「WiiUゲームパッド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: WiiUゲームパッドとは

2017-03-10

http://anond.hatelabo.jp/20170310145010

創作物は作り手と切り離しては存在できません、当たり前ですが。

作り手が自社ハードで他とは違う遊びを提供しようというこだわりと信念を持っていれば

それがゲームに影響を与えないはずはないのです。

遊んでみればわかりますがシーカーストーンはWiiuゲームパッド経由のアイデアだというのは自明ですし

ゲームを遊びとしてハードから設計することで自由に遊び心的な発想で開発できることは任天堂の強みです。

「どういうゲームか」だけでなく「どう遊ばれるか」まで考えての作り込みがされていて

今回はSwitchというハードで、テレビの前でもベッドでも外出先でも遊べるという遊ばれ方までみてるからこそ

会社として創作者として強いモチベーションで4年もかけて全力で開発し評価される結果をだせたわけです。

今迄は他人が所持してる家庭用ゲーム機に触れるハードルは高かったですが、Switchは劇的にそれを下げます

それがモチベーション意図にならないわけがない、モチベーションがなければ創作活動として結果がでるわけがないです。

ハードソフト一体で拘りをもち遊ばれ方まで想定してつくられたもの

ソフトという部分だけ切り取って安ければよかろうの商品と扱えるものとされるのは残念です

2015-08-30

WiiUゲームパッドが単品で売っていない

これってすごく問題があると思うんだけど。

普通コントローラー故障したら、別のコントローラーを使うって手があるけど

WiiU場合は修理に出してから10から2週間もかかる。ありえない。

こんな状態でよく「コアゲーマーにもPRしていきたい」とか言えたもんだなと呆れる。

iPhoneなんて、修理に出したらその場で新品に交換対応だよ?

待ち時間1時間位で交換できるvs京都くんだりまでいちいち製品を送って修理。

話にならない。そりゃこんな商売してたらスマホに負けるわけだわ。

2015-08-06

スプラトゥーンで学ぶ通信用語の基礎知識

スプラトゥーン話題に乗って、せっかくなので用語を学んでおきたい。

ラグ

タイムラグのことで、反応までに間があることを指す応用範囲の広い言葉である

ラグってる、で、データが遅くておかしくなってる、くらいの意味

スプラトゥーンに例えると

カモンって聞いて、WiiUゲームパッドを見て、それから動く人。

(カモンに対して、即座に移動できる人は、ラグ無し)

Ping

ネットワークを行って帰ってくる時間のこと。

ネットワーク周りを知っている人からすると奇妙に思えるネット語(ジャーゴンである

元々はネットワークが繋がってるか調べるPingと言うちっちゃなプログラム発祥である

行って帰ってきた時間(ラウンドトリップタイム:RTT)を出力するので、そこから造語だろう。

スプラトゥーンに例えると

リスポン地点から味方までスーパージャンプして、即座にリスポン地点に戻ってくる。

行きに4秒、戻りに4秒かかるのであれば、ラウンドトリップタイムPing値)は8秒である

レイテンシ

データ送ってねと依頼してから、結果が帰ってくるまでの時間

ネットワークにかぎらず、メモリの応答速度とかでも使う用語

依頼を受け取ってから返答が到着するまでが、片道レイテンシ

依頼を送るところから返答が到着するまでが、往復レイテンシ

(往復レイテンシ=ラウンドトリップタイムなので、Ping値と同じだね)

スプラトゥーンに例えると

リスポン地点からガチエリアまで駆けつける速度が、片道レイテンシ

スループット

一定時間あたりに処理できる処理能力のこと。

1秒間に送れるデータ量、とかって使われることが多い。

30Mbpsなら、1秒間に3000万個のビットを送るってことで、1秒に3.75Mバイトデータを送れる。

スプラトゥーンに例えると

リスポン地点からガチエリアまで駆けつける間に塗れる1秒あたりの面積。

無線LANより有線LANテザリングとか止めて!の理由

よくインターネット接続速度とかって言うのは、スループット

しかも、だいたい大きなデータを全部ゲットできるまでの時間を割り算する。

例えば、3Mバイトデータを3秒でゲットできれば、ダウンロード8Mbpsになる。

これ、ネットワークゲームにはそれほど関係ない。

スプラトゥーンに例えると

1秒あたりドレダケの面積を塗れるか、という値で会話をしてるが、

ガチエリアまでドレダケの速度で駆けつけられるか、という速度が重要という話。

カリ理由

ダイナモローラーで塗りながらガチエリアまで来るイカリング

パブロで塗りながらガチエリアまで来るイカリングでは、大きな差がある。

まり、さっさとガチエリアまで来い、と怒っているわけである

蛇足用語は分かってる人向け)

RTTだが、有線LANは0.5ms程度、無線LANは5ms程度が多いようだ。

環境にもよるが、(単位時間あたりの通信量ではなく)一回あたりの通信速度が10倍違う。

SIMでのテザリングはばらつきが大きいが、50ms程度のようだ。

有線LAN組に比べて、100倍も反応速度が違う。

スプラトゥーンの対戦時フレームレートは60fps(1秒間60枚描画)なので、0.017秒=17msに1枚だ。

まり、有線LANなら、描画間に30回、無線LANでも次の描画までに3回は通信できるが、

SIMテザリングしてると、1回通信する間に、3枚も描画が終わってしまっている。

無線LAN組が60fpsで快適に遊べているなら、テザリング組は20fps以下になってる。

個人的には任天堂WiiUで出して有線LAN必須にしていない以上、

WiiU本体内蔵のWiFi問題なく遊べるようにチューニングしていると思うが、

RTTが20ms超えるような環境で遊ぶのは、ちょっと厳しいんじゃないかなと思う。

2015-06-30

並以下の指揮官が「オマエラ死んでこい」って言ってんのと同じ

スプラトゥーン死ぬのを許容することとか、並以下の指揮官歩兵鉄砲玉扱いしてるのと同じ。

判りやすく言うとね「下手くそは相手と刺し違えろ」って言ってんのと同じなの。聞く必要無い。

スプラトゥーン任天堂ゲームらしく、経験値を溜めてキャラが強くなったりしない。

戦闘を繰り返して経験値がたまって強くなるのは「プレイヤー」なんだよね。

から、ウデマエってまんまプレイヤーの強さを示してる。

で、こっからポイントなんだけど、スプラトゥーンってチーム戦なんだよ。

ガチマッチ特に顕著だけど「自分のウデマエだけではなんともならない」のが普通

ってことは、ウデマエでA+ランクを維持し続けるのって、基本的に「指揮官」としての能力必要になる。

自分もCランク2人分は働きつつ、他のメンツがうまく動けるように「誘導」する必要がある。

この「誘導」がうまく出来ないと、「逃げてねえで特攻して死ねよ」みたいな悪態になる。

「オレのランクのために、オマエラは捨て駒になれ」みたいな説教は聞く必要無い。

デマエ別、立ち回り基本

いかなる場合でも「死ぬな」が基本

ただし「死なないと達成できない」ことも、確かにある。

こっからガチマッチランク別立ち回り書いとくから、参考にしてくれ

ランクC
  1. 死ぬな。逃げろ
  2. ガチエリアを塗れ
  3. 一方的にヤれる時だけヤれ

まり、Cランクの行動指針は、逃げる>塗る>攻撃の順番。

逃げてばっかじゃなくて、当然塗るのも攻撃するのも必要

でも、「まずは死なない」のが基本。

から、Cランクの立ち回りは、イカセンプク時間が一番長くなるはず。

逃げることすらママナラナイ時は、ガチマッチ早すぎ。ヒーローモードで動きに慣れろ。

ランクB
  1. ガチエリアを塗れ
  2. 死ぬな。退避しろ
  3. 一方的な状況を作れ。相手を不利にしろ

まり、Bランクの行動指針は、塗る>退避>攻撃の順番。

塗らなきゃ勝てないんだから、当然塗るの最優先。

ブキによるが、相手から攻撃には、撤退牽制が行動の基本になる。

回りこむには?塗っとかないといけないよな。

相手を逃がさないには?退路を潰しとく必要があるよな。

この辺から徐々に、相手との「読み合い」になってくる。

ランクA
  1. ルートを作れ&潰せ
  2. 味方が塗りやすい状況を作れ
  3. 防衛線を作れ or 遊撃手として動け

まりAランクの行動指針は、味方にいかに塗らせて、相手をいかに封じるか。

ランクもA+になると、スペシャル以外では崩せない絶対防衛ラインを張れるバケモノが居たりする。

ただ、退路を断って数で押すとか、釘付けにしといてその隙にガチエリア塗るとか方法はいくつかある。

Aランククラスだと、間違いなくチームとして動かないと勝てなくなるので、チーム貢献度が高いチームが強い。

ここまで来ると、ペンキ塗り合うゲームじゃなくて、読み合い&駆け引きゲームになる。

ランクAまで来て初めて「アイツを排除できるなら相打ちでもトク」とか判断できるようになる。

2対1でも、味方が回りこんでるのが判れば、引きつけておいて死ぬ(その代わり相手を2人ヤレる)とか。

散歩うまく使え

だいたいランクB-~B+を行ったり来たりしてる連中は、

基本的な立ち回りは出来るんだけど、撃ち合いになってワーイみたいにやってる。ダメからソレ。

ガチマッチは殺し合うゲームじゃないから

隙を見せた相手を一方的殺戮するか、詰将棋みたいなルートの読み合いだから

散歩使って、自分のブキがどこまでどう届くか把握して、的確に潰していくようにしてね。

味方からナイスされるような「許容される死」が自分でわからないうちは、死なないことが重要から

一番重要なのは楽しむこと

大切なのは「味方にイライラしない」こと。

そもそもA+なら味方を「誘導」するのも重要仕事から

味方のブキ見て動き観て、自分の立ち回りを変えられる人は強い。

何にでも段階はある。C-で覚える立ち回りと、B+で期待される立ち回りは違う。

負けてなお「ナイス」されるような立ち回りをするのが、ゲームを楽しむには一番重要だよ。

http://anond.hatelabo.jp/20150623125629

2015-06-16

スプラトゥーン買ったけど初心者から抜け出せない人へのガイドライン

ようこそハイカラシティへ!次のフェスが待ち遠しいね

塗りまくるだけでも楽しいじゃなイカ?とイカ無いのが、スプラトゥーンの難しいトコロ。

どーも初心者から抜け出せない、ジャッジくんのアドバイスイマイチだし……と感じる初心者の皆さんちょっとおいで。

覚えておきたい大前提

レギュラーマッチのナワバリバトルの話をするよ!

ガチマッチは、ガチ勢になってからで良いよ!だいぶゲーム性も違うしね)

言われなくても知ってるって?基本が一番重要なんじゃなイカ

初心者脱出ガイドライン

勝敗ポイント200以下

ナワバリバトルでコレは超初心者枠なので、まずドンドン塗ろう!

  1. スーパージャンプ禁止!
  2. テキに出会ったら、すぐに逃げる!
  3. ミカタの塗り残しを塗る/テキの居ない場所で塗る

スーパージャンプをすると、大抵修羅場の真っ最中だ。

ヤラれる→ジャンプ→すぐヤラれる……これを止める!

イカで潜って移動→ヒトで周りを塗る→イカで潜って移動……これを徹底する!

コレをしてみると、イカを体得できる。

勝敗ポイント200~400

まあまあ初心者枠。そろそろテキとミカタルート意識し始めて良い。

  1. スーパージャンプはまだ基本禁止!
  2. 道を意識して、塗り始める
  3. 退路を作り、退路を絶つ

ぼちぼちマップを覚え始めて良い頃だ。

例えば、ハコフグ倉庫は、スタート地点から中央部広間に向かって

そして、中央部広間は、ハコの積んである中央広間と、左右の小広間から構成されている。

この場合、テキは真ん中と右からしか攻めてこないので、「守る場合」は、「ミカタから向かって右側の小広間」の優先度が高い。

右の道を単騎突入してくるテキがいたら「直接戦わなくても」右の細い通路を後ろから塗りつぶすだけで、退路を断てる。

これは逆に言えば、テキ陣地に突入しようとするなら、左側の小広間の制圧優先度が高い、ということでもある。

同じように、どのステージでも、激戦区や広間へのルートが幾つもあり、一方通行も多い。

「守る場合」なのか「攻める場合」なのかを考えて、キチンと塗りつぶすのが重要になる。

コレをしてみると、イカを体得できる。

勝敗ポイント400以上

そろそろ初心者卒業枠。積極的に「戦闘」したり、味方の「勝ち」を意識しよう。

それは、ミカタチームでの「役割分担」を意識し始めるってコトだ。

  1. WiiUゲームパッドシッカリ見よう!
  2. 戦闘に参加しよう!前線の維持と押し上げに参加だ!
  3. 前線以外へスーパージャンプ!サブやスペシャル活用だ!

WiiUゲームパッドは、単なる地図じゃなくて非常に重要情報端末だ。

塗られているトコロはテキが居る。前線でやりあってるなら、手薄な場所がある。

ミカタ自軍陣地を塗りつぶす作業をしているなら、自分前線に出てみよう!

戦闘の基本は、「一方的にヤレる時だけ攻撃し、そうじゃなければ逃げる」だ。

基本的にヤラれないコトが重要であり、そのためには「攻撃されないこと」だ。

まり一方的にヤレないときは、牽制して逃げるのが重要だ。

相手の横から攻撃する。ボムを投げて牽制する。バリアで押し上げる。

そして、「テキの退路を絶つ」「ミカタの退路を確保する」のも非常に重要だ。

戦闘がどうしてもニガテなら、逃げまわってスペシャルで援護するのも効果的だ。

  • 一方的にヤレる時だけ攻撃だ!一方的な状況を作れ!
  • テキを押し込む攻撃と同じくらい、ミカタの退路確保も重要だ!
  • 攻撃されたら?逃げろ!逃げるためには?塗って退路を確保しておけ!

初心者脱出したら

何をすればチームを勝利に導くか自分でわかるようになったら、初心者脱出だ!

そしてゼヒ、ミカタイケてる行動に「ナイス」を伝えよう!

一番重要なのは勝敗関係無く」楽しむコトだ!

じゃ、イカよろしく!(シオカラ~ズ)

2014-07-17

WiiUゲームパッドが重いと評判なので手にとって見たら全然重くなくてワロタ

2014-02-01

16年ぶりにRPGをやってみた

ファイナルファンタジー7をやって、

「なんか違うなー」

と感じで以来、RPGから離れ、家庭用ゲームから離れてしまった。

それからかれこれ16年。

そんなおり、先日ひょんなことで、ゼノブレイドというソフトの評判を聞いた。

金と時間があるのでやってみることに。

今のゲーム市場PS2の独壇場かと思っていたが、PS2は2世代も前のハードだった。

スーファミプレステしか知らない身としては、浦島太郎の気分だ。

ゼノブレイドWiiソフトだと聞き、少し不安になる。

Wiiというと、リモコン振り回して指揮者したり、テニスしたりするイメージしかなかったからだ。

上位機種のWiiUを購入。

しかし、WiiUゲームパッドでは遊べないらしく、Wiiリモコンヌンチャクを買うはめに。

これでつまらなかったらやだなと思いつつ、ニューゲーム

いやはや、面白いじゃないか。

FF7の時に、

これからRPG3D映画みたいなムービー演出!

という論調に全然同意出来なかったけど、ようやくわかった。

コンシューマRPG永遠に不滅だ。

次はPS4を買って、FFの新作をやってみたい。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん