「後期中等教育」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 後期中等教育とは

2019-02-11

東京底辺校なら anond:20190211003451

月18万稼いでる子とかおったやで

(理由:親が金稼がないorあるだけ使うので生活できない、親元で生活が出来ない)

なお、夜学ではなく、通常の全日校で可能な模様

後期中等教育としては大失敗だが (寝てても抜けても卒業出来るレベル教育)

ボンヤリと人を救っておったな

2018-12-30

海外は25歳過ぎてから大学へいくやで? anond:20181230121840

日本学生は、後期中等教育段階修了後すぐに進学するため、学士修士博士課程への平均 入学年齢はそれぞれ 18 歳、23 歳、26 歳であり、いずれも OECD 加盟国で最も低い年齢である

2018-10-10

anond:20181010103653

単純に数字が読めていないだけだと思っているが

120%ごえとか90%とか常識的に考えておかしいでしょ

そもそも注意書きに Level6.Bachelor's or equivalent level 、7. Master's or equivalent level ってある

海外学士相当になる高度専門士に該当する教育施設たくさんあるけどあるけど日本には殆どない

なので日本はほぼ大学進学率のみの数値になる

加えて全日学生ばかりだから数値が低めに出る

それでこの数値は普通に考えて高い

高等教育修了率が上昇を続ける一方で、留学状況は低調であるOECD


http://www.oecd.org/education/skills-beyond-school/EAG2017CN-Japan-Japanese.pdf


過去 10 年、日本では高等教育への進学機会が拡大を続けている。生産年齢人口(25~64 歳) の半数が高等教育を修了しており、OECD 平均 37%を上回る。高等教育修了者の割合は、25~ 34 歳では 60%に達する。これは同年齢層における割合としては、OECD 加盟国でも韓国、カナ ダについで最も高いものの一つである


• また日本では、成人の 80%が生涯のどこかで高等教育に進学することが見込まれている。この 割合は、OECD 平均 66%を 15 パーセントポイント上回る。日本場合学士課程の初回入学者 の割合OECD 平均より 12 パーセントポイント低い一方、短期高等教育課程はより普及してお り、同課程の初回入学者の割合は 36%と OECD 平均の 2 倍以上となっている。


日本学生は、後期中等教育段階修了後すぐに進学するため、学士修士博士課程への平均 入学年齢はそれぞれ 18 歳、23 歳、26 歳であり、いずれも OECD 加盟国で最も低い年齢である

日本ダントツに低いのは25歳以上の大学進学率

ただ、まぁまぁ進学率高いから進学しなくて良いよねというつもりは微塵もなく、

しろもっと高めるべきだと思っているし

とりあえず2020年から低所得者だけ無償化/大幅負担削減が始まるよ

税の公平さ考えたら、どう考えても保育園全面無償化よりも

高等教育の全面無償化が先じゃないですか・・・って思うけど

2018-09-29

大学行く必要ないなら、高校もっと行く必要ない

高校卒業者のいったいどのくらいが、中学卒業程度の知識を持っているのだろうか?

有名人テレビネット発言しているのを見聞きするたび、半分もいないだろうと思う

そもそも日本語すら覚束ない人も多い


高校勉強させられることと言えば、三角関数、数列、ベクトル微分積分

運動方程式、気圧と温度と体積の関係式、絶対零度遺伝法則などなど



高校レベル三角関数を知っていればメルカトル図法問題点理解できる


運動方程式を知っていれば映画ウソが気になって夜も寝られない

e.g.東野圭吾原作映画で、ヘリから落下した子どもを追って自衛隊員が降下する

当然追いつくはずはないのだが、なぜか雲の中で追いつき、

パラシュートを開いた隊員が子どもを抱いて、雲の中から出てくる


しかしこのようなことが就職する際求められるかといえば、そうではないだろう

しかのみならず、高校でも中学校と同様に「正解」に縛られる窮屈な世界

同じ中等教育なのに、なぜわざわざ後期中等教育課程を積極的に学ぶ必要があるのかを論証する必要がある

2018-01-04

anond:20180104182310

なんやと思ってWikiったら後期中等教育なんですね恥ずかしい

言いたい事の趣旨は変わらんのでどうぞよしなに

2016-04-14

http://anond.hatelabo.jp/20160414105635

内容:

奨学金を増やすのは無駄。増やして後期中等教育高等教育に行く人を増やしてもその人たちは役に立つ仕事をしないから

「知識としては初等教育前期中等教育で十分な内容をやっている。それで通用しないのは内容を理解しないまま卒業するから

「内容を理解するまで卒業しないような制度が望ましいが、資金的な面で役所の反対にあって実現しない」

結論教育のために金をかけることはできない。

2014-06-14

高専卒こそが最強の学歴である東大卒ゴミ技術系の場合

高専高等教育機関であり、16歳の頃から高等教育を受ける

東大生は、18歳までは高校生であった。つまり18歳までは後期中等教育を受けている。出遅れがひどい

高専には教授がいる。研究本業とする本物の研究者がいる。物理数学最初から物理研究者数学研究者が教える(講師場合もあるが、大学で教えているような講師

東大生高校生のころに予備校の教師から本物の知識とくだらないテクのミックスをたたき込まれ大学の授業で挫折、遊びほうける

高専では元技術者などから教科書や遊びのレベルでない本物の技術を学べる。なにしろ高専教員には免許がいらない

東大生高校のころは画一的なくだらない教科書の授業をうける。しか高校教員資格のある者からしか学べない

高専生は16歳のときに既に「大学に行かない」と決めた連中である(少なくとも、受験勉強をしたり、予備校に通ったりという普通の道は捨てている)。リスクを取る力、意思決定能力が早くからある

東大生は、意思決定が出来ないからとりあえず高校に行こう、大学受験しよう、せっかくだから最高の学歴を求めよう、という、流されやすい連中である

高専生は大学受験時間無駄にしていない。プロコンロボコンなど、具体的な技術的挑戦を行いどんどん実力を伸ばす

東大生大学受験時間無駄にしている

高専は真に地域根付いた高等教育を行う学校である地元出身者がほぼ100%である。そのため地域根付人材供給でき、地域から応援される

大学は、地域名がついた学校であっても地元出身者は少なく地域根付かない。「目つきのおかしな連中が増えた」と地元から疎まれる(高専生も目つきがおかしいが、それは応援される)

高専政治行政からまり気にされないので自由、有効施策がとれる

東大を含め大学政治行政からの期待の圧が高すぎて制度がぐちゃぐちゃ

高専卒は高学歴ではないので、皆に好かれ、応援され、実力がグングンのびる

東大卒高学歴なので、皆に嫌われ、足を引っ張られ、ただでさえ少ない実力がまったく伸びない

高専卒の就職率は100%である大企業ヌル面接だけで入れる。就活に使う無駄時間有意義に使える

東大卒就職率はなんと100%ではない(笑)。他の大学生と同じように、就活時間無駄にする

高専卒だからといって出世差別される時代ではない

東大生は、出世における学歴差別がなくなる時代においては、逆に厳しく実力を診断される

高専卒にはもうなれない

東大卒には80歳になってもなれる

・すばらしい高専が気に入らなくても、心配はいらない。1〜3年の間は他の高校に編入できるし、3年のときには普通に大学受験することも出来る。5年のときには大学入試験を受けられる。しかも、国立大学ごとに入試日程が異なるので、5校も6校も受けられる。それがダメでも専攻科がある。専攻科卒業して大学院入試を受ける手もある。じつは可能性がすごく大きい

東大生には、もうステップアップの道はない。中退ぐらいしかない

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん