「京王井の頭線」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 京王井の頭線とは

2019-03-02

上北沢

京王線上北沢という駅がある。

新宿から15分程度の、各駅停車しかまらない小さな駅だ。

世田谷区と言えどお世辞にも華やかとは言えず、駅前唯一の商店街はもう何年も前からシャッターが閉まったままの店が多い、寂れた駅だ。

駅前の桜が有名ではあるものの、駅から伸びる道沿いに木が映えているだけなので、満足に花見も出来やしない。

他に特筆すべきは、自動車教習所があるとか、色々な逸話のある巨大な精神病院があるぐらいで、日常生活で楽しめるような施設は本当に少ない。

僕がそんな上北沢に住んで、もう18年になる。

上北沢について聞かれた際に、僕はいつも自虐を込めて「下北沢と間違えられる為に存在している駅さ」と応えている。

事実、金の無いバンドマンだった僕は電車代すらも惜しんで当時仲の良かった女の子たちに上北沢まで来てもらうことも多かったのだけれど、初めて来る子が「駅に着いたけれど何処に行けばいい?」と電話を掛けてきた際に、その後ろに喧騒が聞こえたりしようものなら、大概は下北沢にいるのだ。

この下北沢というのが曲者で、どちらかと言えば下北沢にとって上北沢曲者というのが正しい表現かもしれないが、二つの駅は隣り合う駅などではなく、上北沢京王線下北沢京王井の頭線と、乗り換えも必要結構離れた駅なのである

この二つの駅が離れているのは、どうやらこの辺りには地下を通る北沢川という川があり、その上流と下流位置しているかららしく、その北沢川をずっと辿っていくと目黒川まで通じているらしいのだ。

こんな豆知識も、住みたい街ランキング上位に名を連ね、音楽の街だの古着の街だの様々な二つ名を持つ下北沢に対するのが全く無名上北沢では、話したところで「そもそもそんな駅あるんだ」で終わってしまうのである

散々なことを書いてきたが、僕はこの上北沢という場所が嫌いではなかった。

駅同士の間隔が狭い京王線新宿寄りの区間において、上北沢急行まで止まる桜上水快速まで止まる八幡山に挟まれて、乗り降りする人は朝のラッシュ時ですら疎らだ。

意味も無く学校サボりがちだった高校生の頃、二度寝した後の昼過ぎ上北沢駅のホームは端から端まで人の姿が無く、蝉の声や風で揺れる木々の音がいつもより大きく聞こえた。

終電を過ぎた時間になれば、コンビニこそあれど休日オフィス街より静かな駅前で、集まった音楽仲間と無駄に大きい銀行駐車場に座ってカップラーメンを啜りながら叶いもしない夢について語り合った。

何も無い、人もいない上北沢にも、唯一自慢出来るお店が在って、いつの間にか出来た駅前ベーグル屋だけはそれなりに有名で、インターネット情報によると国内でも随一の実力派の店舗らしく、確かに美味しかった。

バンドマンという肩書きに騙されてクズ男の実家にこそこそと泊まりに来る女の子を連れては、朝食代わりにベーグルを一つか二つ買って、上北沢駅は素通りして隣の桜上水まで歩きながら食べるのがたまの楽しみだった。

そんな記憶ももう何年も前の話である

社会人として働き始めてからは日々が過ぎ去っていくのはあっという間で、僕がくたびれたおっさんになっていく一方で、件のベーグル屋は同じ上北沢の中で移転して大きく綺麗になっていた。

因みに、移転先には元々和菓子屋があって、カフェオレ大福という何だか不思議お菓子名物で一度食べた記憶はあるもののそれが美味しかったのか美味しくなかったのかは定かでは無いが、まぁ、そんな些細な変化があった。

上北沢と同じように大した変化は訪れないと思っていた僕の人生にも意外や転機は訪れるもので、結婚という人並みに幸せそうなイベントや、就職した際には一生この仕事を続けるなんて思っていた癖にすんなりと決まってしまった転職で、僕はこの上北沢を、東京を、関東からも離れることになったのだ。

離れることが決まると、大した思い入れもなかったはずの上北沢という街が、急にいとおしくなってくるのが不思議だ。

大学時代に長期休みが来ると故郷に帰る友人を羨ましく思っていたが、この山も海も無い、何も無い街が、僕にとっての故郷なのかもしれない。

2017-09-30

夜、ふらっと向かうならどこの駅か。

今の気分は京王井の頭線三鷹台駅何だかふと。

2017-04-09

ぼくの考えた東京のすごくよいところ

東京のすごくよいところを指摘しよう

ぼくは大阪から二年前に東京にきた

東京のすごくよいところはズバリ

交通ルート多様性

たとえばぼくが住んでいる中央線郊外駅のひとつから渋谷に出ようとしたとき

電車でいくとして

まずJR新宿まで行って山手線に乗り換えるルートがある

それに加えて吉祥寺などで京王井の頭線に乗り換えて行くルートもある

他にも探せばたくさんあるだろう

バスもあるし

同じ場所に行くにしてもルートを変えてみると気分転換になるので楽しい

一方で、ぼくがいぜん住んでいた大阪郊外南部では

たとえば南方からなんばに行こうとすると

南海系の線路

地下鉄御堂筋線がある

まりルートが二つ選べる

まりルートがふたつあるからたいして差はなかった

どうやらぼくが感じていた東京のすごくよいところは幻想だったようだ

おしまい

2016-10-08

明大前で乗り降りする人がかわいそう

ローカルネタですまないが、京王井の頭線明大前駅という駅がある。

私は井の頭線沿いに住んでおり、普段渋谷まで通勤しているのだが毎回思うことがある。それが明大前駅で乗ってくる人・明大前駅で降りる人のことだ。

実はこの明大前駅という駅は、八王子とかの東京の西の郊外のへんに住んでいる人達渋谷へ行くために降りる駅なのだ

しかホームが滅茶苦茶狭い。用地が確保できずずっと狭いらしい。その為、通勤ラッシュ時間帯はホームが人であり得ないくらい溢れている。その溢れている駅に降りる人がいるから更に溢れて地獄絵図のようになる。

おそらく明大前で乗り換えを行う人は、長年の勤務で貯めた資金八王子立川郊外に持ち家を持った人なんだろう。家族に囲まれ幸せな家庭を築いているのだろう。

しかし、都心に働きに出るお父さんは、毎日毎日明大前で不憫にも狭いホームと大量の乗り換え客で消耗しているのだ。

想像したら泣けてきた。 そういえば、この間明大前駅ホーム乗客同士の取っ組み合いの喧嘩を見た。 ストレスから喧嘩も耐えないのだろう。

明大前駅はそんな駅なのだ。 とてもかわいそうだ。

2016-08-04

口元も抑えずにくしゃみする奴は死ねば良い。

先週京王井の頭線ラッシュ時にマスクもせずにずーっとくしゃみし続けてた馬鹿野郎

てめえのおかげで今週の俺の体調は最悪だ。

次に見つけたら俺の汗でぐしょ濡れになったハンドタオルを口にねじ込んでやる。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん