御神体が欲しい

おれの御神体として何がふさわしいだろうか

右手側にUCCのブラックコーヒーペットボトルがあるので

とりあえずこれを最初のおれの御神体にするか

でもゆくゆくは

由緒ある感じのもの

とにかく長い年月存在しているようなもの

風格のあるもの

やわらかいのに刃物銃弾でも貫けないもの

かざすと変身魔法を発動するもの

暗いところでは見えるけど明るいところでは逆に見えないもの

常に広範囲バリアを発動してるので妖魔を近寄せないもの

などなどにどんどん乗り換えていきたいと思う

2017-03-01

http://anond.hatelabo.jp/20170228225742

べつに言ってもいいけどブロックされて終わるだけやん

リアルで直接?

もしそういう状況になれたなら言葉でなく刃物をお見舞いしたいので・・・

2017-02-24

フキシップ2017

チンポ挿さず刃物刺す

襞を通さず肉を切る

遺書を残さず後遺症

2017-02-18

護身用具について

護身用にもてる刃物刃渡りは何センチまでですか?

2017-02-07

毒親」という枷と、「人格否定」という呪いについての話

毒親」という言葉を知ったのは、つい最近のことだ。

私の預かり知らないところでいつの間にか話題になっていて、理解した瞬間どれだけ救われた気になったか知れない。

私が味わって来た、正体の掴めない息苦しさ、葛藤衝動、そういったものにようやく名前がつけられた気がした。

私の母親は、「否定型」の毒親だ。私の些細な言動に目をつけ、ねちねちと文句を言う。行動や失敗に対してならまだしも、そこから私の過去性格まで取り上げ、事細かく並べ立てては「あんはいっつもそう」と怒鳴り散らすような人間だった。自らの理解できないもの・知らないものは頑として認めなかった。視野が極端に狭く、主観感情しか物事判断できない。父親も、分かりやす否定こそしないものの、自分の主張を押し付けることが多かった。口癖は「自分が言っていることなのだからちゃんと聞け/言うことを聞かないならもう知らないぞ」。両親揃って、典型的毒親の特徴を物の見事に備えていた。

2人に共通しているのは、自分が大好きだということ、自分の非を認めないこと(揃って子供の都合の悪い部分は全て相手に似たと言うのだから畏れ入る)、他者思考や痛みを理解できないことだった。冷え切ったわけではないが夫婦仲はそれなりに悪く、私が幼い時の夫婦喧嘩では怒鳴り合いから殴り合いに発展し、ついには刃物が出た。激昂した母親ヒステリックな甲高い叫びを上げ、父親は声を荒げて母親を突き倒した。

おかげで、今でも女性叫び声と暴力を振るう男性が怖い。

私は物心ついた時から、怒鳴られることを何よりも恐れていた。判断基準は全て「親が怒るかどうか」であり、それ以外はどうでもよかった。勉強をしていれば親は黙っていたか勉強した。反抗すれば物凄い勢いで罵られることは分かっていたから何も言わなかった。弱みや痛みを家では見せなくなった。相談もしなかった。自分意見を言うことを早々に諦め、親の顔色ばかり伺って過ごした。

真綿で首を絞められ続けるような生活だった。はたから見れば衣食住の不自由なく暮らし学費も出してもらい、みんな仲良く恵まれ家族に見えたことだろう。思えば、外面だけは異様に気にする親だった。親が嫌いだ、なんて誰に言っても分かってもらえないと思っていた。

大学生の時に転機が訪れ、鬱になった私は友人と当時の恋人の助けでなんとか立ち直った。完治したわけではないが。親は私を救わなかった。救ってくれたのは友人と恋人だった。そのことが、私の歪んだ認知を大きく変えた。

私は親から逃げようと決心した。

そして、就職を機に家を出た。職場関係上、実家のすぐ近くに居を構えることになったが、同じ家で暮らすよりは遥かに心が穏やかだ。時々の行動報告の電話と、実家への予告なしの拉致と、電話無視すると浴びせられる非難を除けば。ゆくゆくは、結婚などを通じて距離を離していこうと思っている。

親は必ずしも好きになる必要はないし、一緒にいなくてもいい。そんな簡単なことすら分からなくなるほど、毒親のかける呪いは深く濃い。

それでも、枷は外せる。

ゆっくり呪いを薄めていくこともできる。

毒親」という言葉の周辺を垣間見て、そんな気持ちになった。

2017-02-03

http://anond.hatelabo.jp/20170203210126

ちょっとはみ出た、つづき



入院が決まった直後に、入院時に必要ものを買い込みレンタカーで母の元に向かった。

徘徊が多く、連絡手段も無い為、朝、荷物だらけの新居に迎えに行っても空振りになってしま可能性があったからだ。



荷物だらけのアパートに一晩泊まって見張るつもり位でいた。

破たんした呪い言葉を一晩聞き続ける程度だったら何とかなるだろうと踏んで寝袋を持って家を出た。



アパートにいた母を、最後の晩餐さならが母を食事に連れ出し、禊を済ませるが如く、深夜営業温泉に連れて行った。

これまで母の病気が進行してから、弟を含め3人で食事をすることは何度かあったが、

私が成人してから母と二人で食事をしたり、温泉に行ったりしたのは初めての事だったと思う。



しかし、あのアパートで母と二人きりで一晩を過ごすのはやはり心理的に無理だった。

そこで、仕事徹夜を強いられる彼女がいる自宅に、彼女に無理を言って連れて行く事にした。

自宅に母を招いたのも初めてだし、彼女に合わせるのも初めての事だった。

彼女も親に対してトラウマを抱えており、軽くパニックにさせてしまったのは本当に申し訳ないと思っている。



しかし、この母親に対して、親孝行らしい親孝行を始めてしたのかもしれない。

母は何度も夜中に起きて二人の息子が襲われる、警察に助けを呼ばないと、言った事を不安になってしゃべっていた、

うとうとすることもあるが、眠りかけた際は幻聴として聞こえる言葉をそのまま声に出してしゃべっていた様だ。

母にとってみれば、もう25年間、四六時中不安な時を過ごしているのだ。



翌日、車で病院に向かう途中、母は、私が子どもの頃、家族ドライブに行って以来車に乗れて楽しいと語った。

富士山山間から見えてとても綺麗だった。



医師に診断してもらいその場で医療保護入院が決まった。

家族同意があれば、本人の意思に関わらず強制的入院可能制度だ。

その際、思わず、ここまでとても長かったです。と医師に話した。医師も私の苦労を察してくれたようだ。

診断時、私から事情を話す際に、精神科へ行っても結果的治療が受けられない件を話したくだりで、

やっぱりそうか、といったニュアンスだろうか、ため息を漏らしていた。

法律上定まった手順であろう医師保護入院説明をを本人に読み上げる際も、

聞きはするが当人になにが起こるのか 理解していない様子だった。



閉鎖病棟に送る際、持ち込み禁止となる物が母の身に付けたものからいくつも出てきた。

不安からか何枚も重ね着した一張羅ポケットや、鍵だらけのウエストポーチからは、

刃物であるハサミや安全ピン、 南京錠などの金属、ワイヤー錠等のひも状のものが、

わんさと出てきた。しかし、 体を傷つける可能性のあるこれらのもの閉鎖病棟内には一切持ち込めないそうだ。



手続きを済ませ、病院に母を預け、弟や彼女に報告をし、帰路に向かう際は、

涙も出なかったし、ざまあみろ、といった感情にもならなかった。

これでひと段落ついたんだな。という感慨はあったが、正直、いまだに母への気持ちは整理がつかないし、

私が多分死ぬまでこのもやもやした気持ちに整理はつかないのかもしれない。



ともかく、これで弟にかかる負担も減るし、母の不安もいずれは多少なりとも解消されるかもしれない。

本人がいつか病識を持つようになって、まともに話せる日がくれば、また母に対して憎しみの感情が沸くかもしれないし。

そんな日は来ないかもしれないが、ともかくこれで一区切りついた事になる。



繰り返しになるが、「こんな長い期間なんで放っておいたんだ」「お前の責任でもあるだろう」という

声もあるだろうが、自分気持ちを整理する意味でもこれまでの経緯を書いた。



自分を棚に上げてなにか説教じみた一言を添えて終わりたい気持ちを抑えてこれでこの長文は終わります

ここまで読んでくれた人がいたらありがとう

追記:少しだけ文章校正しました。多くの読んでくれた方、改めてありがとうございます

乱筆乱文、誤字脱字、事実誤認、諸々失礼。



-----

追記



たくさんのコメントいただき感謝に耐えません。

とても参考になる知見も多くいただきました。

これで終わりではないので、是非、今後に生かしたいと思います



この話は私の人生のある側面の、ある時間だけをバッサリ切り取ったもので、

別の面では幸せであり、大半の時間は、苦労はありますが、それなりに恵まれ生活を送っています



悲劇性や誘因性の強い文章になりましたが、自分自身を奮い立たせるために自己演出した部分も多分に含まれていますし、

それなりに珍しい経験をしたので「保育園落ちた日本死ね」位の話題にならないかなー、と。

助平根性で書いた面もあった事は表明しておきます

ただ事実と異なる事柄は書いていないつもりですが、母の性格を受け継いだせいか感情基準での記憶をする傾向があり

事実認識に多少の誤りがあるやもしれない事を明記しておきます



特に地元総合病院精神科医師が話してくれた、治療可能性や、相談内容、他の施設の紹介といった、

具体的な情報のくだりは、今思うと当時の余裕のない状況で色々思い違いをしていたり、

その時点で必要情報だけを記憶に留めようとした傾向があるので、もしかしたらきちんとした説明を受けていたのかもしれません。



心理面での負担や苦労をねぎらってくださるコメントも多くいただきましたが、

母の事で本当に辛いと感じていたのは母の病気発症するよりも前の方がはるかに多く、

病気が進行してからは、母の事であまり辛いと感じたことはなく、やっかい毎が面倒だ。

調べ物が面倒だ、なかなかうまい方法が見つからないで面倒だ、事務処理が面倒だ、

と、いったような仕事での面倒毎に近い感覚だったかもしれません。



もやっとした問題に対して、検索するには言葉あいまいで、答えも方法論も様々過ぎるし制度もたくさんあるしで、

的確な道順や回答を出せる所にいつまでも辿り着けず、情報迷子になった側面は多分にあります



普段Googleさんをそれなりに使いこなし問題解決の為のITリテラシーはそれなりに自信がありますが、

実は 『ケースワーカー』さんという言葉存在はかなり最近になってから人づてに知りました。



それまでは地元総合病院電話した際や行った等、もしかしたらそれに気づかず『受付の人』という認識相談をしたこともあったかもしれません。

本文には書きませんでしたが、昨年末あたりから精神科のある病院への電話問い合わせの窓口や、福祉センター精神保健福祉担当で、

ケースワーカーさんと相談したい』とわざわざ言ってから色々相談する様になって、

ここには書かなかった世帯分離の手続き等に対しての答えにも、光が見え始め徐々に事態好転してきた次第です。



ケースワーカー』さんはここ数年認知され始めたマジックワードで『当番弁護士を呼んでください』

という言葉を知っているか否か、みたいなものかもしれませんね。

もし、私と似たような境遇でどうしてよいかからない場合は、役所病院等へ電話をかけ、

まず『ケースワーカーさんと私の〇〇の問題について相談したい』と言うのが良いのかもしれません。



最後に、本文で書かなかったエピソードを一つ



地元総合病院精神科の待合室で、母と初めての診断を待つ際の事。

待合室の傍に、精神科病棟への通路があり、おそらく統合失調症の方が、看護師に連れ添われ、

意味不明な話しをしながら歩いて行くのを見て言った母の一言が最高でした。



『かわいそうにねー、頭がおかしいのねー』



今では母の相談をする際に、緊張を和らげる意味で使う鉄板ネタになっています

2017-02-01

大学サークルでの愚痴

以前に所属してた情報サークル(以下、J)の話だが、そろそろ自分の中で留めておくのも限界が近いので書いておく。


Jに居た頃

 はじめは、真面目にゲームなどを作りながら技術を学ぼうと思って入部していたが、まともに作業できるような場所自分の家くらいなものだった。

もちろんサークルに部室が無いわけではなく、二つある部室のうち、部内では片方を作業部屋、もう片方を雑談部屋としていた。

大学サークル紹介ページには、作業部屋で楽しく作業をしているような写真が載っている。


しかし、それはただの演技である

実際には、片方の部室に籠ってTCGやらソシャゲやってるだけ、もう片方の部室は開かずの間といった状況であった。

しろ作業部屋で作業していると先輩からまれる。そんな始末である

それとこれは自分で見たのではなく学友から聞いた話なのだが、どうやら本来持ち込み禁止の物品(刃物等の危険物かいろいろ)を部室に置いているらしい。

 また、技術関係で詳しい人も(過去には居たらしいが)特に居ない、分からないところがあるから先輩方に聞こうと思っても、そもそも聞けそうな雰囲気じゃない、など。

情報サークルとしてこれでいいのか?ということで、私はサークルをやめた。


Jを辞めてサークルを立ち上げた後

 それから新しい情報サークル(以下、F)を立ち上げたが、やはり都合が悪いからか、Jからは相当反感を買ったようである



 Jが一体何をしようとしているのか見当もつかないが、ただただ真似するだけでは先へは進めないと言っておきたい。

何をしたらいいのかわからなくて他の団体活動を真似してみるケースはよくあるし、最初はFを運営していくなかで我々もそうしてきた。

しかし、しっかりとの行動の意味をくみ取らなければそれはただのコピーであり、良くも悪くも活動を真似した場所以上の存在にはなれないだろう。


まとめ

 私自はいろいろサークル所属していたが、あれほど荒廃し、活動意味を忘れているサークルは今までに見たことがない。

 今後大学サークル幹部となる人、あるいは、大学サークルを立ち上げようと考える人いるかもしれない。

そういった人にアドバイスだが、ここでのJのように、本来目的とはかけ離れ、ただの遊び場となっているような

そんな荒廃したサークルにならないことを切に祈るばかりである

2017-01-18

http://anond.hatelabo.jp/20170118203201

まだこんなデマ書いてるクソいるんだな

生活保護を無理矢理貰おうとして職員刃物で切りつけた事を受けてのことだって大分広まったのに

生活保護擁護する層は屑だってこういう書き込みからも判るんだね

2017-01-05

http://anond.hatelabo.jp/20170104072717

わざわざ、そんなもん実装して、なんぼ金が稼げるのだろうか?

老人向けのUIUXって、俺たちが割を食うだけでいいことないよ。

単一機能フォトフレームやらあるわけだし、動画用、メール用でそれぞれやっていけばいい話。

汎用性が高いモノなんて、刃物とかもそうだけど、操作コストがかかるのは当たり前なわけで、AndroidiPodでやってほしくない。

2016-12-09

[]イジメてた

Masuda Advent calendar 2016の九日目の記事です。



キッカケは兄の部屋で見つけたエッチおもちゃだった。

男性器を型どったティルドや、鼻に引っ掛けて顔を歪ませるフックや、浣腸器や、布面積が少ない下着など、多種多様な性具が兄の部屋にはあった。

その当時、友人たちとの間でも、彼氏とやっただの、ネット掲示板大人と知り合っただのと、性に直結する話題が増えてきたこともあって、とても興味を惹かれた。

から、つい、それを試して見たくなってしまった。

その頃、四人組で行動している中の一人に、どちからというと駄々草で、どちらかというと鈍臭くて、どちらかというと勉強ができない、四人の中で一番冴えない、と私が思っていた子がいた。

今にして思うと、何かを比較すればそりゃあ上と下ができるけど、それが不快に感じたり、生活する上で不便になるほど、彼女ダメ人間ではなかった。

けれどその頃は、自分よりも劣っていることが、彼女に対して無茶をしても良い理由になると思ってしまった。

しろ、こうして弄ってあげることで、彼女楽しいんじゃないか? ぐらいの、傲慢さがあった。

ことの全容を書くと、ただのポルノ小説や、ネットによくある体験談ポルノになってしまうため書かないが、それはまあイジメた。

いや、イジメという言葉は緩すぎる、単純に暴行だった。

最初のうちは、性の知識豊富な私がちょっと特殊な遊びを披露する、という趣だったのだが、だんだんエスカレートしていった。

特にわかりやすく変わったのが、四人組の残りの二人が傍観者でなく参加し始めたときだ。

うその頃には、一目置かれる私、というポジショントークの趣は完全になくなり、彼女にをイジメるのが主になっていた。

当初の性というテーマすら失われ、どんどんと暴行じみた行為彼女に加えてしまった。



もう本当に洒落にならないイジメ学校にバレるとかじゃなく、警察が出てくるとか、彼女刃物か何かを持ち出して私たちが殺されるか。

もはや傍観者の私がそんな発想に至るまで、暴行エスカレートしていった。

辞めさせるのは、困難だった。

発端が私だけに、もう二人を納得させるのは難しく、何よりそれはもう、私を代わりにしてください、という宣告になると思った。

かと言って、イジメている本人と普通に対話をすることも、また難しかった。

散々手のひらを返し、散々彼女の体に危害を加え、散々弄んだのだから、ごめんなさいと言ってしまったら、状況が何もかも変わってしまう。

とどのつまり、もはや内の加害者側の私からは、手の出しようがなかった。

と、当時は思っていた。

今にして思えば、うだうだ言わずにさっさと二人を連れて警察にでも行けばよかったんだ。

にもかかわらず、自分の身可愛さに、くたくたと理屈をつけて、彼女を殴り、笑っていた。



結局、私が危惧していた、警察沙汰にはならず、高校卒業した。

四人とも別々の進路だった上、私はこのことの気まずさから同窓会にも参加していないため、今彼女たちがどうしているかは、何も知らない。

ただ、卒業してから、初めてのお盆休みに、彼女メールをした。

「盆休み、暇? 遊ばん?」と、送った。

この時、何を思ったのか、自分でも定かじゃない。

会って謝りたかったのか、彼女が今困っているかどうかが知りたかったのか、彼女が困っていたら助けたかったのか、

彼女にまた暴行をくわえたかったのか。

どんな気持ちで、このときの私がいたのか、未だに心の整理がついていない。

けれど、結局、会わなかった。

彼女の「はい、わかりました。買ってもらったオムツの残りはあと二枚です。新しいのを買って持って行った方が良いですか?」という言葉の重みに耐えられなかったからだ。

今も、私は何の責任も取らず、ただこうして彼女のことを思うだけで、彼女でも国家権力でもない何かに贖罪の責を果たしたかのような、傲慢な考えのままでいる。

2016-12-01

青少年犯罪合法日本他国馬鹿にする資格あんの?

結局自殺とか殺人とかならないといじめはただのガキのおふざけで軽視されるし、

悪いとか傷つくほうが悪いの一言なんだもんな。本当この一人残らずクズばっかだよな。

もう学生刃物を持つの義務付けていつでも殺せるようにした方が早いんでないの?

いじめをするようなクズ死ぬし、いじめられるやつが犯罪者予備軍ならそこで見つけられる。

阿呆みたいなヤリサーもトラウマ持ちの詰みニートも消える。万々歳じゃないか

親も子供が殺したくなるようにそそのかして殺させるようにしないといけないんじゃないの?

いじめられたトラウマ抱えるのとクズの命よりはクズの命の方が軽いだろ?

2016-11-05

今日気違い水が飲みたくなるような季違いな気違い日和でしたね

こういう気違い水が飲みたくなるような季違いな気違い日和のことを気違い刃物って言うのかなーなんて思っちゃいます

2016-10-25

http://anond.hatelabo.jp/20161025144545

身長2m体重100kgで手刀と簡単回し蹴り習得した人間を、ナイフ一本で簡単制圧できる。刃物を見たらひたすら逃げろ」

2016-10-22

従業員絶対過労自殺しない会社

社員寮への入居が必須

社員寮は全室保護房(もちろん刃物とかの持ち込み禁止

・出社と退社の際は人事部督戦課の社員2名以上の付き添いが必須

これで自殺物理的に禁止できよう

2016-10-15

江戸を語る人骨1万体 小柄な体・栄養失調・伝染病


東京都内の開発で掘り出された人骨を、国立科学博物館(科博)が大量に保管している。

ざっと1万人分。江戸時代の骨がほとんどで、今よりも小柄で栄養状態も悪かった。時代劇

イメージとは違う江戸の人々の厳しい暮らしぶりが、浮かび上がってくる。

 「この頭の骨は左の側面に鋭い刃物の傷が2本。日本刀で斬り殺されたのでしょうね」

「青黒いシミがついたこちらの骨は、梅毒痕跡ですよ」

 新宿区百人町の科博新宿分館。人骨がびっしり並ぶ人類研究部の収蔵庫で、

人類史研究グループ長の篠田謙一さんが説明する。

骨は江戸の人々の暮らしぶりを伝えている。栄養状態が悪く、特に鉄分が不足していた。

現代なら死亡率の低い若い世代の骨が多いのも特徴で、伝染病がたびたび流行し、

人が簡単に死んだことを物語るという。

江戸時代の成人の平均身長男性が150センチ台半ばで、女性はそれよりも10センチほど低い。

日本のすべての時代の中で最も小柄だった。栄養状態が悪いうえに狭い長屋などに

密集して生活したストレスの影響と考えられるという。「生活は厳しかった。スラムといった方がいい

江戸の影の部分が骨には記録されています

から色々わかるのが面白い

どうも江戸時代繁栄より停滞感の方が強い

集住しすぎるのも考えもの

2016-10-03

気になってた映画を観ようとしたんだけど

いきなり目に刃物が刺さる場面で、観るのやめてしまった。

グロいのは大丈夫なんだけど、目に刺さるのはきついんだよね。

あの最初の場面を乗り切れば観れそうではあるんだけど…

2016-09-23

http://anond.hatelabo.jp/20160923142735

女の人は性的な目で見られると、命の危険を感じるからだよ。

妊娠出産には死の危険があるからね。



男の人だって強盗刃物突き付けられたら

「こいつ、金のことしか考えてない」って思うでしょ?

2016-09-10

 

まずヒョロガリ眼鏡ゲーマーは実際に刃物を持ったり銃を持つ度胸さえない。ましてや相手を拳で殴ることなんてできない。

せいぜい自分が遊んでいる時に邪魔小学生の足を蹴ることぐらい。

2016-09-09

http://anond.hatelabo.jp/20160908195737

でも分かんねーな。

手斧は鍵の掛かったドアを開ける時にも便利」

 だっけか?

誰かが漫画で描いてたが、時にはこじ開けなきゃならねー時もあんだよな。

 刃物の怖さを知らねー(けど興味はある)ガキに最も効果なのは自分の指でも傷つけて痛そうに転げまわって見せる事なんだよ。

怪我をさせたなくなきゃ、多分それが一番手っ取り早いのさ。

 webじゃそういう道化と天然の見分けがつかないけどな。w

2016-09-07

はてなーって貧困JKにはあんなに優しいのに

ちょっと年収低いおっさんには「えー?それヤバない?転職した方がいいよ(テキトー」って無自覚刃物振り回すよな

やつらのリベラルの源泉が「同情」でしかないことがよく分かる

2016-08-31

http://anond.hatelabo.jp/20160831115048

スタジアム刃物持って暴れる人が出たら持ち物検査が行われて

持ち込みが厳重に取り締まられるのと同じだろアホ。

お前は「刃物は悪くない!」とか言い出すの?w

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん