「資本形成」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 資本形成とは

2017-09-24

anond:20170924120725

海外がどうなろうが、まずは、日本自身の景気が良いことが最優先。

金の量×回転数=国内総生産なので、金の量も、回転数も両方対処する必要がある。

回転数となると、企業富裕層の行動を左右することになり、それは献金元に逆らうことになるから安部はしないがね。

とすると、法人税について、設備投資配当など金を使うものは減税で、ただため込むもの増税の枠組みにしていくべき。

でさ、法人税は高いが留保課税のあるアメリカは景気いいよ。

とすると、法人税のものが原因ではなくて、企業利益がどんどん次に回らないような税制が悪いのだと考える。

もっとも、どこの政党もそこまで考え及んでいないのはわかるので、まずは、消費税増税とその対価のフリーハンド法人税減税を止めるのが日本の景気に一番良いと考える。

実際、これは過去の固定資本形成統計資金過不足統計を見ても、企業に金をため込まさせ、設備投資を減らす効果しかないのは明らかだから

anond:20170924102701

法人税減税はめちゃくちゃしてるが、じゃあ、空洞化は収まったかといえば否でしょ?

そして、設備投資はどんどん低下している。固定資本形成統計を見ても、新規設備投資である総固定資本形成から減価償却である固定資本減耗を引いた、

純固定資本形成ガンガン下がって、ほぼゼロ近郊。

さらに、資金過不足統計を見れば、どんどん企業資金余剰側に触れている。

資金不足と資金余剰は事後に一致するので、誰かが資金余剰になれば、誰かが資金不足になってないと景気が落ちる。

財政均衡家計資金余剰分企業資金不足になって、政府中立でいていられる状態

今は企業もむしろ資金余剰側になっているから、政府資金不足側になって支えて、借金が膨らんでる。それで無理に財政均衡を取ろうとしたが故の小泉末期や民主党不景気

企業資金余剰を政府資金不足側に回って借金して回収するのでも、景気が良ければいいんだけど、弱い。

さらに、政府は財サービスを作らないから、長期的には日本競争力も落ちていく。

まりフリーハンド法人税減税に景気浮揚の効果はない。むしろ、失われた30年の原因であり、日本低迷の原因だと考える。

後、アメリカは実は法人税は高い。それでもなんであんなにアクティブで景気がいいのかといえば、あの国には留保課税がある。

利益が出たうち、使途がある分(配当設備投資の予定など)がある分には課税されないけど、目的がないままため込むのには課税される制度

ガンガン設備投資をする企業税金安くてもいいと思うが、そうでない企業がため込む金は税で回収するべき。

だけども、今までの経緯から言って、まずフリーハンド法人税減税に使われるよ。で、確実に景気を落とす。

2014-11-08

人件費を上げないと内需死ぬって言うが

GDP統計を見ていれば分かることだけど、個人消費はこの十数年、ずっと堅調に来てる。人口が減っていることを考えれば尚更。消費以外の内需が落ち込む中で消費だけ堅調だったせいで、名目GDPに占める家計消費の割合はとんでもないところまで来ちゃっている。

内需で落ち込んでいるのは企業設備投資と公的固定資本形成最低賃金ガツンと上げて企業にもう徹底的に「人からロボットへ」みたいな機械化をさせて、設備投資を増やさせる気か?それよりは、実質的賃金を下げてでも企業が人も設備も多く雇った方が利益が増える環境を作った方がずっといいと思うがな。

http://anond.hatelabo.jp/20141104125745

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん