「久我山」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 久我山とは

2020-09-29

イメージと違う23区

世田谷区北烏山

世田谷といえば三茶下北成城田園調布!いけ好かねえ!と思う貴方

千歳烏山から久我山からも徒歩20分。妙に空が広いここも世田谷である

新宿区西落合

副都心歌舞伎町タワーマンション・・・とは無縁の新宿がここにある。

新宿区に住所を持ちながら練馬区民のような生活ができる土地、それが西落合

渋谷区本町

え?渋谷区なのにここ都庁新宿駅より北なんですか?

港区白金台

港区白金金持ち!クソが!と思うかもしれないが、地下鉄高輪台から訪れてみて欲しい。

白金というより北東五反田。ちなみに地下鉄白金台から降りると皆さんが思う白金

2020-09-04

げんしけんリアルな部分

オタクファンタジーに描きすぎてしまった

木尾士目先生

リアル部分の担当

久我山、クッチー、ハラグーロだったように見える

クッチーの存在していることまでは許容できるけど

同席していることは許容し難いと思われているあの感じが生々しくてよかった。

2020-09-02

anond:20200902164439

げんしけんブサメンモテる

げんしけん、言うほどブサメンモテたか

男連中の中で最下層の久我山朽木は結局そういうイベントが無いまま終わってたが……

2016-08-06

[]

今回は裏サンデー

グッド・ナイトワールド 30話

上げて落とす展開。

割と奇抜な作風と見られがちだけれども、こういうところはバランス感覚いいよね。

市場クロガネは稼ぎたい 90時限目

ふむ、そういう理屈できたか

現状、稼げないことで、彼らは自身持たざる者だと評価しているが、それこそ誤りで、君たちは稼げると。

なぜなら、クロガネは職業斡旋という、「君は稼げる」と他人評価する仕事をしており、そしてそれで稼いできたから。

から、クロガネの「君は稼げる」という言葉説得力が出てくる。

学園園の評価基準である「稼ぐかどうか」に倣いつつ、久我山相手にネックになっていた部分を、クロガネだからこそできる方法で答えを提示する。

これに久我山派や、読者とかが全員納得するかは何ともいえないが、今までの主人公の設定や行動の結果が活きたやり方で、悪くない理屈だと思う。

銀狼ブラッドボーン 33話(前編)

吸血鬼の誇りや、そのためにやるべきこと。

この解釈の違いで、取るべき行動が変わったのか。

ファウスト未来のため、コンラードは過去のため。

人間人間側の立場で抗った結果だけれども、コンラードの言い分も吸血鬼からすれば一理はあるんだよなあ。

ハンスはハンスで人間たちを守るため、自身の定めた宿命に従った結果ではあるのだけれども、吸血鬼を殺しまくったのは事実なわけで。

思うところがあるのか、ファウストはコンラードとの戦いに手を出すな、とハンスに意思表示

まあ、今回の戦いは「吸血鬼の長としてやるべきことは何か」という意義も含まれてきたから、ここはファウストが引導を渡すべきかもしれないなあ。

モブサイコ 96話③

神樹の正体が判明。

あー、そうきたか

他の超能力者では厳しそうだし、これはやっぱりモブがどうにかするしかなさそうな雰囲気か。

そんな事情をまったく知らないモブ側は……神樹の破壊方法が雑すぎる。

霊幻、頭が回るタイプだろうに、面倒くさくなったら便利な手段に乗っかるよね。

2016-07-16

[]

今回は裏サンデー

LiLy 7話

いや、まあ元から主人公性別偽ってメイドカフェやる」という無茶苦茶なコンセプトを成立させるための世界観からさ。

こんな外道集団いるなんて治安悪すぎだろとか、あんなちっちゃいナリの少女一人でそいつ返り討ちにできるわけがないでしょとか、というかこれもう殺しちゃってんじゃないという位ボコボコなんだけどとか言うのは野暮ではあるけれども。

仮にもメインキャラ加入のエピソードやるんだから、もう少しプロット練ってもいいんじゃなかろうか。

で、これだけメチャクチャやってる割に、一つ一つの要素をメタ的に見れば手垢まみれなんだよね。

今日漫画業界は末恐ろしい。

クリミナーレ! 第19犯

仮にも生徒の中でトップクラスやばい犯罪性を持つとされて出てきた新キャラが、イレギュラー翻弄され気味ってのはどうなんかね。

格が大分落ちた感がある。

あと、一話の中で、同じ展開を2回も入れるってのは、贔屓目にみても構成ミスかと。

最後の、今さらラブコメ風味なことをオチとして持ってくるのは、「あえて」という意味でみればアリだけれども。

出会って5秒でバトル 第24

今回は、敵陣営の赤チームのヤバさと、主人公自身能力にどういうルールがあるかを探るっていう内容かな。

あの人が赤チームにさらっと取り入っているけれど、時系列的にも赤チームリーダー人間から考えても早すぎね?

あと、色んな能力者がいて今のところそれらがほぼカブっていない現状で、レア設定らしい身体能力倍化が早速カブっちゃてるのは説得力がない。

グッド・ナイトワールド 27話

この作家の、こういう「訳アリ感」満載の描き方はかなり手馴れてきた印象があるな。

いつも一緒にはいられないけれど、それでも出来る範囲で親として振舞おうしているところとか、同じセリフを2回いうあたりとかは妙なリアリティがあってよかったかと。

勇者が死んだ! 63話

一件落着して、後日談てきな。

ヒロイン好意が明確に描写されたり、物語の展開的にも冒険活劇としては正直「ひととおりやった」感があるかな

ドラクエでいうならバラモスとかゲマを倒した段階の印象。

もちろん、倒すべき敵とかはまだいるわけだけれども、これ以上は目新しい展開は期待できない自分がいる。

修行編に突入しそうな、中だるみしやすい状況だろうけれど、果たして今後どうなるか。

市場クロガネは稼ぎたい 89時限目

いよいよ始まる生徒会長選挙投票

現実投票と時期を重ねてきたのは面白いけれど、こういうネタコミックスだとピンとこないんだよな。

内容としては、選挙でどちらの陣営が有利かの理由説明低所得者がなぜ低所得なのかを本質的理解できていないと嘆く描写とか、盛り上げ前の段階なりに見所があったかと。

人口の何割かは政策のものに関心がないので、そいつらを取り込むにはキャラパフォーマンス」とかは、笑うところじゃないのだけれどちょっと笑ってしまった。

そんな朝政陣営が不利な中、「君たちの心を動かそう」という意気込みで討論番組にクロガネが参加。

これまでの描写から考えて、久我山陣営をこちらに取り込もうと思ったら、ここはかなりの説得力必要だぞ。

茶番にならなければいいが。

テラモリ 29話(前編)

最近は、仕事仲間の関係描写割いていたけれど、久々の仕事面でのギスギス展開。

待たされて客のイライラ感が伝わってきて、担当ではないのに裾上げやらせようとするのは、お互いのためにならんとも思うけれども。

まあ、客からすればそういう店側の都合に振り回されるのは知ったことではないから仕方ないのだが。

さて、次回どうなるかね。

それにしても、あんまり利用したことないからピンとこないのだが、こんなに店員四苦八苦するほどスーツの店に人がたくさん来ることってあるもんなんかね。

桐生先生恋愛がわからない。 25話

些か空気を読まないところはあるものの、場合によっては妥当発言をちゃんとする編集描写はよかったかと。

まあ、アドバイスの内容としては妥当すぎる(事実上、大したことは何も言っていないのと同じ)けれども、読み切り書いている段階の人相手に何の根拠もないことは言えないしね。

あと、最後らへんで、よくある「実は近くで聞いてました~」展開があって、色んな意味で「あちゃ~」と思った。

話を展開させる上で便利なのは分かるけれどもさあ……。

ケンガンアシュラ 148話

正直、主人公が戦うときよりも、ワクワクするよね。

どっちが勝つか分からいからさ(メタ的にも見ても)。

今のところは御雷が優勢に見えるけれども、ガオランの見立てではサーパインに分があるらしい。

何だろう?

こういうのを推測するのも好きではあるんだけれども、そういうのって期待とかも混ざってしまうから、私としてはこのまま次回を待つことにする。

あと、トップの4人が並んでいる絵のサーパインの目がヤバい

辱 6話

メガネくんが後戻りのできないところまでいってしまったが、果たしてどうなるのだろうか。

言動とか振る舞いがたどたどしい感じが出て、リアルかは分からないが妙な生々しさがあるね。

トーチャーポルノとかの趣味はないので、評価はしにくいけれども。

女たちの反応や発言は、環境による価値観の違いで済ますには、あまりにも非論理的なのだけれど、もしかして何か秘密があったりするのだろうか。

モブサイコ100 95話④

ニセサイコヘルットはあからさまに人間ではないように見えるのだけれども、そこに登場人物が誰も触れないのはまだ何か秘密があるってことなのだろうか。

テルが異変に気づいて乗り出したようだけれども、返り討ちに会う予感がビンビンだなあ。

2016-04-10

幸せなら目を瞑って

久しぶりに宇多田ヒカルの「Time will tell」が聞きたくなって、本当はネットからすぐにダウンロードできるのだけれど、一駅分となりのTSUTAYAまで自転車を走らせる。春はあけぼの、とは言うけれど、実際わたしは春は夜のほうが好きであるふわふわした陽気と、新年度の賑々しい人の声、あたたかな街のネオンは、わたしにまるで夢の中にいるみたいな気持ちをくれるのだ。三月の沈丁花香りが春のはじまりを告げ、いつしか桜が咲き、そのあとにツツジ東京都はいわゆるコンクリートジャングルのようだけれど、よくよく見ると季節感にあふれている。思えばわたし東京で春を迎えたのは、こちらの大学入学したときのことで、もう七年も前のことになる。あのとき住んでいたのは久我山で、はじめて神田川遊歩道の桜並木をみたときは、もうなんだか、これからいいことが起こるんじゃないかというわくわくした気持ちになったものだ。たぶん久我山という場所田舎から出てきたわたしにとっては、適度に自然を感じられる良いところだったのだと思う。井の頭線に乗れば吉祥寺にも下北沢にも行けるし、賑やかさを感じたければ渋谷へもすぐに行ける。東京というところはなんと表情豊かな街なのかと、そのころのわたしは感じていた。七年後のわたしはいまだにそう思っているかというと、ちょっと感じ方は変わってきた。もちろん、一駅一駅表情は違うのだけれど、駅を出て出迎えてくれるのは、同じコンビニ、同じ牛丼屋、同じコーヒーショップと、まるで金太郎飴のようなチェーン・ストアの数々。いまでは部屋の壁紙みたいに思っているが、一時はあの感じにほとほと嫌気がさしていた。まぁしかし、今では地方にいってもどこにでも似たような大型ショッピングセンターがあり、駅前商店街シャッターで閉ざされ、という感じなので、あの閉塞感にさいなまれるよりはいくらかマシだろうとは思っている。逆に言うとわたし東京に住んでいる理由はそれくらいしかない。あとは仕事あるかないかくらいの違いだ。

TSUTAYACDを借りたわたしは、閉店間際のスターバックスドリップ・コーヒーを買って外に出た。歩道の柵に腰かけながら飲むコーヒーはまだ少し熱くて、オトナの男性ウイスキーストレートでたしなむみたいにちびりちびりと飲むほかなかった。オトナ。あれからわたしはオトナになれただろうか。陳腐な問いである。わたしコーヒーブラックで飲めるようになったとか、異性と何人か交際したとか社会人になったとか不倫をしたとか、そういう経験値的なものはそれなりに積んできているが、本質的には何も変わっちゃいないと思っている。ただ、子どもときの、あの何もかも新鮮でわくわくを感じさせるきらきらとした気持ちけが徐々に鈍く灰色を帯びたものになっていく。それがオトナになるということなら、なんとつまらないことだろうか。大学でつるんでいた友だちは私を除いて皆実家暮らしで、一般職就職して、さいきんは今の彼氏結婚すべきか否かみたいなことを口をそろえて言うし、平日は定時に退勤する生活を送り、年に一、二回は海外旅行へ行く。彼女たちの違うところは、付き合っている男の顔と、あとは旅行の行き先くらいで、こいつらもやはり金太郎飴だ。たぶん海外旅行というのは、わたしと同じように何事にも刺激を感じにくくなったオトナたちが苦肉の末に発明した麻薬みたいなものなんだろうと思っている。わたしは表面的には彼女たちと仲良くやっているつもりだが、大学を出てからはなんとなく距離を置くようになった。たぶんわたしのほうが「彼女たちとは違う」意識をしてしまったのだろうと思う。ワタシハアナタタチトハチガウ症候群。実際にはなにも違わない、わたし金太郎飴の一部なのだ。ただただ金太郎飴であることから逃れたかっただけで。

幸せとは何だろうかということを考えるととたんに頭の中は穏やかではない不安で満ちることになるから、いまではそういうことはもう考えなくなった。ただ、春の花のにおいで季節を感じるとわたしはなんとなくよい気持ちになるし、幸せとはそのぐらいの観念で良いだろうということにしている。わたしコーヒーを飲み干し、目を閉じて大きく深呼吸した。さぁ、明日からまた仕事だ。そう自分自身に言い聞かせるように自転車ペダルを踏みだした。

2013-06-12

腐男子公言する度に「リアル波戸くん?」じゃねーぞ、おい。

BL好きを公言するとこうなる

http://anond.hatelabo.jp/20130606080237

http://b.hatena.ne.jp/entry/anond.hatelabo.jp/20130606080237

ブコメ:[オタク][腐女子]リアル波戸くん?

 ↑

このブコメな。

腐男子公言する度に「リアル波戸くん?」じゃねーですよ

いやさ、あんなん(実はかなり居るんだけど)幻想だぞ

私とか、げんしけん久我山ベースみーたん新人と私モテ黒木智子を足して3で割った感じだぞ

実のところ、げんしけん2リアル波戸くんみたいな奴、かなりの数いやがるのが厄介でな

あ、あいつらが腐男子イメージ向上してるせいでさ、フヒッ

そ、それで、私みたいなホモショタ版クガピーの立場が無いのが、こ、困るんだよね(どもる)

あと、ホモ特有のリアル交流好き&容姿重視で、腐男子クラスタみたいなのは、如何にもリア充同士で固まってるしね

というわけで私はキモオタらしくネットに篭っているわけですが

ネットネットで、意識の高いはてなーツイッタラーが「ジェンダーセクシャリティ」を語ってるんだけど、どうしたものか「セクマイに理解があるクラスタ」ってのはオタク批判が好きで、セクマイオタクに批判的みたいな風潮あるんだよな

そんなわけで、意味不明な対立が生じてるから、私のようなキモオタホモは肩身が狭くて困る

2013-04-29

http://anond.hatelabo.jp/20130429032026

誰かが前に指摘してたけど、「げんしけん」のメンバーたちはバイトしてる様子もないのに(バイトしてるのはオタクじゃない春日部さんだけ)仕送り一人暮らししながらオタグッズを買い漁っていて、皆裕福な家の子息じゃないかって言われてた。久我山君なんか車まで持ってたし。

それなのに就職では皆苦労してて(苦労してないのは朽木君だけ)不思議な感じだった。起業した春日部さんと銀行コネ内定朽木くん以外は、皆決して高給とは思えないような仕事してるし。漫画家デビューしたオギーですら駆け出しで、金銭的に余裕があるとは思えないし。

 
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん