「小池龍之介」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 小池龍之介とは

2019-07-31

anond:20190731082938

追加としてだが、、、、

人間としての特性で、他人にどう思われたいという欲望がある。これは、欲望と今やっていることがうまくいくかがかみ合っているときは、成長するガソリンになりが、会わない時は無駄疲労させる。

無駄にそのような欲望が渦巻いている状態は、思考自動操縦といって、行動が鈍くなってしまう。ひどい状態が鬱な。

割れさん、いろいろうまくいかなくて、それで頭いっぱいなんだろう。で行動が鈍くなってる気がする。

から思考を止めて、休んで、余計な欲望の部分を捨てて、大事欲望をより分けて、それに専念することが必要

頭のメモリを一度空にして、必要メモリだけ頭に入れる。

まあ、その手法仏教(先に言った欲望とは仏教の慢の感情プライドでもある)でもあったり、最近はやりのマインドフルネスでもあったりする。

おすすめは久賀谷亮の「最高の休息法」。仏教側になってくると、小池龍之介草薙龍俊。あと、マンガでわかる心療内科もいいな。あれももはや様々な弱い心理解説本になってる。

ただ、どちらかといえば宗教側のネタだし、科学で立証しきれていない。脳の疲労というもの定量化できないからというのもあろうが。

そして、苦しんでるやつにとりつく霊感商法自己啓発セミナーもいっぱいある。だから徹頭徹尾本だけを勧める。

2019-06-05

anond:20190604223140

君は「どう思われたい」というのが強すぎる。

どう思われたいというのは、順調にいってる時は、自分を奮い立たせるガソリンになるが、順調に行ってない時は無駄自分を苦しめる要因。仏教で慢の感情という。

更に苦しんでいる状態では疲労が強い。疲労が強いと自分自身の行動を変えれない。

まず、休め。そして、どう思われたいという感情を消して、どう思われてもいいと一度思い直すんだ。

その上でできることを積み重ねていったらいい。

所詮人生なんて起きて稼いで食って寝て、後は死ぬのを待つばかり(一休)だぞ。どう思われるかなんて些細な問題だ。

なお、猛烈にどう思われたいと思い、廻りに迷惑をかけまくったが落ち着いた僧侶がいてな。そいつらの本も役に立つだろう。小池龍之介草薙龍瞬だ。

学歴で言えばこいつらも文系の超高学歴だぞ。

anond:20190603232856

まず、君はいろいろ考えすぎて疲れている状態だ。なおかつ、考えることが多すぎて疲れやす状態だ。例えていうなら、激しい筋トレをして、その翌日ぐらいの状態

から、その疲れを取るのが最優先。何も考えずに休むこと。次に、やるべきこと、考えるべきことを最小限にすること。

今なら、極力短時間で働ける仕事をして、後はできるだけ休むことだ。

いろいろ疲れすぎて次からから考えないとならないことが浮かぶ状態

マインドフルネスや禅が休む手法、禅、仏教などがやるべきこと、考えるべきことを最小限にする方法

本としては久賀谷亮の最高の休息法などがおすすめ。禅、仏教側は小池龍之介草薙龍瞬の考えない練習、反応しない練習などがおすすめ

本であれば弱いやつをたらしこんでの勧誘はないから、図書館いくらでも読んだらいい。

しかし、霊魂だの、精神世界などは微塵も関係ない。そんな文があったらその本はだめな本だ。徹頭徹尾休み方と、余計な思考の止め方のみだ。

セミナーは、マインドフルネスとか宗教は弱まってるやつが関心を持つ。だから残念ながらたらしこんで永久に会費を取って不幸や不安を煽る連中が多い、原則おすすめしない。

2019-05-14

anond:20190514014244

仏教の慢の感情に囚われてるな。

こう思われたい。というがゆえに苦しむという感情

自分の状況と合致しているときは、自分を成長させるガソリンになるが、合致しないと自分を苦しめる感情

小池龍之介草薙龍瞬って僧侶がいる。

もっとさんざん大暴れして、仏教の慢の感情に囚われてるって理解した僧侶

そいつらの本読んで、瞑想+そういう思想に囚われてるんだって理解して、とらわれない練習をするのが良いと思う。

ただし、君みたいな弱まってる奴は、騙しやす状態。なので、君みたいなやつを狙ったセミナーは多いので、セミナーは勧めない。徹頭徹尾本だけで十分。

2019-05-13

anond:20190513062711

鬱になってるんだったら、まず休め。後、タバコはやめたほうがいい。

図書館マインドフルネスとか瞑想絡みとか禅の本を読んでみるとよい。

このあたりは脳の休息だし。

ただし、セミナーは弱まってるやつを騙して依存させるようなものが多いから、徹頭徹尾本だけでな。

久賀谷亮、小池龍之介草薙龍瞬あたりがおすすめ

弱まってる奴がこのあたりに関心を持つから、そこでセミナーを開けば騙しやすい奴が集まってくる。

から怪しいセミナーばかりになってるのであって、本だけなら勧誘もない。

2019-05-07

anond:20190507195928

ねーな

変わらせるのは無理だから変わるのを待つしかない

楽しむのも楽しまないのも自分次第って気がつくまで待つしかないだろ

小池龍之介煩悩リセット稽古帳あたり読ませてみたら?

2019-04-05

anond:20190405062432

横だが、ここね、女性蔑視だとか、苦しんでる奴を揶揄する奴がよく来るんよ。僕達みたいに気づいたらアドバイスする奴よりはるかに高頻度で。

から、疲れている時に来るのは薦めない。多分あなた女だと思うし、そういう奴の餌になる。

それより、マインドフルネスや慢の感情についての本を図書館で借りて、あとはゆっくり休める時は休むことに集中したほうがいいと思う。

マインドフルネスで勧めるのは久賀谷亮「最高の休息法」、慢の感情については草薙龍瞬、小池龍之介の考えない練習、反応しない練習、もう怒らない、、、、、などなど。

ただし、そういう「弱いやつを餌にしようとする」ってのは残念ながらこの社会非常に多い。だからセミナー系は一切薦めない。本はおかしいと思ったら他の本読んだらいいだけだ。

2019-04-01

anond:20190401211258

何も考えずに休む時間を作れ。

疲れると嫌なことを思い出すが、嫌なことを考えること自体が疲れるというループだ。

ぐてーんと何も考えずに布団に大の字になって呼吸と体内の脈動だけに意識を払うこと。

もうちょっというと今の君は仏教の慢の感情で満たされた状態

君は周りにこう思われたいという感情が強すぎるが、それに届いてないから苦しむという話だ。

周りにどう思われたいというのをやめ。

というのもやめろと考えるだけではやめられないから、休息、瞑想マインドフルネス、仰臥禅(上の寝転がるのも一例)の出番だ。

ただし、マインドフルネス仏教は弱まったやつがすがる。だからセミナーや教団は弱いやつを鴨にして依存させるやつが多い。本のみを勧める。

慢の感情については、小池龍之介草薙龍瞬がおすすめ。この2者も猛烈な感情の末今は落ち着いてる僧侶だ。

anond:20190331161038

特別になりたいというのも欲望の1つ。

欲望は何かをなすという原動力になるが、かなわないと疲労させるもの

そして、疲労が強くなると欲望が強くなる。

何かをなしたいが成せない。苦しいという感情が強すぎるならまず休息をとったほうがいい。

大人になるというのはなせる欲望と成せない欲望区分けをしていくこと。そして、なせる欲望に全力を尽くしていくことだとも思う。

あと、仏教由来ではあるが、小池龍之介草薙龍瞬あたりの本もすすめる。そのまさに「認められたい」という慢の感情について取り上げていることが多い。

休息にマインドフルネス瞑想)も勧める。

無論、仏教マインドフルネス周りは、弱い奴がすがる。なので、弱いやつを鴨にしようというセミナー霊感商法商売が多い。なので、本だけを勧める。

2019-03-15

anond:20190313145551

他人にどう思われたいという感情で満たされすぎてる。

慢という感情だ、1つは向上のためのガソリンだが、1つは成せないということで苦しむ要因。

適度に掴み、適度に忘れないとならない。

かに休んで呼吸と体内の感覚だけに集中し。

休むのは元々は禅で、今はマインドフルネスという形で、検証できるところから検証していってる感じ。脳内スキャンできるのも割と最近から

禅も、瞑想それから、心の持ちようについての知識の宝庫。おすすめ小池龍之介草薙龍瞬。この2者は、こいつら自身も相当苦しんで解を見つけた立場人間から

最も、禅は宗教であり「誰かが正しいと言ったから正しい」の時代のもの

現代は、「弱ってる奴に嘘の解を与えて依存させる連中」が跋扈している。マインドフルネス仏教を名乗っていてもね。

正しい解を見つければ、セミナーにはもういく必要がない。だけど、それより、セミナー講師教祖様依存させたほうが儲かる。

故に、教祖依存させ、永久に苦しんで金を出し続けさる状態にしたがる連中が増えている。

からセミナーはきみみたいに弱ってる状態はいかないほうがいい。本だけで学ぶのを勧める。

2019-02-08

anond:20190208035333

休みの日は何も用事をいれずに、布団に大の字になって呼吸だけに集中して寝る生活をしばらく続けろ。

そして、それを恥じるな。あなたは疲れてる。そして、極寒の地にいながらなぜ辛いのかわかっていないようなもの

あと、色々余計なことを考え過ぎてる気もする。加えて、他人からどう思われたいか意識している感じがする。

マインドフルネス周りの本を読んでみるのがいい。久賀谷亮「最高の休息法」とかな。

ただし、セミナーあなたみたいな弱ってるやつを依存させる新興宗教みたいな奴が多いからいくべきではない。いくなら先に心療内科だ。

個人的には仏教小池龍之介とか、草薙龍瞬とかも薦めたいが、仏教の名を借りて、弱ってるやつを依存させる団体はいっぱいある。なので、本だけで収めるべきだと思う。

2019-01-15

anond:20190114234242

宗教親和性があるということなので、貴方は禅周りの書物を多く読んだほうがいい。あるいは基礎仏教周りの執着心についての本を読んだほうがいい。

おすすめなのは小池龍之介草薙龍俊周り。

貴方宗教を信じているといいながら、少なくとも仏教からはかけ離れたことをしている。

2018-10-24

https://anond.hatelabo.jp/20181024185633

で、各人が懐疑的に試して何を持って判定するの?

あなたに合わせて言えば、苦しさが減ったかどうか確かめてみるといい。

効果があるかに釈迦からいかいかなんて微塵も関係ないし、僕は重きをおいていない。

何回も言うけど、聖なる開祖様に近いから謎の正統性パワーで効果があるとかそういう話じゃないよ。

釈迦もっと能力のある最高の先生から効果があり、それを釈迦ほどの能力の無い人が中途半端理解アレンジすればどんどん効果が減ずるという実際的な話。

釈迦超人から釈迦に近ければ効果があるはず。は宗教

そこがなんか堂々巡りなのはあなたに何らかの怒りが生まれて話を聞かない態度になってきてるからじゃないか

例えばあなた釈迦を超えた能力があって、釈迦の教えの不完全性と改善案提示できて、それが確かめられて確かにそうだとなれば、自分釈迦を捨ててあなたメソッド採用するよ

でも釈迦を超える人が現れないので釈迦ディフェンディングチャンピオンなだけ 圧倒的な

だけど釈迦の教えを守ることは大事でしょう?

なんで大事かが問題で、正統だからではなく最も優れているか

極端に言ってしまえば、「真の釈迦の教え」なんてものはもう無いよ。

釈迦この世にいないじゃん?

アインシュタインが死んでも彼の発見アイデアは残ってるでしょう?

俺は今苦しんでいるやつに正しい答えを出せる方を正しいとする立場なので、

から一番効果があるのは釈迦の教えであってその劣化アレンジではないという話なんだけど何を突っ張りたいのかわからない。

例えば伝統的なものより効果のある瞑想メソッドを開発したのだということなら発表してほしい。試してはみるから

から、僕が上げた3人はどうかと言いだしたんだ。

まりあなたがコレクションしたその三人にあまり感心しない態度を示したから腹が立ったということなの?

でも小池龍之介なんて当然「仏弟子」であって、釈迦より優れてるなんて大胆な主張は小池自身夢にも思ってないと思うけど。

別に小池が良い悪いではなくて、小池なんてどうでもいい人でしょう。小池自身自分仏教史上の重要人物だなんて主張しないのでは。

anond:20181024174008

まずさっきからなんか正当性正統性が混乱してない?


釈迦というもの超人として仮定して、それにより正当性を保つのって宗教じゃないの?

あなた宗教定義がわからないけど

「確かめようがないことを信じる活動」と定義するなら仏教宗教ではない

釈迦の教えやメソッドを各人で懐疑的に試して検討していけばよいものから

では、超人が2人いたら?

何の問題があるのかわからない

その仮定仏教徒が困ると思ってるとすればそれは釈迦を崇拝対象だと誤解してるのでは。

釈迦先生から、同等の能力があると確認できる先生がもう一人現れたらその人のことも活用するだけ。

まあ釈迦の教えは完璧だという前提があるんだけど、ほんとに釈迦と同等の先生なら失伝部分について注釈を入れてもらえるし実地指導してもらえるということになる。

まあ、じゃあ君の「悟り」というもの定義してみてよ。

無常、苦、無我の観察。

これは「君の」じゃなくて仏教徒のコモンセンスだよ。

こんなことを問い詰めたり定義しろかいうのは仏教勉強する人としてはちょっとどうかしているよ。

僕の定義は一つは認知の歪みの是正だが、おそらく君の想定するのは一切煩悩に惑わされることのない世界というのでも想定してるんじゃない?

「僕の定義」も「おそらく君の~」もオレオレ宗教過ぎるよ。

瞑想をすれば、一度煩悩は収まるだろうがね。けど、日常行きている以上煩悩は発生する、まさに今このやり取りでも。

そんなのは当たり前の前提で、だから戒と実践進めていくんじゃない。

なんでそんな、第一歩目みたいなことを踏ん張りながらいってるのかわからない。

瞑想をする、思考が止まって一時的に苦が収まったすごいぞ、でもまた始まってしまうなどうしよう、

ここまでは瞑想を始めた一日目に体験できること(瞑想をしない人はその体験すら一生無いけれども)


一休宗純の「有漏路より 無漏路へ帰る一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け」

有漏路と言うのは、煩悩がある世界

無漏路というのは、煩悩がない世界

あなたの度々見せるこういうのは無意味かつ有害だと思う。

瞑想邪魔になる。

仏教名言コレクションじゃないし、心が止まらないなんてことはその「名言」を引いて力説するまでもないことだし。

ゲンガク的なことは無益無駄話なのでやめた方がいいし、そういうのが多いか日本仏教から距離をとりたい。

死んでやっと悟れるなんてもうわけがからない。小池龍之介が悟った云々の話とも矛盾してるじゃない。

死ぬ前に悟れるし死んでも悟れないよ。


それで元の話に戻るけど

正統性とかそんなことはどうでもいいんだけど釈迦の教えを守ることは大事でしょう?

あなたの話もどんどん釈迦アイデアと何の関係もない俺理論になっていってるし、そういうのは単純に理論メソッド劣化しかないじゃない?

anond:20181023215918

なんならきみが、瞑想についていい人間ピックアップしてその理由を教えてくれると嬉しい。

自分海外上座部仏教のお坊さんの本ばっかり。特にメソッドとしてはマハーシ長老系列のね。

読み比べて全然こっちがいいなとなった。

そもそも日本のお坊さんに対する信頼感が低いんだけど

小池龍之介のようなスター坊さんにしても俗っぽさが強めに感じる。

マインドフルネスも、確かに科学的な検証を進めていくことは大事だと思うんだけど、

仏教中途半端にちぎって美味しいところだけ食い逃げしたつもりで実は重要なこと沢山取りこぼして超劣化バージョンになってるような感じがあって。

瞑想仏教という宗教由来のもの。で、宗教は昔のなんとなく正しい物詰め合わせだと思ってる。瞑想科学検証なんて無い時代に生まれもの

たぶんここが我々の考え方の決定的に違う部分だ。

自分認識では仏教釈迦と言う天才一代の完璧アイデアであって宗教ではないし詰め合わせではない。

釈迦智慧現代科学を上回っている。

瞑想による心の観察は現代科学なんか全然追いつかないことは瞑想してる人なら同意すると思う。

(追いついていくための科学検証はもちろん悪くないことだとおもう)

これは野口誠一氏の本になるが、実際苦しんだ人間じゃないと、他人を救えないという考えがある。地涌の菩薩という。まあ、自分で調べてみて地涌の菩薩創価臭いのがあれだが、、、。

そういうのも典型的な、智慧ではなく情というか、嫌な意味での日本仏教臭さが敬遠したくなる

自分仏教を好むのはその逆の性質の部分だから

と同時に、宗教の名を語り、実際は弱った人間に漬け込んで依存させるタイプ霊感商法も多い。瞑想だのヨガだのを隠れ蓑にしてそういう団体うごめいている。

正直、もう今の時代本だけでいいと思う。瞑想を取り巻く団体の胡散臭さを考えれば本だけがいい。

ここは全く同感

から科学文献を根拠にしているこの本を出した。

ここはその姿勢尊重するけど非同感

前述のとおり釈迦アイデアは現状では科学よりずっと先にいるか

科学キャッチアップした部分だけで瞑想するのは重要エッセンスの取りこぼしが激しいと思う

自分でもこの立場非科学的であり常識的に言えばヤバみがあるのはわかっている

 あなたの態度の方が常識的かつ慎重で本来好ましくあらゆる場面でベースとなるべき態度)

ただ、上記「慢の感情自体科学的な扱われ方がされていない。まだ仏教という宗教の中にいる。

瞑想との関連した科学検証までされているかといえばほぼされていないから、上記の2者も一緒にあげた。

慢の感情にきちんと触れているから。慢の感情承認欲求と結びつき現代社会において非常に陥り、苦しみやすい。

「慢の感情」が現代的な課題なのはそうだと思うけど

結局無我ということをおさえていく道のバリエーションしかくそこを特別大事にする感じはない

増上慢卑下慢同等慢という考え方とか聞いた時には面白いけどそれで面白がらせてもしょうがないというか

2者とも実際苦しんで悟った人間からな。

え、その2人は悟ったと自称公言してるの?

もしそうなら思ったよりヤバい人達だな…

ただちょっと食わず嫌いもあったかもしれないから紹介してくれた人の本を改めて読んでみる

久賀谷亮とか見た瞬間はいはいって思って1冊も読んでないからね



はてな瞑想の話をちゃんと出来たの初めてでうれしかった

自分場合実はかなり前に増田瞑想の本を勧められてそこから始まったんだよね

2018-10-23

anond:20181023165133

これは情報交換としてであって、なぜこの3人を選んだかだけ。もちろんいい悪いは主観に属するものから一致はしなくて構わんと思ってる。

なんならきみが、瞑想についていい人間ピックアップしてその理由を教えてくれると嬉しい。

ただ、悪いけど、瞑想についてのやり方がうまいとか、あまり古すぎる人間(僕があげるのなら一休宗純白隠禅師)は、いざ苦しみを逃れる点では、どうかなと思ったからあげなかったのもある。

小池龍之介草薙龍瞬

慢の感情にきちんと触れているから。慢の感情承認欲求と結びつき現代社会において非常に陥り、苦しみやすい。2者とも実際苦しんで悟った人間からな。

これは野口誠一氏の本になるが、実際苦しんだ人間じゃないと、他人を救えないという考えがある。地涌の菩薩という。まあ、自分で調べてみて地涌の菩薩創価臭いのがあれだが、、、。

久賀谷亮

読みやすいようにはしているが、一応科学文献の参照もあるから

瞑想仏教という宗教由来のもの。で、宗教は昔のなんとなく正しい物詰め合わせだと思ってる。瞑想科学検証なんて無い時代に生まれもの

マインドフルネスは、脳内スキャンができるようになって一部は科学検証が出来るようになった時代産物だと思ってる。

と同時に、宗教の名を語り、実際は弱った人間に漬け込んで依存させるタイプ霊感商法も多い。瞑想だのヨガだのを隠れ蓑にしてそういう団体うごめいている。

から科学文献を根拠にしているこの本を出した。正直、もう今の時代本だけでいいと思う。瞑想を取り巻く団体の胡散臭さを考えれば本だけがいい。

ただ、上記「慢の感情自体科学的な扱われ方がされていない。まだ仏教という宗教の中にいる。

瞑想との関連した科学検証までされているかといえばほぼされていないから、上記の2者も一緒にあげた。

anond:20181023150029

横だが、まずは精神科で落ち着かせるための薬を出してからだな。措置入院必要かもしれない。

例えて言うなら、元増田弟はオーバーヒートパソコンだ。

薬で例えば90度に上昇している頭CPU温度を40度ぐらいにすることができれば頭の回転もまともに戻ってきて判断もできるようになろう。

薬とかいわばCPU冷凍スプレーぶっかけるだけといえばだけだが、それでも冷凍スプレー程度の効果はある。

ただ、例えて言うなら強引に冷凍スプレーでもぶっかけてるだけの状態で、オーバーヒートするプログラムを止めないとならない。

というか、起業の中止。一度サラリーマンに戻って再起か、そのままサラリーマンとして行きていくことだ。

ただ、基本言うことを聞かない人間は言うことを聞かない。強引に精神病院に入れるための法的な方法までは知らん。

まず第一に逃げること。距離を置くこと。彼は彼ということで半分見捨てておくこと。

典型的な失敗した起業だ。起業イノベーションだと抜かしているやつは大半の起業の末路なんてこんなものだというのを見ないふりをして、

「僕と契約して魔法社長になってよ」と抜かして、魔法社長になる素質の頭の足りないやつを探してウロウロする。

魔法社長希望絶望になるエネルギー日本を救うとでも思ってるかの如くねぇ。

少し落ち着いてきたら、野口誠一という人の本が良いとおもう。潰れた社長を見てきて、どういう事業のやり方が悪いかを色々書いている。

なにか夢見ていたことがあったのだろうが、いろいろ至らんことがあったんだろう。うまくいく事業にするなら、京セラ稲盛和夫関連もよいか

それから社長なんざ「俺はこうだと思う!」という信念のもとに突き進む存在。一方で、そういうこう思われたいという感情は慢の感情と言って、うまく行かなかったら苦しめる要因。

その慢の感情について述べていて、かつ、それを落ち着けるために瞑想を勧めている書籍を薦める。小池龍之介草薙龍瞬。

この2名自身も相当激烈な感情の元周りと自分を傷つけて、そうして落ち着くすべを身に着けた人。

瞑想ってあれは脳の休息だと思う。弟さんは疲れすぎたんだ。

もうちょっと科学的に取り扱おうとしているのなら久賀谷亮の世界エリートがやっている最高の休息法だ。

まあ、ただし、あくまで脳の休息として取り扱っていて、「こう思われたいと思ってきて頑張ってきたが、満たされなかった感情」まではあまり取り扱ってない。科学になじまんしな。

あと、多分弟さんは君の話を今や聞かないだろうから、薬で落ち着かせるのが先決だ。後半はまあ、図書館ででも借りて読んどいて、落ち着いたときに示してやればいい。

2018-10-08

anond:20181006151147

「こう思われたい」という感情は、成長の源ではあるが、一方で苦しみの源泉でもある。

かつ、「こう思われたい」という感情に囚われて苦しみすぎると、苦しいということ自体が頭の疲労の原因となる。仏教で慢の感情というらしい。

離れて深呼吸と、何も考えない練習をして頭の疲労を取るのがよい。

瞑想とも言うんだけど。

久賀谷亮「世界エリートがやってる最高の休息法」あたりのマインドフルネス瞑想や、小池龍之介とか、草薙龍瞬あたりの原始仏教+禅あたりね。

ただし、瞑想仏教は苦しんでるやつに漬け込む怪しいセミナー霊感商法が多いから、徹頭徹尾、本だけでいい。

2018-10-04

anond:20181004220236

マインドフルネスあたりの「本を読み」セミナーは怪しいところが増えすぎてるからやめたほうがいいが。

久賀谷亮「世界エリートがやってる最高の休息法」とか。

あと、慢の感情に毒されてるから、それに対応するための小池龍之介とか草薙龍瞬とか。

2018-09-29

anond:20180929133936

仕事については新入りなんだからからなくて当たり前。

怒鳴られたりという話がないということは、周りもまあ新入りだなということで見てくれてるんでしょう。

徐々に習得していくもの出し、それは周りもわかってる。

ただし、そういう駄目だ駄目だという思想は頭の働きを弱め、習得する速度を遅くするから、時々リセットをね。

イロコイはブスと言うより、相手を選んでの愛嬌なんだがな、

木嶋佳苗という、男何人も引っ掛けて保険金殺人にした魔性の女がいてな。検索して写真見てみ?

ただ、多分、愛嬌や、相手承認欲求を満たすのは得意だったんだろうな。色恋は相互承認欲求承認だし、それがうまかった。ウソでもね。

DV男に捕まってるんじゃないのだったらだいぶ話は楽だ。

上のうまくいかないということの連動で寂しくなってるんでしょう。ストレス多いと、刺激を求めるようになる。

ある程度優先度低いものを諦めて、あと、瞑想という頭を休める時間を作ること。

小池龍之介とか、草薙龍瞬あたりおすすめ。あと、久賀谷亮の世界エリートがやってる最高の休息法おすすめ

2018-05-25

anond:20180525074654

典型的な「慢」の感情に毒されてる人間だな。

「慢」の感情ってのは、こう思われたい。でもそうじゃない。だから苦しいという感情

小池龍之介の本おすすめ。「平常心のレッスン」とか。

いろいろストレスたまってるのだから瞑想して、頭に酸素送って疲労物質さないと。

で、どうなってもいいじゃんといったん割り切ってみ。

2018-05-23

anond:20180523214106

宗教は入るものではない。

霊感商法を止める人間なんていないから、むしろ宗教とかけ離れた、教祖依存して金だけみついで不幸だ不幸だ言ってる存在になる。

そのかわりにひたすら本を読むのが良い。本は依存させない。

どうせ著名な宗教団体だろうが、むしろ著名な宗教団体だからこそ教祖はとっくの昔になくなっている。

その後の連中は良くて書物を読んだだけ、悪くて読んですらもいない。

書物が高価だった昔ならともかく、今、マーケットプレイスとかインターネット書店がさかんだから、ひたすら多読するほうが良い。

勧めるとしたら最近なら、小池龍之介名取芳彦あたりかね。

2018-05-03

anond:20180503052201

ここは弱ってるやつに罵声を浴びせる心無いやつが野放しになってるから、QAサイトのほうがいいと思いつつ。

典型的な「どう思われたい、それができないから苦しんでる」という人間パターンですね。

人間ってのは仏教で「慢」の感情と言って、こう思われたいという感情があります

だけど、それがなせないために傷つく。まあ、こう思われたいか努力するという側面もあるので、完全悪な感情ではないですが、制御できないと。

この辺は小池龍之介氏あたりの本が良いです。「平常心のレッスン」とか。他に禅周りの本が良いです。

それに加えて、上記感情が頭の中をぐるぐる回って脳疲労の状態になってます

思い通りにならないことを頭の中で思考自動操縦状態になってます

そこで、思考を止めて、頭を休息させる必要があります

久賀谷亮「世界エリートがやっている最高の休息法」なんかのマインドフルネス本あたりがおすすめです。

あとはビタミンCオリゴ糖あたりを取るとか。僕はいいと思います科学的立証はそこまで、、、なので、まあ、ついでにやってみたら効果があると思う程度で。

ですが、セミナーは正直オススメしません。本読んで実践でも十分だと思うし、教祖依存させて金をせびるタイプ霊感商法や、質の悪い自己啓発セミナーも世の中いっぱいあるからです。

2018-04-08

anond:20180408173848

休め。

それから、もともとのきっかけが「友だちがいないよね」から始まったってことは、それを苦にして気にしてそれで頭が一杯になって他のことができなくなったように見える。

逆に考えるんだ高校友達いなくてもいいと。

「慢」の感情と言って「どう思われたい」というのは苦しむ要因。それを手放して、なおかつ脳を休めれば復活できる。

478呼吸法というのがある。四秒息を吸って、7秒息を止めて、8秒かけて息を吐く。頭の方に行く脈動が感じられるはずだ。脳が疲れてるときは何もしたくなくなるんだよ。筋肉痛と同じ。

漫の感情については小池龍之介おすすめ。他に名取芳彦とか、禅関係の本とか

頭の休め方については、久賀谷亮の最高の休息法とかマインドフルネス関係とか。

ただ、君みたいな弱っている人間をかもにしようというやつがいからセミナー関係絶対行くな。図書館に行って本だけで十分だ。気に入ったら買ったらいい。

2018-04-01

anond:20180401191906

親との関係性が一因と言うなら、親から離れることが一つだな。

これはブラック企業勤務と同じで、目上の人間は変えれないのだから、逃げるしか無い。

加えて、常に頭がストレスで疲れてる状態から、頭を休息させるすべを覚えること。

深呼吸と、頭に行く脈の数を数えること。そうして頭に酸素栄養分を送ること。

ビタミンCとかと併用してもよい。

また、これはマインドフルネスというものの応用なので、そのあたりの本を読んでみるのも一つ

久賀谷亮「最高の休息法」がおすすめ。だが、図書館マインドフルネスと書いてある本なら何でもいいこと。

だが、霊感商法や、たちの悪い自己啓発セミナーも目をつけてるからセミナー関係には絶対行かないこと。

あと、「こう思われたい」という感情が強いとやはり苦しむ。慢という感情で、これは小池龍之介おすすめ。他にも禅関係書物になるね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん