2021-02-22

元増田より、古典を義務教育で扱う理由について

元増田です。はてなでは定期的に出る話題であり、この仕事をしていれば生徒に必ず聞かれることでもありますね。すでに質問増田氏への反応でかなりの部分が議論されていると思います国語先生ごとに考えが多少異なるとは思いますが、現場にいる者として、同じことを生徒に聞かれたと思って、自分なりに誠実にお答えしたいと思います

以下、常体で失礼。


・まず、この疑問への論点はたくさん含まれていると思う。自分なりに整理してみると

日本という国家義務教育で(貴重な時間を割いて、他の教育されない分野を差し置いて)古典を扱う理由教育制度論)

上記の上で、古典選択科目ではない(または高校教育現場で「選択させられている」)理由

学校における古典学習時間は適切な長さであるのか?

学校における古典学習内容は適切なものであるのか?

古典を学ぶことは何かの役に立つのか?(個人レベルでのメリットはあるのか?)

……などなど。


しかし、増田氏の質問古典は、なぜ義務教育の科目なの?」に対して、学習指導要領等を引き合いに出しながら上記のぜんぶに答えても増田氏は納得しないように思う。なぜかと言うと、それ以前の「義務教育(および後期中等教育)とはそもそも何か?」「義務教育に求められているもの本来どのようなものか?」という重要命題増田氏は考えていない(もしくは適切な答えを持っていない)と思えるからだ。


質問増田氏に足りていない視点は「教育とは多様性を前提にしている」ということだ。学校にはあらゆる子供が来る。子供たちは、あらゆる適性・資質長所性質個性能力を持って、学校へやってくる。その多様な子供たちに国から一律のシステムとして授けられるのが義務教育である

子供たちの多様性、というのは学校に勤務していると本当に感じるところであるが、それでなくても、皆さん小中学校にいたクラスメイト、同じ学校にいた児童生徒の「多様性」というものに思いをはせていただければある程度イメージできると思う。

この多様な子供たちに、一律に与える教育が「義務教育普通教育)」というものだ。これは「全国民共通の、一般的・基礎的な、職業的・専門的でない教育」を指す。この時点で、小中学校とは原理的に「個人個人資質能力に合わせた教育を行う」場ではないということが(その是非はともかく)わかると思う。程度の差はあれ、後期中等教育高校教育)も同じようなものである


・そして、ここで注意すべきポイントは「教育経済的効率という尺度はなじまない」ということである

これについて(はてなでは評判悪いが)内田樹がわかりやす説明しているので一部引用してみる。


教育アウトカム単位時間を区切って計ること(つまり効率」を論じること)には何の意味もない。教育を受けたその直後にきわだった成果を示す人もいるし、同じ教育を受けたのだが、その成果が現れたのが卒後50年してからという人もいる。死の床において来し方を振り返ってはじめて「私の人生がこのように豊かなものであったのは、小学校ときに受けた教育のおかげだ」ということに不意に気づくということだってある。 

(中略)

これほどに学びの機会が多様であるのは、「自分が何を学んだか」についての決定権が最終的には個人に属しているかである。同じ教師に同じ教科を同じ教室で学んでも、それによって震えるような感動を覚える生徒もいるし、何も感じない生徒もいる。そのときは何も感じなかったが、何年も経ってから電撃的にそのとき教師言葉意味がわかるということがある。人間はそのつどの成長レベルに従って、自分経験の全体を「私をこのようなものにならしめた要素の必然的連続」として再編集する。必ずそうする。過去出来事意味現在自分状態に基づいて、そのつど改訂されるのである

(中略)

自分が何を学んだかを決定するのは私自である。そして、「誰も同じその人から私と同じことを学ばなかった」という事実こそが私たちひとりひとりの代替不能性、唯一無二性、この世界に私が生まれなければならなかった当の理由形成している。

http://blog.tatsuru.com/2012/03/10_1013.html


そもそも、これだけ多様な生徒に対して同一の教育を与えるのならば、それは最大公約数的なものにならざるを得ない。けれど一方で、そういった最大公約数的なものをどれだけ集めても、一部の児童生徒にとって「役に立たないもの」は、多様性に対して共通教育提供する限り必然的に発生してしまう。そして、「~の勉強は役に立った」「~の勉強は役に立たなかった」という『後付けの、結果論的な』評価もまた、その生徒児童によって異なってくる。例えば元増田にとって数学は役だっても、国語教員の私の役にはあまり立っていない。逆も然りで、古典を学んで僕は役立っているが、元増田の役には立たなかったのかもしれない(けれど、今後の人生で役に立つ機会が訪れる可能性もゼロではないよね?)。「役に立った/立たなかった」という言葉は、それぞれの人生の差、多様性が生み出した、結果論的な、後付けの評価しかない。


・まとめると、その教育が役に立ったかどうかは、後付けでしか評価できないが、多様な生徒全員に「役立つ」教育はごく一部の基本的ものに限られる。よって、多様性を前提にした普通教育は「役に立つかどうか」を基準とすべきではない、という前提が、義務教育を考える際には必要である


・では上記を踏まえ、改めて、義務教育とは何か考えてみたい。おそらくたくさんの学者先生議論されていることだと思うけれど、自分なりの表現をさせていただければ「児童生徒たち(と国全体)への、将来のための、大規模な投資であると思う。(もちろん、これは上記の前提を踏まえた、ある種の比喩表現であることに注意していただきたい)


・前述の通り、ある生徒にとって何が「役に立つ」かは分からないし、卒業後であってもそれぞれの人生様相が変わればその評価も変わりうる。どの教科がいつどのような形でリターンとなるのか(または全くならないのか)わからない、ということだ。

言い換えれば、義務教育の内容選定にはあらかじめ「(ある生徒には)役に立たないかもしれないが、それでもやるべきなので、やる」という前提が入っているし、その前提があるために「全員の直接の役には立たなくても、間接的には多くの生徒の役に立つようになるといいな」という思想が入ってくる。また、「それを扱わないということは、全員に機会損失リスクを与える」という側面もある。

から、リターンがどれだけあるかわからないにせよ、限られたリソースの中で、できるだけ多くのリターンが生徒に(ひいては国全体に)返ってくるような投資を考える、という設計思想になってゆく。


・このような条件を満たす科目としては様々に考えられるが、特に古典思考根本たる母国語に密接に関わっているという点は大きいと思う。そして質問増田氏含め多くの増田議論で指摘してくれていたように、古典は以下のような理由上記の条件を多く満たしている。


・「自国の古の言葉から国民として学ぶべき」「愛国心の育成」(国家というアイデンティティ形成

・「文化の発展」のため(「春はあげぽよ」で笑いを一つ作るのも文化の発展の一つの形)

歌舞伎などの歴史ある文化和歌集などは誇れる文化である

人文学研究の基礎体力として(研究者は国家必要で、大学等で研究を進める際に古典ゼロからだと困る。)(たとえ研究しなくとも、国民知的レベルを上げられる。ちょっとググりたいとき学校で学んだ知識があると有用なことも多いし、知らないことは検索もできない)

学習すべき内容が時代によって大きく変わらない(日進月歩学習内容の変遷が激しい分野は義務教育には不適)

現代日本語に繋がる、語学学習として。(現代語をより豊かに用いるため)

・「故きを温ねて新しきを知る」、長年読み継がれてきたものを読む(教育において、精神論の何がいけないんだろう?)

古典籍という膨大な一次情報に各個人アクセスできる(源氏物語などに顕著だが、現代語訳がすべてのニュアンスを残せているわけではない。また、現代語訳のないマイナー古典籍が例えば古い災害の記録になっていることもある)

・「論理的な推測」を学べる(「~の気持ちを答えよ」問題はよく槍玉にあがるが、大抵は本文に論理的な推測の範囲で心情が書いてあるので、読解問題であるそもそも言語を扱うという行為じたい「論理的な推測」を行う行為なので、よほどひどいものでない限り、最近のものは全文をきちんと読めば適切な出題だと思う)

教養(あるいは常識)を学べる



・あとは、自分にとって古典がどのように「役に立つ」のか(あるいは現時点で役に立っていないのか)、各個人評価をそれぞれにすればいい。そして今度は、より大きな視点に立ったうえで、改めて教育の中の古典位置づけやあり方、内容を考え直すということを考えてしかるべき、そんな時代であると思う。もちろん、法律情報処理の勉強大事なのは言うまでもない(ただし、プログラミング教育導入される方向でどんどん進んでいるし、現行の公民分野にも法律はそれなりに入っているはず)。他にも様々なことが教育には要求されていると思うし、その中での取捨選択優先順位の付け方は、きっと社会全体でなされるべきなんだろう。けれど、それは「役に立つ」という価値観に縛られるべきではないということは強調しておきたい。

あえてここでポジショントークをするならば、古典学校で扱うべき理由は、先ほどの条件を満たしていることに加えて、「千年単位で変わらない本質的事柄」とは何かを生徒に示唆してくれ、時間的なスケール感の大きさに思いを馳せる時間を持てるという点だと思っている。(そう思って前の共通テスト古典分析を書いていました。授業でもよく言うんだけど、千年前に妻を亡くした人間が、現代人とおんなじようなこと考えてるって、結構安心しないですか?)


・これが生徒に対してなら、上記の話はやや難しく話が長すぎる。自分担任をした生徒(物事意味について考えようとする人物だった)には、例えばこう話したことがある。

「今あなた意味を感じていない世界史を、例えば学ばなかったとしましょう。(あなたにとって何が意味を持つのかは今の時点では分からないので、それもあなた自由ではあります。)そしてそのまま大人になります。その時、あなた世界史の知識を元とした発想やアイデアを失うだけでなく、その発想を失ったことそのものにさえ気づけないことになります。つまり自分可能性が狭まっていることにさえ気づけないでしょう。あなたなら、その怖さってわかるんじゃないですか」

(いちおう、この話をしたこの生徒は、世界史の勉強について、成績は別にしてもこの生徒なりに考えてくれたようではある。後から他の先生にこの言葉意味について話していたらしい。)

これが古典なら、別な増田が言っていたように「矛盾語源を知らない」ことの機会損失について話すことになるだろうか(矛盾故事は中一の教科書に載っている)


・おそらく質問増田氏にとって(多くの生徒と同じように)古典は役に立ちもしなければ面白くもない科目だったのだろうと思います自分はなるべく古典面白さやエッセンシャルな部分を伝えるべく授業で努力をしていますが、もちろんそうでない先生もいます。また、今回は触れなかったけれど「入試対策」という四文字が実際の古典学習に与える影響は計り知れず、本質から外れた苦行的な暗記学習パターン学習が強くなってしまっている現実には自分ジレンマを感じないわけではないです。古典という科目が抱えた問題点や古典嫌いを生むこの構造的な病理は、なかなかに根深ものがあるのもまた事実最初に挙げた①~④の論点あたりにはかなり課題もあるでしょう。

(少し話題はそれますが、前回の共通テストエントリを書いてから他教科の同僚と話していて至った結論は「共通テストはより学問エッセンシャルな部分に近づけられている」というものでした。大学入試が変われば高校進学校勉強も変わるので、これは良い兆しです。共通テストには今回のような学問エッセンスを込めた入試問題を作り続けていただきたいと思います。)


・ただ、今回の質問増田氏のような生徒に対して自分が感じるのは、もっと広い視野物事を見て欲しいという気持ちです。綺麗事かもしれないけれど、自分にとって意味がないものに見えても他人にとって意味があるものもあります。もしかしたら自分にとって後々意味が出てくるかもしれません。けれど、そのように意味をとらえなおすことができなければ、いつまでも古典仮想敵のままでしょう。国語教員である自分がどれだけ古典の魅力をここで語っても、それはやはりポジショントークに過ぎません。意味というのはやはり自分で見つけるものだし、見つからないことだって往々にあるでしょうから、それを受け入れることや合理化することだって大事な「勉強」です。

(今回の話題に関連して、最近読んだ本だと、SF作家森博嗣が出した「勉強価値」(幻冬舎新書)が、ツッコミどころも多いながら興味深かったのでオススメ。)

それに、自分にとって意味が無いと思っていたものがこんなに深く豊かな世界内包していたんだと気づければ、それは素敵なことです。少なくとも、それを認めることが多様性をはぐくむ態度であると思います


P.S.

これを読んでいる生徒の皆さんへ(元生徒さんでもいいです。笑)。


自分にとってイヤだったり不得意だったりしてもいいし、つまらないと感じることもいいです(わからない・つまらないは教育する側の問題なので、どんどん声をあげてください)。けれど、だからといって排除することは、自分可能性が消えるという別な問題を生みます自分がイヤだったものをイヤなまんまで自分の中に置いておくのもしんどいことだろうなと思うので、ちょっとだけ面白ものを紹介しておきます

からでも、古典に関する自分評価を変える機会になればいいなと思います。頼めそうなら、複数の生徒で担当先生もっと面白ものを扱ってもらえるようにお願いしてみるのもいいかも。先生は案外、そういう授業に飢えています


https://kawadeshobo-blog.tumblr.com/post/129340109097/町田康訳奇怪な鬼に瘤を除去される宇治拾遺物語より

↑これを読んで


https://www.koten.net/uji/gen/003/

https://www.koten.net/uji/yaku/003/

↑その後、これと見比べる。これだけでも立派な古典勉強です。

記事への反応 -
  • 非常にちゃんとした説明、ご苦労様です。ここにはちょっともったいない内容だな。

  • びっくりするぐらい駄文だな 本当に元増田か?

  • タイトルの通り。筆者は高校の教員で、いま業務が少しだけ落ち着いていて分析する暇が出来たので、次年度以降の入試対策のために解き直してみたのだが、新テストの方針をすごい形...

    • この悪問を作ったのは誰だぁっ!!って年もあるの?

      • あります。 ついこの前、県立高校の過去問を解いて、歯がみして地団駄ふんだことがある。

    • 古典の先生おしえて! 古典は、なぜ義務教育の科目なの? まぁ自国の古の言葉だから、国民として学ぶべき」とか精神論なのかな。愛国心の育成とかなのかな。 例えば、理系科目は...

      • 普通に古典の言葉覚えていくと現代の言葉に転換する時に応用効くことないか? あと欧州でも頭の良い学校は全然使わないラテン語とかギリシャ語とかやっているけど古典を原文で理解...

        • 普通に古典の言葉覚えていくと現代の言葉に転換する時に応用効くことないか? これはちょっとよく分からないです。 あと欧州でも頭の良い学校は全然使わないラテン語とかギリシ...

          • ラテン語やっとけばフランス語やイタリア語に活かせるし、文法で言えば英語ドイツ語にだって活きてくる 同じように古典文法を学んだら現代文法の理解に役立つんですよ

            • ラテン語やっとけばフランス語やイタリア語に活かせるし、文法で言えば英語ドイツ語にだって活きてくる 同じように古典文法を学んだら現代文法の理解に役立つんですよ その通り...

          • 漢文だとさ、「須」に「すベカラク」「ベシ」ってかなを振るじゃん。 そこから、「すべからく」には「べし」がセットなんだなーって理解できる。

            • まあ、あれ「すべからく」の中の「べか」が「べし」だから、完全に重複してるんだけどな……(だから、再読しなくていいという人もいる)

          • うっせえな、お前が同世代でポケモンとか鬼滅とかで多分3年後でも共通の会話できるだろうよ。 だけど古典知ってりゃとりあえず生きてて世代が違う教養ある人との話の緒になるし、な...

            • じゃあ学習者にとって意義が見出せてない古典教育は失敗じゃん

              • 義務教育以外のオプションで自分で選んだ教育でそのレベルの人間には必要とされるスキルなんだから 意義や理由づけくらい自分で見つけろよ。愚か者。

                • 文科省が制定する高等学校の国語科のカリキュラムについて話してるんだよね。 学習者の多くが意義を見出せていない(※)のは、カリキュラムに問題があるからじゃないかな。 高校は義...

                  • 納税している人間の一人として疑問がないと思っているからいいんじゃないの。 データは見た上で主張が違うんだよ。教授法の改善は課題でも不要論にはならない。 理系を出てても徒然...

        • ない、なぜかというと古典で学ぶ日本語は現代でいう関西弁(京があった場所が関西だった)で 現代語は関東弁だから根本的に言語が断絶している もちろん、漢文と同程度には関係してい...

          • その言語学者かといわんばかりの言説一体何w言語断絶してないし適当に話盛っているとしか。。ソースは?

      • 国民国家において古典を含む自国文化は単なる趣味ではなく アイディンティティを構築し国を維持するためのイデオロギー装置だから

        • 国民国家において古典を含む自国文化は単なる趣味ではなく アイディンティティを構築し国を維持するためのイデオロギー装置だから やっぱり、「日本国民としての自覚」みたいな...

          • なんで教えて教えてばかりで自分で調べようとしないんだ。 興味があるならこのあたり読めばいいよ。おそらく近隣の図書館にあるだろう。  『万葉集の発明 新装版』 https://www.shin-yo...

            • なんで教えて教えてばかりで自分で調べようとしないんだ。 なんで自分で調べるかどうかって話になるの? 相手の発言の根拠を尋ねているだけで、その相手とコミュニケーション可能...

              • 数字さえあれば安心しそう

              • もちろん数値データが必ず必要なわけではないし、数値データがあったところで、それをどう分析するかで結論も操作できることが多い。 ただし、数値データを必要としない場合って...

              • まず「義務教育として必要・不要」の定義なり基準なりを出してよ。 いまの義務教育も政治家・官僚・学者・その他の話し合いで決まったものであって、数値データで判断されたものじ...

            • 「はい論破」をやりたいだけなのだから仕方ない。

      • 一次情報に各個人がアクセスする必要は必ずしも無くても、アクセスしたいと思った時にアクセスできるだけの下地を各個人が持ってることは重要だと思うよ。 それが自由ってもんだし...

        • 一次情報に各個人がアクセスする必要は必ずしも無くても、アクセスしたいと思った時にアクセスできるだけの下地を各個人が持ってることは重要だと思うよ。 それが自由ってもんだ...

      • 俺はその先生じゃないし言ってることが読んでもわからんかったけど、こう考えたらどうだろう 実利的には「古典の教養がないと、大人になってから高度な心理戦に参加できないから」 ...

        • 「文化の発展」のためってことよね。 元増田を読んだ感想は「同人好きのオタクがオシの作品熱く語っているのと同じだな」だったんだよね。 どうにも「文化の発展」だと趣味の領域を...

          • でも趣味というトリガーというか隠しコマンドがかならずついてるのが人間じゃない?  AIさんにはいまんとこないからね ところで今日のニュースでくずし字OCRはグーグルじゃ...

      • 大学で選択した人がやる、くらいでいいと思う。

      • 層が同一なのかはわからないけど、はてなって「文章が上手くないたい」「いい文章を書くには」系の記事に多くのブクマがつく割に、古文漢文の意義に冷笑的な人が多いのなんなんだ...

        • 古文漢文の表現って、語彙やリズムの取り方という点において、現代的な文章表現にもとても役に立つのに。それに、現代文の中に古語の表現を紛れ込ませると、ちょっとしたアクセン...

      • 国民の教養として必要な情報処理や法律で現状教えられてないもの、って具体的にはどういうのを想定してるの?

        • 国民の教養として必要な情報処理や法律で現状教えられてないもの、って具体的にはどういうのを想定してるの? 専門家じゃないからわからないよ! 素人所感だと、 情報処理は、「...

          • まあそういう話なら情報処理は教えなくてよさそうかな。 法や契約は教えてもいいかもしれないけど科目として作るようなもんかな。 現社や国語の一コマって感じか。

      • 古典の先生じゃないけど! 日本語の源流をたどるためにやるんだよ。

        • 日本語の源流をたどるためにやるんだよ。 何のために「日本語の源流をたどる」の? そしてそれは義務教育として必要なの?専門家がやれば十分じゃないの?

          • 義務教育の現場は、例えばPC操作スキルなどの社会ですぐ役に立つ能力を備えさせるだけではない。社会のための工場ではないんだよ。

            • 専門家がやれば十分なことを学習させる場でもないのでは。

              • 最低限の能力を詰め込むためのものだからな 読み書きそろばんとはよく言ったもんだ

      • 正直、数学よりよほど使う場面は多いよな。 歴史や言葉の成り立ちを知ろうと思えばすぐに古文にぶつかる。 もちろん最近ならオンライン辞書や翻訳ツールで9割方は済むんだけど、 英...

      • 学習指導要領読んでから来いよ

      • そりゃ義務教育でやらないと触れることがないからでしょ。そこで面白いとなる子もいれば、増田のようにならない子もいるでしょう。でもそれは他の教科についても同じ。面白がるこ...

      • 教養っていうとあれだけど、日本国民という集団において常識というか文化になってるから 日本国民なら触れておきましょうってことなんだろう まぁ優先度は高くないよねとは思う。ど...

        • 義務教育は受験のためじゃないから 生活、図画工作、家庭をちゃんとやってない奴は一人暮らしのハードル高くなるぞ

          • だから家庭科みたいに受験科目からは外すのもありかなと むしろ家庭科のセンター試験とかあったら解いてみたい

            • 家庭はセンターに入れて全員必須にしたほうがいいレベル 自炊や掃除ができないやつが減ると思う。

      • 実用的か否か、直接的なメリットはどうかって話にしか興味無いなら、外交はどうよ。 将来、中国やら韓国やらが新しく発見された古文書持って「日本のこの島、俺んちの物だから、証...

        • やりがい搾取したい割には授業がクソつまらなくて苦痛なのはどういうことか

        • 将来、中国やら韓国やらが新しく発見された古文書持って「日本のこの島、俺んちの物だから、証拠はこの古文書ね」って言ってきて、それが解析できる専門家がこちらサイドにいなか...

          • 「釣魚島」も「独島」も条約以前の所有権を争う根拠として古文書論争があるんだけど知らないんだね。お可哀想。

            • それ要するに日本の領土が確定したサンフランシスコ平和条約ガン無視しますって事なんだけど真に受けるアホが…ああそうか、お前がいたんだっけか。

      • 最後でふいたw 専門家って卵からポンと産まれてくるんじゃないんだが? 裾野を広く適合者を募って育てないと専門家は育成できないんじゃが?

      • 個人の役にたつ可能性はかなり小さい。個人的メリットのみを重視するならば教育課程から除外すべき教科であることは間違いない。 ただし、日本文化の研究、伝承、保全等もろもろ...

        • 日本政府が教えたい日本の歴史って江戸しぐさと大差ない

          • そう思う政治家とかがいるのは否定できないが、江戸しぐさを批判できる人が全滅しないための対抗策が中等教育で古典という教科を維持する意義になる。 なぜ江戸しぐさを批判する人...

      • 役に立つかどうかで言えばそう劇的には役には立たないよ? それはもうはっきりしている。 けどさ、考えてみてよ。そもそも古典がある国が世界のどれだけの国にあるんだって話です...

      • 古典の授業受けても古文書のくずし字を読めるようにならないってのが授業の納得感が薄い原因だと思う

      • その通り 古典を削って愛国心を教えろ

      • 増田が義務と言われる決められた前提に疑問を投げて思索するのは学問の態度だけど、多くの人は与えられた内容をただ覚える勉強しかできないので自分が受け入れた現状を肯定するた...

      • どうせ義務教育で教えられる範囲なんてどの分野でもたかが知れてるんだし何らかの発展ではなく個人の学問の選択肢として「自分は古典に興味があったんだ」って人がその事実に気づ...

      • 古典の代わりに、法律や情報処理のが国民に必要な教養ちゃうんか? 以前別な増田で書いた事があるが、多くの人が受ける受験科目では「時代によって内容が変わる」のは不向きであ...

        • 受験科目の話はしていません。義務教育の話をしてください。

        • 教えられる人がいないから必要ないのか― へー

          • 学校で広く教える科目としては向いてない、という事です。必要ある人は学校以外で勝手に勉強せい、と。

      • 増田は典型的な議論する気ない論破くんだよね。 もう答えでてるじゃん。 古典やらないと日本人が過去に考えてきたリソースにアクセスできないからじゃないかな。 日本の過去の...

      • 「指導要領 国語 高校」で調べると、文部科学省のまとめがあるから、こんな風に質問する前に読めばいいよ。

      • 古典の場合、対象となるテキスト量が今後もほぼ増大しないのだから、一定数の人間が勉強すればよくて、全員が履修する必要が無いって考え方には本当にそのとおりで、激しく同意す...

    • 本文の感動・深みをよりしみじみかみしめられるようになっている。これが非常に素晴らしく、「文学的文章の入試問題かくあれ!」と感じた。いとあはれなり。 文学的感じ方を入試...

    • 得るもののある問題って素晴らしいよね。 すべてがこうあって欲しい

    • 高校の教員wwww

    • 増田氏はとても真面目な方だと想像します。 センター試験は受けた事がなく、国語は小中学生の時に3年ほど公文をしていただけでテスト勉強とかした記憶がないのですが今回漢文だけ...

記事への反応(ブックマークコメント)

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん